木星が強い人

職場に木星が強い人がいるが、木星が強いことが分かったのは彼の年齢を聞いた時に木星が蟹座で高揚していることが分かったからである。

彼の分析をしていて、面白いのは子供が3人いて、子供に恵まれており、また子供想いなところである。


子供の運動会を見に行った事や、子供と映画にいったことなどをよく話している。

夜勤などで一緒になった時に彼が子供と会話をあわせるために「ポケモン」を視聴したり、子供の学校の課題のためにポケモンの映像をインターネットで検索しているのを見たこともある。

子供のために大変な努力をしているのであるが、然し、彼はそれが楽しいようである。

彼の大きな特徴は彼は非常に理想主義的であり、業務の改善点やこうしたら良いという理想のビジョンにあふれている所である。

いつも理想を話しているが、その理想のビジョンを実現するように具体的な行動をしないのである。また通常の実際的な仕事がおろそかになりがちである。

人から半ば強制的に仕事を押し付けられて初めて、彼は実務を行うのである。そして、やった時には中々素晴らしい仕事をするのであるが、スピードが遅いのである。

彼の特徴としては土星と木星が絡んでいないところである。

つまり、木星が実務の土星の影響を受けておらず、理想主義だけが肥大しているのである。

私は、おそらく彼は魚座ラグナであり、5室で木星が高揚しているのではないかと思っている。

そうすると、ラグナロードの木星が5室に在住し、彼の人生の基本的な興味関心が子供であり、また子供に恵まれており、また子供に蟹座の母性的な世話をするのであると納得できるのである。
然し、これはあくまでも予想の話で、実際はどうかは分からない。

然し、たとえ魚座ラグナでなかったとしても木星は子供のカラカであり、木星が強いので子供運がよく蟹座の木星であることから、母性的な保護者の能力があると考えられるのである。

面白いエピソードとして、彼が小さい頃、聖書を読んでおり、キリスト教会の人と関わったことがあるという話を聞いたのであるが、キリスト教は魚座であり、彼が魚座ラグナである可能性を示唆しているのである。

彼は非常に愛嬌があり、彼は非常に子供に対して甘やかすとともに彼自身も周囲の人に甘えていくパーソナリティをしている。



彼は小さい頃、両親から十分に愛情を注いでもらえないことがあり、それがトラウマとなっており、子供には同じ思いをさせたくないと話していたことがあったが、おそらく彼は子供に熱心な愛情を注ぐことによって、彼の傷ついた内なる自己を癒しているのである。

心理学ではしばしば、人を可愛がる人は自分が可愛がられたいという欲求を抱えているという深層心理を明らかにしており、精神分析で取り扱われるテーマである。

彼は最近、離婚したらしく、しばしば仕事が終わると大慌てで帰宅し、子供の世話をしているようであり、彼は現在、父親一人で子供たちを面倒見ているのである。

すると、おそらく子供たちは十分な養育を受けていないのであり、おそらく子供のカラカである木星は、母親の4室がらみの凶星からの傷つきを受けているのではないかと思われるのである。

木星は蟹座で高揚しているが、傷ついてもいて子供たちは中々十分な養育も受けられない事態に直面しているが、木星が高揚していることが示すように彼の頑張りにより、子供たちは十分に保護されているのではないかと思われるのである。

つまり、彼は木星の傷つきによって、十分な父親、教師の恩恵を受けることが出来なかったが、またそれは同時に子供たちへの養育が十分に行き届かないという事態として表われている。

しかし、彼は猛烈に努力して、子供たちの面倒を見ようと必死であり、一生懸命であり、保護者としての勤めをよく果たそうとしているのであり、そうした意味では子供たちは彼から恩恵を受けている。

このように彼の幼少期の体験と彼が現在、自分が親になってから子供たちにしていることが状況的にぴたりと一致しており、因縁が繰り返されるという一つのパターンを示しているようである。

つまり、これがカルマであり、木星の場合は、自分が父親から得るものが自分が子供に与えるものであり、自分が父親にしたことが自分が子供たちから受けるものである。

そして、自分が子供たちにしたことが、自分が父親から受けるものであり、そうした連鎖として、カルマが形成されていると思われる。

実際、事実として、父親と息子などのような近い親族は父親と息子が入れ替わり立ち代り、それぞれの役割を入れ換えて転生してくるという事例があるようであり、それは「輪廻転生」という本で以前読んだことがある。過去生の記憶を持つ人からの聞き取りなどのリサーチから得られた貴重なデータを収集してある本であったと思う。

そして、ここで考えられることはカルマの連鎖から逃れるためには自己制御や自分への気づきが必要であるということである。そして、気づきがもたらされたら、実際に奉仕することである。そうすることにより、自分のチャートの中の傷ついた惑星が表すカルマを焼き尽くし、次の転生では該当の惑星が示すカラカとの肯定的な関係を築くことができるのである。

この場合、インド占星術は自分がテーマとして持つカルマへの気づきをもたらす助けになるかもしれない。

彼の場合は、子供たちに一生懸命つくすという行為(カルマ)は自分が次回の転生において、良い父親運で生まれてくることにつながるカルマの消化であり、カルマヨーガの一部である。

もし、人が社会に対して、人類家族に対して、積極的に奉仕し始めたら、その人が抱えているカルマが猛烈な勢いで、通常、地縁、血縁的に与えられるカルマヨーガよりも速いスピードで、焼き尽くされることになり、カルマの束縛を脱した人の人生はもっとスムーズで容易に進化のプロセスを上昇できるのであると思われる。

社会に対して積極的に奉仕するということは、この奉仕の規模を通常、肉体人間として生まれもった血縁的家族ではなく、人類家族にまで拡大することを示している。これはカルマの働く舞台の質と規模を拡大したということであり、この質と規模の拡大という部分においては人間の自由意志で可能なように思えるのである。

ここで、人間の自由意志の果たす役割は、そのカルマが決定するカルマヨーガ(行為のヨーガ)において、もっと上位のレベルでの奉仕を意思することではないかと思うのである。

それは例えばマザーテレサが自分の通常の母親としての役割を選択せずにインド国内の貧しい人たちの母親になったように、その質と規模を拡大していくことを意志することではないかと思われる。

つまり、ハウス、惑星の象意の内容は変わらず、その質と規模が変わるのである。ここに全ては決まっているとするインド占星術の法則に当てはまらない人間の自由意志の役割があるのではないかと思われる。
社会に奉仕したら、それだけのカルマ的恩恵を次の転生において受けることになり、活躍の社会的舞台やそのための才能などが与えられるのではないかと思われる。

才能や知性は5室が表しており、過去世で積んだ徳は5室で表されており、その才能や知性は社会的な奉仕のための基礎になるのである。

才能や知性が無ければより上位の段階での社会的奉仕も難しいのであり、輪廻の過程を通じて、徐々に社会的奉仕の質や影響力を増していくのがこの過程であると思われる。

木星が高揚した人の特徴をいろいろ考えていくうちについ興奮してカルマの考えにまで発展してしまったが、土星と絡んでいない木星は非常に理想主義的であるが能率、効率の悪い、憎めないパーソナリティーをもたらすのである。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

木星が強い人」への3件のフィードバック

  1. ちゃか

    「木星高揚5室」と検索しましたら、こちらに辿り着きました。
    非常に理想主義的であるが能率、効率の悪い、憎めないパーソナリティー
    っというのを見て、ついつい苦笑いしてしまいました。
    まさに、私だな、っと。
    実際の私も、父親運には恵まれず、子どもは3人、今の夫(子どもの父親)とはまだ離婚はしてませんが、以前に離婚1回。
    なんだか符合するところが多すぎて、驚くばかりです。
    「彼の場合は、子供たちに一生懸命つくすという行為(カルマ)は自分が次回の転生において、良い父親運で生まれてくることにつながるカルマの消化であり、カルマヨーガの一部である」という一文が、まさに私に言われているようでした。

    返信
      1. 秀吉 投稿作成者

        フィードバックありがとうございます。

        木星が強い人は非常に理想主義的で、好印象ですが、実際的ではないのです。

        木星と土星が絡まないと本当の意味で力を発揮することが出来ません。

        そういう意味で、もし木星と土星が全く絡んでおらず、木星が強いだけの場合は、

        非常に強力な理想主義者になりますが、実際的なスキルや実務に欠けていて、理想を語るだけの人になりがちです。

        この記事のポイントは、木星が強いが、土星と絡んでいないということです。

        魚座ラグナは木星が支配星となる星座であり、理想主義的で、実際的ではなく、行為の10室も木星が支配星となる射手座であるため、なおさらそのようなパーソナリティーになると思います。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です