月別アーカイブ: 2013年11月

ジャイミニ・システムの本質とは何か

 昨年の秋頃、2012年11月30日に私のダシャーが金星/火星期に移行した。

火星期になって興味深いことは、自衛隊のOBが発行する「おやばと」という広報誌に
広告を掲載して欲しいというオファーが来たことである。
もちろん掲載料を支払う訳であるが、この時期の縁だとも思えたため、掲載することにした。

commercial1a

この件は何でも自衛隊の家族の方で鑑定家を知っている方からの推薦であるという。
本当かどうかよく分からないが、然し、このタイミングで政府の軍隊関係に縁が出来るのは、非常に興味深いと思った。

それについては先日、別の記事の中にも記載したが、アンタルダシャーの火星期に何故、
そのようなアプローチがあったかというと、おそらく10分割図でラグナロードの火星が10室に在住しているからである。

ラオ先生及び、インドの占星術家によれば10室の火星は軍隊関係を表わすようである。

この広告のオファーを受けたのは、

私の火星はラグナロードで12室(出費)から3室(広告)にアスペクトしているので、
広告によって出費をするのは、この時期の体験として予定調和的であると感じたためである。

また試して見なければ、その効果のほども分からない。

新聞は11月15日に発行されたが、これは自衛隊の家族の10万世帯に配布されるというから、問い合わせがあると楽しみにしているが、今のところ直接的な問い合わせはない。

然し、ラグナロードの火星は10、11室支配の土星と相互アスペクトして、1-10、1-11室の絡みを3室で生み出しているため、いずれにせよ、この投資が、結果として、活動や収入に結びついていくものと考えたのである。

それともう一つ、精神世界系の「スターピープル」という老舗誌からもミニ広告を掲載しませんかとオファーがあった。

こちらも初めてのオファーだったため、掲載してみることにした。

commercial2a

私は今までジョーティッシュの研究者、愛好者のつもりでいた為、このようにPRしてしまうと、宗教ビジネスをしている人々の仲間入りをしてしまうのではないかという危惧もあるが、来年の1月30日に金星/ラーフ期に入り、金星からみてラーフは5室射手座に在住している。

ラーフは物質的な上昇、跳躍力を表わすため、金星/ラーフ期に入る直前でこのような雑誌に広告を出してみるのも良いのではないかと思えたのである。

私は2012年7月29日にチャラダシャーが獅子座から乙女座に移行した。

乙女座から見ると火星が10室にジャイミニアスペクトするため、やはり10室に火星が絡んでいる。

従って、軍関係に縁が出来るというのは非常によく分かるロジックなのである。

続きを読む















スポンサーリンク


スポンサーリンク