高畑淳子のナヴァムシャについて

前回の記事で、女優・高畑淳子のラグナについて検討したが、出生図のラグナは乙女座ラグナで間違いないと思われる。

TakahataAtsuko_chart
ポイントとしては、5室で高揚する3、8室支配の火星である。

しかもこの火星はヴァルゴッタマで、ナヴァムシャでも高揚しており、非常に強力である。

8室の支配星というのは”支配者”を表しており、自分を振り回す相手である。

従って、8室の支配星である火星が5室に在住していたら、子供によって振り回される配置である。

しかもその火星は高揚しており、ナヴァムシャでも高揚して、ヴァルゴッタマである。

従って、子供が大変、行動力があり、振り回す力が強いことを表している。

つまり、手がかかる子供を意味しており、子供によって足を引っ張られる配置である。

今回の高畑淳子の息子の不祥事は非常に多方面に影響を及ぼして特徴的であり、その表示体となるパラメータが容易に特定できる。

5室、木星、これらの傷つきと8室の絡みということが、チャートを見なくても浮かんでくるのである。

そして、木星が乙女座に入室するタイミングで起こったこととして、少し考えれば、乙女座ラグナであるというのは、比較的容易に分かるケースである。

それでは高畑淳子のナヴァムシャのラグナはどこであるかということが次のポイントになってくるが、まず、ナヴァムシャのラグナを検討する前に出生図のラグナのナクシャトラが何であるかが重要である。

それが分かれば、ナヴァムシャのラグナの可能性の範囲を絞り込むことができる。

高畑淳子は女優になるために桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻へ進学し、その後、青年座に入団し、舞台女優としてデビューしている。

その後、演技派舞台女優として、徹底的にキャリアを磨き上げ、2014年にはその経歴が認められて、2014年秋の叙勲にて、紫綬褒章を受章している。

この経歴は「磨けば光る原石」と呼ばれるチトラーの人生に該当する。

職人や専門家として、その技術や技を徹底的に磨き上げて、人間国宝のようにまでなるのが、チトラーの理想である。

早期に女優という道に入って、演技派脇役、演技派舞台女優としてその演技力を徹底的に磨き上げたまさに職人的女優である。

素敵なシティライフのためのマンション生活情報「Wendy-Net」202号に女優/高畑淳子が、注目の人として記事として取り上げられている。

その記事によれば、高畑淳子は退屈が嫌いな性格であったと書かれている。

————————————————————————————————————————————-
 私は幼いときから退屈が嫌いな性格。保育園へは大喜びで通っていたらしいです。“何かやること”があれば楽しかったのね。父が建築家だったので、小学校も5回くらい転校。でも友だちを作るのが上手だったから平気。明るくて、とても育てやすい子だったようです。

(「Wendy-Net」202号より引用抜粋)
————————————————————————————————————————————-

ナクシャトラがチトラーであれば、火星が支配星となるため、能動的で攻撃的な性格となる。

但し、火星が高揚しているため、ラグナのナクシャトラの性質だけがそれをもたらしたとこの時点では言い切ることはできない。

ナヴァムシャのラグナの取り得る範囲は、山羊座~乙女座であるが、出生図のラグナがチトラーであると、ナヴァムシャのラグナは獅子座、または乙女座となる。

チトラーは第一パダと第二パダが乙女座、第三パダと第四パダが天秤座と、二つの星座をまたがっているためである。

因みにウェブ上の情報によれば、高畑淳子は2回の離婚歴があり、1度目の結婚は1978年に「劇団青年座の団員」と結婚しているという。

この時のダシャーはおそらく水星/月期である。

マハダシャーロードの水星は出生図のラグナロード(7室から見た7室の支配星)で、結婚生活の2室に在住し、アンタルダシャーロードの月は7室に在住している。

この結婚は約1年半で終わったということである。

そして、2回目の結婚は1985年にしているという。

1985年は水星/木星、水星/土星と2つのアンタルダシャーをまたがっている。

出生図では水星は同じくラグナロード(7室から見た7室の支配星)で結婚生活の2室に在住し、アンタルダシャーの木星は7室の支配星である。

この2回の結婚が、ナヴァムシャでも説明できて、しかも今回の子供によって悩まされるという配置もナヴァムシャでも繰り返されていなければならない。

TakahataAtsuko_D9_chart
そこで、出生図のラグナをチトラーの第2パダに設定し、ナヴァムシャのラグナを乙女座にすると、問題が解決するのである。

1回目の結婚である1978年の水星/月期は、水星がラグナロード(7室から見た7室の支配星)であり、7室に在住している。

そして、アンタルダシャーの月は11室の支配星であるが、7室支配の木星と接合して7室に絡んでいる。

因みにこの最初の結婚は、同じ劇団員の同僚との結婚であるため、11室(同僚)の支配星であるというのは納得できるのである。

また2回目の結婚である1985年は水星/木星であるが、水星は同じくラグナロード(7室から見た7室の支配星)で7室に在住し、アンタルダシャーロードの木星は7室の支配星である。

従って、これらの時期に結婚したことが、ナヴァムシャでも説明することができる。

因みにこれらの結婚がいずれも上手く行かなかったのは、アンタルダシャーの月も木星も共に12室に在住して、6室支配の土星からアスペクトされ、また8室支配の火星からアスペクトされて、ラーフ/ケートゥ軸によって傷つけられているからである。

月や木星は激しく傷つけられており、6-12室の軸に在住し、6室、8、12室の支配星と、ラーフ/ケートゥ軸が絡んでいる。

従って、2回の結婚とも離婚につながったのはナヴァムシャで7室支配の木星が12室で激しく傷ついているからである。

最初の結婚は貧困理由により1年半後に離婚し、そして、2度目の結婚時には既に長女を妊娠していたという。

そして、1986年11月22日に長女を出産している。

ダシャーは水星/土星期であるが、水星はサプタムシャ(D5)のラグナロードであり、土星は5室の支配星である。
TakahataAtsuko_D7_chart
そして、7年後の1993年9月13日に長男(今回事件を起こした)を出産している。

ダシャーは、ケートゥ/土星期である。

ケートゥは、サプタムシャのラグナに在住し、土星はサプタムシャの5室の支配星である。

然し、この長男を妊娠した時、既に夫婦のすれ違いが原因のため、離婚を考えていたそうである。

ケートゥはナヴァムシャ(D9)の6室に在住し、土星は6室の支配星で6室に在住している。

従って、出生図、ナヴァムシャ、サプタムシャで、2度の結婚と、2度の出産が説明できる。

従って、高畑淳子は、やはり、乙女座チトラーの第2パダであり、ナヴァムシャのラグナは乙女座である。

彼女は「Wendy-Net」202号で、女優としての自分を「私は真面目で面白みがない女優でした」と振り返っている。

また共演者から以下のような指摘を受けている。

———————————————————————————————————————-
 転機になったのは29才のとき。加藤健一さんとの2人芝居「セイムタイム・ネクストイヤー」に出演しました。1人の自己解放できない女性が1人の男性と出会ったことで解放されていくというお話。このとき加藤さんから「あっちゃんの芝居はどこも悪くないんだけど、どこも面白くない。あっちゃんが面白がることをやればいい。稽古場は遊び場。お客さんはそれを観にくるんだ」と言われました。
 このとき気が付きました。私にしかできないことをやりたいと芝居を始めたのに、自分は相変わらずやりなさいと指示されてやるようなことをしている。何のために芝居を始めたのか、と。そして「私でいいんだ」と思えるようになったんです。

(「Wendy-Net」202号より引用抜粋)
———————————————————————————————————————-

共演者から「あっちゃんの芝居はどこも悪くないんだけど、どこも面白くない」と指摘されている。

おそらくこの真面目すぎて面白くない特徴は、ナヴァムシャのラグナが乙女座だからではないかと思われる。

月や太陽が獅子座に在住しているため、目立ちたい性格で、女優になりたいという衝動があるのだが、いざ演技となると言われたままの演技しかできない生真面目な性格は、出生図で乙女座ラグナ、そして、更にナヴァムシャでも乙女座ラグナであることによって乙女座が強調されているからではないかと思われる。

乙女座は金星が減衰する星座であり、カリスマ性とか、魅力が失われる星座である。

性格が地味で生真面目になってしまうのである。

私が冒頭で、ナクシャトラをチトラーに設定したものの、まだその段階では、本当にチトラーなのかどうかを疑っていた。

それは、彼女のどことなく鈍くさい印象や乙女座的な生真面目な特徴は、ナクシャトラがチトラーではなく、ハスタだからではないのかと考えたからである。

もしナクシャトラがチトラーだと、火星が支配星となるため、小悪魔的なセックスアピールが出てくるのである。

例えば、私が以前、ラグナを乙女座のチトラーに設定した黒木瞳もそうしたことを考慮して、チトラーに設定している。

黒木瞳について



 

火星というのは通常、女性に積極性、能動性を与え、それが対人的な魅力をもたらすようである。

例えば、月と火星のコンビネーションをチャンドラマンガラヨーガと呼ぶが、これはお金をもたらすコンビネーションとして知られている。

これは古典的な意味によると、昔、女性の職業と言えば娼婦しかなかった時代にこのコンビネーションを持っている女性は、積極的で能動的になり、対人的な魅力をもたらすことによって、収入をもたらしたことが、富をもたらすコンビネーションとしての根拠になっているのだと聞いたことがある。

つまり、火星というものは、そのような対人的な魅力をもたらすのである。

チトラーのナクシャトラの支配星というのは、火星であるため、おそらくそうした類似の魅力が出てくるものと思われる。

彼女の若い頃の写真からは、そうした印象が滲み出ている。

TakahataAtsuko_photo2
但し、私は、女優・高畑淳子には、どことない鈍くささ、地味な印象があるので、本当にチトラーなのかどうか疑っていたのである。

然し、ナヴァムシャのラグナが乙女座ラグナであると考えると、納得するのである。

つまり、女優・高畑淳子が真面目で地味な印象なのは、出生図で乙女座のチトラーではあっても、ナヴァムシャで乙女座ラグナとなることによって、乙女座の地味な印象を強化していたためである。

このように見てきて、ナヴァムシャのラグナは乙女座ラグナでほぼ間違いないと考えられる。

TakahataAtsuko_D9_chart
因みにナヴァムシャ(D9)に再び戻ると、高畑淳子が演技派舞台女優としてのキャリアを形成し、華麗な受賞歴を築いたのは主にマハダシャー金星期である。

—————————————————————————————————————
受賞歴

紀伊国屋演劇賞個人賞(1988年)            ケートゥ/金星(1988/7~)
芸術祭賞個人賞(1988年)                  ケートゥ/金星(1988/7~)
第9回 読売演劇大賞 選考委員特別賞(2002年)                   金星/火星、金星/ラーフ
第11回 読売演劇大賞 女優賞(優秀賞)(2004年)                    金星/ラーフ
第29回 菊田一夫演劇賞 演劇賞(2004年)                               金星/ラーフ
第33回 放送文化基金賞 演技賞(2007年)                   金星/木星
第17回 橋田賞(2009年)                           金星/土星
第20回 読売演劇大賞 最優秀女優賞(2013年)                 金星/水星
第38回 菊田一夫演劇賞 大賞(2013年)                    金星/水星
平成26年秋の叙勲にて、紫綬褒章を受章(2014)               金星/水星

(wikipedia 高畑淳子より引用抜粋、一部編集)
—————————————————————————————————————

ナヴァムシャでは乙女座ラグナだとすると、金星は2、9室支配で11室(受賞、称号、高い評価)に在住し、5室(創作、演劇)にアスペクトして、3室(芸能、メディア)支配の火星と相互アスペクトしている。

従って、マハダシャー金星期に多くの輝かしい受賞の栄誉に与かったのはそのためである。
また乙女座ラグナから見ると、5室に3、8室支配の火星が在住し、5室支配の土星は6室に在住して、ケートゥと接合している。

5室が傷ついていることが分かる。

つまり、乙女座ラグナにすれば、結婚、離婚、出産、そして、受賞や子供で振る舞わされ苦労すること、子供に関わる障害も表している。

またそれらのタイミングまで、ダシャーによって示されている。

因みに今回の息子の不祥事が生じたのは、太陽/ラーフ期であるが、太陽はナヴァムシャの12室に在住して、11室支配の月と接合し、3、8室支配の火星、5、6室支配の土星からアスペクトされ、ラーフ/ケートゥ軸と絡んで傷ついている。

太陽は12室で6、8、12室と絡んで、激しく傷ついている。

そして、アンタルダシャーのラーフも12室に在住し、同様に8室支配の火星や6室支配の土星からアスペクトされている。

ディスポジターは太陽であり、ラーフ期は太陽期のように働くが、太陽は上述したように激しく傷ついている。

(太陽は5室(子供)支配で、同時に6室を支配する土星からアスペクトされ、また8室支配の火星によって5室(子供)からアスペクトされているために息子の不祥事によって苦しんでいると考えられる)


従って、輝かしい受賞に輝いた華麗な金星期と対照的にマハダシャー太陽期はまさにどん底の状況にまで転落したものと考えられる。

格闘家の高田延彦が「高畑さんにしたら生き地獄ですよね」と評したようにその現在の状況は大変な苦境である。

ラオ先生が6室と8室が絡むと犯罪を免れ得ないと述べているが、この太陽は、土星、火星、ラーフ、ケートゥ、6室、8室、12室などの凶星や凶ハウスと絡んでおり、まさに自分の分身である息子の不祥事によって、高畑淳子が間接的に犯罪に関わってしまったような状況なのである。

但し、太陽は12室で獅子座で自室に在住して強いため、彼女はこのような状況の中でも毅然として謝罪会見に応じて、自分自らの口で謝罪を行っている。

記事によれば、高畑淳子は、年内は予定通り活動し、その後は、当面、休業する方向で考えているという。

——————————————————————————————————————
高畑淳子、休業視野 年内は予定通り活動も…
デイリースポーツ 8月27日(土)5時0分配信

女優・高畑淳子(61)が26日、長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦(ごうかん)致傷罪で23日に逮捕された事件を受けて、都内で会見。高畑が年内は予定通りに活動し、その後は当面、休業する考えを持っていることがわかった。

 9月24日には主演舞台「雪まろげ」が東京・シアター1010で開幕する。

 高畑は会見で、製作の東宝にお伺いを立てたが慰留されたことを明かし、「この状態でお芝居をやるのは自信がないですが、舞台に立って今年いっぱい、地方の方にも舞台をお見せするのが私の贖罪(しょくざい)だと思っています」と、東京公演、12月4日まで続く全国ツアーを務め切ることを宣言した。

 来年以降に関しては明言しなかったが、所属事務所社長はデイリースポーツの取材に対し、来年以降も既に決まっている仕事があることを認めた。

 その一方で「本人はどこかで考えていると思います」と、高畑が休業を視野に入れていることを明かした。

 被害者の女性との接触について、高畑は「お会いしたかったのですが、お会いすることができませんでした」と、まだ実現していないことを明かした。

 高畑は「取り調べがあるのでと聞いています」と、現時点では連絡も取れていないことを示唆。その上で「おけがのことをうかがわなければいけないと思いますし。おけが以上に…申し訳ないということしか言葉が見つからないです」と、謝罪の言葉を紡いだ。

 裕太容疑者の量刑には、被害者との示談が成立するかどうかが大きく影響するとみられるが、示談の意思については「この場で申し上げることはできない」と明言しなかった。
——————————————————————————————————————-

太陽は出生図で12室を支配し、ナヴァムシャでも12室を支配して12室に在住しているためにマハダシャー太陽期は、基本的に息子の不祥事を引きずって、仕事も休業気味になり、隠遁的に生活していかなければならないと考えられる。

太陽/ラーフ期(2016/4~2017/3)は依然として厳しい状況が続き、太陽/木星期や太陽/土星期には息子との衝突も考えられる。

2018年12月以降の太陽/水星期から状況が安定してくるものと考えられる。

但し、マハダシャー太陽期は基本的に激しく傷ついた12室の太陽期であり、基本的に元の状況を取り戻すことはできない。

時間を元に戻すことはできないのである。

また2021年2月からのマハダシャー月期に関してもナヴァムシャでは月は11室支配で12室に在住し、やはり6室支配の土星や8室支配の火星、12室支配の太陽、そして、ラーフ/ケートゥ軸によって激しく傷つけられている。

従って、社会的評価を取り戻すことは依然として難しいかもしれない。

然し、その後に2031年2月から3、8室支配の機能的凶星のマハダシャー火星期が続いていく。

因みに高畑淳子は、幼い頃には大手建設会社に勤務した父親の転勤により、四国中を13回転居したそうである。

TakahataAtsuko_chart
乙女座ラグナであるとすると、4室にラーフが在住し、4室と4室の支配星に土星がアスペクトして、4室の支配星に8室支配の火星がアスペクトしている。

またナヴァムシャでも4室支配の木星が土星と火星からアスペクトされ、ラーフ/ケートゥ軸と絡んでいる。

従って、4室が出生図、ナヴァムシャ共に傷ついていることが分かる。

幼少時に13回転居したというのはその為ではないかと考えられる。

初めに出生図のラグナを特定し、性格、身体的特徴、パーソナリティー傾向などからラグナが在住するナクシャトラについて大雑把に見当をつけておき、更にナヴァムシャで、ラグナについて検討していく。

出生図のラグナを検討する際は、木星や土星といった動きの遅い惑星が星座を移動するタイミングに起こった出来事をヒントとして、大雑把にいくつかのラグナを見当づけるのである。

そして、そのいくつかのラグナで起こった事象をダシャーで説明できるかを検討して、出生図のラグナを特定するのである。

出生図のラグナが正しければ、ナヴァムシャのラグナは9つの可能性の範囲に絞り込まれる。

ナヴァムシャでは既に出生図で検討したラグナのナクシャトラについて大体の目星がついていれば、ナヴァムシャで検討するラグナは3~4つに絞り込まれる。

その後で、出生図で示されている運命の傾向が、ナヴァムシャでも繰り返されているかを検討するのである。

またナヴァムシャにおいても出生図と同じように結婚、出産、離婚、昇進、出費、旅行などの様々な事象がそのダシャーの時期に説明できるかを検討する。

基本的にナヴァムシャはラグナを補完するものであり、ラグナと同じように検討していく分割図である。

そして、ナヴァムシャはそれと同時に結婚運が示される分割図でもある。

またその段階まで進むと、分割図の使い方についての知識が役立つのである。

ダシャーによって分割図が取り扱うテーマが説明できるかを検討し、それが説明できれば、出生図のラグナの正しさを確証し、ナヴァムシャのラグナの特定に大きく役立つことになる。

そのようにして、ワンステップずつ確実にクリアしていけば、ナヴァムシャのラグナを特定することが可能である。

今回、こうした上記の手順を踏んで高畑淳子のラグナを検討した所、出生図のラグナだけではなく、ナヴァムシャのラグナも特定できたのではないかと思われる。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です