アートマカラカ -魂の表示体-

大阪での上級セミナーから東京に戻ってきて、2018年11月28日からチャラダシャーが天秤座/水瓶座から天秤座/魚座に移行した。




魚座には私のAK(アートマカラカ)の火星が在住しており、ナヴァムシャでも魚座に在住していることから、ヴァルゴッタマであり、カラカムシャラグナもスワムシャラグナも魚座である。


またAKの火星はラグナロードでもある為、ラグナロードの火星が魚座に在住しており、私のパーソナリティーはかなり魚座の性質を帯びている。


昔から宗教などに縁があり、スピリチャルな世界にどっぷり浸かってきたのは魚座が強いからである。


チャラダシャーのサブダシャーが魚座に移行したタイミングで、ちょっと心配していたことがあったが、魚座にはAKが在住しているからである。


AKが在住している場合は、他の分野では良いが、こと健康問題においては良くないと言われている。


特にそれが傷ついたAKである場合は、健康問題が懸念される。


私の出生データは公開しているので、親切な方(皮肉)が私が天秤座/魚座のダシャーに移行したら病気になるとわざわざ指摘してくれた方もいた。


そんなことで、若干、心配はしていたのだが、メジャーダシャーの天秤座から見て6室の魚座にAKの火星が在住しており、6室のパダ(6P)も在住しているので、病気になるんじゃないかと心配していたのである。


然し、実際は今の所、病気にはなっていない。


実際に6室の火星というものは強いのであり、敵を粉砕する配置である。


そもそも6室のケートゥが敵を粉砕する配置であるが、この配置は敵が勝手に敗北していく配置である。


特に自分が努力しなくても敵がひれ伏していく配置なのである。火星もケートゥと似た惑星であり、火の惑星である。


このナイフのようなケートゥや火星が6室に在住する場合、やはり強さを発揮するようである。


それは実際、天秤座/魚座のダシャーになってから、日々感じる感覚である。


6Pが在住する魚座のサブダシャーに移行した途端、私は病気になるのではなく、怒りに満たされた。


世の中の不正に対する怒りである。


例えば、最近、日本で行われた種子法の改正や水道民営化などの外資導入政策である。


種子法の改正は、モンサント社などの悪徳グローバル企業が日本でやりたい放題やれる法改正である。


日本人が遺伝子組み換え食品を食べさせられたり、日本の農家がモンサント社のターミネーター種子を買わされたりするのである。


こんな改悪をしてしまうほど、今の安倍政権の政治家、官僚は良心が欠如しているのである。


水道民営化をすると、日本人の生活にとって大事な命の水が、コスト削減や利益追求で、供給されなくなり、地方の儲からない水道インフラは放置され、また水道料金は値上げされるのである。


そうした生命活動に必要な基本的なインフラを外資に渡してしまった場合、それが人質のようになってしまい、有事の際に主権を主張することが出来なくなるリスクが伴う。


日本では昔から水は水道の蛇口をひねれば、無料でおいしい水がいくらでも飲めたが、今後は、外資系の会社に高い料金を支払わないと水が手に入らなくなる可能性が出てきたと言える。


そもそも森喜朗-小泉純一郎―安倍晋三の清和会系の外資導入族は、売国右翼であり、金融ビッグバンで、日本の金融市場の自由化をして以来、日本の国富が海外に流出し、郵政民営化などで郵便局にはアフラックの外資系生命保険会社の商品が並び、彼らは、日本で稼いだ利益を1円も日本で使うことはない。


利益を全て自分の国に持ち帰るだけである。


彼らの考え方は外資系の会社に日本のインフラを売り渡し、優秀な(?)彼らに生活の面倒を見てもらいたいのだろうか。


然し、面倒を見てもらった所で外資系のグロ―バル企業はその利益を日本の為には1円も使うことはない。



森喜朗-小泉純一郎―安倍晋三の清和会系の外資導入族が政治の実権を握ってきたこの十数年で、日本は確実に弱体化し、劣化している。


小泉純一郎の新自由主義政策で、非正規社員が大量に発生し、格差社会が拡大したと共に今度は、不足する労働力を外国人労働者で賄おうとしている。


然し、日本企業の外国人労働者の酷使、不正な使用が目立っている。


長期的な安倍政権の継続によって、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が保有する日本人の年金の積立金を使って、経団連関連株を不正に釣り上げ、量的緩和政策によって、日本の円の価値を毀損させて、不必要なインフレに導いている。


そして、ここに来て経済的な弱体化が進んだ結果、更に企業に高い利益率をもたらす安い外国人労働力を受け入れる道を模索し、また水道民営化、種子法廃止など、外国のグローバル企業に日本人の生活に欠かせない食や水も売り渡そうとしているのである。


そもそも日本の自民党政権の最大派閥清和会の象意は、蠍座であり、蠍座は8室目が双子座に該当することから、英国シティーや米国のウォール街の国際金融資本家の餌食にされたり、言いなり状態になりやすいのである。


国際金融資本家やフリーメーソンというのは、双子座の象意である。


安倍晋三のチャートを見ると、蟹座ラグナでラグナロードの月が双子座に在住している。


この配置は、外国に日本の国富を気前よく売り渡す配置であり、外国にお金を配って歩く配置である。


あるいは、国際金融資本家やフリーメーソンに操られる配置と言ってもいいかもしれない。


フリーメーソンについては、以前、『デヴィッド・ロックフェラーとフリーメーソンについての考察』の中で述べたが、フリーメーソンは秘教的に言えば、物質を手放せという師の教えに逆らって師を殺害した3人のユダヤ人を祖先として代々続いてきた。



そもそもの出発点からフリーメーソンは悲劇の物語を持っており、物質性への執着を手放せなかった人々の集団である。


三極委員会、ビルダーバーグ会議、ダボス会議、外交問題評議会といった世界各国の著名な政治家、財界人、学者を集めて形成されるグローバルエリートの国際会議は、フリーメーソンであると言うことが出来る。


フリーメーソンとは穏やかな言い方をすれば、ビジネスマンの集団であるが、もっと率直に言えば、軍事産業や金融産業を牛耳って、グローバルビジネスを展開する貪欲な多国籍企業の経営者やそのオーナーたち、それに仕える御用学者や政治家たちである。


実際、これらの会議で、重要な役割を果たしてきたデヴィッド・ロックフェラーは、アリスベイリーの創設したルーシストラストに参加していた程、秘教的な知識も持っていた人物である。


そして、ルーシストラストの住所は、NYの国連プラザ666番地になっている。


つまり、現在、ルーシストラストは、デヴィッド・ロックフェラーらに乗っ取られたのである。



666番地という数字を使うということは、おそらく、デヴィッド・ロックフェラーは黒魔術的な造詣がある人物である。



そもそも連邦準備銀行(FRB)を設立する法案をアメリカの議会にどのように通すかをジキル島で銀行家たちが秘密会議を開いて画策した。


黒魔術だろうが、白魔術だろうが、こうした秘教サークルでは、一般大衆に知られないように秘密裡にことを進めることが習わしである。



J.P.モルガンやポール・ウォーバーグ、ジョン・ロックフェラーらが、ウッドロウ・ウィルソン大統領にオーウェン・グラス法に署名させたのである。



連邦準備銀行の株主は、以下の民間の銀行であり、ロスチャイルドやロックフェラーなど主にユダヤ系の銀行家たちである。



ロスチャイルド銀行・ロンドン
ロスチャイルド銀行・ベルリン
ラザール・フレール・パリ
イスラエル・モーゼス・シフ銀行・イタリア
ウォーバーグ銀行・アムステルダム
ウォーバーグ銀行・ハンブルク
リーマン・ブラザーズ・ニューヨーク
クーン・ローブ銀行・ニューヨーク
ゴールドマン・サックス・ニューヨーク
チェース・マンハッタン銀行・ニューヨーク



これらの銀行家達が、軍事産業を含む巨大多国籍企業の株主であり、オーナーであり、日本に種子法の改正や水道民営化を強いて来ている勢力である。


またユダヤロビーとの連携によりアメリカにイラク戦争を起こさせたり、シオニズムを推進している勢力であり、またヒトラーのナチス政権に協力した勢力である。


日本人の痛い所は、日米地位協定などによって、いまだに米軍(軍事産業)による支配を受けており、金融と軍事の2方面からアメリカの支配を受けている。



それに日本の官僚は、愛国心から抵抗する者がいたとしても誰もが自己保身に走る風潮の中で、今の段階になって日本売りを平然と行う政治家、官僚が横行し始めたことを意味している。


それが露骨に現れ始めたのが最近の種子法改正や、水道民営化である。


これらの法改正は、連邦準備銀行の株主たちがオーナーとなっているグローバル企業に儲けさせるという目的以外の目的は全くないのである。



日本人は、これらの国際銀行家に全く抵抗せず、媚びへつらって売国を行なう自民党の清和会系の議員を落選させなければならない。


然し、政治家を落選させたところで、官僚を落選させることは出来ない為、既にジャパンハンドラーズに飼いならされた多くの官僚が日本の行政の中枢に位置している。


従って、政治家を落選させるぐらいでは、どうにもならないのである。



ヒントとしては、最近のガソリン値上げに反発したフランス市民たちのデモ行動である。










仏マクロン政権窮地 パリ・南仏でデモ、130人超死傷
2018/12/3 7:05 日本経済新聞

【パリ=白石透冴】フランスのマクロン大統領が、2017年の就任以来最大の危機を迎えている。マクロン氏に反発する1日の仏各地のデモで、南仏で1人が死亡、パリで130人以上が重軽傷を負った。デモは3週末連続で、収束の気配はみえない。企業の投資判断などにも影を落とすおそれがあり、仏政府は非常事態宣言を約1年ぶりに発令する検討を始めた。

仏メディアによると、南仏アルルでデモに関連した交通事故が起き、男性1人が死亡した。この運動が起こって以来の死者は計3人になった。

1日のパリでは治安部隊23人を含む少なくとも133人が重軽傷を負った。デモ隊が自動車に火を放ったり石を投げたりしたため、治安部隊は催涙弾を撃って鎮圧にあたり、412人を拘束した。

マクロン氏は20カ国・地域(G20)首脳会議出席のため訪れていたブエノスアイレスで1日、「意見の違いは尊重するが、暴力は絶対に認めない」と強く非難した。

運動は蛍光の黄色いベストを着ることから「黄色いベスト」と呼ばれる。11月に入ってネット上で盛り上がり、実施は3週末連続。すでにネット上では4回目を「8日朝からシャンゼリゼ通り」などで強行するとの呼びかけが始まった。

当初は燃料価格の高騰や19年1月に予定されている燃料税引き上げに反対するデモだった。ただ、今はそれだけでなく、社会保障増税やたばこ値上げなどマクロン改革全体に不満を持つ人が集まっている。

マクロン氏は就任して1年半あまり、財政再建と企業活動の活性化を2本柱として改革を進めてきた。

先進国の中でも特に多い公務員を12万人減らし、財政赤字の削減をめざしている。法人税を33.3%から段階的に25%にし、解雇時に企業が支払う罰金に上限を設けて雇用・解雇を促した。

しかし、労働者層は富裕層が優先的に恩恵を受けると受け止めている。ドイツなどと比べて高い失業率はマクロン氏就任以来9%台で変わらず、若年層も失望感を抱いている。マクロン氏へのこうした不満がデモの呼びかけに共鳴した格好だ。

マクロン氏は11月下旬に緊急の記者会見を開き、デモ参加者に政策への理解を求めたばかりだった。

仏政府はデモを抑えるため、人の往来や集会などを制限できる非常事態宣言を発令する検討を始めた。カスタネール内相は1日、仏メディアに「タブーはない。全ての措置を検討する」と明言した。

発令すればパリ同時テロが起きた15年から17年に続き、1年ぶりになる。ただ企業の投資が減ったり観光客が減ったりする副作用もあり、発令の是非は慎重に判断する。フィリップ首相は近く、運動の代表者と面会する予定で、対話を呼びかける考えだ。



このような動きが、全世界的に広がる動きが招じてくる段階まで行かないと、世界はどうにも変わりそうにない。



金融システムが崩壊し、銀行からの預金の引き出しが出来なくなり、一般市民が銀行に行列を作って、預金が引き出せない。



その為、街へ繰り出して暴動を起こして、交通機関が麻痺したり、警察機関がそれらを取り締まれない段階に達した時に初めて、政策を根本的に変えることが出来る可能性が訪れる。



それまでは、じわじわと熱湯の中で茹でられる蛙のように一般市民は、ますます生活が苦しい状況に追いやられ、食や水といった生活の基本的な資源まで得られない状況にまで追いやられる。



そうした動きの一つは、中国で不動産バブルが弾けることで起こってくる可能性がある。








中国の建国図では、まもなく、マハダシャー土星期が終わり、マハダシャー水星期が始まろうとしている。



中国では既に不動産バブルの崩壊が始まって、不動産の投げ売りが起こっていると言われている。



不動産バブルが弾けると、信用収縮によって、今まで借金をして土地や不動産を購入していた人が巨額の負債を抱えることになって国民の不満が高まり暴動が起こるのではないかと思われる。



中国当局はあまりにも規模が大きすぎてそれを取り締まれない。




変化



AKの火星が在住する魚座のサブダシャーが来た時に私は、youtubeのJRPtelevisionを何気なく見て、そこで坂の上零氏や、朝堂院大覚氏のビデオを見た。




JRPtelevisionは、朝堂院大覚氏によって、2012年頃から放送されているインターネット番組である。


私はこの番組を見て、初めて、朝堂院大覚氏を知った。




木星と土星が牡羊座のバラニーに在住しており、諜報(インテリジェンス)や様々な世界の裏事情に通じているフィクサーである。


最後のフィクサーとか、怪物フィクサーと呼ばれているようである。



そこで日本が直面している緊急性の高い危機を改めて意識すると共に世界が直面している持てる者と持たざる者との闘い、秘教的な意味での物質性と精神性の戦いのようなものを改めて強く意識した。


またそこに集ってくる人々、例えば、三橋貴明とか、馬渕睦夫の話などを聴いていて、最近、失いかけていた政治への想いが頭をもたげてきた。



私は偏狭な民族主義者ではなく、リベラル左翼的であって、移民が日本に入ってくることに反対するような移民排斥主義者でもない。



グローバリズムを推進する貪欲な巨大多国籍企業の侵略行為には反対であるが、国際化自体は良いことだと思っている。



ドイツなどでも移民を寛容に受け入れて、リベラルな理想主義を追求している。(ドイツ社会のこのような傾向はかつてのナチス政権が行った偏狭な民族政策への反省から来ているそうである)



今、世界が直面している移民の問題とは、やがて訪れるグローバルな国境のない世界への産みの苦しみである。




本来、偏狭で利己的な右翼は嫌いであるが、世界の人々と協調していきたいという考えの愛国民族主義的な人々の主張というものは、至極まともな気がするのである。



右翼と言っても清和会のような売国右翼とは全く質的に異なっている。



坂の上零氏や、朝堂院大覚総裁やそれに集う人々からは、そのような感覚を受けた。



因みに朝堂院大覚氏のチャートを作成してみた所、月が魚座のレヴァーティーに在住していた。






私のAKの火星は魚座のレヴァーティーに在住している。



だから私は、チャラダシャーのサブダシャーが魚座に移行した途端、youtubeのJRPtelevisionを見て、愛国民族戦線の主張に感銘を受けたのである。



そして、自分の中の宗教的な魚座の魂(アートマカラカ)が刺激されるのを感じた。




チャラダシャーのサブダシャーが水瓶座から魚座に移行してから、日本を守るという意味での愛国民族主義的な政治言論やその論客に関心が生じてきた。




それは魚座から見ると5室の蟹座(右翼民族主義)に太陽が在住しているからである。




チャラダシャーのサブダシャーが水瓶座であった期間は、水瓶座から見た5室の双子座(ウォール街/金融市場)に水星、土星、ケートゥが在住している為、私はビットコイン/仮想通貨のトレード、値上がりしそうなコインの研究などに没頭していた。




全ての変化は、政治への参加によってもたらされる。




アリストテレスは「人間は政治的動物である」と言ったが、昨今、政治に興味を全く持たない人々が増えて来ており、政治に参加して自分たちの生活を改善しようという意志がない人が多くなっている。




人間が政治に参加するのは宿命である。




政治に参加して、様々な社会的なことを決めていくプロセスに参加しなければならない。




今後、ジョーティシュの技術的な精度を追求していくことはもちろんだが、私の今後の活動は、政治的なものにならざるを得ないし、また政治的なものも含めた教育啓蒙的な活動を展開していきたいと思っている。




















スポンサーリンク


スポンサーリンク

アートマカラカ -魂の表示体-」への10件のフィードバック

  1. KA

    秀吉先生、こんにちは。

    いつも勉強になっております。

    ヴァルゴッタマについて書かれてある記事を検索していてこれを読んでいたのですが…

    ラーシ、ナヴァムシャで同じ星座、ということですよね?

    それで、ふと思ったのですが…
    ラーシとナヴァムシャで、同じハウス…の場合は何か考慮をしたり、名前が付いていたりすることがありますか?

    私の場合、月が、ラーシ、ナヴァムシャで、星座は違うのですが、
    でもハウスは同じ10室なのです…
    (でも月はGKなんですけど汗)

    それで、これは、特に意味があるのかな?と思ったのです。

    ご教示頂けましたら幸いです。

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      それは特に名前はないと思いますが、月が10室に在住している効果が強く出てくるということはあると思います。
      10室の月であれば、人気者とか、有名、母親が有名とか、そういった象意でしょうか。

      返信
      1. K

        秀吉先生こんばんわ、前回の返信ではありがとうございました。
        アートマカラカについて、質問させていただきたくこの記事の返信欄に
        書かせていただきます、記事の内容とはあまり関係がないのかもしれませんが、一応主題がアートマカラカの表示体とのことで、自分のアートマカラカは水星でナバムシャでは乙女座に在住しているのですが、その場合はどんな意味合いがあるのでしょうか?好奇心からの質問なので、もしご返答いただければ幸いです。

        返信
        1. 秀吉 投稿作成者

          アートマカラカがナヴァムシャの各星座に在住している場合、その星座の各性質に応じて、人生における中心的な試練を与えるという解釈があります。
          アートマカラカが乙女座に在住する場合、乙女座は結婚の表示体である金星が減衰する星座である為、結婚に関する試練があると解釈できると思います。
          但し、乙女座で水星が高揚している場合、そうした解釈でよいかは分かりません。結婚に試練があるものの本人はそれで満足しているとか、困難な象意としては出てこない可能性もあります。その辺りはむしろ検証したい所です。
          パートナー関係、結婚に関する考え方などで、もし思い当たる節があればフィードバックをお願いします。

          またアートマカラカがナヴァムシャに在住する星座は、スワムシャと呼び、ナヴァムシャにおけるもう一つのラグナとして使うことが出来ます。
          そのスワムシャとなる星座を出生図上で見る場合、カラカムシャと呼び、これも出生図でラグナのように使用できます。ですから乙女座は出生図でもナヴァムシャでもラグナのように使用することが出来るということです。そのような観点で、例えば、乙女座ラグナとして考えた場合、自分自身のホロスコープとして納得できますか?検討してみて下さい。機能しているようであればフィードバックをお願いします。

          返信
  2. KA

    先生、

    分かりました、ありがとうございます。

    お忙しい中、ご返信ありがとうございました。

    返信
  3. フクロウ

    いつも拝読しております。
    質問をよろしいでしょうか?
    私のアートマカラカは土星で、ナヴァムシャだと牡羊座に在住しています。
    土星は牡羊座で減衰しますが、この場合どのような解釈になるのでしょうか?
    ただし土星はラーシで高揚しダナヨーガ、ナヴァムシャでは減衰太陽とニーチャバンガ&ダナヨーガ・3室支配支配星で特別法則になります。
    ラーシ…牡羊座ラグナで見た場合、2室に高揚ラーフがあり、結構食べる方です。お酒タバコは一切しません。8室金星からアスペクトバックされているせいか?顔立ちで褒められることが結構あります。汗
    4室に定座月在住ですが、火星土星アスペクトで母とは結構喧嘩します。でもマザコンです。
    7室に減衰太陽、高揚土星、水星在住。これはよく分かりません。
    9室にムーラトリコーナの木星と火星在住で、父親ともソリが合わないことがあります。

    ナヴァムシャ…牡羊座ラグナで見た場合、4室に高揚木星在住、9室月と星座交換。自宅が好きです。12室にアスペクトバック。
    5室に火星金星ケートゥ在住。7室太陽と星座交換。
    8室アスペクトバック。
    9室に月水星在住。
    11室にラーフ。
    3室、10室アスペクトバック。

    見て分かりやすい部分とそうでない部分があります。

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      AKがナヴァムシャで牡羊座に在住していたら、
      スワムシャやカラカムシャが牡羊座になることによって、猪突猛進型の空気の読めない性格になるのではないかと思います。
      通常の牡羊座ラグナの性格について考える時と同じです。
      計画的でなく、衝動的で、考えるよりも先に行動してしまうということです。
      AKが土星で牡羊座で減衰していたら、土星は組織化、形体、ルールを表わす為、それらに全く従えないという欠点が出てくるのではないでしょうか。
      つまり、ルールを無視する、自分でルールを作ってしまう、時間を守れないなどです。
      AKは土星ですが、土星の慎重さ、堅実さ、計画性などが発揮されない性格になるのではないかということです。
      それ以外、特にAKがナヴァムシャに在住している星座によって、その人の今生の試練を表わすというジャイミニの認識がありますが、
      牡羊座は小さな物事につまづいたり、行動を妨げられると言われます。
      それについては検証していく必要がありますが、例えば、牡羊座は最強、無敵に思えても部下の裏切りなどによって滅んだりします。
      そうしたことも当てはまるかもしれません。

      返信
  4. フクロウ

    秀吉先生、お返事をありがとうございます。
    仰るように、私は単独行動が好きで、組織(規模に比例して)やルールにガチガチに縛られることが苦手です。
    時間に関しては、プライベートだと気をぬくと遅れてしまうことがあります。。
    基本的に短気な人間です。
    ただ、慎重で几帳面ではあります。
    行動を邪魔されるというのも、腑に落ちる部分があります。

    カラカムシャやスワムシャラグナというのは、今まで重視してこなかったのですが、ラーシやナヴァムシャからは見えてこない部分が出ているなぁと驚いています。
    自分の牡羊座的性格もですが、カラカムシャラグナとスワムシャラグナの両方からみた7室天秤座にダナヨーガが形成されています。
    身内や知り合う方の殆どが、事業やお商売をしています。
    これは、ラーシやナヴァムシャからは読み取れなかった部分になります。(私の力不足でしょうが…)
    偶然でしょうか?
    カラカムシャやスワムシャの重要性はどのように捉えたらよろしいでしょうか?

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      >カラカムシャやスワムシャラグナというのは、今まで重視してこなかったのですが、ラーシやナヴァムシャからは見えてこない部分が出ているなぁと驚いています。

      そうした認識は重要で、それはカラカムシャラグナがラグナとして機能している証拠です。

      カラカムシャラグナはもう一つのラグナと呼ばれており、これを通常のラグナと同じように読解することが出来ます。このラグナは機能しています。

      AKの配置をナヴァムシャ上で見るのか、出生図上で見るかについて、意見が分かれていますが、通常はAKがナヴァムシャで在住している星座の出生図上の配置が、カラカムシャになるという解釈で問題ありません。

      ナヴァムシャ上で見る場合、ラグナの中に常にAKとなるいずれかの惑星が在住する形になり、そうした場合、古典の解釈がかなりの頻度で当てはまってしまうため、それではおかしいということで、AKのナヴァムシャ上での配置を出生図上に移した配置がカラカムシャだと考えられています。

      それで、AKをナヴァムシャ上で見た配置をスワムシャと呼ぶことになったのではないかと思います。

      AKは魂の表意星であり、何らかの深い意味があるかもしれませんが、特にそうしたことは気にしないで、もう一つの文字通りのラグナとして使用すればよいと思います。

      このラグナがどれぐらい機能しているかによって重要性が決まると思いますが、かなり機能していると思われ、またジャイミニスートラにもカラカムシャラグナから見た惑星配置について言及されており、それは通常のラグナと全く同じように解釈したものになっています。

      返信
  5. フクロウ

    いつも詳細に答えて頂きありがとうございます。
    日本はインド占星術のサイトが少なく、このように質問に返答くださる場所は貴重です。
    今後もブログ更新と政治に関する意見を楽しみにしています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA