「京都アニメーション」放火犯・青葉真司のチャート



京都アニメーションの放火犯・青葉真司の出生図のラグナが射手座で、ナヴァムシャのラグナが蟹座ではないかとのコメントを頂いたので、これらのラグナについて検証してみたいと思う。





結論としては、射手座ラグナ、そして、ナヴァムシャのラグナは蟹座で正しいと思われる。(特にこれら以外のラグナは思いつかない)



これらのラグナを検証して、若干、気づいた点について補足したいと思う。



まず、青葉真司は、2009年に茨城県内の郵便局に就職しているが、この時、射手座ラグナだと、月/金星期で、次が月/太陽期である。


月から見ると、金星は10室に在住して太陽とコンジャンクトし、太陽は月から10室に在住している。


従って、この時期に公務員になったことがよく理解出来る。


牡牛座の金星と太陽なので、郵便局のゆうパックなどの物流の仕分けなど、物品の管理の仕事ではないかと推測できる。



青葉真司は、2012年6月20日コンビニ強盗を行ない自ら出頭しているが、『オウム事件の高橋容疑者のように逃げられないと思った』という不可解な供述をしている。






この時、火星/ラーフ期であるが、火星は5室支配で8室で減衰しており、思考の混乱を表わしている。


8室は中毒症状、妄想なども表わすと思われ、特定の観念に囚われる状態も表わしていると思われるが、上記の不可解な供述がそれを表わしている。


またこの火星が2室にアスペクトしているため、この思考が言葉にして現れたのである。



アンタルダシャーは10室に在住するラーフであるが、ラーフのディスポジターである水星は5室に在住している。


この水星が5室に在住する配置は、小説を書く才能などを表わす配置ではないかと思われる。


但し、彼は、小説を京都アニメーションに投稿してボツにされたと思わせるような内容を5chに書き込んでいたという。


もしそれが本当だとすれば、5室に在住する水星は、5-10のラージャヨーガを形成し、文筆の才能を表わしているが、ディスポジターの火星は8室で減衰しており、彼の才能は、最終的な結果としては、京都アニメーションが彼の小説のアイデアを盗んだという妄想に発展したことを表わしている。


この辺りのディスポジターの繋がりが非常に興味深い。


文才があり、小説も書いたが、最終的に京都アニメーションにボツにされ、被害妄想に発展し、犯罪(放火)に帰結したのである。






両親が幼少時に離婚したというが、3歳から17歳ぐらいまでマハダシャー金星期である。


2室支配の土星は8室支配の月とコンジャンクトし、火星、ラーフに囲まれてパーパカルタリヨーガを形成し、激しく傷ついている。


つまり、2室の支配星が激しく傷ついている場合、家族(両親)が壊れるのであるが、この傷ついた2室支配の土星が金星にアスペクトしているので、このマハダシャー金星期に両親が離婚したのではないかと考えられる。



また青葉真司は、兄と妹の3人きょうだいだったというが、3室には3室支配の土星がアスペクトバックしており、3室の支配星が自室にアスペクトしている場合、弟妹が存在する配置である。


また3室には、表示体の火星と木星がアスペクトしているが、これらのアスペクトも弟妹の存在を表わす配置である。


また同じように11室には、表示体の木星がアスペクトしており、11室の支配星は定座で強く、兄姉の存在を示唆している。



高校卒業後に埼玉県の非常勤職員として働いたのが、おそらくマハダシャー太陽期であるが、ナヴァムシャが蟹座ラグナだとすると、10室支配の火星に太陽がコンジャンクトし、この頃、公務員として働いたことが説明できる。



また青葉真司は、2006年春に警察沙汰を起こしているが、“下着泥棒”の容疑で、部屋で寝ている所をそのまま起こされて警察に連行されたようである。


2006年春というと、月/土星期であるが、土星は8室の支配星で、拘束や中断など、突然の変化を表わしている。






警察が突然、自宅に踏み込んで来て、寝ている所をたたき起こされて警察に連行されるというのは、まさに8室支配の土星が10室に在住する配置ではないかと思われる。


またその時に近所の人に見られたり、知られたり、世間に目立って(10室)しまい、また警察関係者に自宅を荒らされたのは、8室支配の土星が4室にアスペクトしているからである。


そして、事件後、アパートの部屋を引き払う際に離れて暮らしていた母親が家賃補填してくれたのは、8室支配の土星が減衰して、パラシャラの例外則、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している為ではないかと思われる。


だから不労所得(8室)を得たのである。



また青葉真司は、コンビニ強盗を起こした後、厚生保護施設に入寮していたが、2016年7月頃に退寮し、その後はさいたま市のアパートに居を移したというが、生活保護のもと訪問看護を受けていたという。


この更生保護施設に入寮していた頃が火星期で、生活保護を受けながらさいたま市のアパートに暮らしていた時が、ラーフ期である。


ナヴァムシャを見ると、火星は8室支配で減衰して、パラシャラの例外則、ニーチャバンガラージャヨーガを形成する土星と星座交換し、ラーフは、この土星とコンジャンクトしている。


従って、この8室支配の土星の恩恵で、不労所得で生活していたと考えられる。



そして、今回、放火の凶行を犯したのは、ラーフ/ラーフ/水星期である。






ラーフは出生図で10室に在住し、ディスポジターの水星は5室に在住して、5-10のラージャヨーガを5室で形成している。


そして、プラティアンタルダシャーの水星は、5-10のラージャヨーガを5室で形成している。



然し、水星のディスポジターの火星は5、12室支配で8室に在住し、水星のナクシャトラに在住している。



ここで、青葉真司が放火を行なった動機が、京都アニメーションに小説を投稿してボツにされた恨みであることが、非常に興味深い点である。


小説を書いて投稿し、それが没になって、被害妄想となり、復讐へと発展したのが、5室の水星、そして、そのディスポジターの5、12室支配の火星が8室に在住するというディスポジターの連携を明らかにストーリーとして表している。



ナヴァムシャで見ると、ラーフのディスポジターの火星が5、10室支配で、7、8室支配の土星と星座交換し、木星や太陽とコンジャンクトして、ラグナやラグナロードの月にアスペクトしている。


ラグナやラグナロードの月にアスペクトしているので、青葉真司本人自身も火傷を負って意識不明の重体なのである。



このように射手座ラグナという前提で、出来事をトレースすると、この射手座ラグナ説で間違いないように思われる。



因みに私はまだ本格的に青葉真司のラグナの特定に取り組んではいなかったが、このラグナが特定できたかどうか不明である。



青葉真司は、結婚もしておらず、子供も誕生していない。分かりやすい大きな人生の出来事がないのである。






従って、今回の放火事件と、過去のコンビニ強盗、妹と兄の存在、両親の離婚、郵便局や公務員として働いていた事実、厚生施設に収容されていたり、生活保護を受けていた事実などから推測するしかない。



今回の放火事件での壮絶な暴力は、ナヴァムシャのラグナから見た7室への火星の在住、そして、6室への惑星集中が関係していると思われる。


7室に絡む火星は、通常、妻虐待の配置と言われ、またマンデン占星術では7室は戦争のハウスである。


また6室に在住する火星は敵を粉砕する配置であり、6室で減衰する木星も敵の粉砕を表わす配置である。


また月ラグナから見てラグナロードの太陽が6室に在住する配置もウパチャヤの凶星で、敵に対して強い配置である。



従って、青葉真司のナヴァムシャで月ラグナから見て6室への惑星集中は徹底した暴力を表わしている。


例えば、金正恩(獅子座ラグナに修正)のチャートの6室に火星や惑星の集中があるが、金正恩の徹底した暴力を見ればそれが分かる。


6室の火星はその他、大量の粛清を行なったレーニンの出生図でも蠍座ラグナで6室に火星が在住している。



青葉真司のラグナロードの木星が双子座のアールドラーに在住していることも要注目である。


アールドラーは天才的な悪人か、世界に革命を起こすような革命家のどちらかになるような性質がある。


浄化のために徹底的に汚れる性質がある。


従って、青葉真司の起こした事件は、世間に問題提起を促し、今回、首相や国連までが事件にコメントしているのである。






(参考資料)



“京アニ火災”青葉真司容疑者 20代には「下着泥棒で連行」「家族が家賃補填」も
2019/7/20 21:00「週刊文春」編集部

 京都市の名門アニメ制作会社「京都アニメーション」で発生した放火事件は、34名が死亡する大惨事となった。

 警察が身柄を確保した、さいたま市在住の無職、青葉真司容疑者(41)は全身に火傷を負って意識不明の重体だ。7月20日には、京都市内の病院からドクターヘリで 大阪の大学病院へと移送された。

兄と妹の3人きょうだいだった

 青葉容疑者の生い立ちについて、社会部記者が語る。

「青葉容疑者は兄と妹の三人きょうだい。両親が幼少期に離婚したため、父親と暮らしていたのですが、経済的には常に苦しかったようです。小学生時代は柔道クラブ に通うなど活発な面もあったのですが、友達は少なかった。中学校では暗い印象で、いじめに遭って引きこもりがちだったそうです」

 青葉容疑者の中学時代の同級生が回想する。

「(青葉容疑者のことは)まったく覚えていないですね。事件後の報道で卒業アルバムが出ていて、初めて彼の存在に気が付きました。卒業の際に撮影する集合写真に は写っておらず、青葉容疑者は別で撮られた写真が載っていたから、学校にも来ていなかったのだと思います」

 中学卒業後は、埼玉県内の高校の夜間部に通った青葉容疑者。その後は県非常勤職員、新聞配達員、コンビニ数軒と、職を転々とした。その間に父親が死亡し、家族 とは疎遠になっていったという。

コンビニ強盗以前にも警察沙汰があった

「当時から愛想は良くなかったですね。ただ、仕事にはマジメに自転車で通っていました」(青葉容疑者の知人)

だが、青葉容疑者は2006年春に警察沙汰を起こす。

「窃盗の疑いで、警察が青葉容疑者の自宅に踏み込んだことがありました。要するに“下着泥棒”ですね。青葉容疑者は部屋の中で寝ていて、そのまま起こされて警察 に連行された。事件の後にアパートの部屋を引き払う際には、それまで離れて暮らしていた母親が家賃補填したそうです」(同前)

 その後、埼玉県内の人材派遣会社に登録したり、茨城県内の郵便局に勤務した青葉容疑者だが、2012年6月にコンビニ強盗を起こし、逮捕される。

 当時、青葉容疑者が居住していたアパートの管理人はこう証言する。

「必要書類に記入してもらうために留置場に行ったのですが、そのときは髪の毛がボサボサで、耳にかかるくらいに伸びていた。終始、下を向いていて表情はわからな かったけれど、書類の記入にはおとなしく従ってくれました」

 コンビニ強盗事件後、更生保護施設で過ごしたという。

「更生保護施設を退所した後は、埼玉県内のアパートで一人暮らしをしていました。京都府警も『精神的な疾患があるとの情報を把握している』と発表していましたが 、精神科に通院していたとの情報も入ってきています」(前出・社会部記者)

 青葉容疑者の回復を待って、警察は取り調べを進めるという。
参照元:“京アニ火災”青葉真司容疑者 20代には「下着泥棒で連行」「家族が家賃補填」も
2019/7/20 21:00「週刊文春」編集部











スポンサーリンク


スポンサーリンク

「京都アニメーション」放火犯・青葉真司のチャート」への5件のフィードバック

  1. 小林

    検証ありがとうございます。
    やはり、現時点での情報ではD1射手座ラグナ、D9蟹座ラグナの線が濃厚だと思いますよね。
    この青葉真司の事例はD9の重要性を示していると思います。

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      D1だと壮絶な暴力を振るようなチャートには見えないですね。

      因みにナヴァムシャのラグナを蟹座に決定する観点として、

      水星の位置というのも重要だと思います。


      牡牛座ラグナや双子座ラグナ、獅子座ラグナや乙女座ラグナだと水星が極めて強い配置になってしまい、

      バドラヨーガを形成したり、ダナヨーガを形成してしまう場合、青葉真司の人物像には一致しません。


      やはり水星は強いですが、12室に在住していなければならない訳です。

      この配置があるため、才能はあるが、ネット上の掲示板に書き込みぐらいしかできず、評価が得られない訳です。


      従って、蟹座ラグナの前後のラグナを検討した時に前後2つのラグナが除外されて、蟹座に決定される訳です。

      火星期やラーフ期(火星がディスポジター)に犯罪を犯した訳ですが、火星は5、10室支配のヨーガカラカなのに何故、火星期に犯罪を犯したのかといった疑問があってもいいと思います。

      その場合に火星はヨーガカラカであっても基本的に生来的凶星であることは忘れてはならない訳です。

      その上で、ケンドラに火星、土星、ラーフ、ケートゥの4つの凶星が在住して、チャート全体を激しく損なっており、土星と火星は星座交換して凶意を増幅し、強いため、あれだけ大きな事件を起こすことが出来たと考えるべきです。


      その他、小学校の卒業アルバムに趣味がテレビゲームをすることと書いてあり、3室の金星の象意に合致することや、10室の支配星に太陽が絡んでいて、公務員の仕事を表わすこと、そして、月はヴァルゴッタマである為、月から見た6室に火星や惑星集中の象意が強調されているかもしれません。

      残りの牡羊座ラグナ、天秤座ラグナ、蠍座ラグナ、射手座ラグナなどを検討しても説明出来ず、やはり蟹座ラグナで最もよく説明出来るようです。

      返信
  2. risaka

    私としては、犯人個人のことよりも、京都アニメーションという善良との評判をよく聞く制作会社がなぜこのような目に遭うカルマを持ちうるのか、ということに関心があります。
    京都アニメーションの作品のファンではない私にも、以下のような評判が聞こえていたためで、今回の事件は、あらゆる意味でいわれのないことだ、とまず感じました。

    ・アニメファン以外にも知ってほしい『京アニってこんな会社』 https://togetter.com/li/1378081

    カルマとは元より人間に計り知れないものなので、確とした答えは見つからないままなのですが、
    その視点では参考になりそうな記事を目にすることができました。

    ・終わりなき日常の終わり:京アニ放火事件の土壌 https://www.insightnow.jp/article/10539

    全4ページのこの記事は、(この筆者のものはすべてそうですが)大胆な切り口であるので、あるいは批判も多いのではないかと推測しますが、
    このようなことが起こる法則の一端というものを示していて、占星術的解釈の一助にもなるのではないかとおもいました。

    返信
      1. 秀吉 投稿作成者

        京都アニメーションが主婦の方が始めた人材育成に力を入れているよい会社だということがよく分かりました。
        ハイクオリティーの作品を作れるクリエイター達が失われて文化の損失という意味でも惜しまれていますね。

        給与面など待遇もよいので同じ道を志す人々にとっては憧れの世界であったように思います。

        青葉真司もそうした世界に憧れて羨望や嫉妬心など濃密で複雑な感情を抱いた人間であり、同じ内輪の人間であったと言えるかもしれません。
        京都アニメーションが蟹座の世界であったというのはそうだと思います。

        長い間、同じような学園物の作品を作り続け、社長も交代せず、また社員に出来高制ではなく月給を支払って育成していくというのは蟹座的です。保守的で家族的であると言えます。

        青葉真司の5室支配の火星が8室で減衰しているので、彼の創造性、アイデアが、蟹座の京都アニメーションによって阻まれたということかもしれません。

        京都アニメーションが作り出す世界(過保護的で成長しない子供のファンタジーの世界)というものに洗脳された(8室)、その世界に中毒症状のように憧れを抱き、それで、創造性、アイデアが阻まれたということがこの8室で減衰する5室支配の火星で良く現れています。

        蟹座というのは支配星が月であるため、最も感情に左右される星座であり、ロマンチックな空想を抱く星座でもあります。

        現在、世界が右傾化しており、国家主義者、民族主義者が自己中心的な自己の感情に振りまわされて過激なテロリズムなどを起こしやすい状況となっています。

        そうした世界の現状を背景にして起こった事件であると思います。

        ですからこの青葉真司の事件も自分の感情に動機づけられた自己中心的なテロリズムと考えた方がよいと思います。

        同じ蟹座の家族的な世界の中で、同じ家族が復讐の感情に駆られて暴れたという事件ではないかと思います。

        家族の中で、時々、子供が親を殺す事件とか、色々ありますが、前世レベルの何らかの濃密な物理的感情的な葛藤があり、それが今生で再現したと考えることも出来ます。

        実際には想像できるだけで、そのカルマ的理由というのは分かりません。

        33名の方が亡くなっていますが、その方々の出生図には火事で死亡するという配置が出ていると思います。

        何らかのカルマ的原因が予定調和的に今生で事件が起きることを準備したのではないかと思います。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA