ノーベル化学賞受賞・吉野彰氏のラグナを特定する - 受賞のタイミング -



リチウムイオン電池の開発者・吉野彰氏が、2019年10月9日、ノーベル化学賞を受賞したとニュースが伝えている。


吉野彰氏にノーベル化学賞 リチウムイオン電池を開発
2019.10.9 18:51 産経新聞

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3氏に授与すると発表した。小型で高性能の充電池として携帯型の電子機器を急速に普及させ、IT(情報技術)社会の発展に大きく貢献した功績が評価された。

 他の受賞者は米テキサス大教授のジョン・グッドイナフ氏(97)、米ニューヨーク州立大ビンガムトン校特別教授のスタンリー・ウィッティンガム氏(77)。

 日本のノーベル賞受賞は2年連続で、17年に文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏を除き計27人となった。化学賞は10年の2氏に続き計8人。

 吉野氏はビデオカメラなど持ち運べる電子機器が普及し、高性能の電池が求められていた昭和58(1983)年にリチウムイオン電池の原型を開発した。ノーベル化学賞を受賞した白川英樹筑波大名誉教授が発見した電導性プラスチックのポリアセチレンを負極の材料に使い、これにグッドイナフ氏が開発したコバルト酸リチウムの正極を組み合わせて作った。

 その後、負極の材料を炭素繊維に変更することで小型軽量化し、電圧を4ボルト以上に高める技術も開発。同じ原理で平成3年にソニーが世界で初めてリチウムイオン電池を商品化した。

 ウィッティンガム氏は1970年代初め、世界で初めて電極材料にリチウムを用いた電池を開発した。

 繰り返し充電できる電池はニッケル・カドミウム電池などが既にあったが、性能を飛躍的に高めたリチウムイオン電池の登場で携帯電話やノートパソコンなどが一気に普及。スマートフォンなど高機能の電子機器を持ち歩く「モバイル(可動性)社会」の実現に大きな役割を果たした。

近年は電気自動車や人工衛星などにも用途が拡大。再生可能エネルギーを有効に利用する手段としても期待されている。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約9700万円)が3等分で贈られる。


 よしの・あきら 昭和23年1月、大阪府生まれ。45年、京都大工学部卒。47年、京大大学院工学研究科修士課程修了。同年、旭化成工業(現旭化成)入社。平成4年、イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長。9年、イオン二次電池事業グループ長。13年、電池材料事業開発室室長。15年、同社フェロー。27年10月、同社顧問。29年、名城大教授、旭化成名誉フェロー。

 16年、紫綬褒章。24年、米国電気電子技術者協会(IEEE)メダル受賞。26年、全米技術アカデミー「チャールズ・スターク・ドレイパー賞」受賞。30年、日本国際賞。令和元年6月、欧州発明家賞。


吉野氏は1999年3月~今回ノーベル賞を受賞した2019年10月までの間にも数々の受賞をしており、ノーベル賞の受賞はここ最近、関係者の間で、期待され続けていたようである。



主な受賞など
1999年3月 (社)日本化学会より平成10年度「化学技術賞」(リチウムイオン二次電池の開発の功績)
1999年10月 米国Electrochemical Soc.より “1999 Technical Award of Battery Division”
(Pioneering work on lithium ion battery technologyの功績)
2001年4月 (財)新技術開発財団(市村財団)より「市村産業賞功績賞」(リチウムイオン二次電池の開発と製品化の功績)
2001年10月 (社)発明協会より「関東地方発明表彰文部科学大臣発明奨励賞」
2002年6月 (社)発明協会より「全国発明表彰文部科学大臣発明賞」
2003年4月 文部科学省より「文部科学大臣賞科学技術功労者」
2004年4月 日本国政府より「紫綬褒章」
2011年11月 財団法人材料科学技術振興財団より山﨑貞一賞
2011年11月 公益財団法人NEC C&C財団よりC&C賞
2012年3月 (社)日本化学会より「第5回日本化学会フェロー」
2012年6月 米国IEEEより「IEEE MEDAL FOR ENVIRONMENTAL AND SAFETY TECHNOLOGIES」
2013年6月 ロシアより「The Global Energy Prize」
2013年11月 公益財団法人加藤科学振興会より加藤記念賞
2014年2月 全米技術アカデミーより「The Charles Stark Draper Prize」
2014年10月 (社)電気化学会より功績賞
2016年9月 物質・材料機構より「NIMSアワード2016」
2018年4月 (公財)国際科学技術財団より「Japan Prize(日本国際賞)」
2019年6月 欧州特許庁より「欧州発明家賞」

(旭化成HPより引用抜粋)


まず、吉野氏は出生時間をどの時間に設定しても現在は、マハダシャー土星期の終わり~マハダシャー水星期の前半である。


マハダシャー土星期である2000年代から数々の受賞をしていることから、土星が、学問、科学(サイエンス)の世界で、高い評価を得るような配置をしていることが予想される。


土星や水星が機能的吉星化する水瓶座ラグナ、山羊座ラグナ、牡牛座ラグナ、天秤座ラグナ、乙女座ラグナ、双子座ラグナなどが考えられるが、種々検討の結果、ラグナは乙女座ラグナではないかと思われる。






但し、乙女座ラグナだと、月も乙女座に在住しており、チャンドララグナで事象の説明が出来てしまうため、通常のラグナも乙女座であることを識別するのは難しくなる。



然し、ノーベル賞を受賞した日のトランジットから、ラグナは乙女座で正しいのではないかと考えた。






もし乙女座ラグナであれば、トランジットの土星は11室の支配星にアスペクトし、木星は11室にアスペクトして、11室にダブルトランジットし、更に火星は11室の支配星にコンジャンクトしている。


また太陽も11室の支配星にコンジャンクトしており、月は少なくとも72時間以内に山羊座から11室にアスペクトしている。


従って、土星、木星、火星、太陽、月などが受賞(称号)を表わす11室に絡んでおり、このタイミングに受賞したことが納得できる。


特に乙女座ラグナだと太陽や火星が11室の支配星にトランジットすることがポイントである。



土星と木星が11室にダブルトランジットして、しかも火星、太陽、月なども11室に絡んでいるようなラグナは、乙女座ラグナ以外考えにくい為、乙女座ラグナで正しいと思われる。



そして、現在、4室射手座を土星がトランジットし、木星がまもなく4室に入室して10室にアスペクトする為、10室にダブルトランジットが形成されている。


更にラーフも10室をトランジットしており、それで世間の注目を浴びる時期である。




出会いと結婚



もう一つ手がかりとしては、結婚のタイミングであるが、吉野氏は学生時代に所属していた考古学のサークルで妻の久美子夫人と出会っている。



サークルに入部するのは大学入学直後であるため、おそらく1968年前後と思われる。



この時、乙女座ラグナであれば、土星が7室を通過し、ラーフも7室、ケートゥはラグナをトランジットし、木星は7室にアスペクトし、その後、ラグナをトランジットしている。






従って、この頃に結婚相手と出会ったことは納得できる。



実際の結婚は、1973年であり、ラーフ/金星期である。



ラーフは8室に在住して、結婚願望を表わし、金星は結婚生活の2室の支配星である。



吉野氏は、久美子夫人と出会った後、追っかけのようになってしまったそうだが、ラーフが8室に在住している為である。



木星は5室からラグナにアスペクトし、土星は9室からラグナロードの水星にアスペクトし、ラグナ(1室:7室からの7室)にダブルトランジットしていた。




学問適性(才能の分野)



吉野氏は、1966年~1970年まで京都大学工学部石油化学科で専門知識を学んでいるが、この時期は、ラーフ/土星期である。



土星は、ラグナ、月から見て5室の支配星で11室に在住し、5室にアスペクトバックしている。




因みに化学の分野への興味は、5室や5室の支配星と、水の星座や月との絡み、また土星、火星、ラーフ、ケートゥ、太陽などのテクニカルプラネットの絡みが考えられる。


この場合、土星は5室支配で水の星座である蟹座(月)に在住し、太陽からのアスペクトを受け、逆行の火星の影響を受けている。



従って、この配置が、吉野氏の化学への適性をもたらすと共に5室の支配星が11室に在住して、5-11のダナヨーガを形成している為、発明した創作物(5室)で、高い評価(11室)、あるいは収入(11室)を得たのである。



然し、この研究開発の過程は、苦労の連続であったようである。



石油精製企業からコークスという原料を購入しようとしても提供してもらえなかったり、部下が刑事の訪問を突然受けるなどのハプニングもあったという。



リチウムイオン電池は「信念の結晶」 ノーベル化学賞の吉野彰氏
2019.10.9 22:04 産経新聞

ノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が開発したリチウムイオン電池は、さまざまな新技術の結晶だ。開発過程では多くの困難に直面したが、「社会に必要とされるものを作る」という強い信念で実用化につなげた。

 川崎市にある同社研究所の係長だった吉野さんは昭和56年、ポリアセチレンという高分子を使って何か新しい研究ができないか模索していた。電池の負極材料に使うことを思い付いたが、電池として実用化するには、小型化に適した別の材料が必要だった。

 特殊な炭素繊維が社内で研究されていることを知り、これを使えば小型化できることを突き止めた。しかし、この繊維はまだ試作段階だったため、量産は不可能。市販されている炭素材料を100種類以上も試したが、どれも使い物にならず、肩を落とす日々が続いた。

 そんなある日、都内の石油精製企業を訪問すると、製品展示コーナーに銀色にきらめくコークスがあるのを見つけた。石炭を蒸し焼きにして作る炭素燃料だ。「間違いなく、よい性能が出る」と直感した。

 提供してほしいと申し出たところ、企業の担当者は「使用目的を明らかにしないと提供できない」。リチウムイオン電池を開発していることは企業秘密で、話せるはずがない。「1キログラムでも」と食い下がったが、「通常の取引量は船1杯分」と担当者。「せめてトラック1杯分を」と頼み込んだが、無駄に終わった。

 「このままでは開発が止まってしまう」。青ざめていた吉野さんの元に200リットルのコークスが届いたのは半月後だった。これをリチウムイオン電池の初期の負極材料に使った。「担当者には今も感謝している」と吉野さんは話す。

部下が突然、刑事の訪問を受けて慌てるハプニングもあった。電極に使う樹脂の候補として入手した試料の成分が、銀行強盗が使った催涙スプレーの成分と一致。国内ではほとんど出回っていない物質だった。社外秘の説明に窮した部下に対し、刑事はますます疑いを強めた。結局、吉野さんが事情を説明して何とか納得してもらったという。

 リチウムイオン電池の電極は、材料の混ざった液体を金属箔(はく)に塗って作る。開発段階では、この工程に使う装置を粘着テープメーカーから借り上げて試験を進めた。金属箔は当初、無数のしわが入り使い物にならなかったが、部下が原因を調べて解決してくれた。

 10年後、この部下は「もう時効だから」と吉野さんに打ち明けた。しわの原因を特定するため、100度を超える高温の熱風と、有毒な有機溶剤が蒸発している装置内に入り込んだのだという。「命に関わる危険な行為で、事前に聞いていたら許可しなかった。ただ、彼の働きで開発が進んだのも事実」と、複雑な思いを今も抱いている。

 開発過程で吉野さんの印象に最も強く残るのが、昭和61年の夏に行った野外での安全性試験だ。重りで電池を潰すと、従来の金属リチウム電池は発火。一方、リチウムイオン電池の試作品はへこんだだけで燃えなかった。これにより、致命的な問題はないとの判断が下り開発が本格化。「この試験こそ、リチウムイオン電池が誕生した瞬間だった」と振り返る。


 吉野さんは「研究開発には普遍的に大切なポイントが2つあり、そのバランスが大切」と話す。一つは、社会で何が必要とされるかをきちんと考えること。もう一つは、その実現のために新技術を生み出すことだ。「当たり前のようだが、現実は一方に偏りがち。リチウムイオン電池は、このバランスが取れて成功した」と話す。



こうしたトラブルは、5室の支配星に12室支配の太陽や、3、8室支配の火星が絡んでいるからではないかと思われる。


3、8室支配の火星は、刑事の訪問を招いた部下や刑事の表示体ではないかとも思える。(※後に述べるが、これはヴィーパリータラージャヨーガを形成している)



またリチウムイオン電池の試作品に厳しい安全性試験を行なったそうだが、延岡市にあった旭化成の化学薬品部門のダイナマイト試験場で行なったようである。


電池の上から鉄のかたまりを落としたり、ライフル弾を貫通させたりする「破壊試験」を繰り返して安全性を確認したという。



こうした試験は、いかにも5室の支配星に12室支配の太陽や3、8室支配の火星が絡んでいる象意のように思われる。



ダイナマイト試験場で試作品の「破壊試験」を行なっていたのである。




マハダシャー木星期の苦労



吉野氏は、1981年からリチウムイオン電池の開発に旭化成で着手し、1985年に開発に成功したという。



1981年は木星/木星期で、開発に成功した1985年は木星/水星期である。



つまり、その間が木星/土星期で、土星は5室の支配星であることから製品開発の過程で得た知識を更に製品開発に生かすなどの繰り返しにより、リチウムイオン電池の開発に成功したのである。


然し、開発した後、最初の3年間は、電池は全く売れなかったという。




1985年~1995年までは、木星/水星⇒ケートゥ⇒金星⇒太陽⇒月⇒火星⇒ラーフと推移しているが、開発したリチウムイオン電池が全く売れないなどの不遇を経験している。


これはマハダシャーの木星がラグナ、月から見て4、7室支配の機能的凶星だからである。また木星は3、8室支配の火星からアスペクトされて傷ついている。



木星/木星⇒土星⇒水星の時期は、アンタルダシャーが良い時期で、またマハダシャーの木星とケンドラ、トリコーナの位置関係であることから、辛うじて、リチウムイオン電池を完成まで漕ぎつけることが出来たが、マハダシャーが機能的凶星である為、木星期全体を通して、不運な時期であると言える。






マハダシャー土星期の躍進



然し、リチウムイオン電池は、1995年にWindows95が出て、IT革命が始まったタイミングで、爆発的に売れるようになったという。




1995年は、マハダシャー土星期に入ったタイミングである為、おそらくここから爆発的に売れ始めて、投資が回収できたため、マハダシャー土星期を通じて更に電池を改良したりといった形で、製品開発を続けたと考えられる。


また土星は5室支配で11室に在住している為、リチウムイオン電池が爆発的に売れて、世の中に評価され、収入の増加につながったり、受賞して名声を得たということではないかと思われる。


繰り返し示すと、土星期になってから、ほとんどの受賞をしているのである。



主な受賞など
1999年3月 (社)日本化学会より平成10年度「化学技術賞」(リチウムイオン二次電池の開発の功績)
1999年10月 米国Electrochemical Soc.より “1999 Technical Award of Battery Division”
(Pioneering work on lithium ion battery technologyの功績)
2001年4月 (財)新技術開発財団(市村財団)より「市村産業賞功績賞」(リチウムイオン二次電池の開発と製品化の功績)
2001年10月 (社)発明協会より「関東地方発明表彰文部科学大臣発明奨励賞」
2002年6月 (社)発明協会より「全国発明表彰文部科学大臣発明賞」
2003年4月 文部科学省より「文部科学大臣賞科学技術功労者」
2004年4月 日本国政府より「紫綬褒章」
2011年11月 財団法人材料科学技術振興財団より山﨑貞一賞
2011年11月 公益財団法人NEC C&C財団よりC&C賞
2012年3月 (社)日本化学会より「第5回日本化学会フェロー」
2012年6月 米国IEEEより「IEEE MEDAL FOR ENVIRONMENTAL AND SAFETY TECHNOLOGIES」
2013年6月 ロシアより「The Global Energy Prize」
2013年11月 公益財団法人加藤科学振興会より加藤記念賞
2014年2月 全米技術アカデミーより「The Charles Stark Draper Prize」
2014年10月 (社)電気化学会より功績賞
2016年9月 物質・材料機構より「NIMSアワード2016」
2018年4月 (公財)国際科学技術財団より「Japan Prize(日本国際賞)」
2019年6月 欧州特許庁より「欧州発明家賞」

(旭化成HPより引用抜粋)



マハダシャー土星期に入った直後から製品が爆発的に売れ始めて、世間から評価を得た為、このタイミングは乙女座ラグナであれば、説明することが出来る。



土星/金星期であった2002年~2005年の間は、政府から名誉を受けており、王になるという土星/金星期の象意が確かに表れている。


吉野氏の場合、土星の星位は強い訳ではなく、むしろ敵対星座に在住し、最終的に中立星位である。金星は友好星位であるが、最終的に中立星位である。


従って、その辺りも土星/金星期にとっては有利に働いている。(※ウッタラカーラムリタなどによれば、土星/金星期の場合、土星や金星の星位は強くない方がよい)



2002年6月 (社)発明協会より「全国発明表彰文部科学大臣発明賞」
2003年4月 文部科学省より「文部科学大臣賞科学技術功労者」
2004年4月 日本国政府より「紫綬褒章」

(旭化成HPより引用抜粋)


そして、今回、ノーベル賞を受賞したタイミングは、水星/金星/土星期である。



水星は1、10室支配で金星は2、9室支配であり、1-9、9-10の強力なラージャヨーガを6室で形成している。



そして、12室にアスペクトしているが、乙女座ラグナにとって、1、10室支配の水星と2、9室支配の金星のラージャヨーガは最高のラージャヨーガであるが、ノーベル賞で受賞した賞金を若手の育成のために寄付するというのは、こうしたラージャヨーガが6室(献身、奉仕、部下)に在住し、12室(出費、寄付)にアスペクトしているからである。




水星と金星は、水瓶座に在住しており、ディスポジターの土星は5室支配で11室に在住している為、このマハダシャー水星期も常に創作物によって高い評価を受ける時期であるが、プラティアンタルダシャーも土星であることによって、このタイミングでノーベル賞を受賞したのである。



因みに水星と金星は土星の星座に在住し、ディスポジターの土星はアーシュレーシャ(水星)に在住しているため、水星と関連している。



従って、土星期と水星期は関連性があり、土星期に主な受賞をしているが、水星期に受賞であってもおかしくないのである。



そして、水星と金星の強力なラージャヨーガは水瓶座で形成されているが、水瓶座は電気や精密機械を表わす星座であり、3、8室支配の火星(技術)のアスペクトを受けることで、電子工学を表わしている。


従って、化学と電気、工学に適性があることを表わしており、それがリチウム・イオン電池の開発につながったのだと分かる。




研究が試練の連続だったのは、3、8室支配の火星が、この10室支配の水星や金星を傷つけている為である。




リベラルで社会正義に関心のあるパーソナリティー


久美子夫人は、吉野氏の出会った時の印象として、「誠実で一生懸命。社会悪に立ち向かっていく」との印象を語っているが、水瓶座はリベラルで、平等や社会正義(社会的不平等の是正)に関心を持つ星座で6室の水星や金星は、共産主義や社会主義、学生運動などに傾倒していく配置である。


実際、吉野氏は次のようなビジョンがあるようである。



(略)現代社会は、あらゆるものが電気で動いているから、社会が円滑に動きつづけるためには、電気が長期に安定して安価に提供される必要がある。そのためには自動車に乗せたエネルギー密度の高いリチウムイオン電池を社会全体で共用するクラウド充放電システムを作ればよい

(ノーベル化学賞受賞! 吉野彰さんに大きな影響を与えた“2人の日本人”とは? 「リチウムイオン電池」開発までの“偶然に導かれた”舞台裏 文藝春秋 2019年11月号 立花 隆 より引用抜粋)

”社会全体で共用するクラウド充放電システム”というのは、有益な社会インフラを共用管理するという共産主義的な水瓶座的なビジョンである。




何故、ノーベル賞の受賞が今のタイミングになったか?


5室支配で11室に在住するマハダシャー土星期にほとんどの受賞をしたにも関わらず、何故、土星期にノーベル賞を受賞しなかったのかという疑問が残るが、水星期になってからも受賞は続いており、以下の受賞は水星期になってから起こっている。



2016年9月 物質・材料機構より「NIMSアワード2016」
2018年4月 (公財)国際科学技術財団より「Japan Prize(日本国際賞)」
2019年6月 欧州特許庁より「欧州発明家賞」

(旭化成HPより引用抜粋)



ノーベル賞に関しては、実際には、19年前の2000年頃に推薦を受けて、ノミネートされていたようである。


土星/水星期辺りのマハダシャー土星期のセカンドアンタルダシャー辺りである。


従って、既にマハダシャー土星期にノミネートは受けていて、単に順番待ちの問題だったようである。


然し、順番待ちで受賞できないのにもそれなりの理由があると考えられる。



土星は、5室支配で11室に在住して、5-11のダナヨーガを形成しているが、6室の支配星でもあり、逆行し、更に12室支配の太陽や3、8室支配の逆行の火星の絡みを受けて傷ついている。


従って、すんなりと簡単には受賞出来ないという象意があると考えられる。



但し、この土星に木星がアスペクトして問題解決を与える配置になっている。



今回のノーベル賞受賞のタイミングでは、木星が出生の木星にリターンしており、11室に在住する土星にアスペクトして保護している。



従って、今のタイミングは、受賞に関する問題を解決して、受賞を可能にするタイミングであったと言うことが出来る。





若手の育成に尽力 - マハダシャー水星期 -



吉野氏は、マハダシャー水星期に移行してから、大学の教授として学生の教育に当たっている。



2015年10月 九州大学 エネルギー基盤技術国際教育研究センター 客員教授
2017年7月 名城大学 大学院理工学研究科 教授(現在)
2019年6月 九州大学 グリーンテクノロジー研究教育センター 訪問教授

(旭化成HPより引用抜粋)


水星は、1、10室支配で2、9室支配の金星とコンジャンクトして、9-10のラージャヨーガを形成しているが、9室と10室の絡みは、慈善活動や教育活動により社会に貢献する配置である。


その水星と金星は6室(献身、奉仕)に在住して12室(出費、寄付)にアスペクトしているため、収入や利益などにはこだわらない活動である。



実際、ノーベル賞で受賞した賞金の一部を日本化学会に寄付し、助成事業の基金に加えるという。




水星をラグナとすると、木星が10室に在住しており、水星期になってから、教授になった理由がよく分かる。



マハダシャー水星期は、2031年5月まで続くが、吉野氏の今後の活動として、若手の育成というテーマが続くと考えられる。



もちろん水星期は、水星のディスポジターが5室支配で11室に在住している為、創造性を発揮する時期でもあり、教えるだけでなく自ら研究開発していく時期にもなっており、マハダシャー土星期、水星期を通じて、非常に充実した時期であると言うことが出来る。




ヴィーパリータラージャヨーガ


吉野氏の出生図で3、8室支配の火星が12室に在住する配置は、ヴィーパリータラージャヨーガである。


この以下の記事の中で、部下が突然、刑事の訪問を受けて慌てるエピソードが出てくる。


部下が入手した試料の成分が、銀行強盗が使った催涙スプレーの成分と一致した所から刑事に疑われるという一件である。


このことは吉野氏が事情を説明して何とか納得してもらったが、この同じ部下が、無許可で、実験で使う金属箔のしわの原因を特定するために100度を超える高温の熱風と、有毒な有機溶剤が蒸発している装置内に入り込んで原因を調べて、問題解決したようである。


リチウムイオン電池は「信念の結晶」 ノーベル化学賞の吉野彰氏
2019.10.9 22:04 産経新聞

ノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が開発したリチウムイオン電池は、さまざまな新技術の結晶だ。開発過程では多くの困難に直面したが、「社会に必要とされるものを作る」という強い信念で実用化につなげた。

 川崎市にある同社研究所の係長だった吉野さんは昭和56年、ポリアセチレンという高分子を使って何か新しい研究ができないか模索していた。電池の負極材料に使うことを思い付いたが、電池として実用化するには、小型化に適した別の材料が必要だった。

 特殊な炭素繊維が社内で研究されていることを知り、これを使えば小型化できることを突き止めた。しかし、この繊維はまだ試作段階だったため、量産は不可能。市販されている炭素材料を100種類以上も試したが、どれも使い物にならず、肩を落とす日々が続いた。

 そんなある日、都内の石油精製企業を訪問すると、製品展示コーナーに銀色にきらめくコークスがあるのを見つけた。石炭を蒸し焼きにして作る炭素燃料だ。「間違いなく、よい性能が出る」と直感した。

 提供してほしいと申し出たところ、企業の担当者は「使用目的を明らかにしないと提供できない」。リチウムイオン電池を開発していることは企業秘密で、話せるはずがない。「1キログラムでも」と食い下がったが、「通常の取引量は船1杯分」と担当者。「せめてトラック1杯分を」と頼み込んだが、無駄に終わった。

 「このままでは開発が止まってしまう」。青ざめていた吉野さんの元に200リットルのコークスが届いたのは半月後だった。これをリチウムイオン電池の初期の負極材料に使った。「担当者には今も感謝している」と吉野さんは話す。

部下が突然、刑事の訪問を受けて慌てるハプニングもあった。電極に使う樹脂の候補として入手した試料の成分が、銀行強盗が使った催涙スプレーの成分と一致。国内ではほとんど出回っていない物質だった。社外秘の説明に窮した部下に対し、刑事はますます疑いを強めた。結局、吉野さんが事情を説明して何とか納得してもらったという。

 リチウムイオン電池の電極は、材料の混ざった液体を金属箔(はく)に塗って作る。開発段階では、この工程に使う装置を粘着テープメーカーから借り上げて試験を進めた。金属箔は当初、無数のしわが入り使い物にならなかったが、部下が原因を調べて解決してくれた。

 10年後、この部下は「もう時効だから」と吉野さんに打ち明けた。しわの原因を特定するため、100度を超える高温の熱風と、有毒な有機溶剤が蒸発している装置内に入り込んだのだという。「命に関わる危険な行為で、事前に聞いていたら許可しなかった。ただ、彼の働きで開発が進んだのも事実」と、複雑な思いを今も抱いている。


 開発過程で吉野さんの印象に最も強く残るのが、昭和61年の夏に行った野外での安全性試験だ。重りで電池を潰すと、従来の金属リチウム電池は発火。一方、リチウムイオン電池の試作品はへこんだだけで燃えなかった。これにより、致命的な問題はないとの判断が下り開発が本格化。「この試験こそ、リチウムイオン電池が誕生した瞬間だった」と振り返る。


 吉野さんは「研究開発には普遍的に大切なポイントが2つあり、そのバランスが大切」と話す。一つは、社会で何が必要とされるかをきちんと考えること。もう一つは、その実現のために新技術を生み出すことだ。「当たり前のようだが、現実は一方に偏りがち。リチウムイオン電池は、このバランスが取れて成功した」と話す。


この部下は、刑事の訪問を受けたり、無許可で行動したりすることで、問題行動の見られる人物で、本来、吉野氏にとって頭の痛い部下のはずだが、実験の問題を解決するなど、良い働きもしてくれている。


おそらく、この部下の表示体が3、8室支配の火星なのである。


この火星が10室支配の水星にアスペクトすることで、吉野氏の行動にハプニングや中断をもたらす存在ではあるが、8室支配の火星が12室に在住していることで、ヴィーパリータラージャヨーガを形成しているため、何かよい象意に転換しているようである。


ちょっとしたエピソードであるが、明らかに3、8室支配の火星が12室に在住する象意である。




ダシャムシャ



乙女座ラグナで正しければ、今回、水星/金星期にノーベル賞を受賞したと考えられるが、ダシャムシャを見ると、水星と金星が減衰して相互アスペクトし、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


減衰する惑星同士が相互アスペクトやコンジャンクションする場合、ニーチャバンガだが、この配置が、よく機能している事例になり得るかもしれない。








D11


D11(Iyer)を見ると、水星はやはり同じように減衰しているが、ディスポジターの木星と星座交換して、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


またアンタルダシャーの金星は、減衰する太陽と星座交換して、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。






その他


最後にwikipediaによれば、吉野氏は、学生時代に考古学研究会に所属して、多くの時間を遺跡現場での発掘に当て、寺跡の調査と保存運動にも携わったと記されている。


考古学への興味関心は、5室への土星の影響が主に考えられるが、歴史学への興味は、土星と水星の絡みが重要になる。


土星は事実や具体性を重視し、水星は文献学や文献調査などを意味しており、歴史学とは、文献調査などから事実を積み上げていく作業である。


考古学の場合、土器や墓、骨など、発掘するのは文書に限らず、実際の具体的な物質(material)になる為、それで、5室に対する土星の影響が重要である。


また山羊座というのは、盆栽や着物、生け花など伝統的で古風なものが好きで、骨董品や美術品の収集などに興味を持ちやすい星座である。


5室支配の土星が5室にアスペクトバックする配置が、考古学への興味関心をもたらしたと考えられる。







(参考資料)



ノーベル化学賞受賞! 吉野彰さんに大きな影響を与えた“2人の日本人”とは?
「リチウムイオン電池」開発までの“偶然に導かれた”舞台裏
文藝春秋 2019年11月号 立花 隆

今年も日本人ノーベル賞受賞者が誕生した。10月9日、スウェーデン王立科学アカデミーは2019年のノーベル化学賞受賞者を発表。今年は旭化成名誉フェローの吉野彰氏(73)ら、3名が受賞した。受賞理由は「リチウムイオン電池の開発」。スマホやノートパソコンなど、今や私たちの生活に欠かせないこの発明は、いかにして生まれたのか。

 実は「文藝春秋」2017年8月号において、評論家の立花隆氏が吉野氏のもとを訪ねたルポを掲載していた。吉野氏の受賞を記念して、同記事の全文を特別公開する。

◆◆◆

 神田神保町の旭化成本社におもむいて、顧問の吉野彰氏にお会いしてきた。吉野氏は、しばらく前から次の日本人ノーベル賞最有力候補者として、名前があちこちであげられている。

 何をした人なのかというと、リチウムイオン電池を開発した人である。電池といえば、ちょっと前まで一般の人が知る電池は、昔ながらの乾電池と鉛蓄電池(自動車用)、それに時計用の水銀電池ぐらいだった。最近急に多くの人が使いはじめたのが、リチウムイオン電池(携帯電話もスマホもカメラもノートパソコンもその他もろもろの携帯電子機器のたぐいすべてがそうだ)。

 20世紀末から21世紀にかけて登場した世界の新しい文明の機器のほとんどが、リチウムイオン電池によって動かされている。リチウムイオン電池は現在世界で年間10億個以上が生産・使用されている現代社会の基本的エネルギー源だ。それはすでに自動車、航空機にまで入りこんでいる。その基本特許を持っているのは旭化成である。

といって、ノーベル賞のほうは、まだ決ったわけではないし、リチウムイオン電池が生まれる過程には多くの人がかかわってきたから、ノーベル賞委員会の見立てによって、具体的な受賞者の名前に多少のちがいが出てくるかもしれない。しかし吉野氏の名前がリストから脱けることがあろうとは思えない。グローバル・エネルギー賞(ロシア)、チャールズ・スターク・ドレーパー賞(アメリカ)など、ノーベル賞に並ぶ賞を吉野氏はすでに次々受賞している。

 現在使われている形のリチウムイオン電池の原型を開発したのが、吉野彰氏であり、その基本的仕組みも、基本的製造上のノウハウも、すべて特許にしてしまったので、旭化成は、かつては東芝と共同出資の会社を作って自ら電池を製造販売していたが、いまは電池に関してはもっぱらライセンス商売と基幹部品の製造販売で儲けている。

先日、日本経済新聞社が、毎年恒例の「主要商品・サービスシェア調査」を発表した。リチウムイオン電池の項を見ると、1位がパナソニック、2位がサムスンSDIと世界的電機メーカーである。しかし、基幹部品のリチウムイオン電池向けセパレーターでは旭化成が圧倒的トップシェアを保持している。

 セパレーターというのは、電池の中で電解液という化学反応の中心的担い手の陰(マイナス)極側と陽(プラス)極側がまじり合うのを防ぐためにさし込まれているプラスチック製境界板のこと。このセパレーターには、ナノメートル単位の微細な穴が無数に空いており、その穴を通して特定のイオンが通過したり、通過しなかったりする。それがうまくいかないとリチウムイオンが結晶となって析出し、ついには過熱して発火する。デル社のノートパソコン発火事故、サムスンのスマホ発火事故、ボーイング787の発火事故など、リチウムイオン電池関連の発火事故のほとんどはこのセパレーターの不具合に起因している。つまりリチウムイオン電池の生命線はこのセパレーターにある。ここが技術的に最もむずかしく、利益率も高い。旭化成はそこをしっかり今も自分の手で握っている。

吉野氏の話を歴史をさかのぼって聞いていくと、このリチウムイオン電池の根っ子には、日本の技術の粋、化学研究の伝統がドンとあることがわかってきた。

吉野氏は、福井謙一(1981年ノーベル化学賞受賞者)の孫弟子を自称している。大学は福井が教授として教鞭を執っていた京都大学工学部石油化学科。福井研に入って直接教えを受けたわけではないが、福井のフロンティア電子論の強い影響を受けて、あらゆる物質の結合や反応などをすべて分子の電子軌道の変化から考えていく、一種の考え方革命を起こした世代の中心人物。

 吉野氏に大きな影響を与えたもう1人が、2000年のノーベル化学賞受賞者の白川英樹氏(ポリアセチレンという導電性高分子の発見者)。アセチレンという有機化学の代表的分子に触媒を入れたら(実は研究員が白川の指示をまちがえて1000倍高い濃度の触媒を入れてしまった)、それがたちまち光り輝く金属光沢を持つフィルムになり、電気も通すようになったという驚異的現象の発見者である。

 実は吉野氏は、このポリアセチレンに驚きこれを電池の陰極に使おうと考えるところから出発した。しかし、電池にするには陰極だけでは足りない、陽極が必要だ。陽極には何がいいだろうと考えているときに、ある日アメリカの論文誌に発表されていた、オックスフォード大学のジョン・グッドイナフと、そこに留学していた水島公一氏の論文(コバルト酸リチウムが陽極になりうる)に出遭った。これはいけそうだと直観して、実験をしてみると、なるほどピタリだった。長い話を短くしてしまうと、リチウムイオン電池は、このようにして、フィールドの違う学者たちが偶然に導かれて、出遭うところからはじまった。

 実は現実の話はこんなにトントン拍子に進んだわけではなく、あちこちから無理難題をふっかけられた(陰極用にある会社が特殊目的で試作したカーボンを使おうとしたら、譲ってもいいが、取引単位は、少くともトラック1台分、ないしは貨物船1隻分だといわれたなどいろいろある)。

 現代社会は、あらゆるものが電気で動いているから、社会が円滑に動きつづけるためには、電気が長期に安定して安価に提供される必要がある。そのためには自動車に乗せたエネルギー密度の高いリチウムイオン電池を社会全体で共用するクラウド充放電システムを作ればよいなど、吉野氏の未来アイデアは湧くが如しだった。
参照元:ノーベル化学賞受賞! 吉野彰さんに大きな影響を与えた“2人の日本人”とは?
「リチウムイオン電池」開発までの“偶然に導かれた”舞台裏
文藝春秋 2019年11月号 立花 隆

ノーベル化学賞・吉野彰さんが乗り越えた「ダーウィンの海」とは? リチウムイオン電池が全く売れず苦悩した3年間
リチウムイオン電池の開発をめぐって三つの関門があり、その中で一番きつかったと振り返りました。
2019年10月10日 19時25分 JST 安藤健二 HUFFPOST

旭化成の名誉フェローを務める吉野彰さん(71)に、2019年のノーベル化学賞が授与される。海外の2人との共同受賞となる。ノートPCやスマホ、電気自動車まで幅広く使われるリチウムイオン電池の開発に貢献したことが評価された。

吉野さんは1981年からリチウムイオン電池の開発に旭化成で着手。1985年に開発に成功した。1991年に発売されると、後に爆発的に広まることになった。

新規事業の三つの関門とは?

リチウムイオン電池の開発をめぐって吉野さんは、三つの関門があったと2017年の「産学官連携ジャーナル」のエッセイで振り返っている。

それが「悪魔の川」「死の谷」「ダーウィンの海」。企業が新規事業にチャレンジするときに使われるビジネス用語だ。吉野さんの解説を要約しよう。

・第一の関門【悪魔の川】

基礎研究という孤独な作業の中でもがき苦しみながら、それまで世界になかった何か新しいものを見いだすまでの苦労。

・第二の関門【死の谷】

基礎研究の成果で見いだした新しいものの製品化、事業化に向けて開発研究の段階の苦労。次から次に課題が噴出して連日連夜対策に追われる日々が何年も続く。

・第三の関門【ダーウィンの海】

開発研究でもろもろの課題を何とか解決し、念願の事業化。工場が完成し、新製品が世の中に出ていくことになるが、世の中の人々はその製品をすぐに買ってくれるわけではない。人々が新製品の価値を認め、市場が立ち上がっていくまでに、また数年かかる。多額の研究開発投資、工場建設のための設備投資が発生しているのに、新製品が売れないのはつらすぎる。

  ■ダーウィンの海は「真綿で首を締められるような苦しみ」

吉野さんは、リチウムイオン電池を振り返って最もつらかったのが「ダーウィンの海」だとしている。画期的な製品を発売したのに「関心はあるけど買わないよ」という状況が続いた。

後に吉野さんが当時のユーザーに聞いたところ、「先頭を切って走るのはリスクがあるので嫌だけれども、出遅れるのも困る。誰かが走り出したらすぐに動けるようにしておきたい」という様子見状態になっていたという。

10月9日の記者会見でも、吉野さんは「ダーウィンの海」の苦労について語っり、「真綿で首を締められるような苦しみ」と表現した。以下は、そのときの記者団とのやり取りだ。

――新規事業を立ち上げるときに悪魔の川、死の谷、ダーウィンの海という3つの言葉を出してました。どれもリチウムイオン電池の開発でご苦労されたと思いますが、もっとも深かったのはどれでしょう。

俗に悪魔の川、死の谷、ダーウィンの海の3つですね。「基礎研究で苦労しますよ」「開発研究で苦労しますよ」「製品を世に出しても、しばらく売れない時期がありますよ」と。その3つのうち、どれが一番きついかというとダーウィンの海でしょうね。

正直言いますと、(リチウムイオン電池が)全く売れない時期が約3年ありました。それがある日、突然の如く売れ出したのが1995年なんです。Windows95の年でまさにIT革命が始まったんです。

ですから、最初に分かっておれば5年でも10年でも待てるんですけどね。それはやっぱり精神的にも肉体的にも非常にきついですし。その時点では当然、研究開発投資も相当膨らんでます。ましてや設備投資も始まってますんでね。真綿で首を締められるような苦しみじゃないんでしょうか。
参照元:ノーベル化学賞・吉野彰さんが乗り越えた「ダーウィンの海」とは? リチウムイオン電池が全く売れず苦悩した3年間
リチウムイオン電池の開発をめぐって三つの関門があり、その中で一番きつかったと振り返りました。
2019年10月10日 19時25分 JST 安藤健二 HUFFPOST

ノーベル賞「一緒に喜んで」=吉野さん、妻に感謝の言葉-受賞決定から一夜明け
2019年10月10日18時44分 時事ドットコム

ノーベル化学賞に選ばれた吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)は受賞決定から一夜明けた10日、妻の久美子さん(71)と東京都内で記者会見に臨んだ。吉野さんが「苦しい時に迷惑を掛けた。一緒に喜んでほしい」と感謝の言葉を口にすると、久美子さんは「最高のプレゼントをありがとうございます」と笑顔で応じた。

めげない性格の吉野さんだが、会見ではリチウムイオン電池の開発が暗礁に乗り上げた時を振り返り、「一番しんどかった」と話した。久美子さんは「枕に髪の毛がいっぱい付いていた。ストレスからきているのかなと思った」と明かした。

吉野さんは学生時代に所属していた考古学サークルの活動を通じ、女子大のサークルに入っていた久美子さんと知り合った。久美子さんは「誠実で一生懸命。社会悪に立ち向かっていく」との印象を受けたという。

 家庭では頑固な一面も見せるといい、久美子さんは「体のために野菜を取ってほしいのに食べない。たばこも吸う」と苦言を呈した。一方で、「大事な場面ではきちっと固めるので、安心してついて行ける」とも語り、吉野さんはうなずいたり苦笑したりしながら耳を傾けていた。

 会見では、若い世代に注文を付ける場面もあった。吉野さんは「科学技術が進歩して全てのことが分かり、自分が活躍する場はないと受け止めているのではないか」と指摘し、「自然現象の中で理解できているのは1、2%。未知が横たわっていると伝えたい」と強調した。

 その後、吉野さんは名誉会員を務める日本化学会を訪問。川合真紀会長から花束を手渡され、「ありがとうございます」と笑顔を見せた。同会は吉野さんからの寄付に基づき研究者への助成事業を行っており、「賞金も制度を継続するためにやらせていただきたい」とノーベル賞の賞金を寄付する意向を示した。
参照元:ノーベル賞「一緒に喜んで」=吉野さん、妻に感謝の言葉-受賞決定から一夜明け
2019年10月10日18時44分 時事ドットコム

吉野彰さん「舞踏会は憂鬱」「家族に感謝」 一夜明けインタビュー詳報
2019.10.10 09:55 産経新聞

リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は、受賞決定から一夜明けた10日午前、東京都内のホテルで産経新聞の取材に応じた。一問一答は以下の通り。

     ◇

 --昨夜は家族と離れホテルに一人で宿泊と聞いた

 「受賞決定後はばたばたと忙しかったので、午前1時半ぐらいにバタンキューで寝た。ぐっすり眠れた」

 --一夜明けて、どんな気分か

 「部屋に新聞の朝刊が届いていて、各社とも1面で取り上げられていた。やっぱりそうなんだ、受賞したんだという実感を、やっと感じた」

 --昨夜は祝杯は

 「部屋にミニバーがあったので、寝る前だから梅酒をぐいっと飲んで寝た。格別の味わいだった」

 --家族と早く会いたいのでは

 「こっちに向かっているようで、昼前には会えると思う」

 --どんな気持ちを伝えたいか

 「候補に上がっているという話は家族も当然聞いていたが、まさか本当に受賞するとはたぶん思っていなかったはずだ。だから、どうだ、見たかと言ってやりたい。そして、感謝も伝えたい」

 --家族はどう支えてくれたか

「こういう研究をやっていると、夜帰るのが遅くなりがちだ。それを文句も言わずに支えてくれたことがありがたかった」

 --12月にスウェーデンのストックホルムで授賞式が行われる

 「とても楽しみにしている。ただ、式典期間の1週間で、けっこう多くのことをやらなくてはいけないそうなので、いろいろな方にアドバイスを受けて準備をしようと思っている」

 --受賞記念講演もある

 「リチウムイオン電池の開発経緯や、モバイルIT社会を作り上げたこと、さらにこれからは環境問題に取り組んでいくことなどを話すのが楽しみ。技術を踏まえながら、一般の人に分かりやすく、受賞理由を裏付けるような話をしてきたい」

 --どんな衣装で行くか

 「和服はもともと似合わないので、洋装のタキシードで臨むつもりだ」

 --舞踏会もある

 「うーん。憂鬱。舞踏会は憂鬱だ。踊りは全くやったことがない。経験者に聞いてみようと思っている」

 --受賞が決定して、いま一番やりたいことは

 「多くの方からお祝いのメールをいただいている。だが忙しくて全く見られていないので『ありがとうございました』という一報だけでも早く入れたい」

 --改めて、長い研究生活を振り返っての感慨は

 「非常に名誉ある賞をいただいた。特に感じているのは、私はインダストリー(産業)の人間で、産業人として賞をいただいたことを、ぜひ強調したい。ノーベル賞の受賞時点で現役の産業人というのは、おそらく日本では田中耕一さんに続いて2人目だと思う」

 --家族以外で喜びを分かち合いたい人は

 「リチウムイオン電池の開発の中で、部下も含め、一生懸命協力してくれた人たちに、早く報告して感謝を伝えたい」
参照元:吉野彰さん「舞踏会は憂鬱」「家族に感謝」 一夜明けインタビュー詳報
2019.10.10 09:55 産経新聞

吉野彰さん「未明に梅酒で祝杯」 「新聞1面見て受賞実感」 受賞から一夜明け
2019.10.10 09:18 産経新聞

リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞に輝いた旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は、受賞決定から一夜明けた10日午前、東京都内のホテルで産経新聞の取材に応じ、「今朝の新聞各紙の1面に出ていたのを見て、やっぱり受賞したんだと実感がわいてきた」などと喜びを語った。

 10日未明まで取材対応に追われた吉野さんは、都内のホテルに宿泊。「午前1時半ごろにバタンキューと寝た。寝る前、部屋のミニバーにあった梅酒をぐいっと飲んで祝杯を上げた。格別の味わいだった」と笑顔を見せた。

 昼ごろに合流する予定の家族に対しては「まさか本当にノーベル賞を取るとは思っていなかったはず。どうだ見たかと言いたい。そして、支えてくれたことへの感謝を早く伝えたい」と話した。

 12月にスウェーデンのストックホルムで行われる授賞式は「記念講演でリチウムイオン電池の開発経緯を話すのが楽しみ。和服は似合わないので、タキシードで臨む」と語った。ただ、式典期間中に開かれる舞踏会については「踊りなど全くやったことがないので憂鬱だ」と笑った。
参照元:吉野彰さん「未明に梅酒で祝杯」 「新聞1面見て受賞実感」 受賞から一夜明け
2019.10.10 09:18 産経新聞

吉野彰氏の妻、野菜嫌いでたばこもやめないと暴露
2019年10月10日14時1分 日刊スポーツ

19年のノーベル化学賞を受賞した、旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏(71)が、受賞から一夜明けた10日、久美子夫人(71)とともに都内で会見を開いた。

久美子夫人は、吉野氏の食生活について「好き嫌いは結構、激しいです」と明かした。その上で「体のために緑黄色野菜を取って欲しいのに、のけていく…食べないんです。『もう食べたから、いいと』」と、吉野氏が野菜が嫌いだと暴露した。

さらに、たばこをやめないことにも苦言を呈した。久美子夫人は「食べもののこともそうですし、たばこに関しても体に悪いのに、隠れてたばこを吸っている。『辞めたらストレスを抱えて、他の病気になる』と」と言い、苦笑いした。吉野氏も「その通りです」と素直に認めた。

吉野氏は普段、家庭でも口数が少ないという。少ない口数の、どこから気持ちを推し量るのかと聞かれると、久美子夫人は「深く考えたことはない」と答えた。その上で「要所で、きちんとする。安心してついて行ける感じ」と口にして、夫への信頼が深いことをのぞかせた。

そして「最高のプレゼントを、ありがとうございます」とノーベル賞の受賞に対し、改めて感謝した。【村上幸将】
参照元:吉野彰氏の妻、野菜嫌いでたばこもやめないと暴露
2019年10月10日14時1分 日刊スポーツ

ノーベル化学賞の吉野彰さん 子供時代から好奇心旺盛
2019.10.9 19:04 産経新聞

ノーベル化学賞が決まった吉野彰さんは、大阪府吹田市で4人きょうだいの3人目の次男として生まれた。小学校の先生の勧めで英科学者ファラデーの著作「ロウソクの科学」を読み、自然の原理に触れたことが化学への興味の原点。子供向けの科学雑誌を読んでさらに幅広い知識を身につけた。

 自宅の便所に置いてあった掃除用の塩酸に、くぎをほうり込み、水素が発生する様子を観察するなど好奇心が旺盛。興味のある化学が自然と得意科目になった。当時は高度経済成長期で、新素材を次々に開発する化学工業が脚光を浴びていた。憧れもあり、京都大工学部に進学した。

 入学後は水泳部に入ったが「4月早々にプールに飛び込まされ、冷たくてたまらんのですぐ辞めた」。考古学同好会に入り直し、発掘に精を出した。考古学は文字がない時代について物的証拠を積み重ね、論理を構築する。「この点は自然科学によく似ており、論理的に物を見る目を養った。歴史の流れの延長として現在を見つめ直し、その先の未来を考えることが研究開発の発想につながっている」

 大学院修士課程を修了し、大手化学企業の旭化成に入社した。「企業は開発の第一線に立ち、新製品を出すという目標がはっきりしている。大学に残るより面白そうだ」と感じたのが理由だ。その思いをリチウムイオン電池の開発で結実させた。

 最近の若者について「向上心が強いが社会制度上の制約が大きく、向上する方法を見つけられていない。国際競争を生き抜けるのか」と気遣う。平成29年に名城大(名古屋市)教授に就任して講義を担当しており「口はばったいが、成功体験をした人が若い人の身近にいることが大事」と、教壇に立つ思いを語る。

 リチウムイオン電池の正極を開発し、ともに実用化で貢献して共同受賞が決まった米テキサス大教授のジョン・グッドイナフさん(97)とは、吉野さんが近年も研究室を訪ねるなど親密な関係にある。

 自身の性格を「粘り強さの一方で、相反するようだが『何とかなる』と考える能天気な要素もある。研究者に向いているのでは」と語る。

 毎週土曜日は健康維持と息抜きのため、近所の友人とテニスを楽しむ。子供は3人。神奈川県藤沢市で妻の久美子さん(71)と次女の3人で暮らす。

 ノーベル賞について、受賞前の取材では「頂いたときに最初に申し上げたいのは、インダストリーの吉野を選んでくれたということ。ノーベル賞は傾向としてはアカデミアの世界のものだった。産業界の研究者のモチベーションにつながれば」と語っていた。
参照元:ノーベル化学賞の吉野彰さん 子供時代から好奇心旺盛
2019.10.9 19:04 産経新聞

吉野彰さん、阪神ファン表明「まな板に載ったのは19年前」「さすがストックホルムだな」 インタビュー詳報
2019.10.10 07:11 産経新聞

リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さん(71)が10日未明、産経新聞の取材に応じた。喜びの声や今後の抱負に加え、根っからの阪神ファンであることも明かした。主な一問一答は次の通り。

 --気楽にお願いします

 「まだ実感は湧かないなあ(笑)」

 --改めて今のお気持ちは

 「やはりストックホルムは偉い。受賞理由をいろいろ言っていたが、『世界を変えた』ということなのだが、『今のモバイルIT社会を生み出した』『世界を変えた』と。ただ、それだけだったら、たぶんノーベル賞をもらえていなかったと思う。次に、今まさに電気自動車とか、そういうところで応用が始まって、これは直に地球環境問題になる。彼らは地球環境問題をものすごく重視するので、その2つはさすがストックホルムだなと思った」

 --米テキサス大のグッドイナフさんと一緒に受賞できたことについては

 「もちろん私とグッドイナフは親密にしていて、彼は明らかに今のリチウムイオン電池の正極を世界で最初に見つけた人。そういうこともあって、テキサス大に何度も何度も訪問したりして。彼は彼で『俺の見つけた正極を、お前がリチウムイオン電池にしてくれたからうれしい』と言っている」

 --受賞決定後、話はしたか

「いや」

 --話をするとしたら、どういう言葉をかけるか

 「ワオー(笑)。彼はお年だし、ちょっと前から足が悪い。一人であまり動けない。今度の(授賞式で)ストックホルムはたぶん来られるとは思うが」

 --もし電話で声をかけるとしたら

 「たぶん向こうが『ヨシノ、コングラッチュレーション(おめでとう)、コングラッチュレーション』と言うだろうから、『ユー、トゥー(あなたも)』でいいのではないか」

 --グッドイナフさんはどんな人か

 「彼は典型的な固体物理の出身。まさに今の正極材は固体物理から来ている。私の場合はケミストリー(化学)から来ているから、考え方が共通する部分と全然共通しない部分がある。いろいろ話をしていて面白い。彼は理論的に『こうだから』『ああだろうから』というアプローチをするが、こちらは『実験データはこうですから』と」

 --何年もノーベル賞候補といわれていたが、どんな気持ちで待っていたのか

 「最初にある大学の先生が、ちょうどハワイに私が出張していて空港で一緒になって、『お前をノミネート(推薦)しておいたよ』と言われた。たぶんそれが初めだと思う」

--いつごろか

 「2000年。19年前」

 --海外の方か

 「日本の方。そこから今回につながるようなことが流れ出したんだと思う」

 --どなたですか

 「うーん、50年だよね、守秘義務は。まだ19年しかたっていない(笑)」

 --19年間、毎年待っていたのか

 「最初は個人的にそういうことを教えてもらって、まだ出てこない話だった」

 --聞いたときは

 「えっと思った」

 --自分はノーベル賞を取ってもおかしくないと

 「いやいや、そうではなくて、まな板に載ったんだなと。だから、今日みたいにいろんなメディアの方が来られてというのは、この10年くらい。最初は外れたときの嫌さというのがあったから、『もうええ加減にしてくれ』というのはあったが、そのうちにセレモニー的に毎年やると、周りの皆さん方が逆に喜んでくれて」

 --みんなで盛り上げた

 「旭化成の社員の方が準備してくれて。だから、『ずっとこのまま取らずに毎年続いたらいいね』なんて(笑)」

 --それはそれで楽しいと

 「そうそう。残念会もいっぱいやってくれるし(笑)」

 --今後の生活は変わると思うか

 「基本的には変わらないと思う。明日からの予定をこれから決めていかないといけないが、当然、来週以降、いろんな予定を入れてしまっているから。講演とかは、できるだけお約束した分については、きっちりやっていきたいなと思う」

 --これからはノーベル賞受賞者としての肩書が一生ついてまわる

 「これはもう今まで通りに。ただ、私の言葉の重みというのはたぶん変わると思うので、そういった意味では、たとえ間違っていてもいいから日本はこうあるべきだとか、日本の技術はこうやらないといかんとか、やはりそういう発信をしていきたい。それでいろんな人がいろんな議論をしてもらって、何かより日本の産業が活性化するような、そういう道筋が出てくるといいと思う」

 --日本の将来について発信していきたいと

 「うん」

 --どうして今回、受賞できたと思うか

 「いわゆる授賞理由からいくと、やはり環境問題が相当、表に出てきた。これが一番大きかったと思う。さっき言ったように、ITだけだったらもらえていなかったと思う」

 --受賞に値する研究成果を出すことができた理由は

「いろいろあるが、いわゆる個人的な研究者としての力というか、それは当然必要なのだが、やはり旭化成という材料メーカーにいたというのが一番大きかったような気がする。正極にしても、負極にしても、やはり素材。素材を開発する力がないとなかなか難しい。昔のいわゆる組み立て産業というのは材料、部材、部品を集めて、ただ組み立てるだけ。これはやはり中国、韓国にやられてもしようがない。素材の開発力があるかどうかで、新しいモノが生まれるかどうかは決まってくると思う。そういった意味で、旭化成という材料メーカーの中で電池という一つの製品の開発をやっていた、というのが一番大きい理由だろう」

 --賞金は何に使うか

 「基本的には、これは続けていきたいと思うのだが、以前にいろんな賞をもらって、いろんな賞金もいただいていて、実は今、日本化学会で研究基金をつくっている。これがちょうど6年目を迎えるのか、ちょうど変わり目の時期なので、今回のお金も一部を当然そちらの方に入れて、基金を継続していく」

 --若手研究者の育成に

 「そうだ」

 --個人で何かに使うことは

 「それはない。あまりぜいたくをする方でもないし」

 --いつごろからプロ野球の阪神タイガースのファンなのか

「私は大阪生まれだし、ちょうど大阪の千里山の関西大学が家のすぐ近くにあり、(野球部で)村山実(元阪神タイガース投手、監督)がちょうど私の子供の頃に投げていた。キャッチャーが上田(利治・元阪急ブレーブス監督)だったかな。そういうこともあってね」

 --阪神タイガースのどういうところが好きか。全部か

 「それもあるし、一度だけ本物の甲子園球場のネット裏で巨人戦を見たことがある。5、6年前かな」

 --どうだったか

 「やはり地響きというか、あれは感動する(笑)」

 --今年の阪神に一言

 「よう頑張ったから、せいぜい最後まで行って、『ああ、もうちょっとやったなあ』ぐらいまでは行ってほしい」

 --日本一は

 「それはちょっとできすぎ(笑)」

 --とりあえずクライマックスシリーズにと

 「あれは立派だった。あそこまで行ったのは」

 --今晩はこれから何か食べたいか

 「ビールが飲みたい。早く」

 --みんなで乾杯か

 「いや、1人で乾杯(笑)」

【プロフィル】吉野彰 (よしの・あきら) 昭和23(1948)年1月、大阪府生まれ。昭和45年、京都大工学部卒。47年、京大大学院工学研究科修士課程修了。同年、旭化成工業(現旭化成)入社。平成4(1992)年、イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長。平成9年、イオン二次電池事業グループ長。13年、電池材料事業開発室室長。15年、同社フェロー。27年10月、同社顧問。29年、名城大教授、旭化成名誉フェロー。16年、紫綬褒章。24年、米国電気電子技術者協会(IEEE)メダル受賞。26年、全米技術アカデミー「チャールズ・スターク・ドレイパー賞」受賞。30年、日本国際賞。令和元年6月、欧州発明家賞。
参照元:吉野彰さん、阪神ファン表明「まな板に載ったのは19年前」「さすがストックホルムだな」 インタビュー詳報
2019.10.10 07:11 産経新聞




スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA