月別アーカイブ: 2017年2月

元プロ野球選手・新庄剛志氏の金銭トラブルについて

元プロ野球選手・新庄剛志氏が、最近、出演したテレビ番組で、金銭の管理を託した人物から金銭を勝手に使われて、44億円全てを失った体験談を披露している。


新庄剛志氏「野球なんかマジバイト」 “史上最大の金銭トラブル”口座残高44億円が…
スポニチアネックス 2/20(月) 22:05配信

阪神、日本ハムやメッツなどでプレーした元プロ野球選手の新庄剛志氏(45)が20日放送のテレビ朝日「しくじり先生 3時間スペシャル」(月曜後7・00)に出演。“お金に無頓着すぎちゃった先生”として授業を行い、同番組史上最大の金銭トラブルに見舞われていたことをテレビ初告白した。

「この番組で一番すごい金額をしくじりました」と授業に臨んだ新庄氏。プロ2年目に1軍昇格など若くして成功した新庄氏がお金の管理を任せていたのは、もともと母親の知り合いだったAさんで、多くの会社を経営し、豪邸に住むなど社会的な地位の高い人物だったという。新庄氏は稼いだお金をすべてAさんに預け、生活面のサポートも受けるなど、良き相談相手で「スター選手になったのはAさんのおかげ」と話した。

 実の親ですら「通用しない」と反対したメジャー行きも、Aさんだけが「行った方がいい」と後押し。無謀な散財で、ほぼ貯金はゼロだったが、01年に海を渡った。その結果、メジャー1年目から日本人で初めて4番を打ち、10本塁打を記録。スポンサー料も破格となり「(本業である)野球なんかマジバイト」と冗談めかした。

 貯金ゼロからプロ野球引退までの6年間で稼いだ額は44億円。引退後はインドネシア・バリ島への移住を決め「お金を全部バリに持っていこう」「税金が半分、引いても22億円は残っているだろう」と口座を確認したところ、Aさんが「会社の資金に使っていた」ため、残高は2200万円。Aさんから相談は一切なかったといい「チェックとかもしてないから。返してほしいと言っても拒否された」と当時を回顧した。

 弁護士に相談し、裁判を起こすも、12年にAさんの破産で裁判終了。8000万円が戻ったが「17年間調べていないのは自分のミス」「金額もそうだが、裏切られたことも悔しい」と肩を落とした。最後はスポーツ選手や芸能人へ向け「年に1~2回はチェックした方がいい。ものすごく言いたかった」と、かみしめるように教訓を授けた。


この記事によれば、新庄剛志は、メジャーリーグに渡る前は貯金はほぼゼロだったが、メジャーリーグに移籍した2000年8月から引退する2006年11月までの間にスポンサー料44億円稼いだことになる。

この間、母親の知り合いだったAさんにお金の管理を託していた所、Aさんは自分の事業に44億円をつぎ込んで引退する頃には2200万円しか残高が残っていない程、全部、使い込んでいたようである。

このカルマはダシャーにはどのように出ているかということが問題である。


ShinjoTsuyoshi_chart

2000年8月頃は土星/水星期であり、引退する2006年11月頃は土星/金星期である。


従って、Aさんが44億円を使い込んでしまった時期は、土星/水星⇒土星/ケートゥ⇒土星/金星である。


土星はラグナロードで、12室の支配星で4室に在住している。


月から見ると8、9室支配で12室に在住している。


ラグナから見ても月から見ても12室の象意が確認できる。


またナヴァムシャでも土星は1、12室の支配星で、6室支配の月とラグナで接合している。


新庄剛志のチャートでは7室支配の太陽が12室に在住しており、5、8室支配の水星と接合して、ラーフも接合している。

そして、それらの太陽、ラーフ、水星に逆行する1、12室支配の土星がアスペクトしている。


これはビジネスパートナー、契約相手(7L)によって損失する(12H)配置である。


8室の支配の水星が7室の支配の太陽と絡んでいる為、このビジネスパートナーに支配され、操られたことを表している。


ラーフは飽くなき欲望を意味しており、8室の支配星と絡むことにより、ビジネスパートナーの野心や欲望を表している。




会計を依頼したこのA氏の表示体は、この12室で接合する太陽、ラーフ、水星によって表されると考えられる。


8室支配の水星は頼る相手を表しており、お金を預ける代わりにこのAさんから生活面でのサポートを受けたと本人自身が語っているため、この水星が表示体になると考えられる。


8室を支配して傷ついている水星は会計の専門家を表しており、資産の管理を行いつつ詐欺などでだます人物の表示体であるということが直感的に分かるのである。


月から見ると水星はラグナロードで4室支配で8室(支配者、頼る相手)に在住し、3室支配の太陽、ラーフと接合している。


つまり、この配置から新庄剛志はこのA氏にせっせと稼いだお金を貢いで、財産、住まいの管理(4L)など生活面のサポートを受けたと考えられる。

然し、この水星のディスポジターが12室(損失、出費)に在住していることを考えると、結果として預けた資産は全て損失する結果となったことを表していると考えられる。

12室を支配して、月から12室に在住する土星は、逆行して、ラグナから12室に在住する水星、ラーフ、太陽にアスペクトしている。


新庄剛志が渡米してメジャーリーグで活動し始めた頃、土星/水星期であったと思われるが、その頃にこうしたA氏の使い込みが始まったと考えるのが妥当である。



ShinjoTsuyoshi





































スポンサーリンク


スポンサーリンク

病気とは何か

先日、アイドルグループ『私立恵比寿中学』のメンバー・松野莉奈が「致死性不整脈」で亡くなった。

各新聞もこの一アイドルの突然の死を大きく報じている。


MatsunoRina1

まだ若いだけに関係者の間で落胆が広がっており、ファンの間でも「松野莉奈を送る会」が開かれて、その突然の死が惜しまれていた。

突然に亡くなった理由はジョーティッシュで見ると明確に示されている。


MatsunoRina_chart

出生データは、「1998年7月16日 東京」で出生時間は不明である。


但し、出生時間を何時に設定しても月は魚座に在住している。


従って、チャンドララグナは魚座で確定である。


月から見ると6室支配の太陽が3、8室支配の金星と接合し、2、9室支配の火星と接合し、11、12室支配の減衰する土星からアスペクトされている。


心臓の表示体である太陽が6室を支配して傷つくと共に慢性病、原因不明、突然を意味する8室支配の金星と接合し、6室の表示体である火星と接合して、11、12室支配のマラカの土星がアスペクトしている。


つまり、太陽に対して、6室、8室、12室や土星と火星が絡んでおり、土星は8室の表示体であり、火星は6室の表示体である。


不整脈とは心臓の鼓動に乱れが生じることである。


従って、心臓の疾患であるが、原因ははっきりとしていない。


おそらく医学の力では不整脈の現象の物理的、生理学的側面について克明に記述することは出来るが、何故、不整脈が生じるかの根本的原因や何故、心臓は鼓動するかといった根本的疑問には答えることが出来ない。


物質科学そのものがそうした傾向がある。


物理学で万有引力の法則を記述できても、何故、引力が存在するかといった根本的な疑問には答えることが出来ないのと同じである。


そこで信仰者に聞けば、彼(彼女)は「それは神からの許しがなかったから」と答えるに違いない。


信仰者にとっては人間が生きて存在していられるのも神の許しがあってのことである。


つまり、科学では分からない形而上の理由や原因があるということである。



ジョーティッシュの法則を学習して使いこなしている人であれば、表示体である太陽が6室、8室、12室と絡み、更に土星や火星と絡んでいたら、心臓の疾患について警鐘を鳴らすはずである。


それでは松野莉奈は不整脈で亡くなる運命だったのかと言えば、それははっきりしたことは言えないが、何か現代医療によって薬の処方などによって延命できることはあっても惑星によって示された不整脈自体が起こり得るカルマを変えること自体は出来ないと考えられる。


それはジョーティッシュの法則によってはっきりと示されている。



松野莉奈の若くしての死は、各新聞で大きく取り上げられて、ファンの間からも「松野莉奈を送る会」で彼女を弔いたいとする動きが起こり、その突然の死を悼む反響は大きかった。


彼女は2010年2月に『私立恵比寿中学』にメンバー入りし、2012年5月にデビューしている。


彼女のダシャーバランスは00:00:01~23:59:59迄の出生時間の範囲であれば、現在のダシャーはケートゥ期の初めから金星期の半ば頃であると考えられる。


既に芸能界にデビューしたことを考えると、彼女の現在のダシャーは金星であり、月から見た3室(芸能、踊り、パフォーマンス)の支配星である。


小学1年生(2004年)の頃、表参道でスカウトされて芸能界入りし、2010年2月に『私立恵比寿中学』にメンバー入りして、2012年5月にデビューしているが、彼女がアイドルグループに加入して、踊りやパフォーマンスを披露し始めたのが、2010年2月~2012年5月の間であれば、マハダシャー金星期に移行したのもこの頃ではないかと考えられる。


小学1年生でスカウトされた頃はまだマハダシャーケートゥ期であり、ケートゥのディスポジターである土星が3室に在住しているため、芸能に縁はあったがまだ本格的に踊りやパフォーマンスを披露するまでには至っていなかったと考えられる。


その後、松野莉奈は『みにちあ☆ベアーズ』という小学生女子ジュニアアイドルチアグループのメンバーとして活動していた。

このグループは2009年に結成され、2014年に解散しており、結成された2009年はちょうどマハダシャー金星期に入ったタイミングの金星/金星期であり、解散した頃は、金星/火星期辺りである。


つまり、マハダシャー金星期になる直前に芸能界にスカウトされ、『私立恵比寿中学』のメンバー入りする前に『みにちあ☆ベアーズ』という小学生アイドルグル―プで活動していたことになる。


そうすると、彼女の現在のマハダシャーは金星/ラーフ期で、金星/ラーフ期に『私立恵比寿中学』というグループで更に本格的にデビューしたことになる。


金星/ラーフ期はデビューの時期であり、有名になっていくタイミングである。



然し、松野莉奈にとって、この有名になっていく金星/ラーフ期が同時に今回の悲劇を招いたことになる。


ラーフは月から見て6室(病気)に在住し、ラグナから見てマラカの7室に在住し、ディスポジターは太陽であり、既に説明したように太陽は心臓の表示体であり、月から見ると6室の支配星で激しく傷ついている。


ナヴァムシャ(D9)でも月から見て6室支配の太陽がラーフと接合し、魚座ラグナにとってのマラカの土星(11、12室支配)と接合して傷ついている。


水瓶座ラグナに設定すると、ラグナロードの土星が3室(芸能)に在住し、3、10室支配の火星が5室(3室から3室)に在住して、月から見た3室支配の金星と接合しており、芸能界との関わりを表している。


チャラダシャーは魚座/射手座であり、魚座にはGKの木星が在住し、マラカに相当するDKの金星とAKの太陽がアスペクトしている。

また射手座にもGKの木星とDKの金星、AKの太陽がアスペクトしている。


従って、魚座と射手座には、GKの木星、マラカに相当するDKの金星、ラグナロード(身体)に相当するAKの太陽が絡んでおり、2017年1月26日以降に土星が射手座に入室して、射手座と魚座に木星と土星がジャイミニアスペクトしたタイミングで、これらのGK、DK、AKの絡みによる象意が顕現したと考えられる。


また現在、木星が8室乙女座に入室し、土星が射手座から8室乙女座にアスペクトしているため、8室にダブルトランジットが生じている。

8室は突然、中断、破局を表しており、水瓶座ラグナであれば、まさに現在の状況は8室へのダブルトランジットに相当する。

そして、土星は11室をトランジットし、木星は11室の支配星にもアスペクトしているため、高い評価を得るタイミングである。


彼女が亡くなってから多くの人がその死を悼み、「松野莉奈を送る会」が催されることに決まったのはその為である。


因みに現在、マハダシャー金星期であるが、『私立恵比寿中学』はこれまでにも所属するメンバーが病気に係ることで、活動休止や脱退などに見舞われていたという。


【急死・松野莉奈】体調不良者が続出していたエビ中!「ももクロに追いつくため…」
2017.02.16 TOCANA 知的好奇心の扉 トカナ

アイドルグループ私立恵比寿中学の松野莉奈さんが致死性不整脈のため18歳という若さで急死。私立恵比寿中学のメンバーはもとより、同じくアイドルとして活動をしている多くの少女たちが追悼コメントをブログやSNSに寄せている。

 そんな中、なぜかこのグループに付きまとっている病気に注目が集まっている。

 メンバーの柏木ひなたは突発性難聴で一時活動休止に、瑞季は不整脈の疑いがあり脱退、小林歌穂は現役だがバセドウ病と診断されている。

 AKB48のように大所帯ではない私立恵比寿中学だけに、これだけ多くのメンバーが何かしらの病気に冒されているのは異常だと言わざるをえないだろう。

「過去にはファンの間でもあまりに病気になるメンバーが多いことから御祓いに行ったほうが良いという声も出ていたほど。そんな中で、今回の松野莉奈の急死ですからショックは相当なものです。正式に活動中止はないと運営より発表がありましたが、明るく楽しいのが売りだっただけに、今後はどういった形で活動していくのかファンの間でも賛否両論が飛び交っています」(アイドル雑誌編集談)

 松野莉奈さんの場合は致死性不整脈という珍しい病気だっただけに、アイドル活動との因果関係はなさそうだが、この私立恵比寿中学は特殊なアイドルグループだと話すのは音楽関係者だ。

「所属先のスターダストでは、女優の卵の寄せ集めだったももいろクローバーZが国民的アイドルグループとして突然売れ、姉妹グループが次々とできあがった。私立恵比寿中学はももクロに次ぐ人気を誇り、チケット争奪戦が起きるほど。ドームクラスの公演も目前に見えてきたところでした。

 しかし、運営では同じ事務所ながらももクロ陣営とほとんど交流がなく、断絶状態。社内ではこの両方の運営の仲が悪いことが有名でした。遥か先を行くももクロに追いつこうと、私立恵比寿中学は特殊な世界観で活動を続けていましたが、最近では急成長していた人気にも陰りが見え始め運営側も焦っていたと聞きます。ももクロの名物マネージャーであった川上アキラ氏がももクロとともに社内で急激に出世して権力も持ち始めていたという声も聞こえますから……。そういった大人たちの見えないプレッシャーが、メンバーたちの心理状況に大きく重荷を追わせている可能性はあるはずです。

 ファンの間では、ももクロを抜くことが目標ではないという声も出ていたんですけどね」

 夢を与えるアイドルだからこそ健康第一で少女たちが無理なく活動できる場を作る事こそが、運営をする大人の役目だということを再確認するべきなのは間違いないだろう。


これは金星が8室の支配星であり、6室支配の太陽と接合しているからではないかと考えられる。


仕事上の仲間と行う芸能活動自体(3、10室支配の火星)が8室や6室の象意から影響されていることを示していたと考えられる。


水瓶座ラグナかどうかは更に検証していくとして、彼女のチャンドララグナは明らかに魚座に在住する月であり、月から見て6室支配の太陽が、3、8室支配の金星と接合し、火星と接合し、マラカの11、12室支配の土星からアスペクトされており、マハダシャーが8室(突然、致命的)である金星期であることで、致死性の不整脈による突然死を招いたのである。


運命が嫌いな人はこうした意見を好まないかもしれないが、明らかにこの松野莉奈の突然の死はカルマであると考えられる。


何らかの形而上の理由によって魂が転生して来る瞬間に人生の中盤で突然死をする人生が選び取られたのである。


自分で選び取ったのか、選ばされたのかは分からない。


この死によって何らかのカルマ的負債を解消したのかもしれず、またこの突然の死は両親にとってのカルマであったかもしれないのである。



医者はこの死の原因について説明できないし、仮に説明したとしても現象の物質的、生理学的過程について辿るだけである。


何故、彼女が死ななければならなかったのかについての理由については分からないし、物質科学に集中している人にとっては、その原因を形而上に求める発想自体が出てこない。


ジョーティッシュは物質科学ではなく、形而上の原因(カルマ)が物質界に展開していく過程を調べる科学である。



(参考資料)



「エビ中」松野莉奈さんの18歳急死でわかった突発的「致死性不整脈」の怖さ
2017年2月17日 09:59 Asagei+plus

年配者には馴染みが薄い名前だろうが、アイドルグループ・私立恵比寿中学(エビ中)のメンバー、松野莉奈さんが2月8日、18歳の若さで急死した。発表された死因は致死性不整脈だった。

 ご存知ない方のために簡単に説明しておくと、エビ中とは、2009年8月に結成された中学生(永久中学生)8名による人気急上昇中の女性アイドルグループで、グループ名はメンバーが所属する事務所の所在地からきている。このメンバーの一人、松野さんの突然の死で、芸能界は驚きに包まれた。

 日本AED財団によれば、心臓を原因とする突然死の数は、年間7万人を超えるという。不整脈は心臓のリズム(調律)の異常を指す心臓病のひとつだが、致死性不整脈は、

「特に前兆などがなく、かつ突発的に起こるため、対処、防ぎようのない病気。そして誰にでも、いつでも起こりうる」(江田クリニック・江田正院長)

 松野さんは亡くなる前日、体調不良によりコンサートへの出演を取りやめて自宅で休養をしていたというが、翌日、症状が悪化。搬送された病院で死亡が確認されている。

 致死性不整脈は心臓が痙攣を起こし、心臓から血液を体内や脳に送り出すことができないために起こってしまう。その原因は、年齢、病気、ストレス、不摂生が考えられ、年配者に多い病なのだが、松野さんのように若くしてこの病で亡くなる人もいる。

「18歳でトップアイドルを走るというのは、心身的にかなりのストレスがあったと思う」(夕刊紙デスク)

 致死性不整脈は、症状が出てからわずか数分で死に至る(突然死)ことが多いため、対処の方法がない怖い病。節制を心がけ、ストレスを溜めないことがなによりの予防なのかもしれない。

(谷川渓)
参照元:「エビ中」松野莉奈さんの18歳急死でわかった突発的「致死性不整脈」の怖さ
2017年2月17日 09:59 Asagei+plus

「致死性不整脈」の疑いと事務所が発表 エビ中・松野莉奈さん死因
The Huffington Post | 執筆者:ハフィントンポスト編集部
投稿日: 2017年02月10日 17時34分 JST

人気アイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」のメンバーで、2月8日に急死した松野莉奈さん(18)の死因について、所属事務所のスターダストプロモーションは、2月10日、「致死性不整脈の疑い」であると発表した。

同日、正式に医師から診断書が提示されたという。

致死性不整脈は、意識消失や突然死を招く症状。所属事務所によると、これまで松野さんが持病などを抱えていたということはなく、健康に活動を続けていたという。

ネット上では、死亡の発表直後から、死因について「ウイルス性急性脳症」や「インフルエンザ脳症」という情報が出回っていた。

松野さんは2月7日のイベントを体調不良で欠席。その後、東京都内の自宅で療養していたが容体が急変し、8日午前5時ごろ、両親が119番通報して救急搬送されていた。
参照元:「致死性不整脈」の疑いと事務所が発表 エビ中・松野莉奈さん死因
The Huffington Post | 執筆者:ハフィントンポスト編集部
投稿日: 2017年02月10日 17時34分 JST

エビ中・松野さん死去 致死性不整脈とは?
2017年2月10日22時58分 朝日新聞DIGITAL

致死性不整脈は、心臓が正常に拍動できなくなる不整脈のうち、発生すると救命が難しい症状の一つ。心室細動などがある。短時間で意識がなくなり、死に至る。日本AED財団のホームページによると、国内では心臓が原因の突然死が年間7万人を超える。そのうち最も重大な直接原因と考えられている。

エビ中・松野莉奈さん、死因は致死性不整脈か

 心室細動は、心臓の血液を全身に送り出す心室の筋肉が震え(細動)、血液が送り出せなくなり、失神して呼吸停止になる。対処法として、電気ショックを与えるAED(自動体外式除細動器)などがある。

 広島大学の東幸仁教授(循環器内科、再生医学)によると、致死性不整脈が起こると、2秒程度で意識が失われることがあり、数分間で心臓が止まってしまうこともあるという。

 遺伝的にこうした不整脈を起こしやすいタイプもあるが、原因がわからないことの方が多く、若い現役のスポーツ選手が亡くなるケースもある。運動中に起こることもあれば、睡眠中に起こることもあるという。ウイルスが心臓に感染したことをきっかけに不整脈を起こすこともある。

 新潟大学の榛沢和彦医師(心臓血管外科)は「若い人でも突然、心室細動になることがあり、今のところ予知や予防することは難しい。ただ、心室細動はAEDなどですぐに心臓を正常なリズムに戻せれば、救命できる場合が多い。家庭などAEDが近くにない場所で起きた場合は、心臓マッサージと人工呼吸で救急車を待ってほしい」と話す。
参照元:エビ中・松野さん死去 致死性不整脈とは?
2017年2月10日22時58分 朝日新聞DIGITAL

エビ中・松野さんは「致死性不整脈」 死因発表に「ホント悔やみきれない」
2017/2/10 19:12 JCASTニュース

人気アイドルグループ「私立恵比寿中」メンバーの松野莉奈(まつの・りな)さんが18歳で急逝した死因について、所属事務所は2017年2月10日、医師の診断結果として、「致死性不整脈の疑い」と発表した。

松野さんは7日、体調不良のために当日のコンサートへの出演を急きょ取りやめ、自宅で静養していたが、容体が急変し、8日未明に死去した。死因については当初、「病死とみられる」とされ、詳細は発表されなかったこともあり、様々な憶測を呼んでいた。

急死後、乱れ飛んだ憶測

松野さんは、2月6日にもインスタグラムを更新し、数日前に家族と行った旅行の様子を写真付きで報告していた。7日にはコンサート会場の大阪に向かう途中で体調不良を訴え、同日夕に公式ツイッターで出演取り止めが発表された。

8日にその急死が報じられると、エビ中の公式サイトにアクセスが殺到し、同日正午過ぎからしばらく、つながらない状態が続いた。死因の詳細が公表されなかった事もあり、様々な情報がネットなどを駆け巡った。翌9日朝の情報番組「スッキリ!」(日本テレビ系)では、救命救急医の話として、(1)持病、(2)頭部血管の先天的な異常、(3)風邪のウイルスが心臓に感染し、炎症を起こす心筋炎、の3つの可能性を指摘していた。

今回、その疑いがあると発表された「致死性不整脈」は、国立循環器病研究センター(大阪府)のサイトを見ると、「致死性不整脈(心室細動・心停止)」との表現が出てくる。心室細動の項目をみると、「心室が1分間に300回以上不規則に震えるように痙攣(けいれん)する状態のことで、これが起こるとたちまち死につながる不整脈です」と説明している。ネット上ではこの他にも、「致死性不整脈」について、同研究センターの表記とは若干異なる解説をする内容のページも見つかる。

関連は不明だが、松野さんは1月22日の公式ブログでも体調不良に触れていた。その週に放送されるBSフジの冠番組「エビ中++」の収録(16年12月)について、「体調不良でお休みでした」と報告。「年が明ける前に回復しました!!」「今は松野はとっても元気でございます」とも書いていた。

今回、死因が発表されると、「致死性不整脈」はツイッターのトレンド入りした。ツイッターでは、

「怖っ」
「10代ではないけど、うちの職場にもいたな...」
といった声が寄せられていた。ファンからは

「そんな事ってありなの...そんなのホント悔やみきれない」
と、やりきれない思いも吐露されていた。
参照元:エビ中・松野さんは「致死性不整脈」 死因発表に「ホント悔やみきれない」
2017/2/10 19:12 JCASTニュース

エビ中松野莉奈さんお別れの会にももクロら2万人
日刊スポーツ 2/25(土) 16:58配信

 致死性不整脈の疑いで今月8日に亡くなった女性アイドルグループ「私立恵比寿 中学(エビ中)」のメンバー松野莉奈さん(享年18)のお別れの会が25日、パ シフィコ横浜で執り行われた。

残されたエビ中のメンバーや、「ももいろクローバーZ」など全姉妹グループ、関 係者やファンなど約2万人が参列した。

 残されたメンバー7人は冒頭、祭壇の前に立つと悲しみをこらえ、神妙な面持ち で白いカーネーションを献花、深々と頭を下げ、手を合わせた。その後、参列した 関係者の対応をしたメンバーたちは、気丈に明るく振る舞っていたという。

 会場には、エビ中の楽曲が流され、祭壇には、松野さんや両親が気に入っていた 、15年のシングル「夏だぜジョニー」の発売時に撮影された写真、メンバーカラ ーだった青をイメージし、カーネーション、バラ、デルフィニウム、カスミ草、ア ジサイなど約4000本とバルーンなど飾られた。

 松野さんの最後のステージとなった今月1日のライブで共演した氣志團も参列し た。エビ中は自身らが主催するフェスに出演してもらうなど、縁が深かったという 綾小路翔(37)は「現実味がなくて、言葉にならない」とし、「松野さんもエビ 中のこれからの活躍を楽しみにしていただろうし、今もそう祈っていると思う。エ ビ中には彼女の分まで頑張ってほしい」と、エールを送った。

 この日はほかに、ラッキィ池田(57)ヒャダインこと前山田健一(36)宮藤 官九郎(46)東京女子流らが参列した。
参照元:エビ中松野莉奈さんお別れの会にももクロら2万人
日刊スポーツ 2/25(土) 16:58配信







スポンサーリンク


スポンサーリンク

ジョニー・デップの破産危機について

米俳優のジョニー・デップが破産状態に追い込まれているようである。


JohnnyDepp2

このことの理由に関して読者の方から連絡頂いたが、ジョニーディップが何故、破産寸前にあるのか検討してみた。


J・デップ、浪費で破産寸前 資産管理会社がローン未払いで提訴
2017年02月01日 14:27 発信地:ロサンゼルス/米国

【2月1日 AFP】米俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp)さん(53)が、激しい浪費によって破産寸前に追い込まれていることが分かった。デップさんの資産管理を担っていた企業が先月31日、不払いになっているローンの返済を求めてデップさんを提訴したことで明らかになった。

 デップさんを提訴したザ・マネジメント・グループ(TMG)が米ロサンゼルス(Los Angeles)の裁判所に提出した訴状によると、デップさんは20年ほどにわたり毎月200万ドル(約2億3000万円)を支出。フランスの城やバハマ諸島の島を含む不動産14件に計7500万ドル(約85億円)を費やしたという。

 デップさんはまた、2000年以降に1800万ドル(約20億円)のヨットや高級車45台を購入。毎月のワイン代は70万ドル(約7900万円)に上り、自家用機も所有、40人ものスタッフを抱えている。さらにアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)やグスタフ・クリムト(Gustav Klimt)などの巨匠の作品200点以上のほか、ギター70本、ハリウッド(Hollywood)関連品多数も収集している。

 デップさんは先月13日、自身の許可なく金融取引を行い、資産状況の悪化を隠し、資産管理を誤ったとして、TMGを相手取り2500万ドル(約28億円)の支払いを求める訴訟を起こしていた。

 一方、昨年契約を解除されたTMGは、同社が420万ドル(約4億7000万円)の負債を抱えており、デップさんが所有する不動産の差し押さえを余儀なくされたと主張している。(c)AFP


ジョニーディップは現在、木星/土星期である。


JohnnyDepp_chart

木星は9室の支配星で9室に在住しているが、6室の支配星でもある。


従って、2013年9月21日からマハダシャー木星期に移行しているが、9室の象意を経験すると共に6室の象意も経験する時期に入ったのである。


そして、昨年2016年5月に妻から離婚を申し立てられて、8月に離婚したのはその為である。


JohnnyDepp3

この時、既に木星/土星期に移行した後である。


J・デップ離婚へ 妻の女優、ハードさんが申し立て
2016.5.26 10:45 産経ニュース

米メディアは25日、米人気俳優ジョニー・デップさん(52)の妻で女優のアンバー・ハードさん(30)が離婚を申し立てたと報じた。2人は昨年2月に結婚したばかり。

 ハードさんは「和解しがたい不和」が理由として離婚後の扶養料などを求めている。2人の間に子どもはいない。デップさんは病気だった母親を最近亡くしたばかりだという。(共同)


ジョニー・デップさんが離婚合意、7億円の和解金と報道 「和解しがたい不和」理由に
2016.8.17 23:40 産経ニュース

米CNNテレビ電子版などは16日、「和解しがたい不和」を理由に妻の女優アンバー・ハードさん(30)から離婚を申し立てられていた人気俳優ジョニー・デップさん(53)が16日、離婚に合意したと報じた。芸能専門サイトTMZによると、デップさんがハードさんに700万ドル(約7億円)の和解金を支払うという。

 ハードさんはデップさんからドメスティックバイオレンス(DV)を受けたと訴え、ロサンゼルスの裁判所が5月、デップさんに接近禁止命令を出していたが、ハードさんは訴えを取り下げた。

 2人は「私たちの関係は非常に情熱的で、時に不安定だったが常に愛で結ばれていた」とするコメントを出した。ハードさんは和解金を慈善活動に使うとしている。

 2人は映画「ラム・ダイアリー」の共演をきっかけに交際を開始。昨年2月に結婚したばかりだった。(共同)


木星は6室の支配星で、土星は8室の支配星である。


そして、6室支配の木星は8室支配の土星からアスペクトされて傷ついている。


木星/土星期はその絡みの象意が顕現するタイミングである。


従って、木星期には9室支配で9室自室に在住する木星の働きで9室の幸福を経験するだけではなく、離婚や負債、訴訟といった事柄も経験する時期である。


木星から見ると土星は11、12室支配で11室に在住している。


従って、収入の損失という象意も顕現するタイミングである。


ジョニーディップは映画俳優としても最近はヒットが生まれず、私生活でも離婚や浪費による破産寸前の状況に追い込まれている。


これは木星/土星期がもたらしたものであり、6室支配の木星が8室支配の土星にアスペクトされて傷ついていることによるものである。




破産の危機が報じられたのは、2月1日であり、トランジットの土星が射手座に入室した後である。


出生図において、ラグナロードの月は6室に在住しており、ケートゥと接合して、元々人生全般が6室のテーマ(離婚、訴訟、負債)と縁があることを表している。


6室に在住する月は無償の奉仕、献身性を表すが、6室のケートゥは敵を粉砕する配置であり、対人的に強い配置である。

暴力の配置と言ってもいいかもしれない。



ジョニー・ディップは、妻に献身的である一方、暴力的でもあり、妻への態度に二面性を抱えていたと思われる。


妻からドメスティックバイオレンス(DV)を受けたと訴えられての離婚であるが、一方で、両者は「私たちの関係は非常に情熱的で、時に不安定だったが常に愛で結ばれていた」とするコメントを出しており、これから分かることは、そのような二面性のある不安定な関係性である。


出生図の7室に在住する土星は逆行して6室にかかっており、これがポイントなのである。


ラグナロードで6室に在住し、ラーフ/ケートゥ軸と絡む月が逆行の土星と火星から6室で傷つけられている。


その6室にダブルトランジットが生じたタイミングで破産の危機が生じたようである。


離婚は昨年の5月-8月の間に既にしており、木星が乙女座に入室するタイミングであった。


木星と土星が7室や11室にダブルトランジットするタイミングである。


7室には8室の支配星が在住し、パートナー関係がこじれることを表しており、11室は離婚のハウスであり、そこには12室(別離)支配の水星が在住している。


ダシャーは木星/土星期である。


アンタルダシャーが土星であることによって、8室や6室の象意が顕現したと考えられる。



因みにジョニーディップの11室には2室支配の太陽と11室支配の金星が在住して、2-11室のダナヨーガを形成しているが、そこには3、12室支配の水星も在住している。

ダナヨーガを形成しているが、3、12室支配の水星の絡みは出費を表している。


また月から見ると太陽、金星、水星は6室に在住しており、月から見て12室にアスペクトしている。


収入は良いが、借金体質であり、浪費癖があるというのはこうした配置が示しているのではないかと考えられる。



因みにジョニーディップは、フランスの城やバハマ諸島の島を含む不動産14件を購入したり、不動産の取得に巨額の金銭を出費している。


出生図で4室支配の金星が12室支配の水星と接合していたり、またナヴァムシャでは月から見た4室と12室が星座交換している。


従って、不動産の取得に多額の金銭を浪費してしまうのである。



破産寸前にも関わらず、多額の金銭を出費していくジョニー・ディップは、まさに飛び抜けた浪費家と言えるが、出生図でもそれが良く表れている。


主に11室でダナヨーガを形成する惑星が月から見ると6室に在住して12室にアスペクトしている。


これが稼いだそばから使っていく人の出生図なのである。



つまり、ダシャーの解釈から考えても稼ぐことと使うことが同時に起こっているということである。






(参考資料)



ジョニー・デップ ローン返済めぐり訴えられる、破産寸前も桁違いの浪費
2017年2月1日 19:21 スポニチアネックス

米人気俳優のジョニー・デップ(53歳)が、昨年まで17年間にわたって資産を管理していた「ザ・マネジメント・グループ社」からローンの返済などをめぐってロサンゼルスの上級裁判所に“対抗訴訟”を起こされた。

 デップは1月13日に同社を「勝手に2500万ドル(約28億円)以上を使われ、税金の支払いもしなかったために570万ドル(約6億4000万円)の追徴課税を受けた」としてその返済を求める訴訟を起こしていたが、今度は自らが訴えられる事態と直面することになった。

 AP通信によれば訴状では毎月200万ドル(約2億3000万円)を使うデップの信じられない浪費ぶりが明らかにされており、バハマ諸島にある豪邸を含む14軒の不動産の維持と購入には総額7500万ドル(約85億円)以上を支出。破産寸前だというのにプライベート・ジェット機に乗り、艇長47メートルもある豪華なヨットを購入していた。さらに高価な絵画を買いあさるなど、ザ・マネジメント・グループ社の警告を再三にわたって無視。同社はデップのために56万ドル(約6300万円)も負担しており、その返済などを求めて訴訟を起こした。
参照元:ジョニー・デップ ローン返済めぐり訴えられる、破産寸前も桁違いの浪費
2017年2月1日 19:21 スポニチアネックス

ジョニー・デップ破産!?凄まじい浪費・・・マネジメント会社「面倒見切れん」
2017/2/ 3 13:33 JCASTニュース

「海賊」から「不思議の国」までなんでもござれの人気俳優ジョニー・デップが破産の瀬戸際にあるという。マネジメントをしてきた「TMG」との契約をデップが解消したことが発端で、TMGはデップの仕事の条件交渉、金額、ギャランティーから私生活、個人資産までを管理・アドバイスして支えていた。TMGはデップに貸していた5億6200万円の返還を求め、不動産を処分しろと迫っている。

これに対し、デップは「無断で28億円が使われ、税金の支払いなどを怠った。6億4000万円も追加納税しなければならなかった」とTMGを告訴し訴訟合戦に発展した。TMGは「デップの金遣いの荒さこそ問題だ」と浪費グセの実例を暴露した。これが凄まじい。

月の生活費2億2600万円。村ごと買い取り「フランスの別荘」

訴状によると、デップの生活費は月に2億2600万円。所有するヨットは全長45メートルで、内装は高級ホテルなみ。購入と改修の費用は20億3200万円超。パパラッチを避けるためプライベート・ジェットも持っている。レンタルのほうが安いのだが、デップは些細な用事にまで使っている。維持費は月に2300万円以上もかかる。

このほか、世界各地に14か所の不動産を所有し、ロサンゼルスの宮殿のような豪邸は5億円。フランスの別荘地にある邸宅は村ごと所有しているといわれる。東京ドーム3個分以上の広さで、教会やレストランもある。これら不動産の購入・維持管理費は84億3000万円以上になる。

さらに、自分と家族に24時間365日つけていたというボディーガードは月約1700万円。高級ワイン代は月に339万円。TMGはアート、宝石のコレクションなど10以上もの浪費を訴えている。

高収入男優ランク5位の年収55億円

アメリカ「フォーブス」誌の「世界で最も稼いだ男優ランキング」でデップは5位で、去年(2016年)6月までの1年間に稼いだ金は55億円だ。所得税は50%、事務所、弁護士、TMGの業務費を引くと手取りは30%で、約16億5000万円になってしまう。これでは生活費の月2億2600万円に追いつかない。

TMGは訴状で「収入の域を超える。手持ちの現金は6か月もたせるのがせいぜい」と言っている。元妻や元内縁の妻、その子供への支払いも続く。

司会の加藤浩次「破産と聞くと、エッ、と思いますけど、あれだけ資産もってたら、破産しねえよと思っちゃう」

本上まなみ(俳優)「ケタが違うとはこういうこと。村って買えるんだと」

山本由樹(雑誌編集者)「富の偏在が言われていますよね。世界のトップ8人の大富豪の富が、世界の半分の人の富とと同じだとか。経済のこと考えて、一生懸命回してる(浪費)んじゃないか」

破産しても、また稼げばいいぐらいなものだろうな。

文 ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト

参照元:ジョニー・デップ破産!?凄まじい浪費・・・マネジメント会社「面倒見切れん」
2017/2/ 3 13:33 JCASTニュース

ジョニデ破産寸前 月2億円浪費グセ
2017年02月05日 16時30分 東スポWeb

今年の初め、女優のアンバー・ハード(30)との離婚が成立し、ようやくひと息ついたと思われた米俳優ジョニー・デップ(53)。ところがどっこい、今度は「破産寸前」との報道が相次いでいる。

 実は先月、デップは17年間にわたり資産運営を任せてきた会社を相手に「不正経理と投資の失敗により大きな損失を被った」として、2500万ドル(約28億4000万円)の賠償を求める裁判を起こしていた。それに対して同社は「資産がなくなったのは、デップ氏本人による桁違いの浪費癖が原因」として今週、反訴したのだ。

 米芸能誌「ピープル」によると、デップを逆に訴えたのは資産運営会社、ザ・マネジメント・グループ(TMG)。

「デップ氏は毎月200万ドル(約2億2700万円)を超える出費をする浪費生活を送っていた。これは本人の収入を超えるもので、再三警告したが、浪費を続けたため、資産がなくなったのは自業自得だ」と反論した。

 デップの弁護団は「長年にわたる明らかな経営の失敗と、時にあからさまな不正行為により、何百万ドルという損失を被った。そのため、多くの資産を売却してTMGに支払わなければならなかった」としている。

 一方、TMGは訴訟でデップに、未払いの契約料やクレジットカード料金の計56万ドル(約6360万円)の支払いを求めている。また同社は、前妻アンバーと結婚した際には、資産に関する婚前契約を結ぶように勧めたとしている。結局、1年ほどの結婚生活の末、デップが慰謝料として支払った金額は700万ドル(約8億円)だった。

 確かにデップの浪費は桁違い。アンバーと交際中にはリゾートエリアの小島を買ってプレゼントをしたこともあった。

 また、米紙USAトゥデーによると、全長47メートルもある豪華ヨットやプライベート機、高級車45台を所有し、バハマ諸島にある豪邸を含む不動産14軒の購入と維持費に計7500万ドル(約85億円)以上を支出。膨大な出費は続いているという。

 そのため、総額3億5000万ドル(約400億円)ともいわれたデップの資産は大幅に目減り。今のままの生活を継続すれば、破産は必至とみられている。

参照元:ジョニデ破産寸前 月2億円浪費グセ
2017年02月05日 16時30分 東スポWeb









スポンサーリンク


スポンサーリンク

清水富美加の出家について検証する その2

一夜明けて、清水富美加の出家の騒動についてのより具体的な詳細情報が見えてきたが、やはりラグナは天秤座で間違いないようである。

ShimizuFumika_small

現在、土星/木星期で、マハダシャー土星期の最後のアンタルダシャーであり、いわゆるダシャーチッドラーのタイミングである。


ShimizuFumika_chart

木星はラグナ、月から見て3室(芸能)、6室(病気、訴訟)支配でマラカの2室に在住し、土星、火星からアスペクトされている。


従って、体調が良くないというのは本当なのである。


所属する芸能事務所と弁護士を交えて協議するような訴訟に近い状態になっていると共に清水富美加が出演したCMの差し替えや、お蔵入りとなる作品なども想定され、非常に損害が発生し、違約金などの発生も示唆されている。

つまり、今、起こっていることは完全に6室(離婚[契約解除]、訴訟、負債)の象意である。


そして、6室の象意には病気も含まれるため、当然、体調の方も芳しくないと考えられる。


従って、今は天秤座から見て12室にダブルトランジットが生じていることもあり入院(12室)に近いような引退(12室)なのである。


以下のように報じられている時系列を見ても契約している事務所と、幸福の科学が弁護士を立てて、激しく応酬している様子が分かる。


そして、実際、体調不良で、病院でもそのように診断されたようである。


幸福の科学に唆されての仮病ではないかと考える人もいるかもしれないが、ジョーティッシュの観点から考えて、実際、体調は悪いのだと考えられる。

何故なら、土星と火星から傷付けられてマラカに在住する木星のアンタルダシャーの時期だからである。


清水富美加 出家引退までの経過 7日に「生命の危険がある」と診断
スポニチアネックス 2017年2月13日 07:48

▼1月17日 幸福の科学・大川隆法総裁が「清水富美加の守護霊インタビュー」を行う

 ▼19日 教団のホームページにインタビューの動画が掲載される

 ▼28日 清水が代理人弁護士2人を伴い、マネジャーに「仕事を辞めて幸福の科学に出家します」と申し出

 ▼31日 所属事務所が弁護士を立て、教団側と協議入り

 ▼2月1日 清水の代理人弁護士が、事務所側に「現在の契約を解除します」と通知書を送る

 ▼2日 双方の弁護士が初めて対面して協議。清水側は「引退を考えているので仕事を整理させてください」と申し入れる。同日夜、事務所から今後の仕事のスケジュールが書かれたメールが清水に届く。過密な内容と判断し代理人が「これは到底できない」と連絡

 ▼3日 事務所側は「やってもらわざるを得ません」と連絡。守護霊インタビューの模様を掲載した大川総裁の書籍「女優清水富美加の可能性」が発売

 ▼4日 「にじいろジーン」に出演

 ▼5日 心身が不調のため仕事を休む

 ▼6日 NHK・Eテレ「オトナヘノベル」の収録。事実上、女優として最後の仕事

 ▼7日 清水が病院で「生命の危険がある。少なくとも半年は今の仕事をしないように」と診断を受ける

 ▼11日 本紙が引退を報道。清水が直筆のコメントで出家を報告


出家するのにこれ程までに所属事務所の批判をする必要がなかったのではないかという意見もワイドショーのコメンテーターの中から出ているようであるが、全てはカルマであり、3室(芸能)、6室(病気、訴訟)支配でマラカの2室に在住し、土星、火星からアスペクトされているアンタルダシャーの木星期の顕現である。


今回、幸福の科学の大川隆法が「清水富美加の守護霊インタビュー」を行ない、清水富美加に出家の覚悟を迫っていたようである。


清水富美加 出家は信者6000人に1人の特別な立場 大川氏から「覚悟決めよ」
スポニチアネックス 2017年2月13日 07:46

人気若手女優の突然の引退に芸能界が揺れる中、幸福の科学は絶好の広告塔を手に入れた。

 清水の今後について、教団は「千眼美子(せんげんよしこ)」という法名で、宗教家として活動すると説明した。

 全国区の知名度になった清水が精神的な悩みを抱える中、教団は「出家」への覚悟を迫った。今月3日に発売された大川隆法総裁の著書「女優清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」には、「女優・清水富美加の“運命の輪”を回し、彼女に“覚悟を決めよ。”と迫る一冊の書となることだろう」とメッセージ性の強い文章がつづられている。教団によると、このインタビューが行われた1月17日以降に、大川氏と清水本人が直接会っているという。

 幸福の科学における「出家」は希望すればできるというものではなく、大川氏に選ばれた信者だけが行える特別なもの。教団は「全世界の信者1200万人のうち、出家しているのは約2000人だけなのです」と説明。清水には信者の6000人に1人という特別な立場が用意されたことになる。

 「千眼美子」という法名の由来になった千手観音は「千の手で一人でも多くの人を救う」という救済の象徴ともいえる存在。大川氏からここまでの厚遇を提示された清水に、断るという選択肢はなかったとみられる。

 同教団における「出家」とは、人に教えを説いたり、瞑想(めいそう)や祈願を指導する立場になることだという。住み込みでの修行という意味ではない。清水は教団の施設で研修「出家修行」に臨んだ後、宗教家としての仕事を始める。

 教団内には、広報の役割を担う芸能事務所「ニュースター・プロダクション」がある。大川氏の長男宏洋氏が代表を務めていて、これまでに映画10作を公開、15年からは毎年1作を発表。今年5月には、大川氏製作、総合プロデューサー宏洋氏で、宏洋氏の俳優デビュー作が公開される。今後、こうした教団のプロダクション製作の作品への清水の参加について広報担当者は「可能性はあり得る」と話した。

 また、大川氏の悲願である政界進出においても、広告塔として活動する可能性も。幸福実現党から出馬するかについては教団が会見で「ありません」と否定。だが、候補者の応援などで姿を見せることはありそうだ。昨年の都知事選では、同党から出馬して落選した七海ひろこ氏が、有権者にハグをしてアピールし、2万8809票を獲得した。清水による“ハグ応援”も行われるかもしれない。



騒動の本質は、「清水富美加」の獲得を巡る所属事務所と教団(幸福の科学・大川隆法)との争いである。


グル(師匠)や宗教の表示体である木星が3、6室支配の機能的凶星で、それが土星や火星によって激しく傷ついている為にこの騒動が起こっているのである。


因みに6室は奉仕する相手を表しており、支配者を表していない。


従って、清水富美加にとって教団やグル(大川隆法)は6室で示されており、教団から見た清水富美加は8室で示されている。


つまり、今回の教団と清水富美加の力関係というものは、清水富美加の方が優位に立っている。


幸福の科学としては、教団の広告宣伝塔として、どうしても「清水富美加」が欲しかったのであり、頼りたい存在(8室)であったと思われる。


その「清水富美加」の体調不良や意図しない仕事をやらされていたといったことを口実に「清水富美加」の獲得に動き出したというのが今回の騒動なのである。


その為に清水富美加は所属事務所と教団の板挟みになって、大変な騒動に巻き込まれた。


これから契約の違約金や損賠賠償といった話も弁護士を交えて出て来ると考えられる。



因みに清水富美加は、2017年夏公開予定の映画『東京喰種(トーキョーグール)」(石田スイ原作)で、人間の死肉を食べる人種「喰種(グール)」という設定の役柄として出演予定である。


ShimizuFumika_tokyo_ghoul

また清水富美加は昨年、映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」という作品にヒロイン役として出演していたが、ストーリーは、パンティーをかぶると最強のヒーローに変身する変態の主人公が活躍する話である。

清水富美加は、ヒロインとして、コミカルな演技や「変態」「ノーパン」などのセリフを連呼させれらるような役柄であったようである。



これらの仕事が多い理由は、10室支配の月が8室支配の金星とラーフに接合しているからであるということがはっきりと分かる。


例えば、蠍座ラグナや乙女座ラグナに設定しても、10室の支配星である太陽や水星は全く、金星やラーフには絡まない。

天秤座ラグナであればこその仕事内容である。


例えば、ラーフにはアウトカースト、異邦人という象意があるが、死肉を食べる人種というのは、まさにラーフが表示体ではないかと思われる。


また変態が登場する作品(映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」)は、8室やラーフによって傷つけられた金星の象意である。


因みにAVや風俗産業系の作品に出演する女優は、おそらく10室の支配星にラーフや金星、8室などが絡んでいると想定されるが、それと同じ配置が見られるということである。


現在、マハダシャー土星期だが、土星から見ると10室支配の火星が獅子座のマガーに在住し、支配星のケートゥは金星と月に絡んでいる。


次にマハダシャー水星期に移行するが、水星から見ると10室支配の太陽は蠍座アヌラーダに在住して、木星や太陽と接合している。


従って、幸福の科学に出家してからは、教団内で教えを説いたり、カウンセラー的なことをしていくのではないかと推測されるのである。


つまり、どっぷりと宗教活動に染まっていくことが予想される。


因みに宗教団体への出家というのは、実際、家族の仕事(自営業)への傾倒と同じことを表している。


例えば、公の仕事に就いていた人が、実家の家業を引き継ぐために会社を辞めるようなものである。


小さい頃から「幸福の科学」で両親と共に大川隆法の講話を聴いていたという清水富美加にとっては、今回の出家は「幸福の科学」という大家族の家業を手伝うような感じなのである。

つまり、宗教に入信するということは新しい親を持つことを意味しており、私的な家族共同体なのである。



だからこそ、彼女は2室に惑星集中しており、アンタルダシャーの木星が2室に在住している今、教団に出家しようとしているのである。


つまり、公の仕事を辞めて、家族の家業を手伝いたいということなのである。


これが芸能事務所や契約している多くのクライアントを巻き込み、穏やかでない形で進行しているのは、彼女のアンタルダシャーの木星は3、6室支配の機能的凶星で、最悪の凶星である11室支配の太陽と接合し、土星、火星からアスペクトされているからである。


2室(両親、家族)が激しく傷ついている。


彼女の両親は、幸福の科学の信徒だと思われ、彼女はその両親に連れられて幸福の科学の講話に通っていたと思われるが、この両親が既に離婚していたり、また幸福の科学が、彼女を広告塔として利用しようと目論んでいたり、弁護士を介した訴訟も辞さない形で、彼女の獲得に乗り出したと考えられる今回の行動は、明らかに機能的凶星が2室に木星を交えて絡んでいる為である。


因みに大川隆法の出生図をもう一度、見てみたい。


OkawaRyuho_chart

大川隆法は双子座に惑星集中しており、書籍や映画などのメディアを駆使してその教えを伝え、2500回を超える説法なども行っているという。

2室はスピーチのハウスであり、講話やスピーチ、歌などが得意な人物は2室が強い人が多い。


この風の星座である2室(起業)が非常に強いため、幸福の科学という巨大な宗教団体を創業し、現在、大川一族が家族ぐるみでその運営を行っている。


彼は商社マンとして勤務し、ニューヨーク市立大学大学院センターで国際金融論を学んでいる。


まさにキャリアの出発点で、2室双子座の強さを感じさせる。


彼のメディア戦略など見ていても一流のビジネスマンであることが分かる。


ラグナから見て、9、10室支配の土星が蠍座に在住し、減衰するラーフと接合しており、土星は月から見て8、9室の支配星である。

この土星は7、12室支配の火星と星座交換している。


ラーフは減衰しているが、ディスポジターの火星はラグナからケンドラに在住しているのでニーチャバンガラージャヨーガである。


この蠍座に在住するヨーガカラカで、月から9室支配の土星が彼の奉仕活動や啓蒙活動を示しており、9室の支配星であるため、動機は正しいようである。

本人は教育や啓蒙を通じて社会に貢献したいと考えているようである。

但し、9室の支配星が8室の支配星ともなる双子座ラグナにとっての土星は宗教的な狂信性や盲目性も示す配置でもある。

従って、チャネリングの霊を盲信してしまう傾向も表している。


蠍座は霊感、霊能力の星座であり、大川隆法のチャネリングによる守護霊インタビューなどもこの蠍座に在住する土星がもたらしていると考えられる。


木星が8室の支配星であることも彼がチャネリングを駆使する理由の一部であると考えられる。


但し、双子座から見て9室支配の土星が8室も同時に支配していることにも関連するが、大川隆法の霊能力はアストラル界(幻惑・錯覚の界)の低次元にアクセスしていると考えられるのである。


彼自身は何か崇高な高次元のメッセージを受け取っていると盲信しているようである。


従って、彼はそのレベルにいる人々を大量に魅きつけている。


1200万人も会員がいるのはその為である。


一般に教えのレベルが高ければ高いほど、それから学ぼうとする人々の数は少なくなる。


レベルの低い教え程、大衆受けすることになる。


従って、世間的に言えば、霊感商法に引っかかったり、宗教的には素朴で未熟な段階にいる人々を大量に惹きつけているのではないかと考えられる。


大川隆法の蠍座に在住する土星はアヌラーダに在住しており、ラーフもアヌラーダである。


ShimizuFumika_chart

清水富美加の出生図における蠍座の太陽、木星、水星はアヌラーダに在住している。


従って、彼女は家族ぐるみで、「幸福の科学」を信仰し、大川隆法と関わっているのである。


そして、蠍座には冥王星も在住しているが、この冥王星もアヌラーダに在住し、木星と緊密にコンジャンクションしている。


木星の度数が蠍座の4°32’であり、冥王星が蠍座の4°37’である。


まさにピンポイントで、冥王星が木星に絡んでいる。



冥王星は外部からの強制的意志を表しており、抵抗することの出来ない盲目的なパワーである。


従って、土星/木星期の今、彼女は大川隆法から特別の出家の要請を受け、覚悟を迫られて、ほとんど抵抗することが出来なかったに違いないである。


世間的に見ても非常に非常識で強引な出家騒動となったのである。




(参考資料)



清水富美加、芸能活動中断の背景に『東京喰種』か?「人肉を食べる人種役に葛藤」と幸福の科学
The Huffington Post | 執筆者:安藤健二 投稿日: 2017年02月12日 17時09分 JST

女優の清水富美加(22)が芸能活動を中断し、宗教団体「幸福の科学」に出家したことを2月12日、ハフィントンポストの取材に対して同団 体が認めた。同団体は「芸能界から姿を消して申し訳ありません」とする清水本人の直筆メッセージも公開した。

清水は2017年夏公開予定の映画『東京喰種(トーキョーグール)」(石田スイ原作)で、ヒロインのトーカを演じると発表されていた。ト ーカは、人間の死肉を食べる人種「喰種(グール)」という設定だった。「幸福の科学」の広報担当者は、清水の芸能活動について以下の ように説明した。

「最近は、人肉を食べる人種の役柄など良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤の なかに置かれていました。仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついに は心身の不調をきたすまでになりました。この2月には、医師による診断の結果、休養が必要となり、現在は芸能活動を中断しています」

これと前後して、「幸福の科学」総裁の大川隆法氏が『女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー』を2月3日に刊行。これを受けて 「もともと熱心な信者」だった清水は2月に出家したという。今後の清水の芸能活動について、広報担当者は以下のようにコメントした。

「予定されていた映画等の仕事については、心身の著しい不調というやむを得ない事由により、全うできなくなりました。また、体調回復 後は、宗教家としての活動に移ることになります。芸能界引退ということではなく、芸能活動の中断です。体調が回復し、精神修養が済ん だ段階で思想信条に合う映画等には出演したいと本人は話しています」

■本人の直筆メッセージ

また「幸福の科学」は、「芸能界から姿を消して申し訳ありません」「神のために生きたい」などと綴った清水富美加の直筆メッセージを 公開した。

全文のテキスト起こしは、以下の通り。

-----------

ファンの皆様・報道関係者の皆様へ

ファンの皆様、関係者の皆様、友達、飲み友達、私と話したことがある人、知ってくれている人。突然に、本当に突然に、芸能界から姿を 消して申し訳ありません。お世話になっていた現場や、共演者さん、スタッフさん、関わらせて頂いた方々にご迷惑をおかけしている事、 しっかりと自覚しております。

しかし、約8年、このお仕事をさせていただきましたが、その中でお仕事の内容に、心がおいつかない部分があり、しっかりとした生活が送 れず、毎日がギリギリの状態でした。

なので今、出家したいと思いました。

私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました。

なんで、それで、出家することになるのか、皆さんにとっては、何もかもが意味不明だと思います。幸福の科学が、宗教が、出家というも のが何なのか。「出家したい」と言ったら、マネージャーさんにも、「意味が分からない。やめてくれ。」と言われました。無宗教の方が 多い現代では、誰もがするであろう反応ということも分かっております。

それでも、神とか仏とか、あの世とか、確かめようのないもの、この目で見たこともないものを、私は信じ、神のために生きたいと思いま した。出家を決意してからは、安定した生活が送れるようになっております。

皆様から見たら洗脳とも取れるであろうこの一連の出来事やこの約8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく、明かしていき たいと思います。どうかこれからも温かい目で見守って頂ければ幸いです。本当に本当にありがとうございました。

2017年2月吉日

清水富美加

参照元:清水富美加、芸能活動中断の背景に『東京喰種』か?「人肉を食べる人種役に葛藤」と幸福の科学
The Huffington Post | 執筆者:安藤健二 投稿日: 2017年02月12日 17時09分 JST

富美加ショック 映画、CM大混乱 主演なのに宣伝活動が…企業イメージが…
スポニチアネックス 2017年2月13日 05:30

宗教法人「幸福の科学」への出家を発表した女優・清水富美加(22)は、15年のNHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの友人を好 演して以降、多数の映画、テレビ、CMに起用され人気上昇中だった。突然の芸能界引退表明で関係各所は対応に追われ、清水側に損害賠 償が請求される可能性もある。所属事務所との契約解除を急ぐ清水側に対し疑問の声も上がっている。

 清水は4月以降、主演映画「暗黒女子」(4月1日公開)、「笑う招き猫」(同29日公開)、ヒロインを務めた「東京喰種 トーキョ ーグール」(7月公開)の公開が控えている。配給や製作の各社は「今後について協議中」「状況を確認中」などと説明。既に撮影は終了 しているため作品の公開自体に問題はないが、清水が宣伝活動に参加しないため、製作関係者は「主演やヒロインが稼働できないとなると 、宣伝活動自体が危うくなる」と頭を抱える。主要な役柄で撮影が進んでいた映画もあったが、出演は取りやめた。これについて映画関係 者は「損害賠償が請求されるでしょう」とした。

 CMは花王「ニベア」とコスモ石油に出演中。広告代理店関係者は「出演タレントに突然想定外のイメージが付いてしまうと企業は困る 。契約打ち切りとなれば、当然違約金が発生する」と指摘。契約未消化分については、損害賠償が発生する可能性がある。

 清水と所属事務所の契約は5月20日まで。清水の代理人弁護士は今月末での契約解除を所属事務所に通知している。12日の会見で、 3月以降の仕事に関して違約金などが発生した場合は応じるかという質問に、清水の代理人弁護士は「そういうことです」と対応する意向 を示した。

 一方で、清水の知人は「所属事務所との契約満了を待てば、損害の発生を抑えられる仕事もあったようです」と明かし、「清水側が契約 解除を急いでいる印象。なぜ早急に引退しようとしているのか不思議です」と疑問を呈した。

 出家によって仕事の関係先に迷惑を掛けることについて、教団は会見で「宗教には大きな善、小さな善という考え方がある。期待や責任 を放棄することは一見悪いことに思えるが、一日も早く一人でも多くの方が救われる大きな善を取る」と話し理解を求めた。
参照元:富美加ショック 映画、CM大混乱 主演なのに宣伝活動が…企業イメージが…
スポニチアネックス 2017年2月13日 05:30

カンニング竹山 清水富美加の引退・出家で「不幸になる人がいっぱいいる」
スポニチアネックス 2017年2月13日 10:22

宗教法人「幸福の科学」に出家し、活動に専念するため芸能界を引退を表明した女優・清水富美加(22)について、13日報道のTBS 系「白熱ライブ ビビット」(月〜金曜前8・00)の出演者たちがコメント。お笑いタレントのカンニング竹山(45)は、関係各所が 対応に追われている現状を指摘し「不幸になる人がいっぱいいる。そこをキレイにして行きなさい」と注文をつけた。

 MCの「TOKIO」国分太一(42)は、清水とはバラエティー番組での共演があったとし「すごく天真爛漫で、いつも笑顔で、言葉 のチョイスも面白くて才能ある子なんだと感じた。ちょっと驚きでした」。また、女優の真矢ミキ(53)も「いつも弾んでいるような、 水着を嫌がっていたというけど、そうは見えなくなるぐらい頑張っていた。衝撃のあるニュース」とショックを口にした。

 そんな中、コメンテーターの竹山は、清水が出家を理由に引退したことについて苦言を呈した。出家自体には「信仰の自由ですから自由 にしてもらったら結構なんですけど」としたが、多数の映画、テレビ、CMなど関係各所が対応に追われることになっていることを受けて 「これから救済していこう、人に幸せを与えていこうということを出家してやりたいというのに、その前に、仕事を残したことによって不 幸になる人がいっぱいいる。まずその人たちの事を考えて、そこをキレイにして、そして行きなさい」。信仰とは別に、人に迷惑をかける 結果になっていることを指摘していた。

 出家によって仕事の関係先に迷惑を掛けることについて、教団は12日の会見で「宗教には大きな善、小さな善という考え方がある。期 待や責任を放棄することは一見悪いことに思えるが、一日も早く一人でも多くの方が救われる大きな善を取る」と話し理解を求めている。
参照元:カンニング竹山 清水富美加の引退・出家で「不幸になる人がいっぱいいる」
スポニチアネックス 2017年2月13日 10:22

清水富美加 “トラブル続き”の「にじいろジーン」 高畑裕太、ベッキーも…
スポニチアネックス 2017年2月13日 08:04

清水がブレークするきっかけとなったNHK朝の連続テレビ小説「まれ」やMCを務めるバラエティー「にじいろジーン」(関西テレビ) など出演番組が“トラブル続き”と話題になっている。

 「まれ」では、昨年8月に女性に乱暴するなどして逮捕(のちに不起訴処分)された高畑淳子(62)の長男高畑裕太(23)と共演。 大阪・関西テレビ制作の「にじいろ…」はベッキーが昨年1月から不倫騒動で休業、清水は昨年4月から出演していた。

 「にじいろ…」については、突然の引退報道に同局側も困惑。清水は11日の生放送を体調不良で欠席しており、「現在、事実関係を確 認しています。18日の生放送は調整中です」と対応に追われていた。
参照元:清水富美加 “トラブル続き”の「にじいろジーン」 高畑裕太、ベッキーも…
スポニチアネックス 2017年2月13日 08:04

清水富美加 出家引退までの経過 7日に「生命の危険がある」と診断
スポニチアネックス 2017年2月13日 07:48

▼1月17日 幸福の科学・大川隆法総裁が「清水富美加の守護霊インタビュー」を行う

 ▼19日 教団のホームページにインタビューの動画が掲載される

 ▼28日 清水が代理人弁護士2人を伴い、マネジャーに「仕事を辞めて幸福の科学に出家します」と申し出

 ▼31日 所属事務所が弁護士を立て、教団側と協議入り

 ▼2月1日 清水の代理人弁護士が、事務所側に「現在の契約を解除します」と通知書を送る

 ▼2日 双方の弁護士が初めて対面して協議。清水側は「引退を考えているので仕事を整理させてください」と申し入れる。同日夜、事 務所から今後の仕事のスケジュールが書かれたメールが清水に届く。過密な内容と判断し代理人が「これは到底できない」と連絡

 ▼3日 事務所側は「やってもらわざるを得ません」と連絡。守護霊インタビューの模様を掲載した大川総裁の書籍「女優清水富美加の 可能性」が発売

 ▼4日 「にじいろジーン」に出演

 ▼5日 心身が不調のため仕事を休む

 ▼6日 NHK・Eテレ「オトナヘノベル」の収録。事実上、女優として最後の仕事

 ▼7日 清水が病院で「生命の危険がある。少なくとも半年は今の仕事をしないように」と診断を受ける

 ▼11日 本紙が引退を報道。清水が直筆のコメントで出家を報告
参照元:清水富美加 出家引退までの経過 7日に「生命の危険がある」と診断
スポニチアネックス 2017年2月13日 07:48

清水富美加 出家は信者6000人に1人の特別な立場 大川氏から「覚悟決めよ」
スポニチアネックス 2017年2月13日 07:46

人気若手女優の突然の引退に芸能界が揺れる中、幸福の科学は絶好の広告塔を手に入れた。

 清水の今後について、教団は「千眼美子(せんげんよしこ)」という法名で、宗教家として活動すると説明した。

 全国区の知名度になった清水が精神的な悩みを抱える中、教団は「出家」への覚悟を迫った。今月3日に発売された大川隆法総裁の著書 「女優清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」には、「女優・清水富美加の“運命の輪”を回し、彼女に“覚悟を決めよ。”と迫る一 冊の書となることだろう」とメッセージ性の強い文章がつづられている。教団によると、このインタビューが行われた1月17日以降に、 大川氏と清水本人が直接会っているという。

 幸福の科学における「出家」は希望すればできるというものではなく、大川氏に選ばれた信者だけが行える特別なもの。教団は「全世界 の信者1200万人のうち、出家しているのは約2000人だけなのです」と説明。清水には信者の6000人に1人という特別な立場が 用意されたことになる。

 「千眼美子」という法名の由来になった千手観音は「千の手で一人でも多くの人を救う」という救済の象徴ともいえる存在。大川氏から ここまでの厚遇を提示された清水に、断るという選択肢はなかったとみられる。

 同教団における「出家」とは、人に教えを説いたり、瞑想(めいそう)や祈願を指導する立場になることだという。住み込みでの修行と いう意味ではない。清水は教団の施設で研修「出家修行」に臨んだ後、宗教家としての仕事を始める。

 教団内には、広報の役割を担う芸能事務所「ニュースター・プロダクション」がある。大川氏の長男宏洋氏が代表を務めていて、これま でに映画10作を公開、15年からは毎年1作を発表。今年5月には、大川氏製作、総合プロデューサー宏洋氏で、宏洋氏の俳優デビュー 作が公開される。今後、こうした教団のプロダクション製作の作品への清水の参加について広報担当者は「可能性はあり得る」と話した。

 また、大川氏の悲願である政界進出においても、広告塔として活動する可能性も。幸福実現党から出馬するかについては教団が会見で「 ありません」と否定。だが、候補者の応援などで姿を見せることはありそうだ。昨年の都知事選では、同党から出馬して落選した七海ひろ こ氏が、有権者にハグをしてアピールし、2万8809票を獲得した。清水による“ハグ応援”も行われるかもしれない。
参照元:清水富美加 出家は信者6000人に1人の特別な立場 大川氏から「覚悟決めよ」
スポニチアネックス 2017年2月13日 07:46

清水富美加 清純派に監督が要求「求められる前にパンティーを脱いで」
スポニチアネックス 2016年5月15日 09:35

公開中の映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」を、ヒロインを務める清水富美加(21)のインタビューを交えて紹介する 。4月から関西系の生番組「にじいろジーン」(土曜前8・30)にもレギュラー出演。キュートで人懐っこいキャラは、同性の目からも 好感が持てる。

 本作は漫画が原作で、題名からもお分かりの通り下ネタ満載のアクションコメディー。主人公・狂介はパンティーをかぶると最強のヒー ローに変身する。2013年4月の第1弾公開時にはイロモノ扱いで、宣伝できる媒体はわずかだった。だが出演者の振り切れたオバカな 熱演が評判を呼び、まさかのヒット。今回の第2弾公開となった。

 裸同然のヒーローを体を張って務めた鈴木亮平(33)は注目を集めた。1年後にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインの 相手役を射止め、今や大人気。清水も本作から2年後に「まれ」でヒロインの親友役、ムロツヨシ(40)も「ごちそうさん」に出演し知 名度を上げた。“朝ドラスター”を事前に起用する眼力。ただのB級映画ではない。

 清水が演じる狂介憧れの転校生・愛子は、「ザ・ヒロイン!」と本人も解説するように、変態だらけの中で唯一の清純派だ。第2弾では 大学生となり狂介と交際するも、変態仮面の活動を巡って仲たがい。やがて世界中のパンティーが奪われ、2人に最大の危機が訪れる…と いう内容だ。

 清水はピュアな役とはいえ、コミカルな演技や「変態」「ノーパン」などのセリフも連呼させられる。第1弾公開時、清水は18歳。「 面白そう!」と好奇心で出演を快諾したが、父親に題名を言うと「仕事は選んでいいんだぞ。あんまり変なのやるなよ」と心配された。母 親からは「見てきたよ。超ウケた!」と連絡が来たという。清水の性格は母譲りのようだ。

 福田雄一監督と鈴木には3部作の構想があり、清水も続編に期待。「愛子はずっと狂介君に救われてる。3作目は求められる前にパンテ ィーを脱いで、“行っておいで”と渡して送り出すくらいの頼もしさが欲しいですね。奥さんのような」と笑った。本作がヒットすれば、 そんな第3弾が見られるかも…?

 東京出身だが、ノリや反応の良さは関西人並み。「人も街もアットホームで、住みたいくらい大阪が好き」で、「にじいろ~」出演で毎 週来阪するのがうれしいという。また、暇さえあればライブに行く音楽好き。奈良在住の姉と、大阪市内の高架下にある小さなライブハウ スにも足を運ぶなど、マニアックに大阪を堪能している。

 最後に清水は、スポニチ読者に向けて本作をアピールした。「見終わったら、観賞前の気恥ずかしさや偏見が覆るくらい、めちゃめちゃ カッコいいヒーロー映画なんです」。確かに、その通りです!

 ◆清水富美加(しみず・ふみか)1994年(平6)12月2日、東京都出身。08年、レプロガールズオーディションでグッドキャラ クター賞を受賞し、芸能界デビューした。16年4月から、読売系連続ドラマ「世界一難しい恋」出演中。
参照元:清水富美加 清純派に監督が要求「求められる前にパンティーを脱いで」
スポニチアネックス 2016年5月15日 09:35

伊集院光、清水富美加を巡る騒動に「意見が一色なことに気持ち悪さを感じる」
スポーツ報知 2/14(火) 11:59配信

タレント・伊集院光(49)が14日、自らパーソナリティーを務めるTBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜・前8時半)で、宗教団体「幸福の科学」の活動に専念することを表明した女優の清水富美加(22)を巡る騒動に関して意見した。

伊集院はデリケートな問題だけに自分のノートに「どちらの味方にもならないように気をつけよう」とメモ書きしたとした上で、「それにしても皆さんにちょっと聞きたい、尋ねたい、問いかけたいんですが、この芸能界の中からコメントがいっぱい出てくるじゃないですか。今なお仕事をして中堅、ベテランになっている人、いわゆる発言権が与えられている人の意見が、あまりにも“彼女は身勝手だ”“仕事を放棄して迷惑をかけるのはけしからん”というのが多いと思う。(その意見は)間違っているとは言ってないし…。でも、あまりにもそれ一色なことに気持ち悪さを感じる」と語った。

 「芸能界という一般の会社と違う、一般の社会と違うというのは分かっているけど、そこで勝ち抜いた人の意見って、バイアスがかかっちゃっている気がする」と話し、過去のスポーツ選手を例に話を展開。“ウサギ跳び”は膝に負担がかかるので良くないことが現在は定説になっているが、かつてウサギ跳びをこなしながらケガをせずに強靱(きょうじん)な体力で活躍した選手からは“ウサギ跳び”を否定する意見は出てこないと説明した。

 さらに「町工場でも放送局でもいい。寝ずに働いて『俺もう無理です』という若者に、『俺たちの若い頃はもっと仕事していたぞ』とか『他の人に迷惑を掛けるから頑張れ』と言うのを良しとしていた時代があるけれど、もはや違うだろうと俺は思う。彼女は死にたいと思っていて、そういう人に『仕事の責任を取っていないのにやめるな』というのは俺は違うと思う」と話した。

 そして、騒動を解決する提案として「迷惑を掛けられた人も、彼女が不満に思ったことでも、ちゃんと法律のもとに裁判をした方がいい。裁判して法にのっとってやるべきだと思う。彼女の味方かっていうとそうじゃないという意見はあるけれど、あまり著名な人の意見が、バランス感覚を欠いている気がする」と語った。
参照元:伊集院光、清水富美加を巡る騒動に「意見が一色なことに気持ち悪さを感じる」
スポーツ報知 2/14(火) 11:59配信

清水富美加の父に借金5000万円か 出家との因果関係は不明
サンケイスポーツ 2/14(火) 5:00配信

女優、清水富美加(22)が宗教団体「幸福の科学」への出家を発表してから一夜明けた13日、同団体が清水の芸能界引退を否定した。今後は宗教家として活動していくが、広報担当者は「救済活動の一環として、人道的な映画には出演する。引退ではない」と説明した。また、この日深夜、清水はツイッターを更新し、「出家だけではなくて 誰か ギリギリだと言った部分に隠された事 誰か 気付いてくれてますように」と意味深長につぶやいた。

 突然の出家宣言で世間を騒がせている若手人気女優が、今後も芸能活動を継続する-。

 「芸能界引退ではありません」。幸福の科学の広報担当者がこの日、サンケイスポーツの取材に清水の引退を否定した。

 出家による芸能界引退は11日に表面化。翌12日には清水が直筆コメントで「本当に突然に、芸能界から姿を消して申し訳ありません」と引退を宣言していたが、広報担当者は「『人道的な映画への出演を通じて、多くの人に夢や希望を届けたい』という、かねてからの彼女の願いを大切に、今後について考えます」と映画出演に前向きだ。

 団体側は12日の会見で、清水がテレビ朝日系「仮面ライダーフォーゼ」に出演していた2011年ごろの月給が5万円だったことや、思想信条にそぐわない仕事が増えたことに不満があったとし、「嫌な仕事の典型が水着のDVD。性的対象になるのが嫌で…」と退社理由を説明。一方、事務所側は「事前に確認して納得いくまで話し合い、本人の意向でやった」と主張していた。

 同団体では映画を製作しており、今後、清水が出演する作品について「精神性のある映画に出演すると思っております」と回答。団体には芸能事務所があるが、所属するかどうかは「未定」とし、団体を母体とする政党「幸福実現党」からの出馬は否定した。

 現在、体調不良で自宅療養中の清水は、半年間の休養後は法名「千眼美子(せんげん・よしこ)」として活動する。人に教えを説く指導者となるべく、まずは精神的な修行を積み、その後は講演会などで救済活動を行う。映画出演に関して広報は「宗教家の活動の一環。演技を通じて救済することになります」と説明。外部の映画に関しても「内容次第では、依頼を受ければ出演する可能性はあります」とした。

 清水と事務所との契約は5月20日まで残っているが、団体側は体調不良を理由に2月中の契約解除を通告。主張は平行線のままだが、団体側は違約金などが発生した場合には対応する意向を示しており、今後の話し合い次第では早期決着する可能性もありそうだ。

 清水はこの日深夜、事務所批判をした12日に続いて再びツイッターを更新。同日に書面で「毎日がギリギリの状態でした」とコメントしたことに触れ、「出家だけではなくて 誰か ギリギリだと言った部分に隠された事 誰か 気付いてくれてますように また 一つの事実がもう消されそう」と訴えかけるようにツイートしている。

 また、清水富美加の父に数千万円の借金があることが分かった。関係者によると、その額は5000万円ともいわれる。また、「仮面ライダーフォーゼ」に出演していた11年前後に両親が離婚し、三姉妹の末っ子だった清水は父に育てられてきたという。借金と幸福の科学への出家との因果関係は不明だが、借金を同団体に肩代わりしてもらった可能性があると推測する関係者もいる。サンケイスポーツの取材に同団体は「個人のお話ですので、お答えできる立場ではございません」とコメントした。
参照元:清水富美加の父に借金5000万円か 出家との因果関係は不明
サンケイスポーツ 2/14(火) 5:00配信



スポンサーリンク


スポンサーリンク

「幸福の科学」に出家する女優・清水富美加を検証する

若手の女優・清水富美加が「幸福の科学」に出家するために芸能界の突然の引退を表明し、芸能ニュースを賑わしている。


ShimizuFumika2

人肉を食べる役柄ややりたくない水着仕事を無理やりさせられたり、仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”ともいえる就労環境であったことが理由だそうである。

15歳の時に、意に反して月額5万円を給与とする契約書に一方的にサインさせられたこともあったという。

契約中の仕事が残っている中での突然の引退表明に関係各位は戸惑いを隠せないという。


彼女が何故、「幸福の科学」へ出家するのか、その理由を調べるべく早速、出生図を作成した。


wikipediaによれば、出生データは、「1994年12月2日 時間不明 東京都」である。


出生時間を00:00:01に設定すると、月は天秤座のヴィシャーカーの26°付近である。


一方、出生時間を23:59:59に設定すると、月は蠍座のアヌラーダ11°付近である。


従って、月のナクシャトラの可能性は、ヴィシャーカーもしくはアヌラーダである。


彼女は、三姉妹の末っ子であり、両親は離婚しているという。


まず写真を見て、ピンと来たのは、彼女は天秤座ラグナではないかということである。


ShimizuFumika_chart

wikipediaによれば、元女性ファッションモデルであり、天秤座ラグナの人はルックスやスタイルが良いため、しばしばファッションモデルに適する典型的な星座である。


ラグナを天秤座に設定すると、月は天秤座のヴィシャーカーになるが、彼女は今回、「幸福の科学」に出家するために芸能界を引退してしまった。

非常に意思の固い思い切りの良い行動である。


ヴィシャーカーは、目的がないと行動できないタイプであり、行動のためには目的が必要となる。

ナクシャトラの解説を読んでも<目標達成を宿命とする戦士官>と解説されている。


私の過去の鑑定経験の中でもヴィシャーカーの人は、目的がなければ行動できないというのがポイントであり、ジャンマナクシャトラがこのナクシャトラに在住している人は、皆、この点に同意し、本人も自覚している。


今回、清水富美加がまだ契約が残っているにも関わらず、「幸福の科学」に出家し、芸能界を引退してしまうあたりは、目的達成のための強固な意志が感じられるのである。


つまり、目的があって芸能界を引退するということである。


もちろん、芸能界で活動していた時も彼女は目的を持って活動していたはずである。


例えば、彼女は仮面ライダーの仕事を取る時も自ら自主的にオーディションを受けて、役を勝ち取ったのだという。


しかし、彼女が芸能界に自らの目的を見出せなくなり、「幸福の科学」での活動に目的を見出した時、彼女の行動は、非常にストレートにそれを表現したのではないかと考えられる。

つまり、芸能界に目的がなくなったら、そこでは一刻たりとも活動できないということである。


非常に分かりやすくはっきりしている。



そこで月はアヌラーダではなく、ヴィシャーカーではないかと考えられるのである。


また土星が2017年1月26日から射手座に入室し、木星が乙女座をトランジットして、乙女座にダブルトランジットが形成されているため、乙女座は彼女にとって第何室に該当しているかということが重要である。


彼女にとって大きな転機を表す仕事を辞めたり、引退するようなタイミングは、12室や8室の象意を表している可能性が高く、そのため、ラグナが天秤座であると12室へのダブルトランジットとなるため、納得できるのである。


また天秤座にラグナを設定すると、月も天秤座側のヴィシャーカーに移動する。


従って、彼女にとってはラグナと月から見て、12室に木星が入室し、ダブルトランジットが形成されている状態になるのである。



また天秤座ラグナに設定すると10室支配の月がラグナでラーフと接合し、ラグナロードで8室支配の金星と接合する形になる。



『人肉を食べる役柄ややりたくない水着仕事を無理やりさせられたり、仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”ともいえる就労環境』というのは、おそらく10室の支配星に8室の支配星が接合し、ラーフが接合していたからではないかと思われる。


10室の支配星にラーフや8室が絡んでいるんので、人肉を食べる役柄が来たり、彼女が嫌っていた水着の仕事が来たのではないかと思われる。


また事務所から無理やり月額5万円を給与とする契約書を一方的に契約させられたのもこの配置のためではないかと考えられる。


8室は支配者を表し、ラーフは飽くなき欲望を示す貪欲な相手を表している。



但し、10室支配の月にはラグナロードの金星が接合しており、ここには1-10室のラージャヨーガも成立している。


従って、彼女は若手の女優として期待されていたスターでもあったということである。




また彼女は両親が離婚しているというが、2室(両親、家族)に3、6室支配の木星と11室支配の太陽が在住して傷つけており、土星と火星がアスペクトして傷つけている。


また2室支配の火星に土星がアスペクトして傷つけている。


従って、両親が離婚したのである。




彼女はマハダシャー土星期の間は土星がラグナ、月から見て4、5室の支配星であり、5室(演劇、演技)でムーラトリコーナの強い配置である。


また土星から見て3室(芸能)に金星と月がアスペクトしている。


また土星から見た10室に木星、水星と2つの吉星が在住しており、またダシャムシャでも土星から見て、10室支配の木星が3室に在住して、芸能の仕事(3室+10室)を表している。


ShimizuFumika_chart

因みにダシャーは現在、土星/木星期で、マハダシャー土星期の最後のアンタルダシャーである。


彼女の今回の芸能界引退は、実は事務所との契約破棄や事務所とのトラブルを意味している。


木星は6室(訴訟、契約破棄)を支配し、2室に在住して、土星、火星から傷付けられている。


従って、彼女は今、所属事務所と離縁しようとしているのではないかと考えられる。



おそらく今回、突然、引退したのは、ダシャーロードの土星から見た8室(突然、中断)にダブルトランジットが形成されているからである。


ナヴァムシャでは土星から見て3、12室支配の木星が8室に在住しており、芸能活動(3室)の中断(8室)を表している。


彼女は現在、ダシャーチッドラであり、次のマハダシャー水星期に移行していくための準備期間にいると考えられる。


次の水星期は、水星は9、12室支配で2室に在住しているため、宗教活動、信仰生活を表している。



但し、その水星は蠍座に在住して、木星、太陽と接合している。


蠍座は霊能力、霊感のハウスである。


従って、大川隆法の「幸福の科学」に入りたいということではないかと考えられる。



因みに子供のころから大川隆法の法話拝聴会などの宗教行事に参加していたということから家族ぐるみで参加していたと考えられる。


それは彼女の2室(両親、家族)の蠍座に惑星集中しているからである。


因みに清水富美加の「守護霊霊言」が収録公開され、「女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」として刊行されていたようであり、大川隆法とのつながりも強いようである。



以前、私は大川隆法の出生図を検証し、牡牛座ラグナに設定している。


OkawaRyuho_chart

蠍座には9、10室支配の土星とラーフが在住し、蠍座は明らかに大川隆法の行為のハウスであり、また重要なビジネスパートナーを意味している。


明らかに縁はあることが分かる。


今後、幸福の科学のPR映画に出演していくということから、おそらく宗教活動の中に自分の活路や目的を見出したということではないかと考えられる。



清水富美加を天秤座ラグナに設定すれば、家族ぐるみで「幸福の科学」に関わり、また大川隆法との個人的な関係や、また芸能事務所とのトラブルや、仕事上の不満なども理解できるのである。


おそらく報じられていることは本当なのである。




ShimizuFumika3


ShimizuFumika6



(参考資料)



清水富美加さん電撃引退 幸福の科学HPに「人肉を食べる役など、思想信条にかなわない仕事が増え…」など引退理由
産経新聞 2/12(日) 19:30配信

宗教団体「幸福の科学」は12日、清水富美加さんの芸能界引退の意思表明をめぐり、「女優・清水富美加氏の幸福の科学への出家につい て」との記事をホームページに掲載した。

 「子供のころから折々に大川隆法総裁の御法話拝聴会などの宗教行事には参加」「最近は、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信 条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました」などと理由が書かれている 。以下は抜粋。

 「女優・タレントの清水富美加氏が、当教団に出家することになりました。清水氏は、熱心な信者であり、子供のころから折々に大川隆 法総裁の御法話拝聴会などの宗教行事には参加し、宗教的価値観のもと、「見て下さる方に元気や励ましを届けたい」という利他愛他の思 いで芸能活動に打ち込んでこられました。しかし、人道的映画に出たいという強い希望を持っていたにも関わらず、最近は、人肉を食べる 人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていまし た。仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身の不調をきたす までになりました。この2月には、医師による診断の結果、ドクターストップがかかり、現在は芸能活動を中断しています」。

 「清水氏は、『魂の救済のために24時間を捧げる』宗教者となるべく、出家を決意されるに到り、当教団としても宗教上の緊急救済の 観点から受け入れを決めた次第です。体調が回復しだい、宗教活動に参画してまいります。どうか温かい目で見守っていただければ幸いで す。2017年2月12日 幸福の科学グループ 広報局」 

 幸福の科学は同日の会見で、清水さんの法名が「千眼美子」であると発表した。
参照元:清水富美加さん電撃引退 幸福の科学HPに「人肉を食べる役など、思想信条にかなわない仕事が増え…」など引退理由
産経新聞 2/12(日) 19:30配信

清水富美加、「人肉を食べる人種」役や水着仕事に不快感 「幸福の科学」が出家理由明かす
ねとらぼ 2/12(日) 18:09配信

女優の清水富美加さんが、宗教団体「幸福の科学」に出家するため、芸能界を引退する意向を固めていることが明らかとなりました。

清水さんは2月11日、「レプロ」と会社名の入った自身のTwitterアカウントを消去し、新たに個人アカウントを作成。「来週ある『宣言』 をする」とつづっており、事務所から独立するのではなどの憶測が飛び交っていました。そのような中での、今回の引退騒動。

 幸福の科学の広報部に問い合わせたところ、出家は事実だと認めた上で、清水さんは子どものころから幸福の科学の宗教行事には欠かさ ず参加しており、「見て下さる方に元気や励ましを届けたい」との思いで芸能活動を続けてきたと説明。

 しかし、最近では「人肉を食べる人種の役柄」など、良心や思想信条にそぐわない仕事が増えていたとのこと。水着DVDの仕事については 自身が性的対象にされるのが耐えられず「したくない」と事前に伝えていたにも関わらず無理矢理決められるなどし、「断ると所属事務所 から干されてしまう恐怖心との葛藤のなか」に置かれていたといいます。その結果、心身の不調を訴えるようになり、2月に入ってから医師 の診断を受けることに。現在は芸能活動を休止している状態だといいます。

 こうした中で、大川隆法総裁により、清水さんの「守護霊霊言」が収録公開され、「女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」 として刊行。このことをきっかけにして、「魂の救済のために24時間を捧げる」宗教者となるべく、清水さんは出家を決意するようになっ たのだといいます。なお、法名は千眼美子(せんげんよしこ)。

 映画の出演など、今後の仕事については、「心身の著しい不調というやむを得ない事由により、全うできなくなりました。また、体調回 復後は、宗教家としての活動に移ることになります」と回答しています(※文末に「幸福の科学」広報部からの回答を全文記載)。

 その後、12日に「幸福の科学」の広報担当者らが開いたマスコミ向けの会見で、清水さんによる直筆のメッセージが公開されました。そ こには、女優をはじめてからの約8年間に、心が追いつかずギリギリの毎日を送っていたこと、出家の意向をマネジャーに告げ、「意味が分 からない。やめてくれ」と反対されたこと、そういった反応をされることを分かった上で神や仏などを信じ、神のために生きたいと望んで いることが24行にわたってつづられています。

 最後は、「皆様から見たら洗脳とも取れるであろうこの一連の出来事やこの約8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく、 明かしていきたいと思います」と、今後も説明していく機会を設けることを匂わせつつ、ファンや関係者へ向け「本当に本当にありがとう ございました」と感謝の言葉で締めています。

●幸福の科学からの回答全文

清水富美加氏の出家について、以下の通りご回答いたします。

1)清水富美加氏の出家の事実、その時期、経緯について。

事実です。清水氏は、熱心な信者であり、子供のころから折々に大川隆法総裁の御法話拝聴会などの宗教行事には欠かさず参加し、宗教的 価値観のもと、「見て下さる方に元気や励ましを届けたい」という利他愛他の思いで芸能活動に打ち込んでこられました。しかし、最近は 、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに 置かれていました。仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身 の不調をきたすまでになりました。この2月には、医師による診断の結果、休養が必要となり、現在は芸能活動を中断しています。

こうした動きと相前後して、同氏の「守護霊霊言」が収録公開され、『女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー』として刊行され ました。この収録・発刊をきっかけに清水氏は、自らの天命が「暗黒の海を照らす灯台の光となり、一人でも多くの人を救済していく」こ とにあると確信し、「魂の救済のために24時間を捧げる」宗教者となるべく、出家を決意されるに到りました。

問題の背景にあるのはタレント業界の暗黒とも言える「奴隷的な契約形態」であると考えています。清水氏の場合、13才時の契約当初は歩 合制だったものの、所属事務所の営業などは何もない状態で、本人自ら応募した「仮面ライダー」のオーディションに合格し、女優の道を 歩み始めました。撮影は連日朝から深夜に及んだものの、所属事務所側から送迎などのサポートは行われませんでした。

漸く稼げるようになった2010年、15歳の時に、意に反して月額5万円を給与とする契約書に一方的にサインさせられました。契約締結前に 「あまりに内容がひどい」と父親が抗議し、しばらく契約締結を見送っていたところ、クライアント側は継続を望んでいるにもかかわらず 、事務所から断るという形で、見せしめに干されてしまいました。

“事務所が持ってきた仕事を断ると干される”という恐怖の下で、望まない仕事であって受けざるをえず、一種の“苦役”を強いられてい たのです。清水氏にとって、嫌な仕事の典型だったのは、水着DVDの仕事だったといいます。彼女は、自身が性的対象にされるのが耐えられ ず、「水着の仕事はしたくない」と事前に伝えていたにもかかわらず、無理矢理に入れられてしまったといいます。

このあたりから、彼女は自分を切り売りさせられているようで、しばしば「死にたい」と家族などに漏らしはじめました。月に1回は、ご 両親に「死にたい」と相談していたようで、マネージャーには、「あまり言うとほんとに死んじゃうんじゃないかと思うので、もう言わな いでほしい」と口止めされ、それからは内に秘めているといいます。

こうした経緯から弁護士を通して、契約解除を行い、円満に仕事を整理する話し合いをしていたところ、契約続行を求める事務所側の強硬 な姿勢に合わせようとして、遂には心身に異常をきたし、仕事を休まざるを得なくなってしまい、現在に至っています。当教団としては、 清水氏に対する緊急的な救済という意味でも出家者として受け入れを決めました。

2)今後の清水さんの活動に関して。

予定されていた映画等の仕事については、心身の著しい不調というやむを得ない事由により、全うできなくなりました。また、体調回復後 は、宗教家としての活動に移ることになります。
参照元:清水富美加、「人肉を食べる人種」役や水着仕事に不快感 「幸福の科学」が出家理由明かす
ねとらぼ 2/12(日) 18:09配信

清水富美加「神のために生きたいと思いました」…幸福の科学が公表した直筆メッセージ全文
スポーツ報知 2/12(日) 15:24配信

人気女優の清水富美加(22)が宗教団体「幸福の科学」の信者であることを明かし、「出家」するため芸能界を引退する意思を固めたことを受け、「幸福の科学」は12日、東京都内の総合本部でマスコミ対応。清水の直筆メッセージを公開した。メッセージ全文は以下の通り

 × × ×

ファンの皆様、関係者の皆様、友達、飲み友達、私と話したことがある人、知ってくれている人。突然に、本当に突然に、芸能界から姿を消して申し訳ありません。お世話になっていた現場や、共演者さん、スタッフさん、関わらせて頂いた方々にご迷惑をおかけしている事、しっかりと自覚しております。

しかし、約8年、このお仕事をさせていただきましたが、その中でお仕事の内容に、心がおいつかない部分があり、しっかりとした生活が送れず、毎日がギリギリの状態でした。

なので今、出家したいと思いました。

私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました。

なんで、それで、出家することになるのか、皆さんにとっては、何もかもが意味不明だと思います。幸福の科学が、宗教が、出家というものが何なのか。「出家したい」と言ったら、マネージャーさんにも、「意味が分からない。やめてくれ」と言われました。無宗教の方が多い現代では、誰もがするであろう反応ということも分かっております。

それでも、神とか仏とか、あの世とか、確かめようのないもの、この目で見たこともないものを、私は信じ、神のために生きたいと思いました。出家を決意してからは、安定した生活が送れるようになっております。

皆様から見たら洗脳とも取れるであろうこの一連の出来事やこの約8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく、明かしていきたいと思います。どうかこれからも温かい目で見守って頂ければ幸いです。本当に本当にありがとうございました。

2017年2月吉日

清水富美加

参照元:清水富美加「神のために生きたいと思いました」…幸福の科学が公表した直筆メッセージ全文
スポーツ報知 2/12(日) 15:24配信

『幸福の科学』、出家した清水富美加は「恐怖心との葛藤のなかに置かれていました」
2017.2.12 18:28 iza 産経デジタル

宗教団体「幸福の科学」広報局は12日、公式サイトで芸能界を引退する意思を固め、同団体に出家した女優、清水富美加(22)についてコメントを発表した。清水は「熱心な信者であり、子供のころから折々に大川隆法総裁の御法話拝聴会などの宗教行事には参加し、宗教的価値観のもと、『見て下さる方に元気や励ましを届けたい』という利他愛他の思いで芸能活動に打ち込んでこられました」という。

 しかし「人道的映画に出たいという強い希望を持っていたにも関わらず、最近は、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました」と説明した。

 そして「仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身の不調をきたすまでになりました。この2月には、医師による診断の結果、ドクターストップがかかり、現在は芸能活動を中断しています」とつづった。

 「こうした動きと相前後して、同氏の『守護霊霊言』が収録公開され、『女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー』として刊行されました。この収録・発刊をきっかけに清水氏は、自らの天命が『暗黒の海を照らす灯台の光となり、一人でも多くの人を救済していく』ことにあると確信し、『魂の救済のために24時間を捧げる』宗教者となるべく、出家を決意されるに到り、当教団としても宗教上の緊急救済の観点から受け入れを決めた次第です。体調が回復しだい、宗教活動に参画してまいります。どうか温かい目で見守っていただければ幸いです」と今後の活躍に期待を寄せた。
参照元:『幸福の科学』、出家した清水富美加は「恐怖心との葛藤のなかに置かれていました」
2017.2.12 18:28 iza 産経デジタル

清水富美加の所属事務所、顧問弁護士が反論「多くの事実と違う所がある」
スポーツ報知 2/12(日) 21:08配信

人気女優の清水富美加(22)が12日、突然、宗教団体「幸福の科学」に出家し、芸能界を引退することを発表したことを受け、所属事務所「レプロエンタテインメント」の代理人で顧問弁護士の山縣敦彦弁護士と塩川泰子弁護士が同日夜、都内で会見を行った。

山縣弁護士は、この日、教団側で記者会見があったことを踏まえ、清水との契約について説明した。

 「先月の末くらいに清水本人から突然、信仰の告白がありそれに伴って、出家するということで、仕事が出来ないとの申し出があった。代理人間で、今後について2月頭から協議をしていた。(清水の代理人から)体調不良を理由に、仕事の継続が出来ないとの報告があった。当社としては、信仰に関しては、尊重したいと考えていた。清水と当社の契約は契約中、出来るだけ仕事を減らして行き、新規の仕事は入れない方向で、考えていた。理解を得られると思っていたが、本日、教団側があのような記者会見をしてしまった。大変、遺憾に思います。また、(教団の記者会見の内容に)多くの事実と違う所がございます。本人の意向に反する形で、やりたくない仕事をやらせていたとありましたが、週に1度、月に1度くらいはマネジャーが、本人と面談を行い、密にコミュニケーションを取っていた。本人は積極的に仕事に取り組んでいた。仕事を押しつけたことはない。(報酬に関しては)適切な報酬を支払ってきた。本人が嫌がっている仕事を、無理やりさせたことはない」と現状を報告した。

 この日、「幸福の科学」は昼過ぎに東京都内の総合本部でマスコミ対応し、清水が出家することになった経緯を説明。今後は「宗教家・清水富美加」になるといい、法名・千眼美子(せんげんよしこ)が与えられたと報告した。

 清水は、11日までに所属事務所に「幸福の科学」の信者であることを明かし、「仕事をやめて、幸福の科学に出家します」と話したという。

 ◆清水 富美加(しみず・ふみか)1994年12月2日、東京都生まれ。22歳。「レプロガールズオーディション2008」でグッドキャラクター賞を受賞し、芸能界デビュー。11年「仮面ライダーフォーゼ」で連ドラ初出演。NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの同級生役を好演。バラエティー番組でも活躍している。身長162センチ。
参照元:清水富美加の所属事務所、顧問弁護士が反論「多くの事実と違う所がある」
スポーツ報知 2/12(日) 21:08配信

清水富美加 突然の引退にテレビ各局対応追われる 「なぜ今」…事実確認
デイリースポーツ 2/12(日) 16:30配信

女優・清水富美加(22)が、突然、宗教団体「幸福の科学」に出家し、芸能界引退の意志を固めたことに対し、清水の出演番組を持つテレビ各局は12日、「寝耳に水」の情報の事実確認に追われた。

清水が昨年4月からレギュラーを務め、11日の生放送は「体調不良」を理由に休演していたフジテレビ系「にじいろジーン」(土曜、前8・30)を制作する関西テレビは「現在、詳細を確認中です」と回答。同局としては清水の事務所から「体調不良」との説明を受けていたが、出家および引退に関する連絡は受けていなかったという。

 状況的に次回18日の生放送も清水の出演は厳しいとみられるが、同局は「次回のご出演は調整中です」とした。公式ホームページ(HP)の次回予告には清水の名前が記載されているが、詳細が不明で、局としては休演とも降板とも決めることができない状況だという。

 また3月に清水の主演映画のアナザーストーリーとして放送が決まっている、TBS系ドラマ「笑う招き猫」(全4話)の制作に関わっているMBSも、これまでに清水の引退に関する連絡は受けていなかったといい「現在、各方面に事実関係を確認中です」とした。今後、清水の意思や、引退理由の詳細を把握したうえで、放送の可否を判断する見込み。

 各局とも、正確な状況把握が難航しているもようで、多くの仕事を抱えている状況下での突然の引退意思に「なぜ今」と困惑が広がっている。
参照元:清水富美加 突然の引退にテレビ各局対応追われる 「なぜ今」…事実確認
デイリースポーツ 2/12(日) 16:30配信

清水富美加の出家引退に放送局混乱「今日は清水富美加ちゃんがお休み」
2017年2月12日19時41分 スポーツ報知

清水の突然の引退表明を受け12日、出演する放送各局は対応に追われ、混乱している。

 NHKはこの日、清水司会の生番組「シブヤノオト」(日曜・後5時5分)の番組冒頭で同じく司会のお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(41)が「今日は清水富美加ちゃんがお休み。この(渡辺)直美と義実でお送りします」と切り出したが、その他のことには言及せず。同番組のインターネット限定の配信番組「Sトーク」のMCでタレントの渡辺直美が代役を務めた。

 同局関係者は「11日に所属事務所から体調不良により出演を辞退したいとの連絡があったので、出演を見合わせた」。本年度に8回放送され、この日が最後の放送だった。来年度の放送の詳細は、今月中旬に発表される見通し。

 また、清水がレギュラー出演するフジテレビ系情報番組「にじいろジーン」(土曜・前8時半)の18日の生放送分の出演に関して、制作する関西テレビは「事実確認をしており調整中」とした。所属事務所からは体調不良で出演を見合わせたいとの連絡がきており、11日の放送分の出演はキャンセル。4日が最後の出演となった。

 4月公開予定の清水の主演映画「笑う招き猫」に先駆け、放送が決定していたTBS系ドラマ「笑う招き猫」(3月21日スタート、全4話)を制作するMBSは、清水側から連絡を受けていないとして、「事実関係を確認している」と困惑。放送の可否の判断は週明けになる見込み。

 一方、関係者によると、清水がパーソナリティーを務めるニッポン放送の「清水富美加 みなぎるPM」(土曜・後9時)の18日放送分の収録は終えているが、放送されるかは未定だ。
参照元:清水富美加の出家引退に放送局混乱「今日は清水富美加ちゃんがお休み」
2017年2月12日19時41分 スポーツ報知

清水富美加、22歳で衝撃の引退…理由は「幸福の科学に出家」
スポーツ報知 2/12(日) 5:00配信

4日生放送最後に「体調不良」

 人気女優の清水富美加(22)が芸能界を引退する意思を固めたことが11日、分かった。宗教団体「幸福の科学」の信者であることを所属事務所「レプロエンタテインメント」に明かし、「仕事をやめて、幸福の科学に出家します」と話したという。清水は4日生放送のフジテレビ系「にじいろジーン」を最後に、体調不良を理由に仕事をすべてキャンセルしており、事務所は本人と連絡が取れない状況。この日、事務所公認のツイッターが削除され、清水は個人アカウントを新設。突然の宣言で契約トラブルも浮上している。

弁護士「芸能の仕事と両立できない」

 15年にNHK朝の連続テレビ小説「まれ」でヒロインの同級生を好演し、最近は映画にドラマにバラエティーにひっぱりだこの清水が、前代未聞の引退騒動を繰り広げている。

 関係者によると、発端は先月19日。「幸福の科学」のホームページで、大川隆法総裁が著書「女優・清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」に関連し、清水について語る動画がアップされた。それを知ったチーフマネジャーが、清水に「知ってる?」と確認。すると清水が「実は信者です」と告白した。両親が信者で、清水も幼少の頃から信仰していたが、マネジャーは08年のデビューからその日まで、全く知らなかったという。清水は3姉妹の末っ子で、両親は離婚している。

 清水は変わらず仕事を続けていたが、同月下旬、2人の弁護士を伴ってマネジャーと面会。その席で清水は「仕事をやめて幸福の科学に出家します」と宣言。弁護士も「芸能の仕事と両立できない」と話したという。本人の意思は固く、マネジャーが説得できる状況ではなかったという。

 清水は2月に入っても何事もなかったように仕事を続けていたが、4日の「にじいろジーン」を最後に仕事現場に来なくなった。事務所は現在まで本人と連絡が取れていない。仕事の関係者にはキャンセルの理由を「インフルエンザ」などと説明していたが、数日前からスポンサーや出演映画の配給会社などには、本人の引退の意向を伝え、謝罪に出向いている。

 清水はこの日、事務所公認のツイッターに「このツイートは、すぐに消されちゃうかもしれないので皆さんフォローやスクショなど宜しくお願いします。来週、ある『宣言』をします」と書き込み、ファンの間で大騒動に。その後、同アカウントは閉鎖され、清水は新たに個人アカウントを新設。「色々ありましたし、色々あります。100%本人で自由に、ね」「自分の真実くらい、自分で語らせて下さい」などと書き込んだ。

 清水と事務所との契約は「しばらく残っている状況」(関係者)で、事務所側は弁護士を通じて「契約期間中の仕事は全うしてほしい」と要求している。しかし、清水は今すぐの引退を望んでおり、話し合いは平行線となっている。

 この日の「にじいろ―」の生放送は体調不良を理由にキャンセル。ニッポン放送のレギュラー番組は4日以前に収録したものが放送された。今後は「暗黒女子」(4月1日公開)、「笑う招き猫」(4月29日公開)、「東京喰種」(7月29日公開)と3本の映画公開を控え、現在、撮影中の映画もある。今月18、25日放送のNHKBSプレミアム「龍の歯医者」で声優を担当。3月21日にはTBS系でドラマ版の「笑う―」がスタート予定。さらに「コスモ石油」「ニベア花王」の2社とCM契約中。多くの仕事を残したままの「出家宣言」で、今後の展開が注目される。
参照元:清水富美加、22歳で衝撃の引退…理由は「幸福の科学に出家」
スポーツ報知 2/12(日) 5:00配信

テリー伊藤さん、「芸能界には『幸福の科学』に入っている方がたくさんいる」
2017年2月14日9時32分 スポーツ報知

演出家・テリー伊藤さん(67)は14日、TBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金曜・前8時)にゲスト出演し、宗教団体「幸福の科学」の信者が芸能界にいることを語った。

 女優の清水富美加(22)が芸能界を引退し、宗教団体「幸福の科学」の活動に専念することを表明した話題を取り上げた際にコメントしたもの。テリーさんは「実は今、芸能界でも『幸福の科学』に入っている方います。普通に番組に出ている人がたくさんいます。彼らは普通に穏やかです」と説明。清水が“出家”を表明したことで大きな騒動になっていることに触れて「こんな敵を作るような形で『幸福の科学』に行くよりも、ちゃんと契約を終えてハッピーな形で行った方がいい」と話した。

 清水の自筆ファクスやツイッターについても言及。「清水さんはもう『幸福の科学』の方ですよね。直筆のコメントも彼女の言葉ではなく『幸福の科学』がチェックしている。清水さんが責められるけれど、(ツイッターなどで)しゃべっていることは全部『幸福の科学』のチェックを受けていること。こういうことをさせていると『幸福の科学』のイメージも悪くなる。もっと楽しい形でやれば、素直に受け止めていたのに…」と「幸福の科学」の対応に疑問を呈していた。
参照元:テリー伊藤さん、「芸能界には『幸福の科学』に入っている方がたくさんいる」
2017年2月14日9時32分 スポーツ報知



スポンサーリンク


スポンサーリンク

林葉直子の波乱の人生

先日、ニュースを読み漁っていた所、林葉直子の近況についてのニュースが目に付いた。

肝硬変を患っており、闘病生活を送っており、余命僅かであると報じられていた。


HayashibaNaoko6_small
<1991年当時の写真>

最近の写真の様子から当時の面影が全くなくなっていたので衝撃を受けた。

女流王将戦を10連覇などして、女流棋士として華々しく話題をさらっていた当時の容姿を知っているものとしては大変痛ましいのである。

その後、突然、失踪したりして、ワイドショーを賑わしたり、また当時、林葉直子はインドの聖者サイババに傾倒しており、青山圭秀氏との交際や結婚などのうわさが、スポーツ新聞の一面を賑わしたので良く覚えている。

彼女は将棋連盟を追われる様に去った後、ヘアヌード写真集を発表したり、漫画や小説を執筆したり、占い師として活動したり、整形手術で豊胸手術をしたり、それまでのスターダムな堅実な歩みから突然、波乱の人生となってしまったようだった。

彼女が2014年に出版した『遺言 最後の食卓』は私はまだ読んでいないが、話題をさらった当時のことについても書いてあるようである。


私は林葉直子の昔の写真を見て、蠍座ラグナではないかとピンと来るものがあった。

似たような容姿の人を見ていたからである。


実際、出生図を蠍座ラグナに修正して、検証してみた所、おそらく間違いなく彼女は蠍座ラグナである。


HayashibaNaoko_chart


蠍座ラグナに設定すると、彼女が1994年5月29日に「心身ともに疲労を感じ極限状態にあるのですべての活動を停止ししばらく休養したい」として、突然、日本将棋連盟理事会に休養願いを提出し、6月9日に対局に現れなかったことで失踪騒動となったのであるが、この当時の事件について納得できるのである。

失踪期間中はイギリスに滞在していたようである。


そして、7月18日に滞在先のイギリスから帰国している。


この時、失踪した当時、林葉直子は土星/月期であり、土星は3、4室支配で5室に在住し、月は9室支配で12室に在住している。

アンタルダシャーの月が9室支配で12室に在住しているので、イギリスに滞在していたということである。


2014年に出版した『遺言 最後の食卓』にはその当時の真相について語られているようである。


HayashibaNaoko_s_book

この本によれば、この当時、彼女は妊娠したのではないかと心配になって、日本の病院へ行くのがイヤだからロンドンの病院まで検査へ行っていたのだという。


つまり、子供のことで海外にいって、病院で検査したということである。


マハダシャーロードの土星は5室(子供)に在住し、月は9室(子供)の支配星であり、12室は海外、病院のハウスである。


マハダシャーロードの土星から見ると、月は5室支配で8室に在住しており、子供(5室)の検査(8室)で海外に行ったと理解できるが、この時、突然、対局をすっぽかして、失踪のように海外に行くという、まずい判断(5室の支配星が8室に在住)をしたようである。

従って、そのことが問題になって、追われるようにして日本将棋連盟を辞めざるを得なくなった。


土星は3、4室支配の機能的凶星であり、アンタルダシャーの月は9室支配の機能的吉星であり、12室はグルのアシュラムを表している。

もし医師(教師)に診てもらうのであれば、それは病院が医師のアシュラムである。


9室は仕事の10室から見た12室目であり、仕事を損失するハウスである。

従って、9室は幸福なハウスであるが、9室の象意の中にある時、人は仕事はしないのである。

仕事を辞めてしまったり、あるいは仕事をする気分ではなくなる。

彼女は棋士としての処遇は日本将棋連盟理事会の決定に従いますという旨の休養願いを提出した時点で、それは辞職願いにある程度、近かったのではないかと考えられるのである。

首になってもいいので暫く休職しますということである。


マハダシャーの土星とアンタルダシャーの月は全く絡んでおらず、土星は生来的、機能的凶星である。

この場合、アンタルダシャーの月がいくら9室支配の機能的吉星であっても、この時期には良いことは起こらないというパラシャラの原則が良く当てはまっている。


マハダシャーとアンタルダシャーが絡まない場合、むしろ、マハダシャーの土星から見た位置関係が重要になってくるのである。

この月は、土星から見て5室支配で8室(中断、停滞、破局)に在住しており、その為、この失踪騒動は彼女にとっては9室支配の月のアンタルダシャーの時期であったにも関わらず、彼女のキャリアにとっては致命的な出来事となった。

その後、彼女は固定相続税の600万円を支払うためにヘアヌード写真集(土星/ラーフ)を出したり、不安定な奮闘の生活となっていったのである。


彼女が将棋界のスターになったのは、1982年4月に14歳で初タイトルの女流王将となった頃からである。

ちょうど土星/土星期が始まった頃に将棋界のスターになっている。


土星は月から見た4、5室支配のヨーガカラカで逆行の木星からアスペクトされている。

またラグナから見ると3、4室支配で5室に在住し、5室に在住するラーフとの間にラージャヨーガを形成している。


土星がラグナから見て3室支配(芸能)で5室(芸能の本質、演技)に在住しているため、女流棋士として頻繁にマスコミに登場するようになったのである。

そして、1987年の年末に日本テレビの年末時代劇スペシャル「田原坂」に西郷従道の娘・桜子役で出演したりもしている。この時、土星/ケートゥ期であるが、ケートゥのディスポジターである水星は3室(芸能)に在住している。

彼女はこのマハダシャー土星期の間の1980年代~90年代にかけて、ライトノベル(ティーンズ向け小説)を執筆し、その後も「かとりまさる」というペンネームで漫画原作を執筆していたそうである。


土星が3室支配(出版、メディア)で5室(創作)に在住しており、月から見ても5室(創作)の支配星であるため、土星期を通じて、小説家、漫画のシナリオライターであったということである。


2001年に入ると、マハダシャー水星期に移行している。

水星は8、11室支配の機能的凶星であるが、3室に在住して、10室支配の太陽と接合している。


2004年に六本木で「Woo Curry」というインド料理店をオープンしたが、翌年、2005年11月に閉店するなど、事業が上手く行っていないのが分かる。

タレント、タロット占い師としても活動したが、水星が3室(芸能)に在住しているからである。


然し、タロット占い師というと、日本に昔から存在してきた銀座のホステスのような水商売系の雰囲気を持つ、水晶占いやタロット占い師を連想させる。

派手な衣装を着て、化粧などもホステスのように濃く、外部から閉鎖された酒場のような場所で行っている。


彼女は8、11室支配の水星期になってから、そのようなタレント占い師になったようである。

10室には2、5室支配の木星(教師)が在住しており、相談役、カウンセラーとしては高いスキルを持っていたと考えられる。


然し、2006年頃に自己破産し、1億2千万円の実家を差し押さえられている。

ちょうど水星/金星期の頃であるが、マハダシャーの水星は8、11室支配の機能的凶星である。


8室は債権者を表し、11室は貪欲な人物を表している。

従って、彼女の周りにはマハダシャー水星期になった2001年頃からあまり良い人物がいない印象である。


彼女の知名度などを利用しようとして、巧みに近寄ってくる貪欲な人々に囲まれたのである。


おそらくその結果、2004年に六本木で「Woo Curry」というインド料理店をオープンしたがわずか1年足らずで閉鎖したのである。


水星/ケートゥ期、または水星/金星の頃であるが、7、12室支配の金星が2室に在住しており、2室は起業のハウスであることから、おそらく水星/金星期の頃である。

金星は7、12室支配で2室に在住しているが、3、4室支配の土星からアスペクトを受けている。


従って、このアンタル金星期に行った事業が上手く行かなかったと考えられる。

マハダシャーロードの水星は8、11室支配の機能的凶星で、アンタルダシャーロードの金星も7、12室支配の機能的凶星で、土星からアスペクトを受けている。


おそらく、2004年に六本木で「Woo Curry」というインド料理店が失敗したための負債が引き金となって、2006年の自己破産につながったと考えられる。

どちらも水星/金星期であり、金星は12室の支配星で、3、4室支配の機能的凶星の土星からアスペクトされている。

1億2千万円の実家を差し押さえられたのは、2室が実家、両親のハウスであり、そこに12室の支配星が在住して、土星がアスペクトしているからである。


その後、11月29日にインターネットTV『超人大陸』でインタビューを受けたり、2007年1月1日放送の日本テレビ系『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』にゲスト出演し、自己破産をテーマに講演しているが、この時もいずれも水星/金星期である。

水星から見ると5、10室支配で12室に在住しており、また月から見て金星は1、8室支配で3室(芸能)に在住している。


従って、アンタル金星期にテレビ出演に恵まれたが、しかし、マハダシャーロードの水星は8、11室支配の機能的凶星であり、貪欲な債権者を表している。あるいは彼女を利用しようとする支配者を指している。


彼女の自己破産をテレビプロデューサーが見世物的に扱い、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』で、自己破産をテーマに講演させたのである。

マハダシャー水星期は、テレビ出演したり、占い師として大手の業者から専用のページを作ってもらえたりもしたが、人から利用されたことが多かった印象である。


蠍座ラグナの人は詐欺師に騙されたり、利用されたりすることが多いのだが、それは8、11室の支配星が水星だからである。


マハダシャー水星期に彼女の事業が上手く行かなかったのは8、11室支配の水星が10室支配の太陽と接合していたことでも説明できる。

つまり、何か事業(10室)や行動(10室)を起こすと、それが頓挫、失敗(8室)するという象意である。


そして、マハダシャーの水星は蠍座ラグナにとってマラカでもある。


彼女はこの水星期を通して、飲酒と、自己破産以降のコンビニ食三昧の生活によって蝕まれていたのだという。

そして、薬物治療によって保てているということであり、薬物に依存している状態である。


つまり、これらは8、11室支配の水星がもたらしたと考えられる。


wikipediaによれば、2014年フジテレビ系情報番組「ノンストップ!」のインタビューで、8年前から重度の肝硬変であることを告白しているそうであるが、2006年頃から肝硬変を患っていたことが分かる。


2006年というとやはり事業に失敗して自己破産をした水星/金星期の頃である。


水星から見ると3、12室支配の木星(肝臓、肝機能の表示体)が8室に在住し、4、11室支配の火星からアスペクトされている。

また月から見ると、木星は3、6室支配の機能的凶星で、11室に在住し、2、7室支配のマラカの火星からアスペクトされている。


このマハダシャー水星期に肝硬変を患っていたというのは、水星から見て木星が8室(慢性病)に在住し、火星からアスペクトされていた為ではないかと思われる。


このように蠍座ラグナにすると、彼女の過去の出来事が全て説明できるため、出生図のラグナは蠍座ラグナで間違いないと思われる。


また林葉直子は昔、インドの聖者サイババに傾倒していたというが、サイババは蠍座に惑星集中している。


彼女は蠍座には惑星が在住していないため、せめてラグナが蠍座になければ、サイババとの縁は表さないのである。

彼女がサイババを熱心に信奉していたというのは、蠍座ラグナであると考えると納得できる。



このように彼女の人生は全てジョーティッシュの観点からするとカルマであり、決まっていたことなのである。


彼女の女流棋士としての栄光、突然のキャリアの中断、変化、その後の奮闘生活、そして、闘病生活など、彼女の冒険、精一杯生きてきた波乱の人生は全てカルマの観点からすると決まっていたということなのである。


その波乱の人生を締めくくるかのように彼女は、2014年に『遺言 最後の食卓』という著作を発表した。


文字通り、彼女の遺言だろうと思われる。


この中で、林葉直子は当時彼女について分からなかった多くのことを語っている。



人は自分の人生を精一杯生きることによって何かをこの世に残さなければならないのである。


それは死んだ時に残る財産や貯金額、墓などではなく何か人々を感化し影響を与えた生きた証である。


林葉直子は、波乱の人生を生きることによって多くのものを残し、また今も残し続けている。


HayashibaNaoko5

HayashibaNaoko3

HayashibaNaoko2



(参考資料)



林葉直子の『遺言』! 不倫、ヘアヌード…波乱の46年に今思うこと
2014.3.13 ダヴィンチニュース

「大根も切れませんが、ペンは軽いので書かせていただきます」

 絵画に出てくるような、彫りの深い美女が、報道陣にもみくちゃにされている。将棋のプロなのに、 対局をドタキャンして、失踪していたらしい。そのうえ、師匠のライバルである、父親ほど歳の離れた 変態おじさんと不倫して、破門にされたとか。変態おじさんが留守電に残した「突撃しま~す」の声が 、何度もテレビでリピートされている。その後、彼女はヘアヌードになり、カレー屋の店主になり、タ ロット占い師になった挙句の自己破産。時々、テレビに出てきては、血色の悪い顔で「男に暴力を振る われました」「金を騙し取られました」と口にする。昔の面影よ、何処へ?

 子どもの頃から見てきた林葉直子のイメージといえば、こんな感じだろうか。子どもながらに、当時 の過熱報道には強烈な違和感を覚えていた。なにせ、将棋の世界では相当地位が高いらしい“変態おじ さん”は一向にテレビに出てこないまま、コメンテーターたちが彼女ばかりをバッシングしているのだ 。テレビの向こうでは、当の本人が将棋界の男女格差について語っていたが、しょせん不倫女の遠吠え 。彼女に群がるマイクは、まるで死骸に群がるハイエナのようだった。「圧力って、不公平って、こう いうことか」と知った。

 その林葉直子が現在、重度の肝硬変を患い、博多の病院で療養しているという。ネット上では「林葉 直子、劣化!」というスレがだいぶ前から立っていて、その容姿の変貌ぶりがしばし話題となっていた 。つい先日、本人が報道番組に出演し、その理由を明らかにした。彼女の体は長年の飲酒と、本人曰く 自己破産以降のコンビニ食三昧の生活によって蝕まれていた。今は、なんとか薬物治療で保てている状 態。ブログでは、自身の今を将棋になぞらえ「鬼手を探している」と、その心境を綴っている。ヤフー ニュースに残されていた彼女への激励コメントの多さが引っかかり、新刊『遺言 最後の食卓』(中央 公論新社)を手にした。

 彼女がかつて、作家活動をしていたのは知っている。とはいえ、まったく期待はしていなかった。だ って、「突撃しま~す」の、あの林葉直子である。ところが、まえがきを読んで、その文章の美しさに 射抜かれた。“鬼手”の得意技で知られ、歴代最年少の14歳で女流王将を獲得。その後10連覇を成し遂 げた聡明さを思い起こさせるシャープな筆づかい。こういってしまうと語弊があるかもしれないが、死 と向き合う人間特有の、水を打ったような静かな時間の流れが、粛々と伝わってくる。

「私は、自分が病気になって、自分を褒めて笑ってます(笑)」

 闘病を続ける彼女の文章は、波瀾万丈だった彼女の人生とは裏腹に、とても穏やかで、日が当たって いるようだ。そして、不思議とあっけらかんとしている。病院の白い天井を眺めながら、うつらうつら と過去や現在を行ったり来たり。そんな日常の断片を切り貼りした、パズルのような文体。長い入院経 験のある人なら覚えがあるだろう。

 子供の頃、おまんじゅうのあんを「まん」と言っていたなと思い出せば、パンツをあげようとするだ けでゴムが痛いと現実に戻る。警察官だった父親は酒グセも女グセもひどかった、と過去の傷口を開け れば、将棋で勝ったら天ぷら、負けたらワカメうどんって決めていたと思い出し、ほくそ笑む。まさし く、病院のベッドの上で、浮かんでは消え、消えては浮かぶ情景を、彼女は綴り続けているのだ。

 中には、同性として、読み進めるのが切なくなってしまう告白もある。妊娠したのではないかと心配 になって、日本の病院へ行くのがイヤだからとロンドンの病院まで検査へ行っていたら、あの大騒動に なっていたこと。固定相続税の600万円を支払うためだけにヌードになったこと。若くして将棋界の“ スター”となった彼女に、少しばかりのずる賢さと世渡りのうまさがあれば、塩抜きのケチャップソー スを常備することもなく、今も元気に大好物のラーメンやいちごのショートケーキを好きなだけ食べ続 けていられたのかも。

 あの時、必要以上に彼女を追いかけ、マイクを突きつけていた大人たちは、今頃、定年を迎えた頃だ ろうか。今の彼女の姿を知り、何を感じるのだろう。突撃してみたいものだ。

文=山葵夕子
参照元:林葉直子の『遺言』! 不倫、ヘアヌード…波乱の46年に今思うこと
2014.3.13 ダヴィンチニュース

元女流棋士の林葉直子が起こした16年前の失踪騒動
2010年6月10日 (木) 将棋棋士田丸昇の「と金 横歩き」

16年前の1994年6月10日。元女流棋士の林葉直子(当時・倉敷藤花のタイトル保持者)は前日の9日に 続いて、10日の公式戦も対局場に現れず不戦敗しました。この問題がメディアを巻き込む大きな騒動に 発展したのです。

じつは対局の10日ほど前、林葉は将棋連盟のK理事に「休養願い」と題する封書を手渡しました。同じ 理事の私はK理事に相談されて開封すると、「私は心身ともに疲労を感じて極限状態です。つきまして は、すべての活動を停止し、しばらく休養したいと思います。私の棋士の処遇については、すべて理事 会の決定に従います」という主旨でした。理事会ですぐに協議したところ、特例として受理することに なりました。ただし、すでに決定している対局の措置について、林葉と早急に話し合う必要があり、私 はその問題の担当を任されました。しかし林葉とは連絡がまったく取れませんでした。

10日には東京将棋記者会の会合があり、林葉の連続不戦敗について報告することになりました。私はB 級1組順位戦で対局中でしたが、30分ほど中座して記者会に出席しました。こんな体験は、棋士人生で もちろん初めてでした。

翌日の一般紙は林葉の不戦敗と休養願いを一斉に報じ、スポーツ紙には「林葉失踪?」という見出しが 大きく載りました。その後、ある医者との熱愛、インドの予言者・サイババへの傾倒、父親との確執、 茶番劇の説など、様々な情報が飛び交いました。私は連盟の広報担当理事として、テレビ・新聞・週刊 誌などの取材に応じましたが、私自身が事情を何も知らなかったので応対にほとほと困りました。林葉 の休養願いには「定期的に理事会に連絡します」と書いてありましたが、実際はほとんど音信不通でし た。

やがて、林葉がイギリスに渡航したことが判明し、7月中旬に極秘帰国しました。そして将棋会館で記 者会見が開かれ、200人もの報道陣が集まりました。写真は、翌日の新聞記事で、林葉の横にいる青い スーツ姿が田丸です。林葉は会見で「こんな大騒ぎになるとは思わなかった」「ストレスがたまってい た」「将棋を世界に広めたかった」などと釈明しました。しかしメディアには不評で、「甘えるな」と いう厳しい論調となりました。

94年6月に23歳の羽生善治新名人が誕生しました。ただ当時のメディアの関心はもっぱら林葉に向けら れ、報道合戦はかなり過熱していました。小説も書く美貌の女流棋士が対局を不戦敗してまで海外に失 踪した話は、とてもミステリアスで絶好のネタだったのでしょう。その林葉は連盟から3ヵ月出場停止 の処分を受け、94年秋に公式戦に復帰しました。じつは、そこまでが「林葉劇場」前編で、後編は次の ように展開しました。

95年に連盟に退会届を提出して受理される。ヌード写真集を出版。98年に週刊誌の報道で年上男性との 不倫が発覚。美容整形で話題に。東京・六本木にカレー料理店を出す。経済的に破綻して自己破産。

最近、林葉の将棋界復帰の話が流れています。女子テニスの伊達選手のようにプロに戻るのは無理です が、オープン棋戦には出場できます。林葉の対局姿と往年の強さを見たいと思っているファンは今でも 多いでしょう。

次回は、東西棋士のテニス対抗戦。
参照元:元女流棋士の林葉直子が起こした16年前の失踪騒動
2010年6月10日 (木) 将棋棋士田丸昇の「と金 横歩き」

肝硬変で闘病中の林葉直子、「ステージ4だったのが、まだ元気に生きてます」
2017.1.26 14:07 iZa (産経デジタル)

元女流棋士でタレントの林葉直子(49)が25日、今年初めてブログを更新。2014年2月に重度のアルコール性肝硬変であることを告白していたが、「肝硬変でステージ4だったのが、まだ元気に生きてます。おホホホ」とつづった。

 24日に誕生日を迎えたことに、「なんとかむかえられましたっ」と胸をなで下ろした。「それにしても世の中のニュースが凄すぎる。ピコ太郎さんのが流行って」と昨年ブレークした、謎の中年歌手の出現に驚いた様子。「平和な世の中で済めばよかったのにトランプさんが世の中滅茶苦茶にしそうで怖いっ、アメリカの大統領なんだからペラペラしゃべるよりちょっと考えて世の中を大きくみなきゃ、だめじゃないっ」と米国の新大統領に苦言を呈した。

 「将棋おしえてあげたいたわよっ。五手先ぐらい読まなきゃねぇ なんかテレビみてると、すぐカッとするおじさんみたいだけど」と将棋のススメを説いていた。
参照元:肝硬変で闘病中の林葉直子、「ステージ4だったのが、まだ元気に生きてます」
2017.1.26 14:07 iZa (産経デジタル)









スポンサーリンク


スポンサーリンク

「日本会議の研究」 発禁処分とファシズムの台頭

昨年、『日本を動かしているのは宗教家である – 水の国、日本の真実 -』の中で紹介した「日本会議の研究」菅野完著 (扶桑社新書212)が書籍に登場する「生長の家」幹部の男性により、名誉を傷つけられたとして出版差し止めを求める仮処分を申し立てた件で、東京地裁は1月6日、出版差し止めを命じる判決をしたようである。

日本を動かしているのは宗教家である – 水の国、日本の真実 –




この決定を受けて、ネット言論界で、言論弾圧のファシズム社会が到来したとして大騒ぎが起きている。


ベストセラーに出版差し止め命令 新書「日本会議の研究」
2017/1/6 19:22 日本経済新聞

ベストセラーの新書「日本会議の研究」によって名誉を傷つけられたとして、書籍に登場する男性が、出版元の扶桑社に出版差し止めを求めて申し立てた仮処分で、東京地裁(関述之裁判長)は6日、真実でない部分があり損害も著しいとして、差し止めを命じる決定をした。

 裁判所がベストセラーの出版を差し止めるのは異例。

 日本会議の研究は昨年出版。保守系団体の日本会議と特定の宗教団体の関係を探り、安倍政権による改憲に向けた動きを批判する内容で、各書店でベストセラーランキングの上位に入った。〔共同〕


昨年この著が発売された直後に私はこの書の内容の重要性に気づき、いち早く読者の方に、ジョーティッシュによる解釈を加えて紹介したが、世間ではようやくこの本の危険なまでの真実性に気付いたようである。

この本は現在の体制側に都合の悪い真実が、ありのままに暴露されており、発売禁止処分にしなければならない程、生々しい真実がそこには書かれていたことをこの判決は逆説的に物語っている。


まだ読んでいない方はこの書を読んでみて頂きたいと思うのである。





但し、『日本を動かしているのは宗教家である – 水の国、日本の真実 -』の中でもある程度、内容を要約して紹介しているので、取りあえず、まだ読んでいない方はこの記事を読んで頂きたい。

何故、このようにファシズム(国家社会主義)が台頭しているかと言うと、まず、一つの理由としては、昨年2016年6月27日13時頃に牡羊座に天王星が入室したことが原因である。

天王星が入室した直後に英国独立党の党首ナイジェル・ファラージ氏の発言や勢力が拡大し、英国は国民投票で、EUから離脱した。

これが最初のファシズム的な動きの始まりである。


その後、米国でドナルド・トランプが台頭してきたが、韓国、中国、北朝鮮、そして、イスラム国からフィピン、ロシア、フランスに至るまで、世界中の政権が右傾化し、日本でも安倍政権が誕生し、安倍政権内に政策を箴言する日本会議(生長の家を主体とした神道系宗教グループ)が存在感を示しているのである。

日本会議の最終目標は戦後に米国に押し付けられた日本国憲法を戦前の明治憲法に戻すことである。


ドナルド・トランプの選挙集会で英国独立党のナイジェル・ファラージ氏が演説し、基本的にドナルド・トランプの政策は英国のEUからの離脱と同一の動きであり、支持すると表明した。


天王星の公転周期は84年であり、1つの星座をおよそ7年かけて運行する。

前回、牡羊座を運行したのは1930年代で、イタリアでムッソリーニを指導者とするファシズムが台頭し、ドイツで、ヒトラーを指導者とするナチスが台頭した。

日本でも2.26事件などが起こって、北一輝の思想を元に軍部の青年将校によって天皇を中心とする国家社会主義を求める動きが生じたのである。


それと同じことが今、天王星が牡羊座に移動した後に起こっていると考えられる。



まず、基本的な知識として、何故、牡羊座がファシズム(国家社会主義)なのかと言えば、まず蟹座から見て行為(10室)の星座だからである。


ヒトラーの出生図では、牡羊座7室に惑星集中し、蟹座10室に土星が在住している。

7室は10室(行為)から10室目で、10室の本質のハウスである。

つまり、ヒトラーにとって、蟹座と牡羊座は行為のハウスである。



蟹座は個人主義的で、基本的に家(国家)の中にいる家族の安全のことしか考えない。

従って、家の外にいる人々に対して、排他的であり、非寛容なのである。



1月20日に大統領に就任したドナルドトランプがテロ対策としてイスラム教徒が多数を占める7カ国の人の入国を禁止する大統領令に署名して、国内でその政策に反発するデモが起こって大変な騒動になっている。


これはドナルド・トランプの10室支配の金星が蟹座12室に在住しているからである。


彼の行動パターンは基本的に蟹座の行動パターンなのである。

従って、保守的で、排外的であり、米国人の雇用の拡大のことしか全く考えてはいない。

日本のトヨタが米国人の雇用を生み出していないと言って批判したり、彼は国内の労働者の雇用の拡大しか考えていない。

然し、米国内で雇用がない労働者にとっては、ドナルド・トランプの政策は頼もしい限りなのである。

従って、労働者階級を中心とした米国市民からは熱狂的な支持を受けてもいる。


ドナルド・トランプに反発しているのは、一部のハリウッド・セレブやメディアや金融関係者、知識人階級など既得権益を持つ人々である。

これらの人々は米国社会を代表する左翼リベラルであるが、既得権益を握ったまま米国の労働者階級や貧困層との格差の拡大を推進して来て、全く同国人たちの窮状の面倒を見てこなかった人々である。


まず、こうした蟹座の価値観や行動原理が、ファシズムの行動原理なのであるが、蟹座から見た10室である牡羊座もファシズムの行動原理なのである。

従って、ファシズムを考える場合、蟹座と牡羊座という2つの星座がメインプレイヤーである。



その基礎知識を押さえて頂いた上で、現在、天王星が牡羊座に入室したことと別の原因として、1月26日から土星が射手座に入室して、乙女座に木星と土星のダブルトランジットが起きているのである。


これがファシズムの本格的台頭と「日本会議の研究」 発禁処分の理由である。



ドナルド・トランプが入国禁止の大統領令に署名したのが、1月27日であり、ちょうど土星が射手座に入室した直後である。

従って、このよりファシズム的な排外主義が深化した入国禁止政策は、乙女座にダブルトランジットが生じた結果なのである。


何故、乙女座にダブルトランジットが生じると、ファシズムが台頭するかと言えば、これは私がかねてから主張している6-8理論で考えれば理解することができる。


牡羊座にとって乙女座は6室目(被支配者)である。


従って、この被支配者(6室)の象意が顕現する時、支配者として牡羊座が台頭するのである。



これがファシズムが最高度に台頭してきた理由である。


日本においては「日本会議の研究」が発禁処分になるというファシズム社会に近い状況が起こっているのである。


戦時中、米国の洋書が発禁処分になったようなことと全く似たような状況が起こっているということである。



然し、今年の2月6日から乙女座を運行中の木星が逆行を開始し、6月9日まで逆行する。


従って、2月6日~6月9日までは水瓶座にダブルトランジットが生じるのである。



ファシズム的な動きに対抗して、左翼リベラル派が勢いを取り戻して、両者は激突すると考えられる。

この間、乙女座には依然としてダブルトランジットが生じているので、ファシズム的な国家社会主義的な動きは強いのである。

乙女座は水瓶座から見ると8室に該当する為、左翼リベラル(水瓶座)にとっては苦悩や行き詰まりが今の状況である。

左翼リベラルの手法では、社会を救済し、安定させることが出来なかったのであり、左翼リベラルを主張する世界のエスタブリッシュメントが全く手詰まりの状態になっている。


木星は6月9日以降、順行に転じるが、6月22日以降、土星が蠍座に逆行して、乙女座へのダブルトランジットは終了してしまう。


そして、9月13日からは木星が天秤座に移動してしまう。


従って、乙女座にダブルトランジットが生じるのは、6月22日までである。


おそらくファシズムの最も危険な兆候は6月22日まで続くが、2月6日から左翼リベラルも勢いづいて両者は激しく激突する。

但し、6室にダブルトランジットが形成される牡羊座(ファシズム)の方が、今は強いのである。

8室にダブルトランジットが形成される水瓶座(左翼リベラル)は中断、行き詰まり、苦悩を示している。


2月6日~6月9日まで水瓶座にダブルトランジットが生じるが、それは乙女座から見た6室である。

従って、牡羊座(ファシズム)の台頭で、支配や攻勢を受けた乙女座が、今度は反撃、攻撃(6室)に出るということかもしれない。

いずれにしても今年の6月22日までは、ファシズム(国家社会主義)的な動きが活性化するはずである。





(参考資料)



「日本会議は中身空っぽ」 異色の著述家・菅野完氏が解明
2016年6月6日 日刊ゲンダイ

安倍首相を筆頭に多数の閣僚が関連議連に名を連ねる保守系市民団体「日本会議」。この組織を徹底解明した新書「日本会議の研究」(扶桑社)が飛ぶように売れている。4月末の発売前から重版が決定。今は入手困難の状態が続く“騒ぎ”になっている。しかも、著者は学者でもジャーナリストでもない一介の元サラリーマンだった著述家の菅野完氏だ。

■日本会議は本来の右翼でも保守でもない

――1年ほど前まで会社勤めしながら、扶桑社のウェブサイトで連載したものを書籍化したそうですね。なぜ日本会議に関心を持ったのですか?

 いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる人たちが現れ、さらには7、8年前くらいから、「朝鮮人を殺せ」と叫ぶヘイトスピーチが各地で繰り広げられるようになりました。変な人たちだと思って調べていくと、彼らのネタ元がいわゆる「保守論壇誌」であることに気づき、そこから日本会議に行き当たった。私は自分のことを思想的に“かなり右寄り”だと思っていますが、彼らの言説はあまりに幼稚だし、レベルが低いと言わざるをえない。

――どの辺が幼稚だと。

 彼らは平気で資料を無視する。事実より「物語」を重要視する。「国家の誇り」が事実より大事だという。右翼の本来の役割は「国を国家から守る」ことだと思うのです。国とは“邦”であり“故郷”でもある。また、保守という視点で言えば「国家の暴走に掣肘を加える」ことも重要です。しかし、日本会議周辺の人々の意識には、“国家”しかない。その意味では彼らのよって立つところは、本来の右翼でも保守でも何でもない。

 しかも、「憲法改正」「夫婦別姓反対」「従軍慰安婦」など判で押したように同じような主張が目立つ。この異様ともいえるバラツキのなさは何なのかと、彼らの言動を観察しつつ、主張の“出典”を探したら、ほぼ例外なく「正論」「WiLL」「諸君!」などの保守論壇誌でした。寄稿している“識者”の多くが日本会議周辺の人たちでした。

――保守論壇誌を読み込むうちに違和感を覚えたそうですね。

 相撲解説者の舞の海秀平氏がなぜ憲法を語るのか。教育学者の高橋史朗・明星大教授がなぜGHQの占領政策の過去について論じているのか。門外漢の人たちがもっともらしく戦後の歴史や憲法を語る。これが日本会議の特徴です。

■会員は団塊の愛国オジサンと愛国オバサン

――日本会議の関連議連には与野党の国会議員280~300人が所属していると報じられています。

 日本会議本体の役員名簿には元最高裁長官、東大名誉教授、神社本庁統理など法曹界・学界の要職経験者が名を連ねています。多数の宗教団体も参画しているため、とてつもなく巨大な組織に見えますが、中身は空っぽです。

――具体的にはどんな点が。

日本会議が唱えている「改憲」「靖国参拝」「愛国教育」などは、非近代的で、思想的にも政治的にも目新しさがまったくありません。組織の中核を担っているのは70年安保の学生運動のときに左翼学生と戦った「右翼学生運動」のメンバーたちで、運動のモチベーションは突き詰めると「反左翼」「反戦後民主主義」に過ぎません。単に「壮大なる反対運動」に過ぎない。だから中身が空っぽなんです。

――ものすごい巨大組織というイメージがあります。どんな人たちが参加しているのですか?

 日本会議には約3万8000人の会員がいますが、その多くは「日教組の教師は追い出せ」と叫んでいるような団塊世代の愛国オジサンや愛国オバサンです。圧力団体としての日本会議は、労働組合や業界団体などのかつての圧力団体と比べて規模は小さく、財界に強力スポンサーがいるわけでもない。この1年で徹底的に資料を集めて調べましたが、日本会議の小ささ、弱さが目についたのが正直な感想です。

政治家には信条より確実な「票」が魅力

――そんな組織が明らかに政権に影響を与え、実際に安倍首相は改憲に向かって突き進もうとしています。どうしてそんなことが可能なのでしょう?

 事務局のマネジメント能力の高さが力の源泉なのだと思います。日本会議はこれまでに大規模な集会を何度も日本武道館で開催してきました。例えば去年11月に開催された「今こそ憲法改正を!1万人大会」などは事前に「1万人を集める」と公言し、言葉通りに参加者を動員し、きっちり1万人を集めています。単一の宗教団体のイベントで1万人という数は驚くに値しませんが、日本会議の事務局は霊友会、崇教真光、遺族会など異なる各種教団・団体から複雑な利害関係を調整して正確に参加者を動員する。政治家は改憲うんぬんといった日本会議の思想信条以前に、彼らの緻密な計数管理能力に魅力を感じているのでしょう。

――数は少なくとも選挙の「票」が読めるということですね。しかし、同様な“集票マシン”では、農協など多くの団体で高齢化による弱体化が指摘されます。何が違うのでしょう?

日本会議も高齢化しています。しかし利権維持や経済的な理由で団結する農協や医師会などと比べ、思想的な理由だけで団結しているので、不況などの世の中の動向に左右されないのが大きな強みなのでしょう。

――しかも、市民運動の手法を取り入れている。

 事務局を取り仕切るのは新興宗教「生長の家」にルーツを持つ民族派学生運動が発展してできた組織です。70年代に入り左翼学生運動が停滞し始めると、民族派学生たちはリベラル陣営の運動手法を模倣しながら取り入れました。署名活動や講演会活動といった「草の根」の運動をコツコツと地道に続けた努力が、2000年代になって結実したといえます。

――生長の家の学生運動といえば、去年の安保法制審議で「集団的自衛権は合憲」と主張した憲法学者の百地章・日大教授や、安倍首相の“右翼思想の師匠”と呼ばれる衛藤晟一・首相補佐官も出身者だと指摘されていますね。

百地、衛藤の2氏および、明星大の高橋史朗教授などは、日本会議事務総長である椛島有三氏が率いる「日本青年協議会」という生長の家学生運動にルーツを持つ右翼団体の幹部です。メディアは彼らを安倍首相のブレーンとして紹介することがありますが、来歴にまで踏み込んでおきながら、なぜか「生長の家学生運動」には言及しない。

■弱小派閥と弱小学生運動組織が結束

――安倍首相と日本会議がシンクロするのは、幼稚な思考回路が同じだからでしょうか?

 思想信条というよりも、双方の置かれた特殊な事情が結びつきを強めているのだと思います。安倍首相の出身派閥である清和会は、自民党主流派だった木曜クラブや宏池会などと比べ、利権も票田も少なく、生き残るために宗教組織と結びつくしかなかった。その弱小派閥に、弱小学生運動組織が結びついたのが、今の安倍政権とも言えます。

――弱い立場の者同士がくっついた感じですね。

 はい。しかも安倍首相は閣僚経験がほとんどないまま異例の出世を遂げました。党内基盤が脆弱だった首相にとっては、規模が小さくても堅固な日本会議は頼れる組織だったのでしょう。そしてこの「弱者連合」は、今、ついに「改憲」という結実を迎えようとしています

――ところで、大手メディアでさえほとんど触れようとしてこなかった組織に正面から斬り込んだことで、嫌がらせなどはありませんでしたか?

 出版元の扶桑社には「日本会議事務総長・椛島有三」名義で、出版の差し止めを求める申し入れ書が届きました。個人的にもウェブ連載中は何度か嫌な思いはありましたが、出版後はピタッとやみました。

(聞き手=本紙・岩瀬耕太郎)

▽すがの・たもつ 1974年、奈良県生まれ。一般企業のサラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を開始。退職後の2015年から主に政治分野の記事を雑誌やオンラインメディアに提供する活動を本格化させる。扶桑社ウェブ系メディア「ハーバー・ビジネス・オンライン」の連載「草の根保守の蠢動」が大反響を呼び、今回書籍化された。
参照元:「日本会議は中身空っぽ」 異色の著述家・菅野完氏が解明
2016年6月6日 日刊ゲンダイ

あの『日本会議の研究』が出版差し止めに! 過去の判例無視、「表現の自由」を侵す裁判所の不当決定の裏に何が?
2017.01.10 LITERA 本と雑誌の知を再発見

日本を戦前に戻すかのような歴史修正主義と憲法改正の草の根運動を展開、安倍政権にも大きな影響を与えている極右組織・日本会議。その存在を広く世に知らしめるきっかけとなったのは、菅野完氏の著書『日本会議の研究』(扶桑社)だった。同書は昨年春の発売直後から各方面で高い評価を受け、こうしたジャンルでは異例ともいえる約15万部のベストセラーとなった。

 ところが、この高い評価を受けている日本会議批判本が、なんと“出版禁止”になってしまった。同書をめぐっては、宗教法人「生長の家」の元幹部である安東巖氏が同書の記述が名誉毀損に当たるとして出版差し止めの仮処分を申し立てていたのだが、6日、東京地裁が安東氏の申し立てを認めるかたちで、出版差し止めの仮処分命令を出したのだ。

 たしかに同書は、日本会議のルーツとして、70年安保当時、右派学生運動を担った元生長の家の信者たちに着目。資料や証言をもとに、彼らがどう右翼運動に関与し、それを日本会議に発展させていったかを詳細に記述していた。たとえば、現・日本会議事務総長である椛島有三氏や、「安倍首相のブレーン」といわれる伊藤哲夫・日本政策研究センター所長なども、同書によって、元生長の家信者だったことが明かされている。

 こうした人物たちは、過去をほじくりかえされるのが、よほど嫌だったのだろう。同書の発売前には、その椛島日本会議事務総長名義で、版元の扶桑社に出版差し止めを要求する文書が送られるという“圧力事件”が起きていた。

 そして、同書が椛島氏や伊藤氏と並んで、元生長の家人脈を束ねる「リーダー格」とし、最終章でその実像に迫ろうとしたのが、今回の差し止め仮処分の申立人(債権者)である安東氏だった。

 そういう意味では、元生長の家幹部である安東氏が申し立てをしたこと自体は不思議ではない。しかし、問題は、裁判所の判断だ。

 裁判で安東氏側は、『日本会議の研究』の記述の6箇所について真実ではないと主張した。裁判所はそのうち5箇所については訴えを退けたが、1箇所については真実ではない蓋然性があるとして、関述之裁判長は「販売を継続することで男性は回復困難な損害を被る。問題の部分を削除しない限り販売してはならない」としたのだ。

 はっきり言って、ありえない決定だろう。たかが一箇所、真実性が証明できない記述があるだけで、出版物の販売を差し止めるとするのは、憲法で保障された表現・報道の自由および読者の「知る権利」を著しく損ねるもので、あきらかに行き過ぎである。

 過去の事例を見ると、たとえば2007年には、田中真紀子(当時・衆議院議員)の長女が、自身の離婚について報じた「週刊文春」(文藝春秋)の記事がプライバシー権を侵害するとして申し立て、地裁が同誌出版前に差し止めの仮処分決定を出したことがあった。この決定には、日本雑誌協会、出版労連、日本ペンクラブが抗議声明を出すとともに、言論界からリベラル派、保守派を問わず大きな批判の声があがり、文藝春秋が抗告した高裁は「記事はプライバシー侵害だが、事前差し止めを認めなければならないほど重大な損害を与える恐れがあるとは言えない」として決定を取り消している。

 最近では、百田尚樹氏の『殉愛』の記述をめぐって故・やしきたかじんの娘が起こした名誉毀損裁判も記憶に新しい。この裁判では、長女が発行元の幻冬舎に出版差し止めを求めたが、東京地裁は4件でプライバシー侵害と名誉毀損を認めたものの、差し止めに関しては「頒布することで原告が被る不利益は大きいが、事後に回復するのが著しく困難と認められない」として棄却している。つまり、百田氏による記述のデタラメさこそ認定したが、それでも出版差し止めという表現の自由の剥奪には至らぬと配慮したのだ。

 出版物の差し止めが、このように通常よりかなりハードルが高く設定されているのは、もちろん、その濫用が近代民主主義の根幹である表現の自由を侵す可能性があるからだ。損害賠償や訂正・おわびの掲載などと違って、出版物の頒布・販売を禁止するというのは、下手をしたら国家による「検閲行為」につながりかねない。

 そういう意味では、今回の『日本会議の研究』についてただ一箇所の記述のみで差し止めを決定したことのほうがむしろ、異常事態なのだ。

 事実、同書には、これまでの裁判所の基準で出版差し止めにあたるような要素はまったくない。出版差し止めの判例としては1986年の「北方ジャーナル事件」が知られ、「もっぱら公益を図る目的でないことが明白であること」と「被害者が重大にして著しく回復困難な被害を被るおそれがあること」が、その後の差し止め判決でも大きな基準とされてきた。『日本会議の研究』のケースでは、第一に、安倍首相をはじめとする現役政治家の多くが日本会議の議連に参加し、関連集会などに出席していることから、同書の公益性は自明である。また、日本会議の源流を探るうえで、個々人の政治活動家について言及することもまた、公益を図るものとして当然、認められるべきものだ。

 差し止めの対象となった記述も、「え、これで?」というようなものだ。東京地裁が問題にしたのは、同書が1970年代、生長の家青年会の機関紙の部数を拡大する「『理想世界』100万部運動」によって、青年会学生らが消費者金融に手を出してまで購入することを余儀なくされ、「結果、自殺者も出たという。しかし、そんなことは安東には馬耳東風であった」(同書より)と記述した部分。これが、安東氏は冷酷に運動を続けたという意味に解釈でき、それによって社会的評価が低下し、重大かつ著しく回復困難な損害を被ると判断したというのだ。

 こんなレベルの記述で、出版差し止めが濫発されるなら、週刊誌や夕刊紙はすべて出版再し止めになってしまうだろう。もちろん、政治家のスキャンダル報道などまったくできなくなり、あたりさわりのない「取材」を許可され、言い分を垂れ流してくれる“御用ジャーナリスト”以外は筆を折らねばならなくなる。いや、それどころではない。こんな裁判官はおかしい、言論弾圧に加担している、独裁政権を走狗と化している、なんていう表現までできなくなり、公権力に対する一切の批判が封殺されてしまう可能性さえある。その状況で一番の不利益を被るのは誰か。いうまでもなく、情報を受け取れなくなるこの国のすべての生活者だ。

 今回、東京地裁の関述之裁判長らはなぜこんなトンデモな決定を出してしまったのか。

 関裁判長は2014年、グーグルで自分の名前の検索結果が表示されるのがプライバシー侵害だとして検索結果の削除を求めた仮処分申し立てで、検索結果の一部削除を命じたことがあり、「表現の自由」に対する意識が低かったというのはあるかもしれない。

 しかし、もうひとつ気になるのが、差し止めになったのが日本会議をテーマにした本であるという事実だ。いうまでもなく、日本会議は安倍政権を熱烈に支持し、安倍首相の悲願である憲法改正などで二人三脚の関係にある。実際、15年秋には、日本会議が実質的に取り仕切る改憲団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の武道館集会に、閣僚を含む大勢の政治家が出席。安倍首相もビデオメッセージで「憲法改正に向けて渡っていく橋は整備された」と意気込みを語り、会場から大喝采を受けていた。

 そういう意味では、今回の差し止め決定は、安倍政権が批判的なメディアに対して陰に陽に強い圧力をかけているここ数年の状況と重なるものがある。もしかすると、司法もまた、安倍政権のメディアへの強行姿勢を忖度し、これまで自制的だった出版差し止めにまで踏み込んできたのではないか。そういう懸念が頭をもたげてくる。

 いずれにしても、今回の判決が司法の暴挙、言論弾圧であることは明白だ。前述した「文春」の田中真紀子長女記事出版差し止め事件の際には、リベラルなジャーナリストや言論人はもちろん、あの櫻井よしこ氏など、右派からも激しい司法批判が飛び出した。

 本来なら、今回の件でも、言論の自由と読者の知る権利を守るために、徹底的に裁判所の決定を批判する大キャンペーンが展開されるべきだが、はたしていまのマスコミ、言論人にそんな意識や気概が残っているのだろうか。

(編集部)
参照元:あの『日本会議の研究』が出版差し止めに! 過去の判例無視、「表現の自由」を侵す裁判所の不当決定の裏に何が?
2017.01.10 LITERA 本と雑誌の知を再発見

出版停止申し入れの『日本会議の研究』 異常ペースで売れた
2016.05.16 07:00 NEWSポストセブン

4月末に発売されたある新書が、ゴールデンウィーク直後、日本中の書店から姿を消した。紀伊國屋書店新宿本店の売り場担当者が語る。

「本当に異常なスピードで売れて、連休が終わったタイミングで品切れとなりました。全国ほぼすべての店舗が同じ状態だったそうです。ネット上では中古品には3~4倍の値段がついているらしく、在庫補充後も転売しようと買い占め客が殺到したため『1人1冊まで』という表示を今も出しています」

 その異例のベストセラーが、『日本会議の研究』(扶桑社新書)である。

 テーマとして取り上げられた「日本会議」は1997年に設立された団体で、公式ホームページでは、〈私たちは、美しい日本の再建と誇りある国づくりのために、政策提言と国民運動を推進する民間団体です〉としている。安倍政権との密接な関わりが指摘されており、近年は政界関係者を中心に注目を集める存在となっていた。

 とはいえ、今回の研究本の著者である著述家・菅野完(すがのたもつ)氏の知名度も高くはなく、同書の初版は8000部に過ぎなかった。売れ出したのは著者の菅野氏が発売直後に「日本会議側が出版停止を求めてきた」と公表してからだ。

 自身のツイッターで、〈なぜ出版直後の本に文句をつけられなきゃいけないのか〉〈かかる言論弾圧に対し抗議します!〉などと発信。それが大きな話題となり、売り切れ続出の事態に発展した。

 出版元の扶桑社は本誌の取材に「日本会議の椛島有三事務局長から、弊社社長宛に個人的に出版停止の申し入れがあったことは事実です」(第二編集局局長・渡部超氏)と答え、騒動は収束する気配がない。

※週刊ポスト2016年5月27日号
参照元:出版停止申し入れの『日本会議の研究』 異常ペースで売れた
2016.05.16 07:00 NEWSポストセブン

政権に近い保守団体が出版停止を要求 話題の本「日本会議の研究」
BuzzFeed Japan 2016/5/4(水) 19:13配信

日本会議とは

4月28日、出版社「扶桑社」にFAXで申入書が届いた。差出人は「日本会議事務総長 椛島有三」。扶桑社から出たばかりの菅野完さん著『日本会議の研究』の出版停止を求めるものだった。【BuzzFeed News / 石戸諭】

本は、菅野さんによるウェブ上の連載をまとめたもの。日本会議のルーツや歴史、彼らが展開してきた保守系の市民運動について取材、検証している。連載時にはなかった抗議が、なぜか出版直後に送られた。

日本会議による申入書の趣旨はこうだ。

この本では、日本会議について裏付けの取れない証言を並べ、活動を貶める目的で編集されており、団体・個人の名誉を傷つける。「日本会議が、宗教的背景を持つ特定の人物」に束ねられているという結論部分に対し、特に強く反応しており「全く事実に反している」と主張。直ちに出版停止するよう求めている。

1冊の研究本に対し、即座に出版停止を求めた「日本会議」は民間の保守派団体だ。彼らのホームページによると、「全国に草の根ネットワークをもつ国民運動団体」であり、「日本会議は、美しい日本を守り伝えるため、『誇りある国づくりを』を合言葉に、提言し行動します」とある。

すみやかな憲法改正、日本会議の女性組織による夫婦別姓反対の集い…。活動方針や彼らが進める国民運動は、ホームページに公開されている。

日本会議が注目を集めるのは、政権と近い関係にある点だ。朝日新聞によると「超党派による『日本会議国会議員懇談会』」のメンバーに、2015年9月時点で、安倍晋三首相を筆頭に、閣僚、自民党役員らが名を連ねている。

日本会議「出版停止を求めたのは事実」

抗議は、申入書だけにとどまらない。

申入書とは別に『日本会議の研究』に登場する人物から、代理人を通じて出版差し止めを求める法的文書が扶桑社に送られているという。BuzzFeed Newsの取材に対し、複数の関係者が認めた。

なぜ、日本会議はここまで抗議をするのか。

「出版停止を求めているのは事実だが、これ以上詳しいことはコメントはできない。見解は後日、明らかにする」

日本会議の担当者は、BuzzFeed Newsにこう話した。

BuzzFeed Newsは出版側にも話を聞いた。

扶桑社は「係争関係にあり、コメントできない」。菅野さんは「1年間かけて取材と資料を読み込んだ結果を、世に問うたまでだ」とコメントした。
参照元:政権に近い保守団体が出版停止を要求 話題の本「日本会議の研究」
BuzzFeed Japan 2016/5/4(水) 19:13配信

日本会議産みの親「生長の家」が安倍政権と日本会議の右翼路線を徹底批判!「日本会議の元信者たちは原理主義」
2016.06.10 LITERA 本と雑誌の知を再発見

〈来る7月の参議院選挙を目前に控え、当教団は、安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思を表明するために、「与党とその候補者を支持しない」ことを6月8日、本部の方針として決定し、全国の会員・信徒に周知することにしました。〉

 宗教法人「生長の家」が、昨日6月9日、ホームページにてこんな書き出しで始まる声明文を公開。安倍政治に真っ向から反対を宣言した。

 生長の家は1930年に故・谷口雅春氏によって設立された宗教団体で、49年に法人化。当時は皇国史観や国粋主義的思想のもと「明治憲法復元」や反共を掲げ、政治家と結びついて積極的に政治活動を行っていた。

 また、現在、安倍政権と一体化して、改憲を推し進めている極右団体「日本会議」も元生長の家の信者が中心になっている。その生長の家が、この声明文では、安倍首相の政治姿勢に対する明確なNOを突きつけているのだ。

〈その理由は、安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきたからです。〉

〈安倍政権は、旧態依然たる経済発展至上主義を掲げるだけでなく、一内閣による憲法解釈の変更で「集団的自衛権」を行使できるとする“解釈改憲”を強行し、国会での優勢を利用して11本の安全保障関連法案を一気に可決しました。これは、同政権の古い歴史認識に鑑みて、中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し、平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます。また、同政権は、民主政治が機能不全に陥った時代の日本社会を美化するような主張を行い、真実の報道によって政治をチェックすべき報道機関に対しては、政権に有利な方向に圧力を加える一方で、教科書の選定に深く介入するなど、国民の世論形成や青少年の思想形成にじわじわと影響力を及ぼしつつあります。〉(声明文より)

 見ての通り、生長の家は、安保法の強行による民主主義と立憲主義の破壊だけでなく、原発再稼働や歴史修正主義、さらにメディアへの圧力行為まで、かなり全般的に安倍政権の政策を批判しているが、同教団がこれほどまでにはっきりと現政権との距離を明確にするのは、安倍首相と二人三脚でその極右的政策の数々を支援している「日本会議」の存在がある。

 日本会議は、1997年に宗教右派が結集した「日本を守る会」と、「日本を守る国民会議」という二つの団体が合流して結成された国内最大の保守系団体。著述家・菅野完氏の労作『日本会議の研究』(扶桑社)に詳しいが、日本会議の事実上の事務方である右翼団体「日本青年協議会」は、かつての全共闘時代に民族派学生運動を牽引した生長の家関係者が組織したものだ。とりわけ、日青協会長の椛島有三氏は、現在日本会議の事務総長を務め、その前身から運動のオーガナイズに寄与してきたという。こうした同書が指摘する生長の家OBと安倍政権との関係について、声明文ではこのように書かれている。

〈最近、安倍政権を陰で支える右翼組織の実態を追求する『日本会議の研究』(菅野完、扶桑社刊)という書籍が出版され、大きな反響を呼んでいます。同書によると、安倍政権の背後には「日本会議」という元生長の家信者たちが深く関与する政治組織があり、現在の閣僚の8割が日本会議国会議員懇談会に所属しているといいます。これが真実であれば、創価学会を母体とする公明党以上に、同会議は安倍首相の政権運営に強大な影響を及ぼしている可能性があります。事実、同会議の主張と目的は、憲法改正をはじめとする安倍政権の右傾路線とほとんど変わらないことが、同書では浮き彫りにされています。〉(声明文より)

 また、生長の家は60年代半ばには「生長の家政治連合」(生政連)を結成し、運動だけでなく、「参院のドン」と呼ばれた村上正邦氏らを通じて政界に影響力を及ぼしていた。しかし、生長の家内では、こうした政治偏重の一部信者らの姿勢に反発する動きも現れ、生政連は83年に活動停止。生長の家自体も同時期に政治活動から撤退し、近年では、環境問題への取り組みなどにシフトしている。そうした現教団から見て、日本会議と安倍政権の行いは「誠に慚愧に耐えない」ものだという。

〈当教団では、元生長の家信者たちが、冷戦後の現代でも、冷戦時代に創始者によって説かれ、すでに歴史的役割を終わった主張に固執して、同書(『日本会議の研究』)にあるような隠密的活動をおこなっていることに対し、誠に慚愧に耐えない思いを抱くものです。先に述べたとおり、日本会議の主張する政治路線は、生長の家の現在の信念と方法とはまったく異質のものであり、はっきり言えば時代錯誤的です。彼らの主張は、「宗教運動は時代の制約下にある」という事実を頑強に認めず、古い政治論を金科玉条とした狭隘なイデオロギーに陥っています。宗教的な観点から言えば“原理主義”と呼ぶべきものです。私たちは、この“原理主義”が世界の宗教の中でテロや戦争を引き起こしてきたという事実を重く捉え、彼らの主張が現政権に強い影響を与えているとの同書の訴えを知り、遺憾の想いと強い危惧を感じるものです。〉(声明文より)

“テロや戦争を引き起こす「原理主義」”というのは強烈な批判だが、これは、椛島氏ら一部OBへの決別宣言であると同時に、その影響を受けて戦前回帰的傾向を強める安倍政権への明確な拒絶に他ならない。声明文の最後はこのように締めくくられている。

〈私たちは今回、わが国の総理大臣が、本教団の元信者の誤った政治理念と時代認識に強く影響されていることを知り、彼らを説得できなかった責任を感じるとともに、日本を再び間違った道へ進ませないために、安倍政権の政治姿勢に対して明確に「反対」の意思を表明します。この目的のため、本教団は今夏の参院選においては「与党とその候補者を支持しない」との決定を行い、ここに会員・信徒への指針として周知を訴えるものです。合掌。〉

 日本会議と安倍政権の関係者たちにこの言葉が響くとは思わないが、有権者には、彼らを生み出した当の宗教団体ですら、その右翼路線に危惧を抱いていることをぜひ認識しておいてもらいたい。

(編集部)
参照元:日本会議産みの親「生長の家」が安倍政権と日本会議の右翼路線を徹底批判!「日本会議の元信者たちは原理主義」
2016.06.10 LITERA 本と雑誌の知を再発見

話題書『日本会議の研究』に関係者激怒「トンデモ本ですよ」
2016.05.27 07:00 NEWSポストセブン

決して知名度が高いとはいえない著者が、あまり広く知られていない団体を取り扱った本が大ベストセラーになっている。『日本会議の研究』(扶桑社新書)──。“研究対象”となった日本会議は安倍政権と密接な関係が指摘される一方、その規模や資金力、目的などの全貌は謎に包まれている団体だ。そこで、渦中の日本会議の幹部・関係者に直接、「日本会議とは何か」を聞いた。

「日本会議に関することは何をお話ししても誤解されることが多いので、取材はお受けしないことにしています」

 元最高裁長官で、14年間にわたって日本会議会長を務めていた三好達・名誉会長は、そういって電話を切った。三好氏が長くトップを務めてきた日本会議を取り上げて話題なのが、著述家・菅野完氏の著書『日本会議の研究』だ。

 本誌前号では、同書が指摘する、日本会議と安倍政権の密接なつながりなどについて紹介した。日本会議は会員数約3万8000人の保守系民間団体だが、連携する超党派議連「日本会議国会議員懇談会」には安倍首相を筆頭に、麻生太郎・副総理兼財務相や菅義偉・官房長官、高市早苗・総務相ら閣僚20人のうち実に半数の10人が名を連ねる。

 政策面でも、日本会議の主張や活動と、安倍政権の動きは奇妙な符合を見せている。例えば昨年、菅官房長官が「集団的自衛権の行使を合憲とする憲法学者はいくらでもいる」として名前を挙げた百地章・日本大学教授、西修・駒澤大学名誉教授、長尾一紘・中央大学名誉教授の3人は、いずれも日本会議が活動を後押しする「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(以下、つくる国民の会)の役員を務める人物だった。

 そうした点を指摘した『日本会議の研究』に対し、日本会議側が「(自分たちの)活動を貶める悪質な宣伝本」だとして出版元の扶桑社へ出版停止を求める文書を送付する騒動になっている。

 一体、どの記述が問題なのか。そもそも、日本会議とは、どのような組織なのか。前述の「つくる国民の会」の幹事長である百地教授は、本誌記者が『日本会議の研究』の中では……」と質問を切り出すと、開口一番、怒りを露わにした。

「あんなものはトンデモ本ですよ。許せないのは、匿名証言だけを積み上げて話を捏造していることです。『つくる国民の会』も日本会議のフロント団体と書いているが、完全に別組織ですからね。不愉快すぎて、あの本については話したくない。何をいってもあの著者の利益になるだけですから」

「つくる国民の会」の代表発起人の西名誉教授も、別団体であることを強調する。

「私は日本会議のメンバーではなく、あくまで『つくる国民の会』に所属しています。ですから、日本会議がどういう意思決定をしているのか知りません。私は安倍内閣側の学者といわれることもありますが、集団的自衛権の行使は合憲であるという憲法解釈は、30年以上前から一貫して主張していることで、安倍首相に迎合したわけではない」

 3人の憲法学者のもう1人、長尾名誉教授は、「最近は日本会議の活動から遠ざかっており、特に何かしているというわけではありません。『つくる国民の会』も名前を連ねている程度。取材に答えるには適任ではありません」とするのみ。

「つくる国民の会」は、憲法改正に賛同する1000万人の署名を集めようと活動している団体だが、共同代表に前出の三好氏が名を連ねるなど、日本会議と複数の役員が重複する。また、日本会議の公式HPでは「日本会議の行動の記録」と題されたページの中に、「つくる国民の会」のイベントが掲載されている。にもかかわらずなぜ「別組織」を強調するのか。理由は見えてこない。

※週刊ポスト2016年6月3日号
参照元:話題書『日本会議の研究』に関係者激怒「トンデモ本ですよ」
2016.05.27 07:00 NEWSポストセブン






スポンサーリンク


スポンサーリンク