<小沢一郎元代表>腰の痛み訴え病院に搬送

小沢一郎の元秘書に有罪判決が下った。
確かに判決は裁判官の推定によるもので奇妙なものであった。

そして陸山会事件初公判が行われた。

小沢一郎は窮地に追い詰められている。

——————————————————————————————————-
<小沢一郎元代表>腰の痛み訴え病院に搬送
毎日新聞 10月7日(金)0時14分配信

 民主党の小沢一郎元代表は6日夜、東京都世田谷区深沢の自宅から救急車で日本医科大病院(文京区)に運ばれた。

 東京消防庁によると、元代表は同日午後8時ごろから左の腰背部の痛みを訴えた。同11時すぎに家人から119番があり、かかりつけの同病院に搬送。意識はあり、自分で歩くことができるという。
——————————————————————————————————-

そんな中で、小沢一郎が腰の痛みを訴えて病院に搬送されたとニュースが報じているが、前兆学的にはあまりよい印象ではなく小沢一郎の今の状況を表している。

まもなく小沢一郎は土星/土星期に移行する予定である。

あるいは既に土星期に移行したかもしれない。

土星は6、7室支配のマラカであり、ラグナロードで肉体の表示体である太陽に接合している。

この土星は小沢一郎の10室で燦然と輝く太陽に突き刺さり、彼の地位や権威、そして、健康状態にまで影響を与えるはずである。

初公判を終えた小沢一郎の顔は険しい模様であった。

土星期に移行した段階で、明らかに小沢一郎に変化が訪れると思われる。

6室の支配星というものは批判をもたらし、それが10室に在住しているため、公の場で小沢一郎への批判が語られることを表している。

新聞、マスコミ、そして裁判の判決によって小沢一郎に批判が加えられる。

チャラダシャーは双子座/蟹座である。

蟹座からみるとAmkが12室に在住しており、仕事や地位にとって良くない時期である。

悲しいことだが、小沢一郎はどんどん追い詰められており、ジョーティッシュによるこの検証結果を成就しつつある。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です