バイデン元米副大統領について



2020年の大統領選で、民主党の最有力候補だというジョー・バイデンのナヴァムシャのラグナ、ダシャムシャのラグナが正しいのかどうかについて検討が必要となった。


バイデンの周辺で起こったいくつかの重大な出来事を確認してみると、やはり、ナヴァムシャのラグナは天秤座でよさそうである。




例えば、2015年5月31日にジョー・バイデンの長男が脳腫瘍で亡くなっているが、この時のダシャーが木星/金星/火星期である。


バイデン米副大統領の長男が死去、脳腫瘍で 46歳
2015.05.31 Sun posted at 13:52 JST CNN.co.jp

ワシントン(CNN) ジョー・バイデン米副大統領の長男でデラウェア州司法長官を務めたボー・バイデン氏が30日、脳腫瘍(しゅよう)で死去した。46歳だった。

米ホワイトハウスが同日夜に発表した。

ボー氏は2006年から2期8年にわたってデラウェア州の司法長官を務めた後、次期州知事選に出馬する意向を示していた。長官在任中の08年には米軍部隊とともにイラクにも赴いた。

10年に軽い脳卒中を起こしたものの、後遺症は残らなかった。しかし13年の休暇中にめまいなどを訴えて倒れ、脳腫瘍と診断された。手術で摘出したが今年春に再発し、メリーランド州の病院で治療を受けていた。30日の夕方、親族に見守られて息を引き取った。

ボー氏の母で副大統領の前妻、ネイリアさんは1972年に交通事故で死亡した。一緒に車に乗っていた子どもたちのうち、1歳の妹も亡くなったが、当時2歳だったボー氏は弟とともに助かった。

父ジョー氏はその直後に上院議員に就任したが、息子たちの子育てにも時間を惜しまなかったという。同氏は77年に現在の妻、ジルさんと再婚した。

ボー氏には妻との間に2人の子どもがいる。ジョー氏は30日、ボー氏をしのんで「仕事上の業績ばかりでなく、夫として父親としての自分、息子や兄としての自分を省みる姿勢を忘れなかった」「私の父はかつて、子育てが成功したことは子どもが自分を超えた時に分かると話していた。ボーはまさにその言葉通りの息子だった」と述べた。




サプタムシャ(D7)を見ると、マハダシャーの木星は子供の表示体で減衰し、アンタルダシャーの金星は12室に在住し、プラティアンタルダシャーの火星は8室に在住して、8室の支配星とコンジャンクトしている。


12室や8室などドゥシュタナハウスが強調されていることが分かる。






因みにナヴァムシャのラグナを蠍座に移動するとサプタムシャのラグナが獅子座ラグナに移動してしまう。


サプタムシャが獅子座ラグナだと、長男の死を上記のように説明することが出来ない。



ロースクール在学中の1966年に最初の妻ネイリア・ハンターと出会い、結婚している。



1966年であれば、太陽/月⇒火星⇒ラーフ期辺りだが、おそらく太陽/火星期辺りではないかと思われる。


太陽は11室で、ラグナロードの太陽とコンジャンクトして、火星は7室の支配星である。


然し、この最初の妻は、1972年12月18日に自動車事故で亡くなってしまう。


ダシャーは、月/火星/ケートゥ⇒金星である。


アンタルダシャーの火星は6室に在住し、ケートゥは3室に在住している。


この時、車に同乗していた娘のナオミ・バイデンも亡くなっている。


サプタムシャ(D7)を見ると、アンタルダシャーの火星は8室に在住し、プラティアンタルダシャーの金星は12室に在住している。






長男のボー・バイデンが亡くなった時は、木星/金星/火星期で、娘のナオミ・バイデンが亡くなった時は、月/火星/ケートゥ⇒金星期である。



どちらの場合でも8室に在住する火星、12室に在住する金星が役割を果たしている。




1977年にジル・バイデンと再婚しているが、月/土星⇒水星期辺りである。


月、土星、水星は、ケンドラやトリコーナの支配星で、ナヴァムシャで9室に在住して、ラージャヨーガを形成している。



ナヴァムシャのラグナを蠍座に移動するとサプタムシャのラグナが獅子座ラグナに移動してしまい、長男や娘が亡くなった理由を説明できない。




従って、ナヴァムシャのラグナは天秤座で正しいと思われる。







1966年に最初の妻と結婚した時、太陽/月⇒火星⇒ラーフ期辺りだが、ナヴァムシャのラグナが乙女座にすると、マハダシャーの太陽は12室支配で12室に在住しており、このタイミングでの結婚が説明出来ない。


また乙女座ラグナだと、3、8室支配の火星が7室に在住して、6室支配の土星からアスペクトされているが、このように7室が激しく傷つけられている場合、妻との相性に問題が生じると考えられるが、妻との関係自体は円満だったように思われる。


天秤座ラグナだと、7室支配の火星が6室に在住して土星からアスペクトされているため、妻を損失する配置である。



このように考えてくると、やはり、ナヴァムシャのラグナは天秤座で正しそうである。





そうすると、やはり、ジョー・バイデンのナヴァムシャの9室双子座は非常に強い配置となる。


これはフリーメーソンの中で非常に大きな役割を果たしそうな配置である。


実際、ジョー・バイデンの経歴、業績をwikipediaで調べると、彼の政策は良識のあるリベラルなもので、政治スタンスは、国際自由主義であるという。


バイデンは、オバマ大統領から、大統領自由勲章を授与されているが、フリーメーソンが創ったアメリカの大統領から高位の叙勲を受けている。



あたかもフリーメーソンの儀式のようにも感じられる。






因みにジョー・バイデンは、2016年8月15日に「日本国憲法はアメリカがつくった」「我々が(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と発言している。



一方で、最近、バイデンは「中国は競争相手ではない」と発言している。



(この中国に対する姿勢はオバマ政権の対中政策であり、トランプ政権によって認識が甘いとして批判を受けている)



第二次世界大戦で日本と戦ったフランクリン・ルーズベルトと同じく、バイデンは日本に厳しく、中国に甘い態度を示している。



バイデンの強力な双子座9室から分かることは、バイデンの外交政策及び、バイデンの国際自由主義という政治スタンスは、フリーメーソンの考え方そのものである。



ニューディール政策を行った民主党のフランクリン・ルーズベルトは親ソ連、親中国で、社会主義に共感し、日本の軍国主義に激しく敵意を抱いた。



伝統的に民主党は親中国で、今だに日本をあたかもイランでも扱うかのように戦後、核武装させないために日本国憲法(平和憲法)を与えたなどと発言しているのである。



ここから分かることは、フリーメーソンにとっては、世界平和のために日本の軍国主義を抑制し、戦後も日本をコントロールすることが課題であったということである。



バイデンの政治スタンスや、これまでの政治活動を調べることで、フリーメーソンが何を考え、何をしてきたか、それを解明することができる。



そういう意味で、バイデンは、極めて興味深い人物である。





(参考資料)



「日本国憲法はアメリカがつくった」 バイデン副大統領が明言
アメリカのバイデン副大統領は8月15日、「我々が(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と発言した。アメリカの政府高官が、日本国憲法を「アメリカが起草した」と明言するのは極めて異例だ。
安藤健二 The Huffington Post

アメリカのバイデン副大統領は8月15日、「我々が(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と発言した。アメリカの政府高官が、日本国憲法を「アメリカが起草した」と明言するのは極めて異例だ。毎日新聞などが報じた。


この発言は、ペンシルベニア州で民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の応援演説をした際に、共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏(70)を批判する中で飛び出した。

イギリスのオンライン新聞「インディペンデント」によると、トランプ氏が日本に対して核武装を容認する発言をしたことに対して、バイデン氏は以下のように言ったという。

核武装を禁止した日本国憲法を我々が書いたことを、彼は理解してないのではないか。彼は学校で習わなかったのか。トランプ氏は判断力が欠如しており、信用できない。核兵器を使用するための暗号を知る資格はない


■憲法9条、発案者をめぐって諸説

第二次大戦後の1946年に交付された日本国憲法は、第9条で「戦力の不保持」を定めている。朝日新聞2014年5月2日朝刊によると、日本国憲法は連合国軍総司令部(GHQ)の最高司令官マッカーサー元帥から指示を受けた日本政府が、GHQと折衝を重ねて草案を作成。議会が修正を加えた。

憲法9条に関しては、当時の幣原喜重郎首相とマッカーサー元帥のどちらが発案したかについて諸説ある。拓殖大学のワシーリー・モロジャコフ教授によると、マッカーサー元帥は「幣原首相の発案」と証言している一方で、マッカーサー元帥の全面的なイニシアチブによるものという説もあるという。
参照元:「日本国憲法はアメリカがつくった」 バイデン副大統領が明言
アメリカのバイデン副大統領は8月15日、「我々が(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と発言した。アメリカの政府高官が、日本国憲法を「アメリカが起草した」と明言するのは極めて異例だ。
安藤健二 The Huffington Post

バイデン氏「中国は競争相手ではない」 脅威過小評価に批判
2019.5.3 19:29 産経新聞

【ワシントン=黒瀬悦成】来年の米大統領選の民主党候補指名争いで支持率トップを走るバイデン前副大統領が1日、中西部アイオワ州での支援者集会で中国の脅威を過小評価するかのような発言をし、トランプ大統領や共和党陣営から批判の声が上がっている。

 バイデン氏は上院外交委員長や副大統領としての経験から「外交政策通」を自任しているが、米政界では中国に対して厳しい態度が超党派で広がる中、対中融和派と見なされかねないバイデン氏の姿勢は今後の選挙戦に響く恐れもある。

 バイデン氏は集会での演説で「中国が米国をたたきのめすだと?馬鹿を言うもんじゃない」と述べた上で「連中は自国の体制内部の腐敗に対処する方法も分かっていない。悪い連中ではないが、私たちとは競争にならない」と指摘した。

 これに対し、トランプ氏は2日、FOXニュースの報道番組に出演し、「バイデン氏は中国に対する認識が非常に甘い。中国は特にオバマ前政権時代、米国にさんざん付け入ったではないか」と述べ、「バイデン氏が本当に『中国は問題ではない』などということを言ったのだとしたら、本当に間抜けな発言だ」とこき下ろした。

 ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も同日、FOXラジオの番組で「(バイデン氏が副大統領を務めた)オバマ時代の8年間、サイバー戦闘能力、軍事能力全般などさまざまな分野で発展したのに米国は立ち止まったままだった。バイデン氏の発言は前政権の中国観を如実に反映している」と非難した。
参照元:バイデン氏「中国は競争相手ではない」 脅威過小評価に批判
2019.5.3 19:29 産経新聞










スポンサーリンク


スポンサーリンク