MENU

菊川怜の結婚を検証する

2017 5/01
タレントで女優の菊川怜が結婚したと報じている。

2012年7月頃から『情報プレゼンター とくダネ!』の女性司会者に抜擢されて、小倉智昭とワイドショーの顔となって来た。

現在、土星/太陽期(2016/12/18~)で、太陽は出生図でもナヴァムシャでも10室の支配星で4室に在住してヴァルゴッタマである。


KikukawaRei_chart
K.N.ラオは『運命と時輪』の中で、女性が結婚する時期は1-7の軸、もしくは4-10の軸の在住星や支配星の時期であると教えている。

菊川怜の結婚もそれに当てはまる。


但し、土星/太陽期の前に土星/金星期(2013/10/18~2016/12/18)が3年程続いていた。


金星は出生図でもナヴァムシャでも7室の支配星であり、ナヴァムシャでは7室牡牛座で自室に在住している。


KikukawaRei_D9_chart
アンタルダシャーの金星期に結婚してもよさそうである。


ネット上の情報によれば、2人は2、3年前に共通の知人を通じて出会い、今年に入って恋人関係になったという。


そして、1、2カ月前に結婚を意識し、大安の今月27日に婚姻届を提出したと記されている。


つまり、そのタイミングはナヴァムシャの7室に在住するアンタル金星期にピッタリと一致している。



因みに何故、結婚したかというと、2017年4月7日から射手座をトランジットする土星が逆行を開始して、蠍座から7室にアスペクトし、木星は乙女座から牡牛座7室にアスペクトして、7室にダブルトランジットが生じたからである。


また土星は水瓶座にアスペクトして、7室支配の金星にアスペクトし、木星も逆行して獅子座から7室支配の金星にアスペクトして、7室の支配星にもダブルトランジットしている。


「1、2カ月前に結婚を意識し」と書かれているが、それは土星が射手座に入室したのが、2017年1月26日からで、木星が乙女座で逆行を開始したのが、2017年2月7日からである。


つまり、2017年2月7日から土星と木星が7室支配の金星にダブルトランジットを開始したのである。


その2017年2月7日から1ヶ月後ぐらいに結婚を意識したということになる。


タイミング的にピッタリであり、人生は惑星によって決められていると言うことが出来る。


そして、何故、土星/金星期ではなく、土星/太陽期に結婚したのかということであるが、既に木星は2016年8月の時点で、乙女座に入室して、7室牡牛座にアスペクトし、土星も2017年1月26日に射手座に入室した為、入室前の2カ月前から2か月半前、つまり、2016年11月26日ぐらいから牡牛座7室へのアスペクトを効果を発揮していたはずである。


その時は土星/金星期であり、このタイミングで結婚していても良かったはずである。


実際、実質的には結婚していたと考えることも出来る。


但し、何故か、土星/太陽期になってから結婚したのである。



1-7軸と4-10軸では全く意味合いが異なるのである。


1-7軸はまさに私とあなたという関係性、結婚相手という存在を表している。


しかし、4-10軸は、住まいのハウスであり、幸福感や心の安定を表すハウスである。



おそらく4-10軸というのは、結婚相手との共同生活としての住まいが強調されるタイミングであり、結婚生活の分野なのである。


またケンドラで最も安定したハウスであることから、ナヴァムシャ(D9)の配偶者という象意を最も安定して実現させるハウスであるとも考えられる。


つまり、ナヴァムシャ(D9)の結果を出せるハウスだからである。


KikukawaRei_D9_chart
太陽は10室支配で4室に在住し、8、11室支配の水星と接合して、2、5室支配の木星からアスペクトされている。


この木星のアスペクトが重要である。


因みにwikipediaによれば、菊川怜は、大学受験では東京大学理科一類と共に慶應義塾大学医学部、早稲田大学理工学部に合格している才女であるという。

また学生時代の好きな科目は数学、物理、化学で、数学はその公式に至るまでの発想と理論などが面白くて好きだったと記されている。



月をラグナとすると、4、5室支配のヨーガカラカの土星が11室支配の太陽と5-11室の軸で星座交換しており、9室支配の水星、ラグナロードの金星も含めると1-4、1-5、1-9、1-11、4-9、5-9、5-11、9-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。


KikukawaRei_chart
これは知性(5室)が非常に高い評価や成就(11室)を得ることを表しており、それが難関大学の入学資格として現れている。


そして、5-11室の軸は、強力なダナヨーガを形成する軸であり、富を生み出す配置である。



もう一つ重要なのは、菊川玲の8室双子座に在住する木星と火星である。


木星は2、5室支配で8室に在住し、火星はラグナロードで8室に在住し、1-2、1-5のダナヨーガを8室で形成している。


この配置はウォーレンバフェット天才投資家のB.N.F氏の配置と同じである。



8室というのは棚から牡丹餅のハウスであり、パートナーの稼ぎ(7室から見た2室:8室)から不労所得を得るという配置なのである。

投資家はこれから成長する見込みのある会社の株式を取得し、その会社が成長して売り上げを伸ばすとそこから配当を得る。


つまり、他人を働かせて、他人の稼ぎから報酬(不労所得)を得るという人々が、この8室が強い人である。


例えば、馬主などもこの8室が強いタイプである。


以前、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川のチャートを見た際に8室天秤座が強い配置をしていた。


つまり、ジャニーズ事務所のアイドル少年たちを働かせて、そこから利益を上げるという馬主と同じ発想である。


以前、SMAPが謝罪会見などを行なって、彼らも雇用されているサラリーマンに過ぎなかったとして話題になったが、彼らは実は、ジャニーズ事務所が抱えている競走馬なのである。


何故なら、ジャニー喜多川は本当の馬主でもあったからである。


この人たちはただ資金を提供しただけであり、その資金を使って稼いだのは企業であり、企業家である。


従って、投資家とは金貸しである。


このウォーレンバフェットや天才投資家のB.N.F氏の8室は双子座だが、双子座はウォール街(ニューヨーク証券取引所、他)、株式市場の表示体である。


つまり、ウォーレンバフェットや天才投資家のB.N.F氏が株式の注文を出すと証券取引所のディーラーたちが、売り買いを繰り返す。


それらの人々全てが双子座の表示体である。


そこで、今回の菊川怜の結婚相手だが、総資産200億円の有名な投資家だという。


菊川怜、総資産200億円「クックパッド」元社長と電撃婚!
2017.4.29 05:05 SANSPO.COM

 女優の菊川怜(39)が28日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)で、27日に結婚したことを電撃発表した。サンケイスポーツの取材によると、相手は日本最大の料理レシピサイトを運営する「クックパッド」の元社長で投資家の穐田誉輝(あきた・よしてる)氏(48)。2、3年前に知人の紹介で出会い、今年に入って恋愛関係に発展。交際2、3カ月のスピード婚となった。

東大卒と才色兼備ながら明るい性格で人気の菊川が電撃婚! しかも相手は、超大物だった。

 複数の関係者によると、菊川のハートを射止めたのは、結婚情報サービス業「みんなのウェディング」の会長などを務める実業家で投資家の穐田氏。昨年3月にクックパッドの“内紛騒動”で注目を集めた同社の元社長でもある。ITサービス業「カカクコム」「クックパッド」を東証一部上場に導いたやり手で、ネット業界では天才投資家&経営者と崇拝されるほど。2014年12月時点で総資産は約200億円にのぼり、実業家の堀江貴文氏(44)も一目置く存在だ。関係者は「知的で内に熱い闘志を秘めた男」と語る。

 2人は2、3年前に共通の知人を通じて出会い、今年に入って恋人関係に。1、2カ月前に結婚を意識し、大安の今月27日に婚姻届を提出した。菊川は初婚で、穐田氏は再婚。挙式・披露宴は未定。菊川は妊娠しておらず、仕事は続ける。

 四十路を前に“負け犬キャラ”を装っていた菊川。が、実はしっかりと愛を育んでいた形だ。

 この日、菊川はレギュラー番組「とくダネ!」で相手の詳細を伏せて結婚を報告。共演の小倉智昭キャスター(69)から花束を手渡され、思わず涙があふれた。

結婚の決め手は「優しいところ」と語り、一目ぼれではないが、結婚前提で交際を開始したと明言。「デートは散歩とか。私が運動不足なので一緒に歩いてもらってます」と幸せいっぱいだ。

 小倉は、約1カ月前に3人で食事をしたといい「(顔も心意気も)両方いい男。知的な人できちっとお話をされる方。39年間待っていて本当によかった」と祝福。

 菊川は書面でも報告し、「これからも感謝の気持ちを忘れずに、今まで以上にお仕事頑張ってまいります」と誓った。最愛の伴侶を得て、仕事にもますます磨きがかかりそうだ。

菊川怜は、おそらく、この結婚によって、パートナーによって資産が増えていくと同時に、この結婚自体が、彼女にとっては有望な企業への株式投資なのである。


彼女には会社(パートナー)の成長に合わせて棚から牡丹餅のように収益が転がり込んでくる。


パートナーのお金は彼女のお金だ。


つまり、彼女は一流の競走馬の馬主になったと言えるのだ。




因みにネットで菊川怜の情報を調べていると、彼女の『情報プレゼンター とくダネ!』での空気を読めないコメントや的外れな発言が多いことなどが酷評されていた。


降板説が絶えないようである。


KikukawaRei_chart
10室支配の太陽は4室に在住して、8、11室支配の水星と接合し、土星からアスペクトされている。



またスピーチの表示体である水星が8、11室支配で機能的凶星化して、土星からアスペクトされ10室(仕事)の支配星に絡んでいる。


これが職業において何か判断能力に障害が生じて行き詰まりが生じる配置である。


また2室(スピーチ)支配の木星が8室に在住して、6室支配の火星と接合している配置もそうである。


8室が絡んでいることから破局(カタストロフィー)が生じるのである。


空気を読めない発言をする度にその場面に破局(カタストロフィー)が生じているのではないかと考えられる。


10室の土星は悪名を轟かす配置であり、突然のキャリア上の中断を表す配置である。


但し、今日まで順調に司会者を続けてこれたのは土星がダシャムシャ(D10)の10室に在住しているからである。


KikukawaRei_D10_chart
彼女はマハダシャー土星期になってから、『情報プレゼンター とくダネ!』に抜擢され、以後、司会者を務めている。


菊川怜のラグナから見た4-10室の軸の3、4室支配の機能的凶星化した土星と10室支配の太陽、そして、そこに8、11室支配の水星が絡む配置、そして、ラグナから見て8室に木星と火星が絡む配置は、キャリア上において悩ましい配置である。


不労所得運はあるが悩ましい配置である。


しかし、月から見た太陽、水星、金星、土星が絡むことによるラージャヨーガとダナヨーガ、そして、5-11室のダナヨーガは尋常でなく卓越している。


このラグナから見た配置と月から見た配置のギャップが尋常でない。


ラグナと月が一星座分ずれているだけで、ヨーガカラカや、9室の支配星が、機能的凶星に変わり、その星座交換は全く凶暴なものへと変わってしまうのである。


それが東大を卒業した才女であるのに的外れな発言や空気が読めない発言といったちぐはぐな印象をもたらしているのである。


KikukawaRei_photo5


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる