MENU

工藤静香 -ママタレの女王-

2023 1/17


工藤静香のことが最近、ゴシップとして耳に入るようになって来ている。


2022年末のNHK紅白歌合戦に登場したり、工藤静香が投稿したインスタグラムの記事が、芸能誌や芸能ニュースなどで取り上げられて、何かと話題になっている。


NHKに紅白歌合戦では、X JAPANのYOSHIKIが工藤静香と今でもLINEで交遊があることをなどを明らかにして、かつてのスキャンダルの記憶が思い出され、いまだに芸能ゴシップの中心に躍り出て来るのである。


工藤静香の出生データは公開されており、時間まで分かるため、早速、作成してみると、ラグナは牡牛座のローヒニーで、牡羊座12室に惑星集中している。





彼女が裏番長で、舞台裏から糸を引き、影響力を発揮することは、この配置から明らかである。


例えば、工藤静香の次女・Kokiの影には常に工藤静香ありなどと言われる。


SMAPのジャニーズ事務所からの脱退騒動の時にキムタクの脱退に反対したのが工藤静香だという。


(この判断は経済的な意味で正しかったと思われる。脱退した草なぎ剛や香取慎吾などがテレビに出られないで苦戦していることを見るとそう思わざるを得ない。)


また工藤静香は、娘が有名になって来た為、運動会の時に学校側に働きかけて、娘の写真撮影を禁止にするような措置を取ったという。


つまり、影のフィクサーであり、キムタクや娘のマネジメントを陰から行っているのである。


牡羊座の12室には、ラグナロードの金星、9、10室支配の土星、4室支配の太陽、2、5室支配の水星などが在住して、ラージャヨーガ、ダナヨーガを形成しており、そうした舞台裏から裏番長として力を発揮できるのである。





その時に土星、水星、金星は牡羊座のバラニーに在住しており、CIAやモサド、MI6といったスパイ、諜報員が、インテリジェンスの世界で活躍するような配置であることが印象的である。


こうしたバラニーの象意は、異端児で、欲望にストレートで空気を読まないで行動を起こす力があり、工作活動が得意である。


正統派にはなりにくいため、裏番長の方が性に合っていると言える。



彼女は日本の芸能界のスーパースターとも言えるキムタクと結婚し、娘も芸能デビューさせ、今やインスタグラムで、料理やファッション、ペットとの散歩や家族のエピソードなどを発信し、世間から注目されるインフルエンサーである。





彼女の何気ないつぶやきなどをスポーツニュースや芸能誌が、執事か召使のように追いかける。



工藤静香は今やカリスマ主婦であり、ライフスタイルの提案者というブランドを確立した。


こうした生き方は、牡牛座のローヒニーに典型的なものである。


ローヒニーは所有がテーマであり、彼女にとっては、日々のラグジャリーで、華麗な生活も、娘もスーパースターの夫も全て、彼女が勝ち取った所有物なのである。





工藤静香は、太陽が高揚し、多くの分割図で高揚して、ヴァルゴッタマ(拡大版)であり、非常に強力である。


これは彼女をどんなことにおいても一番にせずにはいられない。



これは国民的スターであるキムタクを夫にしたり、後述するが、国民的なミュージシャンであるYOSHIKIと交際していたことにも表れている。




世の女性たちは思うようだ。



「何故、工藤静香ばかりが、こんな一流の男性たちからモテるのか?」



チャートを見た時に7室支配の火星がラグナに在住し、7室にアスペクトバックする配置は、男性から追いかけられる配置である。





例えば、7室支配の火星が、7室の蠍座にアスペクトバックして、7室蠍座でルチャカヨーガを形成するかのような強い配置となっている。


(実際には形成していないが、7室に火星が在住しているかのように考えられることから、そのように類推できる)



蠍座の男性との縁を感じさせる配置である。


キムタクは、ナヴァムシャが蠍座ラグナである為、この工藤静香の7室を表示していると言える。



また工藤静香は、月から見た7室にも土星がアスペクトバックしており、7室が強い配置となっている。


常にパートナーの存在には事欠かないことはこの辺りの配置が理由かもしれない。




交通事故で亡くなった兄


工藤静香には兄がいたが、中学生の時に交通事故で亡くなっている。


中学生と言えば、1983年~1985年辺りの出来事で、土星/火星、あるいは、土星/ラーフ期である。





土星は兄の11室をラグナとすると、11、12室支配のマラカで、マラカの2室に在住し、6室(事故)の支配の太陽と共に4、7室支配のマラカの水星とコンジャンクトしている。


11、12室支配のマラカの土星は、ラグナロードで8室(災難、破局)に在住する木星にアスペクトして傷ついており、兄の身体、健康状態の不幸を表している。



出生図のラグナから見ると、木星は8、11室支配で6室に在住し、土星からのアスペクトを受けており、11室の支配星が激しく傷ついていることから、兄の不幸を暗示していた。


(但し、兄が誕生したのは、11室の支配星が逆行して、11室にアスペクトバックしていたからで、ここで、兄の表示体である木星が11室にアスペクトする要素と、11室の支配星が1

1室にアスペクトバックするという要素の2つが、兄の誕生をもたらしたことが分かる。ただその11室の支配星が激しく傷ついていた為に兄の死がもたらされたということである。)




YOSHIKIとの密会

1994年にX JAPANのYOSHIKIが、ロサンゼルスで飲酒運転で逮捕された時、助手席に工藤静香が乗っていたことが、フライデーに熱愛スキャンダルとしてスクープされ、2人の交際が発覚している。





1994年と言えば、水星/金星期である。


金星は、ラグナロードで12室(ベッド上の快楽、海外)に在住し、7室の蠍座をパートナーのラグナとすると、7室支配の金星が6室(愛人)に在住している。


これは工藤静香が、YOSHIKIの愛人として、ロサンゼルスに同行したことを表わしている。





1992年に「YOSHIKI vs 工藤静香 -芸術対談-」という番組で、共演していたため、この番組がきっかけで仲良くなったのではないかと言われているが、1992年8月14日に水星/ケートゥから水星/金星期に移行しているため、ちょうとピッタリである。





その後、1996年頃にYOSHIKIの二股で破局したが、その頃は水星/太陽 or 月期である。







ナヴァムシャにおいて、アンタルダシャーの太陽は3室の支配星で、11室(6室から6室、6室の本質)に在住し、月は2室の支配星(結婚生活)で、3室に在住し、8室支配の土星とコンジャンクトして、6、11室支配の火星からのアスペクトを受けている。



アンタルダシャーの太陽も月も3室や8室、6室の象意と結びついて、激しく傷ついていることが分かる。


金星がナヴァムシャで、5室の支配星で4室に在住し、ラグナロードで、4室支配で、4室でバドラヨーガを形成する水星とニーチャバンガラージャヨーガを形成しているのとは対照的である。



YOSHIKIは、ラナ・ブッシュバーガーというカナダ人金髪モデルと二股をかけたため、工藤静香はYOSHIKIから去ることになった。





金星が7室をラグナとした時に7室支配で6室に在住し、6-7の星座交換をしている為である。


星座交換しているのは、金星と火星であり、情熱的な恋愛を表しているが、7室の支配星が6室に在住している為、相手の男性からは愛人扱いされ、二股をかけられることになる。


(つまり、ラグナロードが12室に在住する配置は、相手と別離し、自分から去る配置である)



工藤静香が男性からモテる理由として、ラグナロードで6室支配の金星と、7、12室支配の火星の1-12の星座交換に原因があるとも考えられる。


12室はベッド上の快楽のハウスであり、性生活などを表わすが、星座交換により、1-7の絡みや6-12の絡みが、金星と火星によって成立しており、非常に性的なニュアンスを帯びている。



工藤静香は、おそらく男性からの要求にすんなりと応じて、容易に愛人的な立ち位置で、恋愛関係、性的関係に入っていくようなキャラクターであったと言える。


当時、工藤静香は、髪を茶色に染めて、巻き髪で、ヤンキー風(ある意味、ケバいと表現されるような)で、いつでもあなたの愛人になりますよといった雰囲気を醸し出していた。


結局、そうした雰囲気は、ラグナから見て、1-12、7室から見て、6-7の金星と火星による星座交換がもたらしたものであったと言えるが、それが男性受けする配置である。



ラグナロードの金星がバラニーに在住し、火星からの影響を受けているが、バラニーの象徴は、女性の性器であり、性的なナクシャトラである。



通常、バラニーは、恋愛や性的活動に過剰にエネルギーを投入するナクシャトラである。(例:バラニーに月が在住する松田聖子)



そこに火星が絡んでくるため、尚更、恋愛活動に過剰にエネルギーを投資することになる。



似たような配置として、チャンドラマンガラヨーガ(月と火星のコンビネーション)があるが、この配置を持つ女性は、キャバクラやホステスなど、水商売に従事する方が多い。



火星の影響というものは、肉食系で、アグレッシブなパーソナリティーをもたらして、女性がこの影響を受けると、自ら好んでそうした業界に参加していくパーソナリティーを生み出すのである。


古典的にも月と火星のコンビネーションは、富を生み出すコンビネーションとされるが、古代の娼婦ぐらいしか仕事がなかった時代の女性が、多くの金銭を稼ぎ出す組み合わせということがこのコンビネーションの金運をもたらす由来となっているという。現代で言えば、肉食系で、対人的な魅力をもたらし、営業力(相手に金を使わせる、相手から金をむしり取る)をもたらすコンビネーションであると言える。




足首の蛇のタトゥー


因みに工藤静香は、インスタグラムで足首にある蛇のタトゥーの写真を投稿している。


何故、足首に蛇のタトゥーをしているのだろうか?





身体を表わすラグナロードの金星が、バラニー(金星)に在住しているが、同じ金星を支配星とするプールヴァパールグニーにケートゥが在住している。


その為、ラグナロードがケートゥの影響を受けているのである。


ラグナやラグナロードにケートゥが絡むと、その人は身体にタトゥーを入れるのである。(例:デヴィッド・ベッカム:ラグナにケートゥが在住)


この場合、足首にタトゥーを入れたのは、金星が12室に在住しているからである。


12室は足首から下を表している。



ナヴァムシャ




同じようにナヴァムシャを見ると、身体を表わすラグナロードの水星が4室でケートゥ(タトゥー)とコンジャンクションし、12室支配の金星(足首より下)とコンジャンクションしているからである。




歌手としての才能




工藤静香は、ラグナから見た2室支配の水星に金星がコンジャンクトしており、木星が2室と2室の支配星にアスペクトしている。


また月から見た2室支配の太陽にも金星がコンジャンクトし、木星がアスペクトしている。





2室(スピーチ、声)に金星と木星の影響があるため、それで歌手として成功したのである。



ナヴァムシャでもラグナから見た2室と2室の支配星に木星がアスペクトし、月から見た2室に定座の水星と金星が在住している。



1984年から歌手デビューしているが、この時は、土星/ラーフ期で、土星/木星期を経て、マハダシャー水星期に移行している。



2000年(水星/ラーフ期)にキムタクと結婚しているが、歌手として、息の長い芸能活動を続けているのは、水星が2室の支配星で金星とコンジャンクションし、木星からアスペクトされているからである。



2022年末のNHK紅白歌合戦で、工藤静香の持ち歌のメドレーを披露したのは、現在、金星/ラーフ期で、まさに2室の支配星にコンジャンクションする金星期だからである。





注目を浴びて来た工藤静



最近、工藤静香がインスタグラムでつぶやいたことをスポーツ紙や芸能誌が金魚のふんのように追いかけて、ニュースとして取り上げている。



牡牛座ラグナから見て、まもなくトランジットの土星が、10室に移動するからである。



今年2023年の4月22日からは、木星が牡羊座に移動し、10室の支配星とコンジャンクトする為、10室にダブルトランジットが形成される。



ママタレの女王、工藤静香は、今、注目を浴びつつあるのである。







(参考資料)

「紅白で挨拶しました」“元カレ”YOSHIKIが「週刊文春」に語った工藤静香との“ほんとうの関係”
2023/01/10「週刊文春」編集部 (週刊文春 2023年1月19日号)

 昨年末のNHK紅白歌合戦に出場した「X JAPAN」のYOSHIKI(57)が「週刊文春」の取材に応じ、かつての交際相手で、同じく紅白歌合戦に出場した工藤静香(52)との現在の関係について明かした。

 YOSHIKIは今回の紅白に、「L'Arc~en~Ciel」のHYDEらと結成したロックバンド「THE LAST ROCKSTARS」として出場。ピアノとドラムで圧巻のパフォーマンスを見せた。一方、静香も24年ぶりに紅白に出場し、2曲のメドレーを披露。フルート奏者の長女Cocomi(21)との共演が話題を呼んだ。

「YOSHIKIと静香は1992年のテレビ番組での共演を機に、交際に発展したとされます。1994年にはロスでの半同棲生活も報じられた。ただ、2年後の1996年、静香が『もう会ってません』と破局を宣言。以降、YOSHIKIは独身を貫き、静香は2000年に木村拓哉(50)と結婚しました」(スポーツ紙記者)

 紅白終了後、YOSHIKIは自らの動画チャンネルの生配信に「THE LAST ROCKSTARS」のメンバーらと出演。お酒を飲みながら、紅白の話題で盛り上がっていた。すると、酔いが回ったのか、YOSHIKIは唐突にこう切り出す。

「あ、そう。(紅白に)静香がいて、今日。静香が。たまにアドバイス頂きます。(電話する仕草で)“この彼女どう思う?”とか」

 慌てたHYDEらが止めに入ったことで、“元カノ”への言及は終わった。

 破局から長い歳月を経て、2人は再び親密な間柄になっているのか。配信内容についてYOSHIKIの所属事務所に問い合わせたところ、アメリカに帰国していたYOSHIKI本人が1月7日午前(日本時間)、オンラインで取材に応じた。

「静香に限らず、何人か久しぶりにお会いした方と挨拶させて頂きました」

――静香さんとの今の関係について改めて伺いたい。

「静香に、またその周りの方たちに迷惑をかけないようにしないといけないなと思ってまして。ああいった場でああいった発言をしてしまって。アメリカ感覚みたいな感じで、喋ってしまった。反省しています」

――紅白の会場では、静香さんと挨拶された?

「あぁ、それはもちろん。静香に限らず、何人か久しぶりにお会いした方と挨拶させて頂きました」

――木村拓哉さんとはお知り合いですか?

「ステージとかでお会いしたことはありますし、とてもリスペクトしています」

 さらに、YOSHIKIは、静香とのやり取りや、“ほんとうの関係”についても語るのだった。そして、30年前の出会いを尋ねると――。

 1月10日(火)12時配信の「週刊文春 電子版」および1月11日(水)発売の「週刊文春」では、YOSHIKIとの詳しい一問一答を中心に、Cocomiが合格した桐朋学園大学音楽学部のソリスト・ディプロマ・コースの実態などについても報じている。
参照元:「紅白で挨拶しました」“元カレ”YOSHIKIが「週刊文春」に語った工藤静香との“ほんとうの関係”
2023/01/10「週刊文春」編集部 (週刊文春 2023年1月19日号)
52歳・工藤静香、蛇タトゥー&ピチピチのトレ着姿に反響「色っぽい」「スタイル完璧」「可愛すぎ」
2022年10月4日 17時45分スポーツ報知

歌手・工藤静香(52)が4日までに自身のインスタグラムを更新し、トレーニングを行う姿を公開した。

 この日、ピッタリとしたピンクのTシャツに黒いパンツ姿で寝転がり、トレーニングを行う様子を掲載。足首には蛇のタトゥーが見えている。「参考にもならないような投稿ですが、アラ5には『何かをしなくては!』が伝わるはず 私自身久しぶりで反省。『こんなの効かないよ~』と、若者からの笑われてしまいますが、、、やる気のない運動が丁度良いのです。笑笑 だらっとしたエクササイズ ダラエクパート1でーす 今は5回づつですが、全部10回づつで、反対向きもします こんな事なのに毎日はできないんですよね~ 笑 ダラエク2日に一回は一緒にやりましょー」(原文ママ)とつづった。

 この投稿には「ひいぃぃい かかか可愛すぎます」「しーちゃん色っぽい」「スタイル完璧なのにエクササイズする静香さん偉いです」などの声が上がっている。

 工藤は9月22日放送のNHK総合「SONGS」(午後10時)に長女でモデル、フルーティストのCocomiと出演し、母子共演がネットで話題になった。また、インスタではた足首に入った蛇のタトゥーを見せたコーディネートを掲載している。
参照元:52歳・工藤静香、蛇タトゥー&ピチピチのトレ着姿に反響「色っぽい」「スタイル完璧」「可愛すぎ」
2022年10月4日 17時45分スポーツ報知
Koki,の陰に工藤静香アリ!ママタレ界の横綱の「ダダ漏れ感」
2018.11.27 mi-mollet 西澤 千央

なぜ神は人間にSNSなんてものを与えてしまったのでしょうかと思うときがあります。

しなくてもいい自慢、自虐に見せかけた自慢、愚痴に見せかけた自慢、有益な生活情報に見せかけた自慢……SNSがなければ心の中にそっと仕舞えていたものを、パンドラの箱を開くように一気にダダ漏れさせてしまう、あな恐ろしやSNS。

さて、ここ何年かでジャニーズに色々ありまして、永遠に続くと思っていたSMAPが解散して、その重い扉はついに開かれました。そう、人気絶頂時のキムタクと結婚し二子をもうけた「鋼鉄の前髪」こと工藤静香。ここに来て、十数年ため込んでいた「あたしが、工藤」(※デビューシングル『禁断のテレパシー』のキャッチコピー)が大爆発。星一個破壊できるくらいの大爆発を起こしております。

さぞかし言いたかったことでしょう。あらん限りの文化資源をかけた二人の子どもは美しく育ち、なんやかんや言われながらもキムタク兄さんはスター性を維持している。そこにはあたし、工藤の並々ならぬ努力があったはず。豊かな生活あるある早く言いたい。「MUGO・ん」じゃなくて早く言いたい。

なんつうか工藤のしーちゃんのインスタには、写真ひとつ、コメントひとつにいたるまで、熟成というか発酵というか、漂ってるんですよね。そこいらのママタレどもとはもう気合いが違う。ナチュラルの向こう側にいってしまったライティング、全粒粉と豆と謎のスパイスを多用する家庭料理、自宅の庭で栽培してるというフォルムが独特の植物、呪術感溢れるパワーストーンアクセ、唐突に出てくるシャネル、ブルガリ、アレキサンダーマックイーン、そして飯島直子。 自身の「豊かな生活」を一味違うやり方で伝えようとする余り、結果最も望んではいないであろう「重ための叶姉妹」になってしまっているところも含めての、圧倒的やり過ぎ感。

そんな「あたしが、工藤」エクスプロージョンをさらに拡大させているのは、次女Koki,のモデルデビューでしょう。今年5月に『ELLE JAPON』、さらに日本初&歴代最年少でブルガリアンバサダーに就任するなど、2018年の二世芸能界を席巻したKoki,。その傍らにどうしようもなく静香の圧を感じるのです。自分が苦労して手に入れた豊かな生活の、その最も有能なスポークスマンなわけですよ、Koki,は。Koki,のプライベートな投稿にはいいねしても、仕事関連にはスルーを決め込んだり、すごく分かりづらい「見守る母」を演じる静香ですが、その仕分け自体がもう「あたしを見て」でゾクゾクしちゃう。「匂わせ彼女」ならぬ「匂わせ静香」です。

先日話題となりましたキムタク父さんとKoki,のシルエット写真、あれ絶対、しーちゃんが一番やりたかったやつじゃないでしょうか。ジャニーズ屈指のスターである夫とのツーショット。あの写真を見たとき、グッときましたもん。おそらく撮影者であろう工藤静香の情念、娘のシルエットに自分を重ねたんだろうなって思って。ちなみにこの投稿に、静香は「いいね」せず。も??いいよ??大丈夫だよ?? みんなわかってっから??。

今までもたくさんのママタレたちがあの手この手で芸能界を渡り歩いてきました。胸の谷間一つでのし上がってきたグラドルが出産を境に急に「表に出る人間として、女性の味方でありたい」と言い出したり、ほぼほぼメガネのイメージしかなかった女性芸人に急に「子育て、しんどいよな」と語りかけられたり、まぁMEGUMIとくわばたりえですけどね。

経歴をうまいことロンダリングしながら駆け上がるのがママタレすごろく。元うしろ髪ひかれ隊からの現キムタク嫁というのは出世なのかどうかよく分からないですけど、でも間違いなく工藤静香は、その戦略的思考、表現方法、類まれなキャラ、全てにおいて日本のキングオブママタレだと思います。元モー娘。辻ちゃんと双璧を成す、ママタレ界の横綱です。ミポリンみたいなこじらせ方しなくて、本当によかったと思いました。
参照元:Koki,の陰に工藤静香アリ!ママタレ界の横綱の「ダダ漏れ感」
2018.11.27 mi-mollet 西澤 千央
工藤静香 愛犬との“お散歩コーデ”公開 迷彩柄のジャケット姿に「スタイル綺麗」「オシャレ番長」の声
2021年11月29日 13:09 スポニチアネックス

歌手の工藤静香(51)が29日までに自身のインスタグラムを更新。愛犬との散歩ショットを投稿した。

 「桜の葉の落ち葉は毎年楽しみの一つ。本当に美しい。1枚目は遠くから吠えているワンちゃんが接近中。最近のエトくんは強気です。アムちゃんはいつでも強気。笑笑」とつづり、愛犬との散歩途中での1枚アップ。この日は、ルイヴィトンの帽子に迷彩柄ジャケットと茶色のボトムスを合わせたコーディネートとなっている。

 フォロワーからは「オシャレ番長!」「お散歩ファッションカッコ良い」「迷彩柄が良くお似合い」「散歩姿もおしゃれ」「しーちゃんでないと着こなせない」「スタイル綺麗」という声が寄せられた。
参照元:工藤静香 愛犬との“お散歩コーデ”公開 迷彩柄のジャケット姿に「スタイル綺麗」「オシャレ番長」の声
2021年11月29日 13:09 スポニチアネックス
紅白で“歌詞間違え”話題の工藤静香、3回着替えていた…超高級ドレス姿に「女神」の声!蛇タトゥーも話題
2023年1月3日 15時55分スポーツ報知

大みそかの「第73回NHK紅白歌合戦」に出演した歌手の工藤静香(52)が3日までに自身のインスタグラムを更新。紅白でのゴージャスな巻き髪、ドレス姿を公開した。

 工藤は「NHK紅白歌合戦のオープニングとエンディングのドレスとジュエリーを紹介させてください!」とし、ルイ・ヴィトンのモスグリーンのドレスやジュエリーを着用した姿や、フェンディの水色ドレス姿を掲載。ファンから「可愛い可愛い可愛い どれも本当にお似合いです」「お綺麗です 素敵なドレス」「優しい印象でお美しい…!!!」「女神君臨」などの声が寄せられている。歌唱中には紫のドレスに蛇のアクセサリーを着用しており、計3度着替えていたようだ。

 工藤はCocomiとの共演で「35周年メドレー 嵐の素顔~黄砂に吹かれて」を披露した。先日は本番の衣装での母娘ショットをアップ。歌詞を間違えたことについて「ヒェ~と めっちゃくちゃ失くすバージョンになり凍りついた一瞬もありました。すみません」とつづった。インスタではたびたび手料理や足首の蛇タトゥーをちら見せした私服姿も掲載し反響を呼んでいる。
参照元:紅白で“歌詞間違え”話題の工藤静香、3回着替えていた…超高級ドレス姿に「女神」の声!蛇タトゥーも話題
2023年1月3日 15時55分スポーツ報知
工藤静香、20代からの愛車フェラーリとショット公開「しびれるほどの美しさ」「紫のシートも素敵」
2022年3月29日 10時15分スポーツ報知

歌手の工藤静香が29日までに自身のインスタグラムを更新し、愛車との2ショットを公開した。

 工藤は「私の20代からの愛車の取材を @gqjapan webにてさせて頂きました。先ずは前編 とっても美人な愛車です。是非ご覧くださいね」と報告。黒い高級外車フェラーリとのショットや紫色のシートに座るカットをアップした。

 フォロワーからは「フェラーリ格好良すぎです」「内装の紫がまさにしーちゃん」「助手席に乗りたいです!」「ラインも内装も運転手も美人すぎます」「一緒にドライブした~い」「美人な愛車と美人な静香さん絵になるな~」などの声が上がっている。
参照元:工藤静香、20代からの愛車フェラーリとショット公開「しびれるほどの美しさ」「紫のシートも素敵」
2022年3月29日 10時15分スポーツ報知
工藤静香、海老風味のお団子をいれた手料理が美味しそう!「お店出せますね」「『寿』昆布、可愛い」の声
2023年1月6日 21時55分スポーツ報知

昨年大みそかの「第73回NHK紅白歌合戦」に、長女でフルート奏者のCocomiとの共演で出演した歌手の工藤静香が6日に自身のインスタグラムを更新し、手料理を公開した。

 工藤は「年末にいただき冷凍庫にあった桜エビを粉末にして柔らかお団子にしました!賞味期限が近いのでつくりましたが、エビ団子は普通のエビの方が作り易いしぷりぷりです」とつづり、鍋にエビ風味のお団子を入れている様子をアップ。さらに盛りつけられたショットも披露し「出汁と白味噌。お野菜は白菜、小松菜、カブラ、ネギ。そして『寿』昆布。こんな可愛い昆布は自分では探せないです!いただき物です」と紹介した。

 この投稿には、「美味しそう『寿』の昆布、可愛い」「本当に素晴らしい母であり妻ですね」「海老風味のお団子に白味噌がまた美味しそうです」「寿の昆布初めて見ました~!」「お店出せますね」などの声が寄せられている。
参照元:工藤静香、海老風味のお団子をいれた手料理が美味しそう!「お店出せますね」「『寿』昆布、可愛い」の声
2023年1月6日 21時55分スポーツ報知
工藤静香、自宅キッチンでのヘルシーなティータイムを公開…「ばばちゃんと私に」次女が買ったお菓子も
2023年1月11日 16時45分スポーツ報知

 昨年大みそかの「第73回NHK紅白歌合戦」に、長女でフルート奏者のCocomiとの共演で出演した歌手の工藤静香が11日に自身のインスタグラムを更新し、自宅でのティータイムを公開した。

 ストーリーズで「キッチンで一息」とコメント。大理石のキッチンで抹茶をたて、ヘルシーな和菓子を木製プレートに乗せた様子をアップした。

 また前の投稿では「@kokiちゃんが、ばばちゃんと私に頼んでくれた」とつづり、次女が買ってくれたお菓子の画像も掲載していた。

 工藤は2000年12月5日、当時SMAPの木村拓哉と結婚。01年の5月に長女・Cocomi、03年の2月に次女・Koki,が誕生した。インスタではたびたび手料理や足首の蛇タトゥーをちら見せした私服姿も掲載し、「美魔女でスタイルが良い」と反響を呼んでいる。
参照元:工藤静香、自宅キッチンでのヘルシーなティータイムを公開…「ばばちゃんと私に」次女が買ったお菓子も
2023年1月11日 16時45分スポーツ報知
工藤静香、蛇タトゥーちら見せの私服姿&さばいた巨大ヒラメを公開「ステキ」「さばくの上手すぎます」
2022年8月23日 11時35分スポーツ報知

歌手の工藤静香(52)が23日までに自身のインスタグラムを更新し、私服姿と巨大なヒラメをさばいた様子を公開した。

 工藤は「アムちゃんはホースに燃える」とつづり、愛犬がホースの水にじゃれる姿をアップ。工藤はふんわりとしたトップスで丈の短いパンツを着用し、足首の蛇タトゥーをちらりと見せている。

 さらに連続投稿で「@cocomi_553_official が物凄いお土産を釣って来た日の写真です こんな大きなヒラメを捌くのは初めてでした!なんと68cm しかも美味しかったです」と俳優・木村拓哉との長女でモデル、フルーティストのCocomiが釣った大きなヒラメをさばいたショットを投稿した。

 これらの投稿にはフォロワーから「しーちゃん、スポーティでステキです」「し~ちゃん若っ!」「惚れ惚れ」「スタイル抜群です」「coco姫、ご両親の釣りの才能まで引き継いでてすご~」「捌くの上手すぎます」「お料理食べたーい」などの声が上がっている。

工藤静香のインスタグラム(@kudo_shizuka)より
参照元:工藤静香、蛇タトゥーちら見せの私服姿&さばいた巨大ヒラメを公開「ステキ」「さばくの上手すぎます」
2022年8月23日 11時35分スポーツ報知

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA