新天皇即位のマンデン図 -2019年5月1日 00:00-

2019年5月1日は、0時きっかりに元号が変わるため、このタイミングで、新天皇が即位すると考えることが出来る。

2019年5月1日00:00東京のチャートは、皇太子徳仁親王の天皇としての公務全体を象徴するチャートである。




まず山羊座ラグナで、3室で5、10室支配のヨーガカラカの金星が高揚し、9室支配の水星が3室で減衰して、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な働きと共に水星はニーチャバンガラージャヨーガを形成している。

減衰する水星は高揚する金星とコンジャンクトし、また水星のディスポジターである木星からアスペクトされ、また更に木星は月からケンドラに在住している。

従って、減衰する水星が複数のニーチャバンガラージャヨーガの条件を満たしている。


そして、水星と金星のディスポジターである3室支配の木星は3室にアスペクトバックして3室が強い状態である。


この配置からすると、現、皇太子は、天皇として即位した後は、常にメディアに注目され、ハリウッドスターのような扱いを受けるのではないかと思われる。


元々天皇はメディアに常に注目される存在であるが、こうしたチャートが出来たのであれば、尚更そうかもしれない。


然し、ラグナロードの土星は12室でケートゥとコンジャンクトし、火星からアスペクトされて傷ついている。


従って、新天皇は、常にメディアの目に晒されて、世間の注目を浴びていくが、本質的には目立ちたくなかったり、隠遁的な生活を好むということかもしれないが12室が傷ついている場合、その隠遁的な生活が得られないという配置である。


普通の出生図であれば、そのように解釈することができる。


あるいは、メディアに出る姿、華やかさとは裏腹にその実情は人目を避けた慎ましい生活であるということかもしれない。


あるいは12室は海外を表わすが、海外訪問などでの目立たないが、地味な活動を表すかもしれない。


マンデン占星術のハウスの象意によれば、12室の象意とは以下のような象意である。


12室
秘密の敵、秘密の計画、地下活動、スパイ活動、誘拐、陰謀、スパイ、刑事、組合、ストライキ、違法な薬物、ギャンブル、組織化された売春、黒い郵送、刑務所、病院、少年院、孤児院、慈善団体、超自然的な社会、精神病院、予想外のトラブル、亡命、ローンの返済、密輸、裏の世界、秘密の情事、戦争と損失、強姦、暗殺その他


12室は一般に公開されない秘密のプライベートを意味するのである。


そして、12室には収監とか、監禁といった象意もある。


つまり、3室が華やかなことに比較して、ラグナロードの土星が12室でケートゥとコンジャンクトし、火星からアスペクトされている配置は、非常に対照的で地味である。


天皇としての華やかな一面と、孤独で、皇居などに監禁されているかのような寂しい一面も示していると考えられる。






また8室支配の太陽が4室で高揚しているが、太陽はバラニーに在住している。


これは公務を行なう場に公安やCIAのような諜報関係者がいそうな配置である。


諜報関係者からの監視を受ける配置と言えるかもしれない。



2019年5月1日 0時の新天皇即位のチャートからそうしたことを感じ取った。




(参考資料)



「10連休」法が成立=新天皇即位日を「祝日」に
2018年12月08日03時02分 時事ドットコム

皇太子さまが新天皇に即位される来年5月1日と、新天皇即位を公に示す「即位礼正殿の儀」が行われる同10月22日を来年に限り祝日とする法 律が8日未明の参院本会議で、賛成多数で可決、成立した。祝日法の規定により、来年4月27日から5月6日まで10連休となる。

 国民の祝賀ムードを高めるのが狙い。祝日法は、祝日に挟まれた日を休日にすると定めており、連休谷間の5月1日が祝日になると、4月30日 と5月2日が休日となる。

 参院内閣委員会は6日、共産党以外の賛成多数で可決。医療機関や保育施設などの長期休業が国民生活に支障を来すことがないよう政府に対応を 求める付帯決議を全会一致で採択した。(2018/12/08-03:02)
参照元:「10連休」法が成立=新天皇即位日を「祝日」に
2018年12月08日03時02分 時事ドットコム











スポンサーリンク


スポンサーリンク