菊池桃子「1億総活躍国民会議」の民間議員に抜擢される

菊池桃子が「1億総活躍国民会議」の民間議員に抜擢された。

————————————————————————————————————————————–
菊池桃子氏を「1億総活躍国民会議」の民間議員に抜擢
産経ニュース / 2015年10月22日 21時28分

政府は22日、第3次安倍晋三改造内閣の目玉政策「1億総活躍社会の実現」に向けた具体策を話し合う「1億総活躍国民会議」の民間議員に、タレントの菊池桃子氏を充てる方針を固めた。菊池氏は元アイドルとしての知名度に加え、子育てとタレント業を両立し、労働問題にも強い思い入れがあるなど「1億総活躍」を体現する第一人者として白羽の矢が立った。

加藤勝信1億総活躍担当相が23日の記者会見で、国民会議のメンバーを発表する。

民間議員に内定した菊池氏は、タレント業の傍ら、平成24年から母校の戸板女子短大の客員教授に就任し、労働分野の講義を担当。同年には法政大大学院で雇用問題を専攻し、修士号も取得している。長女が乳児期に脳梗塞になり、左手足にまひが残った経験から、障害者問題にも造詣が深い。

このほか民間議員には、「消滅可能性都市」の問題を提起した「日本創成会議」座長の増田寛也元総務相のほか、経団連の榊原定征会長、日本商工会議所の三村明夫会頭、日本総合研究所の高橋進理事長、慶応大の樋口美雄教授らも内定した。民間議員は十数人になる見通しだ。

有識者以外には、安倍晋三首相や加藤氏、甘利明経済再生担当相、石破茂地方創生担当相ら関係閣僚が参加する。国民会議は29日に初会合を開催する方向で最終調整している。

政府は国民会議の議論を踏まえ、11月にも緊急対策第1弾をまとめ、来春には具体的な政策パッケージとなる「ニッポン1億総活躍プラン」を策定する。
————————————————————————————————————————————–

菊池桃子にそのような白羽の矢がたっているという憶測は昨年の夏頃からあり、報道もされていたが、その時、菊池桃子は、マハダシャーケートゥ期の最後のアンタルダシャーであるケートゥ/水星期であった。

KikuchiMomoko_chart
今年の2015年8月30日以降、マハダシャー金星期に移行したが、金星はラグナ、月から見て5室を支配して11室に在住し、3室支配で高揚する太陽と接合している。

従って、この高揚する強い太陽が政治との接近を表している。

太陽はナヴァムシャで減衰しているが、ディスポジターの金星がラグナ、月からみてケンドラに在住しているので、ニーチャバンガラージャヨーガである。

また太陽はラグナからみて6室支配で8室で減衰しているので、パラシャラの例外則で、ラージャヨーガ的に働いている。

また月からみても3室支配で5室で減衰しているので、同様にパラシャラの例外則が働いている。

またダシャムシャ(D10)では太陽は9室支配で11室で減衰しているが、やはり、ディスポジターがラグナ、月からみてケンドラに在住しており、ニーチャバンガラージャヨーガを形成し、月からみて6室支配で8室で減衰しているため、パラシャラの例外則が働いている。

またD60を見ると蟹座ラグナで太陽は2室獅子座で自室に在住している。

昨年の夏頃は菊池桃子自身が、内閣への入閣を否定していたが、やはり高揚する太陽と接合するマハダシャー金星期に結果として入閣したことが分かる。

金星は5室支配で11室に在住しているため、高い評価や称号(肩書き)を表している。

従って、金星期に内閣入りする訳である。これらはカルマ的に決まっていたことであったと考えられる。

以前の記事から推測すると、菊池桃子は、森雅子女性活力・子育て支援相の後継候補としての役割が期待されている。

金星は5室(子供)の支配星であることから、子供に関係することに携わるということは予想できるのである。
——————————————————————————–
女性登用推進で菊池桃子大臣誕生も!?
2014.8.9 12:00 産経ニュース

「女性の活躍推進」を掲げる安倍晋三首相が9月上旬に行う内閣改造を巡り、焦点の女性閣僚候補選びを本格化させている。そんな中、短大客員教授も務めるタレントの菊池桃子氏(46)が先月から、森雅子女性活力・子育て支援相との意見交換を活発化し注目を集めている。菊池氏は知名度に加え、子育てとタレント業を両立。女性の社会進出を体現しているだけに森氏の後任候補として急浮上しているのだ。往年のアイドルが大臣として活躍の場を広げる日は来るのか。

政府関係者によると、森、菊池両氏は今夏、私的な会合で意気投合。この際、菊池氏は森氏に「女性が活躍できるように手伝いたい」と述べたという。その後、7月17日には内閣府で会談し、働く女性の子育て支援施策について議論。同月22日には森氏が開いた各業界の女性リーダーとの懇談会にも菊池氏は顔を見せ、イー・ウーマンの佐々木かをり社長やNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションの塚本良江社長らと意見交換を行った。

菊池氏はNPO法人「キャリア権推進ネットワーク」理事に昨年春、就任。自分の働き方を主体的に選べる「キャリア権」の普及を目指し活動する一方で、母校の戸板女子短大客員教授として労働分野の講義も続けている。女性の労働問題への強い思いは、脳梗塞を患い左手足にまひが残る長女の子育てから培われた。平成24年には法政大大学院で雇用問題を専攻し、修士号を取得。学問や政策に対する関心は年々強まるばかりだ。

こうした動向を受け、森氏の後継閣僚として「菊池氏が民間から抜擢(ばつてき)されるのではないか」との憶測が自民党議員の間で駆け巡った。

そもそも首相の女性登用に対する思いは強い。一昨年12月に政権を奪還すると、党三役の総務会長と政調会長にそれぞれ野田聖子、高市早苗両氏を起用。6月に閣議決定した新成長戦略では、社会の指導的地位に占める女性の割合を32年までに3割以上とする目標も設定した。

この目標を内閣で実現するには、18人を上限とする閣僚のうち6人を女性にしなければならない。歴代内閣では最も多くて第1次小泉純一郎内閣の5人だった。410人に上る自民党国会議員のうち女性は40人で1割程度にすぎず、現在の安倍政権下で自民党議員の女性閣僚は稲田朋美行革担当相と森氏の2人だけだ。

女性議員の場合、男性議員よりも少ない当選回数で入閣する可能性が高い半面、政治手腕のほか「女性としての存在感」を求められることも少なくない。

首相に近い女性議員で入閣の可能性が取り沙汰されているのは、山谷えり子参院政審会長や丸川珠代党厚生労働部会長。参院当選4回の橋本聖子、参院当選3回の有村治子両氏の名前も初入閣候補として飛び交う。
——————————————————————————–
菊池桃子は現在、金星/金星期であるが、2018年12月29日から金星/太陽期に移行し、2019年12月30日まで続く。

KikuchiMomoko_photo
マハダシャー金星期に政治の世界に関わり初め、金星/太陽期は太陽が3室の支配星で5室の支配星と共に11室に在住している。

太陽はメディアの3室を支配しているため、これまで暫く芸能界では活動休止となっていた菊池桃子が、政治の世界でメディアに露出する時期がやって来ることが予想される。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA