MENU

ジョージ・ブレイク

2020 12/30
氏名ジョージ・ブレイク
ローマ字George Blake
生年月日1922年11月11日
出生時間15:00
出生場所オランダ・ロッテルダム(Rotterdam, Netherlands, 51n55, 4e29)
Rodden RatingAA
ナクシャトラ(Asc)レヴァーティー
ナクシャトラ(Mo)プシュヤ
職業イギリスの外交官、ソ連のスパイ
所属
業績
その他1953年4月にブレイクはイギリスに帰国した。このとき既にソビエト諜報部により徴募されていたとみられている。彼は北朝鮮で国連軍の無差別爆撃を目の当たりにし、西側陣営に疑問を感じた。1955年、ブレイクは、西ベルリンの英軍警備司令部に配属され、MI6の東ドイツ国内のエージェント網を指揮することとなった。ソ連はブレイクの職務上の地位を重視し、彼の出世を有利にするために、自国の小物スパイを西側に売り渡すことすらした。

1956年、ブレイクは、電話会話盗聴用の地下トンネルの存在をソ連側に通報した(金工作)。彼は、自分が知っている東欧諸国内のイギリスのエージェント全員(約40人)の氏名、西側諸国軍の員数及び編成に関する情報をソ連国家保安委員会(KGB)に引き渡し、MI6指導者に関する詳細なファイルを作成した。これらの情報のおかげで、KGBは、長年に渡って、イギリス諜報部のドイツにおける活動を完全に封じることができた。ブレイクはのちに自身が暴露したエージェントは総計数百名にのぼると証言している。

1956年から1959年まで、外務省に復帰し、イギリス諜報部のために働いていた元ゲーレン機関のエージェント、ホルスト・エイトナーと関係を維持した。この期間、ブレイクとエイトナーは、互いにKGBのエージェントであることを知った。1960年、エイトナーが逮捕され、1961年2月、ブレイクの活動について話したが、これは信用されなかった。その後、CIAのエージェントだった駐東ベルリン・ポーランド軍の諜報員ミハル・ゴエニフスキー(en:Michael Goleniewski)が亡命し、ブレイクがKGBのスパイであることが明るみに出た。

1961年3月、ブレイクは逮捕された。このニュースを知ったKGBは、東欧諸国内のイギリスのエージェント網を一撃で壊滅させた。この時、東ドイツだけで40人のエージェントが逮捕又は殺害された。

1961年5月、ブレイクは禁固42年を言い渡された。1966年10月、ブレイクは、獄中で知り合ったアイルランド人テロリスト、ショーン・アルフォンス・バーク(en:Sean Bourke)の助けで脱獄に成功し、バークの自宅に匿われた。

1967年1月、ブレイクはハンブルクに飛び、そこからKGBの助けでベルリンの壁を経由してモスクワに渡った。数日後、バークもモスクワに渡った。その後は、KGBで大佐、また第1総局の顧問となり、1974年からソ連科学アカデミーIMEMOで働いた。

ソ連崩壊後もモスクワに在住し、2007年にはプーチン大統領から勲章を授与されている。2012年にはロシア新聞にブレイクのインタビューが掲載された。

2020年12月25日、モスクワで死去。
データソースwikipedia, astrodatabank


コメントジョージ・ブレイクが、ソ連側の二重スパイとして活躍していた時期は、3、8室支配のマハダシャー金星期で、月から見ても4、11室の支配星の時期で、理想や精神性を求める幸福な時期には見えない。
むしろ、ソ連側のイデオロギーによって、洗脳されていたようにも見える配置である。
ラグナロードが8室に在住し、7室支配の水星とコンジャンクトしている為、契約相手(ソ連)に情報を提供し、ソ連側から便宜を与えられる関係性だったと言える
木星と水星は、スヴァーティーに在住しており、スヴァーティーは自由を求める戦士を意味している。
因みに土星がスヴァーティーで高揚する場合、自由を求める戦士として、共産主義に傾倒する人物が多い(例:キムフィルビー、土星がD9のスヴァーティーで高揚)
然し、結局、ソ連の一党独裁体制、特権階級による支配、秘密警察による監視などを考えると、自由を勝ち取ったとは言い難い。
検証メモ11947年、外務省に入省。ケンブリッジ大学でロシア語を学び、1948年、駐ソウル英大使館副領事に任命された。1950年、朝鮮戦争が勃発し、北朝鮮軍がソウルを占領した時、ブレイクは他の外交官と一緒に抑留された。

金星/金星→太陽

マハダシャーの金星は、3、8室支配で9室に在住しており、師匠、信念、信仰、イデオロギーが変わることを意味している

※金星/金星期に北朝鮮での国連軍の無差別爆撃を目の当たりにし、西側陣営に疑問を感じ、思想転換したと考えられる。(8室と9室の絡み)
検証メモ21953年4月 朝鮮からイギリスに帰国した。(このとき既にソビエト諜報部により徴募されていたとみられている)金星/火星/木星

マハダシャーの金星は、3、8室支配で9室に在住
火星は2、9室支配で11室に在住
木星は1、10室支配で8室に在住

8室と9室の絡みは、師匠が変わるとか、信念、信仰、イデオロギーが変わることを意味している
木星(9室の表示体)が8室に在住する配置も信念、信仰、イデオロギーが変わることを意味している
検証メモ31955年、ブレイクは、西ベルリンの英軍警備司令部に配属され、MI6の東ドイツ国内のエージェント網を指揮することとなった。ソ連はブレイクの職務上の地位を重視し、彼の出世を有利にするために、自国の小物スパイを西側に売り渡すことすらした。

金星/ラーフ

ラーフは外国の7室に在住しており、11、12室支配の土星とコンジャンクトして傷ついている
検証メモ41956年、ブレイクは、電話会話盗聴用の地下トンネルの存在をソ連側に通報した(金工作)。彼は、自分が知っている東欧諸国内のイギリスのエージェント全員(約40人)の氏名、西側諸国軍の員数及び編成に関する情報をソ連国家保安委員会(KGB)に引き渡し、MI6指導者に関する詳細なファイルを作成した。これらの情報のおかげで、KGBは、長年に渡って、イギリス諜報部のドイツにおける活動を完全に封じることができた。ブレイクはのちに自身が暴露したエージェントは総計数百名にのぼると証言している。

金星/ラーフ

金星は3、8室支配で9室に在住し、11、12室支配の土星からアスペクトされて傷ついている
ラーフは外国の7室に在住しており、11、12室支配の土星とコンジャンクトして傷ついている

7室のラーフは情報を欲しがるソ連側の諜報部を表わしており、11、12室支配の土星は情報を売って、仲間を失い、評価も失う配置を示している
金星と土星の絡みは、共産主義に思想転換し、イギリスのエージェント全員(約40人)の氏名、西側諸国軍の員数及び編成に関する情報をソ連国家保安委員会(KGB)に引き渡したことを表わしている

3室(ヒーローイズム)、8室(陰謀、悪意)、11室(貪り、成功、評価を求める動機)、12室(損失)

検証メモ51956年から1959年まで、外務省に復帰し、イギリス諜報部のために働いていた元ゲーレン機関のエージェント、ホルスト・エイトナーと関係を維持した。この期間、ブレイクとエイトナーは、互いにKGBのエージェントであることを知った。

金星/ラーフ→木星

検証メモ61960年、エイトナーが逮捕され、1961年2月、ブレイクの活動について話したが、これは信用されなかった。その後、CIAのエージェントだった駐東ベルリン・ポーランド軍の諜報員ミハル・ゴエニフスキー(en:Michael Goleniewski)が亡命し、ブレイクがKGBのスパイであることが明るみに出た。1961年3月、ブレイクは逮捕された。このニュースを知ったKGBは、東欧諸国内のイギリスのエージェント網を一撃で壊滅させた。この時、東ドイツだけで40人のエージェントが逮捕又は殺害された。1961年5月、ブレイクは禁固42年を言い渡された。

金星/土星

金星は3、8室支配で、土星は11、12室支配で、土星が金星に一方的にアスペクトすることによって両者は絡んでいる
11、12室支配の土星の象意が優勢に出たと考えると、土星は11、12室の支配星で、この時、同僚や肩書き、収入源を全て失ったことを表わし、また監禁(12室)されたことを表わしている
土星は4室(住まい)、ラグナ(身体)、9室(イデオロギー、信仰)にアスペクトしている

D10で、金星と土星は8室に在住している
検証メモ71966年10月、ブレイクは、獄中で知り合ったアイルランド人テロリスト、ショーン・アルフォンス・バーク(en:Sean Bourke)の助けで脱獄に成功し、バークの自宅に匿われた。

金星/ケートゥ

ケートゥのディスポジターである木星は、1、10室支配で8室に在住し、12室、2室、4室にアスペクトしている

このケートゥ期にディスポジターの木星の吉意が働いて、監禁(12室)から救い出され、住まい、居場所(4室)を提供され、金銭(2室)を提供されたことが分かる

検証メモ81967年1月、ブレイクはハンブルクに飛び、そこからKGBの助けでベルリンの壁を経由してモスクワに渡った。数日後、バークもモスクワに渡った。その後は、KGBで大佐、また第1総局の顧問となった

太陽/太陽

太陽は6室の支配星だが、8室に在住して減衰しており、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な効果、及びニーチャバンガラージャヨーガを形成している

・太陽が高揚する星座の支配星である火星が月からケンドラに在住する為、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している


また6室の支配星が8室に在住することで、ヴィーパリータラージャヨーガを形成している

これは敵からの支援がある配置であり、英国のMI6の中に協力者がいた可能性もあり得る


太陽はナヴァムシャでは9室支配で5室支配の火星と共に6室に在住している
検証メモ91974年からソ連科学アカデミーIMEMOで働いた

マハダシャー月期

月は5室支配で2、9室支配の火星と5-11軸で、相互アスペクトし、2-5、5-9のダナヨーガを形成している
検証メモ102020年12月25日 モスクワで死去

木星/火星/木星


木星はマラカの4、7室支配の水星とコンジャンクトして8室に在住し、火星はマラカの2室を支配してマラカの2室にアスペクトしている
また木星から見ると、火星はマラカの2、7室の支配星

D9にて、木星はマラカの2室に在住し、マラカの2、3室支配の土星(8室に在住)と相互アスペクトしている
火星はマラカの6、11室支配の金星と相互アスペクトしている
更に木星は7室支配の水星とコンジャンクトし、火星は8室支配の月とも絡み、8室を傷つけている
検証メモ11
検証メモ12
検証メモ13
検証メモ14
検証メモ15
検証メモ16
検証メモ17
検証メモ18
検証メモ19
検証メモ20
検証メモ(ジャイミニ系その他)
検証メモ(その他)



(参考資料)

イギリスの有名二重スパイ、亡命先のロシアで死去
2020年12月28日 BBC NEWS

イギリスの情報機関MI6の元職員で、冷戦時代に旧ソビエト連邦の二重スパイとなったことで知られるジョージ・ブレイク氏が26日、亡命先のロシアで死去した。98歳だった。同国メディアが報じた。

ブレイク氏は9年間にわたって、東欧にいたMI6職員40人以上の情報をソ連側に渡した。

1960年にロンドンの刑務所に収監されたが、1966年に脱獄し、ロシアに逃亡した。

ロシアの対外情報庁はブレイク氏について、「私たちの国を真に愛していた」と述べた。

ウラジーミル・プーチン大統領も弔意のメッセージを発表し、「特別な勇気と忍耐力をもった傑出したプロだった」とブレイク氏を表現。

「彼は長年にわたる懸命の努力によって、世界の戦略的均衡と平和を保つため、真にかけがえのない貢献をした」、「この伝説的な人物は人々の胸に、よき記憶として刻まれるだろう」と述べた。

500人以上の情報をソ連に

ブレイク氏は1922年11月11日、オランダ・ロッテルダムで生まれ、ジョージ・ビハルと名づけられた。

父親はスペイン系ユダヤ人で、第1次世界大戦でイギリス軍と共に戦い、イギリスの市民権を得た。

ブレイク氏自身は、第2次世界大戦中にオランダのレジスタンス運動に参加。その後、イギリス領ジブラルタルに逃れた。

その生い立ちや経歴から、MI6で働くよう誘われた。

ブレイク氏は1990年のBBCのインタビューで、西側の情報機関職員500人以上を裏切ったと述べた。しかし、その結果42人が命を奪われたとの見方については否定した。

BBCのゴードン・コレーラ安全保障担当編集委員が10年ほど前に接触した際には、「私の動機が理解されるかどうかは、もはや私にとってあまり重要ではない」と述べた。

脱獄は劇の題材にも

ブレイク氏が二重スパイだと発覚したのは、ポーランドの諜報員ミハル・ゴエニフスキー氏が西側に亡命し、ソ連のスパイに関する情報を英情報機関にもたらしたのがきっかけだった。

ロンドンに呼び戻されたブレイク氏は、その場で逮捕された。裁判では、ソ連に5件の情報を渡した罪を認めた。

ロンドンのワームウッド・スクラブス刑務所からの脱獄は、スティーヴン・フライ氏とリック・メイヨール氏主演の1995年の劇「Cell Mates」のモデルとなった。

2015年のBBC制作のドキュメンタリー「Masterspy of Moscow」は、「謎多き裏切り者」の「奇妙な生涯」をなぞった。

(英語記事 Soviet spy and former MI6 agent George Blake dies)
参照元:イギリスの有名二重スパイ、亡命先のロシアで死去
2020年12月28日 BBC NEWS

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!