仲間由紀恵の結婚のタイミング

仲間由紀恵が18日に入籍したと報じているが、出生時間が2チャンネルで提供されているため、そのデータを頼りにチャートを作成した。

NakamaYukie_chart
ラグナは双子座ムリガシラーでラグナロードの水星は5室支配の金星と6室に在住している。

3室支配の太陽は5室で減衰しており、これは渡辺謙と同じ配置である。

演劇、舞台などに縁がある配置である。

3室の支配星が減衰しているため、特別な法則でラージャヨーガ的に働く配置であり、それが創作、演劇の5室に在住している。

彼女は演技派であり、役柄を作り込む役者である。自分の強烈な個性があって毎回、自分自身でしかいることができない織田裕二や木村拓哉とは対照的である。

渡辺謙も演技派であるが、この太陽が減衰している配置は、自分自身の個性がなく、その為、何の役柄にでもなりきることができるという意味の才能が感じられる。

この3室支配の太陽が5室で減衰して特別な法則を形成する配置はその演技派という意味での才能が開花する配置なのである。
7、10室支配の木星が8、9室支配の土星と3室で接合しており、3室で9-10室のダルマカルマ・ラージャヨーガを形成しているが、同じ同業者の俳優と結婚したのは、7室(配偶者)支配の木星が同時に仕事の10室を支配して3室(メディア、芸能)に在住しているからである。

双子座ラグナにとっての7、10室支配の木星は職場結婚の表示体と言える。



3室にはラーフも在住しているが、9室と10室の支配星と絡んでいる為、ラーフはラージャヨーガの条件を満たしている。
ラグナは双子座の4°51’であるため、牡牛座ラグナの可能性も検討したが、現在、仲間由紀恵はマハダシャー土星期に入った直後のセカンドアンタルダシャーの土星/水星期である。

その前の木星期は16年続いていたが、彼女が主に女優としてのキャリアを築いたのが、ちょうど木星期と一致している。

彼女は1994年に沖縄テレビ放送『青い夏』の一般公募オーディションでグランプリに輝き、ドラマデビューしている。
その直後の1995年4月26日からマハダシャー木星期に移行しており、木星期の間、女優としてのキャリアを築いたのである。
そうすると、木星は7、10室(仕事)支配で3室(芸能)に在住しているのが妥当である。

従って、仲間由紀恵のラグナは双子座ムリガシラーで正しいと思われる。
またチャンドララグナから見ると5室支配の水星と4、9室支配の金星が10室で接合しており、ラージャヨーガを形成している。

この配置も5室と10室、そして金星が絡んでいることから、やはり、俳優としての職業を表していることが分かる。
———————————————————————————————————————————
仲間由紀恵さん結婚、演技派俳優の田中哲司さんと
2014.9.18 16:58 産経ニュース

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」に出演している女優の仲間由紀恵さん(34)と、舞台出身の演技派俳優、田中哲司さん(48)が18日に入籍したと、仲間さんの事務所が同日、発表した。

2人は平成15年放映の連続ドラマ「顔」(フジテレビ系)の共演で知り合った。19年にも連続ドラマ「ジョシデカ! -女子刑事-」で共演。その後、交際をスタートさせたという。仲間さんは仕事を続けるという。

仲間さんは沖縄県出身。15歳だった7年に「日本一短い母への手紙2」(日本テレビ)で本格的に女優デビュー。後にシリーズ化された12年の「TRICK」(同)や14年「ごくせん」(同)など主演したテレビドラマが好評で人気に。18年には司馬遼太郎作品が原作のNHK大河ドラマ「功名が辻」に出演、山内一豊の妻・千代を演じた。

年末の「NHK紅白歌合戦」では17年から計4回、司会を務めている。

田中さんは日本大学芸術学部演劇学科卒業後、蜷川幸雄氏主宰の舞台などに出演。「ハッピーフライト」(20年)、「アウトレイジ ビヨンド」(24年)など映画へ多数出演しているほか、NHK大河ドラマでは22年の「龍馬伝」で徳川慶喜役、放映中の「軍師官兵衛」では荒木村重役を好演した。
———————————————————————————————————————————
田中哲司 仲間由紀恵は「僕にはもったいない人」 1年前に求婚、すでに同居と明かす
デイリースポーツ 9月18日(木)22時32分配信

女優の仲間由紀恵(34)と18日、結婚した俳優の田中哲司(48)が同日夜、出演舞台舞台「背信」(東京芸術劇場)の初日公演終了後に囲み取材に応じ、仲間について「ぼくにはもったいないくらいの人」と幸せ笑顔で語った。婚姻届はこの日午前9時ごろに、田中1人で提出したという。1年ほど前にプロポーズし、すでに同居していることも明かした。

これまで一切公に交際を宣言できなかった2人。劇場前で記者や芸能レポーターに囲まれた事実上の結婚会見では、仲間の魅力を「性格はいいし、素朴な面もいっぱいある。そこが大好きなところですね」とのろけるなど、喜び笑顔がはじけた。

俳優同士の結婚にも不安はないようで「ぼくにはもったいないくらいの人ですから。同業者同士で助け合えるし、同業者じゃないと分からない部分もあると思う」とプラス面を強調した。

結婚を具体的に考えたのは1年ほど前。その頃に指輪を渡してプロポーズ。仲間は「すごいうれしそうでした」という。プロポーズの言葉については「モゴモゴしてて何と言ったかおぼえてないです」と照れくさそうにはぐらかした。

すでに一緒に暮らし始めており「穏やかな家庭にしたいですね」と幸せいっぱい。美人女優を独り占めしたことには「申し訳ないです」と苦笑いだった。
———————————————————————————————————————————
仲間由紀恵は2011年11月9日の日刊サイゾーの記事によれば、この頃、人気が凋落し、また当時、交際していた田中哲司と別れさせようと事務所が色々と工作していたようである。

この頃、ちょうどマハダシャー土星期に移行した直後であり、2011年4月26日から土星期に入っている。

土星は8、9室支配で3室に在住しており、10室の支配星とも絡んでいるが、9室は10室を損失するハウスである。

従って、人気が凋落したということは理解できる。

また土星はナヴァムシャでは、3、4室支配で2室に在住しており、それ程、強い配置ではない。その前の木星が2、5室支配で9室から3室(芸能)にアスペクトしていたのと比較すると土星期の方が弱いことが分かる。

従って、土星期に仲間由紀恵の人気が凋落し、出演ドラマの視聴率が低迷していることは理解できる。

また土星期に入ってから仲間由紀恵は悪女役や脇役に近いキャスティングの仕事も受けている。

『・・・悪女役に挑んだ今年1月の主演ドラマ『美しい隣人』(フジテレビ系)が平均視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と物足りない数字だった上、CMや映画のオファーも激減。キムタク主演の『南極大陸』(TBS系)では、ほとんど出番がない役でキャスティングされてしまった。以前の仲間だったら絶対に受けない仕事ですよ」(テレビ関係者)
波紋を呼んだ熱愛に終止符を打った仲間。12月にはまたしても悪女役となる主演ドラマ『悪女たちのメス』(フジテレビ系)が放送予定だが、女優としての新境地を見せることができるだろうか。・・・』

これは土星期に移行したためである。

8室(中断、停滞)支配の土星が3室(芸能)に在住しているためにこのような役柄が回ってきたのである。
然し、土星は月からみるとラグナロードで7室に在住しているため、土星期は結婚の時期なのである。
そして、ナヴァムシャでは土星は結婚の2室に在住し、月と同室して月から7室にアスペクトしている。

また土星はラグナから見ると8室の支配星であるが、8室は結婚生活のハウスである。
現在、仲間由紀恵は、土星/水星期であるが、アンタルダシャーの水星がラグナロードで6室で5室支配の金星と接合している。

土星が11月から蠍座に移動するが、既に2か月前を切った現在、土星は既に蠍座に入室して、ラグナロードの水星にトランジットする効果を発揮している。

そのラグナロードの水星に対して木星も蟹座からアスペクトしているため、1室支配(7室から7室目)の水星と5室支配の金星に対してダブルトランジットが生じている。

従って、現在、結婚の時期(7室)であり、また恋愛の時期(5室)でもある。
ジャイミニの変動表示体を見ると、DKの金星に対して、土星がトランジットするタイミングであるため、現在、結婚のタイミングであると言える。

チャラダシャーは、射手座/蟹座であり、射手座はラグナからみて7室、蟹座にはDKがアスペクトし、蟹座からみた7室にもアスペクトする。

またDKN(ダラカラカナヴァムシャ)も蟹座に在住している。
従って、ジャイミニでも結婚のタイミングである。
然し、仲間由紀恵の5室支配の金星とラグナロードの水星は6室に在住している。

従って、所属事務所が、田中哲司と別れさせようとしたり、看板女優である仲間由紀恵のこれまでの交際についても神経を尖らせていたようである。
このことは5室の支配星が6室に在住していることで説明できる。恋愛に奮闘(struggle)が生じるということである。
現在、土星と木星のダブルトランジットが6室と8室に形成されようとしているが、この結婚に関しては、若干の奮闘(struggle)が生じることは避けられない。

然し、金星と水星は土星、火星、ラーフ・ケートゥと絡んでおらず、また月からみて10室でラージャヨーガを形成している良い配置である。
仲間由紀恵は6室に吉星が在住し、凶星が在住していないため、交際相手に献身的に振る舞う女性であることがこの配置からよく分かる。

そして相手に献身的に振る舞うが、姉さん女房的に相手をやや尻に敷くタイプである。
また仲間由紀恵の6室には凶星が在住していないことから、競争が苦手で、ライバルとの競争にあまり闘争心を燃やすことができない性格である。
そういう意味では人柄は非常によいということができるかもしれない。

更に太陽が減衰しているので、あまり自己主張しない女性なのである。

彼女が演じるキャラクターは皆、彼女の演技力、人物模倣によって生み出されたキャラクターであって、彼女の自然体の人柄とは何の関係もない。

コミカルな役柄でさえ、彼女は演技力によって演じるのである。

仲間由紀恵の結婚のタイミングは、6室と8室にダブルトランジットする非常に興味深いタイミングである。

然し、1室(7室から7室目)や5室の支配星にもダブルトランジットしており、これらの惑星が傷ついていないため、おそらく結婚が可能なのである。

また月から10室にもダブルトランジットしていることは世間で注目を浴びることを表しており、メディアにこれだけ大きく取り上げられたというのはこの配置が示している。

俳優同士の結婚であり、双子座ラグナは職場結婚であることが、7、10室支配の木星の象意から導き出される。

———————————————————————————————————————————-
「人気凋落で危機感も……」仲間由紀恵 ついに田中哲司と破局させられた?
日刊サイゾー 2011年11月9日 18時00分 (2011年11月14日 18時01分 更新)

デビュー以来、清純派のイメージで売ってきた女優・仲間由紀恵。事務所側のガードも堅く、これまで2度出た熱愛報道についてもマスコミに対して強硬な態度を取ってきた。

「2006年9月にNHK大河ドラマ『功名が辻』で共演した上川隆也との熱愛を一部スポーツ紙で報じられました。上川といえば”共演者キラー”として有名なだけに、仲間も例に漏れず口説かれたようだが、所属事務所は即座に熱愛を否定。同事務所の社長は温厚な人物として知られているが、このときには記事を書いた記者を事務所に呼びつけて激怒したそうです」(スポーツ紙デスク)
結果、上川との熱愛報道は収束したが、事務所にとって計算外だったのが、09年11月に報じられた13歳年上の脇役俳優・田中哲司との”熱愛”だった。
「仲間の主演ドラマ『アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~』(テレビ朝日系)で共演していた田中との関係について報じられると、事務所は『仲のいい友人のひとり』というコメントを発表。上川のときとは違い、仲間と田中が真剣交際だったために、そう説明するしかなかったんです」(同デスク)
“看板女優”の仲間に手を出された事務所の怒りは相当のもので、水面下で田中と仲間を破局させようと、さまざまな工作が行われたという。
「交際報道直後に『アンタッチャブル』で田中が演じていた役が突然の不審死。田中の出番がなくなってしまったが、これは仲間の事務所が台本を書き換えさせたといわれている。その後、写真週刊誌に田中を張り込ませて、田中が複数の女性と遊んでいるところを撮らせたそうです。事務所としては、これで仲間が田中に愛想を尽かせてくれれば、という算段だったようですが、結局、田中が謝って破局には至らなかったんです」(週刊誌記者)
それどころか、昨年10月には写真誌が仲間のマンションを訪れる田中の姿や、仲間が近所のスーパーで2人分の食材を買い込む姿などを激写。順調交際が続いていることが明らかになってしまった。
「これまでも事務所は仲間に『別れろ』と迫り、田中の事務所にもそれとなく”圧力”をかけ続けていたようですが、ようやく仲間が事務所の説得に応じ、破局に至ったそうです」(同関係者)
この仲間の心変わりの背景には、自身の人気凋落に対する危機感があったようだ。
「人気シリーズ『ごくせん』(日本テレビ系)『TRICK』(テレビ朝日系)のコミカルな役は当たり役でしたが、そのイメージからなかなか脱却できずに悩んでいたようです。…

悪女役に挑んだ今年1月の主演ドラマ『美しい隣人』(フジテレビ系)が平均視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と物足りない数字だった上、CMや映画のオファーも激減。キムタク主演の『南極大陸』(TBS系)では、ほとんど出番がない役でキャスティングされてしまった。以前の仲間だったら絶対に受けない仕事ですよ」(テレビ関係者)
波紋を呼んだ熱愛に終止符を打った仲間。12月にはまたしても悪女役となる主演ドラマ『悪女たちのメス』(フジテレビ系)が放送予定だが、女優としての新境地を見せることができるだろうか。
———————————————————————————————————————————-
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA