「たかの友梨ビューティークリニック」社長の今

「たかの友梨ビューティークリニック」の高野友梨社長が仙台店で女性従業員から残業代未払いを仙台労働基準監督署に申告され、その際、その女性従業員を管理職と共に2時間半に渡って威圧的に詰問したテープがマスコミにリークされ、公開された。

高野友梨氏にとっては大きな損失である。

TakanoYuri_chart

このことが何故、今のタイミングで起こったかを考えた時に高野友梨のアセンダントが獅子座であることが浮かび上がる。

獅子座ラグナに設定すると、6、7室支配の土星が12室に蟹座に在住し、その蟹座の土星に対して、木星と土星がダブルトランジットを形成している。

また土星が11月に蠍座に入室するおよそ2か月前の今、土星は既に蠍座入室の効果を発揮しているため、6室と12室にダブルトランジットしているのである。

6室には2、11室支配の水星が在住しているが、11室は評価のハウスであり、その11室支配で6室に在住する水星に対して、ダブルトランジットを形成したため、世間的な評判、評価を落とす結果となったのである。

おそらく高野友梨氏は2014年1月前後にマハダシャー水星期に移行して、従業員との確執、訴訟のカルマが噴出したのだと言える。

ダシャーが既におとずれており、そこにダブルトランジットを形成したことによってそのカルマが発芽したのである。

6室にはラグナロードの太陽が在住しているが、太陽は政府を表す表示体である。

従って、太陽が6室に在住する人は政府との確執、政府との意見の不一致を表している。

高野友梨氏が、従業員に対して、「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」と語った発言は、日頃から労働基準法に準拠せず、国家の法律を軽く考えていたことがうかがわれ、それは6室に在住する太陽が象徴している。

仙台市内店でこのことが起こったのは、仙台は東京を中心とすれば、都心から離れた郊外であり、田舎であることから、12室(郊外、隠遁地)に在住する6室支配の土星で表される。

その6室の支配星にダブルトランジットしていることから、仙台という郊外の店舗に勤める女性従業員(6室)が労働基準監督署に訴え出る(6室)という事象として発現したのである。

そして、水星は2室支配で6室に在住しており、その水星に6室支配の土星がアスペクトバックしている。

2室はスピーチのハウスであるが、女性従業員に対して、威圧的に暴言を吐いたのは、2室(スピーチ)支配の水星が6室(暴力)に在住しているからである。


従って、獅子座ラグナにすると現在、生じていることを正確に表している。

因みに高野友梨氏はマスコミに好んで露出し、公で目立つパフォーマンスをすることから、獅子座であることをよく表しているが、テレビに頻繁に登場し、沢尻エリカをCMに起用して、一緒にワイドショーに登場するなど、準芸能人でもあることから、ナクシャトラはプールヴァパールグニーが妥当ではないかと思われる。

TakanoYuri_photo

着ている服装のセンスなども派手で目立つゴージャスな印象であり、典型的な獅子座の人である。

因みに高野友梨は2002年に群馬県前橋市の養護施設「鐘の鳴る丘少年の家」に屋内体育館施設「たかの友梨レインボーホール」を寄贈しており、その後、2006年からボランティア活動として、群馬県の養護老人ホームで定期的にエステティックサービスの提供をして来た。

2007年11月にも「鐘の鳴る丘少年の家」に、食育のためのケアハウス「たかの友梨レインボーハウス」を寄贈している。

また2008年4月に特定非営利活動法人「School Aid Japan(スクール・エイド・ジャパン)」の世界中の子どもたちを対象とした教育支援活動に賛同し、カンボジアの小学校に校舎を寄付している。

6月には岩手・宮城内陸地震の被災者に無償でエステティックサービスを提供している。

このように彼女は非常に多くの慈善活動に取り組んできたが、それは皆、マハダシャー土星期の出来事である。

土星はラグナからみて6、7室支配で12室に在住しており、その土星に5室支配の木星がアスペクトしている。

この配置があるからこそ、群馬県という郊外の施設で慈善活動事業に取り組んで来て、時には「たかの友梨」の弟子とも言える従業員(この場合5室支配の木星の表示体)も動員して、それを行ってきたのである。

土星は月からみると9、10室支配のラージャヨーガカラカであり、基本的にダルマ(義務・道徳)とカルマ(行為)を支配する吉祥な機能的吉星である。

土星は年寄り、年配者を表し、その土星が蟹座(家庭的、出産した女性たち)に在住している為、養護老人ホームでエステティックサービスを提供してきたのである。

ポイントとして、この土星に蠍座に在住する強い木星がアスペクトしていることが効果的に働いているのである。

然し、この土星期が終わって、2、11室支配で6室に在住する水星期に入った時に彼女は従業員と訴訟をする時期に突入したのである。

因みに10室には12室支配でヴァルゴッタマで高揚する強い月が在住しているが、月は牡牛座のローヒニーに在住している。

通常、牡牛座は美容や健康に最も関心が高い星座であり、エステティックというのは牡牛座の典型的な象意である。

そして、月は女性を相手にする仕事を表しており、牡牛座で高揚しているので、美容に関心が高い人ばかりを相手にする仕事であることを表している。

因みに月は12室を支配しているため、かなり消耗が大きい仕事でもあり、月が12室の支配星で、この月に対して5室支配の木星がアスペクトしているため、やはりエステティックの仕事はある程度、ボランティア的な面もあり、また閉鎖された場所(12室)で行う仕事でもある。

3、10室支配の金星は7室に在住しており、4、9室支配の火星がラグナに在住して、金星と相互アスペクトしている為、9-10室のダルマカルマラージャヨーガを形成している。

仕事を通じて社会に奉仕を為す配置である。

因みに2010年に沢尻エリカをCMに起用した時、木星は7室水瓶座をトランジットし、土星は2室乙女座で逆行して、7室にアスペクトし、7室にダブルトランジットを形成していた。

この時、ワイドショーで300回近く報道されたとwikipediaに書かれている。

金星は3、10室の支配星であり、メディア(3室)に露出し、公の大舞台(10室)に立って、皆に注目された(10室)訳であるが、それはビジネスパートナーとしての沢尻エリカ(7室)を獲得したからである。

彼女のチャートはラグナにラージャヨーガカラカの火星が在住して、ラグナとラグナロードに火星と土星が絡んでおり、クシャトリア・トランジットを形成している。つまり、クシャトリア階級(戦士階級)と言われるコンビネーションを所持しており、支配力、統率力があることを示している。

一代で「たかの友梨ビューティークリニック」を築いたというのは、この強い配置が表している。

10室の支配星が金星(美、芸能、美容)であり、そこに火星(マネジメント、管理職)がアスペクトし、10室で月(女性、美容)が高揚しているため、これら10室に絡む惑星群は、彼女の職業をよく表している。

因みに高野友梨の結婚生活はどうであるかについて検証のため、確認してみたが、ネット上で確認できる情報によれば、最初の夫は病気で亡くなられているということである。。

そして、現在は年の離れた男性と結婚しているという。

まず、獅子座ラグナで考えると、6、7室支配の土星が12室に在住する配置は、夫との別離を表しているが、6室が絡んでいるため、夫が病気で亡くなったことを表しているのである。

7室の支配星が7室からみてラグナロードの土星が6室(病気)に在住し、更に7室からみた12室(病院、別離)にアスペクトしており、更に7室からみると12室には7室(マラカ)支配の太陽や8室支配の水星が在住している。

従って、上記のことをよく表している。

また蟹座ラグナや獅子座ラグナの人は、7室の支配星が土星(年配の人)になるため、年上の人と結婚する人が多いのである。

従って、高野友梨の結婚に関するこうした断片的な情報からも獅子座ラグナであることが間違いないように思われる。

因みに彼女のチャートは大変、素晴らしいチャートなのであるが、ラグナロードの太陽が6室に在住し、2、11室支配の水星と6室で同室している配置は、非常に問題をもたらす配置である。

まず6室に凶星が在住する人の特徴は、攻撃的で、部下をこき使う人物となる。

例えば6室に凶星が惑星集中している人が学校でいじめをしていたケースなども見たことがあるが、6室は暴力のハウスである。

従って、部下をサービス残業で酷使し、自分自らも部下と共に汗を流すというそういうタイプである。

自分自らも常に奮闘して、戦っているタイプであり、決して楽な優美な生活を送っている訳ではないのである。

経営は自転車操業だったり、6室は借金と関係するため、常に資金繰りには苦労していることと思われる。

それは最近の事例で言えば、ユニクロの柳井氏も同じである。

獅子座の土星からみて山羊座6室に惑星が在住しているので部下を酷使しているのである。

おそらくブラック企業にカテゴライズされる企業の特徴は、経営者にこのような配置があるケースが多いのではないかと思われる。

彼女の場合は5室支配の木星が4室に在住しているが、4室は道場、アシュラムを表している。

従って、彼女には弟子が大勢いて多くの従業員を美容師として養成したと思われる。その中には独立したような優れた弟子たちもいたと高野友梨氏自らも言っている。

4室に在住しているこの木星が10室にアスペクトしているため、彼女は1978年には「日本エステティック学院」(のち「たかの友梨 エステティックアカデミー」に改称)を開設している。ちょうどマハダシャー木星期に入る直前である。

そして、2014年4月にも東京都の認可を受け「学校法人たかの友梨学園 たかの友梨美容専門学校」を開校している。

学校の設立とは4室に木星が在住する人の典型的な象意である。

TakanoYuri_photo2
従って、彼女には多くの優秀な弟子たちがいると思われるが、一方で、彼女にはまた弟子までにはいかない多くの従業員を抱えている。

そうした従業員に対しては彼女はおそらく残業代も払わないのが当たり前のような酷使をして来たのであると思われる。

それが6室に凶星が在住する人の特徴だからである。

然し、彼女は自分自身もそのように身を粉にして奮闘するタイプでもあり、そのようなことは彼女にとってはおそらく当たり前のことなのである。

また今まで多くの弟子たちを養成してきて、部下を過剰に酷使してきたとしても、教育者としても優れていたので皆、それでも従ってついてきたのであると思われる。

然し、マハダシャー水星期になって、そのようには行かなくなったということである。

酷使される従業員の不満がついに噴出したのである。

そして、高野友梨が従業員を集めて食事会を開いた席で、問題の女性従業員を幹部たちと囲んで詰問したその声を録音テープに録音されてマスコミに公開されてしまったのである。

これはある意味、この訴えた女性従業員も狡猾で執拗な手法に及んだと言える。

これは明らかに蠍座に入室して、蠍座にダブルトランジットが形成しつつあることの象意ではないかと思われる。

この巨大な象を蠍の毒針で一撃で倒すと言うのは、蠍座の象意だからである。

従って、この象意はラグナからみても月からみても8室を支配する木星に対して、ダブルトランジットが形成された効果である。

8室は天敵、自分よりも強い相手を表し、勝てない相手を表している。

従って、弟子を表す木星は、同時にこの勝てない相手、災難をもたらす相手としても働いていたのである。

11月から土星が蠍座に入室して、4室蠍座にダブルトランジットが形成されるが、そこには8室支配の木星が在住し、12室支配の月や6室の表示体である火星からアスペクトも受けている為、心穏やかでない時期が暫く続きそうである。

土星が4室を通過するため、弟子たちとの間に緊張感が生じ、また従業員との間に訴訟のような状態が暫く続くことが予想される。

高野友梨にとって、現在のマハダシャー水星期というのはそのような厳しい時期である。

 

————————————————————————————————————————————————————
<たかの友梨>通報者に精神的圧迫 女性社員が保護申告
毎日新聞2014年8月28日(木)21:50

 エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営している「不二ビューティ」(本社・東京都渋谷区)が給料から違法な天引きをしているなどと労働基準監督署に内部通報したところ、長時間の詰問など精神的な圧迫を受けたとして、仙台市内の店に勤務していた宮城県の女性社員が28日、厚生労働省に公益通報者保護の申告をした。加入する「エステ・ユニオン」も宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

 申告書などによると、女性は5月に同社に労組の結成を通知、給与からの制服代の天引きや未払い残業代の支払いなどを求めて団交を重ねたが解決せず、労基署に違法な状況を申告した。仙台労基署は8月5日に違法な給与の減額分の支払いなどを命ずる是正勧告を行った。

 労組がこの経緯を公表しようとすると、店を訪れた高野友梨社長が全従業員を集めて食事会を開き、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたという。

 女性は職場に行けない状況が続いているといい「幹部に囲まれ名指しで非難され、恐怖以外のなにものでもなかった。公益通報者にこうした攻撃は許されない」と話している。
 同社は「詳細は承知していないが、当社としては不当労働行為とされるような行為はしていないと認識している」としている。

 公益通報者保護法は、事業者の法令違反を通報した人に対する解雇や降格などの不利益な取り扱いを禁止している。【東海林智】
——————————————————————————————————————————————————-
高野友梨社長「会社つぶしてもいいの」威圧か
2014年08月29日 07時54分 Yomiuri Online

 エステ店「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する「不二ビューティ」(東京)の高野友梨社長が、仙台店での残業代未払いを仙台労働基準監督署に申告した20歳代の女性従業員に「会社つぶしてもいいの」などと威圧的な発言をしたとして、女性が加入する労働組合が28日、不当労働行為の救済申し立てを宮城県労働委員会に行った。

 仙台労基署は女性の申告を受け、今月5日、不二ビューティに労働基準法違反で是正勧告を出した。労組によると、高野社長は21日夜、仙台店の全従業員を集めた食事会で女性を前に座らせ、管理職と共に約2時間半にわたって威圧的な発言を続けたという。女性は翌日からショックで出勤できなくなり、記者会見で「恐怖心しか感じなかった」と話した。

 同社は「不当労働行為とされるような行為はしていない」としている。
———————————————————————————————————————————————————-
たかの友梨仙台店に勧告、残業代めぐり労基署
2014.8.22 20:14 産経ニュース

 エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」の仙台店(仙台市)が、有給休暇を取った従業員の残業代を減額したなどとして、仙台労働基準監督署が是正勧告していたことが22日分かった。従業員らの代理人弁護士が明らかにした。

 仙台店の従業員と元従業員の計4人が労基署に申告していた。代理人によると、残業代があらかじめ決められている「固定残業代」の給与体系であるにもかかわらず、有給休暇の取得後に、休んだ日数分を不当に減額されたとしている。また是正勧告では、労使協定書を適切に結ぶよう求めたとされる。

 経営する不二ビューティ(東京)は、今月5日付で是正勧告を受けた事実を認めた上で「通常の休みだと勘違いし、計算を誤った」と説明。「勧告を真摯に受け止め、適正な労使関係の確立に取り組む」とのコメントを出した。
———————————————————————————————————————————————————-
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です