MENU

オリンピックは中止になるか - ヒンドゥーニューイヤーチャートから考える -

2020 3/04
今年の年初に2020年のヒンドゥーニューイヤーチャートを作成した所、乙女座ラグナで5室に土星と火星が在住しており、5室には国民の喜び、国家の芸術活動、スポーツといった象意があり、つまりは国民の祭典のハウスである。


5、6室支配の土星と3、8室支配の火星が5室でコンジャンクトしており、しかも土星は定座で火星は高揚して強い配置である。


5室で、6-8の絡みなどが見られるため、『オリンピックで不正が行われるのではないか』と書いた。


その時点では、コロナウィルスの報道などは全くなされておらず、現在の状況になるとは予想していなかった。


然し、現時点で、あまりにも明白なのは、この2020年のヒンドゥーニューイヤーチャートは明らかに今年、日本に起こる出来事を暗示していたと言うことができる。


最近、国際オリンピック委員会(IOC)の委員が東京五輪の延期の可能性について言及したという。


東京五輪「1年延期」に言及 新型コロナでIOCの最古参委員
2020/2/27 11:43 共同通信

【ニューヨーク共同】新型コロナウイルス感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)で1978年から委員を務める最古参のディック・パウンド氏(カナダ)が7月24日開幕の東京五輪の影響について「1年延期」の可能性に言及したとロイター通信が26日、報じた。

 弁護士でもある同氏は「もし日程の再検討が必要となれば、理論上は同じ開催時期で2021年に延期される可能性がある」と指摘。年内の延期については欧米のスポーツと開催時期が重なることから「非常にまずい」と否定的な見解を示した。

 その上で「看過できない事態でなければ、7月24日から開催する」と現状を説明した。

然し、東京五輪の延期は、米国のプロ・スポーツ界は反対しており、またこれまで東京五輪に向けて、準備をして来た協賛企業などは大打撃を受けるという。


特に電通やテレビ局は莫大な損失を被り、テレビ・芸能界は30兆円の経済的損失を招き、大恐慌に突入するといった記事も見られる。(文末に掲載)


またオリンピック関連のインフラ施設の整備などに日本国民の血税が注ぎ込まれており、大会が中止になれば、それらも無駄になってしまう。


東京五輪は世界の人々が日本に来日して、外貨を落としていってくれることが期待される日本国民の祭典であり、それが中止となれば、インフラに投資した莫大な投資も無駄になる。



お金が絡んでいるだけにオリンピックは何としても開催しなければならない至上命題である。


然し、コロナウィルスの問題の収束が完全でないままオリンピックの開催を強行すると、開催期間中に会場などで新型コロナウィルスへの感染者が拡大すれば、オリンピックを管理する日本の管理責任が問われる。


横浜港に停泊していた「ダイヤモンド・プリンセス」号への対応なども海外メディア(特にニューヨークタイムズ)が批判しているが、検査で陰性となった患者が、いつ検査が行われて陰性と診断されたのか分からず、検査後に感染した可能性もあり、そうした感染者が解放された可能性があることを懸念している。


このように日本政府の対応が批判されている為、オリンピック会場で感染者が出れば、日本政府への批判がなされることは目に見えている。



つまり、日本としてはオリンピックを開催しなくても関係者に多大な損害が生じ、開催しても感染者が拡大して、運営側の責任が問われるジレンマに陥っており、この開催派と延期派、中止派などの意見の違い、利害関係などが、おそらく5室での土星と火星の6-8の絡みとして現れていると考えられる。



5室で土星や火星などの凶星が強いため、お金を出し、権力を持つ人々、つまり、オリンピックに多大な投資をした人々によって、オリンピックは強行される可能性が高いが、そこに至るまでに多くの意見の不一致、議論、争い、そして、開催中にも新型コロナウィルスの感染者が増えた場合には、感染者によって大会組織委員会に訴訟が起こされたりする可能性もあり得る。



つまり、開催を判断する過程で、お金が絡んでいる為、観客の健康は後回しにした判断が為される可能性があり、その辺りで不正が行なわれる可能性がある。




日本は、ここ2週間ぐらいが感染者が爆発的に拡大するか、収束するかの瀬戸際だと言われている。



日本政府は、今後2週間のスポーツ・文化イベントを中止するように主催者に要請したが、人が集まる場所は、爆発的な感染リスクが高まるからである。



スポーツ・文化イベント、中止や延期を要請へ…首相「大規模な感染リスクを勘案」
2020/02/26 13:56 読売新聞オンライン

安倍首相は26日昼、新型コロナウイルス感染症の対策本部を首相官邸で開き、多数の観客が集まるスポーツ・文化イベントについて、主催者に対し、今後2週間は中止や延期、規模縮小などの対応をとるように要請する方針を明らかにした。

 首相は「この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベントなどは大規模な感染リスクがあることを勘案した」と説明した。

 政府は25日に決定した新型コロナウイルス感染症対策の基本方針では、イベント開催について、「現時点で全国一律の自粛要請を行うものではない」とし、開催の必要性の検討を求める対応にとどめていた。

 感染拡大を受け、スポーツ関連では、Jリーグが25日に約3週間の公式戦計94試合について、開催延期を決定した。読売巨人軍も東京ドームで29日と3月1日に主催する東京ヤクルトスワローズとのオープン戦を無観客試合にすることを決めている。

無観客試合なども行なわれるようであり、観客のいないスポーツ・文化イベントなどは、5室の象意である国民の喜び、国民の祭典とは言えないものである。



オリンピックだけでなく、既にスポーツ・文化イベントに多大な影響が出ており、日本の2020年のヒンドゥーニューイヤーチャートは恐ろしいほど機能していると言わざるを得ない。



東京五輪は開催されるのか


因みに東京五輪の開催期間は、2020年7月24日 ~8月9日迄であるが、日本のマンデン図を見ると、水星/火星/火星、水星/火星/ラーフ期に該当する。





7月10日から水星/月期から水星/火星期に移行する。



火星は日本のマンデン図の5室の支配星で11室に在住し、5室にアスペクトバックして、更に9室支配の太陽や1、4室支配の木星と相互アスペクトしている。



1-4、1-5、5-9、5-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。



またナヴァムシャでも火星は5室の支配星で11室支配の金星と4室でコンジャンクトし、5-11のダナヨーガを形成している。



火星が出生図でもナヴァムシャでも5室(国民の祭典)の支配星で、ラージャヨーガやダナヨーガなどを形成して強い為、取りあえずは、オリンピックは開催されるものと思われる。



然し、ダシャーの解釈によれば、水星/火星期は、マハダシャーの水星は7、10室支配の機能的凶星と判断すべきである。



6、11室支配で高揚する金星とコンジャンクトしているが、この絡みは何もラージャヨーガを形成せず、2、3室支配の土星からアスペクトされて傷つけられており、しかも減衰している。



アンタルダシャーの火星は5室の支配星であるが、この水星と絡んでおらず、水星から見て8室に在住して、水星とは6-8の関係にある。



従って、このアンタルダシャーの火星期は悪く出るはずである。



特に主にマハダシャーの水星の象意が出る時期だと考えなければならない。



また水星から見た火星の位置が重要になる。




水星は4室(国土)で減衰して傷ついている為、原発事故や洪水などの水害などの国難を表わしている。


(あとこれを書いていて気づいたことだが、魚座で減衰する水星は、政治の右傾化を表わしているのではないかと思われる。評論家の間で、反知性主義と論評される現政権や、また日本政権内に日本会議の影響が強いが、神道や日本の宗教団体[特に成長の家等]から形成される宗教的原理主義者の影響が強いのは、魚座で水星が減衰しているからであると考えられる)



水星/火星期は、主にこの水星が表わす国難の側面が出る時期であり、また水星をラグナとして、火星は2、9室支配で8室に在住し、6室支配の太陽、1、10室支配の木星と相互アスペクトしており、11、12室支配の逆行の土星からアスペクトされている。


中国の建国図で、新型コロナウィルスは、乙女座でケートゥ、8室支配の太陽とコンジャンクトする水星で表された為、この日本のマンデン図で乙女座で逆行する土星は、武漢で発生した
新型コロナウィルスの影響の表示体であると考えることが出来る。


そうすると、火星が11、12室支配の土星からアスペクトされていることは、損失を表わしている。


いずれにしても水星/火星期は、良いとは思えない。



これが例えば、マハダシャーとアンタルダシャーが絡んでいる木星/火星期とか、太陽/火星期などであればそれは素晴らしい時期になったと思うが、水星/火星期では、5室支配のアンタルダシャーの働きは全く期待できないし、むしろ、それは期待できるどころか、マイナスに働くはずである。


特に水星から見て火星が8室に在住して、土星がアスペクトする配置は、興行的に見た失敗や行き詰まり、中断など、致命的な問題を表わしており、この時期のトランジットの木星と土星は、山羊座から8室にアスペクトして、2室と8室にダブルトランジットが生じる。



2室は国家の財政のハウスであり、8室は国の要人の失脚などを表わすハウスで、国家としては行き詰まりのハウスである。



従って、私の予想は、東京五輪は開催されるが、悲惨な結果となるというものである。



(この予想が当たるかどうかは後で読者の皆様で検証して頂きたい)





ヒンドゥーニューイヤーチャートの仕組み、考え方


私はここ数年間、毎年、年初にヒンドゥーニューイヤーチャートを作成して、その年に起こる出来事を予想するように努めて来たが、このチャートは非常によく機能している。



作成の仕方は、毎年、魚座で最初に太陽と月が重なる(新月)時のチャートを作成すれば、それがその年のヒンドゥーニューイヤーチャートとなる。



名前こそ、ヒンドゥーと付いているが、別にインドのローカルな技法ではなく、グローバルに世界標準で用いることが出来る技法である。



日本のヒンドゥーニューイヤーチャートを作成する場合は、首都である東京で作成する。



インドやアメリカであれば、デリーや、ワシントンD.C.で作成することができる。



各国は、首都の緯度経度が違う為、その辺りで、魚座で新月になる時間が変わり、ラグナで違いが出て来る。




例えば、2020年の日本のヒンドゥーニューイヤーチャートでは、ラグナは乙女座であるが、インドだと蟹座ラグナで、アメリカだと蠍座ラグナである。









以前、魚座で新月となった時のラグナを使うのではなく、それぞれの国のマンデン図のラグナをヒンドゥーニューイヤーチャートに配置して用いるという考え方を聞いたことがあるが、やってみてもいいかもしれないが、わざわざそうしなくても、国ごとのラグナは違ってくるし、素直に新月で配置されたラグナを用いることでそれが機能していることを確認できる。



例えば、2020年の日本のヒンドゥーニューイヤーチャートでは、ラグナは乙女座になったが、日本のマンデン図は射手座ラグナである為、それを投影すると、射手座ラグナから見た2室に土星と火星がコンジャンクトする配置となる。



5室支配の火星が2室で、2、3室支配の土星とコンジャンクトする為、これで、国民の祭典の象意が傷ついていることが確認できる為、新型コロナウィルスによるオリンピック中止の危機を説明できるが、乙女座ラグナの方が、より明白にストレートに説明することが出来る。




因みに何故、魚座で、新月になる時のチャートなのかと言えば、おそらく今現在、春分点が魚座に位置している為である。









春分点は今現在、魚座の6°付近に位置しているが、この魚座が現在の文明の基準点、スタートラインになるのである。




約430年後に春分点が水瓶座に移動したら、水瓶座で新月になる時で、ヒンドゥーニューイヤーチャートを作成しなければならないと考えられる。




何故、魚座で新月になった時点でのチャートを作成しなければならないのか、その辺りの解説文を見たことがないが、それ以外に考えられない。




1室、ラグナ、春分点といった基準点に太陽や月が戻ってきたタイミングというのは、非常に重要で、特に太陽は1年で黄道12星座を一周する為、太陽がこの基準点に戻ってきたタイミングとは、これからの1年間の出来事を象徴するチャートが描けるタイミングであるということである。



そして、更に月もこの太陽に重なる新月の時点で、チャートを作成すると、完全に物事の開始のタイミングとなるということである。



それで、何故、その太陽や月を魚座に一致しなければならないかと言えば、春分点が現在、魚座にあるからとしか考えられない。



この魚座の新月で作成されるヒンドゥーニューイヤーチャートに驚いたのは、2017年にトランプ現象、ブレグジットが生じ、小池百合子が独裁者として旋風を起こしたのを見た時である。







牡羊座のバラニーに火星が在住しており、それは明らかに独裁者の台頭を表わしているように見えた。



火星は動きが素早いので、直ぐに移動してしまうが、少なくとも魚座の新月時に火星がバラニーにあったら、その1年、独裁者が台頭することを示していたのである。



このようにヒンドゥーニューイヤーチャートを毎年、検証して来た結果、このチャートが、その年の国家の状況、出来事についての有力な手がかりを与えるチャートだと分かってきた。



特に2020年のチャートで、5室の土星と火星の象意が、これ程、明白にオリンピック開催の危機を表わしているというのは驚くべきことである。





(参考資料)

東京五輪中止「30兆円経済損失」 テレビ・芸能界は大恐慌に突入
2020/02/17 12:00 週刊実話

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染や肺炎が国内外で広がる中、今夏開催される東京オリンピック・パラリンピックが中止になるという偽情報がツイッターで発信された。瞬時に“東京オリンピック中止”という情報が『トレンド』(最新のトッピクス)入りし、5万件超の投稿が寄せられた。大会組織委員会は「そのような事実はありえない」と声明を発表したが、いまだ火消しには至っていない。

「武藤敏郎事務総長はコロナウイルスについて『感染の拡大は(東京五輪)機運の盛り上がりに水を差す恐れがある』としながらも、半年後に迫った東京五輪を中止する計画がないことを強調した。さらに、『国際オリンピック委員会も大会組織委員会と同じ立場だ』と、改めて五輪開催に何ら問題がないことを訴えた。だが、感染源となった中国・武漢で予定されていたボクシングのアジア・オセアニア予選は中止、会場がヨルダンに変更されている。フェイクニュースの広まりや、こうしたスポーツ大会変更の実例に五輪関係者は明らかに動揺している」(全国紙政治部デスク)

 大会組織委員会と運命を共にしているテレビ局も、止まらない新型コロナウイルスの感染拡大にパニックに陥っている。仮に東京五輪が中止や延期になった場合、経済的損失は30兆円以上と言われているのだ。

「大会招致が決まった2013年から’30年までの18年間で約32兆3000億円の経済的効果があると試算されていた。開催まであと5カ月です。ここからが追い上げになる。競技会場の整備費や警備、輸送を含む大会運営費に、大会観戦者らの支出、企業のマーケティング活動費、スタッフ人件費などの直接的効果が約5兆2000億円。また、訪日観光客数の増加や交通インフラの整備、バリアフリー対策に競技会場の活用やスポーツ人口、イベントの拡大などのレガシー効果が約27兆円にも上る。そこに2兆円近い広告費が世界中から集まるわけです。中止になればゼロです。仮に、延期になっても投資額が増大するだけ。当初の経済的効果は一切見込めない」(財務省関係者)

 問題は五輪効果収益を当て込んでいる各テレビ局。

「このご時世だから、民放テレビ局のCMスポット収入は昨年比で4.3%減になると試算しているんです。唯一の救いは東京五輪・パラリンピックによるCM出稿効果。金額に換算し1兆円以上。五輪中継のため、新たな機材を購入しスタッフも増やした。すでに投資額は数十億円以上になっている」(民放連幹部)

 民放キー局幹部らが密かに注目している極秘シミュレーションがある。大手広告代理店系シンクタンクが東京五輪の中止、あるいは延期になった場合を想定し、一部キー局関係者に公開したものだ。

「シミュレーションを読んで思わず背筋が凍りついた。『新型コロナウイルスのパンデミックはもはや避けられない』と書かれている。中国政府は4月までにコロナウイルス騒動を収束させると宣言しているが、4月には広州、そのままミャンマーやタイ、インドなどにウイルスが広まる予測なんです。最終地点は医療施設が整っていないアフリカ…。中国の経済も崩壊する想定です。SARSが大流行した時の中国のGDPは1.7兆ドル(約185.3兆円)、世界全体の中でも4.4%しかなかった。現在のGDPは14.3兆ドル(2019年)と約8倍で世界全体のシェアも16.3%(同)を占める世界第2位の経済大国です。しかも、中国にはトヨタやホンダ、資生堂など日本の大企業がこぞって進出している。昔は『アメリカがくしゃみをすると、日本は風邪をひく』と言われたが、いまや『中国が風邪をひくと、日本は熱を出す』といった経済構造です。当然、付随する広告出稿は完全にストップします。このシミュレーションにはアメリカのFRB(連邦準備制度理事会)も監修に名を連ねており、情報の精度はかなり高いんです」(広告代理店幹部)

 今回の新型コロナウイスル騒動だが、テレビ界で食べている芸能人にも影響が出始めているという。

「今後、海外ロケは基本、中止や見送りになります。実は高視聴率を取っているテレビ番組の半分近くが海外ロケに依存している。日本テレビは『世界まる見え!テレビ特捜部』、『世界の果てまでイッテQ!』、『ザ!世界仰天ニュース』、『ダーツの旅』など4本以上。TBSは『世界ふしぎ発見!』、フジテレビは『奇跡体験!アンビリバボー』、テレビ朝日『世界の村で発見!こんなところに日本人』、テレビ東京『YOUは何しに日本へ?』、『世界ナゼそこに?日本人』など。NHKも『ホットスポット 最後の楽園』、『ダーウィンが来た!』など数限りない。結果、番組で現地ロケに駆り出される出川哲朗、イモトアヤコ、宮川大輔などの仕事はなくなる。必然的にMCの所ジョージやビートたけし、中居正広、バナナマン、内村光良、福山雅治なども仕事が減っていきますよ」(業界事情通)

 反対に、海外ロケ番組を制作する予算は2〜3倍に跳ね上がっているという。

「一番の問題は出演する芸能人の保証です。実際の患者数がこのまま激増すると、中国でなくても海外のロケ先で罹患する可能性も否定できない。その際の医療体制や補償などをどうするのか? 保険にも入らないといけない。頭の痛い話です」(民放局編成関係者)

 他にも、日々のニュースを扱う報道番組でもトラブルが発生している。

「若手記者は新型コロナウイルスの取材を露骨に嫌がったり拒否する。働き方改革の悪影響ですよ。報道の使命を忘れ、権利を履き違えている若手が増えてしまった。泣く泣く管理職が現場に出向いて取材することになった」(某報道局幹部)

 各方面で損失は膨大だ。
参照元:東京五輪中止「30兆円経済損失」 テレビ・芸能界は大恐慌に突入
2020/02/17 12:00 週刊実話

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (10件)

  • 以前見た清水氏のブログでは日本のマンデン図に同年月日22時33分のチャートを使っていたように記憶しています。
    調べてみると、確かに「夏時間に入っていたワシントンの午前9時30分(日本時間午後10時30分)、米国務省別館でアチソン国務長官がフィッシャー国務省法律顧問に条約批准書を手渡した」という記述を見つけました。
    このチャートでダシャーを見ると、2020年の3月末にMe/Ju期からMe/Sa期に入り、2022年末にKe期に入るという流れのようです。
    逆行した土星のアスペクトは中止ないしは遅延のように見えます。
    どちらのチャートのほうがより機能しているでしょうか?
    • それは、『日本が独立した日 講和発効まで(101) 日米外交60年の瞬間 特別編集委員・伊奈久喜 2014/12/27 7:00日本経済新聞 電子版』の会員登録しなければ見れない記事ですね。

      確認しましたが、「wikipedia 条約」 を見ると、条約が効力を生じるタイミングは、二国間条約の場合は、条約批准書を交換して条約が発効し、多国間条約の場合は、会議開催地国の政府あるいは国際機関(寄託者)に批准書を寄託することで効力が発生するとなっており、日本が独立したのは、サンフランシスコ講和条約である為、多国間条約であり、「会議開催地国の政府あるいは国際機関(寄託者)に批准書を寄託する」タイミングで効力が発生するということでいいかと思います。
      それで記事によれば、アチソン長官が立ち、傍らのフィッシャー顧問に「ここの正式に米国からの対日平和条約の批准書を寄託する。これで日本との平和は発効する。この批准書を貴下に手渡し、貴下が条約原本とともに保管することを望む」と述べたと、されています。

      そして、フィッシャーが「これで東部夏時間4月28日午前9時30分、条約は発効する。この条約はいまやアルゼンチン、オーストラリア、カナダ、フランス、メキシコ、ニュージーランド、パキスタン、英国、米国、日本の間で効力を発生した」と宣言した、とされています。


      それが正しいとすると、私の日本のマンデン図は、22時間30分ずれています。


      同じ射手座にはなっていますが、ナヴァムシャのラグナは、双子座に移動し、解釈が変わってきます。

      トランジットの解釈などは、たまたまラグナが射手座で同じだったので使えますが、ダシャーがほぼ1日ずれているので、チャラダシャーだとメジャーダシャーは使えても、サブダシャーは使えなかったりするかもしれません。

      ヴィムショッタリダシャーは大分ずれてきます。

      過去に日本のマンデン図を1952年4月28日 00:00:01で、色々記事を書きましたが、それについてはもう一度、検証し直さないといけません。

      例えば、私は日本が4室で減衰するマハダシャー水星期になったことを原発事故や水害の理由として来ましたが、そうしたことのタイミングに関する解釈が相当変わってきます。

      それについて再検証するのは、時間がかかる為、直ぐには出来ませんが、今後の記事で、この時間を使用することは考えます。


      この時間で日本のマンデン図を作成した場合、2005年12月11日からマハダシャー水星期に入っています。


      もし00:00:01でマンデン図を作成すると、マハダシャー水星期に入ったのは、2012年1月10日で、およそ6年間ずれています。


      まず、やりたいこととしては、2005年12月11日からマハダシャー水星期に入ったことで、日本の社会にどういった変化が起こったかを再確認するということです。


      それで、22:30で作成したマンデン図の方が正しいということが実感出来たら、それ以外の細かい検証に進めると思います。


      取りあえず、00:00:01のマンデン図が間違っていたと認識できたことはよかったです。ありがとうございました。

  • もし水星がラージャヨガなどを形成していれば、水星から6-8の配置でも、
    8室でヨガが出来ていると解釈され、権利収入などの肯定的な面が出る可能性もあったんでしょうか?
    • 上記のやりとりで分かりますが、私が使用した日本のマンデン図の時間が22時間30分ずれていたようです。
      ですから、それについて論じること自体が意味がなくなりました。
      またダシャーの解釈については、これまで習得したロジックによって解釈を行なっていますが、実際にそれが機能しているかどうかは、結果を見てから分かります。
      ですから未来について予測したことは的中してからロジックを検討した方がいいと思います。書いてあることが正しいという前提で質問しないようにお願いします。
      また基本的にコメント欄は感想や自分の考えの表明、意見(賛同、異論)などの投稿に利用するようお願いします。
      単純な技法上の質問などはなるべく避けるようにお願いします。
      時事的な出来事のジョーティッシュによる解釈で、自分はこう思うが、どう思うかといったコメントは特にいいと思います。
      質問のような形式になる場合は、まず、自分はこう思う的な表明があって、その上で、意見を聞きたいといった形であればいいと思います。
      ダシャーとアンタルダシャーの解釈についてはセミナーなどで教えていますので、宜しくお願いします。
      • ご返信ありがとうございます。
        書き込みの件、失礼致しました。以後気をつけます。
  • おはようございます。
    オリンピックの事ですが、なんか延期を求める声が欧米の競技機関を中心に上がっていますが、
    占い的には予定通りやるのと一年後にやるのとではどっちが日本にとっては良いのでしょうか。
    • 現在、日本のマンデン図では、2020年4月2日~9月4日まで水星/土星/土星期で、

      アンタルダシャーの土星もプラティアンタルダシャーの土星も月から8室を通過して、月から5室支配の金星にアスペクトして傷つけています。

      来年の2021年3月20日~8月31日まで、水星/土星/金星期となり、プラティアンタルダシャーが金星期になりますが、

      金星は月から見て5室支配で高揚し、ナヴァムシャのラグナから見て5室支配で10室で高揚し、月から5室で高揚しているので、

      来年の春~夏に延期した方がよいと思います。


      今年の夏は、土星や木星が逆行し、木星は一旦、射手座に戻ります。

      逆行している時期は物事がスムーズに進みません。

      今年の11月~来年の4月ぐらいまでなら木星と土星が山羊座で順行しているので、その位の時期が開催するには良い時期です。


      ダシャーと合わせて見た場合、来年3月20日~5月ぐらいまでが一番、開催にはいい時期に見えます。
      • おはようございます。ご返信ありがとうございます。
        1ヶ月ぐらいで結論が出るとのニュースが出ましたが、中止にはならないらしいですが。
        もし延期になれば秀吉様のおっしゃってた期間になればいいなとおもいますが。
  • おはようございます。
    やはり今年の星回り良くなかったのですね。
    なんか欧米の一年後って言うのもなんか運命的に感じるのですが・・・・
    • 来年の春から秋にかけて行えば、その時の日本のマンデン図のプラティアンタルダシャーが、金星期、太陽期と続きますから、その時はいいです。

      金星は月から5室の支配星で高揚し、太陽は5室で高揚しているからです。

      中途半端に今年の10月とかにやるべきではないと思います。

      来年のヒンドゥーニューイヤーチャートは、5室でケートゥが高揚し、5室支配の火星が5室にアスペクトバックしており、5室が強い状態で、5、10室支配のヨーガカラカの火星は、11室で高揚するラーフとコンジャンクトし、4、11室支配の金星と星座交換して、4-5、5-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成していますから、来年が相応しいと思います。

      次の2022年のヒンドゥーニューイヤーチャートを見ると、再び、土星、火星、冥王星が山羊座でコンジャンクトしています。

      一度、沈静化した状況が再び、再発するなど、何か問題が生じるかもしれません。

      以上のことから考えると、唯一の正しい選択は、来年の春~夏にかけてだと思います。

コメントする

CAPTCHA