沢尻エリカの麻薬逮捕について



沢尻エリカの麻薬逮捕のニュースがワイドショーを賑わしている。


ラグナを修正している時間はないので、ざっとチャートを作成してみて、麻薬逮捕の理由はあまりにも明白であった。

wikipediaによれば、沢尻エリカの出生データは、1986年4月8日 時間不明 東京である。






出生時間を00:00:01に設定しても23:59:59に設定しても月は魚座である。


そして、太陽も魚座に在住している。


それでチャンドララグナ、スーリヤラグナから見て、2室にラーフが在住し、3、8室支配の金星がコンジャンクトし、逆行の11、12室支配の土星がアスペクトしている。


2室は口から入るものを表し、2室のラーフは、暴飲暴食、ジャンクフードや酒好きの配置である。


そこに3、8室支配の金星がコンジャンクトしているが、金星は快楽主義の惑星であり、快楽が得られる刺激物の摂取を表しているのである。

そして、3室は食欲、性欲、睡眠欲などの低次の肉体的欲求を表し、8室は中毒症状、依存を表すハウスである。

従って、この2室のラーフと金星が麻薬依存の配置である。


この金星やラーフに木星や水星、月などの生来的吉星は全くアスペクトしていない。


従って、これを諌められる人物もいなければ、麻薬依存をやめさせる要素は無かったということである。


因みに出生時間を00:00:01に設定すると、月は魚座5°11’でウッタラバードラパダー第1パダで、現在、ダシャーがケートゥ/ケートゥ期である。

23:59:59に設定すると、月は魚座17°40’でレヴァーティー第1パダで、現在、ダシャーが金星/木星期である。

つまり、沢尻エリカは、現在、マハダシャーケートゥ期、あるいは、金星期のいずれかにいることが分かる。


但し、上記で示したように月、太陽から見て2室のラーフと金星が彼女の麻薬依存を表しているからには、現在、マハダシャー金星期であると考えるのが妥当である。


最近、彼女は、映画女優としては以前よりは華やかな活躍を示していた。


特に2019年9月に『人間失格 太宰治と3人の女たち』でヒロイン役を演じるなど話題作に出演し、2019年5月22日 – 26日には『白い巨塔』で財前五郎の愛人役(以前は、黒木瞳)などを演じて好評であった。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では、織田信長に嫁いだ斎藤道三の娘・濃姫役を演じる予定で、女優としては、以前よりも華やかである。


以前は、高城剛と逃避行をしたり、『ヘルタースケルター』という漫画が原作の映画で、精神が崩壊していく女性を演じたが、女優としては冴えない感じで、華がなかった。


おそらくこの頃は、ケートゥ期だったのではないかと推測される。


逆行の土星と絡むケートゥ期だった為、精神が崩壊する女性の役を演じたのである。



また高城剛は、彼女にとっては、圧倒的に年上の男性であったが、ケートゥが月から8室に在住していることを考えると、高城剛との結婚生活が不安定で頼りにならないものだったことが考えられる。


ケートゥは相手の経済力や財産に頼れないし、頼らない配置である。



そうしたケートゥ期に彼女は、奇妙な行動が目立ったが、3室支配の金星期になってから女優としての表現力が生まれたと考えられる。


然し、この金星は、今度は快楽主義をもたらし、口から快楽を得るための麻薬を摂取し、それに依存することを表していたと言える。


金星は8室を支配しているため、女優としての表現力は増すものの、それは不安定でいつ中断してもおかしくない傷を抱えていたと言える。


この金星に11、12室支配の逆行の土星がアスペクトして傷つけているが、11室は評価のハウスであり、12室は損失のハウスである。


従って、11、12室支配の土星とは、評価の損失、あるいは、収入の損失の表示体である。



この土星が金星にアスペクトしているため、彼女は逮捕され、麻薬をやめるきっかけを得ることが出来たが、仕事を失い、評価を損失し、収入の手段も失ったのである。



この辺りの理由は、チャンドララグナから見て、明らかである。



因みにもし出生時間を修正し、ラグナを特定するのであれば、ケートゥ期から金星期への変化を彼女の女優としての仕事が華麗に変容する2018年前後に設定すればいいのである。



そのようにしてダシャーバランスを調整すると、彼女は獅子座ラグナとなった。






獅子座ラグナに設定すると、金星は3、10室支配で9室から3室にアスペクトバックしているため、主役を演じられる女優として、最近、露出が目立っていたのである。


そのことはよかったが、この金星は6、7室支配で4室蠍座に在住する逆行の土星からアスペクトされている。


土星は7室の支配星であるため、年上の男性からの影響が考えられる。



この土星は蠍座でヴァルゴッタマで強い配置であるが、機能的凶星であり、彼女には悪影響をもたらすのである。


蠍座に在住していることから、クラブなど、酒場に出入りするような人物かもしれない。



そうした蠍座タイプの男性の悪影響が考えられる。



この蠍座タイプの男性ということで考えると、これは高城剛の人物像に当てはまるかもしれない。






テレビ業界で、コンサル的な立場で、プロジェクトを渡り歩いてきた典型的な業界人である。



この高城剛から大麻の吸い方ぐらいは習ったかもしれない。



何故なら、以前、高城剛は、あらゆる国の大麻を見てきた経験から『大麻ビジネス最前線』といった本を出版しており、またそれに関連する講演会も開いているからである。


こうしたことから高城剛自身のラグナも蠍座ラグナで検討してみてもよいかもしれない。



高城剛ではなくても彼女が関わることになるのは蠍座ラグナや月が蠍座に在住するような年上の男性で、酒場やクラブなどに出入りするような業界人の典型的なタイプであったことは確かである。


おそらく芸能界に蔓延している麻薬もそうした酒場での接触から拡散していると考えられる。











(参考資料)



逮捕の1カ月前から薬物所持情報 沢尻エリカ容疑者、継続使用か
共同通信社 2019/11/17 09:25

 女優沢尻エリカ容疑者(33)の合成麻薬MDMA所持事件で、逮捕の約1カ月前、警視庁に、MDMAとは別の「違法薬物を所持している」などとの情報提供があり、組織犯罪対策5課が内偵捜査していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 押収したMDMAは以前から自宅で保管していたとみられている。継続的に違法薬物を使用していた可能性があり同課は詳しく調べる。17日朝、麻薬取締法違反容疑で送検した。

 捜査関係者によると、沢尻容疑者は15日夜に自宅を出て東京・渋谷のクラブへ行った。同課は16日朝、帰宅と同時に家宅捜索し、カプセル2錠を発見した。
参照元:逮捕の1カ月前から薬物所持情報 沢尻エリカ容疑者、継続使用か
共同通信社 2019/11/17 09:25

沢尻エリカ「別に」発言からの復帰も、一瞬にして崩れ落ちた女優キャリア
週刊女性PRIME 2019/11/18 16:00

「自分が持っているものすべてをこの作品に捧げたい。私の集大成をここで見せたい」

 3月に行われた来年1月放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の会見で、そう語っていた沢尻エリカ(33)。だが、その願いは叶わなかった。11月16日、沢尻は合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で緊急逮捕されたのだ。

「小学6年生で芸能界デビューし、'05年の映画『パッチギ!』で数多くの映画賞を受賞します。すると、次々と映画やドラマの主演が決まるようになり、いつしか周囲から“エリカ様”と持ち上げられるように」(スポーツ紙記者)

 勘違いした彼女が、あの騒動を起こしてしまう。

「'07年、沢尻さん主演の映画の舞台挨拶で終始、不機嫌そうな態度をとり、司会者から質問されても“別に”しか言わなかった。これによって猛バッシングを浴びて以来、仕事は激減して女優としての活動ができなくなってしまいます」(同・スポーツ紙記者)

撮影現場で隠した素顔

 '09年には、周囲の反対を押し切ってハイパーメディアクリエイター・高城剛氏と結婚して数年で離婚するなど迷走が続く──。そんな中、'12年に主演を務めた映画『へルタースケルター』で過激な濡れ場を披露し、女優として再び評価を得ることに。

「業界では、演技がよくても“めんどくさい女優”は使いたくないもの。彼女はその最高峰にいて干されていたわけですから、リカバリーにはそうとう努力したと思います。現場でも言いたいことは言わずにおとなしく猫をかぶっていたはず」(芸能プロ関係者)

 その歪みからなのか、こんな話も。同作品の撮影後に、

「“役に入り込みすぎてオチている”という理由で、しばらく仕事を断っていた。そのころから、西麻布や六本木の会員制のバーで夜遅くまで飲み歩くことが多くなっていました。ガラの悪い飲み仲間もいて、1年前くらいから警視庁の組対5課にマークされていたとか。今回も前日に渋谷のクラブで飲んでいて、翌朝に自宅に戻ったところを逮捕されました」(同・芸能プロ関係者)

 逮捕前日から新バージョンが放送されていた求人情報サイトのCMも1日でお蔵入りに。大河の差し替えやCMの打ち切りにかかる賠償金を考えると今後の沢尻に必要なのは“求人情報”なのかも。
参照元:沢尻エリカ「別に」発言からの復帰も、一瞬にして崩れ落ちた女優キャリア
週刊女性PRIME 2019/11/18 16:00

沢尻エリカMDMA逮捕 本人が語っていた「やめられない。これが私のライフスタイル」
「週刊文春デジタル」編集部 2019/11/16 19:30

 女優の沢尻エリカ容疑者(33)が11月16日(土)、合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕された。

「警視庁の組対5課が内偵を進めていました。沢尻は15日の夜から、渋谷区のクラブを訪れていたのですが、帰宅したところを捜査員が自宅に入り、逮捕に至ったとのことです」(警視庁担当記者)

周囲は「大麻をやめられないのか」

 沢尻容疑者は人気作品に多数出演しているが、約5年ぶりの映画主演復帰作となった映画「ヘルタースケルター」に主演した2012年、「週刊文春」が薬物中毒である事実を複数回にわたり報道している(2012年5月31日号~)。

 同作は岡崎京子原作漫画の実写版で、全身整形で美貌を手に入れた主人公がトップスターに登り詰めながらも、薬物依存による精神錯乱で人格が崩壊していく過程を描いた衝撃的な内容だった。この映画の主人公と沢尻の現実が重なり、同作は大きな話題を呼んだ。

 当時、周囲に「大麻をやめられないのか。このままではまずい」と問われると、沢尻はこう答えたという。

「やめられない。これが私のライフスタイル」

事務所もクスリを警戒していた

 事務所関係者が話す。

「現事務所の担当者もエリカのクスリについては警戒していて、何度も本人に『大丈夫か?』と確認していた。本人は『大丈夫です』と話していました。付き合いもあるらしく、クラブにはしょっちゅう行っているのは知っていたので、心配していました」

 11月16日(土)21時から放送の「 直撃!週刊文春ライブ 」では、“薬物彼氏”の存在や入手ルート、逮捕直前映像などについて詳報する。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)
参照元:沢尻エリカMDMA逮捕 本人が語っていた「やめられない。これが私のライフスタイル」
「週刊文春デジタル」編集部 2019/11/16 19:30

沢尻エリカ容疑者、逮捕前夜の姿をTBSが放送…クラブに出入りし翌朝帰宅
報知新聞社 2019/11/16 20:51

女優の沢尻エリカ容疑者(33)が麻薬取締法違反の疑いで警視庁に逮捕される前日の夜、東京都内の自宅を出る様子をとらえた映像が16日、TBS系「報道特集」(土曜・後5時30分)などの報道・ニュース番組で放送された。

 「15日午後9時半すぎ」に撮影したとされ、濃い色のロングコートに白いマフラーとサングラス姿で歩いていく沢尻容疑者を後ろから映していた。途中でカメラに気づいたのか、沢尻容疑者は左にゆっくりと振り向いて去って行った。沢尻容疑者はこの夜、東京・渋谷区のクラブに出入りし、翌朝に帰宅したという。

 警視庁の捜査員は16日午前、目黒区内の自宅を捜索し、昼ごろに合成麻薬のMDMAを所持していた疑いで沢尻容疑者を逮捕した。
参照元:沢尻エリカ容疑者、逮捕前夜の姿をTBSが放送…クラブに出入りし翌朝帰宅
報知新聞社 2019/11/16 20:51

沢尻エリカ容疑者逮捕にネット上驚きと残念…「ショック」トレンドワードに複数
デイリースポーツ 2019/11/16 18:08

合成麻薬MDMAを所持したとして、警視庁に16日に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)。ネット上では、「逮捕?」「好きだったのに」などと驚きと残念がる声が広がった。トレンドワードに「沢尻関連」が11ワード並ぶ時間帯もあった(午後6現在)。

 「逮捕か。」「マジかよ」「けっこうショック」などと短い言葉で驚きを表す人が多く見られた。また、「タイヨウのうたとか1リットルの涙とかの病気系のドラマのイメージ強くて、その頃の沢尻エリカが好きだった」「沢尻さんってすごい演技力のある女優さんだなって改めて実感したのを思い出した」「今までに唯一買った写真集は沢尻エリカ めっちゃ好きやねん」などと沢尻の功績をあげて嘆く声も。

 また、「大河で奧さん役じゃなかった?NHK大変」「麻薬で逮捕 いつも思うけど麻薬だの覚せい剤だのどうやったら手に入れられるのか疑問」などの声もみられた。
参照元:沢尻エリカ容疑者逮捕にネット上驚きと残念…「ショック」トレンドワードに複数
デイリースポーツ 2019/11/16 18:08







スポンサーリンク


スポンサーリンク