元CIA職員エドワード・スノーデン氏について

米国の元CIA職員エドワード・スノーデン氏が、国家安全保障局(NSA)がプリズム(PRISM)というシステムを使って、市民の個人データを大規模に収集していることについて告発した。告発後、香港に亡命している。

このような諜報の世界のニュースが伝わってくるたびに私は興奮する。

このエドワード・スノーデン氏がどのように感じて、どのように行動したかについて想像できるからである。

諜報に関係あるナクシャトラは、バラニー、プールヴァパールグニー、プールヴァアシャダーである。

そのうち、属する星座の支配星が生来的凶星の火星で、最もハードなのが、バラニーである。

私はラグナが、バラニーなので共感できるのだ。

彼がどのような気持ちで行動したかが。

このバラニーの特徴については、27の誕生星(隠された「心」をときあかす月の占星術」)で確認して欲しいのだが、
バラニーは、「正義の心を授けられた裁判官」という呼び名が付けられている。


このバラニーのナクシャトラの人は、正義感から時々、諜報の世界において、世間に政府の陰謀を暴露したり、大きな行動に出る。

それが、このナクシャトラの宿命である。

秘密を知るが故に、そしてその秘密が、非常に社会への悪であるとするならば、それを明らかにすることに強烈な責任感を感じるのである。
そして、時には命をかけてまで、それを暴露する。

『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』という映画で、ソ連の秘密警察で市民に自由がない社会を転覆させようとして西側に情報を流したKGBの幹部、セルゲイ・グリゴリエフ大佐もそのような人物である。

二重スパイの行動心理というものは、こういった正義感が根本にあるのである。

そうした動機付けが、利益や報酬などといったものよりも優先される。

彼らは十分な報酬を得ているのだから、正義感ぐらいしか、そうした情報をリークする動機づけは存在しないのである。

そして、彼らの最後というものもまた悲惨である。

セルゲイ・グリゴリエフ大佐はKGBにばれて銃殺されている。

ウィキリークスのジュリアン・アサンジもそのような人物の1人である。

wikipediaに以下のように書かれている。
——————————————————————————————————————————————–
1歳のときに母クリスティーヌが舞台演出家ブレット・アサンジと結婚し、現在の姓を得る。両親は舞台の巡回興行を始める。最初の「本当の父」と呼ばれた彼の継父はジュリアンのことを「善悪に対して鋭い感覚を持った」、「非常に切れる子供だった」と話している。「常に弱者をかばおうとしていた。誰かが誰かを集団で攻撃することに対して、常に激しい怒りを抱いていた」
——————————————————————————————————————————————-

ジュリアン・アサンジも幼少時から正義感が強い子供だったという。

私は、諜報に携わる人間が、時に個人的な独自の正義感から行動するケースが非常に多いことに気づいていたが、それはそういう訳である。

諜報に携わる人間は時に敵の中枢部の真っ只中に潜伏し、敵の指揮命令を司るまでの地位に昇進し、幹部として信頼を受けさえもし、時には敵の信頼を得るために敵の価値観の振る舞いをすすんでしさえもする。そのように行動して敵の高官にまで上りつめた上で、その敵の中枢を破壊するような工作をする。

最初はそうした気持ちではなかったのが、途中で、自分が所属する味方が、おかしな価値観で動いているのを知り、正義感が沸き起こってきて、その時に敵の諜報部の接触を受け、二重スパイとしてスカウトされ、味方を裏切る行為を自らの理想主義や正義感によって行う。

中には何年もの長い人生をかけてこれを行う。

これは単なる利益といった浅はかな動機付けでは無理なのであり、正義感とか遠大な理想主義があるからこそ可能なのである。

しかし、バラニー、プールヴァパールグニー、プールヴァアシャダーのうち、バラニーのナクシャトラについての解説を、ヴァラーハミヒラ著の「占術集大成1 古代インドの前兆占い」(ブリハットサンヒター)矢野道雄・杉田瑞枝訳 平凡社 p.89-93 第15章 星宿の分野から抜粋すると以下のように書いてある。

————————————————————————————————————————————–
バラニー宿には、血のついた肉を食べる人、残酷な人、殺戮、捕獲、破壊を好む人、籾のある穀物、低い家系に生まれたもの、精神の弱い人が属する。
————————————————————————————————————————————–

因みに他のプールヴァパールグニー、プールヴァアシャダーはこうした過激で不運な低い評価の解説にはなっていない。

従って、CIAなどの諜報部で暗殺などの汚い工作活動の仕事をして、最後に証拠隠しのために抹殺されてしまうような人物はこうした諜報に適したナクシャトラの中でも特にバラニーの影響を受けていると考えられる。

以前、ケネディ大統領暗殺事件の時にオズワルドの身柄が拘束され、後にマフィアに暗殺され、真相が闇に葬られたが、この事件に関わった人物の出生チャートを作成すると、皆、バラニーに惑星が在住している。

例えば、昔、連合赤軍などで、ある狂信的な理想主義から殺人などを行った活動家の中にもいるのではないかと思われる。
暴力革命を目指す急進的な共産主義者というのも、非常に強い歪んだ形の理想主義者であって、資本主義の悪や現行の政府に対して、激しい歪んだ正義感を行使する人々である。

今でも、政府や官僚の秘密をかぎつけて暴くのは、しんぶん赤旗などの共産党系の機関誌によるのは、彼らにはそのような人材がいるからである。

話が飛んでしまったが、このエドワード・スノーデン氏も、もし米国にスパイ行為などの罪で身柄拘束されたら、酷い目にあいかねない。

その危険を覚悟で、行った今回の行為は、エドワード・スノーデン氏の厳格な正義感がもたらしたものである。

然し、バラニーの星宿の分野の解説をもう一度、読むが、非常に問題点の多い人物像である。

————————————————————————————————————————————–
バラニー宿には、血のついた肉を食べる人、残酷な人、殺戮、捕獲、破壊を好む人、籾のある穀物、低い家系に生まれたもの、精神の弱い人が属する。
————————————————————————————————————————————–

バラニーは、非常に正確な情報を把握する場合もあるが、時に全く曲解された偽情報などによって、大きな幻惑に陥る場合もある。

ネット上で広く流通している陰謀理論がそうである。

私も、当初、こうした陰謀理論に熱中したが、今では、それらの情報には真実性はあるものの、全てを信じるのではなく、識別が必要であると考えている。

陰謀理論に熱中している人は、内田樹著「私家版・ユダヤ文化論」を読むといいかもしれない。

 

今回の件は、NSAやCIAといった諜報組織にとっては予想外の打撃なのである。

これは、現在、バラニーにトランジットのケートゥが在住し、対向から土星がアスペクトしているからである。

米国の諜報組織にとって試練であるし、エドワード・スノーデン氏にとっても試練である。

 

因みにCIAというのは、米国の国防総省(ペンタコン)に陣取る米国の支配者階級の人々が利用する手駒なのである。

日本の江戸時代で言えば、忍者のような組織である。

だから結局、CIAのような諜報組織は権力の意志と考えることができる。

高揚する土星が、天秤座から牡羊座にトランジットするケートゥにアスペクトして、牡羊座を傷つけている配置は、

権力者(牡羊座)への批判として考えることができる。

権力者が、一般市民の個人情報を桁違いの規模で収集していたとする違法行為を、土星が象徴する大衆が監視しているということなのである。

それが牡羊座に在住するケートゥへの土星のアスペクトである。

ケートゥは、スパイや諜報の人間を表わし、そのケートゥがバラニーに在住して、土星からアスペクトを受ける。

これは、まさに今、国家安全保障局(NSA)と、エドワード・スノーデン氏が繰り広げているドラマに違いないのである。

 

 

—————————————————————————————————————————————
元CIA職員が暴露、米政府のネット・通話情報収集 亡命を希望
2013.6.10 07:42 産経ニュース

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は9日、国家安全保障局(NSA)が市民の通話記録やインターネット上の情報をひそかに収集していたことを同紙などに暴露したのは、中央情報局(CIA)の元職員、エドワード・スノーデン氏(29)だったと明らかにした。現在、香港に滞在している本人の了解を得て公開した。

 同氏は市民のプライバシーを守るため「政府にメッセージを送るのが重要だと考えた」と説明。米司法当局は重大な機密漏えいだとして捜査を始めており、同氏は「表現の自由を信じる国に亡命を求めたい」とも語った。

 英紙ガーディアン(電子版)も同日、ワシントン・ポストに先んじて、本人の希望だとして同氏の実名とともにインタビュー映像を公開した。ガーディアンによると、スノーデン氏は在日米軍基地でNSA関連施設の管理に当たったこともあるという。(共同)
—————————————————————————————————————————————
米司法当局、元CIA職員訴追 香港政府に逮捕要請 スパイ容疑で 身柄引き渡し焦点
2013.6.22 10:33 産経ニュース

 【ワシントン=犬塚陽介】米司法当局は21日までに、スパイ罪などで、国家安全保障局(NSA)の個人情報収集を暴露した中央情報局(CIA)元職員で香港に滞在するエドワード・スノーデン氏(30)をバージニア州東部の連邦地裁に訴追した。米政府は香港政府に対し、スノーデン氏の拘束を求めているという。

 米国と香港には犯罪人の引き渡し協定を結んでいるが、米メディアによると、政治犯の除外規定もあり、米国の要請に応じるかは不明。「一国二制度」を敷く中国政府の対応も焦点となりそうだ。

 米メディアによると、訴追は14日付で、スノーデン氏は政府所有物の窃盗や国防関連情報の漏洩(ろうえい)の罪に問われている。司法当局は60日以内に起訴の可否を判断し、その後に身柄引き渡し手続きに入ることが可能になる。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、米国と香港の引き渡し協定について、政治に関連した犯罪で適用が除外される条文があると指摘。スパイ罪も政治犯となる可能性があり、スノーデン氏が香港の法廷で争えば、判断の長期化は避けられないとの見通しを示している。
—————————————————————————————————————————————
「中国のメンツがなくなる」元CIA職員の身柄引き渡しに反対 中国共産党系紙
2013.6.17 14:21 産経ニュース

 17日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、米政府による中国のコンピューター侵入などを証言し、香港に滞在している米中央情報局(CIA)元職員、エドワード・スノーデン氏の身柄を米国に引き渡すべきかどうかについて「(引き渡せば)特区政府(香港政府)の失点となり中国全体にとってもメンツがなくなる」として事実上反対する論評を掲載した。

 同紙は、スノーデン氏による証言は「世界の民衆の利益にかない、香港と中国の利益にもかなう」と主張。「(同氏は)香港が自由と民主の地であることを信じ(香港で)米政府の不祥事を暴露することを選択した」と強調した。

 その上で、もし身柄を米国に引き渡せば「スノーデン氏の信頼に背くほか、世界の世論が香港に抱く期待にも背くことになる」と訴えた。(共同)
—————————————————————————————————————————————
英雄か、売国奴か?ウィキリークスに軍事機密を流した米兵の実像とは
2013年06月03日 20:01 発信地:ワシントンD.C./米国 AFPBB News

米メリーランド(Maryland)州フォート・ミード(Fort Meade)で、米機密情報を漏えいしたとして訴追されたブラッドリー・マニング(Bradley Manning)陸軍上等兵への支持を表明するデモ隊(2013年6月1日撮影)。(c)AFP/Nicholas KAMM

【6月3日 AFP】内部告発サイトのウィキリークス(WikiLeaks)に米政府の機密情報を漏えいしたとして訴追されたブラッドリー・マニング(Bradley Manning)陸軍上等兵の裁判が3日、逮捕から3年を経て米メリーランド(Maryland)州の軍事法廷でついに始まる。

 最長で禁錮154年の刑に直面しているマニング被告は、アフガニスタンとイラクに関する米政府の外交電文と軍事記録をウィキリークスに提供したことなど、幾つかの罪状について軍事法廷で開かれた予審で有罪を認めた。裁判でも有罪判決が下るのはほぼ確実とみられている。

 だがマニング被告は、最も重罪である国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)やウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者らに意図的に情報を漏らしたとする「敵対勢力ほう助」罪については、否認している。

 英雄か、国家の敵か――米史上最大の機密漏えい事件を起こしたと非難される若者の実像は、謎のままだ。

■ハッカーから米軍分析官に

 やせて小柄なそばかす顔に眼鏡をかけたマニング被告は、1年以上にわたる軍事法廷での予審の間、落ち着きと静かな決意をにじませた自信に満ちた態度を保っていた。しかし、1109日に及ぶ勾留中には自殺の兆候や監房の鉄柵をなめるといった奇行を見せるなど、落ち着いた振る舞いが見せかけに過ぎないことを示す数々の証拠がある。

 マニング被告はオクラホマ(Oklahoma)州クレセント(Crescent)で、米国人の父親と英国人の母親の間に生まれた。両親は後に離婚。被告は幼いころからパソコンに興味を示し、初めてウェブサイトを作ったのは10歳のときだったという。

 17歳までに同性愛者であることを公表。オクラホマ市(Oklahoma City)内のソフトウェア企業に就職したものの4か月で解雇され、ハッカーの世界に足を踏み入れた。その高度な機密情報アクセス技術が認められ、米軍入隊後は米軍情報部で戦場での情報分析官となる。

「私は、物事がどのように動いているかを常にはっきりさせたいタイプの人間だ。分析官としても真実を解き明かしたいと思っていた」と、マニング被告は予審で述べている。

 同性愛者だと公言していたため、訓練期間中には同期からいじめを受けた。上官にも軍の生活に適合できないと判断され、除隊を勧告された。しかし、被告の高度なIT技術はまさに分析官向きで、除隊勧告は取り消された。

■戦場の現実「心の重荷に」

 こうして、イラクに派遣されたマニング被告は、そこで情報分析に当たる中で目撃した出来事に激しい衝撃を受ける。それが、やがて不法に機密情報を入手しウィキリークスに漏えいする動機につながっていった。

 バグダッド(Baghdad)で米軍の攻撃ヘリコプターが路上の通行人を次々と銃撃し、12人を殺害、子ども2人を負傷させた映像が「心の重荷となった」と、マニング被告は法廷で証言している。「彼ら(米兵)は、守るべき人々を非人間的に扱った。人命を尊重しているとは思えなかった。殺害したイラク人をさして『死にやがった』などと言い、大勢を殺すことができたと喜んでいた」

 マニング被告のこうした一面は、被告の支援者らが主張する「米外交政策における最悪の逸脱行為を、良心の声に従って明るみに出した」という人物像と一致する。

■英雄視する支援者たち

 ベトナム戦争に関する米国防総省の極秘報告書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ(Pentagon Papers)」を米ニューヨーク・タイムズ(New York Times)に漏えいした米軍事アナリストのダニエル・エルズバーグ(Daniel Ellsberg)氏は、マニング被告を「英雄」と呼び、ノーベル平和賞に値すると評価している。

 被告を支援する「ブラッドリー・マニング支援ネットワーク(Bradley Manning Support Network)には、裁判費用としてこれまでに110万ドル(約1億1000万円)の寄付が集まった。

 一方、マニング被告の動機には同意できないと考える米国人も少なくない。被告とはハッカー仲間で、インターネット上でのチャット中に当時イラクにいた被告が胸中をつづったメッセージを読んだ後で米当局に通報したエイドリアン・ラモ(Adrian Lamo)氏も、その1人だ。「私が目にした書き込みは、とんでもなくひどい行為をしたという告白だった。対応が必要だった」とラモ氏は証言している。(c)AFP/Arthur MacMilla
——————————————————————————————————————————————-
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です