MENU

フィンセント・ファン・ゴッホ

2021 2/04
氏名フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ
ローマ字Vincent Willem van Gogh
生年月日1853年3月30日
出生時間11:00
出生場所オランダ 北ブラバント州フロート・ズンデルト (Zundert, Netherlands, 51n28, 4e40)
Rodden RatingAA
ナクシャトラ(Asc)プナルヴァス
ナクシャトラ(Mo)ジェーシュタ
職業オランダのポスト印象派の画家
所属
業績
その他
データソースwikipedia, astrodatabank


コメント
検証メモ11888年12月末 耳切り事件

【ヴィムショッタリダシャー】
月/火星/月

⇒月はマラカの2Lで6室で減衰、火星は6、11室支配で、10室に在住し、3Lの太陽とコンジャンクト(3室は右耳、11室は左耳)

D9で、月はマラカの2Lで、火星は6、11Lで、3室に在住して3室を傷つけており、8Lの土星も3室と11Lの火星にアスペクトして傷つけている。

(3室は右耳、11室は左耳)


【チャラダシャー】
水瓶座/牡牛座/魚座

⇒水瓶座から見た3室(右耳)にGKと土星(減衰)が在住
牡牛座から見た3室にはグリカが在住、3Lの月は7室で減衰し、GKと土星からアスペクトされている
魚座から見た3Lの金星はラグナで、6Lの太陽、火星から傷つけられ、更にラーフ、ケートゥ、マラカに相当するDKからアスペクトされている

検証メモ21890年7月27日に銃で自らを撃ち、2日後の29日に死亡

【ヴィムショッタリダシャー】
月/木星/木星

⇒月はマラカの2Lで6室で減衰、木星はマラカの7Lで7室に在住し、ラーフ/ケートゥ軸と絡んでいる。

月から見て、木星はマラカの2Lで2室に在住し、ラーフ/ケートゥ軸と絡んでいる。

D9で、月はマラカの2Lで10室に在住し、6、11Lの火星からアスペクトされて傷ついている。

木星は7、10室支配で、マラカの7Lを支配し、11室でラーフ/ケートゥ軸から傷つけられている。


【チャラダシャー】
水瓶座/双子座/双子座

⇒双子座から見ると、AKの月はマラカの2Lで6室に在住し、土星とGKの水星、グリカ(Gulika)からジャイミニアスペクトを受けている。
検証メモ3妹アンナ(1855年生)
ケートゥ/ケートゥ or 金星

⇒D3で、ケートゥは11室で、ディスポジターの木星は11Lで3室にアスペクト
金星は3Lの火星とコンジャンクト

弟テオドルス(通称テオ、1857年生)
ケートゥ/月 or 火星 or ラーフ

⇒D3で、火星は3L、ラーフは5室で、ディスポジターの水星は3室に在住

妹エリーザベト(1859年生)
ケートゥ/木星 or 土星

⇒木星は11Lで3室にアスペクト、土星はラグナロード

妹ヴィレミーナ(通称ヴィル、1862年生)⇒金星/金星

⇒金星は3Lとコンジャンクト


弟コルネリス(通称コル、1867年生)⇒金星/月 or 火星

⇒金星は3Lとコンジャンクト、火星は3L




検証メモ4妹アンナ(1855年生)
双子座/魚座 or 水瓶座

⇒双子座にはBKと火星がアスペクト、魚座にはBKと火星が在住

弟テオドルス(通称テオ、1857年生)
双子座/山羊座 or 射手座

⇒山羊座から見た3室にBKと火星が在住、射手座にはBKと火星がアスペクト

妹エリーザベト(1859年生)
双子座/蠍座 or 天秤座 or 乙女座

⇒天秤座から見た3室にBKと火星がアスペクト、乙女座にBKと火星がアスペクト

妹ヴィレミーナ(通称ヴィル、1862年生)
双子座/蟹座 or 双子座

⇒蟹座から見た3室にBKと火星がアスペクト

弟コルネリス(通称コル、1867年生)
牡牛座/射手座 or 蠍座

⇒D3にて、牡牛座から見た3室にBKが在住
⇒射手座にはBKと火星がアスペクト
検証メモ5小さい時から癇癪持ちで、両親や家政婦からは兄弟の中でもとりわけ扱いにくい子と見られていた。親に無断で一人で遠出することも多く、ヒースの広がる低湿地を歩き回り、花や昆虫や鳥を観察して1日を過ごしていた。

⇒ラグナロードで、4室支配の水星が8室支配で、牡羊座で減衰する土星(バラニー)とコンジャンクト、更に天王星、冥王星などともコンジャクト
2Lの月が6室で減衰、月はジェーシュタに在住し、支配星の水星は、上述したように減衰した土星とコンジャンクトしている
ラグナにラーフ(ムリガシラー)が在住し、6、11室支配の火星がラグナと在住するラーフ、4室にアスペクト、減衰する8室支配の土星がラグナとラーフにアスペクト

検証メモ6聖職者への志望(1876年-1880年)
金星/土星 or 水星 or ケートゥ

⇒マハダシャーの金星は5、12室支配で10室魚座(キリスト教)で高揚
土星と水星のディスポジターの火星は10室に魚座(キリスト教)に在住
ケートゥは木星とコンジャンクトし、ディスポジターの木星は魚座から見た10室
検証メモ71873年5月、ファン・ゴッホはロンドン支店に転勤となった。表向きは栄転であったが、実際にはテルステーフやセント伯父との関係悪化、彼の娼館通いなどの不品行が理由でハーグを追い出されたものともいわれている。8月末からロワイエ家の下宿に移った。ヨーの回想録によれば、ファン・ゴッホは下宿先の娘ユルシュラ・ロワイエに恋をし、思いを告白したが、彼女は実は以前下宿していた男と婚約していると言って断られたという。そして、その後彼はますます孤独になり、宗教的情熱を強めることになったという。しかし、この物語には最近の研究で疑問が投げかけられており、ユルシュラは下宿先の娘ではなくその母親の名前であることが分かっている。ファン・ゴッホ自身は、1881年のテオ宛書簡で「僕が20歳のときの恋はどんなものだったか……僕はある娘をあきらめた。彼女は別の男と結婚した。」と書いているが、その相手は、ハーグで親交のあった遠い親戚のカロリーナ・ファン・ストックム=ハーネベーク(カロリーン)ではないかという説がある。

金星/木星/太陽 or 月

金星は5、12Lで10室で高揚、ディスポジターの木星7Lで7室に在住し、ケートゥ(失恋)とコンジャンクト
木星は7Lで7室に在住し、ケートゥ(失恋)とコンジャンクト

D9でも木星は7Lで11室でケートゥとコンジャンクト
D9にて、太陽は3Lで7室に在住

D9にて、金星は5、12Lで3室で、6、11Lの火星とコンジャンクト(娼館通い)
月から見て、金星は3、8Lで6室に在住し、2、9Lの火星とコンジャンクト
出生図で、5、12Lの金星は6、11Lの火星、3Lの太陽とコンジャンクト
出生図で、金星は7、12Lで5室で、ラグナロードで6Lの火星とコンジャンクト
検証メモ8グーピル商会(1869年-1876年)
金星/ラーフ⇒木星⇒土星

D10にて、金星は3、8Lで11室
ラーフは4室、ディスポジターの水星は3室
木星は1、10室支配で10室でハンサヨーガ(土星と火星がコンジャクトして傷つけている)
土星は、11、12室支配で10室に在住し、10室と10Lを傷つけている

金儲けだけを追求するようなグーピル商会の仕事には反感を募らせた。
この頃、父は、フィンセントには今の職場が合わないようだとテオに書いている。
金星/土星/水星 or ケートゥ

⇒D10にて、水星は3室、ケートゥは10室(職場への失望)


1876年1月、グーピル商会から4月1日をもって解雇するとの通告を受ける
金星/土星/金星

⇒D10にて、金星は3,8Lで11室、土星は11、12Lで10室に在住し、ラーフ/ケートゥ軸、火星とコンジャンクトし、10Lの木星を傷つけている
検証メモ9ボリナージュ
同年(1878年)12月、彼はベルギーの炭鉱地帯、ボリナージュ地方(モンス近郊)に赴き、プティ=ヴァムの村で、パン屋ジャン=バティスト・ドゥニの家に下宿しながら伝道活動を始めた。1879年1月から、熱意を認められて半年の間は伝道師としての仮免許と月額50フランの俸給が与えられることになった。彼は貧しい人々に説教を行い、病人・けが人に献身的に尽くすとともに、自分自身も貧しい坑夫らの生活に合わせて同じような生活を送るようになり、着るものもみすぼらしくなった。しかし、苛酷な労働条件や賃金の大幅カットで労働者が死に、抑圧され、労働争議が巻き起こる炭鉱の町において、社会的不正義に憤るというよりも、『キリストに倣いて』が教えるように、苦しみの中に神の癒しを見出すことを説いたオランダ人伝道師は、人々の理解を得られなかった。教会の伝道委員会も、ファン・ゴッホの常軌を逸した自罰的行動を伝道師の威厳を損なうものとして否定し、ファン・ゴッホがその警告に従うことを拒絶すると、伝道師の仮免許と俸給は打ち切られた。

金星/水星/月 or 火星

⇒水星は、1、4室支配で、8、9室支配で、11室牡羊座バラニーで減衰する土星とコンジャンクト(貧困、教会からの拒絶)
検証メモ101886年1月 (略)金銭的には依然困窮しており、テオが送ってくれる金を画材とモデル代につぎ込み、口にするのはパンとコーヒーとタバコだけだった。同年2月、ファン・ゴッホはテオへの手紙で、前の年の5月から温かい物を食べたのは覚えている限り6回だけだと書いている。食費を切り詰め、体を酷使したため、歯は次々欠け、彼の体は衰弱した。また、アントウェルペンの頃から、アブサン(ニガヨモギを原料とするリキュール)を飲むようになった。

太陽/水星(1885/5/28~1886/4/4)

⇒水星は、1、4室支配で8、9室支配で11室で土星(牡羊座バラニーで減衰)とコンジャンクトしている
月から見て、水星は8、11室支配で6室に在住し、3、4室支配の土星(牡羊座バラニーで減衰)とコンジャンクト
太陽から見て、水星は4、7室支配で2室に在住し、11、12室支配の土星(牡羊座バラニーで減衰)とコンジャクト
検証メモ11
検証メモ12
検証メモ13
検証メモ14
検証メモ15
検証メモ16
検証メモ17
検証メモ18
検証メモ19
検証メモ20
検証メモ(ジャイミニ系その他)
検証メモ(その他)





スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!