ビルゲイツの野望について

私は以前、ビルゲイツのラグナが蟹座であるとするコラムを書いたが、最近、それが間違いであったことがはっきりと分かった。

BillGates_chart_20151229
それについては以下に論じるが、何故、蟹座ラグナ説を信じたのかというと、以前、プラサンナン・ヘルケ氏のセミナーに参加した際にプラサンナン氏がビルゲイツのラグナを蟹座に設定していたからである。

理由としては当時、ビルゲイツはマイクロソフト会長から退き、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を設立して社会奉仕活動を始めようとしていた。

ビルゲイツはちょうどマハダシャー太陽期から月期に移行するタイミングだったので、これから月期になるとラグナロードの月が9室に在住しているので、精神性を探求したり、奉仕活動をしたりといった人生を送ることになるはずであるというのが、プラサンナン氏の説明であったと思われる。

私はその解釈に納得し、その考えで正しいと考えた。

ビルゲイツは慈善活動に目覚め、その資産を奉仕活動に投じて世界を救うのであると私は思っていた。

蟹座ラグナに設定すると4室で土星と金星が4室でパンチャマハープルシャ・シャシャヨーガと、マラヴィアヨーガを形成している。

従って、この配置があるために有名な巨大な邸宅に住んでいると考えた。

そして、3室で水星と火星が接合している為、この配置がプログラマーのスキルを表しており、Windowsの開発に貢献したと考えた。

然し、考えてみれば、ビルゲイツはプログラマーではなく、実業家である。

彼は人が開発したオペレーティングシステムを購入して、MS-DOSと名付け、IBMに売り込んだだけである。

そのような商才の持ち主であったが、プログラマーなどの作業者ではない。

蟹座ラグナであると、5、10室支配の火星が3室で高揚する水星と接合しているので、よいプログラマーになるかもしれないが、この配置ではただのコードを書く技術者で終わってしまう。

3室はそれ程、ステータスが高くないハウスであるからである。

8室から8室目の8室の本質のハウスであり、弱いドゥシュタナハウスと呼ばれるのが3室である。

いつも苦労ばかりで、努力ばかりしているのが3室であり、成功とは無縁なのである。

従って、今思えば、蟹座ラグナ説には容易に納得は出来ない。

ビルゲイツは、北極圏のスバールバル諸島(ノルウェー領)のスピッツベルゲン島に種子貯蔵庫を建築し、運営しているそうである。
SvalBard
この施設で種子を保存し、最後の審判の後で生き残ることを考えているというが、この情報は真実の響きを持っている。

ビルゲイツや世界の支配者階級の人々が非常に気にしていることはこの過剰になった世界の人口問題である。

そして、人口を削減することが緊急の課題であると考えている。
インターネット上には、ビルゲイツが、あの悪名高いアグリビジネスの巨人・モンサント社と何か世界の人口削減を目論んでいるといった不吉な意見が語られている。

モンサント社とは遺伝子組み換え大豆と農薬をセットで売り、種が出来ないターミネーター種子などで、農家に毎年、種を購入させて依存させて支配していく帝国主義的な多国籍企業である。
彼がカリフォルニア州ロングビーチで行われた招待客限定の会議で「ゼロへの革新」と題した演説を行い、ワクチンの目的が人口削減であるとはっきりと表明したらしいのである。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団の最重視課題は、ワクチンであり、アフリカなど発展途上国での予防接種であるということなのだが、妊婦の女性ばかりに予防接種を行ったり、また予防接種を行ったアフリカで集団で容態が悪化したりといった事件が起こっているようである。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は2010年1月のダボス世界経済フォーラムで今後10年間で新型ワクチンを開発し、途上国の子供に送り届けるため100億ドルを寄付すると発表したようである。

非常に奇妙なことだが、食料や物資など具体的に豊かになる手段を必要とするアフリカで何故、予防接種ばかりを推進しているのか、非常に奇妙である。

あるインターネットサイトの意見によれば、何故、ビルゲイツはアフリカで井戸を掘ることなど、もっと安上がりで、実用的に役に立つ援助があるにも関わらず、何故、ワクチンの配布ばかりしているのか、疑問符が付いている。

私もそれは同様に感じるのである。何故、食糧援助などをしないでワクチンばかり配布しているのか。
まず、ビルゲイツは種子貯蔵庫を作って支配者階級の人々が世界が滅亡した後に生き残れるように植物の種子を保管しているのである。

そのような思想の持ち主が、アフリカにワクチンを配布したとしてもそれは決して、アフリカの人々のためではないのである。

彼は自分自身のためにそれを行っているに過ぎない。アフリカの人々がこれ以上、人口が増えないように抑止し、地球の生態系を守るという目的のためである。

それは彼にとっては利己的な欲求なのである。

何故かと言えば、彼は、プライベートで人工衛星を何十基と打ち上げるような資産家である。

世界中の人が使うオペレーティングシステムを販売して、巨大な企業を作り上げた。

彼にとっては、地球は、自分の家のような感覚なのである。

この自分の家をこれ以上、汚染されたくないので、それでアフリカの人々の人口を削減したいのである。

それは完全に利己主義である。
私はこのビルゲイツの不穏なうわさ話を目にした時にこれらがジョーティッシュの観点から見て真実であると理解したのである。

それはもし双子座ラグナであったら、彼の2室支配の月は10室に在住して、6、11室支配の火星と相互アスペクトしており、2-11室のダナヨーガが形成されている。

BillGates_chart_20151229
ビルゲイツの純資産は投資ファンドのラーソン氏の運用により、50億ドルから約820億ドルに膨らんだというが、このラーソン氏は乙女座に在住する火星や水星の表示体ではないかと思われる。

今やビルゲイツはマイクロソフト社の会長だった頃よりも巨額の資産の所有者となっている。

つまり、経済的に成功しているのである。
これはおそらく、彼の2室支配の月が10室に在住して、11室支配の火星との間に2-11室のダナヨーガを形成しているからである。

2室も10室もアルタハウスであり、お金を稼ぐハウスである。

従って、ビルゲイツの慈善活動は奉仕というよりもビジネスと言ってもいいかもしれない。
月には5室や9室の支配星が絡んでおらず、6、11室支配の機能的凶星である火星と絡んでおり、1、4室支配の水星と絡んでいるが、1、4室支配の水星は2つのケンドラを支配しているため、ラオ先生は双子座ラグナにとっての水星を機能的吉星にも機能的凶星にも分類していない。

つまり、2室支配の月はアルタハウスと絡み、ダナヨーガを形成しているが、人生の目的を表す吉祥な5室や9室の支配星と絡まずに機能的に吉意を失ったラグナロードの水星と絡んでいるのみである。
このように考えた時に私はビルゲイツが今、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて行っていることが、奉仕ではなく、ビジネスであるとはっきりと理解したのである。

彼が何故、農薬を製造するモンサント社と結託し、またワクチンを大量に製造する製薬会社と共同で、それらのアフリカへの配布を推進するのか、それはおそらく、2室支配の月が6、11室支配で乙女座に在住する火星からアスペクトされているからである。

乙女座は農薬製造やワクチン製造に関わるような化学や遺伝子工学などの星座である。

物質化学の操作に優れた星座であり、おそらく、原子力発電所などの製造の表示体も乙女座である。

従って、乙女座に在住する6、11室支配の火星はこれらの表示体となっている。

しかも6室は暴力を表し、11室は貪りを表している。
(因みに貪りの定義とは富や権力を既に持っているのに更に多くの富や権力を求めることである)

従って、6、11室支配の火星は、途上国の妊婦に不妊の効力があるワクチンを打ったり、集団で容態が不調になるようなワクチンを接種できるのである。

それらの活動は奉仕というよりも暴力である。

ほとんど、貧しくて選択肢のない人々に無理やり予防接種を押し付けている。

それは製薬会社の在庫ワクチンの処理に利用されてもいるのである。

貪りのハウスが絡む時、必ず、その人の動機には決して自分が少しも損しないような企みが存在するのである。

そして、火星は6、11室を支配しているので、投資の世界で勝つことを可能にしているのである。

6室を支配することで、勝負強さを与えているのである。

またこの火星は4室に在住して、ラグナロードの水星と4室で、1-11室のダナヨーガを形成している。

ビル・ゲイツ氏の資産を管理するラーソン氏の投資戦略は、不動産投資にも及んでいるが、それらは決して、ビルゲイツの名前は使われないという。

rason ※カスケード・インベストメントのラーソン氏

おそらく2室支配の月は、火星との間でダナヨーガを形成し、それは4室で形成されていることから、ビルゲイツは不動産投資にも積極的であることが推測される。
おそらく、ビルゲイツが北欧に作った種子貯蔵庫は、彼にとっての不動産というものが地球そのものであることを象徴している。

彼は地球そのものを所有している感覚なのである。

だからこそ、世界の農地を次々と傘下に収めているモンサント社にも関心を示しているのである。

農薬と遺伝子組み換え技術というのは乙女座の火星を象徴するものである。

火星が6、11室支配の機能的凶星で、しかも乙女座に在住しているからこそ、製薬会社や農薬の会社と共に活動が出来るのである。

アフリカの人口増加を抑制しようという考えも、彼の地球を守るという彼なりの正義感から来る行動なのだが、それは彼の不動産投資欲、地球を所有したいという欲望から来ていて、根本的に暴力的である。

そして、最後の審判の後にも地球を再生して、自分たちが生き残りたいと考えているのである。

これは究極の貪りといってもいいかもしれない。
従って、私はビルゲイツの2室支配の月、そして、その月に絡む惑星の機能的吉凶を分析することで、ビルゲイツの動機についてもよく理解することが出来た。

彼の最近の動き全てが、このジョーティシュの知識の光の下で、一切が明らかになったのである。

(参考文献)

カレイド・スコープ

 

———————————————————————————————-
ビル・ゲイツ氏の資産を増やし続ける男
By BANUPREETA DAS AND CRAIG KARMIN
2014 年 9 月 22 日 17:32 JST

ゲイツ氏(58)は主賓のマイケル・ラーソン氏(54)に乾杯を捧げるためにグラスを掲げた。近くに座っていたラーソン氏はピンク色のボタンダウンのシャツを着ていた。ラーソン氏はピンク色が好きなのだ。招待客によると、ゲイツ氏はラーソン氏に全幅の信頼を置いていると語ったという。

「(20年間の)マイケルの功績によって、メリンダと私は世界の健康と教育を改善するというビジョンを自由に追求できる」――ゲイツ氏は約40人の招待客を前にこう語った。世界一の富豪ゲイツ氏はラーソン氏のおかげで安心して眠ることができるのだという。

ラーソン氏は1994年から主にカスケード・インベストメントという企業を通じてゲイツ氏の巨大な投資資産を運用している。ラーソン氏が金を稼ぎ、ゲイツ氏がそれを寄付するという格好だ。

ゲイツ氏の資産やラーソン氏の投資戦術について多くを知る人はほとんどいない。マサチューセッツ州ケンブリッジにあるチャールズホテルから「バッファロー・ビル」の愛称で知られる西部開拓時代のガンマン、ウィリアム・F・コディーがかつて所有していたワイオミング州の広さ490エーカーの牧場に至るまで、不動産投資は多くの場合、本人の名前で行われておらず、なかなかゲイツ氏にたどり着けないようになっている。

カスケードの本社はシアトル郊外のカークランドのビルに入居している。看板は出ていない。ラーソン氏と働いたことがある人物によると、ラーソン氏はあまりに一生懸命にゲイツ氏を守ろうとしていたため、ゲートキーパー(門番)ならぬ「ゲイツキーパー」というあだ名が付けられていたという。関係者によると、カスケードの社員は大抵、退職する際に会社について話すことを禁じる秘密保持契約に署名する。
ゲイツ氏が債券ファンドのマネージャーだったラーソン氏を採用し、投資資産の売り買いを全面的に任せてから、ゲイツ氏の純資産は50億ドルから約820億ドルに膨らんだ。ラーソン氏はゲイツ氏の個人資産のほとんどを保有するカスケードの他に、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が保有する410億ドルの基金も管理している。

カスケードは投資実績を公開していないが、同社に詳しい人々によると、年間ベースで着実に利益を上げることがほとんどだという。ラーソン氏が比較的保守的な投資戦術をとっているおかげで、金融危機が起きた2008年もカスケードの損失はダウ工業株30種平均の年間下落率(27%)を下回った。

1995以降、ラーソン氏がゲイツ財団とその前身に当たる2つの財団の資産運用で年率11%の利益を確保した。S&P500種株価指数を1ポイント以上超える成績だ。

ゲイツ氏も1975年の起業後に受け取ったマイクロソフト株全てを保有していれば、今頃、同じくらいの成績を挙げているだろう。マイクロソフトが1986年に上場したとき、ゲイツ氏は同社の株式の45%を保有していた。当時、ゲイツ氏が保有していた株は今では配当を除き、約1500億ドルの価値がある。マイクロソフトの株価はここ5年で約3倍になった。

しかし、1994年以降、ゲイツ氏は保有するマイクロソフト株のうち400億ドル分近くを売却し、投資の分散化を図った。ゲイツ財団も300億ドルを慈善活動に寄付した。

ラーソン氏とゲイツ氏は2人の関係についてコメントを差し控えたが、関係者によると、2人の間に培われた絆はゲイツ氏の慈善活動にとって非常に重要だという。ラーソン氏がゲイツ氏の資産運用で利益を上げ、ゲイツ氏がマイクロソフト株を売却したおかげで、ゲイツ氏とその家族は財団への寄付を増やすことができた。

それはつまり、発展途上国で病気と闘い、教育を改善するという財団の使命にさらに多額の資金が投入される可能性があるということになる。ゲイツ夫妻は資産の95%を世界最大の慈善組織であるゲイツ財団に寄付する予定だ。財団の基金にはゲイツ氏が280億ドルを寄付したほか、投資会社バークシャー・ハザウェイのウォーレン・バフェット氏が120億ドルを寄付している。

資産運用会社レッグ・メイソン傘下のウエスタン・アセット・マネジメントの最高経営責任者(CEO)だったスティーブ・ウォルシュ氏はゲイツ氏がどれほどの労力を割いてラーソン氏のための夕食会を準備したかを目の当たりにして感動したという。招待状に「プラチナ色を着用」とあったのはプラチナに20周年を記念する意味があるからだ。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はカスケードをよく知る20人以上にインタビューを行い、当局への提出書類や不動産の記録を調査してゲイツ氏の投資の現状に迫った。カスケードの投資活動が公表されたことはこれまでほとんどない。

ワイオミング州の牧場は金融危機以降、不動産価格が急反発した局面でカスケードが購入した。カスケードはカリフォルニア、イリノイ、アイオワ、ルイジアナ各州などに少なくとも広さ10万エーカー(マンハッタンの7倍に相当)の農地を保有している。

カスケードはカナディアン・ナショナル・レールウェイやオートネーション、リパブリック・サービシズなど240億ドルを超える株式も保有している。保有資産にはバリュー重視で買った資産を長期保有するというラーソン氏の投資哲学が反映されている。カナディアン・ナショナルの株価は過去5年で207%も上昇した。

ゲイツ氏の資産の多くは株式の形で保有される一方、関係者によると、ラーソン氏は規模は小さいながら、「オルタナティブ資産」といわれるプライベートエクイティ(未公開株投資会社)などの野心的な資産にも投資している。債券市場には以前は多額の投資を行っていたが、最近では減らしている。

カスケードも投資に失敗したことがある。07年、カスケードは複数の投資家と共にプラネットアウトの株式13%を取得した。プラネットアウトは雑誌「アウト」の発行元で、同性愛者を対象にしたクルーズ船の運航も行っていた。同社の株価は間もなく下落、会社は資産の一部を売却し、09年に別の企業に買収された。

意外にもゲイツ氏はテクノロジー分野の資産をほとんど保有していない。6月30日現在、ゲイツ氏のマイクロソフト株の持ち株比率は3.6%で、18日の終値で計算すると、保有株の価値は約139億ドルに上る。

ゲイツ氏はカスケードとは別に、自身でテクノロジーやバイオテクノロジーの分野に投資を行っている。1989年にはデジタル画像会社コービスを創業した。原子炉開発のテラパワーや代用肉製造のビヨンドミートなどに投資している。

ゲイツ氏がラーソン氏の採用を決めたのはWSJが1993年に、当時、ゲイツ氏の資金を管理していた人物が過去に銀行詐欺で有罪判決を受けていたと報じた後のことだ。WSJはゲイツ氏がこの人物と親しい友人関係にあり、有罪判決についても知っていたと指摘した。しかし、これが騒ぎになると、ゲイツ氏は新たな人材を探し始めた。

広範囲に及ぶ審査が行われ、人材スカウト会社がラーソン氏をゲイツ氏に引き合わせた。ラーソン氏は企業の合併・買収を行う企業で働いたり、現在はカナダの保険会社グレートウエスト・ライフコの子会社となったパトナム・インベストメンツの債券ファンドの運用を担当したりした後で独立した。

2人はすぐに意気投合した。ゲイツ氏をよく知る複数の人物によると、ゲイツ氏は、自信にあふれているにもかかわらず控えめというラーソン氏の人柄に好印象を持ったという。

エレベーション・パートナーズの共同創業者のロジャー・マクナミー氏によると、ラーソン氏はゲイツ氏に採用されると、人目につかないようにすることにした。前任者が悪い意味で注目されたため、ラーソン氏はビル・ゲイツの資産運用という仕事に取り組むには目立たないことが一番と考えたのだという。

ラーソン氏は投資について新たなアイデアを募る意味もあって、約25人の外部の資産運用担当者に常に100億ドル以上の資産の運用を任せている。関係者によると、外部の担当者もゲイツ氏の保有資産の規模や中身についての非公表の情報は知らされていないという。

昨年、リッツカールトン・サンフランシスコが1億6100万ドルで買収されたときのメディア向けの発表文から分かったのは、カスケードが共同出資者だったということだけだった。マサチューセッツ州のチャールズホテルの広報担当者はゲイツ氏が共同オーナーであるかどうかは分からないと述べた。

ラーソン氏は既婚で3人の子どもがいる。好みの服装はリーバイスのジーンズと濃いピンク色のシャツだ。元社員や現在の社員によると、ラーソン氏はぶっきらぼうで支配的なところがあるという。年に1度開かれるカスケードの年末パーティーでは、座席表を決めることさえあった。

カスケードの社員は倹約家であることがよしとされる。ゲイツ氏はカスケードを通じて高級ホテルチェーンを運営するフォーシーズンズ・ホールディングの株の半数近くを保有しているのに、カスケードの幹部はフォーシーズンズの仕事で出張するときもそれより安いホテルに滞在する。

ラーソン氏はゴルフ好きとして知られているが、バックスウィングを練習する以上に人脈作りを楽しむタイプだという。彼を知る人々によると、ラーソン氏は個人的な関係を非常に重視していて、個人的な関係を育むことにうんざりするほどの情熱を傾けるという。

カスケードの社員は現在約100人で、ラーソン氏は自分と同じクレアモント・マッキーナ大学の最近の卒業生を好んで採用する。社員はフェイスブックやツイッター、リンクトインなどのソーシャルメディアを使用したり、仕事の関係者ではない外部の人間に会社のアカウントから電子メールを送ったりしないように指示されている。

関係者によると、ラーソン氏は09年、フロリダ州ジュピターアイランにある数百万ドル規模の邸宅を購入するために交渉役として25歳の社員を送り込んだ。巨額の金融詐欺事件「マドフ事件」でだまされた人々から安値で住宅を買えると踏んだからだ。

不動産の記録によると、この社員は500万ドルで邸宅1軒を購入した。08年には1200万ドルで売られていた物件だ。

購入した物件は4つの寝室があるヨーロッパの別荘風の家で、広さは約1万2000平方フィート。専用の桟橋がついている。不動産情報サイトのジローによると、現在の価値は約640万ドルだそうだが、別荘は今、約530万ドルで売りに出されている。カスケードは小幅でも利益が出れば、喜んで売却する、ということだ。
———————————————————————————————-
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

ビルゲイツの野望について」への5件のフィードバック

  1. you

    あの、かなり前の記事に投稿するのですが、
    ビル・ゲイツの生年月日は1955年の10月28日ではないのですか?
    Wikipediaとastrodatabankは28日とあるのですが。

    もしよろしければ、上記のチャートでもう一度占ってみてもらえませんか?

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      ビルゲイツについては、蟹座ラグナで1度、鑑定しています。

      http://www.kanteiya.com/column/07/0310.htm

      蟹座ラグナでも説明できるようにこの時は思いました。

      その後、ビルゲイツの詳細な経歴データを入手して検証したいと思っていましたが、それは今の所出来ていません。

      BVBではビルゲイツのラグナは双子座ラグナに設定しています。

      その双子座ラグナ説を採用すると、ビルゲイツの現在のチャリティー活動が、

      全く別の意味を帯びてくるというのが、この記事の内容です。

      ビルゲイツのラグナ本当に正しいのはどちらなのか、私も知りたいと思います。

      然し、私に依頼する前にまず、あなたの考えも聞かせて下さい。

      返信
      1. you

        早い返信ありがとうございます。
        これは依頼ではなく、質問の意図でしたのですが、一言質問と言うべきでした。
        Wikipediaとastrodatabankには生年月日が
        1955年10月28とあるので
        1955年10月29日ではなく28日ではないかと思ったので質問しました。

        ビル・ゲイツのラグナは私も、現在検証中ですが、天秤座で金星と土星がコンジャンクト、
        乙女座で水星が高揚しているので、
        活動星座か変動星座だと思います。
        しかし、Iq160以上の頭脳の持ち主であることを考えると、乙女座か双子座ではないかと見ています。

        返信
        1. 秀吉 投稿作成者

          ビルゲイツの出生データは、BVBが発行している書籍によれば、1955/10/28 21:25 Seattle, Washington, USAとして、掲載されています。そして、このデータで検証すると、ビルゲイツの経歴について説明が可能です。従って、おそらくwikipediaやアストロデータバンクの22:00という出生時間は間違っています。今回、この21:25と22:00の出生時間を比較検討した所、21:25で正しいという結果が得られたため、おそらく双子座ラグナで正しいと思います。
          この21:25という出生時間がBVBでどのようにして得られたのかは分かりません。このブログで掲載している1955/10/29 5:15 Seattleというデータは間違っているため、「1955/10/28 21:25 Seattle, Washington, USA」に訂正します。間違えた原因は分かりませんが、おそらく以前、書いた有名人チャート検証の記事で、ラグナを時刻修正ツールで動かしているうちにずれた可能性とか、何らかの原因で間違ったデータが使われていたため、その後に書いた記事もその最初の記事のデータに従ったために間違えた可能性があります。
          このブログで使用しているデータなどは、最初の記事のデータを参照した為、最初の記事のデータが間違っていた結果、このブログの記事のデータも間違えたようです。正しいデータに基づいて再度、検証したので、詳しくはそちらを参照して下さい。

          返信
  2. you

    返信ありがとうございます。
    ビル・ゲイツの頭脳はバドラ・ヨーガというよりも、
    5室に支配星の金星が自室で在住し、9室の支配星土星が5室に在住し高揚している為と
    考えた方が理にかなっている気がしました。
    倹約家の性格は高揚する土星がもたらしていると思ってましたが
    乙女座の水星と月の絡みによるという考察が
    大変ためになりました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA