元SMAP・草なぎ剛の10年前の事件を振り返る



元SMAPの草なぎ剛のチャートを見て、10年前の全裸事件が占星術的に何故、起こったかを検討していた。


あの「全裸事件」から早10年…草なぎ剛にとって激動すぎた平成末期が話題に
リアルライブ2019年4月24日 22:00 exciteニュース

4月24日、TwitterなどのSNSで「あれからもう10年」だと、ある事件に注目が集まった。2009年、元SMAPのメンバー・草彅剛が酒に酔ったあげく、公園で全裸で暴れ現行犯逮捕された、いわゆる「全裸事件」である。

 現在、ネットでは「全裸事件からもう10年?」「時が過ぎるのは早い」「あれからSMAP解散もあったし激動の10年」などのコメントが相次いで投稿されているようだ。

 これは同年の4月23日午前3時ごろ、東京都港区の檜町公園で「近所で酔っぱらいがいる」と通報があり、警察官が駆けつけたところ、「バカヤロー!」と奇声をあげ、木によじ登るなどする全裸の男を発見した。警察官はこの男を危険人物と判断し、公然わいせつ容疑で逮捕したのだが、このとき捕まった人物こそ、当時トップアイドルとしてメディアに君臨していたSMAPのメンバー・草なぎ(当時34歳)だったのである。

 草なぎはこの日、赤坂の料亭で知人と焼酎やビールなどの酒を飲んでからいったん帰宅したものの、フラフラと檜町公園へと行き、全裸になって暴れたというのだ。

 一部報道によると、発見された時の草なぎは、警察官へ「裸で何が悪い!」と大声で威嚇したあげく、連行される際には「シンゴー!シンゴー!」と叫んでいたとされる。

 当時、この事件は「現役アイドルご乱心」とマスコミの注目を浴びたほか、酩酊状態が異常だったことから、覚せい剤の疑いもあるとして警視庁による家宅捜査もあった。

草彅は逮捕翌日の25日には釈放され、謝罪会見を開き、芸能活動の自粛を発表した(同年5月28日に復帰)。

 この事件の余波で、以前から「酒好き」として知られていた草なぎは、ドラマやバラエティ番組で酒を飲む場面がなくなり、演じる役幅が狭くなった。草彅自身も事件以降、断酒を決意し2014年までは酒を一滴も飲まない生活を続けた。

 なお、SMAP解散、ジャニーズ退社の余波はあったにせよ、事件から10年が経過。この事件は人々の記憶からほぼ忘れれることとなり、草なぎは現在も芸能活動を続けている。

 唯一、ネタとしてイジっているのが、爆笑問題の太田光で、2017年に放送されたAbemaTVの『72時間ホンネテレビ』で草なぎを「裸の大将」と呼んだ程度だ。

 くしくも草なぎの事件から10年後の2019年4月19日、音楽ユニット「AAA」の浦田直也が酒に酔ったあげく女性に暴行をはたらき世間をにぎわせた。

 歴史はやはり繰り返すものだろうか……?


普通と違う行動が何故、引き起こされるのか占星術的に解明したいと思ったのである。


出生時間は、4:25と示されており、この時間で正しいかどうかの検討が必要だが、映画スターや芸能人に見られる1室と3室の絡み、1室と10室の絡みがきちんと確認できる。






芸能人のコンビネーション


ラグナでは、ラグナロードの水星と3室支配の太陽がコンジャンクトして、1-3の絡みが生じている。


3室支配の太陽がラグナとラグナロードに絡む形で、ラグナと3室が強く絡んでいる。


また10室支配の木星が、3室と3室支配の太陽にアスペクトしている。



月から見ると5室で、ラグナロードの土星と5室支配の水星がコンジャンクトして、7室支配の太陽ともコンジャンクトして、1-5の絡みを生じている。


5室も3室から見た3室目のハウスで、3室の本質のハウスであり、5室は舞台俳優や映画俳優など、3室よりもより高尚な表現力(創造性)を発揮するハウスである。



ナヴァムシャでは特にこうした配置が見られないが、ダシャムシャを見ると、3、6室支配の木星がラグナに在住して、1-3の絡みが生じている。



草なぎ剛は1987年の中学1年生の時にジャニーズ事務所に入所したが、直後の1988年9月からマハダシャー木星期に移行している為、木星期は、主にSMAPとして活躍した時期の前半を構成している。


木星はダシャムシャのラグナに在住し、しかも1-3の絡みを形成する木星だからこそ、この時期に芸能界で活躍したのだと分かる。




土星期の躍進


その後、2004年9月からマハダシャー土星期に移行しているが、土星は出生図で、9室の支配星で、1、4室支配の水星との間に1-9、4-9のラージャヨーガを形成しているが、月から見た場合でもラグナロードで、5室支配の水星や7室支配の太陽との間で、1-5、1-7のラージャヨーガを形成している。


更にナヴァムシャでは、ラグナロードで、4、11室支配の火星と1-4、1-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成し、ダシャムシャでも、ラグナから見ても月から見てもヨーガカラカで、ラグナから見た2室、月から見た7室で、火星との間で、ラージャヨーガを形成している。






草なぎ剛は、マハダシャー土星期の始まり前後から映画で主演を演じるようになり、主演映画『ホテル ビーナス』がモスクワ国際映画祭 コンペティション・パースペクティブ部門 最優秀賞を受賞するなどして、表現者として一段レベルが上がった感じとなっていく。


以後、映画俳優としての活躍がどんどん目立つようになり、数々の賞を受賞していくのである。



これは土星がバドラヨーガの強い水星と強力なラージャヨーガを形成すると共に月から見て11室支配の木星から一方的にアスペクトされて、強力にサポートされている結果である。



ダシャムシャのラグナに在住する木星期に草なぎ剛は、確かにSMAPのメンバーとして、芸能界で活躍したが、土星期の方が、表現者として、より高いステータスで活躍したように思える。



土星はダシャムシャで、ラグナから見ても、月から見てもヨーガカラカで、ラージャヨーガを形成しているからであると考えられる。



配置としてはラグナから2室、月から見て7室で、それ程、素晴らしいという訳でもないのだが、やはりヨーガカラカであることが強く働いていると考えられる。



これと比較して、ダシャムシャのラグナに在住する惑星の時期は、キャリア上のブレイクを表わすが、それが3、6室支配の機能的凶星の場合は、やはりステータス的にはパッとしないということが分かる。




ジャニーズ事務所を退所してほぼ独立に近い活動を開始



2017年9月9日に稲垣吾郎、香取慎吾とともにジャニーズ事務所を退所した時、土星/火星/土星期である。



何故、ジャニーズ事務所を辞めたかと考えると、火星は出生図でもナヴァムシャでも11室の支配星であり、11室には独立という象意がある。



また火星は出生図、ナヴァムシャ、ダシャムシャの3つで起業の2室に在住しており、ナヴァムシャやダシャムシャでは、土星と火星の両方とも2室に在住している。



従って、サラリーマンのような立場だったジャニーズ事務所を辞めて、世話になったマネージャーの新事務所に所属して、公式ファンサイトを立ち上げてみたり、動画配信活動を開始したり、起業に近いことをやっているのではないかと思われる。



おそらく新事務所では、もっと自由度が高くて、自分たちで事業運営しているイメージなのではないかと思われる。








全裸事件のロジック



それと今回、検証したいのは、10年前に起こった全裸事件である。



この時は2009年4月で、土星/水星/ラーフ期である。



プラティアンタルダシャーのラーフが6室で減衰し、ディスポジターの火星が6、11室支配で2室で減衰しているので、酒を飲んで全裸で暴れたのだと分かる。



警察に逮捕されたのは、ラグナロードの水星が8室支配の土星とラグナで、コンジャンクトしているからではないかと思われる。



8室支配の土星がラグナとラグナロードに絡んで太陽とも絡んでいるのが、公務員である警察官による拘束を意味していたと考えられる。



またラグナロードの水星は、火星、ケートゥによって挟まれて、パーパカルタリヨーガを形成している。



同じ数の惑星によって挟まれている訳ではない為、バンダナヨーガとは言えないかもしれないが、身体を拘束される要素の一つかもしれない。



因みにこの時、草なぎ剛は、地デジ推進のメーンキャラクターも務めていたため、当時、総務大臣であった鳩山邦夫氏が、「強い怒りを感じる」と発言し、物議をかもしたようである。



この政治家から批判を受けた辺りも8室支配の土星が、太陽と共にラグナ、ラグナロードと絡んでいるからではないかと思われる。



地デジを推進していた総務大臣の鳩山邦夫氏は、3室(メディア、通信)支配の太陽(政治家)と絡む8室支配の土星の表示体であったのである。




ナクシャトラ交換


因みに草なぎ剛のチャートのラグナ、土星、水星は皆、アールドラー(ラーフ)に在住しており、ラーフは、ジェーシュタ(水星)に在住している為、ラグナロードの水星とラーフはナクシャトラ交換をしている。



つまり、1、4室支配の水星が6室在住のラーフ(6室の支配星のように振る舞う)と絡むことによって、暴力(1-6の絡み)や精神不安定(4-6の絡み)などが生じたと考えられる。




そして、ラーフのディスポジターの火星は、蟹座のアーシュレーシャ(水星)に在住しており、また火星のディスポジターの月は、シャタビシャー(ラーフ)に在住している。



従って、ラグナ、ラグナロード、月、そして、事件を起こした当時のダシャー(土星、水星)の全てが、ラーフと関わっていたのである。



ラーフは6室で減衰し、ディスポジターの火星は、6、11室支配で2室で減衰しており、そして、その火星は、ラグナとラグナロードを取り囲むパーパカルタリヨーガを構成する惑星の一つである。



(※この場合、バンダナヨーガと呼べるのかどうかは、はっきりとしないが、バンダナヨーガは同じ数の惑星によって挟まれた場合だと理解している)




この場合でもバンダナヨーガと類似の効果が発生し、警察官に身体を拘束されたとも考えられる。




プラティアンタルダシャーのラーフの役割


何故、土星/水星/ラーフ期にこの事件が起こったかと言えば、マハダシャーの8室支配の土星とアンタルダシャーのラグナロードの水星がコンジャンクトによって絡んでいる為、両者の組合せが結果をもたらしたからである。


ラグナロードの水星と8室支配の土星、そして、それに凶星である太陽などの絡みも加わって、マハダシャーとアンタルダシャーが際立って結果をもたらしたということである。


同時にマハダシャーの土星とアンタルダシャーでバドラヨーガの水星は、1-9、4-9の強力なラージャヨーガを形成してもいる。


従って、この事件が起こった当時、草なぎ剛は、キャリア的には絶好調で、俳優としての成功の道を着実に歩んでいた。


例えば、草なぎ剛は、2009年4月に不祥事で約1か月間芸能活動を自粛した後、同年7月には、洗濯洗剤のCMで好感度1位を記録し、7月 – 9月に放送された主演連続ドラマ『任侠ヘルパー』の演技により、「ドラマアカデミー賞 主演男優賞」「TV LIFE 年間ドラマ大賞2009 主演男優賞」を受賞し、「TV LIFE 年間ドラマ大賞2009 作品賞」「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2010 連続ドラマ部門 優秀賞」を受賞している。

2009年9月に公開された主演映画『BALLAD 名もなき恋のうた』の演技でも「第52回ブルーリボン賞主演男優賞」にノミネートされており、絶好調なのである。


従って、土星/水星期というのは、本来、強力なラージャヨーガを形成しており、非常に運気は良いのである。


それでは何故、同じ土星/水星期に不祥事を起こしたかと言えば、土星と水星が、1-8の絡みを形成しており、必ず土星/水星期のどこかのタイミングで、この身体を拘束される象意が顕現する必要があったのである。


そのタイミングとは、プラティアンタルダシャーのラーフが訪れたタイミングであった。


つまり、マハダシャーとアンタルダシャーが、吉の絡みと凶の絡みの両方を形成している場合、それらのどちらが出てくるかは、プラティアンタルダシャーによって決定されると言うことが出来る。


プラティアンタルダシャーのラーフが6室で減衰し、ディスポジターの火星が6、11室支配で2室で減衰している為に不祥事が起こされたのである。


その証拠に2009年4月に不祥事を起こして約1ヶ月活動自粛して7月に洗濯洗剤のCMで好感度1位を記録する間の数か月がぴったり、プラティアンタルラーフ期(2009/3/31~2009/8/26)と一致するのである。


プラティアンタルラーフ期が終わる直前から好感度1位を記録して上昇が始まっていることから、やはり、プラティアンタルラーフの象意が土星/水星期のマイナス面を引き出したということが出来る。



但し、プラティアンタルダシャーのラーフは、6室で減衰している為、パラシャラの例外側によるラージャヨーガ的な効果が働いており、ディスポジターの火星も6室の支配星が減衰し、月から6室で減衰している為、同様にパラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な効果が働いている。


また更に減衰するラーフや火星が高揚する星座の支配星がラグナや月から見てケンドラに在住していることにより、ニーチャバンガラージャヨーガも形成している。



従って、この事件の結果、草なぎ剛は、その後の謝罪会見や禁酒の実践などで真面目さがアピールされ、芸能人としての孤独が憶測され、同情なども集まって、却って好感度を増した感がある。




ジャニーズ事務所退所後


因みに草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾が、ジャニーズ事務所を辞めた時、テレビから干された感じになり、悲壮感が漂っていたが、その後、youtubeなどで自ら発信し、独自のマネージメントを行なう芸能人が増えて来た為、ジャニーズ事務所を辞めたことにそれ程、違和感はなくなった。



むしろ、最近、独立していく芸能人のはしりであったと思える向きもある。



最近、NHKなどが、草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の出演を解禁したらしく、芸能事務所に気を使うテレビ業界が変化してきている。



5Gが推進されることによって、テレビ局に張り付いて優位性を保ってきた芸能事務所の力はどんどん失われていくと思われる。



芸能事務所から独立して自らをプロデュースしたり、マネジメントする人々がこれから増えていくものと思われる。



※既に草なぎ剛は、youtuberとして成功し、ファンクラブの会員などによる収入によって、ジャニーズ事務所にいた時の収入を上回っているという情報もある。



つまり、ジャニーズ事務所の退所はテレビが凋落していく現在の状況に合わせた時代の流れであったと考えられる。





(参考資料)



「シンゴー」絶叫、草なぎ容疑者全裸逮捕
2009年4月24日8時20分 日刊スポーツ

SMAP草なぎ剛(「なぎ」は弓へんに前の旧字体その下に刀)容疑者(34)が23日、公然わいせつの疑いで警視庁赤坂署に現行犯逮捕された。赤坂署によると、草なぎ容疑者はこの日午前3時ごろ、東京都港区の東京ミッドタウンに隣接する公園で酒に酔って全裸になって騒いでいた。駆けつけた署員に「裸だったら何が悪い」と話して暴れたため、全裸のまま保護シートにくるまれパトカーで連行された。所属するジャニーズ事務所は当面の活動自粛を決めた。国民的アイドルSMAPメンバーの逮捕は各方面や海外にも衝撃を広げた。

 赤坂署によると、23日午前2時55分、港区赤坂の檜町公園近隣の男性住民から「公園内で酔っぱらいが騒いでいる」と110番通報があった。近くの交番の署員3人が駆けつけると草なぎ容疑者が芝生の上に全裸であぐらをかいて座り、意味不明のことを大声で叫んでいた。仲間の姿は見当たらず1人だった。職務質問に対し立ち上がり、「裸だったら何が悪い」などと答えた。「騒ぐな」「事情を聴くぞ」と呼び掛けると手足をばたつかせて抵抗した。同署は同日午前3時2分、公然わいせつの疑いで草なぎ容疑者を現行犯逮捕した。抵抗を続けたため、保護用のグレーのシートで胴体をくるまれ、3人がかりで十数メートル離れたパトカーに運ばれ、そのまま赤坂署に連行された。

 近隣住民によると、全裸のまま大声で歌い踊っているように見えたという。別の住民は「ベンチに座り、ワー、ギャー、コラーッとかバーカと叫んでいた」。逮捕を目撃した住民によると、押し問答になった草なぎ容疑者が「シンゴー!」とSMAPメンバー香取慎吾(32)と思われる名前を叫んでいたという。

 同署によると、逮捕時は泥酔状態だった。着ていたとみられるジーンズとジージャンや長袖Tシャツ、下着、靴下や、財布、携帯電話が入ったカバンや靴などは十数メートル離れた芝生の上にまとめて置かれていた。付近で酒を飲んだ形跡はなかった。

 裸のまま赤坂署に着いた草なぎ容疑者は衣服を着させられ、取調室に入った。座っていることができず、時折うつぶせになるなど、当初はまともな調べができない状態だった。逮捕から約5時間後の検査で、酒気帯び運転の基準の約5倍にあたる呼気1リットル中0・8ミリグラムのアルコールが検出された。調べに対し「全裸になったことは間違いありません」と容疑を認め、「なぜ公園に入り、なぜ裸になったのか覚えていません」と話した。体調が落ち着くと「反省しています。申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を口にしたという。また尿検査の結果、薬物反応はなかった。

 調べによると、草なぎ容疑者は22日午後8時ごろから、赤坂にある飲食店2軒で知人男性と知人女性らとビールや焼酎を飲んだ。23日午前1時すぎにこの店を後にしたが、知人女性と別の店に入って再び酒を飲んだ。同日午前2時ごろまでに店を出て公園まで歩き、女性とは公園入り口で別れた。女性は草なぎ容疑者について「酔っていた」と話している。酒量などは不明だ。関係者によると草なぎ容疑者はこの日はオフだった。また、接見した所属事務所の担当弁護士によると、1人で飲食していたという。

 草なぎ容疑者は23日午後1時すぎ、青い長そでTシャツ姿でボサボサの髪形、うつろな表情、うつむいた姿勢でワゴン車に乗り込み、留置施設のない赤坂署から原宿署に移送された。赤坂署は同日午後4時すぎ、全裸で暴れる常習性などを裏付けるものがあるか調べるため、公園すぐ近くにある草なぎ容疑者の自宅マンションを家宅捜索したが、押収品はなかった。草なぎ容疑者は24日、身柄を送検される。
参照元:「シンゴー」絶叫、草なぎ容疑者全裸逮捕
2009年4月24日8時20分 日刊スポーツ

元SMAP・草なぎ剛が過去に起こした「全裸泥酔」を振り返る
せんじゅかける
2017年1月6日 00:04 exciteニュース

大麻栽培で逮捕の高樹沙耶、女性へのわいせつ行為で逮捕された高畑裕太……。大物タレントであればあるほど、一度社会的不祥事を起こすと、日本中で大きな話題となり、その後のタレント生命を断たれてしまうこともある。

元SMAPの草なぎ剛もいっとき、そんな崖っぷちに立たされた一人だ。

全裸でわめく酔っ払い、駆けつけてみたら草なぎ剛!

2009年4月某日のこと。深夜3時ごろのこと、都内某所の公園の夜間立ち入り禁止区域で「バカヤロー」「ナンだぁ」と意味不明の叫び声を上げる泥酔男がいた。しかもその男は、なんと全裸。
そこで近隣住民が110番通報。まもなく警察官が駆けつけ男を公然わいせつの容疑で逮捕した。

これだけなら、よくある酔っぱらいのご乱行であるが、警察官はビックリ仰天。なんと逮捕した相手は、国民的アイドルであるSMAP(当時)のメンバーの一人、草なぎ剛(当時34)だったのだ。

草なぎ剛のご乱行

その前夜、草なぎは赤坂の和食店で知人と食事し、ビールや焼酎などを飲んでいたという。その後、別の飲食店に移動し、事件のあった2時ごろにいったん自宅に向かった。しかし、自宅近くまできたものの、そのまま公園へ直行。

草なぎは全裸のまま公園の木によじ登ったり、でんぐり返しをするなどかなりのご乱行ぶりだったもよう。なお、日頃の律義さが出たのか、着ていた服は、きちんと畳まれていたそうだ。

泣きながら「シンゴー」と絶叫した草なぎ剛

警察官が駆けつけ、「服を着ろ」と命じたが、草なぎは「裸だったら何が悪い」と反発。仕方なく、ビニールの保護シートをかけられて連行されてしまった。その際、なぜか泣きながら「シンゴー、シンゴー」とわめいていたという。

逮捕後、われに返った草なぎは取り調べに際し、全裸になったことは覚えていないと供述したそうだ。

なお、所轄署は自宅マンションを家宅捜査。だが薬物反応はもちろん、その他、法にふれるものは何も発見されなかった。

草なぎは翌日には無事釈放され、記者会見を開いた。会見の場では大いなる反省の様子を見せ、涙ながらに「本当に申し訳ない気持ちでいっぱい、すぐに芸能活動に戻りたい」と謝罪の意とあらわした。同時に芸能活動への意欲もアピールしつつ、「でも反省しないと いけませんし」と真摯な態度で反省の気持ちを付け加えた。

「警察の対応は過剰だったのでは」の声も

当然のことながら、その後の芸能界その他における反応は大きかった。

所属するジャニーズ事務所は、草なぎの当面の芸能活動休止を発表。もちろん、出演中だったCMも放送中止となった。

おりしも当時は地デジスタート直前の時期。草なぎは地デジ推進のメーンキャラクターも務めていた。担当大臣である鳩山邦夫総務大臣(当時)は「強い怒りを感じる」と発言し、物議をかもしたこともあった。

一方、マスコミと一般市民は総じて同情的だった。医師からは「明らかに自分をコントロールできていない異常酩酊」との見解が示されるとともに、所轄署に対して「尿検査で薬物反応が出ていないのに家宅捜索は行きすぎ」という意見が出た。

また、「一歩間違えば、不当捜査、不当勾留と逆に裁判起こされてもおかしくない」といった主旨の、警察の対応を過剰反応と指摘する意見も飛び出した。一方で、自ら過熱報道を自省するマスコミ関係者もあったという。

「大岡裁き」だったスポンサー

CMが打ち切りになったため、ジャニーズ事務所側は当然、多額の違約金の請求も視野に入れていた。しかし、なんとスポンサーからは「違約金は特段考えておりません」という回答。

スポンサーからは、(草なぎ起用後の)10年の間にイメージが定着し、商品を育ててもらった感がある。そう目くじらをたてることもない…との考えが示された。違約金はもちろん、その他のペナルティも課せられなかったのだ。

謹慎期間中に大いなる反省の時間を過ごした草なぎ、事件から約1カ月経った5月に収録があった「SMAP×SMAP」(フジ系)への出演を機に芸能活動を再開した。

また、飲酒のほうは事件後、キッパリと辞めていたが、こちらは番組中にタモリと乾杯して5年ぶりに解禁。大きな話題を呼んだ。(せんじゅかける)
参照元:元SMAP・草なぎ剛が過去に起こした「全裸泥酔」を振り返る
せんじゅかける
2017年1月6日 00:04 exciteニュース

元SMAP結成の裏にあった、メンバーの“怖すぎる共通点”が発覚! Love Me Do氏「彼らは2018年に再結成するかもしれない」
TOCANA2017年10月27日 08:00 exciteニュース

~数々の芸能人・スポーツ選手から「当たる!」と評判の占い芸人Love Me Do氏(通称・ラブちゃん)。メディア露出の多い人気占い芸人の影に隠れているものの、約20年間学び続けた占いの実力は“あまりにも高すぎてドン引きされるレベル”だという。主な占い実績としては「東日本大震災、熊本地震、トランプ大統領の就任の的中」が挙げられ、占星術、四柱推命、 手相、タロット、 人相、顔相占いなど多数の占い技術を使いこなす~

■SMAPは再結成するのか?

 解散後も注目を浴び続けているSMAPの元メンバーたち。中居正広と木村拓哉はジャニーズ事務所に残り、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は独立して新事務所・CULEN(カレン)に所属するなど各々の活動を展開中だが、今でも彼らの“再結成”を願うファンは少なくない。そこで、今回はラブちゃんに彼ら今後について鑑定を依頼。すると、そもそもSMAPは占いによって集められたメンバーである可能性が浮上した。以下、ラブちゃんの鑑定である。

●四柱推命に当てはめると驚愕の事実が!

ラブちゃん「まず、中居さん、木村さん、稲垣さん、草なぎさん、香取さん、そして一足先に1996年に脱退していた森且行さんの生年月日から、東洋の四柱推命に当てはめてみたところ、中居さん、草なぎさん、森さんが「辛(かのと)」、木村さん、稲垣さん、香取さんが「戊(つちのえ)」と、キレイに2種類に分類できました。同じ星が集まりすぎていますし、「宝石」や「輝く」、「スター」といった意味を持つ「辛」と、「山」の意味から「人が登る、集まる」、「人気」を現す「戊」の組み合わせも、偶然にしてはできすぎているような……。

 しかも、SMAPが結成された1988年は「戊辰(つちのえのたつ)」の年なので、「戊」の3人はそれで選ばれたのかもしれません。「戊」と「辛」は相性が良く、「戊」のメンバー・木村さん、稲垣さん、香取さんが「辛」のメンバー・に中居さん、草なぎさん、森さんにエネルギーを与える、もしくは「辛」の3人の心の支えになれるんです。以上のことから、SMAPが占いで選ばれていた可能性は高いといえるでしょう。

●SMAPに異変が起きるのは、丙(ひのえ)の年

 ちなみに、森さんが脱退した1996年は「丙子(ひのえのね)」の年、SMAPが解散した2016年は「丙申(ひのえのさる)」の年と、共通して「丙(ひのえ)」の年というのも運命的な感じがしてしまいます。一方で来年、2018年は「戊戌(つちのえのいぬ)」の年と、グループを結成した1988年の「戊辰(つちのえのたつ)」の年と同じ「戊(つちのえ)」の年になります。結成時と同じ星回りであり、そのエネルギーは「戊」の木村さん、稲垣さん、香取さんだけのものではなく、同じグループだった中居さん、草なぎさん、森さんに影響が及ぶことも有り得る。2018年2月4日~2019年2月3日までの期間は、SMAP関連で何かしら再結成的な感覚を味わえるかもしれません。

●元SMAPメンバーそれぞれが、復活する!

 占星術の観点からも、メンバーにとって良い兆しがあります。2017年10月10日~2018年11月7日までの1年間、幸運の星・木星がさそり座に入っているのですが、さそり座は「再生と復活」、「破壊と再生」、「ゼロからのスタート」などの意味を持つ。これはさそり座生まれ以外にも通じるもので、SMAPはちょうどそれぞれが「再スタート」のような状態になっていますし、特に独立組の稲垣さん、草なぎさん、香取さんはすでにさそり座の影響を受けているように思います。11月に出演するインターネットテレビ局・AbemaTVの生放送番組『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』も、新しい時代を切り拓くきっかけになるのでは?

 また、木村さんは11月13日生まれでまさにさそり座なので、この時期に今までとは違う新たな魅力を生み出せるかも。ちなみに、中居さんは8月18日生まれのしし座ですが、このしし座のテーマは「自己表現」です。自分を上手に表現できれば「スター」になれるという才能を持っています。さらに、その中でも“8月18日生まれ”は「スーパースター」になれる日です。ミュージシャンの吉川晃司さん、元プロ野球選手の清原和博さんなども中居さんと同じ8月18日が誕生日です。

●草なぎは新SMAP「新しい地図」で活躍する!?

 一方で、気になるのは草なぎさん。四柱推命の話に戻りますが、草なぎさんは1974年7月9日生まれで、ネットの情報によれば出生時間は朝4時25分だそうです。これを四柱推命で当てはめていくと、生まれた年の柱が「甲寅(きのえのとら)」、生まれた月の柱が「辛未(かのとのひつじ)」、本人を表す日にちの柱が「辛亥(かのとのい)」、生まれた時間の柱が「庚寅(かのえのとら)」となります。「辛」が2つ、「庚」が1つありますが、どちらも同じ「金」を現し、つまり「金」を3つ持っているため、草なぎさんは「3人組」であるとバランスが良い。もしかすると、草なぎさんにとっては稲垣さん、香取さんとともに3人でいるという形もアリなのかもしれません。

 また、中居さん、木村さん、稲垣さん、草なぎさん、香取さんばかりに注目が集まりがちですが、森さんが再結成の“鍵”になる可能性だってあります。SMAPにとって、とにかく「戊」と「辛」のタレントは好影響なんです。一部では、KAT-TUNの元メンバー・赤西仁さんがCULENに合流するのでは、という報道もありましたが、赤西さんは「己亥(つちのとのい)」の日に生まれているのが、合流しなかった理由の1つと考えられる。ついでにほかのKAT-TUNの脱退組を調べてみると、田口淳之介さんは「壬申(みずのえのさる)」の日生まれなので全然違うタイプだったものの、なんと田中聖さんは「戊申(つちのえのさる)」の日生まれなので「戊(つちのえ)」仲間でした! CULENやSMAPとの相性は良いので、一連の騒動さえなければむしろ田中さんにとって良いチャンスだったといえそうです」

※画像は、Thinkstockより
参照元:元SMAP結成の裏にあった、メンバーの“怖すぎる共通点”が発覚! Love Me Do氏「彼らは2018年に再結成するかもしれない」
TOCANA2017年10月27日 08:00 exciteニュース

泥酔逮捕のSMAP草なぎ 意味不明な叫びのわけ
2009/4/23 20:58 JCASTニュース

公然わいせつで逮捕されたSMAPの草なぎ(弓ヘンに剪)剛容疑者は、酒グセが悪い面もあったらしい。テレビでは、同じSMAPの香取慎吾さんもその話をしていた。警察に抵抗してしまったのも、そのためだったのか。

「裸になったことは反省している」

酔いから覚めた草なぎ剛容疑者(34)は、青ざめた顔をしていた。

警視庁赤坂署が建て替え中のため、2009年4月23日午後に草なぎ容疑者の身柄を原宿署に移送。その様子を放送したテレビには、髪が乱れたままで、黙ってうつむく、草なぎ容疑者の姿がはっきりと映っていた。100人以上も詰めかけた報道陣を避けるためか、現れたときは、青いTシャツを頭から被り、顔を隠すようにしていた。

新聞各紙などによると、草なぎ容疑者は、完全オフだった前夜、知人の女性と男性の2人と一緒に東京・港区赤坂の居酒屋でビールや焼酎を飲んだ。その後、知人女性と徒歩で同じ赤坂の檜町公園まで向かい、23日午前2時ごろ、公園前でこの女性と別れたという。

檜町公園は、六本木の新しい名所「東京ミッドタウン」近く。回りは、マンションが立ち並ぶ住宅地になっている。その中で、草なぎ容疑者は、突然大声を出し始め、午前3時近くになって、耐えかねた近所の男性が110番。赤坂署員が駆けつけたところ、芝生の上で全裸になってあぐらをかいていたというのだ。着ていたお気に入りのジージャンやジーパンなどは、少し離れて置いてあった。

赤坂署員が注意したが、草なぎ容疑者は、「裸だったら何が悪い!」などと叫んで暴れたため、公然わいせつの現行犯で逮捕した。その4、5時間後には、呼気1リットル中0.8ミリグラムのアルコールが検出されたことから、逮捕時には1ミリグラム以上の泥酔状態だったとみられている。

警視庁では、草なぎ容疑者の尿を調べ薬物反応はなかったものの、公然わいせつの常習性を調べるため、23日に自宅を家宅捜索した。押収品はなかったという。調べに対し、「裸になったことは反省している。何で裸になったかは覚えていない」などと供述している。

香取慎吾さん「飲むと分からなくなってしまう」

草なぎ剛容疑者がなぜ、酒を飲んで裸にまでなったのか、などはまだ分かっていない。しかし、酒が好きだったとはいうものの、酒グセは悪かったようだ。

フジテレビ系の「笑っていいとも!」では、1か月ほど前の放送で、仲の良い香取慎吾さんが、飲むと分からなくなってしまうなどと指摘。これに対し、草なぎ容疑者は、香取さんが乗せるのが悪いと反論していた。また、テレビ朝日系のバラエティ番組「『ぷっ』すま」では、よくビールを飲んで悪酔いしかけたような場面が放送されていた。

ところで、サンケイスポーツの2009年4月23日付記事によると、草なぎ容疑者が赤坂署員に取り押さえられるときに、「シンゴー、シンゴー」と叫んでいたというのだ。近くにいた人の話で分かったという。シンゴーとは、香取さんと思われる名前だ。

ひょっとして、警察に抵抗したのは、わけがわからなくなって、香取さんが乗せるのが悪い、と言いたかったのだろうか。が、香取さんと前夜飲んでいたとの証言はまだない。

フジテレビの同日のニュースによると、草なぎ容疑者は、韓国語で歌ったり、単語を叫んだりしてもいたと近所の人が話している。2ちゃんねるでは、「シンゴー」ではなく、韓国語の感嘆詞に当たる「アイゴー」と叫んでいたのではとの憶測も出ている。このほか、「コラッ」「バーカ」などと言っていたともいう。

草なぎ容疑者は、SMAPの中では地味な存在だった。その後、ほのぼのとしたキャラクターが認められ、最近は、歌やドラマ、CMのほか、地デジの推進大使などとしても活躍していた。しかし、今回の事件で番組降板やCM解約、地デジ大使解任の動きが相次いでいる。韓国にもファンが多いだけに、ネット上などで波紋が広がっているようだ。
参照元:泥酔逮捕のSMAP草なぎ 意味不明な叫びのわけ
2009/4/23 20:58 JCASTニュース

20億円豪邸建設の草なぎ剛、家族は結婚についてどう思うか
2019.09.07 07:00  女性セブン

 都内屈指の高級住宅地に豪邸を建設中の草なぎ剛(45才)。約200坪だというこの土地を購入したのは、SMAP時代の2013年。工事期間はこの10月から約1年間。土地・建物合わせて20億円近い価値になるのではないかとも言われている。

草なぎは、ジャニーズ事務所所属時代からこれまで都内の高級マンションで暮らしてきた。その自宅近辺では、愛犬であるフレンチブルドッグのクルミちゃんと散歩をする姿も、たびたび目撃されてきた。

「あのマンションの部屋には高級家具やホームシアターが備え付けられていて、24時間セキュリティー、ジム、ハウスキーピング、リムジンでの送迎といったサービスも整っています。忙しいひとり暮らしの男性でも、なんの不自由もなく、快適に暮らせるはずです。 一戸建てよりも便利だと思いますよ」(不動産関係者)

 なぜ、便利でかつ住み慣れたその部屋を出る決意をしたのか。

◆土地と結婚について、父、母、弟が答えた

 草なぎは、土地を購入後の2017年に、稲垣吾郎、香取慎吾と一緒にジャニーズ事務所を退所して以来、インターネットやCM、舞台に活躍の場を求めてきた。この9月にも主演する映画『台風家族』の公開が始まり、11月にはギターの“はっぴょう会”も予定している 。

 地上波の番組への露出はほとんどゼロだが、芸能活動は順調だ。

「SMAPという肩書は解散してもなお強く、ギャラは相変わらず高い水準をキープしており、地上波の番組を持っていなくても問題はありません。3人のファンクラブ『新しい地図』の会員は16万人ともいわれていますが、そうであれば年会費と入会金で8億円以上を稼い でいます。草なぎさんはYouTuberとしての活躍もめざましいですし、事務所は少人数ですし、こうしたことを総合すると、草なぎさんたちは、以前よりもむしろ高給取りになっているのかもしれません」(前出・テレビ局関係者)

 地図に新しい新居を刻むには決して悪くないタイミングということのようだ。

ただ、高級住宅街に位置する200坪の豪邸に暮らすのが、草なぎとクルミちゃんだけというのもどこか寂しい。趣味のバイク置き場を充実させても、コレクションしているビンテージデニム専用のクローゼットを作っても、スペースには余裕があるはずだ。

 実は草なぎはここ数年、結婚について口にすることが増えていた。

「2016年6月の『女性セブン』に一般の30代女性とのデートを報じられましたが、その前後で結婚を口にすることが増えていました。2016年1月の雑誌の対談で《結婚っていいな》と言ったり、同じ年の3月に発売した自著で《今だ!と思ったら、たぶん、すぐにでも結 婚するとは思う》と書いたことで、心境の変化を感じさせられました」(スポーツ紙記者)

 その思いはジャニーズ退所後も変わらないようだ。

「昨年11月にネット番組に出演した時には、ひとりでの生活について『飽きますよ、一人って』と語り、『例えば料理おいしいの作っても1人だと、全く意味がないっていうか』『ちょっと前はそれでもいいっていうか。でもなんかある時、“なんでおれ1人でおいしい もの食べてるのかな?”みたいなそんな気持ちになって』と、かなり赤裸々に本音を吐露しているという印象を受けました」(前出・スポーツ紙記者)

 今年に入ってからも雑誌のインタビューで《いつかは結婚するのかな》《子どもができたらけっこう面倒見のいいパパになっちゃうかも》などと“匂わせ発言”が続いている。

 3年前に本誌・女性セブンが報じた女性とは続いているのだろうか。そして、これから建つであろう豪邸には草なぎのパートナーも同居するのだろうか。

 自宅マンションから出てきた草なぎに新居について聞いたが、「すみません」とだけ言い残し、移動車に乗り込んだ。

 所属事務所は代理人を通じて、「プライバシーに関するご質問ですので、お答えを差し控えさせていただきます」と回答した。

「おめでたい報告」が届いていないか、草なぎの家族に聞いた。

父親は、「土地を買ったというのは数年前に聞いたけど、詳しくは知らない。うちは根掘り葉掘り聞くタイプじゃないから」と笑う。弟は「昨年末に帰って来た時、うちの子と楽しそうに遊んでくれましたね。でも、自分は自分、家族は家族と割り切っている人なんで 。結婚とかぼくらは何も聞いていない」と言う。

 そして母はこう語る。

「豪邸のことも結婚のことも何も聞いていません。もういい年なんだし、すべて任せています。私たちと同居? ウフフ、同居はしませんよ」

 草なぎは現在、45才。長く続いた独身貴族にいよいよ終止符を打つ時期が近づいているのだろうか。

※女性セブン2019年9月19日号
参照元:20億円豪邸建設の草なぎ剛、家族は結婚についてどう思うか
2019.09.07 07:00  女性セブン







スポンサーリンク


スポンサーリンク

元SMAP・草なぎ剛の10年前の事件を振り返る」への3件のフィードバック

  1. ねこ

    1-8の絡みが逮捕や拘束をあらわすというのは、
    例えば牡羊座ラグナの場合は、火星単独でそのような象意をもたらすのでしょうか?

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      逮捕や拘束としての事例は思いつきませんが、1、8室支配の火星を持つ牡羊座ラグナに関して、
      おそらく牡羊座ラグナだと思われるアレクサンダー大王のチャートについて検討した際に考察したことですが、
      アレクサンダーは毒殺されたという説があり、それは明らかに身体を表わすラグナロードが8室(陰謀、悪意)を同時に支配していることの象意だと思います。

      2005/2/7 映画「アレキサンダー」に学ぶ
      http://www.kanteiya.com/column/05/0207.htm

      然し、1、8室の支配星は、敏感な中立ハウスである8室のもう一方がトリコーナの1室を支配することで、凶意を発揮しないと考えます。

      ですから、ラグナに8室の支配星が在住し、更に凶星が絡んでいるような場合のような現れ方はしないと思います。

      牡羊座ラグナであれば、必ず身体が拘束されたり、身体の不幸を経験しなければならないということにはならないと思います。

      然し、牡羊座ラグナの方がもしラグナロードが傷ついていたら、それは同時に8室も傷ついている為、事故で大怪我をしたり、致命傷を負ったり、ダメージが大きいかもしれません。

      返信
  2. veda

    1月中旬 火星とアンタレスが接近

    西洋占星術ではどちらもあまりいい意味はなさそうですが、ヴェーダ的にはどうなんでしょうか?

    この時期に疫病神、あべしんぞーがちょこまか動いてますね

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA