ジョニー・デップの破産危機について

米俳優のジョニー・デップが破産状態に追い込まれているようである。


JohnnyDepp2

このことの理由に関して読者の方から連絡頂いたが、ジョニーディップが何故、破産寸前にあるのか検討してみた。


J・デップ、浪費で破産寸前 資産管理会社がローン未払いで提訴
2017年02月01日 14:27 発信地:ロサンゼルス/米国

【2月1日 AFP】米俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp)さん(53)が、激しい浪費によって破産寸前に追い込まれていることが分かった。デップさんの資産管理を担っていた企業が先月31日、不払いになっているローンの返済を求めてデップさんを提訴したことで明らかになった。

 デップさんを提訴したザ・マネジメント・グループ(TMG)が米ロサンゼルス(Los Angeles)の裁判所に提出した訴状によると、デップさんは20年ほどにわたり毎月200万ドル(約2億3000万円)を支出。フランスの城やバハマ諸島の島を含む不動産14件に計7500万ドル(約85億円)を費やしたという。

 デップさんはまた、2000年以降に1800万ドル(約20億円)のヨットや高級車45台を購入。毎月のワイン代は70万ドル(約7900万円)に上り、自家用機も所有、40人ものスタッフを抱えている。さらにアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)やグスタフ・クリムト(Gustav Klimt)などの巨匠の作品200点以上のほか、ギター70本、ハリウッド(Hollywood)関連品多数も収集している。

 デップさんは先月13日、自身の許可なく金融取引を行い、資産状況の悪化を隠し、資産管理を誤ったとして、TMGを相手取り2500万ドル(約28億円)の支払いを求める訴訟を起こしていた。

 一方、昨年契約を解除されたTMGは、同社が420万ドル(約4億7000万円)の負債を抱えており、デップさんが所有する不動産の差し押さえを余儀なくされたと主張している。(c)AFP


ジョニーディップは現在、木星/土星期である。


JohnnyDepp_chart

木星は9室の支配星で9室に在住しているが、6室の支配星でもある。


従って、2013年9月21日からマハダシャー木星期に移行しているが、9室の象意を経験すると共に6室の象意も経験する時期に入ったのである。


そして、昨年2016年5月に妻から離婚を申し立てられて、8月に離婚したのはその為である。


JohnnyDepp3

この時、既に木星/土星期に移行した後である。


J・デップ離婚へ 妻の女優、ハードさんが申し立て
2016.5.26 10:45 産経ニュース

米メディアは25日、米人気俳優ジョニー・デップさん(52)の妻で女優のアンバー・ハードさん(30)が離婚を申し立てたと報じた。2人は昨年2月に結婚したばかり。

 ハードさんは「和解しがたい不和」が理由として離婚後の扶養料などを求めている。2人の間に子どもはいない。デップさんは病気だった母親を最近亡くしたばかりだという。(共同)


ジョニー・デップさんが離婚合意、7億円の和解金と報道 「和解しがたい不和」理由に
2016.8.17 23:40 産経ニュース

米CNNテレビ電子版などは16日、「和解しがたい不和」を理由に妻の女優アンバー・ハードさん(30)から離婚を申し立てられていた人気俳優ジョニー・デップさん(53)が16日、離婚に合意したと報じた。芸能専門サイトTMZによると、デップさんがハードさんに700万ドル(約7億円)の和解金を支払うという。

 ハードさんはデップさんからドメスティックバイオレンス(DV)を受けたと訴え、ロサンゼルスの裁判所が5月、デップさんに接近禁止命令を出していたが、ハードさんは訴えを取り下げた。

 2人は「私たちの関係は非常に情熱的で、時に不安定だったが常に愛で結ばれていた」とするコメントを出した。ハードさんは和解金を慈善活動に使うとしている。

 2人は映画「ラム・ダイアリー」の共演をきっかけに交際を開始。昨年2月に結婚したばかりだった。(共同)


木星は6室の支配星で、土星は8室の支配星である。


そして、6室支配の木星は8室支配の土星からアスペクトされて傷ついている。


木星/土星期はその絡みの象意が顕現するタイミングである。


従って、木星期には9室支配で9室自室に在住する木星の働きで9室の幸福を経験するだけではなく、離婚や負債、訴訟といった事柄も経験する時期である。


木星から見ると土星は11、12室支配で11室に在住している。


従って、収入の損失という象意も顕現するタイミングである。


ジョニーディップは映画俳優としても最近はヒットが生まれず、私生活でも離婚や浪費による破産寸前の状況に追い込まれている。


これは木星/土星期がもたらしたものであり、6室支配の木星が8室支配の土星にアスペクトされて傷ついていることによるものである。




破産の危機が報じられたのは、2月1日であり、トランジットの土星が射手座に入室した後である。


出生図において、ラグナロードの月は6室に在住しており、ケートゥと接合して、元々人生全般が6室のテーマ(離婚、訴訟、負債)と縁があることを表している。


6室に在住する月は無償の奉仕、献身性を表すが、6室のケートゥは敵を粉砕する配置であり、対人的に強い配置である。

暴力の配置と言ってもいいかもしれない。



ジョニー・ディップは、妻に献身的である一方、暴力的でもあり、妻への態度に二面性を抱えていたと思われる。


妻からドメスティックバイオレンス(DV)を受けたと訴えられての離婚であるが、一方で、両者は「私たちの関係は非常に情熱的で、時に不安定だったが常に愛で結ばれていた」とするコメントを出しており、これから分かることは、そのような二面性のある不安定な関係性である。


出生図の7室に在住する土星は逆行して6室にかかっており、これがポイントなのである。


ラグナロードで6室に在住し、ラーフ/ケートゥ軸と絡む月が逆行の土星と火星から6室で傷つけられている。


その6室にダブルトランジットが生じたタイミングで破産の危機が生じたようである。


離婚は昨年の5月-8月の間に既にしており、木星が乙女座に入室するタイミングであった。


木星と土星が7室や11室にダブルトランジットするタイミングである。


7室には8室の支配星が在住し、パートナー関係がこじれることを表しており、11室は離婚のハウスであり、そこには12室(別離)支配の水星が在住している。


ダシャーは木星/土星期である。


アンタルダシャーが土星であることによって、8室や6室の象意が顕現したと考えられる。



因みにジョニーディップの11室には2室支配の太陽と11室支配の金星が在住して、2-11室のダナヨーガを形成しているが、そこには3、12室支配の水星も在住している。

ダナヨーガを形成しているが、3、12室支配の水星の絡みは出費を表している。


また月から見ると太陽、金星、水星は6室に在住しており、月から見て12室にアスペクトしている。


収入は良いが、借金体質であり、浪費癖があるというのはこうした配置が示しているのではないかと考えられる。



因みにジョニーディップは、フランスの城やバハマ諸島の島を含む不動産14件を購入したり、不動産の取得に巨額の金銭を出費している。


出生図で4室支配の金星が12室支配の水星と接合していたり、またナヴァムシャでは月から見た4室と12室が星座交換している。


従って、不動産の取得に多額の金銭を浪費してしまうのである。



破産寸前にも関わらず、多額の金銭を出費していくジョニー・ディップは、まさに飛び抜けた浪費家と言えるが、出生図でもそれが良く表れている。


主に11室でダナヨーガを形成する惑星が月から見ると6室に在住して12室にアスペクトしている。


これが稼いだそばから使っていく人の出生図なのである。



つまり、ダシャーの解釈から考えても稼ぐことと使うことが同時に起こっているということである。






(参考資料)



ジョニー・デップ ローン返済めぐり訴えられる、破産寸前も桁違いの浪費
2017年2月1日 19:21 スポニチアネックス

米人気俳優のジョニー・デップ(53歳)が、昨年まで17年間にわたって資産を管理していた「ザ・マネジメント・グループ社」からローンの返済などをめぐってロサンゼルスの上級裁判所に“対抗訴訟”を起こされた。

 デップは1月13日に同社を「勝手に2500万ドル(約28億円)以上を使われ、税金の支払いもしなかったために570万ドル(約6億4000万円)の追徴課税を受けた」としてその返済を求める訴訟を起こしていたが、今度は自らが訴えられる事態と直面することになった。

 AP通信によれば訴状では毎月200万ドル(約2億3000万円)を使うデップの信じられない浪費ぶりが明らかにされており、バハマ諸島にある豪邸を含む14軒の不動産の維持と購入には総額7500万ドル(約85億円)以上を支出。破産寸前だというのにプライベート・ジェット機に乗り、艇長47メートルもある豪華なヨットを購入していた。さらに高価な絵画を買いあさるなど、ザ・マネジメント・グループ社の警告を再三にわたって無視。同社はデップのために56万ドル(約6300万円)も負担しており、その返済などを求めて訴訟を起こした。
参照元:ジョニー・デップ ローン返済めぐり訴えられる、破産寸前も桁違いの浪費
2017年2月1日 19:21 スポニチアネックス

ジョニー・デップ破産!?凄まじい浪費・・・マネジメント会社「面倒見切れん」
2017/2/ 3 13:33 JCASTニュース

「海賊」から「不思議の国」までなんでもござれの人気俳優ジョニー・デップが破産の瀬戸際にあるという。マネジメントをしてきた「TMG」との契約をデップが解消したことが発端で、TMGはデップの仕事の条件交渉、金額、ギャランティーから私生活、個人資産までを管理・アドバイスして支えていた。TMGはデップに貸していた5億6200万円の返還を求め、不動産を処分しろと迫っている。

これに対し、デップは「無断で28億円が使われ、税金の支払いなどを怠った。6億4000万円も追加納税しなければならなかった」とTMGを告訴し訴訟合戦に発展した。TMGは「デップの金遣いの荒さこそ問題だ」と浪費グセの実例を暴露した。これが凄まじい。

月の生活費2億2600万円。村ごと買い取り「フランスの別荘」

訴状によると、デップの生活費は月に2億2600万円。所有するヨットは全長45メートルで、内装は高級ホテルなみ。購入と改修の費用は20億3200万円超。パパラッチを避けるためプライベート・ジェットも持っている。レンタルのほうが安いのだが、デップは些細な用事にまで使っている。維持費は月に2300万円以上もかかる。

このほか、世界各地に14か所の不動産を所有し、ロサンゼルスの宮殿のような豪邸は5億円。フランスの別荘地にある邸宅は村ごと所有しているといわれる。東京ドーム3個分以上の広さで、教会やレストランもある。これら不動産の購入・維持管理費は84億3000万円以上になる。

さらに、自分と家族に24時間365日つけていたというボディーガードは月約1700万円。高級ワイン代は月に339万円。TMGはアート、宝石のコレクションなど10以上もの浪費を訴えている。

高収入男優ランク5位の年収55億円

アメリカ「フォーブス」誌の「世界で最も稼いだ男優ランキング」でデップは5位で、去年(2016年)6月までの1年間に稼いだ金は55億円だ。所得税は50%、事務所、弁護士、TMGの業務費を引くと手取りは30%で、約16億5000万円になってしまう。これでは生活費の月2億2600万円に追いつかない。

TMGは訴状で「収入の域を超える。手持ちの現金は6か月もたせるのがせいぜい」と言っている。元妻や元内縁の妻、その子供への支払いも続く。

司会の加藤浩次「破産と聞くと、エッ、と思いますけど、あれだけ資産もってたら、破産しねえよと思っちゃう」

本上まなみ(俳優)「ケタが違うとはこういうこと。村って買えるんだと」

山本由樹(雑誌編集者)「富の偏在が言われていますよね。世界のトップ8人の大富豪の富が、世界の半分の人の富とと同じだとか。経済のこと考えて、一生懸命回してる(浪費)んじゃないか」

破産しても、また稼げばいいぐらいなものだろうな。

文 ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト

参照元:ジョニー・デップ破産!?凄まじい浪費・・・マネジメント会社「面倒見切れん」
2017/2/ 3 13:33 JCASTニュース

ジョニデ破産寸前 月2億円浪費グセ
2017年02月05日 16時30分 東スポWeb

今年の初め、女優のアンバー・ハード(30)との離婚が成立し、ようやくひと息ついたと思われた米俳優ジョニー・デップ(53)。ところがどっこい、今度は「破産寸前」との報道が相次いでいる。

 実は先月、デップは17年間にわたり資産運営を任せてきた会社を相手に「不正経理と投資の失敗により大きな損失を被った」として、2500万ドル(約28億4000万円)の賠償を求める裁判を起こしていた。それに対して同社は「資産がなくなったのは、デップ氏本人による桁違いの浪費癖が原因」として今週、反訴したのだ。

 米芸能誌「ピープル」によると、デップを逆に訴えたのは資産運営会社、ザ・マネジメント・グループ(TMG)。

「デップ氏は毎月200万ドル(約2億2700万円)を超える出費をする浪費生活を送っていた。これは本人の収入を超えるもので、再三警告したが、浪費を続けたため、資産がなくなったのは自業自得だ」と反論した。

 デップの弁護団は「長年にわたる明らかな経営の失敗と、時にあからさまな不正行為により、何百万ドルという損失を被った。そのため、多くの資産を売却してTMGに支払わなければならなかった」としている。

 一方、TMGは訴訟でデップに、未払いの契約料やクレジットカード料金の計56万ドル(約6360万円)の支払いを求めている。また同社は、前妻アンバーと結婚した際には、資産に関する婚前契約を結ぶように勧めたとしている。結局、1年ほどの結婚生活の末、デップが慰謝料として支払った金額は700万ドル(約8億円)だった。

 確かにデップの浪費は桁違い。アンバーと交際中にはリゾートエリアの小島を買ってプレゼントをしたこともあった。

 また、米紙USAトゥデーによると、全長47メートルもある豪華ヨットやプライベート機、高級車45台を所有し、バハマ諸島にある豪邸を含む不動産14軒の購入と維持費に計7500万ドル(約85億円)以上を支出。膨大な出費は続いているという。

 そのため、総額3億5000万ドル(約400億円)ともいわれたデップの資産は大幅に目減り。今のままの生活を継続すれば、破産は必至とみられている。

参照元:ジョニデ破産寸前 月2億円浪費グセ
2017年02月05日 16時30分 東スポWeb









スポンサーリンク


スポンサーリンク