カテゴリー別アーカイブ: 11室

11室の支配星-何故、最悪の機能的凶意を持っているのか-

11室の支配星は貪欲な人の表示体である。

それは他人を利用しようとする貪りの人である。

あるいは、激しい嫉妬心や競争心を燃やしてくる安らぎを得られない相手である。
11室は基本的に6室からみた6室目のハウスであり、6室の本質のハウスである。

そこには暴力性があり、常に安らぎのない競争や闘争がある。
11室の支配星に影響される時、急激に人脈や交友が広がるが、様々な人たちが自分のことを利用しようとして接して来ると同時に自分自身もそうした人々との人脈を活用したいとか、何かそうした人脈から利益を得たい、そうした人々から評価され、認知を得たいという下心が出てくる。
それが自分自身の心に芽生えた途端に心に苦しみが生じ、また貪欲な貪りの人によって利用され、貪られてしまうので注意が必要である。

そのような時、貪りの人の誘いに乗らずに全てを捨ててしまえば、苦しみは無くなり、心の平穏がやってくる。

それには高い心的スキルが要求される。

大抵は貪りの人が接近してくると同時に自分も認知や地位や評価や利益を求めて貪りの人に変貌する。

その過程は同時的である。
例えば、国連難民高等弁務官の緒方貞子さんは、何故、小泉純一郎からの外務大臣への就任要請を断ることが出来たのか考えてみたい。

時の首相から直々に外務大臣就任への要請を受けたのである。

そのポストは貪りの人であれば、喉から手が出るほど欲しい肩書き、ステータスである。

然し、緒方貞子さんがその要請を断れたのは、心的スキルが高いことを示している。

真の価値というものについて理解していることを示している。
小泉内閣は、元々緒方貞子さんの国連での立派な業績や知名度、人気を利用したかっただけである。

それは緒方さんを利用し尽くし、貪るという行為であった。
もし緒方さんが外務大臣になったら、くだらない国会での答弁の為にそして、不本意な政権を維持するためにその身を何度もメディアや公衆に晒さなければならなか
った。

緒方さんは、肩書きやポストを貪る気持ちがなかったために晩節を汚がさずに済んだのである。

政治の世界では人を利用する人間ばかりである。利用価値のある人間に近づいていくのが政治である。

そんな中で、緒方さんは真の価値を理解していて、つまらない人間の欲望の渦に巻き込まれないで済んだ。これは稀な現象である。

例えば、何故、英国のブレア首相(元)は、ジョージブッシュの呼びかけに応えて、イラク戦争を始めたのか考えてみたい。

ブレアは当時、米政権の中枢にあったネオコン幹部と米国民の愛国的熱狂の中で、自分がジョージ・ブッシュと共にヒーローとなり、世界のプリンスになることを望
んだ。

そこには権威のあるエスタブリッシュメントな者からの評価、認知、利益を求める欲求があったに違いない。

それは地位や名声を求める貪りの心である。
ジョージブッシュは、英国のブレア人気や英国の同盟国としての価値を利用したかったのであり、それは貪り以外の何ものでもなかった。

それはブレアからその生のエキスを搾り取り、徹底的に貪る行為に等しかった。
然し、ブレア自身も評価や名声を求める欲求が強かったためにエスタブリッシュメントで権威ある者からの認知や評価といったものを捨てることが出来ず、それらの
貪りの渦に巻き込まれた。

結果として、ブレアはその経歴を傷つけ、歴史に不名誉を刻み、英国人から最も嫌われている男となった。

彼の残りの人生はひどく惨めなものになった。
彼は今頃、何故、自分がその時、そうした選択をしたかを悩んでいるかもしれない。

真の価値が分からず、捨てることが出来なかったために彼は貪り、そして、貪られた。

最後に映画監督のウッディ・アレンが何故、アカデミー賞の授賞式に顔を出さないのかを考えてみたい。

(※以前、アカデミー賞の授賞式に出席しないことで有名であった。最近は分からない。)

彼はアカデミー賞の授賞式に出席せず、代わりに自身のクラリネットの演奏会に出演していた。

そんなエピソードが伝えられている。

彼にとってはアカデミー賞よりもクラリネットの演奏会の方が大事だったのである。

権威ある筋から認められ、評価を受けたり、人々から賞賛されることに全く興味がなかった。
それは彼が真の創造的な芸術家であったからである。

彼にとっては作品を創ること自体が喜びであり、報酬であった。

アカデミー賞で、その権威筋から評価され、称号やトロフィーを与えられることなど、彼にとってはどうでもいいことだった。

彼の芸術家としての大きさの方が、アカデミー賞の権威筋よりも大きかったため、それらの人々を足蹴に出来たという面もある。
一方で、アカデミー賞の方は、ウッディ・アレンに出席してもらえずに大きな権威の失墜と損失を味わったのである。

ウッディ・アレンを授賞式に参加させることは権威筋にとって利益であり、またウッディ・アレンという名声の利用であり、貪りであるといえる。

然し、ウッディ・アレンは真の価値を知っていたがためにアカデミー賞から利用されることは無かった。

受賞スピーチに気をもんだり、称号と引き換えに忍耐を強いられることもなかった。

彼はクラリネットの演奏会で真に幸福な楽しいひと時を過ごしたのである。
その貴重な時間を貪欲な人間たちに奪い取られる(貪られる)ことはなかった。

何が真の価値であるか、日頃からの心がけが重要である。
自分が人からの認知を求めている時、そこから災いがスタートする。
人からの認知を捨ててしまう時、苦悩から解放される。
但し、これらは容易ではない。

ミイラ取りがミイラにならないようにしなければならない。
貪欲である人は、貪欲な人に利用されるのである。
貪り、貪られることに気を付けなければならない。

怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。    ――― ニーチェ『善悪の彼岸』146節より















スポンサーリンク


スポンサーリンク

島田紳助が独占インタビューに応じる

先日、都内の電車に乗車すると、目の前の吊革広告から、島田紳助のインタビューの見出しが飛び込んできた。

引退後は全く表舞台に登場しなくなった島田紳助がこのタイミングで、インタビューを受けたというのは、

木星がまもなく牡牛座に入室し、土星が乙女座に逆行する効果として、蠍座からみた11室にダブルトランジットが生じるからである。
続きを読む















スポンサーリンク


スポンサーリンク

11室の象意(続)

=6室から6室目 
=12室から12室目 

11室は富のハウスである。社会的地位のハウスであり、例えば勲一等、従一位大勲位菊花章とか、称号のハウスである。飛びぬけて高い地位を表す。 

11室は出費(12室)を損失(12室)し、金銭が蓄積され、また解脱(12室)を損失(12室)し、社会的地位、名誉を得るのである。 

解脱した人は富も社会的地位も求めないのである。 
従って、腰布一枚で、生活しているのがインドの解脱した聖者である。 

もし、富や社会的地位、名声を追求しているのであればその人は解脱していないのである。これこそ11室が解脱に至るための最後の誘惑のハウスといわれる所以である。 

イエス・キリストが荒野で悪魔(サタン)に富や社会的地位、名声を与えるとして、誘惑されたのは、この11室の象意である。イエスはそれを断ったため、やはり、11室を超越している。イエスは解脱した聖者である。 

11室の象意を考えて、やはり一番思い浮かぶのが、ロスチャイルドの黄金の間である。ここで世界の金の価格を決定しているらしい。 

この黄金の間は明らかに11室の象意である。大理石で作られた豪奢な調度類。彼らの富は金利によって増え続け、決して減らないのである。 

彼らはその地位を築くために18世紀のヨーロッパにおいて戦争をする国家に資金提供をし、それで金融業で成り上がった。その成り上がり時には非常に汚いことをしている。 

銀行のあの贅沢で豪奢な建物のつくりなど全て11室の象意である。 
彼らは世界の金と宝石の売買を独占したのである。 

地位、名声を得た人々は誰でも成り上がる過程において非常に容赦のない、血生臭い闘争において勝ち上がってきた人々である。 

欧州のロスチャイルドに対して、米国で石油事業を独占したロックフェラーもまた彼らの草創期には競争相手を叩き潰したり、汚い手腕によって成り上がった。そして、今では銀行業にも手を伸ばし、彼らの富は今では自動的に増え続ける。 

富を増やし続ける人は必ず、金利で増やし続けるのである。 















スポンサーリンク


スポンサーリンク

11室の象意について

11室の象意は社会的成功者であり、経済的に成功した社会の有力者である。 

然し、11室はウパチャヤハウスであり、またトリシャダハウスである。 
最も収入を得られる、また社会的にも飛びぬけて高い地位や称号を表すハウスにも関わらず、インド占星術の体系の中での位置づけはあまり良くないのである。 

惑星がこのハウスを支配する場合、もう一方が6、8、12室などのドゥシュタナハウスである場合、ドゥシュタナハウスの凶意を最大限に引き出すと言われている。 

この例として、牡牛座ラグナにとっての8、11室支配の木星は機能的な大凶星であり、あるいは射手座ラグナにとっての6、11室支配の金星は機能的な大凶星である。 

また11室を展開すると、6室から6室目であり、12室から12室目である。 
あるハウスから同じだけ進んだハウスはそのハウスの本質を表すという法則があり、11室は6室の本質であり、12室の本質である。 

そういった11室の本質について考える時に思い浮かぶのが、ロックフェラーやロスチャイルドなどの世界の大富豪である。あるいはビルゲイツなどを思い浮かべてみてもいいかもしれない。 

彼らの伝記などを読むと、彼らのビジネスが発展期にあった時、彼らが策略家でしばしば手段を選ばず、市場を独占するために競争相手を容赦なく叩きつぶし、露骨に闘争してきた血なまぐさい経歴が必ずあるのである。 

そして彼らが闘争に勝利して社会の有力者となり、ゆとりが出てくると、晩年などに慈善家として名をはせるのである。そして、その慈善家としてのPRにかなり成功して、彼らは晩年には社会に貢献する名士としてのイメージが定着するのである。 

然し、彼らの本質は6室から6室が表すように闘争の中の闘争を戦い抜いてきた非常に血の経歴を持つ人物たちであり、決して競争に勝たなければその地位を築くことはできなかったのである。 

また11室は12室から12室目であり、12室の本質を表している。 
これは何を意味するのであろうか? 

まず、12室から12室目であるということは12室を失う(12室目)ハウスであるということである。つまり、解脱や悟りを失うのである。12室には献金とか、縁の下の力持ちとして誰にも知られないところで社会に貢献することを表しているが、こうした自分の自我の拡大を伴わない奉仕の生活を送る機会を損失するのである。 

であるから、彼らの奉仕は非常に自己主張が激しく、しばしばその奉仕活動は自分のPRのための戦略的な投資である。常に奉仕には最終的に自分の利益になるようにするための計算が含まれるのである。 
つまり功利的な活動であり、ビジネスの一部分なのである。 

従って、彼らは本当の意味で自分を捨てることが出来ないし、本当の意味での悟りに到達することもなく、あり余ったお金で、物質欲を既に満たしたために今度は精神的な価値を買おうとしているのである。 
そして、私の解釈では12室から12室であることが表す12室の本質とは、社会的に成功しても本当の意味での自分の解脱を失っている、損失の人というものである。 

従って、11室が解脱のための最後の誘惑と言われるように、11室が強い人は成功してしまうがために、自分の動機を精密に調べる機会や真の精神的な価値に気づく機会を失ってしまうのである。 

然し、そうして成功した人たちは晩年にむなしさを訴えることがしばしばあるのである。 
例えばジョージ・ソロスはかつてイングランド銀行のポンド売りを仕掛けて、勝利したり、アジアの通貨危機などを利用して莫大な財を築いた人物であるが、その後、慈善的な活動を行って、何か精神的な価値への転換を示しつつも、自著の中で”私の人生は無駄だった”というような意味の言葉を述べているようである。つまりは経済的な成功は何にもならなかったということを訴えている。 

大富豪が死に際にむなしさを訴えたりする逸話はかなり多いようである。 

実際、私の友人も経済的に成功した後で、お金があっても幸せにはなれないよと言っているが、経済的に成功する前はその人はがむしゃらに経済的な成功を求めて努力していた。 


しかし、11室は12室の一歩手前の部屋であり、11室の結果を表す2室目の部屋が12室であることから、解脱の可能性を秘めた部屋であるとも言えるのである。 


インドのグルが”解脱するためにはまず成功しなければならない。自分が手に入れたものだけを人は手放すことができる”というような意味のことを言っている。 

聖者ババジが弟子ラヒリ・マハサヤの最後の物質欲を放棄させるために宮殿を物質化したことは、パラマハンサ・ヨガナンダ著「あるヨギの自叙伝」の中で伝えられる有名な逸話である。 

従って、11室の成功の度合いは解脱した場合の解脱の度合いを測る重要なパラメーターである。 
つまり、成功している度合いが大きいほど、それがむなしくなって悟りに関心が向かう場合のエネルギーも大きいのである。 

最初から何も持っていない人は何も失うことはできないのである。従って、解脱のためには捨てるものが必要であり、それは大きければ大きいほど、悟りに達していく過程は劇的である。 

しかし、11室が強い人はその生涯では富を追い求めて生きる傾向があり、大抵の場合、晩年に精神的な価値観を追求して、富を放棄することを試してみるが、最後までやりきれなかったりするのである。 

従って、富への執着を最後まで捨てきれずに死んでいく人も多く、そうした人は解脱の誘惑のステージに留まった段階にいる人と言える。 

こうして考えると11室には解脱を損失する傾向があり、解脱の一歩手前として、次に解脱していくために必要な体験をする時期であるとも言える。 

そう考えると、解脱を損失する部屋(12室を損失)という象意ばかりでなく、12室から12室目という法則が示す解脱の本質という肯定的な象意も示しているのかもしれない。 

しかし通常、観察する上では11室は解脱の本質としてよりも、解脱を失う部屋、あるいは物質欲から離れた本質的な価値を失うという意味での本質的な損失の部屋という象意であると考えた方が、考えやすいようである。 

このような基準で考えて、ビルゲイツが、最近、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の資産を夫妻の死後50年以内に全額寄付し、活動を終えると発表したことは、11室の象意を超えて、12室の象意に向かいつつある傾向が見られるのである。大抵の人は自分の死後も財団が存続し、家族や親族に遺産を残し、自分の自我の延長物が死後も存続するように図るものであるが、全額寄付し切って活動を終えるというのは完全に0になるという意味であり、物質以上の価値を知っている人でないと出てこない発想である。 

しかし、その彼でさえもマイクロソフトの発展期には非常に手段を選ばずに競争相手をつぶしてきたのはよく知られている。日本で開発されたトロン(OS)はマイクロソフトに市場から政治的に締め出されたそうである。 


このような11室の象意を考えるとき、世界の資源や財の大部分を握りしめているロックフェラー財閥やロスチャイルド財閥はその象意から考えて11室である。 

ユダヤ人問題でも触れているが、彼らがいくら進化しているとしても、彼らの根本的な問題は物質への欲望が手放せないことである。 

それに対して、覚者方は物質の誘惑から完全に解放された方々であり、彼らは現在までずっと、世界の山脈や砂漠などの隠遁地から人類を見守り、保護してきたのであり、完全に12室の象意の中にいるのである。 

何故、11室が地位が高く、非常に幸福に見えるにも関わらず、ハウスの吉凶としてはニュートラルハウス(中立)で、トリシャダハウス(欲望)で、ウパチャヤハウス(努力)であり、支配した場合、惑星が機能的凶星化し、インド占星術の位置づけの中ではそれほど良いハウスとは位置づけられていないのかを考えるとき、インド文化の霊的傾向を考えると非常によく理解できる。また11室の性質は実際に世界で成功した人たちの人生を研究することによって理解可能である。 















スポンサーリンク


スポンサーリンク