病気とは何か

先日、アイドルグループ『私立恵比寿中学』のメンバー・松野莉奈が「致死性不整脈」で亡くなった。

各新聞もこの一アイドルの突然の死を大きく報じている。


MatsunoRina1

まだ若いだけに関係者の間で落胆が広がっており、ファンの間でも「松野莉奈を送る会」が開かれて、その突然の死が惜しまれていた。

突然に亡くなった理由はジョーティッシュで見ると明確に示されている。


MatsunoRina_chart

出生データは、「1998年7月16日 東京」で出生時間は不明である。


但し、出生時間を何時に設定しても月は魚座に在住している。


従って、チャンドララグナは魚座で確定である。


月から見ると6室支配の太陽が3、8室支配の金星と接合し、2、9室支配の火星と接合し、11、12室支配の減衰する土星からアスペクトされている。


心臓の表示体である太陽が6室を支配して傷つくと共に慢性病、原因不明、突然を意味する8室支配の金星と接合し、6室の表示体である火星と接合して、11、12室支配のマラカの土星がアスペクトしている。


つまり、太陽に対して、6室、8室、12室や土星と火星が絡んでおり、土星は8室の表示体であり、火星は6室の表示体である。


不整脈とは心臓の鼓動に乱れが生じることである。


従って、心臓の疾患であるが、原因ははっきりとしていない。


おそらく医学の力では不整脈の現象の物理的、生理学的側面について克明に記述することは出来るが、何故、不整脈が生じるかの根本的原因や何故、心臓は鼓動するかといった根本的疑問には答えることが出来ない。


物質科学そのものがそうした傾向がある。


物理学で万有引力の法則を記述できても、何故、引力が存在するかといった根本的な疑問には答えることが出来ないのと同じである。


そこで信仰者に聞けば、彼(彼女)は「それは神からの許しがなかったから」と答えるに違いない。


信仰者にとっては人間が生きて存在していられるのも神の許しがあってのことである。


つまり、科学では分からない形而上の理由や原因があるということである。



ジョーティッシュの法則を学習して使いこなしている人であれば、表示体である太陽が6室、8室、12室と絡み、更に土星や火星と絡んでいたら、心臓の疾患について警鐘を鳴らすはずである。


それでは松野莉奈は不整脈で亡くなる運命だったのかと言えば、それははっきりしたことは言えないが、何か現代医療によって薬の処方などによって延命できることはあっても惑星によって示された不整脈自体が起こり得るカルマを変えること自体は出来ないと考えられる。


それはジョーティッシュの法則によってはっきりと示されている。



松野莉奈の若くしての死は、各新聞で大きく取り上げられて、ファンの間からも「松野莉奈を送る会」で彼女を弔いたいとする動きが起こり、その突然の死を悼む反響は大きかった。


彼女は2010年2月に『私立恵比寿中学』にメンバー入りし、2012年5月にデビューしている。


彼女のダシャーバランスは00:00:01~23:59:59迄の出生時間の範囲であれば、現在のダシャーはケートゥ期の初めから金星期の半ば頃であると考えられる。


既に芸能界にデビューしたことを考えると、彼女の現在のダシャーは金星であり、月から見た3室(芸能、踊り、パフォーマンス)の支配星である。


小学1年生(2004年)の頃、表参道でスカウトされて芸能界入りし、2010年2月に『私立恵比寿中学』にメンバー入りして、2012年5月にデビューしているが、彼女がアイドルグループに加入して、踊りやパフォーマンスを披露し始めたのが、2010年2月~2012年5月の間であれば、マハダシャー金星期に移行したのもこの頃ではないかと考えられる。


小学1年生でスカウトされた頃はまだマハダシャーケートゥ期であり、ケートゥのディスポジターである土星が3室に在住しているため、芸能に縁はあったがまだ本格的に踊りやパフォーマンスを披露するまでには至っていなかったと考えられる。


その後、松野莉奈は『みにちあ☆ベアーズ』という小学生女子ジュニアアイドルチアグループのメンバーとして活動していた。

このグループは2009年に結成され、2014年に解散しており、結成された2009年はちょうどマハダシャー金星期に入ったタイミングの金星/金星期であり、解散した頃は、金星/火星期辺りである。


つまり、マハダシャー金星期になる直前に芸能界にスカウトされ、『私立恵比寿中学』のメンバー入りする前に『みにちあ☆ベアーズ』という小学生アイドルグル―プで活動していたことになる。


そうすると、彼女の現在のマハダシャーは金星/ラーフ期で、金星/ラーフ期に『私立恵比寿中学』というグループで更に本格的にデビューしたことになる。


金星/ラーフ期はデビューの時期であり、有名になっていくタイミングである。



然し、松野莉奈にとって、この有名になっていく金星/ラーフ期が同時に今回の悲劇を招いたことになる。


ラーフは月から見て6室(病気)に在住し、ラグナから見てマラカの7室に在住し、ディスポジターは太陽であり、既に説明したように太陽は心臓の表示体であり、月から見ると6室の支配星で激しく傷ついている。


ナヴァムシャ(D9)でも月から見て6室支配の太陽がラーフと接合し、魚座ラグナにとってのマラカの土星(11、12室支配)と接合して傷ついている。


水瓶座ラグナに設定すると、ラグナロードの土星が3室(芸能)に在住し、3、10室支配の火星が5室(3室から3室)に在住して、月から見た3室支配の金星と接合しており、芸能界との関わりを表している。


チャラダシャーは魚座/射手座であり、魚座にはGKの木星が在住し、マラカに相当するDKの金星とAKの太陽がアスペクトしている。

また射手座にもGKの木星とDKの金星、AKの太陽がアスペクトしている。


従って、魚座と射手座には、GKの木星、マラカに相当するDKの金星、ラグナロード(身体)に相当するAKの太陽が絡んでおり、2017年1月26日以降に土星が射手座に入室して、射手座と魚座に木星と土星がジャイミニアスペクトしたタイミングで、これらのGK、DK、AKの絡みによる象意が顕現したと考えられる。


また現在、木星が8室乙女座に入室し、土星が射手座から8室乙女座にアスペクトしているため、8室にダブルトランジットが生じている。

8室は突然、中断、破局を表しており、水瓶座ラグナであれば、まさに現在の状況は8室へのダブルトランジットに相当する。

そして、土星は11室をトランジットし、木星は11室の支配星にもアスペクトしているため、高い評価を得るタイミングである。


彼女が亡くなってから多くの人がその死を悼み、「松野莉奈を送る会」が催されることに決まったのはその為である。


因みに現在、マハダシャー金星期であるが、『私立恵比寿中学』はこれまでにも所属するメンバーが病気に係ることで、活動休止や脱退などに見舞われていたという。


【急死・松野莉奈】体調不良者が続出していたエビ中!「ももクロに追いつくため…」
2017.02.16 TOCANA 知的好奇心の扉 トカナ

アイドルグループ私立恵比寿中学の松野莉奈さんが致死性不整脈のため18歳という若さで急死。私立恵比寿中学のメンバーはもとより、同じくアイドルとして活動をしている多くの少女たちが追悼コメントをブログやSNSに寄せている。

 そんな中、なぜかこのグループに付きまとっている病気に注目が集まっている。

 メンバーの柏木ひなたは突発性難聴で一時活動休止に、瑞季は不整脈の疑いがあり脱退、小林歌穂は現役だがバセドウ病と診断されている。

 AKB48のように大所帯ではない私立恵比寿中学だけに、これだけ多くのメンバーが何かしらの病気に冒されているのは異常だと言わざるをえないだろう。

「過去にはファンの間でもあまりに病気になるメンバーが多いことから御祓いに行ったほうが良いという声も出ていたほど。そんな中で、今回の松野莉奈の急死ですからショックは相当なものです。正式に活動中止はないと運営より発表がありましたが、明るく楽しいのが売りだっただけに、今後はどういった形で活動していくのかファンの間でも賛否両論が飛び交っています」(アイドル雑誌編集談)

 松野莉奈さんの場合は致死性不整脈という珍しい病気だっただけに、アイドル活動との因果関係はなさそうだが、この私立恵比寿中学は特殊なアイドルグループだと話すのは音楽関係者だ。

「所属先のスターダストでは、女優の卵の寄せ集めだったももいろクローバーZが国民的アイドルグループとして突然売れ、姉妹グループが次々とできあがった。私立恵比寿中学はももクロに次ぐ人気を誇り、チケット争奪戦が起きるほど。ドームクラスの公演も目前に見えてきたところでした。

 しかし、運営では同じ事務所ながらももクロ陣営とほとんど交流がなく、断絶状態。社内ではこの両方の運営の仲が悪いことが有名でした。遥か先を行くももクロに追いつこうと、私立恵比寿中学は特殊な世界観で活動を続けていましたが、最近では急成長していた人気にも陰りが見え始め運営側も焦っていたと聞きます。ももクロの名物マネージャーであった川上アキラ氏がももクロとともに社内で急激に出世して権力も持ち始めていたという声も聞こえますから……。そういった大人たちの見えないプレッシャーが、メンバーたちの心理状況に大きく重荷を追わせている可能性はあるはずです。

 ファンの間では、ももクロを抜くことが目標ではないという声も出ていたんですけどね」

 夢を与えるアイドルだからこそ健康第一で少女たちが無理なく活動できる場を作る事こそが、運営をする大人の役目だということを再確認するべきなのは間違いないだろう。


これは金星が8室の支配星であり、6室支配の太陽と接合しているからではないかと考えられる。


仕事上の仲間と行う芸能活動自体(3、10室支配の火星)が8室や6室の象意から影響されていることを示していたと考えられる。


水瓶座ラグナかどうかは更に検証していくとして、彼女のチャンドララグナは明らかに魚座に在住する月であり、月から見て6室支配の太陽が、3、8室支配の金星と接合し、火星と接合し、マラカの11、12室支配の土星からアスペクトされており、マハダシャーが8室(突然、致命的)である金星期であることで、致死性の不整脈による突然死を招いたのである。


運命が嫌いな人はこうした意見を好まないかもしれないが、明らかにこの松野莉奈の突然の死はカルマであると考えられる。


何らかの形而上の理由によって魂が転生して来る瞬間に人生の中盤で突然死をする人生が選び取られたのである。


自分で選び取ったのか、選ばされたのかは分からない。


この死によって何らかのカルマ的負債を解消したのかもしれず、またこの突然の死は両親にとってのカルマであったかもしれないのである。



医者はこの死の原因について説明できないし、仮に説明したとしても現象の物質的、生理学的過程について辿るだけである。


何故、彼女が死ななければならなかったのかについての理由については分からないし、物質科学に集中している人にとっては、その原因を形而上に求める発想自体が出てこない。


ジョーティッシュは物質科学ではなく、形而上の原因(カルマ)が物質界に展開していく過程を調べる科学である。




(参考資料)



「エビ中」松野莉奈さんの18歳急死でわかった突発的「致死性不整脈」の怖さ
2017年2月17日 09:59 Asagei+plus

年配者には馴染みが薄い名前だろうが、アイドルグループ・私立恵比寿中学(エビ中)のメンバー、松野莉奈さんが2月8日、18歳の若さで急死した。発表された死因は致死性不整脈だった。

 ご存知ない方のために簡単に説明しておくと、エビ中とは、2009年8月に結成された中学生(永久中学生)8名による人気急上昇中の女性アイドルグループで、グループ名はメンバーが所属する事務所の所在地からきている。このメンバーの一人、松野さんの突然の死で、芸能界は驚きに包まれた。

 日本AED財団によれば、心臓を原因とする突然死の数は、年間7万人を超えるという。不整脈は心臓のリズム(調律)の異常を指す心臓病のひとつだが、致死性不整脈は、

「特に前兆などがなく、かつ突発的に起こるため、対処、防ぎようのない病気。そして誰にでも、いつでも起こりうる」(江田クリニック・江田正院長)

 松野さんは亡くなる前日、体調不良によりコンサートへの出演を取りやめて自宅で休養をしていたというが、翌日、症状が悪化。搬送された病院で死亡が確認されている。

 致死性不整脈は心臓が痙攣を起こし、心臓から血液を体内や脳に送り出すことができないために起こってしまう。その原因は、年齢、病気、ストレス、不摂生が考えられ、年配者に多い病なのだが、松野さんのように若くしてこの病で亡くなる人もいる。

「18歳でトップアイドルを走るというのは、心身的にかなりのストレスがあったと思う」(夕刊紙デスク)

 致死性不整脈は、症状が出てからわずか数分で死に至る(突然死)ことが多いため、対処の方法がない怖い病。節制を心がけ、ストレスを溜めないことがなによりの予防なのかもしれない。

(谷川渓)
参照元:「エビ中」松野莉奈さんの18歳急死でわかった突発的「致死性不整脈」の怖さ
2017年2月17日 09:59 Asagei+plus

「致死性不整脈」の疑いと事務所が発表 エビ中・松野莉奈さん死因
The Huffington Post | 執筆者:ハフィントンポスト編集部
投稿日: 2017年02月10日 17時34分 JST

人気アイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」のメンバーで、2月8日に急死した松野莉奈さん(18)の死因について、所属事務所のスターダストプロモーションは、2月10日、「致死性不整脈の疑い」であると発表した。

同日、正式に医師から診断書が提示されたという。

致死性不整脈は、意識消失や突然死を招く症状。所属事務所によると、これまで松野さんが持病などを抱えていたということはなく、健康に活動を続けていたという。

ネット上では、死亡の発表直後から、死因について「ウイルス性急性脳症」や「インフルエンザ脳症」という情報が出回っていた。

松野さんは2月7日のイベントを体調不良で欠席。その後、東京都内の自宅で療養していたが容体が急変し、8日午前5時ごろ、両親が119番通報して救急搬送されていた。
参照元:「致死性不整脈」の疑いと事務所が発表 エビ中・松野莉奈さん死因
The Huffington Post | 執筆者:ハフィントンポスト編集部
投稿日: 2017年02月10日 17時34分 JST

エビ中・松野さん死去 致死性不整脈とは?
2017年2月10日22時58分 朝日新聞DIGITAL

致死性不整脈は、心臓が正常に拍動できなくなる不整脈のうち、発生すると救命が難しい症状の一つ。心室細動などがある。短時間で意識がなくなり、死に至る。日本AED財団のホームページによると、国内では心臓が原因の突然死が年間7万人を超える。そのうち最も重大な直接原因と考えられている。

エビ中・松野莉奈さん、死因は致死性不整脈か

 心室細動は、心臓の血液を全身に送り出す心室の筋肉が震え(細動)、血液が送り出せなくなり、失神して呼吸停止になる。対処法として、電気ショックを与えるAED(自動体外式除細動器)などがある。

 広島大学の東幸仁教授(循環器内科、再生医学)によると、致死性不整脈が起こると、2秒程度で意識が失われることがあり、数分間で心臓が止まってしまうこともあるという。

 遺伝的にこうした不整脈を起こしやすいタイプもあるが、原因がわからないことの方が多く、若い現役のスポーツ選手が亡くなるケースもある。運動中に起こることもあれば、睡眠中に起こることもあるという。ウイルスが心臓に感染したことをきっかけに不整脈を起こすこともある。

 新潟大学の榛沢和彦医師(心臓血管外科)は「若い人でも突然、心室細動になることがあり、今のところ予知や予防することは難しい。ただ、心室細動はAEDなどですぐに心臓を正常なリズムに戻せれば、救命できる場合が多い。家庭などAEDが近くにない場所で起きた場合は、心臓マッサージと人工呼吸で救急車を待ってほしい」と話す。
参照元:エビ中・松野さん死去 致死性不整脈とは?
2017年2月10日22時58分 朝日新聞DIGITAL

エビ中・松野さんは「致死性不整脈」 死因発表に「ホント悔やみきれない」
2017/2/10 19:12 JCASTニュース

人気アイドルグループ「私立恵比寿中」メンバーの松野莉奈(まつの・りな)さんが18歳で急逝した死因について、所属事務所は2017年2月10日、医師の診断結果として、「致死性不整脈の疑い」と発表した。

松野さんは7日、体調不良のために当日のコンサートへの出演を急きょ取りやめ、自宅で静養していたが、容体が急変し、8日未明に死去した。死因については当初、「病死とみられる」とされ、詳細は発表されなかったこともあり、様々な憶測を呼んでいた。

急死後、乱れ飛んだ憶測

松野さんは、2月6日にもインスタグラムを更新し、数日前に家族と行った旅行の様子を写真付きで報告していた。7日にはコンサート会場の大阪に向かう途中で体調不良を訴え、同日夕に公式ツイッターで出演取り止めが発表された。

8日にその急死が報じられると、エビ中の公式サイトにアクセスが殺到し、同日正午過ぎからしばらく、つながらない状態が続いた。死因の詳細が公表されなかった事もあり、様々な情報がネットなどを駆け巡った。翌9日朝の情報番組「スッキリ!」(日本テレビ系)では、救命救急医の話として、(1)持病、(2)頭部血管の先天的な異常、(3)風邪のウイルスが心臓に感染し、炎症を起こす心筋炎、の3つの可能性を指摘していた。

今回、その疑いがあると発表された「致死性不整脈」は、国立循環器病研究センター(大阪府)のサイトを見ると、「致死性不整脈(心室細動・心停止)」との表現が出てくる。心室細動の項目をみると、「心室が1分間に300回以上不規則に震えるように痙攣(けいれん)する状態のことで、これが起こるとたちまち死につながる不整脈です」と説明している。ネット上ではこの他にも、「致死性不整脈」について、同研究センターの表記とは若干異なる解説をする内容のページも見つかる。

関連は不明だが、松野さんは1月22日の公式ブログでも体調不良に触れていた。その週に放送されるBSフジの冠番組「エビ中++」の収録(16年12月)について、「体調不良でお休みでした」と報告。「年が明ける前に回復しました!!」「今は松野はとっても元気でございます」とも書いていた。

今回、死因が発表されると、「致死性不整脈」はツイッターのトレンド入りした。ツイッターでは、

「怖っ」
「10代ではないけど、うちの職場にもいたな...」
といった声が寄せられていた。ファンからは

「そんな事ってありなの...そんなのホント悔やみきれない」
と、やりきれない思いも吐露されていた。
参照元:エビ中・松野さんは「致死性不整脈」 死因発表に「ホント悔やみきれない」
2017/2/10 19:12 JCASTニュース

エビ中松野莉奈さんお別れの会にももクロら2万人
日刊スポーツ 2/25(土) 16:58配信

 致死性不整脈の疑いで今月8日に亡くなった女性アイドルグループ「私立恵比寿 中学(エビ中)」のメンバー松野莉奈さん(享年18)のお別れの会が25日、パ シフィコ横浜で執り行われた。

残されたエビ中のメンバーや、「ももいろクローバーZ」など全姉妹グループ、関 係者やファンなど約2万人が参列した。

 残されたメンバー7人は冒頭、祭壇の前に立つと悲しみをこらえ、神妙な面持ち で白いカーネーションを献花、深々と頭を下げ、手を合わせた。その後、参列した 関係者の対応をしたメンバーたちは、気丈に明るく振る舞っていたという。

 会場には、エビ中の楽曲が流され、祭壇には、松野さんや両親が気に入っていた 、15年のシングル「夏だぜジョニー」の発売時に撮影された写真、メンバーカラ ーだった青をイメージし、カーネーション、バラ、デルフィニウム、カスミ草、ア ジサイなど約4000本とバルーンなど飾られた。

 松野さんの最後のステージとなった今月1日のライブで共演した氣志團も参列し た。エビ中は自身らが主催するフェスに出演してもらうなど、縁が深かったという 綾小路翔(37)は「現実味がなくて、言葉にならない」とし、「松野さんもエビ 中のこれからの活躍を楽しみにしていただろうし、今もそう祈っていると思う。エ ビ中には彼女の分まで頑張ってほしい」と、エールを送った。

 この日はほかに、ラッキィ池田(57)ヒャダインこと前山田健一(36)宮藤 官九郎(46)東京女子流らが参列した。
参照元:エビ中松野莉奈さんお別れの会にももクロら2万人
日刊スポーツ 2/25(土) 16:58配信







スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です