MENU

イチロー引退について

2019 3/25

大リーグ・マリナーズのイチロー選手が21日の東京ドームでの試合後、引退を表明した。


(社説)イチロー引退 多くの記録と言葉残し
2019年3月23日05時00分 朝日DIGITAL

選手と観客、それぞれの思いが交差し凝縮する。スポーツの幸福な時間を見た思いがする。

 シアトル・マリナーズのイチロー選手(45)が、現役生活に終止符を打った。

 おとといの東京ドーム。観客に促され、試合終了後のグラウンドにイチローが再び立った。拍手と声援が包む。

 「あれを見せられたら、後悔などあろうはずがありません」

 その後の記者会見では、ファンへの感謝を何度も口にした。

 打ち立てた記録はまばゆいばかりだ。日本では7年連続の首位打者。大リーグ移籍後も、84年ぶりにシーズン最多安打記録を塗り替え(04年)、10年続けて200安打を達成した。

 打撃だけではない。強肩、俊足。スピード感あふれるプレーが鮮烈だった。パワー全盛の大リーグで野球の面白さを再発見させた、との評価は決して過大ではない。先達の野茂英雄選手が、ストライキ騒動で落ち込んだ大リーグ人気の復活の原動力になったのと同じように、球史に大きな足跡を残した。

 活躍を支えたひとつが、たゆまぬ準備だ。

 印象に残る場面がある。06年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)準決勝。雨で1時間弱中断した後、多くの選手が山なりのキャッチボールで体をほぐすなか、イチローだけが外野からいきなり快速球を相手の胸に投げ込んだ。

 試合に入った以上、常にベストのプレーができるように心身を維持する。「イチロー流」がかいま見えた瞬間だった。

 そんなストイックさは、人を容易に寄せつけぬ雰囲気を醸しだし、チーム内で孤立しているように映ることもあった。

 だがニューヨーク、マイアミと他球団を経験するなかで、視野が広がっていったという。引退会見では「人が喜んでくれることが自分にとっても一番うれしいことになった」と語り、この間の成熟ぶりを印象づけた。

 最近は後輩やさらに下の世代を意識した発言も増えていた。日米通算4千安打を達成したときには、「4千のヒットを打つには8千回以上悔しい思いをしてきた」と語っている。

 失敗に向き合い、克服の道を試行錯誤する。その営みをうむことなく重ねる力こそが、イチローをイチローたらしめたものだったのだろう。

 出場機会がなくなった昨年5月以降も練習に取り組んだ自らを、「どの記録よりも、ほんの少しだけ、誇りをもてた」。そんな言葉を残し、日米で28年間着続けたユニホームを脱いだ。

イチローは昨年の5月頃、マリナーズとの特別契約に移行し、球団の役職に就き、チームへの練習に参加できるという前代未聞の立場であったが事実上の引退であった。


イチロー44歳「動体視力の衰え」でマリナーズ特別契約
2018年5月8日 2時0分 Smart FLASH

「戦力として認められないなら解雇ですが、それが球団の役職に就き、しかもチームの練習にも参加できる。まさに前代未聞の契約ですね」

 メジャーリーグ評論家の福島良一氏も、このように驚きを隠せない。

 それは突然のことだった。5月4日(日本時間)、イチロー(44)はメジャー登録を外れ、球団の会長付特別補佐に就任。今季はプレーしないとマリナーズは発表した。それにしてもなぜこの時期だったのか。

「キャンプ中の怪我で戦列を離れていた主力のギャメル外野手の復帰が早まった。となれば、穴埋め要員で獲ったイチローは不要。メジャーに情けはない。昨年は代打がおもで、調整が難しく結果が残せなかったといわれた。

 だが今季はスタメン中心でも、打率.205と結果がともなわない。結局は衰え。それも体力的なものではなく、動体視力、つまり目の衰えだった」(専門誌記者)

 現役時代後半、自身も目の衰えに悩まされた評論家の広澤克実氏が語る。

「目が衰えると、焦点が合う時間が遅れる。大谷の160キロの速球なら0.1秒で約4メートルボールが動く。目の衰えにより、そのわずかな時間に対応が遅れてしまう。走塁や捕球は大丈夫でも、打つことには支障が出てくる」

 かつて、「現役は最低でも50歳まで」と言って憚らなかったイチローだが、球団の要請に納得できたのか。

「当初はメジャー契約での現役に拘わっていたが、イチローを獲得する球団は皆無だった。そこで球団は、『フロントに入り、チームに帯同して若手に助言してほしい。来年以降の復帰の可能性はある。これは誰もやったことがない。その前例のないことに挑戦してほしい』と熱く訴えた。彼はこの言葉にプライドをくすぐられた」(メジャー担当記者)

 だが、球団の本音はこうだ。

「米国本土より1週間程度早い海外での開幕の場合、特例としてメジャー登録枠が25人から28人に拡大されるのが一般的。来年マリナーズは、その条件にあてはまる日本での開幕戦がある。それがイチローの “引退セレモニー” になるといわれ、そこで球団はひと儲けを目論んでいる」(同前)

 現役復帰は “確約済み” だが、試合に出られない彼は、年齢、衰えに対し、一人で闘わなければならない。

(週刊FLASH 2018年5月22号)

イチローはメジャーでの現役継続にこだわっていたが、イチローを獲得する球団は皆無だった為、球団側はチームに帯同して若手に助言して欲しい、来年以降の復帰の可能性はあると伝えていた。

イチロー自身は最低でも現役は50歳まで続けたいと考えていたようである。


イチローは引退会見で、「監督は絶対無理。人望ない」と表明し、また「日本復帰の選択肢はない」と断言している。


指導者としてではなく、あくまでもプレイヤーとして野球をすることこそが、イチローの目標であったようである。


それもメジャーリーグという最高の舞台でなければダメなのである。


今回、イチローが現役引退を表明しなければならなかったのは、やはり「動体視力の衰え」で、プレイヤーとしての最高のパフォーマンスを発揮できなくなったからである。


それでやむなく、引退を選択したのである。



メディアは、“引き際の美学”とか、”有終の美”といった言葉で、イチローの引退を評価している。







引退の理由

イチローは現在、ラーフ/木星期であるが、イチローの動体視力の低下など、プレイヤーとしてのパフォーマンスの低下は2015年8月2日以降のマハダシャーラーフ期への移行から始まっていたはずである。

ラーフは視力を表わす2室に在住し、蠍座ラグナにとってマラカとなる3、4室支配の土星が8室からラーフにアスペクトしている。


従って、マラカに在住し、マラカの土星からアスペクトされるラーフ期に移行していたのである。


ラーフは2室(目、視力)に在住しているため、動体視力の低下を招き、またマラカの在住星は体力の低下などももたらしたと考えられる。



このようにダシャーとしては2015年8月から始まっていたが、トランジットの土星がこの射手座2室に入室して、ラーフとコンジャンクトし、木星も入室して2室と8室にダブルトランジットし、また更にケートゥが2室に入室して、ラーフが8室に入室するタイミング、つまり、ラーフ/ケートゥ軸が、射手座/双子座軸に入ったタイミングで、ついに引退を決断することになったようである。


2室にダブルトランジットが生じ、特に土星がトランジットしていることで、より動体視力や体力の低下に深刻度が増したということではないかと思われる。



そして、物事の中断、変化の8室にダブルトランジットが形成されるタイミングで、引退となったのである。




然し、実際にはイチローの動体視力や体力の低下は、既にマハダシャー火星期に移行した段階で始まっていたのである。


火星はラグナロードで6室で自室に在住し、逆行して、月から見た2室と2室の支配星にアスペクトしている。


またナヴァムシャでも同様に、ラグナ、月からみた2室にアスペクトし、2室の支配星とコンジャンクトしている。



私はイチローについて、ずっとブログを書きながら、ウォッチしてきたが、以前の記事で、マハダシャー火星期から動体視力の低下や運動能力の低下に悩まされてきたことを確認している。


そして、その火星期を何とか、乗り越えて、それで、ラーフ期に移行して今回の引退となったのである。





スポーツ選手は、年齢を重ねることで、体力が低下する為、体力を維持して、現役を続けること自体が戦いであるが、イチローは、その戦いをこの引退の日までの間に相当長い間、行ってきたに違いないのである。



そして、ラーフ期に移行して、イチローはあくまでも現役にこだわったが、昨年、イチローを獲得したい球団がなかったことから、球団側から事実上、引退を促されたに等しい特別契約へと移行したのである。


イチローは会見の中で、この特別契約を結んで、若手に助言する役回りをした日々というものを印象深く、かけがえのないものであったと語っている。



ナヴァムシャではラーフから見て、木星は10室に在住しており、ダシャムシャでも木星は、4室から10室にアスペクトしている。



従って、昨年の2018年4月14日からのラーフ/木星期には、おもに若手に教えることに専念してきたことが伺える。



通常、イチローにとって過去の木星期、アンタルダシャー木星期などは、優れたパフォーマンスを示し、選手として活躍する時期であったが、それは木星が3室で減衰して、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な働きを持つからである。またニーチャバンガラージャヨーガも形成している。


例えば、月/木星期などは、イチローがメジャーリーグで大活躍した時期であることからもそれが分かる。


然し、マハダシャーが凶星のラーフ期となり、ラーフと絡んでいない5室支配の木星期は、イチローにとって良い時期と言うことはできず、イチローの引退につながることとなった。


これはダシャー解釈の法則通りである。


マハダシャーのラーフから見ると、木星は、1、4室支配でマラカの2室で減衰している。




求道者イチロー

イチローの10室を見ると9室支配の月が在住しており、10室で9-10のラージャヨーガを形成している。


10室の月は大衆から熱狂的に愛されるキャラクター、人気者を表わしている。



実際、日本では、メジャーリーグでいかにイチローが野球ファンから愛されてきたかが、中々伝わってこないが、実際、物凄い人気があったようである。


月はヴァルゴッタマで強いため、大衆からの人気が相当なものであったことを示すが、月は両側に惑星がなく、ケーマドルマヨーガを形成している。


従って、球団の中で孤立していたり、グラウンドの中で、スーパープレイなどを見せて輝かしい存在ではあるが、孤高のプレイヤーといった印象もあった。


ひたすら自分の技を磨き、質の高いスーパープレイを淡々と当たり前のようにこなしていくのである。



イチローの10室や10室の支配星には木星はアスペクトしておらず、辛うじて、月からみた10室に木星がアスペクトしている。


ナヴァムシャにおいてもラグナ、月からみた10室や10室の支配星に木星はアスペクトしていない。



従って、イチローはあまりコーチとか指導者には向いていないと思われる。



あくまでも自分でプレイヤーとして手本を見せて、助言する程度である。


ラグナからみた10室の支配星に火星がアスペクトしている為、人に指示したり、リーダーシップを発揮することはできるかもしれないが、それ程、親切に教えるタイプではなさそうである。



あくまでも職人的に自分の技を磨いていくタイプである。




今後のイチローについて

それでは現役引退後、イチローはどうするのかと言えば、まず、次のダシャーがラーフ/土星である。


ラーフから見て、土星は、2、3室支配で7室に在住しているが、まず、ラーフ/土星期に住まいを変えたり、引っ越したりするのではないかと思われる。


土星は4室支配で8室に在住しており、住まいの変化を表わしている。





チャトゥルシャムシャでも土星は4室の支配星であり、引っ越しを表わしている。



マハダシャーラーフ期全般は、ラーフが2室に在住していることから、自分のビジネスを立ち上げる、起業の時期である。


2室にラーフが在住していることから、収入にはこだわるはずである。



ラーフは月から5室に在住しているが、多くのことを学びたいと思うはずである。


ラーフのディスポジターは3室で減衰する木星であるが、木星は、2、5室支配で3室(芸能、メディア)に在住するため、野球というスポーツや芸能界には関わっていくと思われる。


ラーフからみた10室支配の水星は、9室支配の太陽と11室で、コンジャンクトし、5室支配の火星と相互アスペクトしている。



これは、イチロー選手が、マーケティングなどの知識を駆使して、ビジネスに取り組むのではないかと考えられる配置である。



水星と太陽は、10室の表示体であり、仕事の表示体である。



通常、会計や経理などを表わすコンビネーションであり、そこにマーケティングや営業を表わす火星がアスペクトしている。





ナヴァムシャではラーフは双子座で水星の星座に在住して強く、2、11室支配で自室に在住する水星と4、9室支配のヨーガカラカの水星と絡んでいる。


水星と火星は2-9、9-11のダナヨーガを形成し、ラーフは11室でこれらのダナヨーガと絡み、ラーフのディスポジターの水星もダナヨーガを形成するその惑星自身である。


この11室で強力なダナヨーガと絡む水星は、投資や金融などの分野での収入を表わしていると考えられる。


既に現役時代に稼いだ収入が、株式市場などで運用されて、そこから莫大な利益を生み出していくようなイメージである。


そして、ラーフ期は、大リーガー・イチローという肩書きを既に確立しているため、そうした意味で、名士としての活動になっていくと思われる。


講演や出版、テレビへの出演、法人や団体から顧問や社外取締役になって欲しいといった依頼など、様々な収入源に恵まれることになる。


そうした著名人としての生き方がまずあると考えられる。



11室は成功した名士のハウスである。



またラーフから見ると、5室支配の金星と9室支配の金星が8室に在住し、8室で土星が自室に在住している。


これは不労所得などに恵まれる配置であると言える。



ラーフから見た10室には木星が在住しており、若干、教育者になる配置も見られ、ラーフから見た3室に月が在住しているため、芸能、メディアへの関わりは続くと思われる。



イチロー選手の魅力

プロ野球では、ホームランバッターや投手が注目される傾向にあるが、イチロー選手は、ホームランで魅せるのではなく、ヒットを量産して、出塁し、果敢に盗塁したり、守備で、ファインプレーを見せたり、強肩で、弾丸ライナーの球を外野からキャッチャーに送球して、走者を刺すなどの魅せる野球である。


野球の可能性を最大限発揮して、野球を観客にとってのエンターテイメントに変えるそのような才能にあったと思われる。


そのイチローの技の数々は、3室で減衰するパラシャラの例外則、そしてニーチャバンガを形成する木星によって生み出されたのである。




この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (9件)

  • イチローの視力に関してのロジックはそれで正しいと思います。
    僕も蠍座ラグナで、ラーフ2室、火星8室で、火星期から視力が低下してます。
    中学生時代の火星期から視力が低下してきましたね。

    それと、ラーフが双子座に既に入り、今日、木星が射手座に入ります。
    仮想通貨も上昇トレンドに明らかに転じました。
    ビットコインETFがBitwise版が4月1日、VanEck版が4月6日に審査期限を迎えます。
    なので、これらが承認されて、仮想通貨価格が急上昇するかもしれません。

    それと、2017年の土星の動きとビットコインの値段推移を調べました。
    土星のトランジット
    2017年
    順行蠍座 〜1月26日
    緩やかな上昇
    順行射手座 1月26日〜4月6日
    緩やかな上昇
    逆行射手座 4月6日〜6月20日
    上昇
    逆行蠍座 6月20日〜8月24日
    停滞・下落のち上昇
    再順行蠍座 8月24日〜10月26日
    上昇
    再順行射手座 10月26日〜
    歴史的急上昇

    調べてみると、逆行して射手座にあった時も上昇してました。
    なので、3月末か4月上旬にビットコインETFが認可されたら、4月22日の逆行木星が射手座から蠍座に抜けるまでは、仮想通貨価格は急上昇相場が続くのかもしれません。

    それとバンクエラについて日本人で最も詳しく解説していると思われる方のサイトを見つけました。
    http://blog.livedoor.jp/zipanghistory/
    • コメントありがとうございます。

      そういえば小林さんも全く同じ2室ラーフで8室から火星がアスペクトしていましたね。

      現在、蠍座ラグナの方にとっては2-8室にダブルトランジットと、ラーフ/ケートゥ軸のトランジットも生じる為、

      その軸に惑星が在住している方は、それらの惑星配置が示す何らかのカルマが発現するタイミングだと思います。


      > ビットコインETFがBitwise版が4月1日、VanEck版が4月6日に審査期限を迎えます。
      > なので、これらが承認されて、仮想通貨価格が急上昇するかもしれません。


      仮想通貨について期待できる情報ありがとうございます。

      正直に言って今年の初めにbankeraが取引所をオープンするとの期待をしながら、

      長期に渡って待ちわびて来ましたが、オープンの直前に日本人取引が禁止となり、

      元々分かっていながら会社側が日本人に売らせないという措置に出たようでした。

      私はやられたと思いましたね。

      日本人に出資させ、取引所開設のギリギリまで告知せず、取引所開設の2、3日前に日本人は金融庁の措置で、

      取引出来なくなったとの告知をし、日本人を売り逃げできなくして価格の下落を抑えるという作戦です。

      私がこうしたことに巻き込まれたのがチャラダシャーのサブダシャーがAKが在住する魚座12室でしたが、AKは複数の凶星からアスペクトされています。

      従って、この時期にジャイミニのチャラダシャーの解釈からすると損失を被るというのが普通の解釈です。

      それを私は利益が出ると解釈しましたが、自分の利益に関係するダシャーの解釈であった為、認識に曇りが生じたと思えます。

      この辺りのことは、昨年末の記事『アートマカラカ -魂の表示体-』の続編としてまた書きたいと思っています。


      トランジットの惑星は、一度、逆行して、一つ前の星座に戻り、再度、順行に転じた後、星座に再入室するタイミングで異常な力を発揮します。


      >再順行射手座 10月26日〜
      >歴史的急上昇


      この2017年末の射手座に再入室した後の順行の時に異常な値上がりをした為、今回もそれが起こるとすると、

      おそらく4月22日に逆行の木星が一旦、蠍座に移動した後、2019年11月5日に射手座に再入室した後、同じ条件が出来ると思います。

      土星は星座を出ていくタイミングで力を発揮する為、おそらく2019年11月5日~2020年1月24日までがそのタイミングで、

      その後も2020年5月15日~9月20日ぐらいまで、山羊座で逆行する土星と射手座の木星との間で、射手座にダブルトランジットが生じます。


      そのように今年の4月の段階で焦って売る必要はないかもしれません。

      とにかく日本人は今のところ、売る手段がない為、手段が見つかるまで、待つしかありませんが。


      > それとバンクエラについて日本人で最も詳しく解説していると思われる方のサイトを見つけました。
      > http://blog.livedoor.jp/zipanghistory/

      情報ありがとうございます。


      とにかく売る手段が見つからない限り、どうにもならない訳ですが、大化けする可能性もある為、


      売る手段がないというのは、かえって売らないで済んでいるのかもしれません。



      この結果については、今後、見ていきましょう。


      一番、怖いのは、ライブドア-が転換社債を発行してリーマンブラザーズから800億円の資金調達をした時、株価が全く値上がりしない時期が暫く続きました。


      それはリーマンブラザーズが一般の市場参加者の買い注文が出た途端にそれを吸収する売り注文を出していたからです。


      bankeraの運営関係者や大量にホールドしている人たちが全て売り尽くすまで他の仮想通貨は値上がりしても全く値上がりせずに価格が低迷する可能性もあり得ると思います。
    • 日本人で最も詳しく解説しているサイト読みましたが、書いている方が異常に詳しい方のようで、色々よく分かりました。

      非常に有益な情報で、ありがとうございました。

      bankeraに対する注目関心が高まるのも時間の問題とのこと、またHanbitoco(韓国)にも上場しているようで、流動性が上がってくれば期待できそうです。
  • 3月29日の木星射手座入りの後、仮想通貨価格が20〜30%程上昇した銘柄が多いようです。
    そこは占星術のロジック通りのようです。

    しかし、ETFは延期され、次の判断は5月16日と21日のようです。
    ただ、これも木星が蠍座に戻るので、延期されると思います。
    ETFの最終判断は10月13日と18日です。
    なので、ここでETFが承認される可能性が非常に高まったと思います。
    冥王星が順行に転じるのと、秀吉先生や僕のアンタルダシャーが切り替わるのが10月3日くらいで、木星の射手座再入室が11月5日です。
    すると、最低でも今年の年末くらいまでは、秀吉先生の仰る通り仮想通貨はガチホで良さそうです。

    また、冥王星・土星・木星・太陽・水星の5惑星が同時に射手座をトランジットするのが12月25日〜1月13日です。

    https://coinpost.jp/?p=77306
    • 射手座に木星が入室してから予想通り仮想通貨が値上がりしてますね。


      >しかし、ETFは延期され、次の判断は5月16日と21日のようです。
      >ただ、これも木星が蠍座に戻るので、延期されると思います。
      >ETFの最終判断は10月13日と18日です。
      >なので、ここでETFが承認される可能性が非常に高まったと思います。


      なるほどETFの承認が延期されているのであれば年末に承認されてその後、爆発的に上昇相場になる可能性はありますね。

      冥王星の逆行から順行への動きも大きいかもしれません。


      次のアンタルダシャーについて言うと、10月に金星/土星期に移行しますが、金星/土星期は、金星/金星期のように働くということからすると、私の金星はダナヨーガを形成している為、金星/土星期に移行するまで待つ方がよいと判断しています。

      また金星/土星期は、乞食が王になるとウッタラカーラムリタなどの古典に書かれているそうですから取りあえず金星/土星期に移行した後が期待できるかもしれません。

      仮想通貨の取引を初めて行ったのが、金星/木星期でしたが、木星は私にとって12室の支配星で、金星から見て6室に在住して12室にアスペクトしていることもあり、金運において、あまりよくありません。

      木星から見て負債の6室に惑星集中しており、木星自身はラージャヨーガは形成していても富、収入にはあまり関係ないようです。

      その辺りはダシャーの結果としてよく現れていると思います。


      また振り返れば、金星/木星期は、木星の象意において良くない体験もしています。

      金星/木星期は、寒色系と暖色系の性質の異なる惑星同士の組合せである為、注意が必要な時期で、むしろ金星/土星期の方が、寒色系同士の組合せであり、より結果を示すことが出来る時期でもあります。

      以前、金星/金星/土星期を検証した結果として、それは経験的にも言えることです。


      逆に言うと、金星/土星期は、金星も土星もダナヨーガを形成し、サブダシャーの土星は利得の11室の支配星で、ラグナロードで8室支配の火星と相互アスペクトしており、1-11、8-11の絡みを生じており、また金星から見て土星は利得の11室に在住しており、この土星期にこそ、仮想通貨で利益が得られそうな気がしています。


      結局の所、あわてて売買を繰り返す人が最もよくないのであって、平常心で待てる人がよいのであって、そうした姿勢でいるのが最もよい結果を生むのであって、それは今までの経験からもそう言えます。


      この2017年の仮想通貨の暴騰と暴落のドラマの中で、私はICOへの参加や通常の売買などいろいろ試みましたが、最初、400万程の含み益が出て、狂喜乱舞させられ、その後で、暴落し、逆に同じ位のマイナスとなって元本割れしました。


      私は大やけどをして、大きく失いました。


      従って、これがまさに射手座の上昇させて突き落とすという経験です。


      こうした上昇させられてその直後、突き落とされるという経験は、事業で成功してその後、火災などで無一文になるなど、宗教家の人生などにも典型的に見られるものです。


      こうした経験が宗教家に成功や富への執着を失わせ、永続性のない物質の獲得で一喜一憂するような心の姿勢を失わせ、より精神的な探究に向かわせるきっかけだったりします。


      私の減衰した9室支配の木星は、奮闘(6室)の中で、こうしたレッスンを私に与えたのかもしれません。


      金星/木星期は、2017年1月30日から始まったので、まさにアンタル木星期になると共に仮想通貨に手を出しています。


      私はもう仮想通貨に関してどうでもよくなっており、以前ほど値動きに関して関心が薄れています。


      それ程、期待はしていません。


      全く関心がないということではないですが、もし値上がりして損を取り戻すことが出来ればいいと思いますが、そうならなくても仕方がないぐらいの心境になっています。


      つまり、以前のマインドではなくなりました。


      もし今回の経験で成果があったとしたら、このマインドが成果として得られたと思います。


      以前の野心のようなものはなくなりましたが、ダシャーの分析から金星/土星期には、利益が得られそうだと冷静に分析しています。


      つまり、マインドの欲望は収まっていますが、それでも冷静に将来の(利益の)可能性を予測している状態です。


      結局、こういうマインドの状態の方が、より稼げそうな感じはあります。
  • 木星が逆行した途端に下がりましたね。
    定座の逆行だから、素直に?反応してる印象を持ちました。
    4月末には土星も逆行し始めるので どうなるのか。
    世界も揺れ動きそうな予感です。
    3人のダシャーも来年の方が良さそうなんですね。
    トランジットの影響とも合って仮想通貨が上がれば助かります。
    私は かに座ラグナの金星ー木星期。
    金星11L11H、木星3H 火星9Hなので
    2020年9~10月の金星-木星-火星期に期待してます。
    ただ土星5Hがどう出るかがカギです。
    金星期は執着心が強くて困りますが、次は12H太陽期なので
    それまでは楽しみたいところです。
    • それほど注目していませんでしたが、そのようですね。

      射手座に木星が入室して、前向きな変化の予兆がありましたが、あっという間に揺り戻しの感じが出てきました。

      結局、射手座の象意を満喫できるのはほんのわずかで、4月中と9月~12月ぐらいの短い期間です。

      ただし、短い期間であったとしてもここ最近、射手座の清々しい高揚感というものがありました。

      もし投資が上手く行って利益が出たら、その時は是非、フィードバックをお願いします。
  • わかりました。
    上手くいっても行かなくてもフィードバックします。

    これまでの状況を報告しますと、金星ー木星期に入って、木星が3室在住のせいか旅行に
    出かけました。北海道、プーケット島に10日間。

    金星ー木星ー土星期に入ったかもしれない 11月初旬から仮想通貨が急落してしまい
    資産が大きく目減りしました。

    FXのトルコリラは ケーツがいて座に入室した辺りの3月23日にロスカットされ損失しました。
    土星は良くなさそうです。
    やがて来る金星-土星期が怖いです。

    今は金星-木星-水星期に入ったか、もうじき入る位のとこですが
    観察していきたいと思います。

    それと金星ー木星期に入ってから 画の出展をしませんかという電話やメールが
    良く入るようになりました。何か怪しいので 断っていたのですが
    最近 依頼しました。3室がらみだと思って決めました。

    インド占星術で概要は当たっているなと時間するのですが、
    細かい事象、今回のような投資(ギャンブルかな)で利益を出せるかどうか?
    などは とても難しいと思っています。
    でも こうやって検証していくのは現実感や緊迫感、不安感等入り混じって
    真剣味が高まって楽しいです。

    来年フィードバックしたいと思います。
    • 旅行に行ったのはアンタルダシャーの木星が9室支配で3室に在住しているからです。
      3-9軸は旅行の軸です。

      やはり土星のアンタルダシャー、プラティアンタルダシャーの時期は、
      8室支配の土星が5室から11室にアスペクトして、富のハウスを傷つけますから、
      気をつけないといけない時期のようです。
      その時期に大きな損失をしないようにする必要がありますね。

      しかし、中々そのようには出来ないということも現実問題としてあります。
      いずれにしてもベストを尽くす中で、一つの実験として、またフィードバックを宜しくお願いします。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる