月別アーカイブ: 2017年1月

江角マキコの引退について-ウソが招いた災い-

江角マキコが23日付で芸能界を引退したと報じている。

私は以前、長嶋一茂邸への落書き事件があった時に江角マキコの出生図の検証を行い、ラグナを獅子座に設定していた。

この獅子座ラグナで今回の芸能界引退が説明できるかどうかである。


EsumiMakiko_chart

昨年2016年8月から木星が乙女座に入室し、土星が今年2017年1月26日から射手座に入室するが、江角マキコの芸能界引退の発表が1月23日付であった。

従って、土星が射手座に入室する直前である。


この場合は土星が射手座に入室することによって、今回の引退が生じたと考えることができる。


土星が射手座に入室すると、乙女座にアスペクトして、乙女座に既に入室している木星と乙女座にダブルトランジットを形成するが、この乙女座には4、9室支配の火星が在住している。


従って、4室と9室にダブルトランジットが生じている。

4室はプライベートであり、9室は10室から見た12室目であり、仕事を損失するハウスである。


また乙女座2室にもダブルトランジットが生じるが、この2室は両親や家族のハウスである。


自分の自営業や身内との関わりの中で過ごしていくことを意味している。



またチャンドララグナから見ると、火星は3、10室支配で8室に在住し、5、8室支配の水星と星座交換している。

月から見て火星と水星は8室と10室で星座交換している形である。


8室は中断、変化を意味し、10室は仕事を表しているため、8室と10室の星座交換は仕事の中断や変化を表すコンビネーションである。

この10室支配で8室に在住し、8室の支配星と星座交換する火星に対して、ダブルトランジットが形成されている。


従って、今、芸能界引退の発表となったのである。


1月23日時点で、土星は月から見て8室支配の水星に接合し、木星は月から見て8室をトランジットしている。


従って、月から見た8室と10室の両方にダブルトランジットが生じている。


そのため、仕事の中断なのである。



現在、ダシャーは水星/木星期である。


マハダシャーの水星は2、11室支配で4室に在住し、4、9室支配の火星と2-4室で星座交換している。


月から見ると、5、8室支配の水星が3、10室支配の火星と8-10室で星座交換している。


アンタルダシャーの木星は5、8室支配で12室に在住しており、子供(5室)の世話をプライベート(12室)で行うことを示している。


またマハダシャーの水星から見ると、2、5室支配の木星が9室で高揚しており、やはり、子供のことに取り組むことを表している。



従って、江角マキコが子育てに専念したいので引退するという話はもし獅子座ラグナで正しければ本当のようである。


但し、木星は月から見ると、2、11室支配で6室に在住しているので、批判者が現れて評価(11室)に傷(6室)が付く時期である。


木星のディスポジターである12室支配の月は6室、7室支配の土星と共に7室に在住しているので、7室に12室と6室が絡んでおり、夫婦関係も良くなさそうである。

但し、この6室と12室の絡みはヴィーパリータラージャヨーガであり、他の惑星が絡んでいないので、このヨーガが成立している。


不倫疑惑などが報じられ別居しながらも離婚しないのは、この配置があるためかもしれない。



江角マキコは水星/ラーフ期になってから不倫の疑いが生じ、夫であるフジテレビのディレクター・平野眞と別居している。


ラーフのディスポジターは火星であり、火星は月から見て8室に在住している。


また火星はラグナから見て4、9室支配で2室に在住し8室にアスペクトしている。


8室が強調されるタイミングは関係がこじれて三角関係になる時期である。


またナヴァムシャではラーフは月から見て8室に在住しており、ディスポジターは3、8室支配の金星である。



現在、水星/ラーフ期が終わって、水星/木星期に移行しているため、江角マキコは子育てに専念する時期である。



そして、次は水星/土星期であるが、水星/土星期はこじれてしまった夫婦関係と向き合う時期かもしれない。


土星は6室の支配星であるが、7室に在住しているので、根本的には7室で安定しているのである。


決して6室に在住する惑星のように直ぐに離婚する訳ではない。



その後、江角マキコは2021年9月からマハダシャーケートゥ期に移行するが、ケートゥは3室に在住しており、ケートゥのディスポジターは金星でラグナロードと共に5室に在住している。


またダシャムシャではケートゥのディスポジターである金星は月から見て10室に在住している。


従って、マハダシャーケートゥ期から芸能界に復帰するかもしれない。




江角マキコはたびたびウソをついていると批判を受けているが、江角マキコの過去の発言や会見を読んでも正直に話したとは思えない内容が多い。


実際、ラグナから見た2室に火星が在住し、ラグナから見た2室支配の水星に6室支配の土星がアスペクトしている配置が、話す言葉の中に虚偽をもたらしていると考えられる。


また江角マキコの芸能活動との縁は、3、10室支配の金星とラグナロードの5室での絡みがもたらしていると考えられる。



江角マキコの4、9室支配の火星は、ヨーガカラカではあるが生来的凶星であり、2室(スピーチ)に在住して、歯に衣着せぬ発言を表していると思われる。

この火星の象意が顕現する時に火星が月から見ると10室支配で8室に在住して、8室の支配星と星座交換しているのである。

従って、歯に衣着せぬ発言をすると同時に仕事の存続が危うくなるのである。


またその火星のディスポジターである2室支配の水星は6室支配の土星からアスペクトされており、真実を語らないことを表している。

このディスポジターである水星が持つ、火星や土星との絡みも、火星のダシャーが来た時に顕現するものと考えられる。



例えば、2014年8月に2012年12月当時、男性マネージャーに命じて、長嶋一茂の自宅に「バカ息子」と落書きをさせていたとの疑惑が週刊文春にて報じられている。

それに対して、江角マキコは釈明したのだが、「江角はウソをついている」と業界関係者から猛反発が出たのである。

2014年8月の彼女のダシャーは、水星/ラーフであり、ラーフのディスポジターは火星である。


従って、出生図上で示す火星のコンビネーションが顕現するタイミングである。


つまり、ウソをついたことが引き金となって、結局、業界内での信用を無くし仕事を失ったのである。


「江角はウソをついている」業界内から猛反発の声
2014年09月13日 07時30分 東スポWeb

 タレントの長嶋一茂(48)邸への“落書き事件”について釈明した女優・江角マキコ(47)に逆風が吹き荒れている。落書き行為は元マネジャーX氏による単独犯と江角は主張しているが、X氏をよく知る業界関係者からは「彼がそんなことをするはずがない!」の大合唱だ。

 X氏を知る業界関係者は一斉に猛反発した。

「20代後半のX氏は九州男児で、学生時代は生徒会長も務めていたそう。明るく仕事熱心で、たまに調子に乗るところはあるが、精神的におかしな部分は一切なかった。心療内科で治療していたなんて初耳。江角さんはうそをついている。デッチ上げだ!」

 ただ、事情を知る別の関係者によると「X氏は文春の取材に応じたことで騒動が報じられ、江角さんを“巻き込んでしまった”という負い目がある。江角さん側とは善後策を話し合ったようだし、今後も彼女の名前は出さないのでは」。


 長嶋家の被害届提出とX氏への聴取で騒動はついに事件化。所轄警察署は本紙の取材に「被害届は現時点で取り下げられていないので、捜査は継続中。被疑者(X氏)は、1度事情聴取し、容疑を認めている。器物損壊容疑での立件を念頭に置いている」とコメントした。

 指示したと報じられた江角の関与も疑われるが、現時点で「供述で彼女の名前は出ていない」。ただ、一連の報道もあり「今後江角さんから事情を聴くことは、ないとは言い切れない」と含みを持たせた。

 日大名誉教授(刑法)の板倉宏氏は「万が一、今後の事情聴取で江角さんの関与が証明されれば、共謀共同正犯で、彼女も共犯者ということになります」と話す。器物損壊罪は3年以下の懲役、または30万円以下の罰金刑に処される。

 X氏が勤める所属事務所は「相手方もいることなので、現段階で具体的なコメントは差し控えさせていただきます」とした。


芸能記者によれば、この時、江角マキコは素直に謝罪すればそれで済んだものをウソをついたことで結局、全てを失うことになってしまったというのである。


江角マキコが犯した致命的ミスを記者が指摘「素直に謝罪していれば」
2016年3月30日 14時14分

なかなか新しいオファーがなさそうな江角マキコ

2016年3月30日 14時14分 リアルライブ
提供:リアルライブ

 一時期、過去の元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂の自宅への“落書き騒動”で話題になった女優の江角マキコだが、4月の改編でついにレギュラー番組が0本になってしまった。

 今月の時点で江角のレギュラー番組は「私の何がイケないの?」(TBS系)のみ。ところが、同番組は今月で終了。4月からは同枠で「ご対面バラエティ『7時にあいましょう』」が放送され、江角とともに司会をつとめていた、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平は続投。有田とともにミュージシャンのDAIGOが司会をつとめることになった。

 「DAIGOといえば、来月29日に1月に結婚した女優の北川景子と都内のホテルで大々的に挙式・披露宴を行う。話題性があるだけに起用されたようだが、江角は続投させるべき理由がまったくなかった」(TBS関係者)

 江角の“転落”のきっかけは14年8月の「週刊文春」(文芸春秋)の記事。自身の子供が同じ学校に通う、一茂の夫人への嫌がらせとして、12年12月に当時の男性マネージャーに命じ、一茂の自宅に「バカ息子」など落書きをさせていたことが報じられた。

 「あの時、素直に謝罪していればこんな状況に追い込まれることはなかっただろう。江角は元マネージャーに責任を負わせ、自身はブログで謝罪したがまるで他人事。あの事件が発覚して以降、レギュラー番組での発言がほとんどなくなって“置物”のような状態。どんどんレギュラーが減っていった」(芸能記者)

 公式サイトでは「『バイキング』火曜日 レギュラー出演中」とすでに降板した番組名を掲載。「個人事務所に所属しているが、サイトのメンテナンスもできないほどのスタッフしかおらず、仕事をとるための営業もできない」(同)

 ほかには、「江角印 いろいろ便利なお洗濯グッズ発売中!」とPRしているが、その方面のビジネスでの成功はあるか?


これは明らかに出生図上で火星が示すカルマではないかと思われる。


火星は4、9室支配のヨーガカラカなので、歯に衣着せぬ攻撃的な発言をするとしても9室の支配星の吉意は働かなかったのかとの疑問も出て来るが、4、9室支配のヨーガカラカの火星は、2、11室支配のマラカで、機能的凶星の水星と星座交換している。

この水星はトリシャダヤハウスで最凶のハウスである11室を支配しているため、貪欲であり、また攻撃的であり、6室から6室目で6室の本質のハウスでもある。

従って、この水星の絡みがヨーガカラカとしての火星の吉意を台無しにし、それで、水星/ラーフ期にあまり良い結果を与えることが出来なかったのではないかと考えられる。


ウソをついたことが引き金となって、仕事を失ったと書いたが、実際にはウソをつくという行為と仕事を失うという行為が同時にカルマとして発現したのであり、それらは一体である。

誕生した時点で、そういう経験をしなければならない原因があったと考えられる。


想いと言葉と行動が一致することが自己実現の術であり、ウソをつくという行為は、想いと言葉が一致しておらず、発言や言霊に力を失ってしまう。

結局、江角マキコは自分の苦しい立場を謝罪することではなく、ウソによって逃れたり、回避しようとした結果、その後の番組内での発言にも力や勢いを失って、口数が少なくなり、芸能人としての魅力も失ってしまったようである。

つまり、言霊に力があって、発言がパワフルで面白味がある人でなければ、人気も出てこないのである。


また一度、ウソをつくとそのウソを隠すために更にウソを上塗りしなければならず、連鎖的に沢山のウソをつかなければならなくなる。

ウソをつくと、それはその自分のついたウソによって拘束され、雁字搦めにされて自由を失うことを表している。

その結果、ウソは様々な苦しみや行き詰まりの状況をもたらすのである。


日頃から真実を語る(想いと言行を一致させる)訓練をせず、ウソでごまかしたり、逃げることを行っていると、サンスカーラとして、その行動パターンは繰り返されて自動化されてしまう。

おそらくサンスカーラの結果として、ウソをつき、その結果、仕事を失うというカルマが発現するような惑星配置のタイミングで生まれてきたということなのである。


日頃から想いと言葉と行動を一致させて生活するということを心がけなければならない。


これは他人事ではなく、私達自身の課題である。


]



(参考資料)



【引退表明】江角マキコ 不倫報道男に3億円
2017年01月26日 11時00分 東スポWeb

 引退の陰に「3億円の損失」? 女優江角マキコ(50)が芸能界引退を表明し、波紋が広がっている。表舞台から身を引く理由は「子供たちとの生活のため」としているが、間接的な原因となったのは江角の“不倫相手兼投資相手”と一部で報じられた男性X氏の存在だった。X氏の正体を徹底取材すると、見えてきたのは、なんと「江角が少なくとも3億円をつぎ込んだ」(出版関係者)という異常な関係だった。

 主演ドラマ「ショムニ」(フジテレビ系)などのヒットで知られる江角の引退発表は、衝撃だった。

 本紙昨報どおり、江角は23日に報道各社に書面を送付。引退理由について長女(11)、長男(7)との生活を大事にしたいとした。

 発売中の週刊誌「女性自身」で伝えられたX氏との不倫疑惑は断固として否定。X氏との関係については「(江角が)投資金の返還交渉の相手方として、交渉のためお会いしている」と説明した。別居しているフジテレビのゼネラルディレクターの夫(51)との離婚も否定した。

 だが、引退の引き金になったのは、やはりX氏との不可解な関係とみられても仕方がない。X氏とはどんな人物なのか。

 同誌によれば、都内の投資コンサルタント会社社長ら5人が113億円の大規模投資詐欺をはたらき、昨年8月に警視庁に逮捕されたが、そのうちの1人がX氏で、事件に関連した罪で有罪判決を受けたという。昨年9月発売の週刊新潮は、この事件で詐欺被害に遭ったのは、ミュージシャン布袋寅泰(54)、歌手GACKT(43)、そして江角と報じていた。

 その後の取材で、いわくつきのX氏は2008年、都内に設立された不動産・投資会社の代表取締役に昨年10月、就任していることが分かった。

 音楽関係者は「X氏は50歳前後。江角とX氏はここ最近の仲ではない。10年近く前に布袋のライブの打ち上げの場で知り合い、親密になった」と声を潜めて話し、こう続ける。

「不動産・投資会社だけでなく水産物製造会社の代表取締役も務めているようで、エビの養殖をしているらしいが、業務実態は不明」

 芸能プロ関係者は「X氏は口がうまくて、芸能人と仲がいいのを吹聴していた。高級外車のマイバッハを運転手付きで派手に乗り回していた。江角は裕福そうなX氏に心酔していたようだ」。

 出版関係者によれば「江角はX氏に少なくとも3億円を投資した」という。詐欺に遭って犯人が捕まったからといって、出資金が戻ったなどという話はほとんどない。最大で3億円という莫大な損失を出した可能性がある。周囲はこんな江角をかなり心配していたという。

 大手芸能事務所「研音」に所属していた江角は、14年春にマネジャーY氏が代表取締役として立ち上げた個人事務所「インクワイヤー」に移籍したが、X氏に入れ込む江角の姿にY氏も気をもんでいたという。

「Y氏は『インクワイヤー』を今月いっぱいで閉鎖するけど、その後は芸能界から離れた仕事をするようだ」(前出芸能プロ関係者)

 江角だけでなく、長年世話をしてきたマネジャーY社長も芸能界から身を引くという。

 本紙は渦中のX氏の携帯電話にかけたが出ず、留守番電話に取材を申し込むメッセージを残したものの対応はなかった。

 24日放送の情報番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で火曜コメンテーターを務めるお笑い芸人千原ジュニア(42)は「不倫でないなら、子供のために徹底的に闘うべきや」と首をひねった。だが、仕事もないのに芸能界にしがみつきスキャンダル報道ばかりが出て、子供たちに嫌な思いをさせるくらいなら一般人に戻った方がマシ、と考えても不思議ではない。

 とはいえ、あまりに寂しいトップ女優の引き際となったことは間違いない。
参照元:【引退表明】江角マキコ 不倫報道男に3億円 2017年01月26日 11時00分 東スポWeb

江角マキコさん、突然引退の真相 トラブル続き…不倫疑惑が決定打か 評論家「芸能界復帰はかなり厳しい」
夕刊フジ 1/26(木) 16:56配信

あの“ショムニ”女優が突如の引退宣言だ。23日、芸能界引退を表明した女優、江角マキコさん(50)。24日発売の女性誌「女性自身」で自身の不倫、別居が報じられることを受けて、不倫を否定するとともに、自らの引退を明かしたのだ。人気の絶頂からさまざまなトラブルを経て、みるみるうちに転落した女優人生。いったい何があったのか。

 23日、代理人の弁護士を通じて、ファクスで引退を発表した江角さん。その理由については、「今は一度立ち止まり、子供達のために、今私にしかできないことを選択し専念する時期」だと説明している。江角さんは2003年、代表作でもある「ショムニ」の担当ディレクターだったフジテレビの社員と結婚し、2子をもうけている。

 しかし、「女性自身」では衝撃的な身辺が報じられている。江角さんがある男性と不倫の末、約2年前から別居しているというのだ。同誌は昨年12月、江角さんと相手の男性が都内のマンションで6時間以上もこもっていたと伝えている。

 しかも、同誌によると、この男性が昨年8月、投資詐欺事件に関連して警視庁に逮捕されており、その後、事件と関連した金融商品取引法違反罪で有罪判決を受けたというから、ただ事ではない。

 そんないわく付きの男性とただならぬ関係になっているというのだが、江角さんはファクスで、別居は認めながらも「不倫関係などには断じてございません。事実無根の報道については法的措置も準備中です」と不倫は全面的に否定した。

 江角さんといえば、15年末にレギュラー番組からすべて降りており、事実上の“引退”状態だった。ママ友トラブルにはじまり、長島一茂氏宅への落書き騒動や投資詐欺騒動とトラブルが相次いだのも、苦楽をともにしてきた大手事務所からの独立がマイナスに働いたともみられている。

 独立とともに開設した個人事務所も今月末で閉鎖するという。

 芸能評論家の三杉武氏は、「クールビューティー路線でブレークしたが、最近はライバルの米倉涼子、篠原涼子らの後塵を拝している。ショムニ世代の40歳以上の女性ファン層の支持を追い風に情報番組のMCなどに活路を見いだそうとしたが、一連の騒動の影響もあり、迷走していた感も。江角当人は不倫を否定しているが、不倫疑惑は大きなイメージダウン。万策つきての引退宣言という印象。このタイミングでの引退宣言は、今後も不倫疑惑を引きずる格好になり、芸能界復帰はかなり厳しいのではないか」とみる。
参照元:江角マキコさん、突然引退の真相 トラブル続き…不倫疑惑が決定打か 評論家「芸能界復帰はかなり厳しい」
夕刊フジ 1/26(木) 16:56配信

江角さん「人生最後のインタビュー」 女性セブンが掲載「引退の2文字、昨年春から」 
2017.1.26 14:39 産経ニュース

芸能界からの引退を発表した女優の江角マキコさん(50)が、26日発売の女性誌「女性セブン」でインタビューに応じている。

 記事のタイトルは「激白! これが私の人生最後のインタビュー」。江角さんは同誌の取材に「このインタビューが正真正銘、最後の仕事になります」と語っている。

 インタビューは、江角さんが代理人の弁護士を通じて「芸能界を引退させていただく所存であることは事実です」と発表した23日の翌日24日に行われたという。24日には、既婚の中年男性とのW不倫疑惑や、夫と2年前から別居していること、芸能界引退などを報じた女性誌「女性自身」が発売されている。不倫について、江角さんは23日の引退表明の際に「不倫関係などには断じてございません。事実無根の報道に対しては法的措置を準備中です」と否定していた。

 「女性セブン」では、男性との関係について「不倫関係のように報じられましたが、それは絶対にありません」と、改めて不倫疑惑を全面否定した。引退表明がこのタイミングとなったのは、昨年12月18日に50歳になったことを機に熟慮した結果で、「昨年春から仕事をお休みして子育てに専念する中、『引退』の2文字は頭にありました」という。

 「女性自身」の報道と引退表明が重なったことは「全く関係ありません」。そして「引退はネガティブなことではなく、前向きな気持ちじゃないと決意できないんです」と語っている。(WEB編集チーム)
参照元:江角さん「人生最後のインタビュー」 女性セブンが掲載「引退の2文字、昨年春から」 
2017.1.26 14:39 産経ニュース

フィフィ、江角マキコ旦那の不倫騒動に対する「子どものため」発言に違和感
フィフィ(構成・文/岸沙織)2017/1/25

江角の夫の言動は、子どもリスクを負わせる行為

 今回の件を知ったとき、何かしらトラブルがあるんだろうな、そしてそれをマスコミにすっぱ抜かれたのかなと思ったの。だけど、実際には江角さんの夫がふたりのプライベートな関係を事細かに語っていると聞いて驚きました。

 たしかに江角さんに対しては、マネジャーさんによる長嶋一茂さん宅への落書き疑惑もありましたし、カッとなりやすいんだろうな、あれだけお綺麗だからプライドも高いんだろうなというイメージはありましたね。その点で、彼女を支える身近な人たちは特に気を遣ってきたんじゃないかな。

 だけど、いくら彼女への不満がつのったとしても、メディアに出る人間のプライベートな部分を感情に任せてベラベラ喋ってしまうのは反則だと思うんです。

 ましてやこの夫はテレビ局員。メディアに携わる人間として、妻のプライベートを喋れば、世間から面白おかしく消費されてしまうということくらいはわかっているはずです。

そして重要なのは、彼は江角さんに対して鬱憤を晴らしているつもりかもしれないけど、これは子どもにリスクを負わせる行為に他なりません。夫婦ともに「子どものため」と言っているようですが、一番の被害者、つらい思いをするのはその子どもです。子どもをもつ芸能人たちは、自分たちのスキャンダルが思わぬカタチで我が子の日常生活を脅かす可能性があることを自覚するべきです。

夫婦間のトラブルを話しても、誰も救ってはくれない

 私自身も、いつでも夫婦円満だったというわけではありません。私に対して夫が不満を持つことも多いと思います。だけど夫が、それを外に向けてベラベラ喋ることはありません。それは子どものことを思っているから。

 夫婦間のトラブルを話せば、周りは一時的に、可哀想だと同情してくれるかもしれない。言っている本人もストレスを発散できるかもしれない。だけど、人は好奇心で聞いているだけであって、面白おかしく消費されておしまい。誰も救ってはくれません。

 巷の井戸端会議もそうだよね。話したところで何も解決にもならないし、誰も助けてはくれない。むしろ新たな問題が起きるだけです。今回、江角さんの夫はまさにそれをやってしまった。自ら余計に悩みの種をばらまいてしまいましたね。

《構成・文/岸沙織》
参照元:フィフィ、江角マキコ旦那の不倫騒動に対する「子どものため」発言に違和感
フィフィ(構成・文/岸沙織)2017/1/25

江川達也氏、江角の担当弁護士は「あり得ない」に現役弁護士も「その通り」
デイリースポーツ 1/26(木) 12:40配信

漫画家の江川達也氏が26日、フジテレビ系「バイキング」で、不倫、別居を報じられ芸能界を引退した江角マキコさんについて言及。江角さんが一部週刊誌のインタビューで、金銭トラブル相手とは弁護士の指示で会っていたとしていることに「この弁護士の先生、おかしいですよ」とコメントした。

 番組では、芸能界を引退した江角さんが「最後のインタビュー」として週刊誌に告白した記事を特集。その中で、金銭トラブルの加害者であるA氏の自宅に行っていることに対して、弁護士の指示で会いに行っていると説明していることも取り上げた。

 これにかみついたのが江川氏。「弁護士から言われたから私が会いに行くんだと…。これはあり得ない!」と呆れたようにコメント。MCの坂上忍も「著名な方が直に会うというのは…」と首を傾げると、江川氏は「この弁護士の先生、おかしいですよ。あり得ないですよね?普通は弁護士さんが代理人として交渉しますよね?」と吐き捨てた。

 これを聞いた弁護士の清原博氏も「まったくその通りなんです」と江川氏の意見に同調。「弁護士は守秘義務があるから、こう言われても何も反論できない。もしかしたら江角さんはそれをわかっていて弁護士をうまく利用しているのかもしれない」との見解を示していた。
参照元:江川達也氏、江角の担当弁護士は「あり得ない」に現役弁護士も「その通り」
デイリースポーツ 1/26(木) 12:40配信







スポンサーリンク


スポンサーリンク

ピコ太郎の世界的躍進の謎を解く -魚座ラグナの可能性-

ピコ太郎のラグナを双子座に修正したが、ジャイミニ・スキームで検討すると、今のタイミングでの世界的大ブレイクが説明できないことが分かった。

従って、最初に検討していた魚座ラグナの線で、もう一度、検討してみたい。


PicoTaro_chart2

ピコ太郎(小坂大魔王)の過去の経歴は、結婚や子供の誕生といった分かりやすいものがないために非常に難航したが、当初、魚座ラグナということで検証をすすめていた。

何故なら、魚座ラグナであっても10室支配の木星と11室に対して、ピコ太郎がブレイクし始めた昨年(2016年)の8月付近からダブルトランジットが生じていたからである。

ギネス世界記録とか、日本レコード大賞・特別話題賞といった称号、表彰を受ける時は、11室の象意が強調されるタイミングである。

従って、10室や11室にダブルトランジットが成立するタイミングとして、非常に納得できるのである。

またピコ太郎のチャンドララグナは山羊座で決定であるが、ジャンマナクシャトラ(出生の月のナクシャトラ)は、00:00:01~20:30:52までは、シュラヴァナであるが、20:30:53~23:59:59までは、ダニシュターとなる。

実は検証していた当初は、彼の怒りやすくアグレッシブな性格は、火星を支配星として持つダニシュターの性格にピッタリと一致していると考えていたのである。

アーユルヴェーダのドーシャ理論で言えば、ピッタの性質である。

彼がお笑い芸人として活動していた時の動画で、ボケ役の相方を張り扇のようなもので叩いていたのが印象的であったが、非常にアグレッシブな性格をしており、双子座ラグナではそれを10室に火星が在住していた効果として説明したが、それはナクシャトラがダニシュター(火星)であることによる性格の表出であるとも考えられるのである。


ダニシュターは、弥勒星と呼ばれ、<美しい調べを愛する人>である。

ナクシャトラの解説サイト『27の誕生星 隠された「心」をときあかす月の占星術』を見て頂きたい。



(略)ドラムとタブラがでてきますが、前の宿と同じで耳が良く音楽や歌を好みます。もし、本格的に音楽をすれば、素晴らしい演奏家もしくは歌姫になるでしょう。(略)


彼のスピーディーで、ビートの効いたリズミカルな音楽のセンスは、このナクシャトラから出ているのではないかと思われたのである。


そして、ジャンマナクシャトラ(出生の月のナクシャトラ)がダニシュターになるには、出生時間の範囲が20:30:53~23:59:59であり、ラグナが水瓶座、魚座、牡羊座のいずれかしかないのである。

この中で、昨年の8月のタイミングで10室にダブルトランジットが形成され、しかも音楽やお笑いを仕事として行いそうなラグナは魚座ラグナしかないのである。


もし彼が魚座ラグナであれば、現在のダシャーは土星/土星期である。


何故、土星期にピコ太郎(小坂大魔王)が海外でブレイクしたかというと、土星は11、12室の支配星である。

そして、ここがポイントであるが、この土星が2、9室支配の火星と相互アスペクトしているのである。

そして、2-11、9-11室のダナヨーガを形成している。


このヨーガが、彼のブレイクの原因であるならば、土星は海外の12室を支配しており、納得できるのである。

11、12室支配の土星は4室(国土、国内)に在住して4室を傷つけており、それで海外に遠征してPPAPを披露するなどし始めたと理解できる。


そして、土星は双子座に在住しているため、マハダシャー土星期はダシャーラグナが双子座ラグナとして働く訳である。

従って、既に分析した双子座ラグナにとって8室で減衰してパラシャラの例外則、及び、ニーチャバンガラージャヨーガを形成する木星の働きが、土星のダシャーラグナの時期に現れたことも納得できるのである。


何故、その魚座ラグナの仮説を捨ててしまったかというと2003年に「マネーの虎」に出演した時のダシャーやダブルトランジットと、2014年に大改造!!劇的ビフォーアフターに出演して実家をリフォームした時のダブルトランジットが、双子座ラグナの方が説明できると考えたからである。


但し、この2つのエピソードについては再考の必要がありそうである。



この魚座ラグナを検討していた時、土星はナヴァムシャ(D9)で火星と星座交換して非常に強く、またダシャムシャ(D10)では、ラグナ、月から見て、9、10室支配のヨーガカラカで、ディスポジターの月が高揚している。


従って、土星期に世界を席巻する程のブレイクはこの土星が生み出したと考えることも出来る。


魚座ラグナで、ジャイミニスキームで検討すると、ピコ太郎(小坂大魔王)の今のタイミングでの世界的ブレイクを説明することができる。


PicoTaro_chart_Jaimini


2015年7月18日からチャラダシャーのメジャーダシャーが山羊座に移行しており、2016年2月16日から山羊座/蠍座、2016年9月16日からは山羊座/天秤座(~2017年4月17日)である。



メジャーダシャーの山羊座にはAmKの月が在住し、山羊座から見た7室でAK、DK、PK、5Lがジャイミニラージャヨーガを形成し、11室(受賞、成功)にアスペクトしている。

またナヴァムシャでは山羊座に対して、AmKの月とPKの水星がアスペクトし、山羊座から見た10室天秤座にもアスペクトしている。

またダシャムシャではAmKの月が山羊座にアスペクトし、山羊座から見た10室天秤座にジャイミニアスペクトしている。

このように魚座ラグナに設定すると、ピコ太郎の世界的ブレイクが、チャラダシャーで説明できる。


もし魚座ラグナということになれば、山羊座のメジャーダシャーは2022年7月17日まで続くため、ピコ太郎はもう少し活躍を継続できそうである。

またマハダシャー土星期への移行と同時の海外での成功であるため、マハダシャー土星期19年を通して、海外に頻繁に行って音楽の活動を継続していくとも考えられる。


ピコ太郎のラグナの検証については現時点で振り出しに戻り、どのラグナも確信できていない状況である。

今後のピコ太郎の活動を観察しつつ、何かの事件やエピソードが生じるタイミングで、更に検討していく予定である。


因みにピコ太郎(小坂大魔王)の出生図を見ると、非常に大きな特徴があり、それは蟹座と山羊座の軸で形成される木星、月、太陽、水星、金星のコンビネーションである。

このコンビネーションには全く土星、火星、ラーフ、ケートゥが絡んでいない。

この主に月、木星、水星、金星という吉星(※太陽は弱い凶星)で形成されるヨーガが彼の音楽の才能を表しているのは間違いないのであり、またyoutubeでの『PPAP』の世界的ブレイクもこれらの惑星のコンビネーションがもたらしたと考えられるのである。

しかし、もし魚座ラグナまたは双子座ラグナであるとしても土星、火星、ラーフ、ケートゥが全てケンドラに在住し、ケンドラを激しく傷つけることになるのである。


従って、この辺りが彼がお笑い芸人として安定したキャリアを築けていない理由ではないかと思われる。

然し、全く傷のない音楽の才能が、それでも彼を世界的なブレイクに導いたのではないかと思うのである。


ピコ太郎(小坂大魔王)は一つの事件である。


この世界的ポピュリズム現象を解明するためにピコ太郎のラグナを特定しなければならない。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ピコ太郎の世界的躍進の謎を解く

ピコ太郎という名前の芸人(小坂大魔王)がyoutubeで世界中でヒットしているというのは昨年から聞いていたがあえて見ないようにしていた。

初めてピコ太郎の『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)を見たのが、昨年の年末で、今年の年初のNHKの紅白歌合戦ではっきりと見た。

「Pen」「Pinapple」「Apple」「Pen」という簡単な単語を組み合わせて、それを横に並べるだけだが、妙にリズム感があり、一度、聞いたら忘れることが出来ない。

それで世界中で真似されて、youtubeの動画再生回数が、億を超える大ブレイクとなっている。



種々検討した結果、ピコ太郎(小坂大魔王)はおそらく双子座ラグナである。


PicoTaro_chart

※当初、魚座ラグナか双子座ラグナかで非常に迷ったが、後で述べる2つの過去のエピソードから双子座ラグナではないかと考えられる。


ピコ太郎(小坂大魔王)の出生図を検討すると、月が山羊座に在住しており、00:00:01でも23:59:59でも同じ山羊座である。


従って、チャンドララグナは山羊座で決定である。


チャンドララグナから見ると、木星は3、12室支配でラグナで減衰している。


3室(芸能、踊り、パフォーマンス)の支配星が減衰していることから、パラシャラの例外則で、ラージャヨーガ的に働く配置である。


また木星は12室を支配していることから海外も表している。


またラグナから見ると、7、10室支配の木星が8室(棚から牡丹餅)で減衰している。


この配置もパラシャラの例外則で、ラージャヨーガ的に働く配置である。


またこの木星はディスポジターの土星がラグナに在住しているため、ニーチャバンガラージャヨーガも形成している。


従って、この木星は非常にトリッキーで、奇想天外な働きをすることが考えられる。



もし双子座ラグナだとすると、現在、ダシャーは木星/月期辺りである。


また乙女座から木星がアスペクトして、土星が蠍座からアスペクトして、この10室支配の木星と12室(海外)にダブルトランジットしているのである。


従って、このパラシャラの例外則やニーチャバンガラージャヨーガの木星の効果によって、このようなブレイクをもたらしたと考えられる。



木星はチャンドララグナから見て3、12室支配で踊り、パフォーマンス(3室)が海外(12室)で評判になり、また木星はラグナから見て10室の支配星であるため、有名(10室)になり、また木星は8室で減衰しているため、ピコ太郎本人もびっくりするほど、突然、海外でブレイクしたのである。


France_Paris

taiwan

taiwan3


しかもジャスティン・ビーバー(カナダ人歌手)がツイッター上で、「お気に入りの動画」として紹介したことをきっかけに爆発的に広がったため、彼は他人の力を借りて、棚から牡丹餅的な恩恵(8室)を得たのである。


彼のブレイクの昨年の8月以降の突然の唐突な感じはまさしく8室で減衰する木星のパラシャラの例外則によるラージャヨーガ的効果、またニーチャバンガラージャヨーガ的に効果なのである。



ピコ太郎(小坂大魔王)のブレイクは、木星が乙女座に入室した昨年(2016年)の8月付近から始まっている。


以下のように2016年の8月頃からブレイクがスタートし、9月27日に9000万人のフォロワーを持つジャスティン・ビーバー(カナダ人歌手)がツイッター上で、「お気に入りの動画」として紹介したことをきっかけに爆発的に広がり、10月28日には「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲」としてギネス世界記録に認定されている。

また第58回輝く!日本レコード大賞(TBS、2016年12月30日) で特別話題賞を受賞している。



8月25日、自腹(約10万円)で制作した「ペンパイナッポーアッポーペン」を「YouTube」上に公開。古坂と親しいAAA、LiSA、Silent Sirenらにリンクを貼って知らせたところ拡散され]、ミニブログ「ツイッター」や日本国内の女子高生などに人気の動画編集/投稿アプリ「MixChannel」(ミクチャ)において、元動画を模倣したカバー動画のアップロードが相次ぐようになり(「りかりこ」によるやってみたのアップロードはTwitterには9月16日、ミクチャには9月19日)、シルバーウィーク(9月17日-25日)には特に盛り上がりを見せた。9月21日配信のネット記事では、元動画の再生回数が60万回を超えたと報道された。9月24日にはNMB48のメンバーにも人気とのネット記事があった。再生回数は9月25日の記事では100万回超えを伝えた。

英語圏ではソーシャルメディア「9GAG」で動画が共有されて広がった。日本でシルバーウィークが終わった翌日の9月26日、タイム(米国)が、一気に拡散されることを意味する「バイラル」(本来は「ウイルス性の」の意)との言葉を使って「”Next Viral Hit” かも知れない」と表現した。翌9月27日、ジャスティン・ビーバー(カナダ人歌手)がツイッター上に「インターネット上の私のお気に入り動画」と紹介したことから、同日中にBBC(英国)およびCNN(米国)も取り上げ、他の国内外メディアも追随、元動画の再生回数は9月29日18時時点で一気に936万回を超え、10月4日時点ではその倍以上の1900万回を超えた。

YouTubeの週間再生回数ランキング『ミュージック全世界トップ100 (YouTube Music Global Top 100)』では、集計期間:9月30日 – 10月6日において関連動画を含めると累計1億3400万回に上り、2位のザ・チェインスモーカーズの「クローサー(英語版)」(7月29日リリース)の7050万回にダブルスコア近い差をつけて世界1位になった(同週を含めて3週間1位を保持)。同ランキングにおいて日本人が世界1位を獲るのは初めてである。

10月7日に『ペンパイナッポーアッポーペン』ほか4曲を世界134カ国で配信リリースした。同日、9GAGのAMA (ask me anything)に登場した。10月12日時点で、元動画の視聴数は4000万回を超えた。10月14日に初めての全国放送(テレビ朝日系列「ミュージックステーション」)に出演した。

10月19日、アメリカのビルボードソングチャート(Billboard Hot 100)にて、2016年10月29日の週で初登場77位を記録したと発表された。これは、日本人として松田聖子に次ぐ26年振り・7人目のチャートインである。また、ビルボードにチャートインした最も短い曲としてウィメンフォーク(英語版)の”Little Boxes(英語版)”が持っていた1分02秒という記録を52年振りに塗り替え、わずか45秒の曲でチャートインという新記録を打ち立てた。10月28日、『ペンパイナッポーアッポーペン』がギネス世界記録に「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲」として認定された。元動画の視聴数は、12月20日時点で1億回を超えた。

(wikipedia 小坂大魔王より引用抜粋)


このように有名になる時は10室に木星と土星のダブルトランジットが生じていなければならない。



トランジットの木星が2016年8月から乙女座に入室し、山羊座に在住する7、10室支配の木星にアスペクトし、トランジットの土星は蠍座から7、10室支配の木星にアスペクトして、7室や10室にダブルトランジットが生じていたのである。


更に木星は12室(海外)にもダブルトランジットしている。


7室は契約のハウスであり、また海外を表すハウスでもある。


彼は今回のブレイクで、有名になり、レコード会社と契約し、世界デビューを果たしたのである。


それは7室、10室、12室へのダブルトランジットで説明することができる。



PicoTaro_chart


木星は7、10室支配で、1、4室支配の水星、5、12室支配の金星、3室支配の太陽と相互アスペクトし、2室支配の月と接合している。


従って、1-5、1-7、1-10、4-5、5-7、5-10のラージャヨーガを2-8室の軸で形成している。

また1-2、2-5のダナヨーガも2-8室の軸で形成している。



ピコ太郎(小坂大魔王)はyoutubeへの動画の配信は所属事務所などは関係なく、全く自主的な活動(セルフプロデュース)として行い、10万円の経費をかけて、『PPAP』を撮影して編集して、youtubeにアップしたようである。


こうした活動は、自営業であり、起業的であり、2室(起業、自営業)で表される。


そして、その活動から全く思いがけない棚から牡丹餅的な幸運を得たのは8室(棚から牡丹餅)の象意である。


そして、今回、youtubeの動画再生回数が1億円を超えたことで、ピコ太郎には莫大な広告収入が入ってくるようである。


これも棚から牡丹餅的な収益であり、8室の象意である。


従って、2-8室の軸で、ラージャヨーガやダナヨーガが形成されているということで納得できるのである。




それでは何故、今のタイミングでブレイクしたのかということが問題なのである。


その謎を解明しなければならない。


今回、双子座ラグナだとしてもマハダシャー木星期は既に2004年から始まっていたのである。


それならば、成功はもっと前でもよかったのではないかと思うかもしれない。


然し、ラグナを双子座に設定すると、ナヴァムシャ(D9)で月が高揚して木星と接合し、またダシャムシャ(D10)で、月は土星と星座交換している。


この土星と月の絡みはカリスマを表す配置であり、大衆からの支持を表している。


彼は現在、木星/月期であったからこそ、この月と土星との間で星座交換することによって示されるカリスマ的な大衆的熱狂が表れたのではないかと思うのである。




月はマハダシャーの木星と絡むことによって、マハダシャーの木星のパラシャラの例外則やニーチャバンガラージャヨーガの恩恵や、木星が金星や水星との間に形成するラージャヨーガやダナヨーガにも参加して、これらの恩恵を全て受けたということである。




何故、彼がお笑い芸人になったかというと、10室支配の木星に5室支配の金星や3室支配の太陽がアスペクトして絡んでいた為である。


但し、底ぬけAIR-LINEとして、お笑いをしていた時も音楽にあわせて行なう芸が多かった印象である。


そして、2003年9月からお笑い活動を休止し、『テクノユニット・ノーボトム』というバンドの活動に専念して音楽に没頭するようになっている。


その音楽活動の時に作成した曲が以下の『サンバ・ジャ・ネイヨ・ネブタ・ダヨ 2004』である。


サンバ・ジャ・ネイヨ・ネブタ・ダヨ 2004




おそらく音楽の表示体である5室支配の金星が2室から10室支配の木星にアスペクトしており、また2室は歌のハウスである。


従って、音楽活動で、ボーカルとしてバンドで歌うことの方に活動の軸を移していったのである。


3室(芸能)の支配星や5室(創作、エンターテイメント)の支配星も絡んでいる為、芸能活動や表現の活動をするのであるが、それがボーカルとして現れたのは、10室の支配星が2室の配星と接合し、2室にアスペクトしているからである。




因みにその『テクノユニット・ノーボトム』でロンドンデビューを果たすために彼は2003年頃に「マネーの虎」に出演し「ロンドンデビュー」を果たすための資金700万円を希望したが、出資は受けられなかったようである。


その時の番組が、youtubeにアップされている。



マネーの虎 古坂和仁 (古坂大魔王) バンドでロンドンデビュー活動資金700万欲しい 【FULL】



マネーの虎 南原社長インタビュー





この時、彼の音楽の才能について出資者の一人、南原社長は高く評価して、200万円を提供すると申し出ていたが、結局、目的金額に到達しなかった。


この時、ラーフ/月期、あるいは、ラーフ/火星期であり、トランジットの土星は牡牛座12室を通過し、ラーフも12室をトランジットしていた。


つまり、海外を目指して、活動するような時期である。


また木星は2室蟹座をトランジットして、土星が3番目のアスペクトをして、2室にダブルトランジットしていた。


2室は起業のハウスであり、自分のビジネスを立ち上げる時であるため、ロンドンデビューするために出資を求めるというタイミングとしてはピッタリと一致している。


2室では5、12室支配の金星と1、4室支配の水星、3室支配の太陽が接合して、ラージャヨーガ、ダナヨーガを形成し、木星や月のアスペクトも受ける吉祥なハウスである。この2室に木星が入室して、そこにダブルトランジットするタイミングには、まさに音楽家としてロンドンデビューを考えるような時期である。


transit_2003


また2003年4月頃から土星が1室双子座に入室していくため、何かを始めるタイミングとしてはピッタリと一致している。



従って、双子座ラグナで正しいと思うのである。



もう一つ、2014年(41歳)にピコ太郎(小坂大魔王)は兄弟三人でお金を工面し、朝日放送(ABC)制作、テレビ朝日系列で放送されている大改造!!劇的ビフォーアフターの「有名人の実家フォーム相談スペシャル」に「父が雪下ろしで屋根から転落しないよう、実家をリフォームをして欲しい」と応募している。

この番組で「安住空間の探求者」である本間貴史を招いて、老朽化した豪雪地帯青森市にある実家をリフォームしたのである。


その時の番組の様子が以下である。


劇的ビフォーアフター(屋根から父親が落ちそうな家)





2014年は6月19日からトランジットの木星が蟹座に入室し、トランジットの土星が天秤座を通過して、2室蟹座にダブルトランジットが生じていた。


transit_201406

この時、彼を含めた兄弟3人が実家の両親の元に集結して、実家の財産である両親の家をリフォームしたのである。


明らかに2室の象意(両親、家族(兄弟))が顕現している。


そして、番組に便乗して、おそらく通常よりも格安で、実家をリフォームしたのである。



これもおそらく、8室で2室の支配星と接合して、2室にアスペクトする木星の効果(他人の力を借りる、棚から牡丹餅)によるものだと考えられる。



この時、彼は大改造!!劇的ビフォーアフターの「有名人の実家フォーム相談スペシャル」に依頼者としてテレビ出演を果たして、しかも実家のリフォームまで手に入れたのである。



この時、ダシャーは木星/金星期である。


金星は5、12室支配で2室に在住し3室支配の太陽と接合している為、彼は多少の出費(12室)をして、実家のリフォームを行い、テレビ出演(3室、5室)を果たしたのである。



以上のような理由が、今回、ピコ太郎のラグナを双子座に設定した理由である。



ピコ太郎(小坂大魔王)は、過去の芸や動画などを見ていると、怒りやすい激しい性格をしている。


彼がお笑い芸人として活動していた時の動画を見ると、つっこみ役で、ボケ役の相方を張り扇のようなもので、叩きまくるという非常にアグレッシブな性格をしていたようだ。

例えば、wikipediaによれば、学園祭で、学生に詰め寄って怒りを爆発させたという。



一方で、学園祭などの営業でネタを見て「つまんない」と言ってきた学生に詰め寄って「えっ? えっ? 何? 何? 今何て言った? つまんない? 君の方が面白いの? じゃあ面白いこと言って。3・2・1、はい、言えない。言えない」と言って煽ったり、飲み屋で騒いでいる大学生に向かって「プロの前ではしゃぐな!」と激怒するなど、エリート意識が高く大人らしからぬ言動を取ることも多々あることを番組内で暴露されたこともある。

(wikipedia 小坂大魔王より引用抜粋)


こうしたアグレッシブな行動傾向は、双子座ラグナで6、11室支配の火星が10室に在住しているからではないかと思われる。


そして、この火星はナヴァムシャで高揚しているため、非常に強い配置である。


10室の火星は司令官の配置であり、人に命令する配置である。




例えば、彼は現在、注目を浴びて、様々なテレビ番組に出演しているが、彼はピコ太郎である自分を小坂大魔王とは別人であるとして演出している。


どの番組に出ても彼はプロデューサーの小坂大魔王とは自分は別人で、また78歳の妻とトイレの前でバッタリ出会って結婚したなどと誰にでも分かるウソを吹聴している。


こうしたウソは小学生ぐらいの年齢の時によく流行った冗談の類である。


悪ノリして誰にでも分かるウソをお約束のように語り、相手もそれに調子を合わせてくれるのである。



彼はこうした自分のマイペースの古典的ギャグを番組司会者や出演者に調子を合わせるようにどんどん強いていくようである。


周囲は彼に調子を合わさざるを得ないように見える。



この状況は、彼の火星が強く、彼が設定した小坂大魔王とピコ太郎の別人設定や、78歳の妻とか彼が思いつきで話している作り話に周りの人を従わせていることを意味している。


それだけ彼の10室の火星はナヴァムシャでも高揚しており、有無を言わさずに周囲の人を彼のペースに巻き込んでいるのである。




ピコ太郎こと、小坂大魔王の過去の映像を見ると、彼はそれほど、明るいキャラクターでもなく、真面目で深刻そうなパーソナリティーでもあるようである。


おそらく双子座ラグナで8、9室支配の土星やケートゥがラグナに在住しているため、そうした特徴がよく現れているようである。



但し、彼は現在、木星/月期であるため、月は水星や金星からのアスペクトを受け、蟹座にアスペクトバックしている。


従って、世界中の大衆からの人気者になり、そして、彼も割と愛嬌を振りまいて、礼儀正しい温和なキャラクターとしてひょうきんに振る舞っている。


しかし、これまでの彼の映像を見ていると、実際の彼は常にそうした性格であるとは言えないようなのである。




もしこのラグナ修正で正しければ、彼は2016年3月前後から木星/月期に移行し、2017年7月前後から木星/火星期に移行してしまう。



このタイミングで、彼に性格の変化が生じ、怒りっぽく、攻撃的で野卑な面が出て来ると考えられる。


以前、『サンバ・ジャ・ネイヨ・ネブタ・ダヨ 2004』を歌っていた頃が、ラーフ/火星期であるため、その頃のような激しさが出て来ると思われる。



そして、昨年2016年8月から続いていた突然の世界的ブレイクも土星が射手座に入室する1月26日以降は沈静化すると考えられる。


土星は射手座から乙女座にアスペクトし、乙女座の木星との間で、乙女座4室にダブルトランジットを形成するのである。



つまり、10室へのダブルトランジットが終わってしまう。



現在、今年に入って、ピコ太郎の賞味期限はいつかといった論調もちらほら見え始めた。



もし双子座ラグナであれば、今年2017年7月前後で、木星/月期が終わるため、彼のとてつもないブレイクは終わるのではないかと考えられる。



彼のトークは非常に小さい子供でも分かるようなギャグが多い。


PicoTaro

例えば、彼はしばしば「驚き桃の木20世紀」とか、外国人記者クラブの席で、「世界中の人に言いたいのは、本当に、ありが玉置浩二」などと古典的なギャグを連発している。


誰でも分かる簡単さ、容易さが彼のトークである。


蟹座2室の水星と金星は、そうしたお茶の間の母親や子供たちが何も考えずに楽しめるような素朴な古典的ギャグである。


それは志村けんのコントと同じである。


思想性や複雑なひねりはないのである。




「Pen」「Pinapple」「Apple」「Pen」と単純に横に並べただけの歌も明らかに蟹座的な素朴な歌である。


これが大衆に受けた理由である。


蟹座はポピュリズムを体現する星座であり、大衆的な人気や大衆から支持される独裁者やスーパーヒーローを生み出す星座である。


従って、蟹座が強く、蟹座-山羊座軸で、形成されるラージャヨーガやダナヨーガ、そして、パラシャラの例外則、ニーチャバンガラージャヨーガなどが発現したピコ太郎はまさにポピュリズムの体現者なのである。


しかし、ポピュリズムで台頭した人物は、大衆の気が変わるのも非常に早いので要注意である。



大衆の人気を背景にして台頭したスーパーヒーローは次の瞬間にこきおろされて、地に叩きつけられることがある。



今回、ピコ太郎が魚座ラグナか、双子座ラグナかで、非常に迷ったが、最終的に双子座ラグナであると結論を出した。


PicoTaro_chart2

魚座ラグナでも昨年2016年8月の木星の乙女座入室のタイミングで、10室や11室の支配星に対して、ダブルトランジットが生じ、


現在はマハダシャー土星期で、11、12室支配の土星は2、9室支配の火星と2-11、9-11のダナヨーガを形成するからである。



然し、『大改造!!劇的ビフォーアフター』に出演したタイミングや、「マネーの虎」に出演したタイミングが、魚座ラグナでは説明できないようである。



PPAP


PPAP ロングバージョン

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

安倍首相のチャートをジャイミニスキームで検証する

安倍首相のチャートをジャイミニスキームでも見ると、現在、チャラダシャーは2016年9月20日から獅子座/乙女座(~2017年8月20日)である。


abeshinzo_jaimini_chart

それ以前は2004年9月20日~2016年9月20日までチャラダシャーのメジャーダシャーは乙女座だった。


乙女座にはAKとGKの太陽が在住しており、太陽は12室の支配星である。


乙女座のメジャーダシャーの時期に健康問題に常に悩まされながらも自民党の要職を務め、大舞台で活躍してきた。


そのことがジャイミニスキームで見ると明らかである。


10室の支配星に相当するAmkが乙女座から見て10室に在住し、AKでラグナで自室に在住して強いバドラヨーガの水星がアスペクトして、AmK-AKのジャイミニラージャヨーガを形成している。


然し、このジャイミニラージャヨーガにはケートゥが接合し、ラーフやMKの火星がアスペクトし、GKの太陽もアスペクトして傷つけている。


従って、AK-AmKのジャイミニラージャヨーガには沢山の傷が付いている。


現在、チャラダシャーが獅子座/乙女座であり、乙女座から見る時、やはりこの配置が働くのである。


abe_putin_kodokan_photo

この辺りが外交に力を入れて成果を挙げてきたが、プーチンとの北方領土返還交渉などで、必ずしも良い結果が得られなかった理由ではないかと考えられる。

吉凶混合している理由である。


MKの火星が4室に在住し、GKの太陽からアスペクトを受けている。

4室は領土を表し、12室支配のGKの太陽のアスペクトは出費を表している。



またD10で見ても乙女座から見た10室にMKの火星とGKの太陽が在住しており、ラーフと接合し、ケートゥからアスペクトされて傷ついている。

但し、AmKの月やDKの木星がアスペクトして、保護も働いている。


abeshinzo_jaimini_chart

乙女座から見た10室にAmkがアスペクトし、また乙女座はラグナから見ても10室で、その乙女座にもAmkがアスペクトしている。

乙女座の時期は大きいこと(北方領土返還交渉)をやって活躍はするのである。

然し、妨害が働いて中々思うように目的が仕事が完遂できない。


これが安倍首相のチャートによく現れている。


安倍首相は各国との外交に力を入れ、諸外国の首脳と積極的に会見して来たように見えるが、それはパラシャラスキームでもラグナロードの月が12室(海外)に在住し、5、10室支配の火星(ヨーガカラカ)と相互アスペクトして、6-12室の軸で、ラージャヨーガを形成していることにも表れている。しかし、このラージャヨーガにはやはりラーフ/ケートゥ軸が絡んでおり、火星に7、8室支配の土星がアスペクトしており、ラージャヨーガに傷がついていると言える。



因みに安倍首相は2017年8月20日で獅子座/天秤座の時期に移行してしまう。


天秤座から見るとAmKは9室に在住している。

9室は10室を損失するハウスであり、仕事を失うハウスである。



天秤座には高揚するPKの土星と自室の金星が在住して、それぞれマハープルシャヨーガを形成して強力であるが、AmKが10室に在住する配置ほど強くはない。

9室に在住している場合でもキャリア的には良い配置であるが、外交の舞台で歴史に残るような大きな仕事を為そうとする時期は乙女座のメジャダシャーやサブダシャーが終了したタイミングで終わることが予想される。


高揚する木星が10室に在住していることから国民に対するアドバイザー、教育者のような役回りを果たしていく可能性がある。


次に2018年7月21日に獅子座/蠍座に移行するが、蠍座から見るとAmkの月が8室に在住する。

従って、この位の時期から総理大臣としての執務が困難になる可能性がある。


まずは2017年2月7日に金星/太陽期に移行した後、チャラダシャーが獅子座/天秤座に移行する(2017/8/20~)タイミングで、安倍首相は健康問題などで、少し静養を取らざるを得なくなる可能性がある。

それはAKの水星が天秤座から見て12室(入院)に在住し、GKの太陽と接合し、火星、ラーフ、ケートゥからアスペクトされているからである。


次は2019年6月21日から獅子座/射手座の時期である。


射手座から見ると10室にGKとAKが在住し、ラグナにアスペクトしているため、やはり総理大臣としての執務において障害がある配置である。


最終的に安倍首相は色々困難がありながらもメジャーダシャーが獅子座の間は、AmKが11室に在住し、11室でジャイミニラージャヨーガを形成しているため、影響力を発揮し続け、総理大臣を辞任した後も影響力を保持するものと考えられる。


2027年9月20日以降の蟹座のメジャーダシャーに入った後に政界引退ではないかと考えられる。

蟹座から見て12室にAmKが在住することになるためである。


つまり、安倍首相は2027年9月20日までは第一線に居続けることが分かる。


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

米倉涼子について更に検証する

前回、米倉涼子の離婚について検証したが、その過程で、ラグナを獅子座に修正した。

獅子座ラグナに設定するとその特異な結婚と離婚について理解することが出来るのである。


yonekukraryoko_chart

獅子座ラグナに設定した理由は他にもあり、wikipediaに記載されている彼女の経歴を検証して説明できると思ったからである。

例えば、wikipediaによれば、5歳からの15年間、米倉涼子はクラシックバレエに通っていた。

20歳になる1995年ぐらいまでクラシックバレエに通っていたことになるが、最初の3年はマハダシャー金星期であり、次の太陽期が6年、次の6年が月期である。

金星は3、10室支配でラグナに在住しており、1-3、3-10室の絡みが見られる。

3室は踊りやパフォーマンスのハウスである。

金星期にクラシックバレエをしていたことは説明できる。


次の太陽はラグナロードで12室に在住し、特に3室の支配星と絡んではいないが、ディスポジターの月が5室支配の木星や9室支配の火星と絡んで3室にアスペクトしている。


次の月期は、月自身が5室支配の木星や9室支配の火星と絡んで3室にアスペクトしている。


このように米倉涼子を獅子座ラグナに設定すると、ディスポジターの理論や3室にアスペクトしているという観点で、そのクラシックバレエとの関連を考えることになる。


高校の時(1992年)、友達がコンテストに応募してくれたのがきっかけで、第6回全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞を受賞し、翌年1993年にモデルデビューしている。

この時が、月/木星期である。


そして、1999年6月30日に「女優宣言」を発表し、以後、女優としてトレンディ―ドラマを中心に活躍し始めたが、この頃がマハダシャー火星期への移行期である。


火星は米倉涼子にとって、4、9室支配のヨーガカラカであり、もう一つのトリコーナの支配星である5室支配の木星と接合してラージャヨーガを形成し、3室(芸能)にアスペクトしている。


従って、この頃から女優としてブレイクし始めたと考えられる。


以後、本格的な女優としてのきっかけは、2004年の『黒革の手帖』を初めとした松本清張三部作への出演である。


kurokawanotecho_photo2

2004年の『黒革の手帖』の時、火星/ケートゥ期⇒火星/金星期であり、火星は5室支配の木星との間にラージャヨーガを形成して、3室にアスペクトし、アンタルダシャーのケートゥは10室に在住し、ディスポジターの金星はラグナに在住し、木星からのアスペクトを受けている。

次の火星/金星期も同様である。



このマハダシャー火星期の中で、10室に絡んで最も重要と思われる火星/ケートゥ期、火星/金星期が、『黒革の手帖』に出演した時期であるということは、彼女のダシャーバランスを理解する上で、重要である。


私は米倉涼子が『黒革の手帖』に出演した当時のことを覚えているが、米倉涼子が松本清張という人気作家の本格的なドラマの主役を演じるということで、本格派女優として、一皮むけた印象であった。


kurokawanotecho_photo

そして、松本清張三部作で役柄を広げた米倉涼子は、2006年秋に『黒革の手帖』舞台版で、舞台公演を果たしている。これは本人念願の舞台であったという。


この2006年秋はちょうどマハダシャーがラーフ期に移行した頃である。


ラーフは4室で減衰しているが、ディスポジターの火星は月から見てケンドラに在住しており、ニーチャバンガ・ラージャヨーガを形成している。

また減衰するラーフはディスポジターの火星からアスペクトもされており、また減衰するラーフが高揚する星座の支配星である金星はラグナから見たケンドラに在住している。

従って、ニーチャバンガラージャヨーガの条件を3つ満たしている。


このマハダシャーラーフ期はディスポジターの火星期のように働くため、基本的には火星期からのブレイクの延長であり、『黒革の手帖』への出演がマハダシャー火星期にあったからこそ、『黒革の手帖』(舞台版)への出演がラーフ期に実現したのである。


ラーフ/ラーフ期になった後の2007年に松本清張三部作の三作目『けものみち』で主演し、同じく2008年のラーフ/ラーフ期に『CHICAGO』の日本版で、ミュージカルに初挑戦するが、2010年にラーフ/木星期になると、ブロードウェイ進出を考え始め、2011年(おそらくラーフ/木星期)に渡米して三ヶ月ジャズダンスやバレエのレッスンを受けている。


20130920231803_2

つまり、マハダシャーラーフ期に海外の象意が発現していることがはっきりと分かる。


そして、ラーフ/木星期にブロードウェイの本場のダンサーからジャズダンスやバレエのレッスンを受けたということである。

つまり、師匠について指導を受けたことを表しており、いわゆる留学と考えられる。


ラーフは9室に在住し、9室の支配星のように振る舞い、ラーフは外国人の表示体であることから外国人の師匠を表している。

そして、木星は学習の5室を支配して、師匠や留学を表す9室に在住している。



従って、ここまで米倉涼子の経歴を見て来て、ブロードウェイに進出したことをもって獅子座ラグナであることがはっきりしてくるのである。


そして、2012年7月に『CHICAGO』でブロードウェイで主演デビューするのである。



yonekuraryoko_photo10

yonekuraryoko_photo7

yonekuraryoko_photo9_2

yonekuraryoko_photo12_2

これはおそらく渡米してダンスを習った先の外国人教師の恩恵で、デビューさせてもらえたことがはっきりと分かるのである。


米倉涼子は、ヨーガカラカの火星が9室で自室に在住し、もう一つのトリコーナの支配星である9室支配の木星と接合して、質的には最高レベルのラージャヨーガを形成しており、月から見てもラグナロードの火星と9室支配の木星がラグナで接合しており、その質が繰り返されている。


ラグナの支配星が9室の支配星と共にラグナ、又は9室で接合する配置は、パラシャラが特別に言及する質の高いラージャヨーガである。


この強力なラージャヨーガが発現するマハダシャーラーフ期であるからこそ、彼女はブロードウェイで日本人としては初めて主演(アジア系でないアメリカ人の役柄において)でデビューできたのである。(wikipediaによればアジア人としても初の快挙であるとのこと)


牡羊座は前人未到の道なき道を切り開く星座であり、米倉涼子は日本人として初の快挙を成し遂げた訳である。


yonekuraryoko_photo6_2

このブロードウェイでの主演デビューを果たした2012年7月は、ラーフ/土星期である。



ここで『あれ?』と思うかもしれないが、それはラーフ/土星期はそんなに強いのかということである。


土星はラグナから見ると、6、7室支配の機能的凶星である。




マハダシャーのラーフのディスポジターである火星は、既に述べているように4、9室支配のヨーガカラカで、最高の質のラージャヨーガを形成している。


アンタルダシャーの土星は6、7室支配の機能的凶星の土星ではあるが、一応、ケンドラの7室の支配星であり、4、9室支配のヨーガカラカの火星との間で、相互アスペクトしている。

9室は海外を表しており、7室も海外を表し、土星が在住する12室も海外を表している。


その9室と12室に在住する火星と土星が相互アスペクトして、7-9室のラージャヨーガを形成している。


また月から見ると、10、11室支配の土星とラグナロードの火星が相互アスペクトして、1-10室、1-11室のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。


ラーフ/土星期において、マハダシャーのラーフはディスポジターの火星が結果を表すため、火星/土星期として考えることができ、そうすると、マハダシャーの火星はアンタルダシャーの土星と相互アスペクトによって、緊密に絡んでおり、しかも強力なラージャヨーガを形成している。


従って、土星はヨーガカラカの火星の影響を強く受けることで吉凶混合しているが機能的凶星としての凶意はそれ程、考えなくても良いのである。


基本的にラーフ/土星期はブロードウェイでのデビューを果たし、大成功をもたらした。


ちょうど、2歳年下の一般人男性と出会ったのはこの頃である。


2011年冬に米倉涼子の行きつけのバーで出会ったということから、ブロードウェイでのデビュー準備とこの男性との交際が同時進行で進んでいたということである。


土星は12室に在住しており、12室は海外も表すが、プライベートへの引きこもりも表している。


海外で活動することで日本での活動が下火になり、暇が出来たその隙間に2歳年下の一般人男性が入ってきたということである。


そして、既に前回、解説したようにラーフ/土星期にこの一般人男性との過酷にして濃密な共依存関係を築くのである。


彼女も仕事での成功の傍らプライベートも充実させたい一心で結婚を夢見て思い悩んだ時期である。


ブロードウェイでの主演デビューの一方で、2012年10月の同じくラーフ/土星期に『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズで主演を演じ、最高視聴率27.4%を記録し、ドラマがヒットしている。


従って、ラーフ/土星期は大成功の時期である。


それは月から見て、ラグナロードの火星と10室支配の土星が相互アスペクトしているからであり、またラグナロードの土星と11室支配の土星が相互アスペクトしているからである。

また既に上述したようにラグナから見た4、9室支配のヨーガカラカの火星と7室支配の土星が相互アスペクトして、ラージャヨーガを形成しているからである。



しかし、この時期にパートナー関係ではやや困難な意見の不一致や消耗を経験していた。


これは土星が6室支配の機能的凶星で、生来的凶星としての火星からアスペクトされていたからである。


吉凶混合している訳である。


但し、もし土星がラーフのディスポジターである火星と絡んでいない場合、もっとラーフ/土星期は過酷な障害をもたらしたと考えられる。


この辺りが非常に重要である。



このように見てきて、米倉涼子はラグナを獅子座に設定しなければ、マハダシャーラーフ期におけるブロードウェイでの主演デビューという快挙を説明することが出来ない。


従って、獅子座ラグナで間違いないと思われる。



次に問題となるのは、米倉涼子のナヴァムシャ(D9)のラグナである。


ナヴァムシャをぱっと見て分かるのは、出生図で彼女に躍進をもたらした3つのキーとなる惑星、火星、木星、ラーフが綺麗にトラインを形成している配置である。


従って、これらがナヴァムシャでも最高のパフォーマンスを発揮するにはラグナがこの中のどれかになる場合である。


ナヴァムシャのラグナの取り得る範囲としては、牡羊座~射手座である。



私は射手座ラグナの可能性が高いのではないかと考えている。


射手座ラグナに設定すると、非常に向上心が高く、ブロードウェイを目指すなどの跳躍感も射手座のキャラクターそのものである。


5室支配のマハダシャー火星期に女優の仕事でブレイクしたのは、5室支配の火星がラグナロードの木星と星座交換して、1-5室のラージャヨーガが成立していたからではないかと思われる。


火星は5室の支配星だが、5室は3室から見た3室目のハウスであり、3室(芸能)の本質のハウスである。


そして、射手座ラグナに設定すると、6、10室支配の金星が10室で減衰している。

6室の支配星が減衰しているため、パラシャラの例外則を形成している。


また減衰する金星が高揚する星座の支配星(木星)が月からみてケンドラに在住しているため、ニーチャバンガラージャヨーガも形成している。


この射手座ラグナで10室で減衰する6室支配の金星は、水泳界のスーパースターであったイアンソープと同じ配置である。


金星は芸能や表現力の表示体であるため、10室の金星は女優の配置である。



マハダシャーラーフ期に入ってブロードウェイでジャズダンスやバレエのレッスンを受ける留学をし、主演デビューしたのは、やはりラーフが9室に在住しているからで、ラーフは木星からアスペクトされ、またラーフのディスポジターである9室支配の太陽は、7、10室支配の水星と接合して、7-9、9-10室のラージャヨーガを形成している。


これが12室で形成されているため、海外(ブロードウェイ)での成功である。


因みに小中学校時代のマハダシャー太陽期はバレエのレッスンに没頭していた(※)ようであるが、やはり太陽は9室の支配星で、7、10室支配の水星と12室でラージャヨーガを形成しており、良い指導者に恵まれて、スタジオなどの密室の練習場で、訓練を繰り返していたことが、この配置から推測できる。


(※wikipediaによれば、米倉涼子は小学3年生から牧阿佐美バレヱ団のジュニアスクールに通い、その後AMスチューデンツに合格、谷桃子バレエ団にも通ってコンクールにも出場している)



このようにナヴァムシャも射手座ラグナで説明できそうだが、まだ他のラグナの可能性が全くないとは言い切れないため、確定とはしないが、一応、可能性の一つとして、射手座ラグナは有効である。



このように米倉涼子の経歴は出生図のラグナを獅子座に設定すると説明することが出来る。



yonekuraryoko


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

2017年について

正月にNHKのニュースを見ていると、川端康成がノーベル文学賞受賞の2年前の選考で高評価を得ており、ノーベル文学賞に近い所まで迫っていたという事実が明らかになったことを伝えていた。

何故、今、川端康成が俄かに注目を集めているかと言えば、射手座ラグナだからである。



kawabatayasunari_chart


射手座から見て、10室に木星が入室して、土星がまもなく2017年1月26日から射手座に入室しようとしている。


射手座に入室すると乙女座に土星がアスペクトするので、乙女座に木星と土星のダブルトランジットが成立する。


そこは川端康成の10室であり、それで世間から注目されているのである。


不思議なことに既にこの世を去っている人であっても、出生図は生きていて死後も働き続けているのである。



従って、今年の前半は射手座ラグナの人にとっては注目を集める時期である。


何か大きいことをしたり、仕事を得たり、昇進するタイミングである。


因みに日本の建国図(サンフランシスコ平和条約施行時)も射手座ラグナであり、現在、日本の建国図の10室に木星と土星のダブルトランジットが生じている。



japan_chart


しかし、日本の場合、元々建国図の10室は2、3室支配の土星が在住して傷ついている。


そして、6、11室支配の金星と7、10室支配の水星と相互アスペクトしているが、金星は機能的凶星化しており、水星は射手座ラグナにとっては、太陽との間にラージャヨーガを形成できる惑星であり、2つのケンドラを支配して吉意を失ってはいるが、機能的凶星に分類せずに機能的吉星に分類される。

但し、4室で減衰して、金星との間にニーチャバンガラージャヨーガを形成する配置である。


金星は高揚してヴァルゴッタマで強いが、機能的凶星である。


但し、機能的吉星の水星と絡んでいるので、アンタルダシャーの金星は吉凶混合しているはずである。


日本がロシアとの間で北方領土や中国との間に尖閣諸島、韓国との間で竹島など領有権問題を抱えているのはこの配置があるためではないかと考えられる。

4室は水の星座であり、高揚する金星は日本の四季折々の美しい国土を表してはいるが、但し、6、11室支配であり、水の星座で傷ついている形になっている。


これが離島での領有権問題である可能性がある。



そして、10室の乙女座に在住する土星は2011年3月11日の福島第一原子力発電所の事故なども表している。


2011年3月11日の事故の時、土星がこの建国図の土星にリターンしており、木星も魚座にトランジットしていた。


従って、10室にダブルトランジットが生じていた。



この時に日本の原子力発電所がメルトダウンを起こし、世界から注目される中で、その対処に追われたのである。



この原子力発電所の事故も津波のせいで、電力が供給できなくなって起こった事故である。


これは水害による被害と言ってもいいものである。


これは日本の建国図の4室が傷ついており、そこは水の星座だからである。



木星が10室をトランジットすること自体は土星がトランジットする時ほど悪い訳ではないが、元々建国図上で示されている配置こそがカルマである。


例えば、2017年3月29日~2017年9月9日の間は水星/金星/土星期である。


プラティアンタルダシャーロードの土星に木星と土星がダブルトランジットする。


従って、今年の3月29日~2017年9月9日は日本にとっては、再び世界から注目される時期である。



それが何であるか特定するのは難しいが、国民の大きな集団が苦労するような出来事が生じる可能性がある。


しかし、それは木星がトランジットしていることから比較的上手く対処するのではないかと思われる。




最近、安倍首相がプーチン大統領と北方領土の交渉をしたが、経済協力だけを約束させられて、何ら返還に関する実質的な成果は得られなかった。


こうした領土問題での外交交渉の失敗は、日本の建国図に示されたカルマではないかと思われる。


現在、水星/金星期で、6、11室支配の金星が土星や火星からアスペクトされている。


つまり、6室支配の金星が領土の4室に在住し、土星と火星からのアスペクトで傷ついている。


これは領土に関する意見の不一致(争い)が生じる配置である。




それでは今年の3月29日~2017年9月9日は一体、何が起こるのか?


例えば米軍の沖縄からグアム移転などで日本が費用を負担するなどの努力が生じるとかそんなことかもしれない。


ドナルドトランプが大統領に就任したら、間違いなく、日本の自主防衛の強化を促し、米軍は同盟国への軍事負担を減らして民間の雇用の確保に予算を使いたいのである。


2017年のヒンドゥーニューイヤーチャートを見ると、蟹座ラグナで10室に5、10室支配のヨーガカラカの火星が在住して、ルチャカヨーガを形成し、領土の4室にアスペクトしている。


jpn2017_chart

つまり、政府のリーダーが強力な指導力(10室:行政)を発揮して、軍事力によって領土(4室)を保全するといった解釈が出来る。


今年の3月29日~2017年9月9日は、政府が領土に関係するようなことで苦労し、金星から見ると11、12室支配の土星が7室に在住しているため、巨額の金銭を消耗するということである。


そうしたことが木星と土星が10室にダブルトランジットしている間で、水星/金星/土星期が来たタイミングで生じる可能性が高いのである。


【安倍首相のXデー】

AbeShinzo_chart

安倍首相のチャートを見ると2017年2月7日から金星/太陽期に移行する。


太陽は2室支配で3室に在住し、12室支配の水星と接合している。


従って、財産の損失を表している。


また金星から見ると、太陽は11室支配で12室に在住し、12室支配の水星と接合している。


従って、ここでも収入、評価、称号の損失という象意が生じている。



ナヴァムシャでも太陽は6室支配で12室に在住し、11、12室支配の土星と12室で接合している。


またマハダシャーの金星から見ても同じ配置である。


ここでも明らかに収入、評価、称号(11室)の損失という象意が生じている。




この2017年2月7日以降というのは、安倍首相のXデーであり、アベノミクスの失敗が決定的になったり、何か政府として巨額の損失を被るようなイベントが生じて、安倍政権の命運が決まるタイミングであると考えられる。


その後の3月29日~2017年9月9日の間に日本の建国図で、何か巨額の損失や国民の苦労といった出来事が生じやすい水星/金星/土星期が生じ、10室にダブルトランジットが生じて、プラティアンタルダシャーの土星の象意を顕現させるのである。



つまり、ちょうどドナルドトランプが大統領に就任した後のタイミングであるため、ドナルドトランプの就任は日本や安倍政権の未来に対して、今年の2月7日から10月26日にかけて広範囲に影響を及ぼしていくと考えられる。




つまり、ドナルドトランプの就任による今までの既得権益を得ていた人たちの没落、失墜は、安倍政権を構成している人々にも影響を及ぼしそうである。



それで、安倍晋三も収入や称号、評価を失うということである。





常にどこにダブルトランジットが成立しているかという観点は重要である。


今年の前半は乙女座にダブルトランジットが生じるが、6月21日から10月26日まで蠍座に逆行する。


蠍座に逆行すると、山羊座と牡牛座にダブルトランジットが再び生じる。



10月26日以降は、土星は射手座、木星は天秤座をトランジットするため、水瓶座と双子座にダブルトランジットが生じる。


今年の10月26日以降が大きな転換点である。



水瓶座や双子座は、リベラル派や社会主義者の星座である。


従って、10月26日において、今の右傾化した世界の状況とは違う状況がまた出現してくると考えられる。




因みに私は昨年末は獅子座ラグナの人を多く鑑定したのである。


ドナルドトランプも獅子座ラグナであるし、また最近、鑑定した成宮寛貴や米倉涼子も私は獅子座ラグナに修正した。


これらは偶然ではなく、昨年末は、山羊座と牡牛座にダブルトランジットが生じ、獅子座ラグナの人々にとっては10室にダブルトランジットが生じ、注目が集まっていたからである。


そして、6室にもダブルトランジットが生じていた為、これらの人々は皆、対人的なトラブルや戦いを抱えていた。



記事を書く際に大抵、ウェブ上に展開されたニュースを参考にして書くため、どうしてもその時、時の人となっている10室にダブルトランジットしている人のことを書くことが多くなってしまうのである。




今年の正月は全く祝う雰囲気ではなかった。

無理もないのは昨年、ドナルドトランプが大統領に当選して、リベラル派にとっては悪夢の日々が続いている。

そして、これから既得権益を得ていた人々が高い所から転落するタイミングが迫っている。

これからドナルドトランプが大統領に就任して世界に激変が生じる直前であり、このタイミングで何か「おめでとう」といったスピーチを何の屈託なくできる人は少ないのは確かである。




(参考資料)



川端康成 ノーベル文学賞受賞2年前の選考で高評価
1月3日 4時43分 NHK NEWS WEB

1968年に日本人として初めてノーベル文学賞の受賞者となった小説家の川端康成は、すでにその2年前の選考で、選考委員の1人から受賞にもっともふさわしいと評価されていたことが、2日、公開されたノーベル文学賞の議事録で明らかになりました。

ノーベル文学賞の受賞者を選考する「スウェーデン・アカデミー」は、50年たったものから順に情報公開請求に応じて議事録を開示しており、NHKが去年秋に請求したところ、2日、1966年の議事録が公開されました。

それによりますと、この年は72人が候補となり、日本人では、川端康成と詩人の西脇順三郎の2人が候補になっていました。このうち川端康成について選考委員の1人は、「日本人に受賞させたいから言うのではない」と前置きしながら、「日本の生活や美学を描き、西洋にはない上品な表現技術がある」と指摘し、受賞にもっともふさわしいと評価しています。

一方、前の年まで3年続けて候補になっていた小説家の三島由紀夫は、候補に入っていませんでした。

ノーベル文学賞をめぐっては、1960年代前半に谷崎潤一郎と三島由紀夫がそれぞれ最終選考の直前まで残っていたことがわかっていますが、今回開示された議事録で、1968年に日本人が初めて受賞する数年前から、日本文学への評価が極めて高くなっていたことが裏付けられた形です。
参照元:川端康成 ノーベル文学賞受賞2年前の選考で高評価
1月3日 4時43分 NHK NEWS WEB

川端康成、ノーベル賞受賞の2年前に最終候補
2017年01月03日 08時20分 YOMIURI ONLINE

【ストックホルム=待田晋哉】1966年のノーベル文学賞で、後に日本人初の同賞の受賞者となる作家の川端康成が、最終選考の対象候補に初めて挙がっていたことが2日、スウェーデン・アカデミーが公開した選考過程の資料から分かった。

 川端文学は2年後の68年の受賞に向け、徐々に評価を高めていた。

 読売新聞が公開を請求した資料によると、66年にはまず72人が候補となり、日本人では、川端のほかに詩人の西脇順三郎が挙がっていた。その後、川端は6人に絞られた候補に残り、その後、5人を対象に詳細な議論が加えられていた。

 アカデミーは、川端の翻訳作品しか読めないと限定したうえで、「彼の作品は、日本の生活スタイルや、倫理的・審美的な文化意識を表現し、それが登場人物の造形に彩りを与えている」と評価。また、作家の伊藤整が、川端の経歴や文学に関する詳細な意見書を寄せていた。
参照元:川端康成、ノーベル賞受賞の2年前に最終候補
2017年01月03日 08時20分 YOMIURI ONLINE

川端康成、受賞の2年前も「あと一歩」 ノーベル文学賞
2017/1/3 20:33 日本経済新聞

 【ストックホルム=共同】1966年のノーベル文学賞の最終候補5人に小説家の川端康成が残り、「日本人の生活様式を見事に表現し、倫理観や美的意識、人々を鮮やかに描き、西洋的な影響を受けていない」と高く評価されていたことが、選考主体のスウェーデン・アカデミーが共同通信の請求を受けて2日開示した資料で分かった。

 川端は68年に日本人で初めて文学賞を受賞しているが、その2年前にもあと一歩で受賞に手が届くところにいたことが明らかになった。

 選考委のエステリング委員長(当時)は5人のうち川端を筆頭に挙げたが、66年はイスラエル人のシュムエル・アグノン、スウェーデン在住のドイツ人ネリー・ザックスのユダヤ系作家2人が受賞。他の最終候補2人は英国の小説家グレアム・グリーン、英国生まれの詩人W・H・オーデン。

 この年の候補者総数は72人。日本人は川端と詩人の西脇順三郎。63~65年にも候補となり、63年には最終候補にも残った三島由紀夫は、66年は含まれていなかった。

 アカデミーは65年に谷崎潤一郎が死去して以降、日本人では「川端がただ一人、受賞に値する」と指摘。小説「古都」を「傑作と呼ぶにふさわしい」とし、「感情あふれる丁寧で優雅な文体、洗練された芸術的なニュアンス」を絶賛した。

 日本人に授与することが「文学賞を地理的に広げることにもなる」と指摘したが、全てが翻訳されているわけではないので「川端作品の全容を知り得ることができなかった」としている。

 ノーベル賞の候補者名や選考過程は、50年間非公開となっている。
参照元:川端康成、受賞の2年前も「あと一歩」 ノーベル文学賞
2017/1/3 20:33 日本経済新聞









スポンサーリンク


スポンサーリンク

2017年以降の抱負について-金星/ラーフから金星/木星へ-

皆様、明けましておめでとうございます。


今年もブログ、メルマガ、セミナー、個人レッスン、対面鑑定、メール鑑定、遠隔対面鑑定など幅広く行っていきますので宜しくお願いします。


今年の1月30日より私はこれまでの金星/ラーフ期から金星/木星期に移行し、木星は出生図で、ラグナから見て、9、12室支配で10室に在住し、月、太陽から見て、9室支配で7室に在住しています。


9室は教育のハウスであり、また10室の木星は職業としての教師やカウンセラーを表す配置であるため、金星/木星期の2年10か月は、やはりセミナーや鑑定が主な活動になってくると考えています。


金星/ラーフ期もラーフのディスポジターが木星であった為、金星/木星期のように働く訳ですが、実際の金星/木星期とはどのように違うのかを体感する意味でも今後の2年10か月は興味深い期間です。


金星/ラーフ期に入る少し前から英国アーユルヴェーダカレッジの石井泉さん(校長)との出会いがあり、定期的に対面鑑定会を開催して頂けることになり、2016年1月時点で延べ264名の方を鑑定しています。またここ最近は南アジア文化協会さんに定期的にセミナーを開催して頂くなど活動に広がりが出て来ています。また知人の紹介で府中市生涯学習センターで講師を3回ほど依頼されたりもしました。


また自前の活動としては2015年にジョーティッシュアカデミー・インド占星術マスターコースを開催し、それを元にしたDVD教材を4本リリースすることができ、購入頂いた方(ジョーティッシュアカデミークラブ会員の皆様)には今でも不定期に教材の内容をフォローしています。


また昨年の9月頃にWeb会議システムを使用したウェブセミナー(インド占星術マスターコース/ウェブ版)を開催し、その教材もリリースするなど、金星/ラーフ期にかなり活動の実績が生じました。


金星/ラーフ期は社会的に有名になっていく時期(デビュー)であり、その後の飛躍の最初のタイミングである(マークボニー)と言われます。


実際は金星/金星期になった2007年ぐらいから公に対面鑑定やセミナーなどを行ってきている訳ですが、2014年1月30日からの金星/ラーフ期には活動の広がりがレベルアップして来ました。


まさに金星/ラーフ期は2回目のデビューの時期でした。


金星/ラーフ期には非常に多くの方にセミナーや対面鑑定や個人レッスンに来て頂き、様々な出会いがありました。


アーユルヴェーダ関連の方の知り合いも増え、様々な専門分野で活躍している方やヨガや瞑想などで活躍している方との出会いもありました。


それを通じて鑑定師としてのスケールアップや、多くの学びもありました。


またここに至るまでに私の周辺の友人知人にセミナーやイベントなどをサポートしてもらったことも大きかったと思います。


その皆さまにはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。


2017年1月30日からの金星/木星期には、そうした活動をより安定させて拡大継続させて行きたいと思っておりますので、皆さまも是非、鑑定家のセミナーや鑑定にお越し下さい。


今年、来年、再来年と宜しくお願い致します。


鑑定家 秀吉




nenga_hagaki_2017















スポンサーリンク


スポンサーリンク