信長、秀吉、家康のパーソナリティーの違い

信長、秀吉、家康のパーソナリティーの違いについて詠んでいる有名な歌がある。

「鳴かぬなら殺してしまえ時鳥」:織田信長

「鳴かぬなら鳴かせてみせよう時鳥」:豊臣秀吉

「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」:徳川家康



信長、秀吉、家康の3人のチャートが揃ったので、この歌で詠まれている性格の違いが、占星術的にはどのように説明できるのか、一応、整理しておきたいと思う。

まず、信長は、典型的な牡羊座の人物であり、牡羊座は短気で切れやすい性格の持ち主である。
秀吉は、4室に吉星が集中し、5室でも月が高揚しており、文化的素養の習得に熱心であった。

「鳴かせてみせよう」というのは、クリエイティブな才能を表すもので、この句は、秀吉の芸術性を示すものである。

また月が牡牛座で高揚しているということが、こうした優美な性格をもたらしたと考えられる。
家康の「鳴くまで待とう」という態度は、非常に他者を尊重した忍耐強い態度である。

家康のラグナロードは天秤座に在住しており、天秤座は土星が高揚する星座である。

山岡荘八著 『徳川家康』 では、家康のことを平和主義者のように描いていると言うが、

おそらく、ラグナロードの木星が天秤座に在住しているので、平和主義者というのは間違いではないのである。

徳川家260年の間、戦のない社会を築いたのは、平常時から外交力や駆け引きの能力を使って、諸大名をシステマティックに統治したからで、

それは天秤座の能力であったということができるかもしれない。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA