MENU

米女優ジェシカ・アルバ -起業家としての成功の理由-

2021 5/09
米女優ジェシカアルバがエコ幼児用品を企画・販売するThe Honest Companyを2011年に創業し、現在、推定時価総額10億ドルに企業に成長させたとニュース記事が報じている。


JessicaAlba_photo1

昨年の記事だが、私は最近知った。

2000年頃にジェームスキャメロンが、プロデューサーを務めた「ダークエンジェル」というテレビシリーズで運動能力が抜群な超能力少女を演じていて、そのイメージが鮮烈であったが、その後も「ファンタスティックフォー」といった超能力軍団の役柄を演じている。



DarkAngel_poster

そうした暗い影のある超人を演じるのが、彼女の牡羊座のバラニーに惑星が集中しているからであると考えられる。

私がラグナが牡羊座のバラニーであるため、当時、「ダークエンジェル」を見て大変、魅かれたのはその為だろうと思っている。

その後、ハリウッド女優として、活動していく過程に関しては、私はほとんど注意を払っておらず、ほとんど何も知らないし、作品も見ていない。

然し、最近、ニュース記事を見て、ジェシカアルバが、1000億円を超える時価総額に成長した会社の創業者となっていたので、大変、驚いた。



JessicaAlba_chart

彼女がエコ幼児用品を企画・販売するThe Honest Companyを起業したのは、生まれてくる子供のために安全な原料だけを使った製品を探したが、見つからなかったことがきっかけだったようである。
記事によれば、「3年以上にわたるリサーチ、人脈作り、さらに米国の有害物質規制法(TSCA)の見直しを求めるロビー活動を経て、2011年に17種類の自社製品を販売するオンラインショップをオープン」と記されているため、2008年ぐらいから起業準備をしていたことが分かる。

2008年と言えば、木星/水星期、木星/ケートゥ期辺りである。

彼女は女優の道を歩みながらも決して、それだけに埋没することなく、人生設計してきたことが分かる。

マハダシャー木星期になったのが、2001年7月22日以降であり、ダークエンジェルに出演した当時が、2000年である。

従って、5室支配のマハダシャー木星期になって、彼女が女優としてブレイクしたことが分かる。

然し、彼女は女優としての大成を目指して作品を選んでいた訳ではなく、むしろ、出演料が高いものをあえて選択し、作品の内容はあまり気にしていなかったという。

木星はラグナから見ると、5、8室支配で2室に在住し、月から見ると、2、11室支配で8室に在住している。

木星は3室や10室に絡んでおらず、彼女は大きな流れとしては、女優の仕事よりも蓄財とか、起業に関心が高かったのではないかと推測される。

月から見た3室に惑星集中しており、また10室支配の火星が3室に在住しているということもあって、女優の仕事をするカルマはあるのだが、特に木星の配置を考えると、女優としての大成を目指すような配置になっていない。

むしろ、2室に在住する5室支配の木星の配置は、自分で製品ブランド(5室)を作って起業する(2室)配置であると言える。

彼女はマハダシャー木星期に女優というアルバイトをしながら稼いだお金で、本当にやりたかった起業をしたというのが、彼女の木星期の真相なのではないかと思われる。

彼女はマハダシャー木星期に女優としてのキャリアを歩み始めるが、出演した作品の多くで、ゴールデン・ラズベリー賞を受賞するなど、その演技などが酷評されている。

これは彼女の5室支配の木星が6、7室支配の土星と接合しているためではないかと考えられる。

また木星から見た時に8室に惑星集中しているからである。

起業をするまでの過程も順調でなく、起業をしてからもクレジット決済が出来ていなかったなどのトラブルがあったようだが、それでも起業後、会社が成長して、自社株の15〜20%を所有し、会社の売り上げが上がり、株価が上がることによって、彼女は巨額の資産家となっている。

この辺りは、木星から見て8室に惑星が集中しているためではないかと考えられる。

彼女は、創業したいという意欲があり、そして、自分よりも優れた人々に起業を相談し、また実際の経営も優れた人々に頼ることによって、会社を成長させて来たのである。

実際、Forbesの記事には、以下のような記述があり、彼女が様々な専門家の助けを得たことを表している。



(略)The Honest Companyを立ち上げるにあたり、アルバは公的機間の専門家からトリー・バーチのような有名企業家まで、無数の先達にアドバイスを求めた。皆が皆、彼女の計画に乗り気だったわけではないものの、ビジネスプランや戦略を立てる上でそれぞれ強力な味方になってくれたという。

このような形で、優秀な他者の能力、その人たちの能力に頼って、自分の資産を増やしていく人は8室が強い人に多いのだが、ジェシカ・アルバの成功というものも8室の強さが発揮されたと考えられる。

マハダシャーの木星は2室に在住しており、2室は起業のハウスである。

また木星はナヴァムシャでは8、11室支配で11室で自室に在住している。

この辺りも起業をして株式の時価総額が上がることによって資産が膨らんでいくという意味で、他人のお金や他人の能力を利用して成りあがっていく人の特徴を示している。

ジェシカアルバは、獅子座ラグナで主役を演じるタイプだが、獅子座ラグナの人は主役を演じるカリスマはあるのだが、演技力はなく、大根役者だと酷評されることも多い。


獅子座ラグナは自分自身でいることしかできないからである。

ラグナから見ると、9室に惑星が集中しており、そこから3室にアスペクトしている。

特に3、10室(仕事)支配の金星が3室(芸能)にアスペクトバックしており、それが彼女が女優の仕事をしている理由である。

然し、10室(仕事)支配の金星が9室(奉仕、精神性)に在住して、9-10の絡みが見られるため、彼女の活動には、慈善活動とか啓蒙、教育活動の要素が出てくるのである。

wikipedia を見ると、彼女が慈善活動、啓蒙活動に積極的に関わっていることが分かる。
エコ幼児用品を企画・販売する会社を創業したきっかけも、自然の原料を使った製品を広めたいという慈善的、啓蒙的目的から出発している。

起業前には、米国の有害物質規制法(TSCA)の見直しを求めるロビー活動なども行っているため、その慈善、啓蒙意識というのは本物なのである。





2008年アメリカ合衆国大統領選挙ではバラク・オバマ上院議員を支持しており、2008年2月にウィル・アイ・アムのオバマ上院議員のキャンペーンソング「We Are the Ones」のミュージックビデオに参加している。また、若者に大統領選挙一般投票を呼びかける「Declare Yourself」のキャンペーンポスターのモデルに起用された。
チャリティー活動に熱心でありアリシア・キーズが主催するエイズ患者支援団体「Keep A Child Alive」やがん患者支援団体「Step Up Women’s Network」など、複数の団体の活動に関わっている。
2009年6月、動物愛護活動の一環として、オクラホマ州オクラホマシティ市内において鮫保護のポスターをユナイテッド・ウェイ社などのビルボードに掲載し、公共物破損疑いの騒ぎとなった。後日、ジェシカ側はオクラホマ市民とユナイテッド・ウェイ社と和解し、起訴されることはなくなった。

ForbesやNew York Timesなどにも取り上げられてる、エコ幼児用品を企画・販売するThe Honest Companyを2011年に創業し、2015年時点で推定時価総額10億ドルの価値がある企業の経営者であり実業家としても知られている。

(wikipedia ジェシカ・アルバより引用抜粋)


こうした点は、同じく女優で、蟹座ラグナで9室に惑星集中するアンジェリーナ・ジョリーにも言える。

アンジェリーナ・ジョリーも9室魚座に在住する9室支配の木星、ラグナロードの月、5、10室支配の火星が3室にアスペクトしており、

特に10室(仕事)支配の火星が3室(芸能)にアスペクトしているので、女優の仕事をしているのである。


あわせて読みたい
ブラッドピットが過去の結婚生活は偽りだったと告白
ブラッドピットが過去の結婚生活は偽りだったと告白俳優のブラッド・ピットが子供好きで、また子供からも好かれているということは、ハリウッドゴシップなどで伝えられていたが、以下のような記事を見つけた。-----------...


然し、彼女にとって、女優の仕事はお金を稼ぐ手段であって、むしろ、彼女の強い9室を見ると、慈善活動や啓蒙活動の方が本当にしたいことなのである。

例えば、wikipedia アンジェリーナジョリーを見ると、映画女優としての活動よりもむしろ、慈善活動家としての経歴に多くのスペースが割かれている。
女優の仕事よりも慈善活動の方をそれだけ活発に行っていることを示しているのである。

これは彼女の本職が女優ではなく、慈善活動家であることを表している。

9室に惑星集中しているジェシカ・アルバについても同様のことが言える。

ジェシカ・アルバにとっては女優の仕事はあくまでもお金を稼ぐ手段なのであり、本当にやりたいことは慈善活動や起業なのである。

木星/金星期の2011年にエコ幼児用品を取り扱うThe Honest Companyを創業し、そして、それを時価総額10億円の企業に成長させたのであり、それが木星期に本当にやりたかったことである。
因みに彼女は2017年7月22日からマハダシャー土星期に移行するが、土星期に移行すると、女優の仕事も続けるが、実業家としての側面も強くなると考えられる。

土星はナヴァムシャでは、9、10室支配のラージャヨーガカラカで、12室(インターネット)に在住して、ケートゥと接合し、3室(メディア)支配の月、ラグナロードで6室支配の金星と相互アスペクトしている。

この辺りの配置は、まさにオンラインショップの運営を表していると考えられる。

おそらく木星期は所有株式の時価総額が上がって棚から牡丹餅式の成功に導かれたが、今後の土星期は、彼女は堅実に企業経営する時代に入っていくのである。

ナヴァムシャで牡牛座ラグナであることが彼女のエコ志向や、幼児用品が自然の原料で作られていることに対するこだわり、そして、自然や環境問題に対する意識の高さを表しているように思われる。

土星はラージャヨーガカラカで、ラグナロードの金星と相互アスペクトし、またダシャムシャでも土星は5室支配で11室支配の月と相互アスペクトしている。

ダシャムシャで木星は4、7室支配で11室に在住し、3、8室支配の火星と接合していたのと比べると、こちらの方がむしろ良い配置である。

但し、6(奮闘)-12室(出費)の軸で形成されている。

ジェシカ・アルバは、マハダシャー土星期には起業家として、ますます発展していくことが予想される。



JessicaAlba_photo2


そして、経営は堅実であるが、奮闘が伴い、稼いだ分だけお金も出ていくというそうした経営になっていくことが考えられる。

ダシャムシャで土星から見ると、10室支配の金星が3室で自室に在住しているため、女優の活動も活発に行うことを示している。



(参考資料)

1000億円企業を生んだ女優ジェシカ・アルバの経営哲学
2015/07/29 12:04 Forbes JAPAN

「映画の中でビキニを着てタフに振舞う女の子」——世間がジェシカ・アルバに抱くイメージはそんなものだと言って本人は笑う。実際には、この34歳のハリウッド女優の活躍の場はスクリーンの中だけではない。彼女が4年前に創業した家庭用品のブランドThe Honest Companyは、今や推定時価総額10億ドル(約1,237億円)。その15〜20%を所有するアルバは今年、成功した女性経営者としてフォーブスの表紙を飾った。

The Honest Companyが扱うのは、有害物質を含まないおむつやおしり拭き、オーガニックの蜜ろうを使った日焼け止め、フェイクレザーを使った170ドルの上品なママバッグなど、健康と環境に配慮したグッズの数々。起業のきっかけはアルバ自身の妊娠だった。

「生まれてくる娘のために安全で健康的な環境を整えようと思い、それを可能にする製品を探しました。ところが現代女性に響く、確実に安全な原料だけを使った透明性の高いブランドが見つからなかったのです」とアルバは振り返る。

3年以上にわたるリサーチ、人脈作り、さらに米国の有害物質規制法(TSCA)の見直しを求めるロビー活動を経て、2011年に17種類の自社製品を販売するオンラインショップをオープン。瞬く間に女性ユーザーの支持を獲得し、昨年の年商は1億5,000ドル(約186億円)、2015年は2億5,000万ドル(約309億円)に達する勢いだ。

アルバは一体どのようにしてビジネスを急成長させたのか? 今年6月に開催されたフォーブスの女性サミットで彼女が語った成功の秘訣を以下に紹介する。

自分よりも「仕事ができる人」の助けを求める

The Honest Companyを立ち上げるにあたり、アルバは公的機間の専門家からトリー・バーチのような有名企業家まで、無数の先達にアドバイスを求めた。皆が皆、彼女の計画に乗り気だったわけではないものの、ビジネスプランや戦略を立てる上でそれぞれ強力な味方になってくれたという。アルバ曰く、人に会う時に忘れてはならないのが「その場で一番賢い人にならないこと」。

「どこへ行っても、必ず自分よりも賢い人がいます。その人から学べることがあります。ビジネスウーマンにとって、助けを求めること、そして批判を恐れないことは必須です」

Noという声に耳を傾ける

アドバイスに耳を傾ける一方で、直感を信じることも大事だ。暮らしに関わるすべてのものが「安全で、ヘルシーで、見た目も良くて、お手頃価格であるべき」と考えていたアルバは当初、ベビー用品から、洗剤、生理用品、ペンキ、絨毯まで幅広い商品展開を想定していたが、事業計画書を見た人々から主力製品を一つに絞るべきだと助言された。アルバはこの反応をポジティブに転換し、プランを練り直してローンチ時の製品数を17に絞った。

「人々の反対意見は私を止めるどころか前に押し出してくれました。自分が本当にしたいことを見極めるためにも、私はノーと言ってくれる人を必要としていたのです」

「鈍感力」を身につける

役を得るためにオーディションを受け、映画が完成すれば評論家に批評され、私生活でもパパラッチに追われる女優のアルバにとって、面の皮を厚くすることは処世術。これが生き馬の目を抜くビジネスの世界でも役に立っているという。

「間抜けな評論家のヘイト発言でしかないような意見も含めて、すべての(批判や非難の)声が届いてきますが、被害者意識は持たないようにしています。特に母親になり私自身が成長したことで、うまく受け流せるようになった気がします」

失敗しても進み続ける

The Honest Companyの試練はローンチ後も続いた。その道のりを「一歩進むごとに岐路が現れるかのよう。そしてどの道を行っても、障害物があったり、山がそびえていたりと難関が立ちはだかります」とアルバは表現する。

オンラインショップを開業して5週間目には、顧客に商品を発送する一方でクレジットカード決済ができていなかったことに気づいた。幸いにもすべての顧客が快く再請求に応じてくれたが、この経験を通して失敗しても立ち止まらずに進み続けること、そして同じ失敗を繰り返さないことが重要だと学んだという。万が一、繰り返してしまった場合は?

「一度目より進歩していれば大丈夫でしょう。でも二度目まで。三度目はありえません」

社会を変えたい思いを持ち続ける

新商品を次々に開発し、最近はアジア進出も果たしたThe Honest Companyだが、アルバが「私たちはまだまだこの産業に足を踏み入れたばかり」と言う通り、家庭用品のマーケットは巨大だ。「とてつもなく大きな可能性が広がっています。世界の人々の健康に変化を起こすには、莫大なお金がかかります」とアルバは野心を隠さない。

週に85時間以上働くアルバを突き動かしているのは、世の女性、特に母親たちの毎日を改善したいという使命である。つい先日、アルバはある母親からThe Honest Companyのおむつに変えた途端に赤ちゃんのおむつかぶれが消えたことを告げられた。

「私たちは彼女の暮らしを良い方向に変えました。それはとても素晴らしいこと。何が素晴らしいかって、私たちは変えようと思ったことを実際に変えたのです」

文=ミラ・フォーブス(Forbes)/ 編集=海田恭子
参照元:1000億円企業を生んだ女優ジェシカ・アルバの経営哲学
2015/07/29 12:04 Forbes JAPAN
ジェシカ・アルバ ハリウッド女優が「起業」で成功へ
事業構想 2016年5月号 五味 明子(ITジャーナリスト)

数多くの映画やテレビドラマの出演で知られる女優、ジェシカ・アルバ。ベビーケア製品の会社を立ち上げ、起業家としても注目を集めるジェシカは、2015年に1億ドルを調達。IPOを視野に入れるまでに、ビジネスを拡大させている。

「私はコードを書くことはできないけれど、JIRAのチケットなら使えるわ」2015年9月、サンフランシスコで開催されたSalesforce.comの年次カンファレンス「Dreamforce '15」、女性起業家によるキーノートで、ハリウッド女優のジェシカ・アルバはこう言い切った。

JIRAとは、テックベンチャーの「Atlassian」が提供するプロジェクト管理ツールだ。現在、世界中のアプリケーション開発者の間で人気のツールを、スタッフとの意思疎通のために使っているというジェシカ。ハリウッドの人気女優としてではなく、時価総額17億ドル(推定)を超える消費財企業「The Honest Company」の経営者としての自信にあふれた姿がそこにはあった。

自身の出産が起業のきっかけ

「ファンタスティック・フォー」、「シン・シティ」、「ダークエンジェル」など、数多くの映画やテレビドラマの出演で知られ、英「FHM」誌が選ぶ「世界一セクシーな女性」第1位(2007年)にも選ばれたジェシカだが、最近は「The Honest Company」の創業者として公の場に登場する機会が増えている。

彼女自身がそうした露出を意図的に増やしているのは明らかで、たとえばジェシカのFacebookやTwitterのプロフィール欄には「The Honest Company」はあっても「Actress(女優)」の文字はどこにもない。

なぜそのイメージとはほど遠い起業家の道を選んだのか。ジェシカはその理由を「第一子の妊娠・出産(2008年)がきっかけだった」と語っている。

生まれてくる娘のために安全で健康的な環境を整えたいと思ったジェシカは、有害物質や合成香料を含まないベビーケア製品(おむつ、ベビーオイル、日焼け止めなど)を探したが、原材料や成分が信頼に足る製品はまったくといっていいほど見当たらなかった。

きっとこれまでも、多くの女性がジェシカと同じように考えたが、不満を持ちながらも既存の製品で我慢してきたのだろう。そう気づいたジェシカは、自分が起業すべきだと決意する。

「女性たちにパワーを与えたかった。彼女たちが何を買うか、その選択がどれだけ重要かをわかってほしかった」(Dreamforce '15のキーノートにて)

子ども時代の経験が原動力

だが、たとえ人気女優が起業を決意したとしても、すぐに資金が集まるほど、米国のベンチャーキャピタルは甘くない。2008年の決意が具現化する、つまり「The Honest Company」を設立することができたのは、3年後の2011年である。

「女優がブランドを立ち上げるだけなら、何もわざわざ自分で資金集めなんかしなくてもいいと何度も言われた。『他の女優のように、自分の名前をつけたフレグランス(香水)を出したら? それなら資金を出してもいいよ』なんてバカにされたことも、1度や2度じゃなかった」女優なんて香水でも売っていればいい――。その差別的で閉鎖的な空気は、逆にジェシカを強く奮い立たせた。

といっても、彼女は決してトリッキーな手法を講じたわけではない。何度も事業計画書を書き直し、企業経営の専門家に意見を伺い、経営やテクノロジーに詳しい優秀なスタッフを揃えるという、起業家としてはごく平凡な、しかし我慢と忍耐を必要とするオーソドックスなプロセスを丁寧に踏んでいったのである。

有害な成分を規制する法律のために、ロビー活動も積極的に展開した。その真摯な姿に「たかが女優のやること」と色眼鏡で見ていたベンチャーキャピタル界隈でも、しだいにジェシカの見方を変えていく。

普通の女性ならすぐに心が折れてしまうようなハードな期間を、なぜジェシカは乗り切ることができたのか。もちろん、ハリウッド女優として鍛えられた数々の経験が、彼女自身のレジリエンス(逆境を乗り越える力)を高めてきたのは事実だろう。

だがそれ以上に、「自分と同じ思いをこれ以上、他の女性たちにはしてほしくない」という思いの強さがジェシカの原動力となっていた。「子どもの頃は本当に病弱で、すぐに熱を出したりアレルギーを発症していた。もし肌に触れるものが安全だったら私の子ども時代は違っていたかもしれない」と、ジェシカは多くのインタビューで語っている。

さらに彼女の両親が非常に敬虔なクリスチャンであり、「聖書に書いてないようなことを女性はすべきではない」という抑圧から逃れようと、ジェシカは必死で葛藤を続け、救いを求めるように女優への道を歩き出した経験を持っている。

「すべての女性は、もっと自分自身を自由にすべき」とも主張するジェシカにとって、女優、そして女性としての自分に向けられた侮蔑的な視線に負けてしまうことは、過去の自分を貶めることにつながる。それだけは絶対に受け入れるわけにはいかなかったのだ。

1億ドル調達、IPOも視野に

3年以上にわたる準備期間を終え、2011年に立ち上げた「The Honest Company」は、2013年には年間5000万ドルの売上げを誇る企業へと成長していく。

冒頭でも掲げたように、JIRAのような先進的なITツールを自ら使いこなし、Salesforce.comのような企業のカンファレンスでスーザン・ウォジスキー(YouTubeのCEOで米国を代表するITエグゼクティブの一人)と並んで登壇するほど、最新技術にも明るい。デジタルネイティブの心をつかむ能力は、21世紀のスタートアップに欠かせない条件だが、ジェシカは十分に備えている。

2015年には新たに1億ドルを調達し、時価評価額は17億ドルに達した。ベビーケア製品以外にも、バッグや化粧品などラインナップを強化しており、IPOの噂もちらほらと出始めている。いかにも順風満帆に見えるが、ジェシカ自身はおそらくこの状況に満足していない。

「The Honest Company」の経営を通して、ジェシカの思いはベビーケア製品から発展し、「すべての子どもと女性に安全な社会を」に変わり始めている。そしてジェシカ自身も時代を象徴する女性リーダーへと確実に成長を遂げている。彼女の後に続こうとする女性の数が増えるほどに、世界は確実に変わっていく。
参照元:ジェシカ・アルバ ハリウッド女優が「起業」で成功へ
事業構想 2016年5月号 五味 明子(ITジャーナリスト)
“セクシー系”ジェシカ・アルバに年商180億円実業家の顔 成功体験を女性に“伝授”
2015.3.13 13:39 産経ニュース

米女優、ジェシカ・アルバさん(33)がビジネス界で成功を目指す米国の女性から熱い視線を集めている。女優業の傍ら、年商1億5000万ドル(約182億1300万円)というエコ企業を立ち上げた実業家としても知られ、10日には企業の女性役員を対象にした会議で、自らの成功体験を“伝授”。今後も精力的に女性たちに活躍の秘(ひ)訣(けつ)を手ほどきしていく考えで、米ウォール街は、彼女の企業価値を10億ドル(約1210億円)と弾いている。

成功体験を「伝授」

10日付英紙デーリー・メール(電子版)や11日付の中南米系のニュースサイト、ラティーノ・ポストによると、アルバさんはニューヨークで10日に催された米大手投資銀行モルガン・スタンレーが主催する女性役員会議にピンクのパンツルックで登場。自身が共同創業者に名を連ねる「オネスト・カンパニー(正直な会社)」の事業内容や、日々、どのように起業家精神を発揮しているかなどについて説明した。

発言内容は明らかにされていないが、会議終了後、アルバさんはインスタグラムに「私のオネスト・ストーリー(正直な話)をみんなとシェアし、素晴らしい時間を過ごせたわ」と書き込んだ。

彼女は今、米国で最も注目されている女性といっても過言ではない。2011年設立の「オネスト・カンパニー」は、有害化学物質を排除し、植物成分中心の原材料を使ったおむつやシャンプー、日焼け止め、食器洗剤などをネット中心に販売。健康志向の高まりと、お手頃な価格設定が受けて脚光を浴びた。12年には米経済誌フォーチュンが彼女を「最も影響力のある企業家10人」に選び、13年の売上高5000万ドル(約60億7000万円)が昨年には3倍に拡大した。

最初はバカにされ…

カリフォルニア州出身のアルバさんは、人気SF映画「ファンタスティック・フォー」のシリーズ(05、07年)でスターとなったが、“セクシー系”の扱いで役者としては低評価だった。08年に「ファンタスティック-」の撮影で知り合った撮影技師、キャッシュ・ウォーレンさん(36)と結婚。現在、2人の娘(6歳と3歳)がいるが、長女の妊娠中にアレルギーに悩まされたことが起業のきっかけとなった。

女優という「金看板」も事業開始には何の助けにもならなかった。「女優がベビー用品の会社を始めるっていうのか?」とバカにされ、「投資家の支援を得るまでに2年かかった」という。

「失敗にめげないで」

そんな彼女だからこそ、ビジネスの世界で必死にもがく女性たちの助けになりたいという思いは人一倍強い。今月6日には成功の秘訣を問うネット読者の質問に答え、「仕事での失敗や挫折で物事をより思慮深く、効率的に考えられるようになった」と失敗にめげない心構えを説いた。

「自分に確信が持てなくなった時、必ず夫が『君ならできる。自分を信じろ』と応援してくれた」とパートナーとの関係の大切さなど、女性ならではのアドバイスも送っている。

AP通信によると、16日にテキサス州で開かれる世界最大級のメディア会合「サウス・バイ・サウスウエスト」にもゲスト出演し、いかに「オネスト・カンパニー」の業績を拡大させたかを講演する。昨年12月には米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)に「これまで以上に女優でいられて感謝しているわ。ビジネスは本当に緊張するから」と“二足のわらじ”の効用を説いたアルバさん。この辺りにも仕事に家事と複数の役割をやってのける力を持つ女性ならではの強さが隠されているのかもしれない。
参照元:“セクシー系”ジェシカ・アルバに年商180億円実業家の顔 成功体験を女性に“伝授”
2015.3.13 13:39 産経ニュース
ジェシカ・アルバのブランド「オネスト・カンパニー」、株式上場で大反響
Bang Showbiz 2021/05/08 03:00

ジェシカ・アルバ(40)が「オネスト・カンパニー」の株式上場で260万ドル(約2.8億円)を稼いだという。自然派美容製品やベビー用品を手掛ける同社は2011年にジェシカが共同設立、今週44%の株価上昇の鮮烈デビューを果たした。

ザ・ハリウッド・レポーターによると、同社は新規株式公開(IPO)で4億1200万ドル(約450億円)を獲得、現在の価値は14億4000万ドル(約1572億円)となっている。ステークホルダーでもあるアルバは、1億3000万ドル(約142億円)となる5.6%の株式も所有している。

ブルームバーグTVでジェシカはこう話す。「正直夢の中にいるみたいです。これは現実なのって感じです。私たちの誠実なコミュニティに本当に感謝しています。私たちを家に迎え入れてくれてありがとうございます。皆さんの最も大切な人々、小さな人々のことで私たちを信頼してくれてありがとうございます」

同社は2015年、それまで扱っていた自然素材のベビー用品に加え、ビューティーおよびスキンケア製品の販売を開始、10億ドル(約1092億円)のブランド価値があると米経済誌フォーブスに報じられていた。

これまでにジェシカは、同社が「健康、ウェルネス、サステナビリティ」に価値を見出すことを目指しており、誠実さと透明性を第一とし、「消費者が他の製品よりオネストを選んでくれる理由は、この価値観にあると信じています」「当然、消費者は企業にこの種の値打ちを期待していると思います。単なるマーケティング策略ではダメなのです」と話していた。
参照元:ジェシカ・アルバのブランド「オネスト・カンパニー」、株式上場で大反響
Bang Showbiz 2021/05/08 03:00

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 先生、こんばんは^^

    ジェシカ・アルバのD9が、私のD1に似ているなと思っていました。

    アンタルダシャー8室支配の今、仕事の方向性にもの凄く悩みましたが、私もネットショップを開業しようとずっと考えていました。先生のこの記事を何度も読んで、やってみようと思えました。

    いつも興味深い記事をありがとうございます。
  • 牡牛座ラグナは土星がヨーガカラカになることもあり、実業に向いてますからやってみて下さい。
    向いていると思います。
  • ご無沙汰しております
    昨日に偶然この記事を拝見してから今日になりこんなネットニュースを見つけたので我ながら驚きました

    https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/hollywood/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B7%E3%82%AB-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E3%81%A7%E5%A4%A7%E5%8F%8D%E9%9F%BF/ar-BB1gty6w?ocid=msedgdhp
    生地冒頭に記載された検証済みのジェシカ氏本人のラーシチャートに照らしてダシャーを推測しますと「土星-水星-ケートゥ期」辺りかと思われます
    土星をラグナとすると4室7室支配の木星と5室6室支配の土星が4L-5L/5L-7Lのラージャ・ヨーガを起こしており
    土星から8室目ではディスポジターの水星を含む惑星集中が生じています
    その牡羊座には火星が定座して8室(突然の利益)の象意が強い以上に水星と金星のコンジャンクションで8室でもラージャ・ヨーガが起こっています
    ただし太陽も参加しているためプラティアンタルダシャーが太陽期となると損失の側面へと転じる時となりそうです

    土星期は本来のラグナからすると土星の6室と木星の8室がコンジャンクションしつつ5L-7Lのラージャ・ヨーガとなるため
    相当に危険な利害意識を孕んだ駆け引きが重なる中で損益の一進一退を繰り返す物騒な様相を模していくようです

    面白いのはサブダシャー以下が月期となった場合です
    本来のラグナから見た運勢展開(12室支配の7室在住)とダシャーラグナの乙女座から見た見込み(11室支配の6室在住)が同時に働くと確実に相当の不運と損失が否めません
    プラティアンタルで月期となると煩わしい小さな問題が頻発するかも知れません

    ナヴァムシャでは土星がラグナから見ても月から見てもラージャ・ヨーガ・カーラカでありながら減衰し
    月とコンジャンクションする定座の金星にアスペクトされる配置ですが
    本来のラグナではラグナロードとなって定座してラーフとコンジャンクションするため
    見かけに反してジェシカ氏は「欲得ずく」と言える力任せな行動原理の人物と言えます

    概してジェシカ氏の土星期は凶星のダシャーとしての自業自得的な展開が想像されます

    以降もニュースがあれば私なりの所見を述べさせていただきます
    • 情報ありがとうございます。

      ジェシカ・アルバは土星期になって、土星から見て8室が強いため、それで株式市場に上場して、資金調達出来たようですね。

      自分の所有する株式の含み益が増大して、経済的に成功したようです。

      株式で利益を得る典型的な配置は、8室が強い人ですから、そのような状況ではないかと思います。

      また8室に在住する水星は例外的に良いと言われています。

      これは他人のお金を利用できる優れた配置であると思います。株式市場から資金調達できる配置です。

      ナヴァムシャだと土星はラグナ、月から見て、ヨーガカラカで、ラグナロードの金星と相互アスペクトして、ラージャヨーガを形成し、

      水星は、2、5室支配で4室支配の太陽と4-5のラージャヨーガを形成し、月から見ても9室支配の水星が11室支配の太陽と、9-11のダナヨーガを形成しています。

      そして、水星はダシャムシャのラグナで、バドラヨーガを形成しています。

      従って、アンタルダシャーの水星期は、上手く行く時期ですね。

      ダシャムシャにおいて、土星が12室に在住していることには注目すべきです。

      出生図で見た所では6室支配で2室に在住する土星期は、それほど経営が上手く行くようにも見えません。

      私が以前記事を書いた時は、まだマハダシャー木星期で、創業した時も木星期です。

      ですから2017年7月から土星期に移行して、以前とは状況も変わっていると思います。

      金星⇒太陽⇒月とプラティアンタルダシャーの推移に今後の状況の変化などは出てくると思います。

      プラティアンタル太陽期や月期は、配置が良くない為、否定的な変化はあるかもしれないですが、アンタルダシャーは水星期で、

      ダシャムシャではラグナでバドラヨーガである為、基本的にはいいのかもしれません。

      また何か気づいたことがあったらお願いします。


秀吉 へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA