SMAP解散騒動について

最近、芸能界を賑わしているSMAPの解散、撤回、謝罪会見といった一連のイベントについて、どのように読み取れるか、SMAPの結成日のチャート、メディア初登場(デビュー時)のチャート、そして、各メンバーのチャートを作成して検討してみた。

SMAP基本データ
結成日:1988年4月
デビュー日:1991年9月9日

まず、そもそもの発端として、週刊文春の取材に応じたジャニーズ事務所創業者のジャニー喜多川氏の姉・メリー喜多川氏が、次期社長に自分の娘・藤島ジュリー景子氏を指名したことが発端となっている。

——————————————————————————–
週刊文春のインタビューに応じたメリー副社長のしたたかな“計算”
2015年1月30日 AM 9:59 Asagei+plus

ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が週刊文春のインタビューで、次期社長に娘で同社副社長の藤島ジュリー景子氏を指名して話題となっている。

ジャニーズに関しては、かねてから嵐や関ジャニ∞などをマネージメントするジュリー氏と、SMAPの育ての親でKis-My-Ft2なども手掛けるマネージメント室長・I氏との“派閥争い”がファンの間で取り沙汰されていた。

実際、SMAPと嵐はめったに共演しないことで知られている。

「ファンのみならず、各テレビ局もジュリーさんの担当と、Iさんの担当者を別々に設けるなど、もはや派閥の存在は既成事実と化していましたからね。ジャニー喜多川社長やメリー副社長の後継者として、2人の名前が浮上していたのだから当然でしょう」(民放テレビ局編成担当)

そうした中、メリー副社長は娘のジュリー氏を次期社長と明言するとともに、インタビュー中に一方の当事者のI氏を呼び出し、「対立するならSMAPを連れて出て行ってもらう」とまで発言。

「I氏本人は派閥の存在を否定していますが、SMAPをはじめとした人気タレントのキャスティング権を握るI氏の権勢を恐れて、周囲が次期社長のジュリー氏に匹敵する存在と見ていたのは確かです。ただ、メリー氏もいくら娘かわいさとはいえ、SMAPを一から看板タレントにまで育て上げた会社の功労者に対して、あそこまで厳しい発言をすることはないと思いますよ。あれじゃ、Iさんも立場がないでしょう」(前出・編成担当)

まして部外者であり、これまで散々SMAPをはじめとした所属タレントのスキャンダルを報じてきた“宿敵”である文春の記者の前で恥をかかされたI氏の心中たるや推して知るべしだろう。それにしても、なぜメリー氏はこのような行動に打って出たのか。

「メリーさんは確かに直情型ではありますけど、とても頭のいい人。今回のインタビューもすべて計算があってのことですよ。メリーさんはインタビューの中で派閥の存在自体を知らなかったと言っていますが、そういった噂は耳にしていたでしょうし、どこかでジュリーさんとIさんの“立ち位置”を明確に世間にアピールしたかったんだと思います。あの記事を見る限り、過激な発言がある一方で、全体的にはかなりジャニーズサイドに気を遣っていますからね。おそらく、記事になる前にジャニーズサイドの原稿チェックも入ったはずです。それだけメリーさんもIさんの実力を買っていて、そのぶん怖れているということじゃないですか」(ジャニーズ事務所に詳しい関係者)

“女帝”の一言で一応の決着を見たジャニーズ事務所の後継問題だが、メンツを潰されたI氏の動向も含めて今後も要注目である。
——————————————————————————–
ジャーニーズ事務所内の世代交代として、ジャニーズ事務所創業時から事務所の経理を担当してきたメリー喜多川氏(現・副社長)が週刊文春のインタビューに対して、ジャニーズ事務所には派閥は無く、自分の娘で、事務所副社長の藤島ジュリー景子氏が次期社長であると発言し、「飯島はSMAPを連れて、会社を辞めろ」と発言した。そのことで、飯島三智マネージャーの会社での立場がなくなり、言われた通りにSMAPを連れて会社を辞めようとしたのが今回の騒動であったようである。

おそらくマネージャーは担当するジャニーズタレントをメディアに売り込むため、自分が担当するタレントに入れ込んでいくのは自然である。特に派閥という意識はなくとも普段、面倒を見ているタレントとマネージャーでまとまるものである。そして派閥という言葉を使わなくても自然とそのような派閥のようなものが出来上がっていたと考えられる。

実務や売り上げの上で実績があり、事務所を支えてきたとも言っていい飯島三智マネージャーは発言力もあるため、週刊文春の挑発で、藤島ジュリー景子氏への世襲にとって、飯島三智マネージャーとの対立が明確化したということである。

また上記の記事によれば、文春のインタビューは、藤島ジュリー景子氏と飯島三智マネージャーとの立場の違いを明確化し、藤島ジュリー景子氏の指名を行う儀式であったということである。

つまり、北朝鮮でも金正恩が最高実力者になると、金正日時代に力を持っていた幹部を処刑したが、金正日に仕えた幹部は金正恩のことを幼い頃から知っているため、金正恩が最高ポストを世襲する場合に前の指導者の幹部との関係が微妙な関係になる。幹部は金正日に仕えていたのであって金正恩に仕えていた訳ではないからである。
組織の創業者が自分の子供に世襲する時に生じる問題である。

藤島ジュリー景子が社長になると今まで、ジャニーズタレントの中で、別格扱いだったSMAPの立場も変化し、また飯島マネージャーの立場も藤島ジュリー景子氏との関係で、やりにくい状況となる。実績や実務の上で、自分と対等、又はそれ以下であった社長の娘に今更仕えなければならないからである。

藤島ジュリー景子氏としては自分が新社長になるからには、SMAPを特別扱いせず、今までの慣例とは違って、新しく自分の経営スタイルの中で、SMAPを再統合しようとするのではないかと思われる。そうした流れが徐々に顕在化して、メリー喜多川氏、藤島ジュリー景子氏と飯島三智マネージャーとの軋轢が生じたのではないかと思われる。

メリー喜多川氏は、うちのトップは近藤真彦雅彦(マッチ)であると発言しており、SMAPは人気や売り上げがあっても、新体制の中では、地位が低くなるのである。

それを受け入れられないのが、飯島三智マネージャーと、彼女に育てられてきたSMAPである。

SMAPの中居正広、香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎は育ての親である飯島マネージャーについて行きたかったが、木村拓哉はジャニーズ事務所への残留を決めた。

5人一緒に移籍しない状態、すなわちSMAP解散では、スポンサーが及び腰になったため、木村拓哉以外のSMAPの4人が飯島三智マネージャーの新事務所で、グループとして活動することが難しくなり、また解散してはいけないという視聴者や芸能関係者の説得などもあり、木村拓哉以外のSMAPの4人は、最後の段階で、ジャニーズ事務所への残留という苦渋の選択をしたようである。

その際、木村拓哉の仲介で、4人がジャニー喜多川に謝罪するような場も設けられたようである。

本来、木村拓哉以外のSMAPの4人はSMAPが解散したとしても飯島三智マネージャーについて行くつもりであったようだが、SMAPは解散しない方がよいという周囲の説得があり、木村拓哉が残留を決めた以上、木村拓哉の残留に追随して、事務所に戻るしか手が無くなったと言える。

そして、以下のような謝罪会見につながった。



あまり詳細に調べていないが、大体、状況としては上記のような感じではないかと思われる。

ここまでは人づてに聞いた話である。

実際、詳しく読んでみればもっと詳しい事情が分かるかもしれない。

まず、SMAPが結成されたのは1988年4月である。

SMAP_chart
その時、土星は射手座にあり、木星は牡羊座をトランジットしていた。

太陽は魚座をトランジットしていたのか牡羊座をトランジットしていたのか微妙であるが、おそらく物事の創始は牡羊座が関係しているため、太陽は牡羊座にあったと考えるのが自然である。

そして、場合によっては、上図のように牡羊座に惑星が集中していた可能性もある。
実際、チャートは1988年4月18日の惑星配置であるが、牡羊座に惑星が集中するような状況もあったと思われる。4月というのは物事のスタートの時期である。

仕事の表示体である太陽が牡羊座にあるとすると、現在、トランジットの土星は8室蠍座にあり、物事の中断、変化、停滞のハウスに2014年11月から入室している。

そして、土星は出生の土星から見て物事の終わりのタイミングである12室に入室している。

従って、SMAPが解散するとしたら今しかないのである。

SMAPはもうすぐ30周年になり、土星の公転周期が満了するタイミングである。

今まで行ってきたことが終わるタイミングである。

2017年に入ると土星が射手座に入室したり、蠍座に逆行したり、暫く行ったり来たりしている。従って、その時には新しい再出発のタイミングであり、仮にSMAPが存続したとしても大きく変化していると思われる。
それでは各メンバーのチャートを見ていくが、非常に共感できるのが中居正弘の現在の辛い状況である。

NakaiMasahiro_chart 中居正弘の出生時間が正しければ、ラグナは牡羊座のバラニーである。

現在、彼にとって10、11室支配の土星が8室をトランジットしており、仕事上の変化や中断の時期である。

特に蠍座は水瓶座から見て10室目のハウスであり、水瓶座の行為のハウスである。

水瓶座は全てをシステマティックに統合していく星座であり、共産主義的な流れを生み出す星座である。

中居正弘は牡羊座で、ジャニーズ事務所の世代交代の流れの中で、今まで別格として個人行動が許されていたが、他のジャニーズタレントと一緒に活動しなければならないなどの再統合の動きが出てきたのではないかと思われる。

それが現在、蠍座に土星がトランジットしている際の社会的な動きである。

これは例えば、暴力団の山口組の事務所で神戸事務所が本部から独立の動きを示したこともこの動きに該当するのではないかと思われる。

牡羊座は水瓶座のシステムに統合されるのがたまらなく嫌である。

独自の単独行動をしたいのである。

従って、今現在、そのような動きが強くなってきた中で、彼は行き詰まりを感じているはずである。

私は同じ牡羊座ラグナとして、彼の今現在の心境が理解できる。

テレビ番組内で、メリー喜多川とマッチ(近藤真彦雅彦)の体制のことに愚痴をこぼしているのはそのためである。

自分たちが自由に振る舞えずにジャニーズ事務所に再統合され、勝手気ままな振る舞いが許されない傾向が出てきたことで、居心地の悪さを感じているのである。

そして、中居正弘は現在、サディサティでもある。

4室支配の月が8室に在住し、心が束縛感で深い悩みに陥るタイミングである。

ダシャーは太陽/月期であったので、アンタルダシャーロードの月に対して、土星がトランジットしている。

このことでここ最近、特に心理的に不安定で鬱な状態で、悪意も生じたと思われる。

そして、2015年1月15日に太陽/火星期に移行しているが、火星は1、8室支配である。

ここで8室支配の火星が獅子座に在住していることに注目である。

これは木村拓哉に助けられたことを表している。

8室は頭が上がらない相手を表しており、長いものに巻かれる相手(つまり、長いもの)を表している。

木村拓哉の仲介で、ジャニーズ事務所に戻れることになり、ひとまず彼は芸能活動を存続することができることになった。

これは太陽と火星が1-5室のラージャヨーガを形成しているからではないかと思われる。

因みに彼自身はSMAPのリーダーで、太陽が獅子座でムーラトリコーナで、ナヴァムシャでも高揚している。

彼は木村拓哉の先輩として振る舞える立場である。

つまり、木村拓哉は私の検証で獅子座ラグナであるため、牡羊座ラグナとの関係でいうと、5-9の関係である。

本来、牡羊座の方が先輩として振る舞う立場である。

然し、8室支配の火星が獅子座に在住しているため、彼は木村拓哉に救われる形になった。

本来、ジャニーズ事務所を辞めて、飯島三智マネージャーの元で独立するつもりであった彼は、木村拓哉によってジャニーズ事務所に引き戻された形になり、助けられたという面もあるが、木村拓哉に操られて支配された一面もあったのである。

これが8室支配の火星が5室の獅子座に在住する意味である。

また彼自身、SMAPのリーダーであるが、木村拓哉のカリスマと人気が強いため、常に木村拓哉に振りまわされる形となるのは、この配置があるためである。

この太陽と火星の1-5室、8-5室の絡みに木星と土星がダブルトランジットし、1月からラーフがトランジットしてきたため、これが激しく顕在化しているのである。

つまり、彼は本来、自分の後輩である木村拓哉に振る舞わされ、木村拓哉がジャニーズ事務所に残留を決めた為、それに引きずられる形で、ジャニーズに戻らざるを得なくなった。

メディアが中居正弘と木村拓哉が対立しているように描くが、本来、彼らは5-9の関係で協力関係にあるのだが、8室の支配星が5室の獅子座に在住しているため、中居正弘にとって木村拓哉は支配者である。

今回、これが土星、木星のトランジット及び、ラーフの獅子座へのトランジットで、激しく顕在化しているのである。

そして、これは木星とラーフの絡みであるため、グルチャンダラな印象を与えている。

つまり、木村拓哉が中居正弘を初めとしたグループのメンバーを支配し、飯島三智マネージャーを切って、ジャニーズへの残留を決めた立役者である。

中居正弘は強い5室を持っているため、このマハダシャー太陽期の間は、芸能活動を続けると思われる。

太陽から見て木星が5室でムーラトリコーナにあり、3、10室支配の金星が5-11室の軸で相互アスペクトしているため、彼は芸能活動で2020年までの太陽期の間は今後も成功できる要素がある。

今のサディサティの状況を抜ければ、彼は自分の芸能活動に打ち込めるのである。

但し、彼は2014年3月29日からマハダシャー太陽期に入ってから、5室の強い太陽の影響で、もはやジャニーズ事務所の社員でいることに耐えられず、自分で独立したい気持ちになっているはずである。

5室は10室から見ると8室目であり、職場にとっては悩みである。

彼はジャニーズ事務所を辞めて独立して自分の創造活動(5室)をする方向に向かいつつあるのではないかと思われる。

つまり、ラグナロードの火星が5室に在住し、ムーラトリコーナの太陽と接合しているため、彼はやはりSMAPの中では、単独行動が好きで、独自の持ち味を出しているのはこの強い5室のためである。

5室は自分の個人的な創造のハウスだからである。
因みに彼は月が8室で減衰しているが、8室で減衰する月はパラシャラの例外則で、ラージャヨーガ的に働くはずである。彼は現在、苦悩しているが、このことが何かラージャヨーガ的な事柄につながっていくと考えられる。

それは独立の方向への道ではないかと思われる。

次に木村拓哉であるが、木村拓哉については私は以前、独自のリサーチによりラグナを獅子座ラグナと特定した。その根拠については以前、記事の中で示している。

KimuraTakuya_chart
木村拓哉はこの1年は木星/ケートゥ期(2015/2/26 ?~2016/2/2 ?)であった。

ここ最近の木村拓哉の動きとして、例えば昨年の2015年9月24日前後に、テレビ朝日の人気音楽番組『ミュージックステーション』の中でAKB48との共演した際に指原莉乃がキムタクを無理矢理にステージに連れていき、一緒に歌をうたわせる番組側の演出に対して、生放送中に激怒するという事件があったという。タモリに対して「こういうことやるんすか」「え?」と発言し、無礼な態度で反応したとネット上に記されている。

ケートゥは11室に在住して、ウパチャヤハウスの凶星であり、闘争心を表している。
11室は6室から6室目のハウスで6室に凶星が在住して、敵を粉砕するといった面が
出てくるのである。

11室を傷つけるケートゥとは周囲の自分に対する評価に失望し、それに反発したり、闘争する面があることが予想される。

ケート期はそのディスポジターが結果を与えるが、水星は4室蠍座に在住して、6、7室支配の土星がアスペクトしている。

従って、いずれにしても人と口論したり、争って奮闘する時期である。

トランジットの土星が水星にコンジャンクションしているため、このような争いが特に起こったものと思われる。

木村拓哉にとって昨年はあまり気分のよいものではなかったようである。

また昨年2015年の7月14日から木星が蟹座から獅子座に移動している。

従って、木村拓哉の12室から1室に木星が移動し、1室に木星と土星のダブルトランジットが生じている。

このことで、木村拓哉の自己主張が激しくなっている。

特に獅子座は不動星座であるため、人から無理やり移動させられたりすることを嫌う。

従って、AKB48に無理やりステージに昇らされて踊りを踊らされたことについて怒りを表明したのである。

おそらくSMAPの4人のメンバーが飯島三智マネージャーについてジャニーズ事務所を辞める動きを見せた時に一人だけ残留を決めた時にも、この獅子座の不動星座の特徴が反映されたものと思われる。

獅子座の強い木村拓哉としてはジャニーズ事務所を辞めて、飯島三智マネージャーや、他のメンバーに追従していくことは出来なかったに違いない。それは彼にとっては人の場当たり的な動きに対する追従であり、屈辱だからである。

彼は飯島三智マネージャーにも世話になったに違いないが、だからといって人の動きに従って移動することは彼の本望ではなかったのである。

ジャニーズ事務所に残留する方が彼としては居心地がよかったのである。

また副社長のメリー喜多川のチャートを見ると、蠍座に土星や水星が在住し、蠍座には木村拓哉の水星が在住しており、考え方における一致が見られ、また木村拓哉のナヴァムシャには火星も在住し、ラグナも蠍座である可能性が高いため、彼はメリー喜多川とつながりが濃く相性が良いと言える。

MaryKitagawa_chart
週刊誌の情報によれば、木村拓哉の夫人である工藤静香がメリー喜多川とよい関係を築いていたということから、やはり木村拓哉にとっては、飯島三智マネージャーについて行くだけの動機付けについても弱かったのである。

今回のSMAP解散劇で、SMAPの残りの4人のメンバーの離脱を防ぎ、ジャニーズ配下に組み込んだ木村拓哉は、仲間の4人をジャニー喜多川氏につないだことで、非常に株が上がったようである。

他の4人が退社を表明し、撤回したことで罪悪感に苛まれている一方で、木村拓哉はその4人の罪悪感や後ろめたい状況を自分の力に転換したようである。

私が設定したラグナが正しければ、木村拓哉は2016年2月2日から木星/金星期に移行する。

金星は木星から見ると6、11室支配で10室で減衰し、パラシャラの例外則でラージャヨーガ的に働く配置である。

6室の支配星が減衰していることから、木村拓哉は今回の騒動を終えた後、全く敵がいない状態になる。すなわち、彼は王者になり、ぎらぎらとしたカリスマを発揮し始めることが予想される。

私は2000年のシドニーオリンピックや2004年のアテネオリンピックなど通算で11個の金メダルを獲得したイアンソープ選手が全く敵がいない程、強かった理由が、6、11室支配で10室で減衰する金星がパラシャラの例外則で、ラージャヨーガ的に働いていた為であると考えている。

従って、木村拓哉が木星/金星期になると似たような状況になるのではないかと考えている。

ジャニーズ事務所側はSMAPの解散を防いでくれた木村拓哉に頭が上がらない。

今回、メリー喜多川氏や藤島ジュリー喜多川氏も世間的な印象が悪くなったことで、ダメージを受けている。

そして、SMAPの残りの4人のメンバーも木村拓哉がジャニーズ事務所に残留を決めたことについて非難することも出来ず、却って、逆にジャニー喜多川につないでくれて事態の収拾を図ってくれた木村拓哉に頭が上がらない状況となった。おそらくこれまで仲間として台頭であった関係が、木村拓哉の方が頭一つ上になり、残りの4人の支配者として君臨したのである。

木村拓哉だけは全く無傷で、しかも仲間や恩師である飯島三智マネージャーの逆境を元にして、彼は自分の持ち株の値段を上げたのである。

つまり利害が全く逆の状況で他の人は売った株を彼一人だけが買いに回って得をした状況である。

このことを木村拓哉は飯島三智マネージャーを切ることで行ったのである。

つまり、木村拓哉の方が現実の権力や金の流れを読んで、うまく立ち回ったのであり、他の仲間の4人はセンチメンタルで、恩師である飯島三智マネージャーに深く感情移入して、同情的であった。実際上はそのようが素直で善良な人の反応である。
今年の1月10日からラーフが獅子座に入室して、獅子座で木星とラーフがコンジャンクションしている。

従って、今回の木村拓哉の動きにはグルチャンダラな印象が多分に生じている。

ネット上には木村拓哉の今回の動きを「裏切り者」と評価する書き込みが見られる。

これはラーフと木星のトランジットによって現在、そのようなグルチャンダラな印象が生じているのである。

例えば、長嶋一茂のようにラグナで木星とラーフがコンジャンクションする実例もある。恩師の思い出の品を売ってそれをお金に換えるといった非情な行動傾向がその特徴である。

つまり、今回の木村拓哉の動きは、恩師の飯島三智マネージャーと、SMAPの善良な4人の仲間たちを裏切って、権力や金の価値に従ったのである。

タロットカード的に言えば、悪魔のカードに相当するのではないかと思われる。

パワー、権力、バイタリティー、物質的成功のカードである。

devil
謝罪会見の時に木村拓哉が真ん中で、SMAPの他の4人を従えて、会見する図からは、あたかも仲間たちを奴隷にして鎖につなげたかのような、あたかもタロットカードの悪魔のカードの図柄のような印象を受けた。

つまり、今回のSMAP騒動は、ラーフの獅子座に入室するタイミングで起こっており、入室の2か月前から、それは起こっていたのである。

ここ2カ月ぐらいジャニーズ事務所の騒動で振り回されたと明石家さんまが述べている。
つまり、今回の騒動はラーフの獅子座入室で生じており、グルチャンダラな出来事である。

「裏切り」という物語が展開されたのである。
然し、悪魔のカードは、決して、悪いとばかりは言えないカードである。

これはラーフについても言えることであるが、物質世界で成功するのがラーフである。

従って、木村拓哉のラグナで木星とラーフがトランジットしている状況は木村拓哉に物質的成功をもたらした。

然し、彼は精神的な評価を失ったようである。
それでは残りのSMAPのメンバーのチャートを見ていくが、香取慎吾のチャートである。

香取慎吾の出生時間については2チャンネルでの書き込みによれば、昔にやってたTVの中で12:57であると本人が発言したようである。

KatoriShingo_chart
香取慎吾の出生時間が正しければ、最近、マハダシャー木星期からマハダシャー土星期に移行したようである。

現在、土星/土星期である。

土星はラグナからみて9、10室支配のラージャヨーガカラカで、4室支配の太陽と相互アスペクトしている。

また月から見ても9室の支配星で3室支配の太陽と相互アスペクトしている。

SMAPが解散した後も芸能界で生きて行ける配置である。

土星をラグナとすると、10室には木星とケートゥが在住し、5、10室支配の火星は6室に在住して、3、12室支配の水星と接合し、ラグナロードの月と相互アスペクトしている。

ダシャムシャで土星はラグナに在住し、4-10室の軸で、2、9室支配の金星と11室支配の月が相互アスペクトしてダナヨーガを形成し、5-11室の軸で、4、7室支配の木星と1、10室支配の水星が相互アスペクトして、ラージャヨーガを形成している。

従って、香取慎吾はSMAPが解散しても、これまでよりも目的意識を持って、芸能界で活躍し続けると思われる。

次は草彅剛のチャートである。

KusanagiTsuyoshi_chart
草彅剛は土星/月期におり、土星から見て月は2室支配で9室に在住し、7、10室支配の木星と接合し、火星からアスペクトされている。

草彅剛はラグナにバドラヨーガの強い水星が在住し、3室支配の太陽が絡んでおり、10室支配の木星が3室や3室の支配星にアスペクトしていることが、芸能界に関係している理由のようである。

土星はラグナで3室支配の太陽と接合しており、また土星から見ると月と木星は3室にアスペクトしている。

マハダシャーロードの土星もアンタルダシャーロードの月も3室に絡んでいることから、彼は芸能活動を今後も続けていくことが分かる。

3室にラーフが入室し、月に対してケートゥがトランジットしているため、草彅剛の芸能活動が不安定となり、収入減がもたらされたり、努力が必要になっているのである。

月や木星にケートゥがトランジットする状況はお金や仕事に対する損失や失望を表している。

最後に稲垣吾郎のチャートである。

InagakiGoro_chart
稲垣吾郎については出生時間が分からない。

12:00で作成すると稲垣吾郎の月は牡羊座バラニーになるが、19:24以降だと月は牡牛座に移動する。

現在、マハダシャーラーフ期かマハダシャー木星期である。

ラーフのディスポジターは木星で、木星は金星と接合している。

ラーフ期の次は木星期である。
ラーフ期から木星期への変化は生じるかもしれないが、それ程、大きな変化とは思われず、また太陽から見て木星も金星も3室に在住しているため、今後も芸能界で活動していくように思われる。
因みにジャニーズ事務所の副社長で、メリー喜多川氏から次期社長と指名を受けた娘の藤島ジュリー景子氏のチャートである。

FujishimaJurryKeiko_chart 性格や交渉スタイルが母親似であるとのことから、月は獅子座でよいかもしれない。

そうすると月から11室に惑星集中している。

現在、月から4室に土星がトランジットしているため、母親のことで負担が大きいようである。

心理的に鬱な時期であり、心の平安が得られない時期である。

最後にジャニー喜多川氏のチャートであるが、出生時間が分からないため、チャンドララグナで見ると、ラグナは魚座で、魚座から見て8室に太陽、金星、水星が在住している。

JohnnyKitagawa_chart
金星は定座で強い。

この8室の強い配置で思い出すのは、投資家のウォーレンバフェットのチャートである。
ウォーレンバフェットは、「株を買うのではない会社を買うのだ」という名言を残している。

彼はこれから伸びていきそうな会社を見極めるのが上手く、才能を青田買いして、将来、会社が成長した後で、そこから収益を上げていく。

他人のふんどしで相撲を取る天才である。
ジャニー喜多川も同じで、アイドルとして前途有望な美少年たちを青田買いして、育成し、そこから収益を上げる。

こちらも他人の才能を利用して収益を上げる天才である。

8室が強い人は他人の才能や労力を利用する天才である。
ジャニー喜多川氏は馬主でもあるというが、彼にとって馬もジャニーズタレントも同じなのである。

ジャニーズタレントは彼のために走る馬であると言える。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA