MENU

市川海老蔵の今 - 小林麻耶にSNSで痛烈に批判される-

2022 3/26


最近、小林麻耶が、SNSを通じて、市川海老蔵を批判する投稿を初めたことがメディアで報じられている。





内容としては、闘病中であった元妻・小林麻央の病室に5秒といられなかったことや、貸した9000万円を返さないこと、麻央が亡くなった日に「こんなに高いマンション借りたばっかりなのに」とお金の話をしたことなどである。


またFLASHなどの週刊誌が、海老蔵が、現在、SNSを通じて、ナンパと多重交際を繰り返していることが報じられている。


以前、海老蔵については、ラグナを検討して、結局、分からないままでいたが、牡羊座ラグナではないかという意見も頂いていた。


かなり時間が経過し、改めて海老蔵のチャートを見てみた所、牡羊座ラグナで正しいようである。





まず、海老蔵は、歌舞伎界の名門の家に生まれ、幼い頃から歌舞伎役者としての将来は約束されていた。


歌舞伎役者の世界では、女遊びは芸の肥やしということが当たり前の常識となっている。



日置明子との子供を認知


2003年2月、歌手でモデルの日置明子との間に嫡出でない子(長女、当時1歳)がいることが判明し、子は認知して養育費を支払っていることを会見で説明している。


判明した時、長女は1歳であった為、2002年2月頃には誕生していることが分かる。


つまり、交際していたのもおそらく2002年2月前後である。





ダシャーは、ラーフ/金星期であり、しばしばラーフ/金星期は、交際や結婚をするタイミングである。


牡羊座ラグナであれば、ラーフは6室に在住し、金星は7室の支配星で8室に在住しており、この時期に結婚に至らないような交際をしていたことは想像できる。


歌舞伎役者である為、結婚相手は、梨園の妻としての役目を果たせなければならない。


その条件を満たさなければ、子供は認知するが、愛人のまま交際を続けるか、離別するという形になる。


今回、種々検討した所、ナヴァムシャ(D9)のラグナは双子座に設定し、サプタムシャ(D7)のラグナも双子座に設定してみた。


ラーフはラグナに在住し、金星は5室支配で4室に在住している。



おそらく日置明子と交際が始まったと思われる2002年2月前後は、ラーフが2室、ケートゥが8室をトランジットしており、7室支配の金星にラーフ/ケートゥ軸が絡んでおり、また土星は2室牡牛座をトランジットして、7室支配の金星にアスペクトし、木星は双子座から7室にアスペクトして、7室にダブルトランジットが生じており、交際のタイミングを物語っている。





そして、同じラーフ/金星期のタイミングに非嫡出子の長女が誕生している。







2003年2月で1歳であることから、おそらく、2002年7月5日の段階で、土星が牡牛座から5室支配の太陽にアスペクトし、木星が蟹座から5室支配の太陽にアスペクトして、5室にダブルトランジットが形成されており、9ヶ月前の段階で、5室にダブルトランジットが成立していたと考えられる。



またこの時、5室の支配星にラーフ/ケートゥ軸もトランジットしている。





サプタムシャが、双子座ラグナであれば、ラーフは5室支配の金星とコンジャンクトし、金星は5室の支配星である。




小林麻央を梨園の嫁として迎え入れる


その後、2009年11月19日に当時、フリーキャスターだった小林麻央との交際が報じられ、2010年1月29日に正式に婚約発表の記者会見を行ない、3月3日に婚姻届を提出し、7月29日に結婚式を執り行っている。





既に交際が報じられた段階で、結婚を前提に交際していることを発表しており、小林麻央にとって、梨園の嫁としての結婚という意味合いがあったと思われる。



この時のダシャーが、木星/土星期である。もっと言えば、木星/土星/ラーフ期辺りである。





ナヴァムシャのラグナが双子座であれば、木星は7室の支配星で7室に在住しており、土星はラグナに在住し、プラティアンタルダシャーのラーフもラグナに在住しており、完璧に結婚のタイミングを表している。





結婚した2010年7月29日のトランジットを確認すると、木星は魚座を通過し、土星は乙女座を通過して、2室(結婚生活、実家)と7室(配偶者)の支配星にダブルトランジットしていたことが確認できる。





市川海老蔵暴行事件


この結婚した直後の2010年11月25日早朝に西麻布の飲食店で暴行を受け、頭部、顔面を負傷するという事件が起こっている。



ダシャーは、木星/土星期であるが、この出来事がナヴァムシャのラグナを確定する上で、重要である。







アンタルダシャーの土星は、8室の支配星でラグナ(身体)に在住して、身体を傷つけており、また2室の支配星(顔面)である月とコンジャンクトして、2室を傷つけている。


このラグナには6、11室支配の火星もアスペクトしており、ラーフ/ケートゥ軸も絡んで、ラグナや2室の支配星は激しく傷ついている。



ラグナに6室支配の火星と8室支配の土星の絡みがあることが分かる。



このことによって、犯罪絡みの暴力事件に巻き込まれたことが分かる。



木星がアスペクトしている為、それ程、大事には至らなかったのかもしれない。







出生図でも土星は、2室(顔面)にアスペクトしており、月から見て2室(顔面)にアスペクトしている。





小林麻央との間で2人の子供が誕生


2011年7月25日に第1子の麗禾(れいか)が誕生し、2013年3月22日に第2子の長男・勸玄(かんげん)が誕生している。



どちらも木星/水星期に誕生している。





サプタムシャのラグナが双子座であれば、木星は子供の表示体で9室にアスペクトし、ラグナロードの水星と相互アスペクトしている。



水星は、ラグナロードで9室に在住しており、子供の誕生を表している。





2011年7月25日は、木星は牡羊座から5室にアスペクトし、土星は乙女座から5室の支配星にアスペクトして、5室にダブルトランジットしている。



またラーフ/ケートゥ軸(ラーフ)も5室の支配星にトランジットしている。







2013年3月22日は、2ヶ月前の段階で、木星は牡牛座で逆行して、5室と9室にアスペクトし、土星は9室にアスペクトして、9室にダブルトランジットしていた。






SNSを通じてナンパと多重交際を繰り返す


週刊FLASHによれば、現在、海老蔵は、小林麻耶からSNSを通じて、批判を受け、またSNSを通じて、ナンパと多重交際を繰り返しているという。





現在、ダシャーは、木星/ラーフ期であり、木星は現在、11室をトランジットして、7室にアスペクトし、土星は10室をトランジットして、7室にアスペクトして7室にダブルトランジットが形成されている。



従って、海老蔵は、交際を活発化させているのである。



木星は3室(食欲、性欲、睡眠欲)に在住し、3、6室(愛人)支配の水星と星座交換している。



この木星と水星の3室の支配星と9室の支配星の星座交換は、歌舞伎という伝統芸能を師匠(9室の支配星)から学び、訓練を受けて、演舞の技(3室の支配星)として磨きあげる配置であるが、芸能においてつきものの、食欲、性欲、睡眠欲や愛人といった象意も表している。



またラーフは6室(愛人)に在住して、ディスポジターの水星は3室(食欲、性欲、睡眠欲)、6室(愛人)の支配星である。



そして、トランジットのラーフは、最近まで2室をトランジットしていたが、2室は7室から見た8室である為、パートナーが海老蔵から金銭や恩恵を受けたいと思って、近づいて来る配置であり、パートナーが結婚願望や交際願望を持って近づいて来る配置である。




また海老蔵自身も愛人を囲いたいという欲望が生じる時期である。



そして、ラーフは、2022年3月17日から牡羊座に移動して、海老蔵のラグナに移動したが、これはパーソナリティーや容貌の変化を表わしている。



最近の海老蔵の写真を見ると、明らかに野獣のような顔つきになっていることが確認できる。







現在、木星/ラーフ期である為、アンタルダシャーのラーフが、2室をトランジットしていた為に上記のような行動を取っており、またパーソナリティーや容貌に変貌が生じたのである。




マハダシャー土星期へ


然し、2022年5月26日からマハダシャーが土星期に移行することから、メディアで報じられたことにより、襟を正さなくてはならなくなり、ナヴァムシャで、8、9室支配の土星がラグナに在住して、10室支配の木星からアスペクトを受けている配置は、師匠からお叱りを受けたり、仕事の困難をもたらすかもしれない。



土星は7室にアスペクトする為、今後、交際は控えなければならず、2室にもアスペクトする為、両親、家族との関係が悪くなるかもしれない。







今回、小林麻耶から批判を受けたのは、木星が6室の支配星と星座交換したり、ラーフが6室に在住しているからであり、またトランジットの木星が、まもなく2022年4月14日から魚座に移動して、12室と4室にアスペクトしているからである。



4室には、8室支配の火星が減衰して在住しているが、8室にダブルトランジットが形成されている為、突然のハプニングを経験したのである。



この火星は、月から見ると、3(メディア)、8室(突然の行き詰まり、災難)支配で11室(評価、評判)に在住しており、そうした火星にダブルトランジットが形成されている為、突然、メディアから批判的な記事を掲載されたことが分かる。



但し、この火星は、8室の支配星であるが、減衰している為、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な効果を発揮する配置であり、二重否定を示している。



8室は通常は自分を支配する相手を意味するが、その火星が減衰しているということは、最初はメディアの記事によって困惑するが、災い転じて福となすような効果が期待できるはずであり、海老蔵にとっては、それ程のダメージにはなりそうもない。



テレビは、こうした海老蔵の不祥事を一切報じようとはせず、歌舞伎の名門一家に対して、完全に忖度している。



つまり、これが月から見たメディアの3室の支配星が減衰している意味である。





海老蔵にとって、マハダシャー木星期は何を意味していたか



現在、海老蔵のマハダシャー木星期が終ろうとしているが、木星期は海老蔵にとって何を意味していたのかということである。




木星は、9、12室支配で、3室の支配星と星座交換しており、一つは、海外で日本の伝統芸能である歌舞伎をプレゼンテーションするという、栄光に恵まれたことである。







木星/木星期に入った2007年3月、パリ・オペラ座で初の歌舞伎公演を父とともに実現し、『勧進帳』の弁慶で「紅葉狩」の舞いを披露し、パリの絶賛を浴びている。



こうしたことを師匠である父親と共に実現したのは、まさに9室(父親、師匠)と12室(海外)の支配星である木星が3室(歌舞伎)に在住し、3室の支配星と星座交換しているからである。







そして、小林麻央との結婚によって、爽やかなイメージを振り撒き、病気の妻を見舞う好印象な人物を演出した。



然し、木星は、傷ついていたりする場合、善人ぶったり、偽善的に振る舞うことが知られている。



木星はモラル(道徳)の惑星である為、道徳的に振る舞おうとするのだが、凶星や凶ハウスによって激しく傷ついている場合、そうしたモラルが破綻しているにも関わらず、表面的にモラルがあるように振る舞い、つまりは、偽善者となる。



木星は宗教家の表示体であるが、質の悪い宗教家は、本来、自分の中にモラルがないにも関わらず、それでも説法したり、道徳を説いたりして、宗教家としての仕事をしなければならない。



そうしたことをイメージすると分かりやすいかもしれない。



海老蔵は、マハダシャー木星期にそうした爽やかで、妻想いの男を演じて、それに成功したのであるが、木星期の終わりである木星/ラーフ期になって遂にその偽善が破綻したのである。



木星/ラーフ(ダシャー/アンタルダシャー)という組み合わせは、グルチャンダラの組み合わせである。




海老蔵のナヴァムシャのラグナが双子座で正しければ、7室支配の木星が7室に在住している為、小林麻央と出会い、結婚したのである。



あたかも生涯を共にするかけがえのないパートナーに出会ったような演出で、本人たちもそのように世間に対して振る舞っていたが、小林麻耶の話によれば、海老蔵は、支配的であり、小林麻央は、支配的な海老蔵との生活が辛くて離婚したいと思っていたということである。



離婚したいと言っていたのは結婚してすぐで海老蔵と結婚してから奴隷のように扱われて辛いと相談を受けていたという。



また小林麻央に民間療法を勧めたのは海老蔵で、麻央はやめたいと思っていたが、やめさせてもらえず、抗がん剤による治療が遅れてしまったという。





このように夫婦関係に問題があったのは、ナヴァムシャにおいて7室支配の木星が、7室でハンサヨーガを形成して強いが、8室支配の土星や6室支配の火星、ラーフ/ケートゥ軸と絡んで、激しく傷ついていたことによるものである。



6室支配の火星と8室支配の土星の絡みが成立していれば、犯罪的な苦しみがあったことを表している。



そして、この7室や7室の支配星が激しく傷ついている為、小林麻央と死別する結果となった。



小林麻央との爽やかな結婚というものも、この木星期の終わりのタイミングにおいて、実は、偽善に満ちており、嘘のイメージであったことが明らかになったのである。




ナヴァムシャにおけるグルチャンダラヨーガ


木星はグルチャンダラヨーガを形成しており、これはお世話になった人を裏切る配置であり、恩知らずの配置である。



海老蔵は、最近、SNSでナンパを繰り返し、多重交際をしているのは、まさに木星/ラーフ期において、グルチャンダラヨーガが発現したからに他ならない。



7室の木星は、パートナーの数が多いことを表しており、複数の妻を意味している。



ラーフはラグナに在住しており、パートナーとの交際を表わすが、ラーフのディスポジターの水星はラグナロードで2室に在住して、2室の支配星と1-2の星座交換をしている。



これは7室をラグナとした場合には、7室と8室の星座交換であり、現在、ラーフ期であるということは、7室から見て7室支配で8室に在住し、8室の支配星と星座交換する水星の象意が顕現する時期である為、海老蔵の元には、海老蔵と交際し、海老蔵からお金や恩恵を受けたいという愛人志望の女性たちが近づいて来る。



海老蔵もSNSでファンの女性たちに連絡をしまくり、歌舞伎役者である為、そうした愛人志望の女性たちが、後から後から湧き出して来て、海老蔵の元に駆けつける。



海老蔵にとって、木星/ラーフ期はそんな時期である。



海老蔵のナヴァムシャが双子座ラグナで正しければ、海老蔵にどことなくブラックなイメージが付きまとうのは、ナヴァムシャのラグナに土星、ラーフ、月が在住している為である。




小林麻耶暴露動画








(参考資料)

ライブ配信にハマる市川海老蔵 “投げ銭”で1日数十万円売上も若者はドン引き
2022/3/25 7:15 NEWSポストセブン

歌舞伎界の頂点に立つ大名跡・團十郎の襲名を間近に控える市川海老蔵(44才)。近年はSNSで盛んに発信しているが、そのSNSが女性との出会いの場となっていた。

3月上旬に都内の高級ホテルでA子さんと、3月上旬には都心のホテルでB美さんと、3月11日から3日間行われた福岡公演では、宿泊するホテルでC子さんと密会するなど、活発に逢瀬を重ねる海老蔵。稀代の歌舞伎役者だけにモテるのは当然だが、実際に海老蔵と関係を持った人気インスタグラマーD代さん(20代)によれば、知り合うきっかけはSNSのメッセージ機能だったという。

「最初は私の仕事や、普段の生活についてなど、当たり障りのないやりとりをしていました。すると海老蔵さんからLINEに切り替えないかと提案されました。SNSの機能なら誰でも海老蔵さんにメッセージを送れますけど、LINEを教えてもらったことで、特別な存在だと言われているような気がしてうれしかったです」(D代さん)

 D代さんが「会ってみたい」と言うと、海老蔵はホテルを指定したが、いざ会うと会話は事務的。2万円を手渡された後、「パパ活をしたいのか、おつきあいしたいのか、肉体関係を持ちたいのか」と、3つの選択肢を提示されたという。

極太眉とつけまつげ

 海老蔵はこれまで、歴史と伝統ある歌舞伎の世界で、革新的な取り組みをしてきた。公演期間中に休演日を設ける「働き方改革」も行った。ブログやSNSでの情報発信も、歌舞伎界を身近に感じてもらうための一環だったはずだ。妻・小林麻央さん(享年34)の存命中からブログを熱心に更新し、2020年6月にはYouTubeチャンネルを開設した。

「再生回数はコンスタントに100万を超え、多いときは300万回に上ることもありました。ですが最近は3~5万回程度に下がっています」(芸能関係者)

 そうした事態を打開するのに、海老蔵が目をつけたのがSNSのライブ配信だった。手の空いた時間に気軽に行えて、動画編集にコストがかからないライブ配信では、視聴者からリアルタイムでコメントをもらい、それをもとに交流することもできるため、配信する側にもされる側にも人気だ。成蹊大学客員教授で、ITジャーナリストの高橋暁子さんが解説する。

「コロナ禍で対面の機会が非常に減っている中で、人間関係のオンライン化が進んでいます。さらに『投げ銭』がブームになっています。アーティストのライブを見に行って、おひねりをするような感覚でしょうか。最近の若者は、何かを買うのではなく、“推し”つまり自分が応援する人のためにお金を使うことに喜びを感じていて、投げ銭はその欲求を満たすのに最適なアイテムと言えます」

連日ライブ配信を行い、いまやすっかり虜になっている海老蔵。あるときは、わずか5分ほどのゲームの間に、10万円近い投げ銭を得ていたこともある。1日3時間ほどの配信で受け取る総額はゆうに数十万円になることもある。ライブ配信中の海老蔵はサービス精神旺盛だ。

「交信相手とのやりとりやゲームは序の口。大塚愛の『さくらんぼ』に合わせて全力でダンスをしたり、コスプレ女子につきあってアニメキャラクターの鳴き真似をしたり。時にはTikTokの機能を使って、極太眉とつけまつげ姿を披露するなど、お笑い芸人顔負けのはっちゃけぶりです」(前出・芸能関係者)

 前出の高橋さんが続ける。

「配信する側にとっても、画面の向こうに自分を見てくれている人が大勢いるということにつながりを感じ、承認欲求が満たされる。芸能人のかたも、コロナ禍でファンと会えない日々が続きましたよね。そんな中で、リアルタイムのやりとりができ、加えてお金も集まるという、満足感や幸福感があるのでしょう」

 10~20代の若年層がメインのSNSユーザーには、海老蔵の姿は奇妙に映っているという。10代のTikTokユーザーが言う。

「TikTokには、“アオリ”と呼ばれている、盛り上げ役の配信者がいます。アニメキャラのコスプレをしたり、奇声をあげて踊り狂っているような人たちです。そういう人に煽られて、海老蔵さんが恥ずかしげもなくキモい踊りをやっているのは、正直かなりヤバいです。若者世代に受け入れられているわけではないですよ。キワ者扱いというか……」

 歌舞伎役者としての海老蔵のファンは目を覆う。

「歌舞伎役者には見えないうえ、残念としか言えません。伝統芸能が軽んじられているようにも感じてしまうし、海老蔵さんのファンだと周囲に言いにくくなってしまった」(50代女性)

 3月4日、海老蔵はSNS上で自身に向けられた誹謗中傷に対し法的手段を講じる意向があることを明らかにした。そのSNSに海老蔵が見出したのは、ファンとの交流より、小遣い稼ぎより、「パパ活ナンパ」という“機能”だったようだ。

まん防中のデートやSNSを通じての複数女性との交際関係について、海老蔵の所属事務所はこう回答した。

「女性関係・プライベートについては基本的に本人に任せております。ただ、まん延防止等重点措置中の外出については重く受け止め、本人に猛省を促します。TikTok等のSNSについては海老蔵本人の管理のため、事務所としてはお答えしかねます。SNSでご寄付を集めた以上、すべての金額を寄付するよう本人と相談いたします。

 事務所として不要不急の行動を控えるよう、本人に感染防止の取り組みを徹底して参ります。みなさまに多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます」

 プライベートの海老蔵は四六時中スマホを睨んでいる。だが、海老蔵は歌舞伎界の名門「成田屋」を背負って立つ存在である。ファンが期待するのは新型コロナも吹き飛ばす「歌舞伎役者・海老蔵」の睨みだ。

※女性セブン2022年4月7・14日号
参照元:ライブ配信にハマる市川海老蔵 “投げ銭”で1日数十万円売上も若者はドン引き
2022/3/25 7:15 NEWSポストセブン
海老蔵に“SNSナンパ”されホテル密会した女性が告白「2万円を手渡されました」
2022/3/24 16:00 女性セブン

さすが稀代の役者の「早替り」と言うべきか。あちらで女性と一幕、こちらで一幕、あッという間にまた一幕。SNSでコッソリと声をかけては、次々に手をかけていく「大立ち回り」だ。ブログでは絶対に明かされない、市川海老蔵(44才)の正体、見たり。

 歌舞伎界の大スター・市川海老蔵いろいろな意味で“元気”だ。3月中旬、主演する『六本木歌舞伎』の公演が中止になった海老蔵は、東京都に「まん延防止等重点措置」がとられている最中に女性と深夜まで密会。

 それに先立つ3月上旬には、黒の革ジャンに黒のパンツというカジュアルな出で立ちのB美さんとホテルで密会。さらに3月11日から3日間、福岡公演を行った際には、フェミニンなグレーのロングコートの下に黒いロングベストを着て、胸元と右手にはシルバーアクセサリーが光るC子さんとホテルで密会した。

 海老蔵が複数の女性とのデートを楽しんでいる様子は、昨年10月の『週刊ポスト』でも報じられた。巡業先の岡山・倉敷では、若い黒髪の女性と鉄板焼きデートを楽しんだ翌早朝、女性の宿泊するホテルを自転車で訪問。二つ折りにした一万円札の束を渡し、女性の部屋へと入っていった。その日の夜には、鳥取・米子の高級旅館の特別室で、ボブヘアの目元が涼やかな女性と時間をともにした。

 歌舞伎界を代表する二枚目ともなれば、モテるのは当然だろう。妻・小林麻央さん(享年34)の死から4年が過ぎ、2児の父ではあるものの、独身の海老蔵が恋愛を楽しむことは、自然なことだ。しかし“いつも違う女性”というのはいささか心配にもなってくる。どこでそれだけ多くの女性と接点を持つのだろう。

「海老蔵さんは、SNSのメッセージ機能を使って一般の女性やインスタグラマー、TikTokerなどに声をかけて、会う約束を取り付けているようです。平たく言うと『SNSナンパ』で、多重交際をしているんです」(芸能関係者)

 不特定多数に向けて日記や写真、つぶやきを投稿するのに対し、メッセージ機能は特定のユーザーと直接、個人的にやりとりが可能だ。歌舞伎ファンだという20代の女性が明かす。

「以前から海老蔵さんのファンで、TikTokの投稿やライブ配信を見ていました。私自身も動画を公開しているのですが、ある日突然、海老蔵さんからメッセージが届いたんです。

 まさか本人から連絡がくるとは思わなかったので、はじめは偽物か、海老蔵さんのアカウントがのっとられたんじゃないかと疑ったほどです。しばらくやりとりしていたら、“直接会おうか”っていう話になったんですけど、やっぱり怖くなって、お断りしてしまいました」

 また別の女性・D代さんは、実際に海老蔵と都内のホテルで関係を持った。20代半ばのD代さんは、50万人以上のフォロワーを持つ、人気インスタグラマーだ。きっかけはやはりSNSのメッセージ機能だったという。

「最初は私の仕事や、普段の生活についてなど、当たり障りのないやりとりをしていました。すると海老蔵さんからLINEに切り替えないかと提案されました。SNSの機能なら誰でも海老蔵さんにメッセージを送れますけど、LINEを教えてもらったことで、特別な存在だと言われているような気がしてうれしかったです」

 そうした気持ちが作用したのか、一気に距離が縮まった。やりとりも、恋人の有無や好みのタイプなどに及んだ。

「あるとき“ぼくにお願いとかある?”と聞かれて。“会ってみたいです”と返したらあっさり、“いいよ、会ってみる?”って」

 海老蔵が指定したのは、都内のホテルだった。

「人目を避けたいから、ということでした。海老蔵さんが予約してくれて、行ってみたら都心のとても高級なホテルでした。あらかじめ言われていたように、人に見られていないか用心しながら、指定された部屋まで行きました」

 その部屋で海老蔵は待っていた。会話は事務的だったという。

「“そこで靴を脱いで”とか“荷物とスマホはそこに置いて”って。きっと写真を撮られたりすることを警戒していたんだと思います。ソファに座ると“はいこれ”と、2万円を手渡されました」

 照明が落とされた部屋で、とりとめのない話をする。すると海老蔵が話題を変えた。

「きみはどうしたいの? ぼくと」

 海老蔵が提示したのは3つの選択肢だった。

「パパ活したいのか、おつきあいしたいのか、それとも肉体関係を持ちたいのか……」

「パパ活」とは、お金と引き替えに、女性が男性と食事をともにしたり、時には肉体関係を持つことだ。かつての「援助交際」と言って差し支えないだろう。

「急に言われて、なんて答えたらいいかわからなくて。そしたら海老蔵さんが“麻央がいなくなってさみしいんだ”って悲しそうにこぼしたんです。それを聞いて余計どうすればいいのか迷ってしまいました」

 逡巡するD代さんに、海老蔵は「とりあえず、ベッドに横になって」と告げた。

「海老蔵さんがそういう感じで触ってくると、先にお金も渡されているからそういうことだよな、と理解して身を委ねました。一緒にいたのは2時間くらいでした。何度も“愛しているって言って、言って”と求められたことが強く印象に残っています」

 歌舞伎ファンが望んでいるのは、四六時中スマホを睨む海老蔵ではなく、舞台で見せる睨みのはずだ。

※女性セブン2022年4月7・14日号
参照元:海老蔵に“SNSナンパ”されホテル密会した女性が告白「2万円を手渡されました」
2022/3/24 16:00 女性セブン
市川海老蔵、まん防下での深夜デートと多重交際 小林麻耶・麻央さん姉妹を悩ませた「梨園の価値観」
2022/3/25 21:00 NEWSポストセブン

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(44)が、SNSを通じてインスタグラマーやTikTokerなどに声をかけて、まん延防止等重点措置下にもかかわらず、深夜まで複数の女性とデートを重ねていることが『女性セブン』によって明らかになった。また、海老蔵は昨年10月には、地方巡業3泊4日の間にふたりの女性と代わる代わる過ごす姿もキャッチされている。

 義姉にあたるフリーアナウンサーの小林麻耶(42)は3月21日、「小林麻耶暴露」と題した動画をYouTubeに公開した。麻耶は、昨年10月に海老蔵が「本当色々あったけど、おかえり」と麻耶の離婚を示唆するような内容をブログに投稿していた件について、「女性遊びをカモフラージュするため、私に断りなく、プライベートを勝手にブログにあげた」と非難。さらに生前の麻央さんから「離婚したいよ」などと相談を受けていたことなどを涙ながらに明かしたのだ。

 麻耶にとって、愛する妹・麻央の結婚は心配なものだったらしい。

「ふたりの交際時、麻耶さんは『麻央が心配』と周囲にもらすこともありました」と梨園関係者が語るように、結婚前から海老蔵の女性関係は取り沙汰されてきた。

 麻央も海老蔵の女癖については知っていたが、それでも結婚を前提とした交際を続けていた。当時、記者の「海老蔵さんはこれまで女性の噂もありましたが、心配はないですか?」という質問に以下のように答えている。

〈どういう意味ですか?(笑)“愛し続けます”とみなさんの前で言ってくださったので大丈夫だと思います〉(『週刊文春』2010年1月)

 2009年12月、海老蔵は「年貢を納めざるをえない」と麻央との結婚をマスコミに向けて堂々宣言した。しかし、年貢はすぐに納めきれるものではなかったようだ。

「当時の週刊誌による各報道では、麻央さんとの交際と同時並行して、海老蔵さんが他の女性とも親密にしていることが伝えられました。麻央さんのような良妻賢母タイプが本命だとしても、海老蔵さん自身は超肉食男です。これまでの傾向から見るに、多重交際は彼にとっては“通常運転”なのかもしれません」(スポーツ紙記者)

『週刊ポスト』は2009年、麻央さんの前に海老蔵と交際していたという20代女性(当時)のAさんに取材している。「真剣だ」「本当はお前みたいな女がいい」と熱烈に口説かれたが、海老蔵の浮気が発覚し、Aさんは別れを切り出したという。

 梨園の価値観で生まれ育った海老蔵を一般人の常識で測ることは難しい。 “隠し子”の存在が発覚し、2002年に記者会見を開いた際、「“産みたい”と言うので、“そうですか”と」という発言が世間でも話題に。お相手の女性と結婚しなかった理由については「僕は子どもの頃から歌舞伎の世界にいて、周りの環境がどうであれ、これが普通だと思っていました」と語っており、成田屋を背負う海老蔵にとって、女遊びは芸の肥やし。特に結婚となると、双方の愛情だけで决められるものではないのだろう。前出の梨園関係者は語る。

「麻央さんも『梨園はそういうところだ』とは織り込み済みで結婚したところはあるのでしょう。しかし、頭ではわかっていても、特に妊娠中などは堪えていたようです。『仕方ないとは思っているけど……』ともこぼしていました」

 今年1月に放送された『市川海老蔵に、ござりまする。』(日本テレビ系)で、海老蔵は「再婚は基本考えていない」と語っていた。彼の心に今も麻央さんが大事な存在としていることに変わりはないのだろう。しかし、だからといって恋愛ナシの人生は厳しいようだ。
参照元:市川海老蔵、まん防下での深夜デートと多重交際 小林麻耶・麻央さん姉妹を悩ませた「梨園の価値観」
2022/3/25 21:00 NEWSポストセブン
市川海老蔵、小林麻耶の暴露よりも問題視される「まん防破りで女性と密会」にテレビがダンマリな理由
2022/3/25 18:01 週刊女性PRIME

 このところ、歌舞伎俳優・市川海老蔵をめぐる騒動が続いている。

 フリーアナウンサー・小林麻耶の元夫で整体師の“あきら。”こと國光吟氏がブログで海老蔵批判を展開し、麻耶もそれらのブログを再投稿していたかと思えば、3月21日には國光氏のYouTubeチャンネルに登場した麻耶が、自身の言葉で海老蔵を糾弾し始めた。

ホテルで女性に2万円

 海老蔵は2010年3月に麻耶の妹・麻央さんと結婚し、2011年7月に長女・麗禾ちゃん、2013年3月に長男・勸玄くんも誕生。しかし2017年6月、麻央さんは乳がんのため亡くなった。

「麻耶は、生前の麻央さんの病室で“競馬新聞を開き、競馬を見ながら楽しんでいた”という海老蔵の非常識な行動などを暴露。また、麻央さんが“離婚したい”と漏らしていたことも明かしています。さらに、今月24日のYouTube動画では、海老蔵が麻耶から9000万円もの大金を借りっぱなしにしているという話もありました」(スポーツ紙記者)

 そんな中、同日発売の「女性セブン」(小学館)は、政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的でまん延防止等重点措置をとっていた3月中旬、海老蔵が女性・A子さんと外食していたと報道。まん防期間中、都内の飲食店の営業時間は夜9時までと求められていたが、海老蔵は日付が変わる頃までA子さんと食事デートを楽しんでいたという。

 さらに、3月上旬にはB子さんと“ホテル密会”し、また別の日にはC子さんともホテルで合流していたという海老蔵。記事では、彼がSNSを使って女性をナンパし、多重交際していることが伝えられたほか、やはりSNSを通じて海老蔵と知り合ったというD子さんも登場して、ホテルで2万円を手渡されたとの証言も掲載された。

「SNSでナンパした女性に金銭を支払い、肉体関係を持つということで、業界内外で“海老蔵ってパパ活してるの?”と呆れられています。ただ、世間ではパパ活疑惑よりも“まん延防破り”のほうが問題視されている印象。

 同ニュースを知った麻耶も、24日付のブログで海老蔵の女性関係に苦言を呈しつつ、“たくさんの人前に立つ人間が 東京だけではなく 地方にも移動する人間が まん防破り 店で食事 マスクなしで歩く こんなことがあって いいのでしょうか”“あれだけブログは更新できるのに まん防破って 遊んでるのに 謝罪の一言も出さないんですね”などと批判していました」(同・前)

麻耶の“口撃”に海老蔵も困惑か

 麻耶の言う通り、海老蔵は「女性セブン」で報じられた件について無視を貫いている。また、ネット上では問題になっているものの、テレビでは一切取り上げられていない。

「芸能人の異性関係や、コロナ禍の問題行動などはニュースとして取り上げられやすいのですが、海老蔵に関してはパパ活疑惑、まん延防破りともにテレビでは扱われていません。やはりテレビ関係者からすると、歌舞伎を興行している松竹を敵に回してはいけないという“忖度”が働いてしまうのかも……。もしくは“女遊びは芸の肥やし”“歌舞伎役者とはそういうもの”といった時代錯誤な考え方が、テレビ界にもいまだ根付いているのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 しかし、麻耶はスルーを許さない。3月25日には「SNSで複数ナンパできるのに私には謝罪メール一通も来ません。」と題したブログを公開し、いつまでも自身に連絡をよこさない海老蔵を責めている。

「現状、麻耶にはテレビ出演のあてなどなく、その“口撃”もネット上で話題になっているばかりではあるものの、海老蔵がアクションを起こさなければ止まることはなさそう。なお、24日には麻耶が“麻央さんからのメッセージ”と捉えられるようなブログを“小説”や“手紙”というていでアップしていて、さすがの海老蔵も何て連絡をすれば良いのかわからず、困惑しているのではないでしょうか」(同・前)

 海老蔵は、テレビが忖度してくれているうちに麻耶と決着をつけたほうが良さそうだが、果たして……。
参照元:市川海老蔵、小林麻耶の暴露よりも問題視される「まん防破りで女性と密会」にテレビがダンマリな理由
2022/3/25 18:01 週刊女性PRIME
小林麻耶、海老蔵を再批判「9000万円貸したが返ってこない」
2022/3/24 15:13 FLASH

小林麻耶が、3月24日、元夫・國光吟(くにみつ・あきら)氏のYouTubeチャンネル『吟 Akira』に登場。「海老蔵が麻央ちゃんの治療を選んでいた」との新たな動画で、亡くなった妹・小林麻央さんの夫である市川海老蔵を批判した。

3月21日に公開した2本の動画で、麻央さんの病室での海老蔵の態度を批判した麻耶。今回はさらに、麻央さんに民間療法を受けさせていたのは海老蔵だと指摘する。

「私たち家族は何度も何度も病院に行くよう説得しましたが、『もうちょっと待って』と説得できませんでした」と回想。

 その治療について麻耶は、「妹は亡くなる直前に『“あの治療やめたい” って海老蔵に何度も言ったんだ。離婚すればよかった』と言ってました」と明かす。

 また、海老蔵は中東で初めて歌舞伎公演を実現させたが、麻耶はその際に「9000万円貸した」と明かす。だが、「お金、払ってもらえなかったんですよね。私の大切な9000万円どこに行っちゃったんでしょうね」と、お金が戻ってきていないことを明かした。

 麻耶の新たな暴露に、YouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

《麻耶さんのどうしようもない怒りが伝わってきて苦しくなりました》

《麻耶さん、動画拝見して本当に胸が痛くなりました》

《子どもを守ってあげて、ただそれだけ》

「今回の動画で麻耶さんは、麻央さんから『何かあったら全部言ってもいいよ』と、海老蔵さんについて発言する許可をもらっていたことを報告。

 さらに、海老蔵さんについて、麻央さんが生きてるときに『子供に “これからは3人で生きていこうね” と言っていた』と不快感をあらわにしていました」(芸能ライター)

 別の動画「何故こんな動画を上げてるのですか?という質問についてと、グッとラックのお話し」で、「ものすごく考えてやっています」と熟慮した上での発言だと明かしている麻耶。暴露はどこまで続くのか。
参照元:小林麻耶、海老蔵を再批判「9000万円貸したが返ってこない」
2022/3/24 15:13 FLASH
小林麻耶、市川海老蔵を批判「麻央の病室で競馬」「亡くなった日にお金の話を」
2022.03.22 16:00 FLASH編集部

 小林麻耶が、3月21日公開の元夫・國光吟(くにみつ・あきら)氏のYouTubeチャンネル『吟 Akira』に登場。「小林麻耶暴露」と題した動画で、亡くなった妹・小林麻央さんの夫である市川海老蔵との不仲を明かした。

 麻央さんの闘病中の海老蔵の態度について、「病室に5秒いるのが精いっぱいでしたよね。『え、何すればいいの。いられないんだけど。帰るわ』って。私、すごい人だなって思いました」と回想。

 のちに海老蔵は5~10分、病室にいるようになるが、「本当に大変なときに、病室で競馬新聞を開き、競馬を楽しんでましたよね。私と母と父の前で」とぶっちゃけた。

 麻耶によると、麻央さんが亡くなった日に海老蔵は「こんなに高いマンション借りたばっかりなのに」とお金のことを気にしており、麻耶は「父も私も絶句していました」と振り返っていた。

 さらに、「妹からも相談を受けていました。『苦しいよ。死にたいよ。離婚したいよ』って。それでも私はこの日まで我慢してきました」と涙ながらに訴えていた。

 この点について麻耶は、同日のブログで「○にたい離婚したいと言っていたのは結婚をしてすぐです。海老蔵さんと結婚をしてから奴隷のように扱われとても辛いと相談を受けていました」(原文ママ)と説明していた。

 麻耶の暴露にYouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

《麻耶さん想像を絶する辛さをずっと我慢していたのですね》

《私まで涙出る。私が麻耶さんの立場ならこんなに気丈に振る舞えない。表情見ればどんだけ我慢したかわかる人にはわかる》

《麻耶さん 吐き出して楽になりましたか?》

「小林さんと國光さんは3月10日のブログで離婚を公表。今回、なぜ元夫のチャンネルに出たのか不思議がる声もありますが、この点については、離婚公表時に『魂では夫婦』と強調しています。

 一方、海老蔵さんは、3月13日のブログで小林さんを誹謗中傷しないようファンに呼びかけ、『麻耶ちゃんにとって、今、一番大切な時期だと思います。私と同じように、麻耶ちゃんを一緒に応援して頂けたら幸いです』と呼びかけていました」(芸能ライター)

 麻耶は、海老蔵・麻央さんの長女・麗禾ちゃん、長男・勸玄くんに会えない状況だとも訴えている。関係が修復することを祈りたい。

(SmartFLASH)
参照元:小林麻耶、市川海老蔵を批判「麻央の病室で競馬」「亡くなった日にお金の話を」
2022.03.22 16:00 FLASH編集部
小林麻耶の“海老蔵ディスり”が超次元化、「麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番」ブログに登場したのは…
2022/3/25 週刊女性PRIME

《皆様今日は姉のブログに来てくださりありがとうございました。生前は多大なるご支援を賜りまして心より感謝申し上げます。》

 3月24日の深夜、小林麻耶が【お手紙を預かりました】とのタイトルで自身のブログを更新。彼女に手紙を託したとされるのは、麻耶のことを“姉”と呼ぶ“人物”ーー。

 連日にわたって義弟・市川海老蔵への口撃を続けている麻耶。始まりは3月10日、ブログで國光吟氏との離婚を公表してからだった。スポーツ紙芸能デスクが経緯を解説する。

「この日、國光氏が句読点を一切使わない4000字以上にわたる文章を公開しては、離婚を“紙切れ上の話”として夫婦仲は円満であることを強調。一方で"堪忍袋ももうきれそう”と海老蔵への不信と不満をぶちまけたのです。思えば、あれが“宣戦布告”だったのでしょう」

 そして3月21日、麻耶の言動はエスカレートする。國光氏のYouTubeチャンネルに登場すると、妹・小林麻央さんの闘病時における海老蔵の姿を暴露し始めた。

「彼は麻央さんの病室で“え、何すればいいの? ちといられないんだけど。帰るわ”と帰ったこと、また麻耶さんとそのご両親の前で“競馬新聞を開き、競馬を見ながら楽しんでいた”と、本当のことであれば人間性が疑われるような話。

 さらに“妹からも相談を受けていました。苦しいよ、苦しいよ、死にたいよ。離婚したいよって”と、生前の麻央さんが離婚を望んでいたことも明かしたのです。もちろん、一方的に発信した彼女の言葉が真実かどうかはわかりませんが、海老蔵との完全決別を覚悟してのこと。彼女のメンタルが心配ですね」(前出・芸能デスク)

 その後もブログで“海老蔵ディスり”を続ける麻耶。3月24日には《まん防破り 店で食事 マスクなしで歩く こんなことがあっていいのでしょうか》《娘に聞かれたら何と答えるのですか?》と、報じられたばかりの深夜デートや、複数女性との交際にも触れて海老蔵に苦言を呈してみせた。

麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番

 同日の深夜には、ついに冒頭のブログを発信されたーー。

《姉は不器用なところがあるのですが小さい頃から一生懸命で純粋で優しい人です。優しすぎるがゆえに、純粋すぎるがゆえに誤解をされてしまうのですが本当に可愛らしい人なのでどうかお支えいただけたらと思います。麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番だと考えております。なぜなら姉がこの世で一番私のことを考え、麗禾勸玄のことを考えいるからです。》

 麻耶のことを“姉”と呼び、そして海老蔵の長女・麗禾と長男・勸玄は“姉に育てられるべき”と主張する手紙の主。最後には、

《生前は多大なるご支援をいただき心より感謝申し上げます。2022年3月24日 名前は伏せますね。皆様にはもう伝わっていらっしゃると思うので。》

 と、またも“生前”という言葉を持ち出して“匿名”で手紙を締めたのだった。この人物とはいったいーー。

 ベテラン芸能リポーターは「おそらくは亡くなった麻央さんからの手紙、ということなのでしょうが」と訝しめる。

「いくら“海老蔵憎し”とはいえ、さすがに亡くなった彼女を登場させるのはどうなのか。しかも、次に投稿したブログは“お手紙を預かりましたについて書きました”と、麻耶による“麻央さんからの手紙”への感想なのでしょうが、これが有料記事に誘導する内容でした。

 その後も10本以上の記事を更新し、明け方には《世界で一番あなたが憎い》と、彼女はもはや海老蔵への“復讐心”に依存しているのかもしれません」

 最後には【洗脳】というタイトルで、《私は洗脳されていません。皆さんが海老蔵に洗脳されています。》と自分の正当性を主張した麻耶。果たして、この“手紙”を海老蔵は読んでいるのか。そして何を思うかーー。
参照元:小林麻耶の“海老蔵ディスり”が超次元化、「麗禾勸玄は姉の元で育つのが一番」ブログに登場したのは…
2022/3/25 週刊女性PRIME
市川海老蔵めぐる風向きに変化 SNSナンパ報道と小林麻耶の〝告発〟
2022/3/24 05:27 (JST) 東京スポーツ

歌舞伎役者の市川海老蔵(44)が23日配信の「NEWSポストセブン」で、SNSを駆使してナンパしていると報じられた。

NEWSポストセブンと24日発売の「女性セブン」によると、海老蔵は今月中旬、都心の高級店でティックトックなどで活躍する人気インフルエンサーとデート。その後、芸能人御用達のダイニングバーにハシゴしたそう。日付が変わったころに退店し、海老蔵はクルマでインフルエンサーをホテルまで送ったという。

海老蔵は帰宅すると、最近ハマっているティックトックの生配信を開始。それに出演したのが、先ほどまでデートしていたインフルエンサーだったという。

ただ、海老蔵はブログに17日午後9時24分、「白子。。食べて寝るべ」と投稿していた。

「ブログで表向きは『寝るべ』と宣言しながら、そのウラで女性と密会していた格好です。海老蔵さんはブログに毎日10本以上投稿していますが、女性との密会を隠す〝アリバイ〟のために投稿することがたびたびあるそうです」(歌舞伎関係者)

義姉でフリーアナウンサーの小林麻耶も〝アリバイブログ〟を見抜いていたようだ。

小林は10日のブログで、元夫で整体師の國光吟氏と離婚していたことを発表した後、ユーチューブ動画で海老蔵への批判を強めている。

21日配信のユーチューブ動画では、歌舞伎関係者から聞いた話として、海老蔵は女性遊びをカムフラージュするためにブログを投稿することがあると暴露。海老蔵が昨年10月29日のブログで「おかえり」と投稿し、長女の麗禾ちゃん、長男の勸玄君が小林と食事したことを写真付きで報告したことにも「女性遊びをカムフラージュするために、私に何も断りもなくものすごく大きなプライベートを勝手にブログに上げました」と主張した。

週刊誌報道に麻耶の告発…世間の空気も変わりつつある。海老蔵にとっては頭の痛い問題だ。
参照元:市川海老蔵めぐる風向きに変化 SNSナンパ報道と小林麻耶の〝告発〟
2022/3/24 05:27 (JST) 東京スポーツ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA