川崎スクールバス殺人事件 -岩崎隆一の心の闇-



5月28日に川崎市で登校中の児童や保護者20人を殺傷した衝撃的な事件が起こり、容疑者の岩崎隆一は犯行後、自ら命を絶った。


十数秒で19人切り付け=上半身ばかり狙う-川崎児童襲撃
2019/5/29 5:29 時事通信社

川崎市多摩区で、スクールバスを待っていた私立カリタス小学校の児童らが殺傷された事件で、直後に自分の首を切り死亡した職業不詳岩崎隆一容疑者(51)が、わずか十数秒間に19人を相次いで切り付けていたことが29日、神奈川県警多摩署捜査本部への取材で分かった。

殺害された同小6年の栗林華子さん(11)と外務省職員小山智史さん(39)のほか、襲われた児童16人と40代女性はいずれも首や胸、背中など上半身を切られたり刺されたりしていた。捜査本部は強い殺意を持って計画的に襲ったとみて、同市麻生区の同容疑者宅を殺人容疑で家宅捜索。押収物を分析するなどし、動機の解明を進める。

 岩崎容疑者の自宅は現場から西に直線距離で約4キロ離れており、捜査本部は事件前の足取りなども詳しく調べる。

 事件は28日午前7時40分ごろ発生。同容疑者は両手に刃渡り約30センチの柳刃包丁を持って児童らの列に近づき、小山さんの背中などを刺した後、児童と女性を次々に襲撃。栗林さんと小山さんが死亡、女児2人と女性が重傷を負った。

 捜査本部によると、周辺の防犯カメラの映像などを解析した結果、同容疑者が小山さんを刺してから、バスの運転手にとがめられ自ら首を切って倒れるまでは、約十数秒間の出来事だったという。 


こうした事件は個人のカルマとして発芽したものであると考えられるが、事件の大きさからマンデン占星術が扱う事象となってくる。


実際、事件が起こった日時でマンデン図(2019年5月28日 7:40 川崎多摩区)を作成してみると、射手座と双子座の軸にラーフ/ケートゥ軸がトランジットし、土星と火星がその軸で相互アスペクトして、射手座-双子座軸に土星、火星、ラーフ、ケートゥなど凶星の影響が集中していることが確認できる。






通常、土星と火星がアスペクトし合うような場合は、地震、山火事、紛争等、大規模災害に特有な条件であるが、更にラーフやケートゥがそこに絡んでくるため、大規模災害の条件を強く満たしている。


この時、木星は蠍座で逆行し、双子座の火星とラーフに対して、アスペクトしている為、双子座に土星と木星のダブルトランジットも成立している。



いろいろ事件を調べていると、岩崎隆一の過去のアルバムの写真がネット上にアップされており、そこには生年月日(昭和42年12月28日)が記されていた。






その為、この出生データを用いて、チャートの作成を行ってみた。






チャンドララグナ(月ラグナ)とラグナの考え方



最初の段階では、12:00で作成してみたが、月が蠍座の3°37’に位置しており、月が天秤座に在住している可能性も考えられる。



但し、事件が起こった時のトランジットを考えると、もしチャンドララグナが天秤座である場合、土星、火星、ラーフ、ケートゥが3室と9室の軸に集中する形になる。



それだと、事件を生み出すような心理状態は起こらないと考えられる。



何故なら月から見た3室に土星やケートゥがトランジットしている時は、ウパチャヤの凶星で、良い時期だからである。



月が蠍座で減衰して、その上で、月からみて2-8の軸に土星、火星、ラーフ、ケートゥが集中した場合に犯行を動機づけるような屈折した心理状態が生じると考えられるのである。


チャンドララグナから見てラグナロードの火星が8室で、ラーフとコンジャンクトし、土星からアスペクトされる配置は、8室に凶星の影響が集中する形となり、人からの親切を受けたいという切望がある一方で、そうした願望が全く満たされないで、その欲求が摩耗する配置である。


特に月からみた場合、10室支配の太陽と8、11室支配の水星が2室でコンジャンクトし、そこに土星、火星、ラーフ/ケートゥ軸の影響が見られ、3、4室支配の土星がアスペクトして更に傷つけている為、突然、識別力を欠いた不合理な行動に走ったと考えられるのである。



従って、月は蠍座で減衰していなければならない。



出生時間を00:00:01~23:59:59の範囲で作成すると、ラグナは乙女座~乙女座である。



そこからラグナを一星座毎に移動させていくと、魚座ラグナになった時に初めて月は蠍座に入室する。



従って、可能性として、ラグナの取り得る範囲は、魚座~乙女座である。



この中に岩崎隆一容疑者のラグナが存在するはずである。






因みに今回の事件は、鋭いナイフで、小学校の児童や保護者を次々と切りつけるという残忍な暴力を特徴としている。



こうした暴力の表示体は火星であるため、岩崎隆一のホロスコープの中の火星に注目すると、火星は月からみて3室で高揚している。



この高揚した火星が残忍な犯行において強力な実行力をもたらしたことは明らかに思える。



そうするとこの火星は、ラグナによっては機能的吉星化したり、機能的凶星化するが、この火星が機能的吉星化している場合、残忍な暴力をもたらす表示体にならないのである。



この火星は、機能的凶星化していると考えるのが妥当である。



そうすると例えば、魚座ラグナで2、9室支配で11室で高揚する火星だと、全くそうした暴力の表示体にはなり得ない。



また牡羊座ラグナで、ラグナロードで8室支配の火星が10室で高揚するケースにも該当しない。



10室でラグナロードの火星が高揚するようなチャートの場合、その人物は、社会的に活発なリーダータイプであり、決して引きこもりになるようなタイプではない。


従って、牡羊座ラグナも却下される。



また牡牛座ラグナだと、7、12室支配の火星が9室で高揚しており、パートナー関係での良い象意を示す吉兆な配置である。



蟹座ラグナの場合、火星は、5、10室支配のヨーガカラカとなり、最高の吉星であり、7室に在住してルチャカヨーガを形成している。


こうした火星が犯行を犯すはずはなく、むしろ、ビジネスなどで成功する配置である。



獅子座ラグナの場合でも火星は、4、9室支配で6室で高揚しており、良い動機を持ち、障害(敵)に強い吉祥な配置ということができる。



従って、最終的に残ったのは、双子座ラグナと乙女座ラグナの可能性である。



そして、岩崎隆一の生育環境や行動傾向などを検討した所、おそらくラグナは、双子座ラグナである。



ラグナのナクシャトラは、天才的な悪人か、社会を改革する革命家になるかの両極端に揺れ動くアールドラーで、おそらく浄化の苦しみ、清くなるために徹底的に汚れるという象意を持っている為、社会を揺るがすような凶悪犯罪を犯して、社会の歪を自らの人生を使って体現するような形で現れると思われる。


過去においても様々な凶悪犯罪などが、このアールドラーで起こってきたケースが見られる。




4 アールドラー宿には、殺人者、動物捕獲者、嘘・他人の妻・盗み・悪事・分裂を好むもの、籾をもつ穀物、残酷な人、聖句を知るもの、呪詛者、屍鬼(ヴェーターラ)の儀式を知るものが、


(ブリハットサンヒター 第15章 星宿の分野 より引用抜粋)




双子座ラグナの可能性



出生図のラグナを双子座アールドラーに設定すると、ラーフは11室に在住し、火星と木星がアスペクトしている。






火星は、6、11室支配で自室の11室にアスペクトバックし、木星は7、10室支配で11室にアスペクトする形である。




叔父、叔母、従兄と従姉の下で差別された過去


11室の支配星が11室にアスペクトバックする配置は、兄や姉が存在する配置であるが、但し、11室にラーフが在住している場合、腹違いの兄や姉とか、容姿縁組をした両親の血のつながりのない義理の兄や姉といった象意になる。



ラーフは人工的なものを意味し、血縁的な自然な関係を表わさないのである。



岩崎隆一は、6歳の頃、両親が離婚して、父親の兄弟である叔父とその妻である叔母の下で引き取られて暮らすことになったが、その叔父と叔母には実の子供がいて、それが従兄と従姉であった。



つまり、岩崎隆一は、両親が離婚して、父親の兄弟と養子縁組したようなものだが、その叔父の実の子供たちが、血の直接的な繋がりがなく実の兄や姉ではない従兄と従姉であったということである。



岩崎隆一は、この叔父と叔母の家族の中で、差別を受け、例えば、床屋に行くような場合でも叔父と叔母は実の子には、床屋に綺麗に整えるように指示し、岩崎隆一は、丸刈りでいいと指示したようである。



「差別されているようでかわいそうだった」と理髪店店主が述べている。




双子座ラグナに設定すると、11室の支配星は同時に6室の支配星でもあり、兄や姉との確執の表示体となっている。






その火星が8室に在住しており、それで、従兄と従姉との関係における苦悩を表わしている。



11室の支配星が8室で高揚しているということは、従兄と従姉が叔父と叔母の実の子として圧倒的に優位な立場にいて、岩崎隆一自身は、従兄と従姉と差別され、屈辱や苦悩を経験したのである。



岩崎隆一は、今回の事件で、スクールバスを待っていたカリタス小学校の児童たちに対して犯行を行なったが、カリタス小学校とは、私立校で、恵まれた学校であったようである。


そして、ネット上の情報によれば、叔父と叔母の実子である従兄と従姉は、このカリタス小学校に通っていたようである。



そう考えると、岩崎隆一の犯行とは、従兄と従姉と差別されて育てられたことへの復讐であり、彼らが通うカリタス小学校というものが、岩崎隆一にとって、恵まれた従兄と従姉の待遇として、憎しみの対象として象徴化されていたということである。



月から見て2-8室の軸にトランジットするラーフ、ケートゥ、土星、火星が、心理的渇望が満たされない苦悩と、突然の不合理な行動をもたらし、ラグナから見て、1-7室をトランジットするラーフ、ケートゥ、土星、火星が、心境の変化といったものをもたらしたと考えられる。



こうしたトランジットが他者からの心理的サポートが得られない絶望的な精神状態の中で、私立のカリタス小学校に通う恵まれた児童たちを傷つけて復讐を遂げ、自分自らも自殺するという自暴自棄的な行為に走らせたのである。






またラグナを双子座のアールドラーに設定すると、犯行に及んだ2019年5月28日は、金星/ラーフ期である。



ラーフのディスポジターである火星は、ラグナから見て6、11室の支配星で、月から見ても6室の支配星である。



つまり、6室(暴力)の象意が2回出てくることに注目である。



そして山羊座で高揚して、ラグナからみて7、10室支配の木星、月から見て2、5室支配の木星にアスペクトしている。



火星がアスペクトして傷つけているのは、ラーフと木星だけであり、ラーフは火星の星座に在住しているため、アスペクトバックにより強化されている。



従って、犯行によって傷つけられた児童や保護者の表示体は、木星ではないかと考えられる。



木星は子供の表示体であり、広く社会的な観点から児童を表わしている。



その木星がラグナと月から見て6室支配の火星から傷つけられていることが今回の事件を表わしていたのではないかと考えられる。





幼少期の両親の離婚



岩崎隆一は、6歳頃、両親が離婚して家庭が崩壊し、叔父叔母の元で育てられることになった。



6歳頃は、土星/金星期辺りである。



土星は8室の支配星で、月から見た2室(両親、家族)にアスペクトし、土星のディスポジターである木星は、月から2室の支配星で、6、11室支配の火星から傷つけられている。



金星は12室の支配星で、減衰した2室支配の月と6室でコンジャンクトしている。



金星のディスポジターである6、11室支配の火星はラグナから2室にアスペクトし、月から2室支配の木星にアスペクトして傷つけている。



2室や2室の支配星が傷ついている時、家庭環境に問題があったり、両親が喧嘩をしていたり、離婚の危機にあったりする傾向があるが、ダシャーは傷ついた2室に絡んでおり、この時期の経験を説明することができる。





「雀荘」勤務の過去



岩崎隆一は、上記のように過酷な幼少時代を送り、長期間にわたって「ひきこもり」の生活を送ってきた事実に焦点が当たっている。


然し、1985年3月に職業訓練校を卒業後、しばらくして岩崎容疑者は町田市内の「J」という雀荘に出入りするようになり、そして1年が過ぎた18歳の頃、メンバー(従業員)として働き始めたということである。


川崎スクールバス殺人 岩崎隆一容疑者に「雀荘」勤務の過去
2019/6/5 16:15 文春オンライン

 5月28日、川崎市で登校中の児童や保護者20人を殺傷し、自ら命を絶った岩崎隆一容疑者(51)。長期間にわたる「ひきこもり」生活に焦点が集まっているが、「週刊文春」の取材によって岩崎容疑者がかつてマージャン店で勤務していた事実が明らかになった。

 1985年3月に職業訓練校を卒業後、しばらくして岩崎容疑者は町田市内の「J」(現在は閉店)という雀荘に出入りするようになる。そして1年が過ぎた18歳の頃、メンバー(従業員)として働き始める。主な仕事はドリンクの注文や灰皿の交換などの接客、そして客の人数あわせで卓に入って麻雀を打つ「本走」の2つだった。

「J」の元オーナーが当時を振り返る。

「彼は麻雀が物凄く強かった。責任感も人一倍あったので、夜中から朝10時までの夜番の主任を任せていました。メンバーは自分のカネで現金打ちをするから、給料が20万円でも負けが続けばアウト(店への借金)を作ってしまうものですが、彼はいつも7、8万のカネをポケットに入れて、それだけで賄っていた。麻雀をやる人間は、ゲームの時に財布を出すと舐められるから財布を持たない。事件後の報道で、彼のポケットに現金で10万円が入っていたと聞いて『彼らしいな』と思いました」

 6月6日(木)発売の「週刊文春」では、同級生や友人、仕事仲間などの証言から彼の犯行にいたるまでの51年の人生を4ページにわたって詳報している。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年6月13日号


つまり、この記述によれば、1986年3月ぐらいから働き始めたことになるが、この頃は、マハダシャー水星期に移行する直前である。


双子座ラグナであれば、水星は1、4室支配で7室で3室支配の太陽とコンジャンクトしている。


7室は10室からみた10室であり、10室の本質のハウスであり、7室は仕事や社会性を表わすハウスである。


従って、この7室に在住する水星期に雀荘に務めて、従業員として働いていたということが、説明可能な配置である。



因みに双子座ラグナに設定すると、3室支配の太陽が7、10室支配の木星と、3-7の星座交換をしている。


時々、客の人数合わせで卓に入って麻雀を打つ業務もあったようだが、3室は手を使った軽作業を表わし、7室は対人的な仕事を意味している。



また水星と、水星とコンジャンクトする太陽は、共にムーラ(ケートゥ)に在住しており、ディスポジターの7、10室支配の木星もマガー(ケートゥ)に在住しているが、ケートゥは天秤座の5室に在住しており、雀荘の象意と一致している。


5室は娯楽、エンターテイメントのハウスであり、天秤座は、カジノやパチンコ、ゲームセンターなどの表示体であり、5室の天秤座というのは、雀荘の象意に一致している。




岩崎隆一のラグナは?


このように双子座ラグナの可能性について検討してきたが、双子座で正しいと完全に納得できた訳ではないため、更に検討を重ねる必要がある。


但し、チャンドララグナはおそらく月であることは間違いないと思われる。




月から見た2-8の軸に土星、火星、ラーフ、ケートゥの集中が、今回の犯罪を犯すような心理状態をもたらしたのである。


もし月が天秤座にあったら、そのような心理状態になりそうもない。


従って、ラグナを魚座から乙女座の間で探すのが妥当である。



そうした中で、乙女座ラグナという可能性も考えられるが、双子座ラグナというのは、最も可能性の高いラグナと思われた。




岩崎隆一の心の闇


今回の分析が正しければ、岩崎隆一の心の闇は、幼少時の家庭崩壊、叔父叔母、従姉、従兄との関係という生育環境から来ているのである。


それは2室支配で6室で減衰する月によって表されており、月のディスポジターである火星が6、11室支配の機能的凶星でラグナからみた2室、月からみた2室の支配星にアスペクトして傷つけている配置に現れている。


この2室支配で減衰する月に岩崎隆一の心理的不安定さが現れており、ディスポジターが凶暴な6、11室支配の火星で、それが高揚しているが為にそれが過酷な暴力として現れたのではないかと思われる。






火星は10室の支配星にアスペクトしており、ディスポジターの土星は10室に在住しており、10室に6室支配の火星と8室支配の土星の影響が見られる。


また火星と土星はそれぞれ6室の表示体、8室の表示体でもある。


また火星はダニシュター(火星)に在住しており、土星はウッタラバードラパダー(土星)に在住しており、火星と土星は、定座となるナクシャトラに在住して強化されている。


これも注目すべき点である。






10室(行為)に土星と火星の影響が見られるため、世間に悪名を轟かし、大きな社会的影響をもたらしたのである。


そして、もし双子座ラグナであれば、犯行時のトランジットでは、ラグナとラグナロードの水星に土星、火星、ラーフ/ケートゥ軸の影響が見られ、このようなタイミングは、パーソナリティーが変容するタイミングである。


急にアイデンティティやパーソナリティーが変容して、何か突飛な行動を取りやすいタイミングであるとも言える。


もし乙女座ラグナの場合であったとしてもラグナロードや10室や10室の支配星に土星、火星、ラーフ/ケートゥ軸の影響が生じる為、その為、乙女座ラグナの可能性も検討の余地がある。




【2019年7月3日 追記】

因みに今回の事件で、外務省の小山智史氏が亡くなっており、ミャンマー語の通訳担当官として将来を期待される人材であったという。

何故、この外務省の高級官僚であった小山智史氏が事件に巻き込まれたかを考えると、やはり、6、11室支配の火星が7、10室支配で獅子座に在住する木星にアスペクトして、木星を激しく傷つけていたからではないかと思われる。

この木星は太陽と星座交換しており、太陽は政府を表わすため、獅子座に在住し、太陽と星座交換している木星は、高級官僚の表示体であると考えられるからである。


また今回、岩崎隆一は、犯行後、自らの首を切って自殺しているが、おそらく首を切って自殺したのは、6、11室支配で8室で高揚する火星が2室(首)にアスペクトして2室を傷つけているからではないかと思われる。


更に今回、事件後に犯人宅に出入りしていた「40代女性」は誰かとニュースで報じられている。

この女性は、おそらく訪問介護のヘルパーであり、岩崎隆一の自宅に訪れて、家事を行なっていたのではないかと思われるが、おそらくこの訪問介護のヘルパーの女性は、蠍座6室に在住する金星や月が表示体ではないかと考えられる。

何故なら6室は部下や雇用した従業員を表わしており、お金を支払うことで初めてサービスを提供してくれる女性を意味している。

従って、岩崎隆一にとっては、この女性とのコミュニケーションはそれ程、楽しいものではなかったと考えられる。

5室支配の金星が6室に在住しているため、恋愛感情というものが挫折するお金の関係なのである。

但し、月ラグナから見ると、金星は7、12室支配でラグナに在住している為、一見、周囲の人間が「お嫁さん」と勘違いするような疑似的な妻の役割をしていたのかもしれない。

ただ金星は2室支配で6室で減衰するマラカの月とコンジャンクトしており、またディスポジターの火星は6、11室支配で8室で高揚していた為にこうした訪問介護ヘルパーの存在も岩崎隆一の心の穴を埋めることは出来なかったようである。

岩崎隆一が犯行に及び、自殺を遂行したのは金星/ラーフ期であったが、マハダシャーの金星は12室の支配星でマラカの2室支配の月とコンジャンクトし、アンタルダシャーのラーフはディスポジターの火星がマラカの2室にアスペクトし、月からみた2室支配の木星にアスペクトしていたからではないかと思われる。

マハダシャーの金星は5室の支配星であるが、6室に在住し、減衰するマラカの月とコンジャンクトしていた為、あまり良い働きは出来なかったと考えられる。

もし双子座ラグナで正しいなら、今回の事件の様々なエピソードがこうしたロジックで説明することができる。




(参考資料)



川崎襲撃事件犯人宅に出入りしていた「40代女性」は誰か
2019.06.10 16:00 週刊ポスト

 川崎市で私立カリタス小学校の児童や保護者ら20人が殺傷された事件は、岩崎隆一容疑者(51)が犯行直後に自殺したことで、いまだ真相に多くの謎を残したままだ。

 幼少期に両親と引き離され、長く伯父夫婦と同居していた生活の中で、犯行に繋がるようなきっかけがあったのか。事件直後、近隣を取材する中で“岩崎家に出入りする女性”の存在が浮上した。岩崎容疑者を古くから知る近隣住民の女性が語る。

「最近になって30~40代くらいの女性が家にいて、家事などをやっているようだったので、てっきり隆ちゃんのところにお嫁さんが来たのかと思っていたのよ。それがまさかこんなことになるなんて……」

 岩崎家に新聞を届けていた配達員も言う。

「(代金を支払うのは)いつもはお年寄りなんだけど、最近は若い40代くらいの女性が払ってくれることがあった。家族なのかと思っていた」

 女性は何者なのか──正体はすぐに明かされた。

「川崎市が会見を開き、高齢の伯父夫婦が訪問介護のヘルパーを受け入れるにあたり、引きこもり状態にある岩崎容疑者のことで市に相談があったことを明らかにしました。市ははっきりと明言しませんでしたが、最近になって介護ヘルパーの訪問を受け入れていたようです。近隣住人たちが目撃していたのは、ヘルパーの女性だったのではないか」(社会部記者)

 岩崎家は近隣との付き合いが薄かったため、介護ヘルパーが「家族」や「お嫁さん」と誤解されていたようだ。しかし、この女性の存在が目撃されるようになって間もなく、岩崎容疑者は犯行に及んだ。

 岩崎家には伯父夫婦の姿もすでになく、出入りする者は誰もいない。ヘルパーへの誤解は、岩崎家が陥っていた“孤独”を象徴していたのかもしれない。

※週刊ポスト2019年6月21日号
参照元:川崎襲撃事件犯人宅に出入りしていた「40代女性」は誰か
2019.06.10 16:00 週刊ポスト











スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA