2022年に何が起こるか

関西の内山真月さんから以下のようなコメントを頂いた。


2020年4月8日 9:27 PM

ケララのインド占星術師が昨年に2020年は世界的に酷い状態になると言っていたそうです。
また2022年にはそれよりもさらに酷くなるとも。

このようなことからも印度には昔からある特定の惑星の位置から読む方法があるみたいです。


このケララのインド占星術師は、おそらく2020年の新月図(ヒンドゥーニューイヤーチャート)と、2022年の新月図で、土星と火星が山羊座に在住している配置を見て、そのように言っているのだと思われる。






これらの2つの新月図と2021年の新月図を比較すると、2021年の新月図では、こうした配置が見られない為、それで、2021年については除外されているのである。






2020年のこの悲劇が一旦、2021年には収まったかに見えて、2022年に再び、ぶり返す可能性は十分あり得る。



従って、この試練は、少なくとも土星が山羊座を通過している間は続くと考えなければならないのである。




前回記事『信用収縮・食糧危機の占星学 - トレンド転換のクリティカルポイント -』で、特に山羊座に木星と土星の2つが通過しているトランジットにおいて、山羊座と蟹座にダブルトランジットが生じている状況は非常に良くない象意を表わすということについて改めて納得した。



それは、独裁者の台頭、非常事態宣言、経済における信用収縮(下降トレンド)、食料物資の不足である。



それは山羊座が、木星が減衰する星座であるということと、蟹座が個人主義的で、自由至上主義で、自己中心的な独裁者タイプであることからもたらされる象意である。



おそらくケララのインド占星術師は、山羊座と蟹座軸というものが、マンデン占星術的にこうした問題をもたらすということを経験的に知っていたということである。



シュリK.N.ラオの「運命と時輪」の中でも蟹座への木星と土星のダブルトランジットが、インディラガンディーの非常事態宣言のような独裁者の台頭をもたらすことについて述べられている。



マンデン占星術を実践する者の間で、こうした知識が、経験的に共有されているのである。



その為、特に難しい数学的なテクニックを使っているということではなく、マンデン占星術における、このような山羊座と蟹座軸の性質について理解しているということなのである。




因みにもし私が本当の山師であったら、木星と土星が山羊座に入室する前の段階で、もし資金があれば大量の売りを仕掛けるべきである。



そうすれば、山羊座と射手座のクリティカルポイントにおいて、信用の収縮が生じ、株価が大暴落して、大儲けできるだろうからである。



然し、私は今回、この大暴落で、大損してしまった。




山羊座に入室したら、株式市場において下落が生じることは分かっていたが、その規模、スケールについては全く誤解していた。



それは一度、起こったら、その後、12年とか30年ぐらい続くような大きなトレンドなのである。




次に木星と土星の両方が同時に山羊座をトランジットするのは、60年後であるから、生きているうちにはもう来ない。



こうした秘儀的な知識は、世代を通じて伝承していかなければ、先人の書籍を参考にしながらであっても、この知識を学び、自分で経験的に納得するとなると、相当な時間がかかってしまう。




この射手座と山羊座の境界付近のクリティカルポイントというのは、土星や木星のような動きの遅い惑星ばかりでなく、太陽や火星、金星、水星、月のような動きの速い惑星であっても使えるのではないかと思われる。




もし注意深く観察してみれば、射手座から山羊座へ惑星が移動するタイミングにおいて、短期的な小規模なトレンド転換というものが、起こるのではないかと思われる。



おそらく月のような動きの早い惑星であっても起こるはずである。




こういった知識は、金融占星術といった分野の究極的な知識になってくると思われる。




冒頭で『2020年のこの悲劇が一旦、2021年には収まったかに見えて、2022年に再び、ぶり返すのではないかと思われる』と書いたが、あるいは、全く別の現象として現れる可能性もある。




何故なら、2022年の新月図を作成すると、2020年の新月図とは、ラグナが異なるからである。




例えば、2020年のイタリアの新月図は、双子座ラグナで8室(災難、災害)に土星、火星、冥王星などが集中しているチャートである。








この為、イタリアでは、新型コロナウィルスの被害の拡大が凄まじく、悲惨な状態をもたらしたということが出来る。




然し、2022年のイタリアの新月図は、牡羊座ラグナで、10室に土星、火星、冥王星が在住しているチャートである。








これは新型コロナウィルスがこの時まで続いているということも考えられるが、新型コロナウィルスの苦痛を経た上で、国家社会主義が台頭し、再び、イタリアにファシズムのような政治状況が現れる可能性もある。




また2022年の中国の新月図は、蟹座ラグナで7室に土星、火星、冥王星が集中している。








7室は外交のハウスであり、7室への凶星の集中は、右翼民族主義的な敵対的外交を表わすかもしれない。




新型コロナウィルスの責任を各国から問われて、外交関係が緊張することを表わしているとも言える。




7、8室支配の土星が7室に在住して、5、10室支配の火星とコンジャンクトしているからである。




7室と8室の絡みに火星が参加しており、外交関係における混乱、中断、行き詰まりという象意が見られる。




日本の2022年の新月図も獅子座ラグナで、6室に土星、火星、冥王星が集中する不吉なチャートである。








これは2020年の中国の新月図に似ており、国民に対する福祉、医療サービス、国民の政府に対する批判、デモや暴動に対する対応など、様々な6室の象意を物語っている。




中国政府が武漢の市民に対して行ったのと同じような状況が、日本的なレベルで、再現する可能性もあり得る。




2022年、日本が経済的に厳しい状況になり、国民の不満が高まる状況が予想される。





アメリカの2022年の新月図は、射手座ラグナで、2室に土星、火星、冥王星が集中して、8室にアスペクトするチャートになっている。








2室は政府の財政のハウスであるから、米国が国家社会主義的な手法で、財政難を乗り切ろうとする動きに繋がるかもしれない。



例えば、戦争経済とか、何らかの強引な手法によって、外貨を稼ごうとする手法などが、考えられる。




2022年に起こることは、新型コロナウィルスの継続とは限らず、むしろ、その結果であり、政治、経済のあり方に影響を及ぼしていくと考えられる。




やはり、キーとなるポイントは、独裁者の台頭、非常事態宣言、経済における信用収縮(下降トレンド)、食料物資の不足である。





※イメージ画像


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

2022年に何が起こるか」への9件のフィードバック

  1. ケララのインド占星術師が誰だか分かりませんが、
    https://www.udayavani.com/english-news/abhigya-anand-boy-who-predicted-covid-19-warns-world-of-another-severe-outbreak

    この子は、2020年12月20日から2021年の3月末まで深刻な災害と言ってるみたいです。
    コロナも予測してたみたいなので、信用性高いですね。

    ところで、ニューイヤーチャートが、毎年
    3月末まで含まれるものなのか、分かりませんが、

    この子の言う事が正しければ、
    2020年のチャートを見るのが正しいのか、
    2021年のチャートを見るのが正しいのか。

    コロナの国別のニューイヤーチャートも、
    2020年じゃなくて、2019年を見た方が良いのか否か。

    大変な災害を前にして、これは、
    悩みますね。

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      2020年のニューイヤーチャートがよく機能している為、この方の予測している2020年12月20日から2021年の3月末までの災害とは、2020年のニューイヤーチャートの解釈に含まれるのではないかと思います。

      そうでなければ、来年1月~3月末までの災害が、2021年のニューイヤーチャートに表れていないことが逆におかしいということになります。

      ニューイヤーチャートの正確な定義について確認した方がいいですが、魚座で生じる最初の新月~翌年の魚座で生じる最初の新月までの1年を暗示するものと考える方が自然ではないかと思います。

      返信
    2. 秀吉 投稿作成者

      補足ですが、2020年12月20日から2021年の3月末までというのは、太陽が山羊座を通過していくのが1月半ば~2月半ばであり、近くにある金星や水星なども同時に山羊座を通過していく為ではないかと思います。そのように考えると、『2020年12月20日から2021年の3月末まで』ということの理由が説明出来ます。

      返信
  2. Nishida

    2016年に秀吉先生に鑑定してもらったものです。その時の鑑定では2021年5月から良くなるということだったので頑張ってきましたが、世界中が悪い時期と重なってしまうとは。
    個人のラージャヨーガが発現する時期が世界の最悪の時期と重なるとどうなるんでしょう。嬉しいような悲しいような。

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      社会情勢など外的条件が悪くなるというのは残念ですが、個人のラージャヨーガが発現したり、強い惑星のダシャーが来るような場合は、厳しい社会情勢の中でも活躍したり力を発揮出来ると思います。

      むしろ、その厳しい状況の中で活動する意義や使命があるとも解釈できます。

      大転換の時代に生まれて来た人間には、その時代に生まれるだけの理由、幸運があると思うため、その試練を喜ぶべきかもしれません。

      返信
  3. 小林

    前回の冥王星の山羊座トランジット時は、世界的な食糧不足がフランス革命に繋がりましたが、田沼の日本や現在の世界情勢と似ていますね。

    やはり、山羊座を大きな惑星がトランジットすると、世界的な大きな良くない出来事、災害や食糧不足やインフレ加速等が起きてますね。

    ただ、冥王星が山羊座をトランジットするのは、科学技術の進歩に関しては、例外的に良いことなのではないかと思います。
    産業革命は1760〜1830年に起きましたが、この時に冥王星は山羊座と水瓶座をトランジットしてますから、今回もこれはプラスに働くと思います。

    私は2022年の危機に関しては、2022〜2029年の日本の9Hのケートゥ期が来ることから、東日本大震災以上の規模の災害は起きないのではないかと思います。
    私はケートゥ期の2022〜2029年は2012〜2019年と相似形を描くと思っております。

    南海トラフ地震のような数十万人の死者・行方不明者が出る可能性が高いのは、日本が6・11Lのマハダシャー金星期になってからで、冥王星が山羊座を抜けていく2038年頃までに起こるとみてます。

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      フランス革命時が世界的な食糧不足でしたか。

      冥王星が山羊座、水瓶座を通過時に産業革命が推進されたというのは、

      今後の40年で、AIなどによる技術革新が続いて、産業革命前と後のような大きな違いが出来るということですね。

      マハダシャー金星期に災害が起こるという認識は正しいと思います。

      内山さんからの情報では、以下のサイトの占星術師が、2036年に日本では、津波や富士山の噴火などの天災で国の半分が機能しなくなると言っていると言います。

      http://egkerala.com/astrology.php


      その時、日本のマンデン図では、金星/火星、金星/ラーフ期であり、マハダシャーの金星は機能的凶星で、アンタルダシャーの火星やラーフが金星から8室や12室に在住しており、ラーフのディスポジターは4室にアスペクトする土星である為、自然災害が起こりそうにはなっています。

      2035年、2036年、2037年の新月図でも、土星、火星、冥王星、ラーフ/ケートゥ軸が、山羊座-蟹座軸に入ってきている為、この頃に何かあると考えてもいいのかもしれません。

      返信
  4. 田代 淳

    秀吉さん

    以前占っていただいたものです。 いつもツイッター楽しみに拝見しています。

    一読者の希望ですが、ツイッターのテーマでNYK証券取引所の今後っていうのをやっていただけたらおもしろいのではないでしょうか。
    それで今後の諸王兼市場がどうなるか占えたりしませんか?
    設立日は1817年3月8日NYK時間です。

    返信
    1. 秀吉 投稿作成者

      ニューヨーク証券取引所のマンデン図ですが、12時でチャートを作成すると、土星と太陽が水瓶座に在住しています。
      月と木星は蠍座で、火星と水星が山羊座に在住しています。


      水瓶座は銀行ネットワークを表わす星座であり、水瓶座に土星と太陽が在住しているタイミングにニューヨーク証券取引所が開設したというのは、金融関係者、政府関係者、政治家などがその設立に関わったことを物語っています。


      土星が30年で12星座を1周するため、今、土星が出生の土星から見た12室目に来ており、今回の暴落を経て、2年半後に土星が水瓶座に入室した時にまた新しいニューヨーク証券取引所の活動が開始するということかと思います。


      30年毎に過去を遡ってみると、ブラックマンデーや、市場が分裂した時期や、暗黒の木曜日など、色々起こっている為、そうした大きな事件の後、新たな再スタートを切るかのように株価が安値から始まって取引市場が再び、育っていくということではないかと思います。


      ———————————————————————————————————-
      2020年 今回の大暴落(まだこれから)
      1987年 ブラックマンデー
      1961年 市場が取引量的に分解
      1929年 暗黒の木曜日(ブラックサーズデー)大暴落 世界恐慌
      1903年 ウォール街に今の取引所建物が竣工

      (wikipedia ニューヨーク証券取引所より)
      ———————————————————————————————————-



      120年前に今の取引所の建物が竣工したらしく、そうしたことも大きな転機になっており、スタート地点を形づくっています。


      つまり、世界最大のニューヨーク証券取引所は、水瓶座からスタートして取引市場が成長し、取引高も増えて、山羊座で一つの周期を終えるという、パターンを繰り返していると思います。



      そうすると、おそらく株式市場の暴落は、まだこの程度では終わらず、これから1929年の暗黒の木曜日のような大暴落が起こって、世界恐慌のようになるという可能性が高いです。


      何故なら、それ程の大きな暴落は、やはり山羊座でしか起こりそうにないからです。この2年半の間に更に株式市場の一つの周期の終わりを決定づけるような大暴落が起こるかもしれません。


      今、youtubeや記事で、識者の意見を聞いたり、読んだりしていても、暴落はまだこれからだという意見が多いです。




      土星は星座を抜けていくタイミングで結果を表わす為、土星はまだ今年の1月に山羊座に入室したばかりであり、まだこの程度では何も起きていません。



      デリバティブの取り扱い残高が7~8千兆円あると言われているドイツ銀行の破綻など、何か大きな出来事によって、本当の意味でのリーマンショック以上の大暴落、世界恐慌への突入が始まると思います。


      それが土星が山羊座に移動している間に起こらないとおかしいです。



      因みに12年前の2008年~2009年の頃にラーフ/ケートゥ軸が蟹座-山羊座軸、木星が山羊座で、土星が蟹座から獅子座へ抜けていくタイミングで、リーマンショックが起こりました。



      この時、土星は、水瓶座の土星に対して、ハーフリターンしていた頃で、山羊座-蟹座にダブルトランジットが生じていた時期ですが、その直後から、ビットコインが登場しました。



      従って、この土星と木星の山羊座への通過は、株式市場の暴落、世界恐慌を招き、その結果、土星が水瓶座に入室したタイミングで、新しい金融システム、マネーシステムが生まれると思います。



      今、古いシステムが瓦解しようとしており、ニューヨーク証券取引所もその最後のタイミングに入っていると分かります。




      ニューヨーク株式市場の株価が、下がったので、富裕層が爆買いしたと報じられており、それで株価が反発上昇しましたが、そのうち、戻り売りが始まると思います。



      爆買いした富裕層が、利益確定した時に急激な戻り売りに転じると思います。



      富裕層の背後にいるトレーダーたちが、利益確定して、直ぐに売りに転じます。



      その時、富裕層の真似をして、今回、初めて株を買ってみた人は大損するかもしれません。




      一回、急激な売りがあった場合には、一旦、戻した後、更に二段目の売りが始まります。



      その辺りはダウ理論通りですが、理論通りになるか暫く観察したいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA