カテゴリー別アーカイブ: 芸能人

長谷川理恵の「度肝抜かれる級の裏切り」体験-ケートゥと激しい失望の関係-



モデルの長谷川理恵が「度肝を抜かれる級の裏切り」によってひどく傷つけられたことを5月30日付の記事で明かしている。


長谷川理恵「度肝抜かれる級の裏切り」で涙吹き出る
2018年5月30日15時53分 日刊スポーツ

モデルの長谷川理恵(44)が、「度肝を抜かれる級の裏切り」によってひどく傷つけられたことを明かし、ファンから寄せられたエールや温かい言葉に感謝した。

 長谷川は29日のブログで、「優しさに救われた朝」と書き出し、「度肝を抜かれる級の裏切りにあい、朝から柄でも無く涙しちゃってた母さん」と辛い出来事があったことを明かした。

 長谷川の様子に5歳の息子も何かを察したらしく、「そんな母さんをみて息子が初めて洗濯物をそっと畳んでくれていた。初めてなのに上手い笑。彼なりに母さんを助けようとしてくれていたのかと思うとまた涙が吹き出る。息子にまで伝染してしまって申し訳ない。ごめんね」と、気を使わせてしまったことを反省し、「今一度スタート地点に立つ勇気を持とう。深く沈んだから見えてくるものがある。こういう時こそ、家族の愛、真に愛を持って応援してくれている人の顔が走馬灯のように浮かんで、身に沁みるもんだな」とつづっていた。

 翌30日に更新したブログでは、「皆様、たくさんの応援メッセージを本当に本当にありがとうございました。私ごときで大変恐縮です、、、皆様からの一つ一つの言葉にどれだけ救われたかわかりません。必ず恩返しをさせてください!!」と感謝。「正直心がズタボロになったけど、海底に突き落とされて、そこで本当に必要なことが見えて また海底を蹴り上げてやった」と気持ちを前向きに切り替えることができたようで「みんなの愛がなかったら負けてた。本当にありがとう」と再び感謝した。


ここで長谷川理恵に「度肝を抜かれる級の裏切り」として体感された経験とは一体なんなのか、確かな情報がないため、ネット上では、パートナーの浮気や不倫ではないかといった定番の憶測が流れている。



長谷川理恵のチャートについては以前の記事で取り上げているが、2チャンネルによれば、出生データは、1973年12月1日14:09埼玉県生まれである。






現在、長谷川理恵は、土星/水星/月期であり、マハダシャーの土星は10、11室支配の機能的凶星で、生来的凶星でもある。


マハダシャーロードが凶星で、アンタルダシャーがそれと絡まない場合、ヨーガカラカであってさえも悪いという有名な法則があるが、この場合、アンタルダシャーは、3、6室支配の水星であるため、尚更、悪いと見なすべきである。


水星は、3、6室支配で7室に在住しており、8室支配の火星と1-7軸で、相互アスペクトして、6-8の絡みを生じている。



そして、木星は天秤座で逆行して、7室と7室の支配星にアスペクトし、土星は射手座で逆行し、7室にアスペクトして7室にダブルトランジットしている。



更に木星は、天秤座で逆行して、6室の支配星にコンジャンクトしているが、土星は6室にアスペクトして、6室にダブルトランジットしている。



つまり、6室と7室の2つにダブルトランジットが生じている。



このように種類の異なる2つのハウスに同時にダブルトランジットが生じる場合、それらのハウスの象意が合成されて一つの状況を生み出す。



この場合は、6室と7室に同時にダブルトランジットが生じているので、パートナーとの意見の不一致、訴訟、喧嘩が生じていることが推測される。



従って、長谷川理恵が体験した裏切りとはネット上で推測されているような内容にほぼ合致するのではないかと考えられる。



基本的に裏切られたという体感は、対人関係における障害であることは間違いないため、パートナー関係でなかったとしても2者の間の契約関係におけるトラブルが想定される。




但し、私が注目しているのは、ラーフ/ケートゥ軸が、現在、長谷川理恵の4-10軸にトランジットしており、10室に在住する9、12室支配の木星、2、7室支配の金星、4室支配の月にコンジャンクションしているという事実である。



この辺りが、長谷川理恵に「度肝を抜かれる級の裏切り」として体感させたポイントである。



通常、ケートゥとは、思い違い、誤診、失望などを表わすが、ケートゥは、スパイなど癖のある人物の表示体にもなり得るのであり、スパイの世界には常に二重スパイなど裏切りがついて回る。



従って、長谷川理恵に「度肝を抜かれる級の裏切り」という形で、激しい心の動揺や落胆、失望をもたらしたのは、ケートゥではないかと考えられる。



ケートゥが7室支配の金星、4室支配の月、9、12室支配の木星にトランジットしているからこそ、そのような体感があったのである。



つまり、「裏切り」という体感は、ケートゥがもたらす象意である。



「裏切り」という体感は、単なる相手の態度に対するよくある批判ではないのである。



これは全く予想しない形で、思いもかけなかった振る舞いによって、突然の急激な失望がもたらされたということなのである。



通常、ケートゥのトランジットは、突然の変化をもたらすと解説されている。



それは全く思いもかけなかった変化なのである。



そうしたことで、長谷川理恵には、「度肝を抜かれる級の裏切り」と表現せざるを得ないような激しい失望が起こったのである。



これはマハダシャーの土星、アンタルダシャーの水星がもたらしたことではあるが、ケートゥのトランジットがその体験を特有なものにしている。



そして、長谷川理恵がこのことをSNSで公表した時、プラティアンタルダシャーの月は、蠍座8室を通過していた。



このように私は長谷川理恵の心理状態を作り出したと思われるラーフ/ケートゥ軸のトランジット、特にケートゥのトランジットについて注目した。



何故なら、私は、長谷川理恵と同じように牡羊座ラグナで、木星、土星、ケートゥ、ラーフが同じ星座に在住している。



現在、長谷川理恵と同じハウスにラーフ/ケートゥ軸がトランジットしている。



従って、この長谷川理恵の体験や心理状態が手に取るように分かるのである。
















スポンサーリンク


スポンサーリンク

渡辺謙、南果歩との離婚成立 -土星期のブレイクと再婚生活の終焉-



渡辺謙が南果歩と離婚したとメディアが伝えている。


ダシャーは、水星/水星/金星期あるいは、水星/水星/太陽期辺りである。



渡辺謙と南果歩の離婚成立、手つなぎデート発覚1年
2018年5月18日0時10分 日刊スポーツ

俳優渡辺謙(58)と女優南果歩(54)が離婚したことが17日夜、明らかになった。渡辺の所属事務所が発表した。

 渡辺の所属事務所はマスコミ各社に送ったファクスには「弊社所属の俳優・渡辺謙に関するご報告をさせていただきます。女優・南果歩さんと渡辺の間で離婚が成立しましたことをご報告申し上げます」と記されている。

 2人は、2005年12月に結婚。昨年3月、渡辺がニューヨークのセントラルパークで宝石デザイナーの日本人女性と手つなぎデートをしていたことを報じられた。

 渡辺は4カ月後の7月15日になって都内で釈明会見を行い「この春に出た記事に関してはおおむね事実でございます」とほぼ全面的に認めた。その後渡辺は、南と別居状態になったことを明かしている。



まず渡辺謙については出生時間が分からないため、過去の出来事を詳細に検討した結果、ラグナは双子座に修正している。






双子座ラグナに修正すれば、映画や舞台で俳優をする渡辺謙の才能や演技力が、ラグナロードと5室や3室との絡み、3室と5室の星座交換やパラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な効果、及び、ニーチャバンガラージャヨーガの働きとして説明できる。



渡辺謙は太陽が減衰している為、自分自身でしかいられない獅子座の典型的な主演俳優タイプではなく、むしろ、役柄になりきる演技派であり、しかも存在感やカリスマ性も持っている。


通常、獅子座ラグの俳優の場合、主役を演じられるが、大根役者だったり、演技はあまり上手くないと評価されることが多い。


然し、渡辺謙は、役柄になりきる天才的な役者である。


そのことについては既に以前、詳細に論じている。



渡辺謙は、マハダシャー土星期に入った後のセカンドアンタルダシャーである土星/水星期に映画『ラストサムライ』でトム・クルーズと共演し、ハリウッドに進出した。


この映画での演技や存在感、カリスマ性などから、ユル・ブリンナーの再来(坊主頭で『荒野の7人』などに出演した俳優)などと言われ、高い評価を受けた。



これが2003年頃で、土星/水星期であり、この頃、南果歩と再婚している。



私は渡辺謙についてはジョーティッシュの学習の初期段階から、ずっとウォッチしてきた。


前妻との離婚劇や新興宗教団体との関係、また白血病での闘病生活など、渡辺謙は、7室支配のマラカで6室に在住するマハダシャー木星期の間、試練が続いた。


木星は2室支配のマラカの月とも相互アスペクトしている。



従って、マハダシャー土星期に渡辺謙が、ハリウッドに進出してブレイクした時、木星期の試練を何とか耐え抜いて、突然に世界的スターへと跳躍する清々しさがあった。



土星は8、9室支配で7室(パートナー)に在住しており、この時、南果歩と結婚したのである。










その為、南果歩は、射手座に在住する9室支配で7室に在住する土星が表示体であり、ラージャヨーガを形成しており、南果歩との結婚は、土星期の栄光の象徴であった。




今回、離婚が成立した段階で、マハダシャーは既に土星期が終わって、水星期に入っており、水星/水星/金星期あるいは、水星/水星/太陽期辺りである。



つまり、この南果歩との歩みは、土星期の間の出来事であったということになる。




何故、マハダシャー水星期になってから離婚したかと言えば、水星は6、11室支配の火星、3室支配の太陽とコンジャンクトして傷つき、月から6室(離婚)に在住しているからである。


月からみた離婚の6室に太陽、火星、水星が集中しており、7室支配の火星が6室に在住することでパートナーとの離婚という象意がはっきりと出ている。



現在、トランジットの木星が天秤座を通過し、ラグナから見た6室の支配星にコンジャンクトしている。


そして、土星は7室で逆行して、6室に絡んでおり、6室にダブルトランジットが成立している。



また月からみてもトランジットの木星は6室を通過しており、土星は逆行することで月からみた6室支配の金星にアスペクトしている。



従って、月からみても6室にダブルトランジットが成立している。




現在、水星/水星期で、マハダシャーもアンタルダシャーも6室に絡む水星期で、プラティアンタルダシャーは月から6室の支配星である金星か、月から6室に在住し、ラグナから見て6室支配の火星と絡む太陽期なのである。



そして、ラグナから見ても月から見ても6室にダブルトランジットが生じている。



従って、今、まさに離婚なのである。






因みに前回の記事でも書いたが、今回、離婚の原因となったジュエリーデザイナーとの不倫であるが、渡辺謙は、その相手と3年越しで交際を続けてきたようである。




それは、ちょうど土星が6室の蠍座を通過していたタイミングである。



この蠍座6室には7室支配の木星が在住しており、この7室支配の木星に対して、土星がトランジットしていたタイミングである。



ちょうどダシャーは土星/木星期で、アンタルダシャーロードの木星に対して、土星がトランジットしていた形である。




このように考えると7室支配で6室に在住する木星は、渡辺謙にとっては、愛人(不倫相手)との交際のカルマを表わしているのである。




6室は部下のハウスであり、目下の者を表わすハウスである。



従って、ジュエリーデザイナーでホステスなどをしていた相手の女性は、蠍座のアヌラーダに在住する木星が象徴している。



渡辺謙は、マハダシャー木星期の時に離婚(6室)や宗教家(木星)との確執(6室)、借金問題(6室)、白血病(病気:6室)など6室を象徴する様々な障害と戦ったが、これは6室に在住するマラカの7室支配の木星が象徴している。



この木星期に新興宗教・釈尊会の小野兼弘に渡辺謙の妻が、巨額の金銭(2億円)を貢ぎ、それが渡辺謙の借金問題などにつながっていく。



そして、小野兼弘、若村真由美、渡辺謙、渡辺謙の夫人との四角関係なども報じられた。



若村真由美は、渡辺謙との交際も噂された女優のようである。




木星はラグナから見て、7、10室支配の機能的凶星で、月から見て8、11室支配の最悪の機能的凶星であったことから、木星期に起こった出来事が推測できる。



この木星期にやはり渡辺謙は複数の女性と交際を重ねてきたことが分かる。




この木星は更にマラカの2室支配の月と相互アスペクトすることによってマラカとしての凶意が強まっている。



従って、木星は、渡辺謙にとっては、トラブルをもたらす惑星である。



今回、蠍座に在住する木星の表示体であるジュエリーデザイナーの女性との手つなぎデートが報じられたことで、離婚につながったことを考えると、やはり、木星は障害をもたらす表示体となっていることが分かる。





今回、渡辺謙が、マハダシャー水星期に移行したタイミングで離婚したことにより、ナヴァムシャのラグナについてより詳細な検討が可能になった。



私は以前は、渡辺謙のナヴァムシャを牡牛座に設定していたが、双子座の方がより説明できそうである。








ナヴァムシャを双子座ラグナに設定すると、土星はラグナに在住しており、土星期での結婚のタイミングとして理解できる。



また水星は12室(別離)に在住しており、6室(離婚)に在住する3室支配の太陽からアスペクトされており、水星/水星/太陽期に離婚したと考えれば、すっきり説明することが出来る。



この場合、土星はラグナに在住しているが、8室の支配星であり、6室支配の火星と相互アスペクトしており、パートナー関係の緊張を表している。



南果歩との結婚が完全には円満ではなかったことを象徴している。




例えば、今回の離婚劇において、渡辺謙に同情する声が一部あるようである。



それは渡辺謙が南果歩の母親や姉との同居など、配偶者の家族と濃密に関わらなければならなかった状況に対してである。



渡辺謙と南果歩の離婚に「どっちもどっち」「ケンワタナベに同情」の声が相次ぐワケ
2018年05月18日 05時00分 しらべぇ

(画像は南果歩公式ツイッターのスクリーンショット)

俳優・渡辺謙(58)と女優・南果歩(54)の離婚が成立したことが17日にわかった。渡辺といえば、昨年3月の『週刊文春』で21歳年下女性との不倫を報じられていたが、その影響だろうか。

報道を受け、ネット上ではさまざまな声があがっている。

■「渡辺謙にはガッカリ」の声
2人は2005年12月に結婚。南は16年には乳がんで手術を受けており、その際に渡辺から「果歩の全てを一生愛す」と支えられていたことを明かしていた。一方、渡辺は宝石デザイナーの日本人女性と不倫関係にあったという。その女性と3年にもおよぶ交際だったとか。

渡辺もこの報道について、記者会見で「おおむね事実」と認めていた。

それだけに、今回の離婚を受けて、ツイッターや女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では渡辺を批判する声が数多く寄せられている。

#渡辺謙

渡辺謙さん、離婚したのか

不倫の代償は大きかった

南果歩さん、可哀想な気がする

— おかっち (@ghGECFBbhYSJPgR) May 17, 2018

渡辺謙って、大人同士の結婚でも、結局還暦の年で不倫で終わってしまうんなんて、みっともない、しかも奥さん闘病中だったなんて、人格疑うんじゃ。
渡辺謙もそこらへんの不倫オヤジと変わらない、渡辺謙にはガッカリだよ。

— 小国冬娜 (@lxcstk) May 17, 2018

#南果歩 やっぱり離婚するよね。渡辺謙ヒドイ旦那だよね。奥さんが病気の時に浮気とか全然カッコよくない!最低な男だと思う。

— バラ (@CZMLrUZLJ1tlX8j) May 17, 2018

■「母と姉の同居はキツイ」と同情も
しかし一方で、渡辺に同情する声も。『女性自身』によれば、推定6億円の豪邸には南の母と姉も同居していたと報じられている。「マスオさん状態」と揶揄されることもあった渡辺だが、ネット上ではその生活に行き詰って不倫に走ったのではという推測も見受けられた。

そのため、今回の離婚報道に対して「母と姉と同居はきつい」「どっちもどっちだと思う」との声も。

・渡辺謙、南果歩離婚。旦那の浮気が離婚原因だと思うけれど、お二人の新居に南さんのお母様や姉妹を同居させたのは本当なのかな? 事実なら夫としては居心地悪いよ。浮気した渡辺謙だけを責めるべきなのか…

・南果歩の母親はまだわかるけど、姉も同居ってなんだろうね。渡辺謙からさんざん甘い汁吸ってたことにちょっと引く。病気とかならわかるけど、そうでないなら同情する。女性問題多く抱えてた人がそんな改心するかねえって話だからねー

・義母だけならともかく嫁の姉とかも転がり込んで来たら家になんか帰りたくないわな その部分だけは同情する 浮気癖は元からかも知れないからアレだけども

■離婚原因ランキング
しらべぇ編集部が全国20~60代の離婚経験者の男女144名に「離婚原因」について調査したところ、もっとも多いのが「お金」で4割。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一方、今回の離婚のきっかけともいえるだとう「浮気・不倫」は3割という結果となった。

南は自身のブログで「これからは曇りのない笑顔で、私らしく歩んで参りたいと思います」とコメントしている。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)



渡辺謙は、出生図で、8、9室支配の土星が7室に在住しているが、これは海外での活躍や、南果歩との結婚による幸運を表してはいるが、8室の支配星も7室に絡んでおり、8室は配偶者の家族を表わすため、配偶者の家族と同居しなければならないという形で束縛を受ける配置でもある。



そして、もしナヴァムシャのラグナに8室支配の土星が在住しているのであれば、6、11室支配の火星との間で、6-8の絡みを生じており、こうした配偶者の家族との同居生活というものが、相当に渡辺謙に対して、結婚におけるストレスを与えたことは間違いないと考えられる。






またナヴァムシャのラグナを双子座に設定すると、双子座から見た5室にケートゥが在住しており、外国語の才能を表している。



渡辺謙は、ハリウッドに進出する前に英語の猛特訓をしたようだが、そうした学習が実って、ハリウッドの映画での英語でのスピーチが自然に出来るほど洗練されていることもハリウッドに受け入れられた理由である。


才能がない人はいくら英語の学習をしても中々上達しないが、こうした配置から渡辺謙には語学の才能があったと考えられる。




またナヴァムシャのラグナを双子座に設定すると、ダシャムシャ(D10)のラグナが水瓶座になるが、水瓶座にはラグナロードの土星が定座にあり、パンチャマハープルシャ・シャシャヨーガを形成し、4、9室支配のヨーガカラカとコンジャンクションし、更に木星が9室からアスペクトしている。






この配置は、まさにマハダシャー土星期にハリウッドでブレイクしたことを説明するものである。



水瓶座ラグナであれば、3、10室支配の火星が11室に在住して、5室支配で5室の自室に在住する強い水星と相互アスペクトして、5-10のラージャヨーガを形成しており、1、3、5室の絡みが生じている。


この辺りで、映画や舞台で俳優をする典型的な配置が見られる。



火星が3、10室の支配星となることによって、3室(芸能)と10室(仕事)が基本的に絡んでいると見なすことが出来るが、更にそれが5室支配の水星と相互アスペクトしてそこに創造性が加えられている。



火星は11室に在住しており、演技の仕事(3、10室支配の火星)で、高い評価(11室)を受けられることを示している。




この分析が正しければ、渡辺謙は、マハダシャー水星期において、水星はダシャムシャで5室で自室に在住しており、土星期ほど強くはないが、そこそこ強い配置を示している。




従って、マハダシャー水星期においても俳優として活躍してゆけることを表わしていると考えられる。



NHK大河ドラマ『西郷どん』での活躍などがそれを物語っているかもしれない。




ダシャムシャでは水星は、12室に在住して6室に在住する3室支配の太陽からアスペクトされて傷ついているため、パートナー関係、配偶者との関係という面では、離婚という結果になったが、ダシャムシャでは水星はまだそこそこの力を保持している。



従って、俳優ということではハリウッドに進出した頃のような大ブレイク感はないかもしれないが、それなりの活躍をしていくことが期待できる。




ナヴァムシャの配置は12室であるが、水星は、1、4室支配で、5室支配の金星と星座交換して、1-5、4-5のラージャヨーガを形成している。



金星はディスポジターと星座交換しているので、ニーチャバンガラージャヨーガである。



これは、渡辺謙は、水星期に活躍できるだけの十分なポテンシャルを持っていると同時に離婚には至ったが、決して、パートナー運が悪いばかりではないことを示している。



土星は、離婚経験者であり、年齢的にも重ねた女性を表しており、これは南果歩を表していたと考えられる。



然し、水星は金星と星座交換しており、土星や火星とも絡んでいない。



従って、離婚した後は、若い女性からモテたりなどして、それなりにお気楽な生活を送っていくのかもしれない。



水星は12室には在住しているが、ラグナロードで、4室の支配星であり、5室支配の金星と星座交換しているが、水星も金星も木星からアスペクトされて保護されている。




このように今回の離婚劇から渡辺謙が改めて双子座ラグナであることを確認できると共にまたナヴァムシャのラグナが双子座で、ダシャムシャのラグナが水瓶座である可能性を検討することが出来た。






(参考資料)



南果歩 さすがに許せない?渡辺謙の離婚財産「差し押さえ」計画
2017年8月16日 05:57 Asagei+plus

「夫にも感謝ですね」

 出演しているがん保険のCMで南果歩(53)はこう口にしているが、現実は夫・渡辺謙(57)の“ゲス不貞”に、感謝どころか、はらわたが煮えくり返っていたという。

「南の中で離婚はもう決定事項。渡辺が関係修復を図ろうとしても耳を貸さなかった。騒動後、南が自分の母と姉と暮らす都内の豪邸に、渡辺は一度も帰れなかったそうです」(芸能記者 )

「週刊文春」(3月30日発売)に報じられてから、7月15日の渡辺の釈明会見までの舞台裏のドタバタ劇を、渡辺の事務所関係者がこっそり明かす。

「当初、事務所は不倫相手のA子さんによる真相告白を恐れて、ウン千万円の“口止め料”を用意していた。とはいえ、本人ときちんとコンタクトが取れず、支払われなかったようです。
並行して渡辺にはNHKから、出演する来年の大河ドラマ『西郷どん』の放送期間中は離婚しないよう要請があったとも聞いています」

 一方、離婚しか頭にない南にも、すぐには決行できない背景があった。

「7月9日に放送を開始したNHK・BSプレミアムのドラマ『定年女子』に主演し、夫の浮気が原因で離婚したキャリアウーマン役を演じています。ドラマに注目を集めたいNHKの意向があり、 自身のCM内容も夫との信頼を強調しており、離婚を連想させることは好ましくなかった」(前出・事務所関係者)

 渡辺は会見後、その日のうちに渡米。現在はハリウッド映画「ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ(原題)」の撮影中だ。対する南には、離婚財産「差し押さえ」計画があるとい う。

「そもそも渡辺の“財布”を握っている南は、豪邸や別荘も所有しており、今すぐ離婚してもメリットがない。NHK大河と『ゴジラ』という二つの大仕事のギャラをブン取ってからポイ捨 てする腹づもりなのです」(前出・芸能記者)

「西郷どん」放送終了の18年末までに、渡辺が南を翻意させることが離婚回避の唯一の条件だが、今となってはその意思もなくなりつつあるという。

「渡辺が何に金を使ったかはクレジットカードの決済で南に一目瞭然。そのため相手に相応の“お手当”を渡せず、結婚や子供を作る可能性を示唆してつなぎとめるセコい不倫に走るしか なかった。そんな状況に辟易の渡辺は、前妻との離婚訴訟で苦労した経験もあって、離婚の条件について争う気がまったくないようです」(前出・芸能記者)

 “世界のケン・ワタナベ”が丸裸のサムライになる日は近いようだ‥‥。
参照元:南果歩 さすがに許せない?渡辺謙の離婚財産「差し押さえ」計画
2017年8月16日 05:57 Asagei+plus

別所哲也「こういう結論に残念」渡辺謙と南果歩離婚
日刊スポーツ 2018年5月18日

俳優渡辺謙(58)と女優南果歩(54)が離婚を発表したことを受け、2人と交流がある俳優の別所哲也が(52)が「こういう結論になるのはすごく残念」とコメントした。

 18日放送のフジテレビ系「とくダネ!」は、前夜に発表された渡辺と南の離婚を取り上げた。2人は2005年12月に結婚。16年2月には渡辺に早期の胃がんが見つかり、さらに その翌月には南が乳がんを発表し、お互いに支え合いながら闘病していたが、渡辺がこの時期に宝石デザイナーの女性と不倫していたことが昨年3月の週刊誌報道で発覚した。

 コメンテーターを務める新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏は「ただの浮気でも腹立たしいところに、ご自身が乳がんで闘病されているタイミングというのはやっぱり女性としてはかなり 許せないシチュエーションだったと思う」と南の胸中を推し量った。

 別所は、渡辺を「目標にしたい尊敬する俳優さんの1人」だとし、過去に共演経験のある南について「本当に献身的な方で仲間思い」と人柄について語り、「2人が俳優女優として同じ 志でいろんなことを共有していたと思うので、こういう結論になるのはすごく残念」とため息をついた。
参照元:別所哲也「こういう結論に残念」渡辺謙と南果歩離婚
日刊スポーツ 2018年5月18日

渡辺謙、不倫相手と再婚の準備進行か…恋に溺れ周囲の忠告も無視
2018.01.13 Business Journal

暮れも押し詰まった先月27日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)は、俳優・渡辺謙がその妻で女優・南果歩との離婚に向けて交渉をスタートさせたと報じた。  事の発端は、同誌が昨 年3月末に報じた渡辺の不倫疑惑に遡る。20歳年下のジュエリーデザイナーの女性Aさんと米ニューヨークのセントラルパークで手つなぎデートをしていたことが報じられたほか、2人のツ ーショット写真なども掲載された。

「渡辺は、今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』への出演が決まっていたため、疑惑発覚から3カ月以上経ってからしぶしぶ謝罪会見を開きました。昨今は芸能人の不倫騒動について視聴者か らテレビ局に厳しいクレームが届くので、“禊(みそ)ぎ”を済ませておく必要があったんです。

しかし、8月にW不倫が発覚した斉藤由貴は『西郷どん』を降板している。そこでまた、『なぜ渡辺謙は降板しないのか?』という声が続出してしまったため、これまで“下手な動き”はで きなかったんですよ。  そして、なんとか降板は免れたため、いよいよ南との離婚に向けて動き出したのです。

渡辺の所属事務所は昨年、大河ドラマから放送開始直前で降板となれば、そのまま芸能界を追放されるのではないかと、かなりの危機感を抱いていました」(テレビ局関係者)  そんな渡 辺は、件の不倫女性との再婚を視野にいれているという。 「渡辺は今もAさんとの関係が続いており、さらにAさんとの再婚を希望していると、業界内ではいわれています。ただ、ここで焦 ればかなりのイメージダウンになってしまうので、これから1年くらいかけてまずはじっくり離婚の話し合いをしつつ、Aさんとの再婚に向けて準備をしていこうということのようです」( 同)  一方で、周りが見えなくなっている渡辺について、こんな声も聞こえてくる。

「そもそも『文春』で報道された不倫スキャンダルについては、Aさんが自分でリークしたのではないかという声が絶えません。しかし、事務所がいくら気をつけろと言っても、渡辺さん は聞く耳持たずで、60歳を目前にして恋に溺れている状態のようです。昨年の“裏アカデミー賞”はハリウッド俳優も骨抜きにしてしまったAさんじゃないですかね」(芸能事務所関係者 )  昨年10月、「ピンクリボンデー」のイベントに出席した南は、昨年の春頃から「精神的な重荷がある時期があった」と告白し、渡辺の不倫騒動により、深い傷を受けたことを告白して いた。一部では、南が近々大々的な反撃に出るのではないかとの声もあり、渡辺の思惑通りには進まないのではないかともいわれている。

おしどり夫婦として知られてきた2人の結末は、なんとも虚しいものになりそうだ。

(文=編集部)
参照元:渡辺謙、不倫相手と再婚の準備進行か…恋に溺れ周囲の忠告も無視
2018.01.13 Business Journal

南果歩 離婚直前に明かしていた「渡辺謙への最後の気遣い」
女性自身 2018年05月17日 23:00

《この度、離婚という形に到りましたことをご報告申し上げます。出会いから16年、様々なことを学びました。そしてこの1年は、自身の生き方を見つめ直す時間を与えられました。これ からは曇りのない笑顔で、私らしく歩んでまいりたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます》

南果歩(54)が渡辺謙(59)との離婚をツイッター上で報告した。2人はドラマの共演がきっかけで友人関係になり、渡辺の前妻との離婚成立後の05年に結婚。おしどり夫婦として知られ ていたが、昨年3月に元ホステスでジュエリーデザイナーの女性との3年に及ぶ不倫が『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた。

この不倫発覚以来、本誌は南を直撃している。離婚協議中だと報じられた今年1月、南は本誌の取材にこう答えている。

「いま、彼は『西郷どん』の仕事で九州にいますし、忙しいでしょうからね。そんなときに(離婚協議など)いろいろな物事を進めるわけにはいきませんよ。やはり仕事に集中させてあげ たいじゃないですか。仕事が生きがいで、最優先という人ですからね。(中略)だから私も、彼の仕事には協力したいと思っているんです」

それから3カ月後の今年4月。渡辺が『西郷どん』の撮影を終えたタイミングで、ふたたび南を直撃した。すると、離婚については「まだお話できません」とした上で、意外なひとことが― ―。

――『西郷どん』は観ていましたか?

「はい、観ていましたよ」

南の知人はこう語る。

「果歩さんは、とにかく“尽くす”タイプの女性。同じ俳優として、謙さんをだれよりも尊敬し、ずっと支えてきました。夫婦の事情で、夫の仕事関係者に迷惑をかけるわけにはいかない ――。そんな妻として、同じプロとしての思いが強く、なかなか話し合いが進まなかったのでしょう。だからこそ、夫の仕事にひと段落がついたこのタイミングになった。それが13年間連 れ添ってきた謙さんへの“最後の心遣い”だったのだと思いますよ」

まさに“立つ鳥跡を濁さず”だった――。
参照元:南果歩 離婚直前に明かしていた「渡辺謙への最後の気遣い」
女性自身 2018年05月17日 23:00








スポンサーリンク


スポンサーリンク

TOKIO 山口達也の事件について



TOKIOの山口達也の強制わいせつ事件が世間を賑わしている。


出生時間が分からない為、ラグナを検討しているが、山口達也は、結婚して離婚しており、子供が2人誕生している。


それらの日付も分かっており、材料は一通り揃っているが、ラグナは今のところ分からない状況である。


但し、00:00:01と23:59:59でチャートを作成してみると、現在のダシャーはそれぞれ土星/月期と水星/火星期である。


従って、現在のダシャーの取り得る範囲内は以下の通りとなる。


土星/月
土星/火星
土星/ラーフ
土星/木星
水星/水星
水星/ケートゥ
水星/金星
水星/太陽
水星/月
水星/火星



現在のマハダシャーは土星期か、水星期である。




そして、現在の山口達也の状況を考えると、マハダシャー水星期にいるのではないかと考えられる。



何故なら、ダシャーロードの水星をラグナとすると、2室にラーフと金星が在住しており、これがアルコール依存症の配置である。


2室に飽くなき欲望のラーフと快楽主義の金星が在住していることで飲酒が止められない配置である。


そして、金星は6、11室支配で2室に在住し、2、3室支配の土星と2-6室で星座交換している。



この6、11室支配の金星は、対人関係を表わす6室を支配しており、6室と金星が絡む場合、不特定多数の愛人を表わす配置である。


この6室支配の金星にラーフがコンジャンクションしている為に今回の事件のような自分よりもかなり年齢が下で弱い立場の女性を自宅に招いてわいせつに至ったことが分かる。


2室に在住しているというのは自分の手元に招くという意味である。2室は所有のハウスであり、所有物(財産)のハウスである。



従って、6室の支配星が2室に在住する配置は、愛人を囲うような配置である。



但し、この6室支配の金星は部下や愛人を表わすハウスであるが、病気、訴訟、負債のハウスでもある。



従って、直ぐにチャートの持ち主を訴えたりするのである。



射手座ラグナの男性に結婚目当ての女性が近づいてきて、結婚後、直ぐに訴訟になり、巨額の示談金を巻き上げたりするのは、射手座ラグナの人にとって結婚や配偶者の表示体である金星が6室の支配星だからである。


山口達也の場合、ダシャーロードの水星から見た2室のラーフと金星はまず飲酒癖を表しているが、金星は6室支配で2室に在住し、ラーフとコンジャンクトして8室にアスペクトしている為、自分よりも目下の女性との性的関係を表していると考えられる。


然し、この金星はラーフとコンジャンクとしている為、性的欲望が中々コントロールすることが出来ず、激しい欲求が噴出してくる配置である。


それは飲酒を止められないのと同じである。



この6室支配の金星はラーフとコンジャクトして激しい性的欲望を表しているが、土星とも星座交換しており、土星は飲食の2室と欲望の3室(食欲、性欲、睡眠欲などの低次の欲望)を支配している。



従って、金星は欲望の3室やラーフとコンジャンクトして傷ついていることが分かる。



仮にこの金星に木星がコンジャンクトやアスペクトなどしていたら、ここまで悪くはなっていなかったであろうと思われる。



然し、この金星と土星、ラーフの絡みには、木星や他の吉星は全く絡んでいない。



従って、彼を止めてくれる者はおらず、また女性は即座に被害届を提出したのである。




もう一つ注目すべき配置は、ダシャーロードの水星から見て8室支配の月が11室(評価、評判)に在住し、火星と逆行の土星からアスペクトされて傷ついている配置である。






11室に8室の支配星が絡んで、更に2つの凶星から傷つけられている為、評判や評価が突然、失われる配置である。



11室支配の金星もラーフ/ケートゥ軸と絡んで、土星と星座交換して傷ついている。



従って、11室が激しく傷ついていることが分かる。



これも現在、マハダシャーが水星期だとすると、山口達也に起こりそうなことを示しており、それが今回の事件で実証されたことになる。




出生時間を00:00:01~23:59:59のどこに設定しても月は天秤座で確定である。



チャンドララグナから見ると金星と土星は4-8の星座交換をしている。



ケンドラの4室の支配星が8室と星座交換している。



これは居場所や幸福感が突然、破局的に失われる配置である。



また星座交換によって、5-8の絡みも見られるが、判断力、識別力の混乱を表している。




ダシャーロードの水星や月から見て、金星や土星は、非常に不吉な配置になっていることが分かる。





水星は月から見ると9、12室支配で、3室に在住し、3、6室支配の木星や11室支配の太陽とコンジャクトしている。



月から見て3室の水星、太陽、木星は、芸能活動を表していると思われるが、最近、山口達也は、NHKの若者向け教養バラエティー番組「Rの法則」の司会者を務めていたようである。



こうした教育に関係する仕事をやり始めたのは、2011年2月からであり、マハダシャー土星期の終わり、あるいは水星期の初めではないかと考えられる。



水星は、月から見て、9、12室を支配して3室に在住しており、教育(9室)に関係する仕事に携わったのはその為である。



またNHKの教養番組の司会に抜擢されたのは、この水星に対して、太陽がコンジャンクトしているからではないかと考えられる。



NHKは半官半民の会社であると考えることができる。



従って、山口達也は、私生活が非常に苦しい状況であっても仕事には恵まれていたと言える。




然し、マハダシャー水星期になってから、配偶者との離婚が生じ、全ての歯車が狂い出し、飲酒に溺れ、女性との刹那的な情事に溺れていったのだと考えられるため、おそらく水星はラグナから見て機能的凶星であり、また悪い配置にある可能性が考えられる。



そんな所で、まだ山口達也のチャートの検証については途中であるが、現在、分かる部分についてだけ述べると上記のようになる。




山口達也のチャートを見ると、まず月が天秤座に在住しているが、両側に惑星が在住していない為、ケーマドルマヨーガであり、寂しい月である。



更に火星や逆行の土星が月にアスペクトして傷つけている。



従って、山口達也は孤立しがちであり、孤独感から精神が不安定な状態である。



但し、天秤座の月は遊び人の配置であり、自由奔放に生きる人間性を表している。



従って、自由奔放な価値観を持っている孤独な人物が、このような事件を起こしたということである。



孤独感や寂しさというものを酒や女性で紛らわそうとしたということである。




但し、その時に6室が絡む場合、やや相手よりも権力があり、暴力的な立場となる。



またダシャーロードの水星から見た6室支配の金星は、ダニシュターに在住しており、ダニシュターの支配星は火星である。



火星は月から見て、7室支配で6室に在住しており、6室の火星は、対人的に強い暴力的な配置である。



従って、心の寂しさを紛らわせようとした際に強制性が出てきてしまったと考えられる。



そのことによって、訴えられることにもなったのである。






こうした今回のエピソードの全てが、ダシャーロードの水星をラグナとした場合に浮かび上がってくる。



そして、このマハダシャーの水星は、機能的凶星化しているのではないかと考えられる。



機能的凶星化していなくても、月から見た場合でも3、6室支配の木星や11室支配の太陽とコンジャンクトしており、傷ついている。



木星はあまり役には立たないということである。



結局、今回の事件において、TOKIOのメンバーや周辺から擁護するのには限界がある様子が見て取れる。



ジャニーズ事務所なども無期限謹慎にして、切り捨てる方向に動いている。



実際、一緒に仕事をしてきた人々は本当の意味で、彼の苦境を支えるまでには至っていないようである。



そうしたことで、マハダシャーの水星とコンジャンクトしている木星や太陽はそれ程、役には立っていないと考えられるのである。



一応、ジャニーズ事務所などは、取材制限などを敷いて、山口達也を厳重に守っているように見えるが、それは自分の事務所の名誉にも関わるからである。



現在、ダシャーロードの水星と2室でコンジャンクトする6、11室支配の金星とラーフに木星と土星がダブルトランジットしており、この2室に形成されるカルマが噴出するタイミングである。


6室の支配星にダブルトランジットが生じていたことから警察に届けられて事件になったものと考えられる。



この6室の象意から考えると、水星/金星辺りではないかと考えることもできる。



アンタルダシャーの金星期というのは過去にもあったが、例えば、土星/金星期の場合などは、マハダシャーロードの土星とアンタルダシャーロードの金星が星座交換している為、吉凶が混合して、ヨーガカラカの土星の影響を受ける為、アンタル金星期はそれ程、凶暴にはなり得ないと考えられる。



然し、水星/金星期の場合は、マハダシャーロードの水星とアンタルダシャーロードの金星が絡んでいないことから、水星からの位置関係が重要となり、6、11室支配で2室で傷ついている金星が強調されているのである。



マハダシャーの水星はムーラに在住しているが、支配星のケートゥは、ダシャーロードの水星から見た8室に在住しており、6室支配の金星からアスペクトされて、6室に絡んでいる。





(参考資料)



山口達也「女子高生わいせつ」発覚前日に“不気味すぎる姿”
2018年05月03日 11時00分 東スポWeb
謝罪会見で頭を下げる山口達也

 女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された「TOKIO」の山口達也(46)が、NHKで“不気味すぎる行動”をとっていたことがわかった。自ら司会を務めながら、共演した少女を毒 牙にかけていたNHK Eテレの「Rの法則」。すでに被害者の女子高生から訴えが出ていた時点で行われた最後の収録現場で、ありえない余裕タップリの姿を見せていたという。この様子を見た同局 の若い局員たちは、まさかあのタイミングであんな態度をとれるなんて…と、その不気味さに震え上がっている。

 書類送検された山口について東京地検は1日、起訴猶予処分とした。これを受けてジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は「弊社としては、ことの重大さを真摯(しんし)に受け止め、全員がそれ ぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」とするおわびのコメントを発表。2日には城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)の4人が会見を行い、山口が「辞 表を提出した」と明かしたが処遇は決まっていない。

「Rの法則」(月~木曜午後6時55分)は山口の事件を受け、6月末まで放送を中止することを決定したが、驚くべきことに当初、NHKサイドは番組の存続を訴えたという。この番組が山口らジャ ニーズタレントと未成年タレントたちの“出会いの場”となり、強制わいせつ事件のきっかけになったにもかかわらずだ。

「未成年の共演者たちの保護者的立場で振る舞うべき山口が、自宅に呼び出して強制わいせつに及んだ。山口が被害者の女子高生の連絡先を知っていたということは、舞台裏で共演者の少女たちの連絡 先をゲットしていたことの証拠。そんな乱れた番組状況を把握しながら、存続させようとしたNHKには内部からも批判的な声が上がった。この先、打ち切りになるのは当然ですよ」(芸能プロ関係者 )

 すでに改編期の7月に打ち切られ、新番組をスタートさせることが既定路線というが、山口が収録で見せた“不気味すぎる姿”が局内で話題になっている。

「NHKのスクープで強制わいせつ事件が明らかになったのが4月25日だが、実はその前日、『Rの法則』の収録があったんです。その場には希望に満ちたNHKの新入局員たちが見学に訪れていた んですが、収録を終えた山口は新入局員一人ひとりと笑顔で握手しながら『早く偉くなって僕を使ってね!』とお願いしていた。この時を振り返った新入局員たちは『番組で共演者とあんな問題を起こ していたのに…』『信じられない』『怖い』とショックを受けている」(NHK関係者)

 アイドルとして最大のタブーである性的な不祥事を起こしたうえ、毒牙にかけた女子高生と出演していた「Rの法則」で見せていた驚くべき姿。先月26日の会見によると、山口は3月末に事件性を 認識し、4月に入ってから事務所に相談した。つまり、この収録の時点で、事務所も含めてトラブルを把握していた。それだけに番組関係者から「事件を“もみ消せた”と安心していたのかもしれない 」といった声が出るのも無理はない。

 事件発覚翌日の26日に開いた謝罪会見で、早々にグループ復帰の思いを明かした山口に対して、松岡は2日の会見で「彼の甘ったれた意見はどこから生まれるのだろう。恐らくあの時の彼は自分が 崖っ縁ではなく、崖の下に落ちていることに気づいていなかったと思います」、長瀬は「彼の甘さがにじみ出ていた」と指摘した。

「ジャニーズ事務所は今回の強制わいせつも含めて山口にロリコン趣味はなく“精神的、肉体的なストレスで酒に溺れただけ”という流れにしようとしている。しかし、TOKIOの残り4人はそうは 思っていない。断酒は当然ながら、番組の打ち上げなどでの女癖の悪さも知っているだけに、厳しい視線を投げかけているのでしょうね」(テレビ局関係者)。事件が発覚した25日、5人でフジテレ ビ系のバラエティー番組「TOKIOカケル」の収録に臨んだ際も山口は他のメンバー4人には何の説明もなし。当然、撮影された映像はお蔵入りになった。そんな無責任な態度も怒りに拍車をかけて いる要因だという。

 来年のデビュー25周年に向けて、準備していく大切な時期に起きた不祥事。現在、入院しているという山口だが、いまになって事の重大さに気付いても後の祭りとしか言いようがない。
参照元:山口達也「女子高生わいせつ」発覚前日に“不気味すぎる姿”
2018年05月03日 11時00分 東スポWeb

TOKIOの山口達也 女子高生強制わいせつで「起訴猶予」は甘い!
2018年05月02日 07:26 BLOGOS 渡邉裕二

このところ、森友・加計問題や防衛省の日報問題、さらには財務省の改ざん問題、福田淳一前事務次官のセクハラ騒動など話題が集まり、芸能界の暇ネタは、すっかり隅に追いやられた感じだった。が 、ここに来て、ジャニーズ事務所の古参グループであるTOKIOのメンバー、山口達也(46)の「強制わいせつ」が発覚したことで一気に様相が変わった。

先週末は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との南北首脳会談という国際的なニュースもあったものの、TOKIOの山口のインパクトは、そ れ以上の迫力があったとも言えよう。

もちろん、ネタの重要度という点では比較するようなものではない。とはいっても、何だかんだと支持率の低下が悩みのタネになっていただろう安倍政権にとっては、ゴールデンウィークのタイミング とも重なって、絶好の目くらまし?になったことだけは確かだろう。要は、今や政治も芸能も同じ土俵で語られる時代なのである。

それにしても、森・加計や厚生省、防衛省、財務相…次から次へと問題が発覚して来たが、いつものように不毛な論議に終始し、気づいたらテレビのコメンテーターあたりから「そんなことより、もっ と重要なことがあるだろう…」なんて声まで出始め、いつの間にかウヤムヤに…。ま、誰もが疑問に感じながらも、反省もなくこの調子で過ぎ去っていく…。

示談成立なのに「捜査中」の苦しい言い訳

それは、今回の山口の騒動にしても似たり寄ったりだった。

山口は記者会見を開いて、経緯や事情を説明し、連日にわたってワイドショーやスポーツ紙でも、あれやこれと報じて来た。しかし、肝心なところになると、

「捜査中なのですみません」

捜査中?捜査なんてそんなの終わってるだろうに。だいたい被害者との間では〝示談〟も成立していた。だからというわけでもないだろうが1日には「起訴猶予」が〝予定通り〟明らかになった。そん な状況の中で「捜査中なので」って?国会の証人尋問じゃあるまいし!

そりゃ、自己保身もあるだろう。被害者との守秘義務もあるのかもしれない。もちろん辣腕弁護士のご意見だって聞かなきゃならないことも分かる。けれど、逆にそれが「真相」という部分を曖昧にし た。

山口「メンバー」と呼称するマスコミの気遣い

山口にとって、今回の会見は、それこそ清水の舞台から飛び降りるような思いだったかもしれないが、よくよく見ればテレビから一般紙まで「山口メンバー」「山口メンバー」と、事務所や山口に気遣 っていたことが分かる。

ところが、山口が「まだ、自分の席があるなら、TOKIOとして…」と発言したことだけには、なぜか批判が相次いだ。でも、それって、周りが「メンバー、メンバー」と持ち上げてんだから、ついつい 、勘違いして発言してしまったのかもしれない。

ただ、そういった山口の発言にTOKIOの他のメンバーが、自分たちの気持ちとして疑問を呈するのは分かる。けど、メディアが、それをどこまで批判できるのか?まず己の行動を考えなけりゃ。

だいたい、山口本人も公の場で「捜査中」といっているということは、これが「刑事事件」だと自覚しているわけである。なら…。大げさにいったら日本は「法治国家」であるはずなんだから、ここは 、少なくとも「メンバー」なんて〝特別扱い〟するんじゃなく「容疑者」と報じるべきだったように思う。

山口達也の起訴猶予は甘い

〝特別扱い〟といえば、やはり「起訴猶予」というのは甘い。

結局、東京地検は被害者が示談に応じて被害届を取り下げたことで、事件を不問にしてしまったようにも思える。そもそも、これは「強制わいせつ」である。しかも、女子高校生に対しての行為だ。本 来なら「被害届」が出ようと出まいと即逮捕という案件である。有名人で社会的制裁を受けた…といったとしても、そこは、やはり議論すべき点だろう。

私の意見としては、芸能人である以上は、いくら「酔っていた」「記憶が定かではない」としても、ここは一般より厳しく対処すべきだった。もっとも、昨年、17歳の女子高生との飲酒及び不適切な関 係が報じられた俳優の小出恵介にしても結局は「不起訴処分」だった。

疑問もある。(酔っていたという)山口から連絡を受けた被害者の女子高生は友達と一緒だったとしても、山口の家に行ったというのは…もちろん高校生で好奇心旺盛な時期とはいえ「安易過ぎる」思 う。この部分については色々と報じられてはいるが、どうにも、その時の状況がどうなっていたのか掴めない部分がある。さらに、もう一つ大きな疑問が…。

NHKは女子高生との関係を知っていた?

今回の事件は、NHKの第一報で発覚したが、被害者の高校生と山口が出会ったのはNHKの番組(Eテレ「Rの法則」)だった。私は、女子高生と山口の関係を番組プロデューサーは実は知り得ていたと踏ん でいるのだが、その部分がハッキリしない。実際、被害者の母親は関係者を通じてNHKに抗議したとも言われている。

だとしたらNHKは第三者ズラはできないはずで、事件に対しては、ジャニーズ事務所以上にピリピリしていたに違いない。そう考えると、今回の「示談成立」や「起訴猶予」には、どうにも〝闇〟の部 分があるのではないかと思ってしまう。

いずれにしても、今は、山口の会見の言葉だけでしか真相は語れないが、犯罪は犯罪である。ただ、今回の事件の最大の問題は、山口が、己の行動について全く自覚していなかったことである。つまり 、2月12日の〝出来事〟から警察から連絡がくる3月末まで「気づいていなかった」という恐るべき事実である。もちろん気づいてはいたが「何とかなる」とでも思っていたとも考えられる。だとしたら なおさら大問題である。これは、酔っていたとか何とかいう以前のことである。

こんな話がある。ある人気タレントの目撃情報だが「ある番組の女性ADが、(山口に)胸をワシ掴みされて嫌がっていた」というのだ。ちょっと笑えない話ではなるが、だとしたら案外、山口の〝わい せつ行為〟というのは常習犯だったのかもしれない。ある意味で〝性癖〟なのかもしれないが、冷静に考えたら「46歳にもなって何とも勘違いも甚だしい男」だったとも言えそうだ。

事務所の先輩である東山紀之は、山口に対して「寂しいというのが強かったのかもしれない。離婚もしたし、子供達にも会えないということの寂しさ。ちょっと分かっていました」とした上で「ここは 突き放すというよりも、もうちょっと彼が、どういう風に人生をここから学んでいくのかっていうのを見ていきたい」とコメントしていた。

さすがは、ジャニーズ事務所を背負っているだけあって素晴らしいコメント。

TOKIOは、来年25周年だという。そういった中で山口には「無期限活動停止」の処分が下されている。今日、今回の事件についてTOKIOのメンバーが記者会見を予定しているというのだが…。
参照元:TOKIOの山口達也 女子高生強制わいせつで「起訴猶予」は甘い!
2018年05月02日 07:26 BLOGOS 渡邉裕二

山口達也「Rの法則」での“女漁りの法則”明らかに
2018年04月27日 16時30分 東スポWeb

復帰への願望を口にした山口だが…

 本紙既報通り、TOKIOの山口達也(46)が今回の被害者女子高生と出会ったNHKの番組「Rの法則」を舞台とした山口とスタッフの“裏の顔”をめぐって、新情報が浮上した。

「10代の男女が出演していた番組にはジャニーズJr.、大手芸能プロのアイドルが出演していた時もあったんですが、山口と番組スタッフが男女の連絡先を交換するよう仕向け、山口がJr.の連 絡先を、スタッフが読者モデルの男の子の連絡先を、それぞれ女の子に教えていた。そんな乱れた番組だから危ないと、大手プロは所属のアイドルを撤退させた。山口は自分もおいしい思いをしていた んですが、あっせん屋みたいな存在だったから、兄貴分とみられていたのです」(別の芸能プロ関係者)

 メンバーの城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也を裏切ったことを反省し「もし待っていてくれる場所が、私の席がそこにあるのならば、またTOKIOとしてやっていけたら…」とおえつを漏ら しながら、復帰への願望を口にした山口。次々と本性が明らかになり、復帰は絶望的になってきた。
参照元:山口達也「Rの法則」での“女漁りの法則”明らかに
2018年04月27日 16時30分 東スポWeb

山口達也 後輩使い「Rの法則」10代女子誘う“いやらしすぎる手口”
2018年04月26日 11時30分 東スポWeb

 人気アイドルグループ「TOKIO」の山口達也(46)が自宅マンションの部屋で女子高生に無理やりキスをするなどの行為をしたとして、警視庁が強制わいせつの疑いで先週、書類送検していた ことが25日、明らかになった。

 山口は2月、自身が出演していたNHK Eテレの「Rの法則」で知り合った女子高生を都内の自宅マンションへ呼び出し、無理やりキスをするなどみだらな行為に及んだとされている。

 10代が気になる話題を伝える教養バラエティーの「Rの法則」は、女性タレントを抱える芸能事務所から“要注意番組”の烙印を押されていた、いわく付きの番組だったという。

「10代の男女が出演し、女子高生も多数いる。ジャニーズJr.が出演していた時期もあるが、いつも女の子に手を出していた。しかも出演メンバー全員が一つの楽屋なので、連絡先も交換し放題。 女の子を抱える芸能事務所のスタッフが目を光らせても、すぐにちょっかいを出される。『この番組は危ない!』という声がもっぱらでした」(テレビ局関係者)

 司会の山口には楽屋として個室が用意されていたというが、番組関係者によれば、連絡先の交換を主導していたのが山口本人だというから開いた口がふさがらない。

「Jr.が直接口説こうとしても、マネジャーから『気をつけろ』と口酸っぱく言われていた女の子はさすがに警戒していた。でも山口と番組関係者が率先して連絡先を交換させていました。山口や番 組関係者から言われたら、女の子も断れませんから」(同)

 一見、優しい気遣いとも思えるが、山口が卑劣なのは、これが性欲を満たすための“いやらしすぎる手口”だからだ。

「番組で常に誰かに手を出してた山口ですが、ジャニーズの後輩たちに先に手を出させて、“ヤレそうな子”も聞いていた。Jr.は『女の子とつなげてくれてありがとうございます!』と常々感謝し ていた。そんな絶対服従の後輩たちを使って、10代の女子を誘ったり、おいしい思いをさせることで『お前らも共犯だぞ』と思わせて口封じもしていた」(同)

 10代女子からすれば40歳を超えた山口は“黒いオジサン”。ほとんどがうまくかわしていたが、前出の番組関係者や後輩を使い口説いていたという。

「優しいお兄さん的な存在でしたが、水面下では『山口にも気をつけろ!』という情報が回っていた。一部では山口が主導する“乱交番組”という声まであった」(同)
参照元:山口達也 後輩使い「Rの法則」10代女子誘う“いやらしすぎる手口”
2018年04月26日 11時30分 東スポWeb

TOKIO山口達也が口説きまくっていた“国民的アイドル”の実名とは!? 「昔から顔のタイプは一貫していた」関係者談TOCANA
株式会社サイゾー
2018/05/12 08:00

女子高生への強制わいせつ行為でジャニーズ事務所を契約解除された山口達也の悪評が止まらない。発売中の「週刊文春」(文芸春秋)では、山口が被害女性にキスだけでなく、顔を舐め回し、ソファーに押し倒して衣服を脱がそうとしていたことも判明。事実ならばレイプ未遂と言っても過言ではない。

 当サイトでも過去に山口が女性の目の前で夜のテクニックを実演し、ドン引きされていたことを報じたが、理性を失うともはや制御不能に陥るようだ。

 また、事件の発端を作ったNHKの教育番組「Rの法則」において、山口は番組プロデューサーをも凌ぐ“天上人”で、出演する未成年タレントには抗う術がなかった構図も判明。「なぜ山口が女子高生と連絡先を交換できたのか?」という謎は、出演者、スタッフによる山口への忖度だった。

「山口さんは基本的にヤレれば誰でもいいタイプですが、年上より年下の方が関心が強かった。ロリコンと言ってもいいでしょう。女子高生の制服が萌えポイントで、今回のように呼び出す際は制服姿を強要することもあったそうです」(テレビ関係者)

 山口が過去に口説いていた未成年女性の中には、あの国民的人気グループのメンバーもいる。それは「AKB48」の峯岸みなみだ。

「いまから6年ほど前のことですから、峯岸がまだ未成年の頃です。番組共演を機に、山口が彼女をいたく気に入り、以来、ことあるごとに『食事に行こう』と誘っていたのです。峯岸としても、相手は天下のジャニーズだけに無碍に断ることもできず、途方に暮れていました」とはテレビ関係者。

 この一件は当時、夕刊スポーツ紙で大々的に報じられ、半ば都市伝説のように語られていたが、実際は「峯岸がノイローゼ寸前になるほど、山口から猛アプローチを食らっていたのは紛れもない事実」(同)という。何でも山口の顔のタイプは昔から一貫して、目鼻立ちがくっきりした「ガチャピン顔」という。

「山口さんの女好きはほとんどビョーキ。一説には奥さんとの結婚生活と平行して、昔写真誌に撮られた別女性とも交際を続けていて、そっちはそっちで家庭的な関係を築いていたという情報もあります」(週刊誌デスク)

 今回の事件でこれまでのツケが回ってきたようだ。
参照元:TOKIO山口達也が口説きまくっていた“国民的アイドル”の実名とは!? 「昔から顔のタイプは一貫していた」関係者談TOCANA
株式会社サイゾー
2018/05/12 08:00







スポンサーリンク


スポンサーリンク

西野亮廣のラグナについて -8室の水星と炎上ビジネス-




昨年2017年の10月27日にトランジットの土星が射手座に入室したが、土星が12室からラグナに移動するタイミングは、何かを新しく始めるタイミングである。


それで、その時、お笑い芸人の綾部祐二がニューヨークを拠点にして活動すると発表したので、おそらく綾部祐二は射手座ラグナではないかと考えた。


突然、海外に挑戦すると言い出す人は、射手座にありがちな遠い外国の地に遠征して、武者修行的な意味で、自分を試したいと思う人々である。


射手座はナチュラルゾーディアックで9室に該当し、遠距離旅行、留学といった象意を持っている為、突然、遠い外国の地で、自分を試したいと思うのである。


その辺りは以前の記事「射手座の人々」で書いた。



同じ頃、お笑い芸人の西野 亮廣は、『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』 という自己啓発とマーケティングが合体したような本を刊行していた。







本屋で立ち読みしてパラパラとページをめくると、新しい時代の生き方や行動の仕方について提案する自己啓発的な本であった。


こうしたタイプの本も射手座の得意分野である。


従って、西野 亮廣からも射手座のにおいを感じ取っていたが、最近、占いTV公式 YouTubeの『【キンコン西野 占い師になる】星の配置でわかる2016年の不倫報道やSMAP解散の分析』の中で、鏡リュウジが、西野 亮廣のラグナを射手座と山羊座の境界付近、山羊座0°に設定している出生図を使って、西洋占星術の解説をしていることが分かった。







西野 亮廣は出生時間はネット上には載っていないが、何らかの形で、鏡リュウジは、本人から出生時間を入手した可能性が考えられる。






西洋占星術のチャートであれば、左端がAC(アセンダント)、右端がDC、上端がMCで、下端がICである。


そして、山羊座0°であれば24°引いた射手座6°付近がラグナではないかと考えられるのである。


そこで、私は以前、西野 亮廣を射手座ラグナではないかと推測しており、少なくとも射手座に惑星がなければ、上述したような自己啓発の本を出版することはないと思ったが、射手座には何も惑星が在住していない。


従って、射手座ラグナの可能性は十分にあったのである。



それで今回、占いTV公式 YouTubeの情報から射手座ラグナらしいと分かったので、射手座ラグナで本当に正しいのか検証することにした。






ラグナを射手座の第2パダである3°20’~6°40’付近に設定すると、2012年半ば頃にマハダシャー土星期から水星期に移行している。


そして、現在、水星/金星期である。



土星は、3室支配で9室に在住し、3室にアスペクトバックしているが、ラグナロードの木星と9室でコンジャンクションしている。



ラグナロードと3室の支配星が絡む場合、芸能やスポーツの世界に関わる配置である。



芸能やスポーツの世界に関わって、頻繁にメディアに出演する人となる。



従って、マハダシャー土星期にお笑い芸人としてデビューしたことは説明できる配置である。



土星をラグナとすると、3、10室支配の金星が10室で自室に在住し、マラヴィアヨーガを形成しており、3-10の絡みが見られるため、特に土星をダシャーロードとした場合でも十分に説明できる。





そして、水星期に入っていく訳だが、その前にマハダシャー水星期に入る直前の2009年1月26日に初の作品となる絵本『Dr.インクの星空キネマ』を発売し、絵本作家としてデビューしている。



ちょうど土星/ラーフ期の時期である。



ラーフのディスポジターである月は3室水瓶座に在住しており、3室は出版のハウスであり、絵画なども表わすため、絵本作家としてのデビューというのは、事象に一致している。



そして、デビューした後、絵本を着々と出版しており、2012年11月の土星/木星期には『オルゴールワールド』という絵本を出版している。



木星はラグナロードで、9室に在住し、3室支配の土星とコンジャンクトし、3室にアスペクトしている。




この絵本は、タモリの原案によるものということで、芸能界の先輩(師匠)からのアドバイスを受けての活動である。



この辺りは、ラグナロードの木星が9室に在住し、アンタルダシャーが木星期であったことが関係していると考えられる。




そして、次が非常に興味深いのだが、水星/水星期に移行した後、クラウドファンディングで出資を募り、2013年2月にニューヨーク・トライベッカのOne Art Spaceにおいて初の海外絵本絵画展を開催している。



ここでマハダシャーが水星期に移行しているが、水星は7、10室支配で8室に在住して、ラーフとコンジャンクトしている。




ここで注目すべきは、クラウドファンディングを利用したということである。




クラウドファンディングとは、NPOなどがインターネット上で提供するプラットフォームを使って、広く一般市民から出資を募る方法である。




こうした最近、流行の資金調達手段を使って、事業資金を得たのであるが、8室の水星は通常は、良いと言われている。




何故、良いと言われるのか、私は以前から考察を続けてきたが、8室の水星は銀行から資金を調達したり、他人のお金を上手く利用できる配置なのである。




通常、惑星が8室に在住する配置は良くない配置であるが、8室に在住する水星の場合だけ(分割図においても)良いと言われるのは、そうしたビジネスに必要な資金調達といった手段において有能になるからというのが一つの理由として考えられる。




それで西野 亮廣は、このマハダシャー水星期に入ったタイミングで、クラウドファンディングで資金調達に成功したのである。



ラーフが同室してコンジャンクトしていることは、他人のお金を利用することに貪欲であり、ガツガツと一般市民に資金協力を要請したことを表していると考えられる。



通常、8室のラーフは、結婚願望が強い配置であり、配偶者のお金(財産)、人脈、実家などの配偶者の所有するものに頼りたいと思う配置である。




そして、そのクラウドファンディングで集めた資金を元手に絵本を製作したのは、水星のディスポジターである月が3室(出版、絵画、デザイン)に在住しているからである。



またクラウドファンディングは、NPOのプラットフォームを利用しなければ出来ないが、それは水瓶座3室の象意である。




非営利組織(NPO)は、市民活動を促進する組織であり、基本的に水瓶座の象意である。




2014年12月9日に西野 亮廣は、デザインアソシエーションNPOの理事に就任しているが、これも水瓶座に在住する月がもたらした事象である。



水星/水星期で、ダシャーロードの水星が8室(権利収入、棚から牡丹餅)に在住し、ディスポジターである8室支配の月が水瓶座に在住している為、おそらくデザインアソシエーションNPOから理事になってもらえないかと要請されたのである。



西野 亮廣にとっては、棚から牡丹餅の話である。



通常、10室の支配星が8室に在住する場合、口コミやコネによって他人から仕事を紹介される配置である。






然し、これらは肯定的な事象であるが、マハダシャー水星期に移行してから、否定的な出来事も起こっている。




例えば、2013年2月にツイッター上で、放送作家・鈴木おさむの著書「芸人交換日記」に対し批判的なツイートをしたことで炎上し、鈴木の妻で事務所の先輩である森三中・大島美幸と口論となったようである。


その他、この頃、ツイッターでつぶやいたことが度々炎上することが相次いでいる。




これは10室支配の水星が8室でラーフとコンジャンクトして傷ついているためであると考えられる。



8室は突然の中断、行き詰まり状態を表しており、また蟹座に在住するラーフは興奮した大衆を表しており、水星はコミュニケーションの惑星である為、大衆からの感情的反応を呼び起こし、炎上を誘発しやすい配置である。




然し、西野 亮廣は興味深いことを言っており、ツイッターや他の媒体などで、何か他人のこと(芸能界の大物など)をはっきりと批評するなど意見を述べる場合、炎上するが、そのことで、彼の月額1000円の会員制コミュニティーサイトの登録者が増えるのだという。



つまり、彼にとっては炎上も自分の会員を増やすためのビジネスなのであり、これは8室に水星が在住し、ラーフとコンジャンクトする効果ではないかと考えられる。



炎上すると他人のお金が転がり込んでくるという訳である。



世間で炎上ビジネスと言われるものの仕組みも、おそらく8室の水星などが関係しているかもしれない。(水星が関係していなくても少なくとも8室が関係していると考えられる)



何故なら、炎上ビジネスとは、本人には困ったことだが、その代わりにその人が販売している商品やサービスに大量のアクセスが集まって、爆発的に売れたりするからである。




西野 亮廣の8室の水星は、炎上ビジネスのメカニズムを占星術的に解明するものである。




そして、2016年6月28日、西野 亮廣は、芸人引退を宣言し、以降は肩書きを絵本作家としている。



10室支配の水星が8室に在住する配置は、突然のキャリアチェンジを表しており、芸能活動から引退する訳ではないとしてはいるが、これも7、10室支配の水星が8室に在住する配置で説明することが出来る。



このように西野 亮廣を射手座ラグナに設定するとマハダシャー水星期が鮮やかに説明できるのである。



【追記】

その後、読者の方から出生時間が17:12と動画の中で確認できるという情報があり、この時間でチャートを作成すると蠍座ラグナになることから、後日、蠍座ラグナで説明できるか検討予定。















スポンサーリンク


スポンサーリンク

天秤座の最も重要な概念-自由-

天秤座には「自由」という最も重要な概念がある。


従って、天秤座はリベラルであり、女性解放運動や様々な左翼的な価値観を体現している星座である。


先日、『小泉、森高もミニスカ「年齢に見合った服」という概念に変化』という記事が目に付いた。


その中で、小泉今日子のミニスカファッションについて論じられていたが、ミニスカとは、「女性解放を象徴するアイテム」だと書いてあった。




小泉、森高もミニスカ「年齢に見合った服」という概念に変化
2017.10.13 DIETポストセブン

舞台は1960年代後半に突入したNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。1967年にミニスカートを颯爽と着こなすスーパーモデル・ツイッギーが来日したことで日本中にミニスカート旋風が巻き起こり、登場人物たちもミニスカに夢中だ。視聴者からは、今から50年前に起こったミニスカブームを懐かしむ声が相次いでいる。

ミニスカは女性解放を象徴するアイテム

『ひよっこ』で再現された通り、ミニスカートは当時の一大ムーブメント。全国津々浦々、ミニスカートをはいた女性であふれかえっていた。当時30才の美空ひばりから、62才のファーストレディー、佐藤栄作首相の妻・佐藤寛子さんまで、あらゆる世代の女性を巻き込んだのが、このブームの最大の特徴である。

ファッション史に詳しい、共立女子短期大学生活科学科教授・渡辺明日香さんは「当時、ひざ上のスカートは革命的だった」と話す。

「ミニスカートは、1950年代末『マリー・クヮント』(英ブランド)がロンドンの若者の装いをヒントに発売し、1965年に『クレージュ』(仏ブランド)がパリのオートクチュールで発表して全世界に広がりました。ミニスカートは、女性は肌を出すべきではないという“固定観念からの解放”を意味したといっていいでしょう。

高度経済成長期を迎えた日本では、新しい装いにも関心が高まり、ツイッギー来日当時、ひざ上数センチもあるスカートの上陸には、皆驚きつつも、待望のファッションとして受容されたと思います」

流行はめぐるというが、ミニスカートブームはその後も数年ごとにやってきている。1986年、男女雇用機会均等法が施行されると、女性たちはこぞってミニ丈のスーツを身にまとった。テレビをつければ、松田聖子や中山美穂、おニャン子クラブといったアイドルたちが“かわいらしい女性”の象徴としてミニスカートを着用。1980年代後半のバブル期には、多くの女性が“セクシーな女性”を目指し、マイクロミニのボディコンを着てディスコに繰り出した。

しかし、そんな固定観念に一石を投じているのが、近年のエイジレスブームだ。大人カワイイファッションを提案する雑誌『sweet』(宝島社)の編集者・鏡味由起子さんは言う。

「1999年の創刊時は“アラサーがフリフリの服なんてNG!”といった内容のページを作っていましたが、2005年頃からは“何才になっても着たい服を着よう”という、エイジレスな女性を推奨するようなメッセージを打ち出すようになりました。“年齢に見合った服”という概念がなくなりつつあると思いますね」

実際、『sweet』では、かつて41才だった梨花(44才)がミニスカ姿で誌面を飾り、その他のメディアでも小泉今日子(51才)や森高千里(48才)、YOU(53才)らがミニスカ姿を堂々と披露している。また世界に目を向ければ、仏・ブリジット大統領夫人(64才)は年齢を感じさせないミニスカ姿で称賛を集めている。

その背中を押すように、男性もエイジレスな女性を推奨する。コラムニスト・泉麻人さんが語る。

「『ひよっこ』の木村佳乃さん演じる美代子のミニスカシーンは本当にかわいかった。大人のミニスカは若い子にはない色気があっていい。

今はスタイルに自信がある人が増えたから、60代くらいでもツイッギー顔負けの人がいますよね。

年齢よりも脚の太さよりも、脚の組み方とか脚の作法をきちんとしていたら素敵に見えるんじゃないかな」

良識のある大人としてのミニスカ

大人のミニスカを後押しする風が吹いていることは間違いないが、その時代の空気に流され、果敢にミニスカートにチャレンジしたところ、しっぺ返しを喰らったという女性も少なくない。

栃木県在住の麻生唯さん(主婦・50才)は肩を落とす。

「喪服すらパンツスーツを選んでいた私ですが、最近の大人女子ブームにのって、30代の頃に封印したミニスカートを引っ張り出してみたんです。

むだ毛の処理をして、ひざの黒ずみを隠すためにストッキングをはいて…自分的には完璧だと思ったのに、外出先で友達に会って嫌みを言われるし、夫や子供からも大ブーイング。当たり前だけど、芸能人の彼女たちとは違いますよね…」

彼女は自室の鏡で、ミニスカート姿の自分を眺めながら、「“似合う”と“好き”は違うのかもしれない」とミニスカートを再び封印したという。

パーソナルスタイリストの政近準子さんは言う。

「ファッションは人への配慮なんです。誰と、どんな目的で会うのか。季節はどうか。職業的に、社会的立場にふさわしいかどうか。人はまず、外見で判断されます。いくら近年、年齢と服のボーダーが取り払われたからといって、似合うものは年齢によって変わってくる。自分に似合うものを着ていないと損してしまうんです」

「はけるのか、はけないのか」「はくのか、はかないのか」──若い頃のように、何も考えずにミニスカートをはくことは難しい。良識ある大人として、ミニスカートをはけるのか。年を重ねれば、重ねるほど、ミニスカートは私たちを強迫してくるのだ。

※女性セブン2017年9月28日号



ミニスカが女性解放を象徴するアイテムであるのは、ミニスカというファッションは天秤座と関係しているからであると考えられる。


天秤座は、金星がムーラトリコーナとなる星座であり、容姿に関しては、12星座中、最も美しいのが天秤座ではないかと思われる。


但し、派手で、ルックス重視であり、ファッションショーなどで、モデルを務めるのは、天秤座ラグナの女性である。


ミニスカとは、露出を多くして、女性の身体美などをより解放するというコンセプトがあると思われるため、典型的に天秤座のファッションであり、それは、天秤座が持つ、「自由」という概念と不可分であると思われる。


だからこそ、ミニスカは、女性解放を象徴するアイテムとして、そこに思想性が付いてくるのである。


何故、単なるファッションが、女性解放という思想にシンボリックに結びつくのか、考えると非常に不思議であるが、天秤座というのは、風の星座であり、思想や考え方などに関係しているのである。


だからこそ、天秤座は、ファッション(金星)というツールを通じて、思想を表現する星座なのである。


ここで重要なのは、小泉今日子が山羊座ラグナであるということである。




そして、ある星座から見た10室目というのは、ある星座と密接な関係性を持つのである。


ラグナから見た10室は、行為のハウスであり、行為を司るハウスであるからこそ、非常にラグナである星座と密接な関わりを持つ。


そして、小泉今日子が、天秤座ラグナであるかのように見えるのは、山羊座から見た10室が天秤座だからである。


また同じくミニスカの話題で取り上げられていた森高千里も月が山羊座に在住しており、チャンドララグナから見ると10室が天秤座に位置する。






天秤座の真ん中のスヴァーティーの象意は、「自由の戦士」である。


自由というものが、キーワードになる。


だからミニスカというと、天秤座のファッションのように思うのだが、特に女性解放を象徴するアイテムなのは、ミニスカが天秤座を象徴するファッションだからであり、また山羊座から見て10室が天秤座であるため、山羊座の行動を支配する星座が天秤座である。


従って、天秤座的なファッションを身に着けるというのも山羊座のスタイルなのである


つまり、天秤座=自由=女性解放=山羊座から見た10室=山羊座というつながりが認められる。



アメリカで1960年代から70年代にかけて、公民権運動、ベトナム反戦運動などのカウンターカルチャー運動が盛んになり、この当時、アメリカで労働組合活動などが最も盛んで、最もリベラルで、平等な雰囲気が広がった時代であるが、女性解放運動などもこの頃、盛んになり、既成の価値観や宗教に大きな変化をもたらしている。

そして、この頃、フェミニズム運動も盛んになり、妊娠中絶やフリーセックスといった女性が自分の身体を自由にできる権利を持つという概念が広まっている。


つまり、ミニスカというのは、妊娠中絶やフリーセックスなど、女性が自分の身体を自由にするという思想の表現なのである。


従って、伝統社会(封建社会)はそれを嫌がるのであるが、キリスト教原理主義もそうであるが、イスラム原理主義などが、女性の身体が少しも露出することを許さないのは、こうしたリベラルな思想につながるからだろうと思われる。


例えば、キリスト教のシスターたちの修道服など極端に露出を控えた服装やイスラム教の目の部分以外は全てを覆い隠すブルカやニカーブといった服装などを見れば、女性は財産であり、所有物としての女性の身体は、外部の他人には見せないという伝統社会の価値観である。



天秤座(特にスヴァーティー)が自由という概念と関係があることは重要である。



例えば、何故、エドワードスノーデンが、危険を冒して、米国の監視社会の問題を一般に暴露したかと言えば、市民の自由というものを重視しているからである。


自由を守るために監視社会の問題を告発したのである。






スノーデンのチャートでは月が天秤座のスヴァーティーに在住しており、9、10室支配のヨーガカラカの土星が6室天秤座で高揚している。




例えば、インドの哲人クリシュナムルティーには「自我の終焉-絶対自由への道」という著作がある。


クリシュナムルティーは、自由の問題について一貫して、大衆に向かって話した。


また『自由とは何か』、『クリシュナムルティの瞑想録―自由への飛翔』 といった著作もある。


クリシュナムルティーは、組織や権威、宗教や思想、宗教的指導者、神、既知のものや記憶など人間を条件づけるあらゆるものから自由になることを教えた教師である。







安倍晋三のパートナーである安倍昭恵夫人は、自立して自分の考えで自由に振る舞う女性である。


彼女は安倍晋三のチャートの7、8室支配で天秤座のスヴァーティーで高揚する土星が表示体となっている。






天秤座で高揚している為、リベラルであり、家庭内左翼と呼ばれているのである。


安倍晋三にとっては8室の支配星である為、妻はコントロールできない存在であり、振り回される存在である。






安倍昭恵夫人自身のチャートは、出生時間が分からないため、ラグナが分からないが、木星と土星が天秤座にアスペクトして、天秤座にダブルトランジットを形成している。

また海王星が天秤座のスヴァーティーに在住している。


昭恵夫人は1962年生まれで、ちょうど米国で自由でリベラルな文化が花開いたカウンターカルチャーの世代である。


ちょうどこの時代、海王星が天秤座を通過していたのである。


天王星、海王星、冥王星などのトランスサタニアンは、公転速度が遅く、時代精神や時代の流行などを作り出す惑星である。



例えば、「安倍昭恵 自由」というキーワードで検索してみても「自由」というキーワードが頻発するのが見られる。


『劣等感あった安倍昭恵さん、どん底から自由奔放になるまで – iRONNA』、『自由奔放、安倍昭恵さん主催の異業種交流会は合コンノリ』(※安倍昭恵夫人が主催する異業種交流会は、自由奔放で合コンのようなノリであるという)、『「こんなに自由な首相夫人はいなかった」 対談!安倍昭恵夫人×田原総一朗』(AREA dot.)、『安倍総理夫人が私流を貫き、自由さ加減が止まらない! – NAVER まとめ』などである。




ドイツの神秘主義思想家で、人智学の創始者であるルドルフシュタイナーは、ラグナが天秤座のスヴァーティーであるが、「自由」というキーワードがその経歴に数多く登場する。






例えば、1894年に哲学的主著「自由の哲学」を出版しているが、1919年に「自由ヴァルドルフ学校」というシュタイナーの人間観に基づいた学校が開校されている。


そして、「自由文芸協会」、「自由演劇協会」で活動し、1923年には、アントロポゾフィー協会の中に「精神科学自由大学」を設立している。





以前、私が知遇を得たある経営者の方は、自分の会社にやはり「自由」というキーワードを付けていた。



その方は、山羊座ラグナであったが、やはり10室の行動のハウスが天秤座になるため、自由という概念を重要視しているのである。




以上のようにいくつかの実例を挙げたが、天秤座には自由という概念があり、特にスヴァーティーには「自由の戦士」という概念がある。



天秤座のスヴァーティーには自由になること自体が人生の目的であり、自由を伝道する使命があるようである。






















スポンサーリンク


スポンサーリンク

北野たけし独立の真相について


[第74回ヴェネツィア国際映画祭にて]


北野たけしの独立騒動に関して、たけし軍団がその真相を明らかにしたとの報道がなされている。


水道橋博士らが、森社長の裏切りでたけし独立と暴露
2018年4月1日22時25分 日刊スポーツ

つまみ枝豆(59)水道橋博士(55)らたけし軍団のタレントが1日、一斉にブログを更新し、ビートたけし(71)がオフィス北野から独立した騒動についての詳細な経緯を明かした。

 たけしが所属していた芸能事務所、オフィス北野の森昌行社長の経営に、「明らかな違法行為」や「完全な裏切り行為」があったと指摘している。

 ブログでは「いくつか事実関係についての確認、師匠(たけし)が独立に至った経緯について、我々、たけし軍団の認識をご報告申し上げます」と切り出し、森社長の行動について明かした。

 たけしが知らない間に、森社長がオフィス北野の筆頭株主になっていたり、オフィス北野の役員報酬が、たけしにとっては容認できない水準になっていたりと、問題が明らかになっていたという。

 森社長はたけしらに1度は謝罪したが、その後オフィス北野の決算が赤字に転落。たけしが森社長に対して「株式の移動に関する手続きの不備」「役員報酬の水準に関する不備とその決定に関する手続きの不備」などを指摘し、森社長は不備を認めたという。

 森氏は株式の贈与や経営体質の改善などを約束したが、「これら約束していた作業工程が、遅延するに至った」ため、先月、たけしが「しびれを切らして」独立の意向などを森社長に伝えたという。「これが、世を騒がした、ビートたけし独立の経緯です」とつづっている。

 その上で「せっかく1度は、互いの信頼回復の機会がありながら、結果的に、森社長が師匠の信頼を裏切ってしまう形になってしまったことは、たけし軍団一同、師匠に対し申し訳ない気持ちでいっぱいです」とたけしに謝罪。ただ、一方で、森社長からの謝罪を受け入れるという。「今後は、たけし軍団、オフィス北野に所属するタレントのために経営を続けて取り組んでいきたい、とのことで、たけし軍団は、新事務所に移籍することなく、オフィス北野に居残り、出直しすることに至りました」と「残留」の経緯も説明した。

 さらに、騒動に関するさまざまな報道についても言及。「師匠が女性のビジネスパートナーに洗脳されて今回の行動(独立)に至ったかのような記事が散見されます」と前置きし、「今回の独立にビジネスパートナーの女性が影響を及ぼす余地があったとは、到底思えません」と否定。たけし軍団による社員へのどう喝があったとする一部報道についても、「甚だ心外であり、強く抗議したいと思っています」とした。

 あらためてたけしの独立を総括し、「森社長の経営手腕に疑念を持たれた、師匠が、森社長に任せていたらオフィス北野の財産が目減りする一方になることをおそれて、たけし軍団のためにこれを保全する目的で行われたものと、森社長もたけし軍団も理解しているはずです」とつづった。その上で「まるで師匠が、自分だけの利益を考えて逃げ切ったかのような報道は、事実無根」と念を押した。


前回も書いたが、北野たけしのビジネスパートナーであり、自らのプロデュースやマネジメントを一任していた森昌行社長のチャートを見ると、現在、マハダシャー土星期であり、土星は月から見て5、6室支配で2室で高揚している。






これは森昌行社長が起業して成功しているように見える配置である。


つまり、北野たけしがそのプロデュースやマネジメントの能力などを見込んで、オフィス北野の社長として抜擢をしたが、近年は、森昌行社長の力の方が大きくなり、森氏個人のプライベートな会社と化していたことが分かる。


たけしは芸人であるため、自らの芸に専念したいのである。


そのため、会社の経営やプロデュースなどは全て、森昌行氏に一任してきた結果、近年では森昌行氏の力の方が大きくなってしまったということである。


森昌行社長と北野たけしが世話する立場と世話される立場であったとすれば、最初は世話される立場のたけしが、世話させてあげているつもりであったのが、段々、力関係が逆転して、世話してもらっているという感じになってしまったのではないかと思われる。


それを象徴するのが森昌行氏がオフィス北野の筆頭株主になっていたという一件である。


つまり、たけしをマネジメントする事務所の社長として、森昌行氏の立場の方が上になっていたということである。


それはマハダシャー土星期の間、かなり以前から潜在的にはそのような傾向があったのかもしれないが、筆頭株主になるといったような決定的な出来事を迎えて、顕在化したということである。


北野たけしは、山羊座ラグナであるため、現在、6室に木星と土星がダブルトランジットしており、6室は離婚のハウスである。






ビジネスパートナーシップで言えば、契約解除といった出来事が起こる時期である。


それで長年、パートナーシップを組んできた森昌行氏と袂を分かつことになったのである。



ダシャーとしても現在、おそらくラーフ/木星/土星期である。



アンタルダシャーが3、12室支配の木星であるが、パートナーの7室をラグナとすると木星は6室の支配星であるため、契約解除を表している。



12室の支配星の時期というのは自分が相手から去っていくことを表している。



従って、北野たけしが、森昌行氏の元から去って事務所を出て行ったのである。



森昌行氏のチャートを見ると月から6室の水瓶座で3、8室支配の火星と2、9室支配の金星がコンジャンクトしており、2、9室支配の金星は5、6室支配の土星と星座交換している。


そして、現在、この6室にダブルトランジットしている。



6室に火星が在住する配置は、サディスティックな強い配置であり、ここにダブルトランジットが形成されているということは、森氏が強く出たことを表している。



例えばそれはいつのまにかオフィス北野の筆頭株主になっているといったことにも表れている。



たけしに何の相談もなく、色々勝手に経営上の重要イベントを処理をしたというのは、明らかに一方的にやりたい放題やっていたということであるが、逆に言えば、それを当たり前のようにやってしまうということが、その強い立場を表している。



そこで、たけしから不満や批判が出たということを示している。






ジャイミニで見ると、非常に現在の状況をよく示しているが、メジャーダシャーの水瓶座から見ると、MKとPKが12室に在住している。



これはこの水瓶座の時期に弟子(PK)と事務所(MK)を置いて(捨てて)出て行ったことを表している。



たけしは、たけし軍団にオフィス北野に残るように頼んだらしく、たけし軍団を置いて身軽になることを選んだと言える。



一方で、水瓶座から見ると、10室で、AmKの月とAKの金星、DKの木星が同室して、ジャイミニラージャヨーガを形成しているため、自分の愛人と一緒に事務所を起ち上げて、一緒に仕事をしていくことを表している。




今回のたけしの独立騒動は、イギリスのEU離脱やドナルドトランプの大統領就任と同じような出来事であり、自分を管理束縛するより巨大な存在から分離独立して、自分の自由や尊厳を取り戻そうとする試みなのである。


例えば、EU離脱をした英国は、EUに所属していると政治運営の実権が、EUの本部があるベルギー/ブリュッセルの高級官僚に移ってしまい、全く国家としての自由や尊厳を保てない為に独立を選んだのである。


トランプの台頭もアメリカが世界を支配し、管理する力を失ったので、アメリカの雇用など国内問題を最優先することを主張している。



たけしも近年、芸能界の大御所として君臨する自分の力が衰えてきたため、自分の身辺を整理し、森昌行氏との関係の中で、あいまいになっていた自分の権利関係などを確定し、更にマネジメントやプロデュースなど、本来、人任せにしてきたことをまた自らの手に取り戻したいと思ったのである。



5室でラーフが高揚して、ディスポジターの5、10室支配のヨーガカラカの金星がアスペクトバックする配置は、非常に強力であり、このラーフ期にこのような行動を取るのは、5室のラーフは『威厳』を表わすからではないかと思われる。



5室には「大臣」という象意があり、『威厳』を表わすようである。



従って、本来、人任せにしてきたマネジメントやプロデュースなどを自分の手に取り戻して、自ら事務所の社長として、もう一度、自由と独立を取り戻そうとしたのである。



そうした意味があるため、森昌行氏との諍いなどはちょっとした一つのエピソードに過ぎないのである。



今、独立するということの意味は、もっと様々な要素が混在しており、アイデンティティの再確立、自らの自由や独立、尊厳を取り戻そうとする試みであると考えられる。



また更に言えることは、北野たけしは、最近まで、ことごとく拡大主義で、芸能界での自らの支配力、影響力をひたすら大きくしようとして来たと考えられる。



然し、それがダウンタウンなどの若手の登場や自らの衰えなどを感じ取るに至って、グローバリゼーションを諦めたということなのである。



それで、グローバリゼーションを諦めた人間が取る行動としては、自らの原点に立ち返り、余計なものは捨てて、自らが持っているものを確定して、自分の権利などを確認する作業である。



そのため、たけし軍団は、オフィス北野に残していくのである。



何故なら、たけしは現在、トランジットの土星が12室を通過しており、自分のこれまでの30年の歩みの最期のタイミングだからである。



最後のタイミングに今までやってきたことを完了させ、整理し、あるいや、余計なものを捨てて、また身軽になって再出発したいのである。






(参考資料)



たけし独立問題 軍団がオフィス北野に不満爆発 森社長「事実」
2018/3/27 9:00 スポニチ

ビートたけし(71)が所属事務所「オフィス北野」から今月いっぱいで独立する問題を巡って、弟子たち「たけし軍団」の一部メンバーと経営陣との間で“衝突”が起こった。お笑い界最大の実力者で、世界的な映画監督でもある大物の独立騒動。まだまだ波乱含みで、すんなりとは決着しない可能性も出てきた。

 独立までのカウントダウンが刻一刻と進むが、全て円満に事が運んでいるわけではなさそうだ。残留するか、たけしの新事務所についていくか、いまだ決めかねているメンバーが「殿独立」という事態を招いたオフィス北野に説明を求める状況も出てきた。

 オフィス北野の森昌行社長(65)はスポニチ本紙の取材に「内紛とか衝突ではありませんが、彼ら弟子たちの一部が“事務所は何をしてるんですか?”と不満を持っているのは事実」と、慎重に言葉を選びながら話した。

 たけしと経営陣との間にはこれまでも経営方針を巡って意見の食い違いがなかったわけではないという。積年にわたってくすぶっていたものが「たけし独立」という思わぬ形で表面化。本紙の取材では、具体的に引き金を引いたのは軍団メンバーでタレントの井手らっきょ(58)の“帰郷”表明だった。

 井手は8日に文化放送の番組に出演し、4月1日から活動拠点を生まれ故郷の熊本に移すことを発表。関係者によれば、これにたけしの不満が爆発。当人を叱るとともに、金銭面などの待遇も含めて「黙って見ているのか?」と事務所にも怒りをぶつけたという。

 軍団のメンバーでは番頭格のガダルカナル・タカ(61)が「たけしさんについていったらこれまでと同じ」として、いち早く残留を宣言。他のメンバーもタカと行動を共にする流れをつくった。森社長も「元々の軍団メンバーが残ることに変更はない」と話すが、後に弟子に加わったタレントやスタッフは流動的だ。

 4月からたけしの稼ぎが丸々なくなるオフィス北野が社名変更を含めて規模の縮小を余儀なくされるのは必然。森社長は「当然、人の出入りもあるでしょう。退職金の問題もある。現在は、4月以降のたけしさんの仕事の引き継ぎを責任を持ってやっているところ」と説明するが、まだまだ一波乱二波乱がありそうだ。
参照元:たけし独立問題 軍団がオフィス北野に不満爆発 森社長「事実」
2018/3/27 9:00 スポニチ

森社長、たけし軍団の声明文「驚きを禁じ得ません」
2018/4/1 22:37 日刊スポーツ

たけし軍団のつまみ枝豆(59)ダンカン(59)グレート義太夫(59)、漫才コンビ浅草キッドの水道橋博士(55)が1日、それぞれの公式ブログで、ビートたけし(71)がオフィス北野を退社、独立したことについて詳細な経緯、見解を発表した。

【写真】残る軍団メンバーに運転資金残し/たけし独立経緯

 声明文は「オフィス北野 たけし軍団一同」の名前で掲載された。たけし独立の理由について、(1)同社の森昌行社長がたけしに相談なく大株主グループから株式を買い取り筆頭株主になった(2)森社長らの役員報酬が容認しがたいほど高額で承認株主総会が開催されていない-ことなどが分かったことが発端とした。

 たけしは、森社長が保有する株式すべてを軍団に贈与することや会社の縮小、高額給与の体質を改善するよう指示。しかし作業が遅延したため、独立したいと申し出たという。

 声明文によると、森社長が軍団や所属タレントのために経営に取り組みたいとの意向を示したため、軍団はオフィス北野に残ることを決めたという。

 また、独立に関して「50代女性のビジネスパートナーに洗脳」と一部で報道されたことは「影響を及ぼす余地があったとはとうてい思えない」と否定した。

 たけし軍団メンバーの声明文発表に対し、森社長は同日「このような文書が一方的にネット等を通じて流されたことに、驚きを禁じ得ません。内容に関してもきわめて不本意であるので、あらためて対応いたします」とコメントした。

参照元:森社長、たけし軍団の声明文「驚きを禁じ得ません」
2018/4/1 22:37 日刊スポーツ

水道橋博士ら軍団メンバーが声明 たけし独立報道の経緯説明、事務所に「明らかな違法行為」
2018/4/1 21:45 日刊スポーツ

浅草キッドの水道橋博士(55)が1日、ブログを更新。師匠のビートたけし(71)が所属事務所「オフィス北野」から退社、独立した経緯を説明した。同時間につまみ枝豆(59)らほかのたけし軍団メンバーもブログで声明文を発表した。

 「オフィス北野は1988年、たけし&たけし軍団の新会社として設立されました。芸能事務所ではありますが、師匠は芸に徹するため、経営、財務については森昌行社長を信用され、全面的に任せておりました」と所属事務所、オフィス北野の経営体制について説明。

 続けて「が、数年前、師匠が保有する別会社の株式に関する疑義が発生した際に、師匠が不審に思い、事情を調査したところ、明らかな違法行為があり、この出来事をきっかけにして、オフィス北野の経営も、改めて確認されたいと申し出たところ、その結果は思わぬ方向に波及してしまったことが、今回の騒動の引き金になっております」と明らかにした。

 ブログではオフィス北野で発覚した事案として(1)たけしが知らない間に森社長がいつの間にかオフィス北野の筆頭株主になっていた(2)森社長はじめ会社の役員報酬がたけしにとっては容認できない水準になっていたと2点挙げた。

 問題発覚後、オフィス北野が赤字に転落。たけし本人が経営の問題点を指摘し、改善を迫ったが是正されなかったという。「今年3月に入り、師匠がしびれを切らして独立する旨、及び、これに伴いオフィス北野の役員及び株主から退きたい旨の意向を受け、森社長は、師匠の意思を尊重し、またオフィス北野とは袂(たもと)を分かち、別会社として独立後、協力していくことが確認されました。これが、世を騒がした、ビートたけし独立の経緯です」と説明した。
参照元:水道橋博士ら軍団メンバーが声明 たけし独立報道の経緯説明、事務所に「明らかな違法行為」
2018/4/1 21:45 日刊スポーツ

東国原氏が水道橋博士に疑いの目「あいつが火元」
日刊スポーツ新聞社 2018/04/04 17:32

元たけし軍団で元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が、オフィス北野の内紛騒動について、浅草キッドの水道橋博士(55)に疑いの目を向けた。

 東国原氏は4日放送のTBS系「ゴゴスマ」に出演。たけし軍団が連名で告発したオフィス北野の内情については「承知していた」と明かし、「これが社会とか世間に、 あるいはマスコミ上に出たっていうことに少し驚いた」と語った。

 東国原氏は、告発の急先鋒(せんぽう)である水道橋博士に疑いの目を向け、「水道橋が仕掛けたと僕は個人的に思っている。一番得したのは水道橋ですから。(ほかの )誰も得しない。あいつ、YouTube始めたらしいんですよ、最近。そのポイントを挙げるためにこれをやってるんじゃないか」と臆測。今回の騒動について水道橋博 士にインタビューした石井亮次アナウンサーも「確かにYouTubeの閲覧数がブワーッと上がった、とはおっしゃってました」と証言した。

 番組では、水道橋博士に45分にわたってインタビューした一部をオンエア。「オフィス北野に残留する理由は森社長の残務処理がありますからね。それを済ませていた だかないと。(残務処理が終われば退所)そうなるんじゃないですか。このしこりのままやっていけるのかなっていう気持ちもありますから」と、事務所側との溝に言及す る場面もあったが、それ以外は基本的にネタをちりばめて笑いに持っていこうとする発言に終始。東国原氏は「どういうネタにできるかなとずっと探ってる。こいつは『今 年これで上半期のライブのネタをがっつり確保したぞ』と……」と水道橋博士の腹づもりを指摘した。

 また、水道橋博士は96年に運転免許証不正取得事件で世間を騒がせた際に、師匠のビートたけしから「お前は芸人なんだから、世の中を騒がすようなことを大いにやっ てくれ」と言われたと明かし、「それがたけしイズム。正しいんじゃないですか」と持論を展開。今回の騒動についても「『大いにやってくれ、それが芸人だ』(と師匠は 思っている)はず」だと語り、東国原氏は「やっぱりあいつが火元だな。あいつだったな」と断定した。
参照元:東国原氏が水道橋博士に疑いの目「あいつが火元」
日刊スポーツ新聞社 2018/04/04 17:32








スポンサーリンク


スポンサーリンク

41歳母親が子供の奨学金200万円を持ち出して失踪 -『マディソン郡の橋』2-



41歳の母親が子供の奨学金200万円を持ち去って21歳の男子大学生と駆け落ちした事件がワイドショーを賑わしている。


「バイキング」失踪中の元アイドル41歳母親から連絡
2018年3月22日13時48分 日刊スポーツ

元アイドルで4人の子どもを持つ41歳の母親が20歳年下の大学生と駆け落ちして行方不明になっているとして家族がツイッターで情報提供を呼びかけている騒動で、フジテレビ系「バイキング」は母親だと名乗る人物から連絡があったことを明かした。

 家族がツイッターで母親と男子学生の個人情報を公開して情報提供を呼びかけたことから騒ぎになった今回の問題。夫と娘は22日放送のTBS系「ビビット」にVTR出演し、母が失踪するに至った経緯や、母と男子学生がメール等で交わしていた会話の内容も明かして悲痛な思いを語った。また、母は子どもたちの通学費用やアルバイト代など約200万円を引き出して失踪したという。娘は苦しい胸中を明かすも、母を心配し、無事に帰ってきてほしいとの思いを語った。

 「バイキング」でもこの問題を取り上げていたが、途中でMCの坂上忍が「実は先ほど、失踪しているお母さん本人と名乗る方からお電話いただきました。フジテレビに電話が入りまして」と明かした。

 坂上は「そのお母様と名乗る方いわく、今回の失踪にまつわる報道は事実と大きく違う内容があるという主旨のお話をされたそうです」と伝え、「本当にお母さんならば、ちゃんとどこかにいらっしゃるというひとつの安心材料にはなると思う」とした。


現代社会において、ほとんどあり得ない駆け落ちという古典的ドラマに世間の人は注目している。


小説のテーマになりそうな事件である。



この41歳の母親だが元アイドルで「進め!電波少年」の企画で生まれたアイドルグループ「電波子(でんぱこ)2〜28号」の中の一人「電波子17号」として、1990年代に活躍していた徳永美穂だという。

徳永美穂のプロフィールはインターネット上に公開されており、1976年9月4日生まれだそうである。


当時の所属事務所は、スターダストプロモーションで、テレビドラマ『幽霊女子高生』や映画『麗霆゛子 レディース!!』などに出演していたそうである。


アイドルの公開されている出生データはあまり信用できないが、このデータでチャートを作成してみると、このデータは正しそうに思える。






出生時間が分からないので、出生時間は取り得る時間の範囲全てを検討しなければならないが、


出生時間が00:00:01だと月は射手座の19°08’で、2018年3月現在のダシャーはラーフ/土星期である。


出生時間を23:59:59に設定すると、月は山羊座の2°26’で、現在のダシャーは木星/土星期である。



従って、現在のダシャーの取り得る範囲内は、ラーフ/土星期~木星/木星期のいずれかである。


ラーフ/土星
ラーフ/水星
ラーフ/ケートゥ
ラーフ/金星
ラーフ/太陽
ラーフ/月
ラーフ/火星
木星/木星
木星/土星



上記のいずれかが現在のダシャーである。


彼女は過去10年に渡って、子育てと糖尿病を患い失明した夫の介護に追われた生活を送ってきている。


従って、現在、彼女の人生に大きな変化が生じているとすれば、マハダシャーレベルの変化が生じていると考えるのが妥当である。


従って、ラーフ期から木星期への変化が既に起こっていると考えることができるのである。


その観点で、彼女のダシャーバランスを修正し、現在をマハダシャー木星期に入ったタイミングであるように設定すると、



出生時間が14時付近になり、月は射手座の26°55’である。


またこの場合、ラグナも射手座の6°29’付近に位置している。




まず、彼女の過去10年間の子育てと夫の介護生活は、マハダシャーラーフ期であったことは論理的にほぼ間違いないと思われる。


ラーフは天秤座に在住しているが、ダシャーロードのラーフをラグナとすると、ラグナロードの金星は12室で減衰し、9、12室支配の水星、2、7室支配の火星とコンジャンクションしている。


従って、ラーフ期は、夫(2、7室支配の火星)の介護で、献身的慈善的な(9室の支配星が12室)生活で、消耗してきた(12室)ことが分かる。


家庭の中に閉じ込められて監禁(12室)されている印象である。


5室支配(子供)の土星が10室(仕事)から12室にアスペクトしており、仕事は子育てと夫の介護であると解釈できる。



然し、マハダシャー木星期に既に移行したと考えると、現在の彼女の行動を説明することができるのである。



木星をラグナとすると、ラグナロードの金星と7、12室支配の火星が5室で、コンジャンクションし、2、5室支配の水星とコンジャンクションしている。



1-5、2-5、5-7のラージャヨーガが形成されており、特に7室の支配星が5室に在住する配置は、パートナーとの恋愛を表わす配置であるが、ラグナロードと7室の支配星が5室(恋愛)でコンジャンクトしていて、それらが金星と火星であるということは、情熱的な恋愛を表わしている。


しかもそこには2、5室支配で5室で高揚する水星が絡んでいる。


男子大学生からの熱烈なラブレターやメールでのやり取りなど、恋愛の創造的コミュニケーションも表わしている。


7室の支配の火星には、金星と水星がコンジャンクトしており、水星の7室や金星とのコンビネーションは若い恋人を表している。



つまり、さながら映画の純愛ドラマの一場面が展開していたのである。



メリルストリープとクリントイーストウッドが共演した『マディソン郡の橋』という映画があったが、あの映画も子育てと夫の世話などに追われた生活を送ってきた主婦が、純愛に目覚めたが、結局、その純愛は成就しなかったという悲恋の物語である。


状況は非常に酷似している。


仕事から帰ってきてテレビを見て酒を飲んで寝てしまう凡庸な夫と子供たちの世話にただ追われ、家政婦、あるいは、飯炊き女としての生活を黙々と送っていた女性がある日、純愛に目覚めるのである。



従って、この事件は、『マディソン郡の橋』のその後の物語である。


もし『マディソン郡の橋』の主人公である主婦の女性(メリルストリープ)が、理性を捨てて全てを放り出して、相手の男性と駆け落ちしてしまったら・・・というその後の物語である。


映画の中では、理性を捨てて、アメリカの田舎の小さな町の社会的規範を捨てることは出来ず、最後は別離で幕を閉じるのである。



然し、この事件では、女性は子供の奨学金を持って男子学生と失踪してしまったのである。



つまり、この後で、この女性はどうなっていくのか・・・。



これは『マディソン郡の橋』の続編を見ているようでいて興味深い。



ナヴァムシャを見ると、木星は月から見てケンドラに在住し、ガージャケーサリーヨーガを形成し、高揚する金星とコンジャンクションしている。






一方で、ラーフは月から見て2室(2-8軸)に在住し、ディスポジターの土星は火星からアスペクトされている。



従って、ラーフ期と木星期では大きな隔たりがあることが分かる。




つまり、マハダシャーラーフ期からマハダシャー木星期の変化は、彼女にとって、革命的な変化をもたらしたと言える。



この若い大学生との恋愛というものは、彼女の人生の中での光明なのであり、自由への羽ばたきなのである。



然し、この木星から見た5室で形成される金星、水星、火星のコンビネーションには、木星から見て9、10室支配のヨーガカラカの土星が3室からアスペクトしている。



従って、いずれ彼女の理性的行動が、この純愛逃亡劇に終止符を打たなければならず、また持ち出した子供の奨学金の件も解決しなければならないはずである。



あるいは、この土星は月から見て、2、3室支配で8室からアスペクトしていることから、彼女の両親や夫の親族などの働きかけにより、この逃亡劇に幕が閉じられるかもしれない。




おそらく月は射手座で正しいのはないかと思われる。






射手座の月をチャンドララグナとすると、6、11室支配の金星が10室で減衰しているが、6室の支配星が10室で減衰する配置はパラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な働きが期待できる配置であり、また6室の支配星が10室に在住する配置自体が良いと言われている。


非常に献身的な配置であり、仕事上における奉仕の人生を表している。


そこに7、10室支配の水星がコンジャンクトして、バドラヨーガを形成し、5、12室支配の火星もコンジャンクトしている。



「進め!電波少年」で、「電波子17号」として活動していたのが、1990年代というので、おそらくその頃は、マハダシャー火星期なのである。


火星は5室(創造、アイデア、発想)支配で10室に在住して、金星や強い水星とコンジャンクトし、木星からのアスペクトを受けていた為、奇抜で斬新な企画にチャレンジするという実践的な番組作りを出演者として行なっていたのである。



6室支配で10室で減衰する金星は、非常にハードな献身的な仕事を表わしていると理解できる。


そして、高揚する水星や5室支配の火星の絡みを見ると、実務的な能力も高く良い仕事を行なってきた印象である。


但し、土星もアスペクトしており、2、3室支配の土星が8室に在住して、10室にアスペクトしており、自分のお金がパートナーのお金になってしまう配置をしている。


その土星が10室にアスペクトすることで、夫の世話や夫と行う仕事がハードワークであることを表している。




実際、徳永美穂は、失明し糖尿病を患った夫を24時間体制で、介護しなければならない生活を送ってきたようである。



そうしたことで、徳永美穂に対して、世間から批判の意見も多いが、同情の声も多いようである。



ネット上の情報によれば、夫は、羽賀研二の事件で一緒に捕まった人物であるということで、共感できない人物である。



パートナーの7室をラグナとすると8室支配の土星が2室(視力)に在住しており、
また減衰する金星が6、11室支配の火星から傷つけられており、この配置が糖尿病を表していると考えられる。


従って、少なくとも月は射手座に在住しているのではないかと考えられる。


然し、ダシャーバランスを修正して、現在をマハダシャー木星期に移行した直後のタイミングに設定した所、ラグナも射手座になったので、ラグナも射手座付近である可能性というのは十分にあると考えられる。



徳永美穂の写真を見た感じでもアグレッシブで活動的な射手座的な印象は持っているのである。






現在、トランジットの土星と木星が月から見た3室と7室にダブルトランジットしており、パートナーとの出会いというものがテーマになっている。



そして、月から見て、2-8軸にラーフ/ケートゥ軸がトランジットしており、特に出生の土星の上をラーフが通過している。



2-8室の軸にラーフ/ケートゥ軸がトランジットするタイミングは、辛い時期である。



特にパートナーから親切や思いやり、またサポートが受けられない時期であり、非常に感情的に摩耗する時期である。



そして、2室支配で8室に在住する土星にラーフがトランジットしていたということは、夫の要求が激しくなったことが考えられる。



つまり、8室にラーフがトランジットしたという状況は、誰か生活を助けてくれる相手の援助が欲しいと思うタイミングであるにも関わらず、夫は頼りにならず、また金を無心したり、要求が激しくなっている状況ではないかと考えられる。


そして、出生の月にはトランジットの土星がコンジャンクションしていて、サディサティの最も厳しい時期を味わっているのである。


月は月から見ると、8室の支配星であり、その8室支配の月に対して土星がコンジャンクトしている状況である。


そして、8室にはラーフ/ケートゥ軸がトランジットしている。



そうしたことで、むしり取られるだけの夫との関係性に嫌気がさしたと考えられる。



そして、マハダシャーは木星期に移行しており、月から見ると、1、4室支配で6室に在住しており、多少、アグレッシブな心理状況にもなったのではないかと思われる。



6室が関わるとき、攻撃する人になるのであり、加害者になるのである。



もしラグナが山羊座であれば、ラグナロードの土星が7室に在住し、年上の夫を表しており、7室支配の月が12室に在住しているため、夫との別離を表している。



今、その7室支配の月に土星がトランジットしているのである。



木星は3、12室支配で5室に在住している為、快楽主義に陥り、若い大学生の恋人と刹那的な逃避行に出たのだと考えられる。



木星は12室の支配星でもあるため、失踪を表わしている。



もし山羊座ラグナであれば、9室に惑星集中して、3室(芸能)にアスペクトするため、芸能界に縁があったことを説明することができる。




従って、現在、ラグナが山羊座で月が射手座であるか、ラグナと月の両方とも射手座である場合などを検討中である。




然し、月は射手座で間違いないと思われる。



サディサティ―の最も厳しい時期だからこそ、こうした行動につながったのである。





因みに現在、木星が天秤座で逆行して乙女座に絡むと共に土星は乙女座にアスペクトしているため、乙女座にダブルトランジットしている。



この乙女座は徳永美穂のダシャーラグナの木星から見た5室に該当し、そこにはラグナロードの金星と7室支配の火星が在住している。



従って、5室にダブルトランジットが形成されているため、駆け落ち逃避行の実践中なのである。



しかも少しゲスなことを言えばこの火星は7、12室支配で12室を支配しており、金星は6室を支配している。



この6室と12室が絡む場合、しかも金星と火星で絡む場合、非常に性的なニュアンスが生じるのである。



金星は減衰して惑星としての品位を失っている。



ビルクリントンの乙女座で減衰した金星の事例で見られるように減衰した金星は性的なモラルを失う配置である。



従って、この恋愛逃避行は、『マディソン郡の橋』ばかりではなく、アベサダ的な要素もあるのである。



またラグナ、あるいは月が射手座にある場合、現在、木星が逆行することで現在、10室にダブルトランジットが生じている。



従って、ワイドショーで放映されて、この事件が全国的に有名になってしまった訳である。



いわば、全国指名手配といった状況である。



射手座から見てメディアの3室にもダブルトランジットが形成されているため、彼女の写真や映像がネットやテレビで盛んに取り上げられている。





徳永美穂は女優として映画に出演していたこともあるようだが、芸能人というものは、時に私生活において何か欲望や本能に従って、社会規範を逸脱する行為を行なう場合がある。



然し、その場合にその人生の極限的な葛藤する状況において最高の芸術を生み出すのである。



こういうタイプの人間でないと、芸人や役者にはなれないのかもしれない。



社会規範に従うだけの従順な人間しかいない凡人の世界とは実に味気ない世界である。



このような社会的逸脱者こそが、芸術の創造者なのである。



ギリシャ神話のような物語を人生の中で実演する人は、社会的に見れば変人、あるいは、狂人なのであり、危険人物である。












(参考資料)



20歳下の大学生と失踪?の元アイドル41歳母親の捜索ツイート「まずいんじゃないの」と坂上忍
2018年3月22日12時36分 スポーツ報知

 22日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で元アイドルで4人の子供を持つ41歳の母が20歳年下の21歳の大学生と駆け落ちしたとみられる問題を報 じた。

 番組によると、母親は先月24日に子供たちの奨学金など約200万円を引き出し大学生と失踪したとみられる。これに子供達が母親の捜索のために情報提供をツイッターで呼びかけた が、このツイートが大炎上しているという。

 ツイッターは「母が居なくて2週間近く経ちました」と書き込み、母の実名、生年月日、年齢や背格好などを表記。さらに男子学生の実名、大学名など個人情報を書き込み情報提供を呼 びかけた。番組では、夫と娘を取材し、夫によるとツイッターでの情報提供を決めた理由について、最初は警察に捜索願を届け出たが、「どこにいるか分からない」という連絡を受け「じ ゃぁって子供達が動いてくれて、今、インターネットを使えば見てくれている人達がいて、もしかしたら情報が入るかもしれない」と明かした。しかし、娘によると、このツイートに「お 前の親はクソだな」など誹謗中傷が殺到していることを明かした。

 MCの坂上忍(50)は相手の男性の個人情報をツイートしたことに「探したいというか、お母さんを探したいとか、何かがあったかもと思っちゃうから、こうした記述をしたのかもし れないですけど、百歩譲って、自分の親ならまだしも、こちらのお相手さんですよ。全部出しちゃっている。まずいんじゃないの」などと実際に一緒に失踪しているかどうかを確認せずに 記述したことに疑問を呈していた。
参照元:20歳下の大学生と失踪?の元アイドル41歳母親の捜索ツイート「まずいんじゃないの」と坂上忍
2018年3月22日12時36分 スポーツ報知

元アイドルの41歳母が20歳下の大学生とパジャマで駆け落ち…「ビビット」で家族が悲痛な訴え
2018年3月22日8時46分 スポーツ報知

 22日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で元タレントで4人の子供を持つ41歳の母が20歳年下の21歳の大学生と駆け落ちしたと見られる問題を報じた。

 母親は先月24日から行方不明となったことを家族がツイッターで呼びかけている。番組では夫の徳永数馬さん(56)と長女・たからさん(18)を取材。母親は90年代アイドルグ ループのメンバーとして活動していたという。夫は10年前に重度の糖尿病を患い両目を失明。24時間態勢で介護がなくては生活できない状態で長男、二男、三男は奨学金を受けて大学 に通っている。

 夫によると「去年の10月ぐらいにお茶して欲しい人がいるって言われて、3人で会った」と大学生を紹介されたという。その時に大学生が妻のことを「きれいですね」などと話してい たことから、不安に感じメールのやり取りなど「僕のいないところでやっちゃいけないよ」と注意したという。しかし、先月23日に隠れるように大学生とスマートフォンでラインのやり 取りをしていたため、翌日24日に「朝方5時ごろに僕も起きて、妻も起きて。ちょっとお前何やっているんだって話しをして。全部分かっているんだぞって話しをして。ババって支度を してパッと出て行っちゃった」と家を出ていったという。その時の母の様子を娘は「お母さんがパジャマのまま出ていっちゃった」と振り返った。

 この時、預金通帳数冊持って出ていき、後日、通帳は郵送で帰ってきたが、大学に通う子供のために振り込まれた奨学金など約200万円が引き出されていたという。娘は「お兄ちゃん が大学に行くための。授業料の前期と後期払わなきゃいけないお金。それも母が持って行った。奨学金を取られたことによって、大学にちゃんと兄たちが行けるかどうか。ちゃんと払える のかという不安」と訴えていた。

 番組の取材によると大学生は有名私大に通い、大学構内でかくれんぼする「かくれんぼサークル」に所属しているという。妻の駆け落ちに夫は「いつでも戻っておいでって感じ」と明か し、娘も「お母さんのこと大好きなんで、こういうことがあっても嫌いじゃないなんで。会いに来てくれたらうれしい」と呼びかけていた。
参照元:元アイドルの41歳母が20歳下の大学生とパジャマで駆け落ち…「ビビット」で家族が悲痛な訴え
2018年3月22日8時46分 スポーツ報知

大学生と駆け落ちの母親名乗る女性がフジに電話 「事実と違うとお話された」坂上説明
デイリースポーツ/神戸新聞社 2018/03/22 13:05

41歳の元タレントの母親が、子供たちの奨学金を持って大学生と駆け落ちしたと、母親の子供達がツイートし、ネットで話題を呼んでいる件について、フジテレビにこの母親を名乗る女 性から電話がかかってきたことが、22日放送の「バイキング」で明かされた。

 番組では冒頭から、41歳母親が子供達の奨学金を持って大学生と駆け落ちし、母親の行方を捜す子供達がツイッターで個人情報を出してネット上で捜索を依頼しているニュースを特集 。母親には4人の子供だけではなく、視覚障害の夫もおり、母親は夫の介護も行っていたことなどを家族が番組のインタビューに応じる形で紹介した。

この騒動に、ネットでは、子供の奨学金を持っていってしまった母への批判だけではなく、ネットに母親の個人情報をさらしたこと、また男子学生との関与がはっきりする前に男子学生の 個人情報までも公開した家族側にも非難の声が上がっていることなどを議論した。

 するとMCの坂上忍が突然「ここで、失踪事件に関し、実は先ほど、失踪しているお母さん本人と名乗る方からフジテレビに電話が入りまして」と言いだし、スタジオの空気は一変。坂 上は「お母様と名乗る方曰く、今回の報道は事実と大きく違う内容があるという趣旨のお話をされたそうです」とした。

 坂上は「だからおそらく、ご家族側の言い分、お母様側にも言い分があるんでしょう」と間に入ると、「でも、どの部分が違うのかというのは、事実確認ができていないので細かくは申 し上げられない」と、具体的なことは差し控えた。

 だが「本当にお母様ならばちゃんとどこかにいらっしゃるという安心材料にはなると思う」と本人であれば、事件、事故に巻き込まれた可能性は低いことに安どのコメント。「おいおい 、この方の言い分、メッセージが届けられるかもしれない」「恐らく(バイキング)見てらっしゃる。言いたい情報あればお伝え頂ければありがたい」と呼びかけていた。
参照元:大学生と駆け落ちの母親名乗る女性がフジに電話 「事実と違うとお話された」坂上説明
デイリースポーツ/神戸新聞社 2018/03/22 13:05









スポンサーリンク


スポンサーリンク

北野たけし事務所独立について



ビートたけし(北野武)が独立するというニュースが報じられている。



たけし71歳独立で新境地?事務所は大打撃 森社長「社名変更、規模縮小も」
2018/3/14(水) 9:29配信 スポニチアネックス

お笑い界最大の実力者で世界的な映画監督でもあるビートたけし(71)が3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが13日、分かった。弟子たち「たけし軍団」で追随するメンバーもおり、今後の映画製作への影響も必至。芸能界を揺るがす騒動に発展しそうだ。

今年で設立30年を迎えたオフィス北野。森昌行社長(65)は13日、スポニチ本紙の取材に、たけしが今月いっぱいで事務所を退社して独立する事実を認めた。独立の理由については、たけしから「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」という申し出があったことを明かした。

 オフィス北野は、1986年にフライデー襲撃事件を起こしたたけしが太田プロダクションを退社し、80年代にテレビの仕事を通じて深い関係を築いてきた森氏とタッグを組んで88年に設立。92年に森氏が社長に就任し、文字通り両輪として引っ張ってきた。映画ビジネスに進出したのも森氏の手腕。それだけに今回の独立劇がテレビ各局はもとより、CM業界や映画界にも大きな影響を与えるのは必至だ。

 古希を迎えてからの独立の背景について、森社長は「年齢的にも体力的にも、70歳を過ぎて自分でやりたいこともあるし、今後の残された人生を考えていく上での新境地でしょうか」と説明。71歳になった今も日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、TBS「新・情報7days ニュースキャスター」などテレビのレギュラー番組6本に加え、週刊誌の連載なども抱える超売れっ子のたけし。それだけに“殿”の独立は事務所にとって大痛手。「屋台骨だった人。大黒柱でしたから、今後は社名の変更も含めて規模縮小も考えなければならない」と森社長。今月いっぱいでマネジメントが終了することから既に引き継ぎも始めている。「たけし軍団」各メンバーの動向が決まるのもこれからで、独立劇の余波は計り知れない。



もともと「オフィス北野」を設立したのは、北野たけし自身ではないかと思うので、その自分で作った事務所から独立するというのも変な話だが、この事務所の社長を務める森昌行氏との出会いや事務所の設立の逸話など、たけしは既にこれまでに語って来ている。


森昌行氏に事務所の社長をやらないかと勧めたのは北野たけしで、社長に抜擢してからは、一緒に飲んだり、プライベートを共にすることはなくなったという。


つまり、森昌行氏との関係において、北野たけしは、公私混同をさけるほど気をつかっている。


森昌行氏の略歴についてwikipediaから引用するが、たけしの弟子グループを「たけし軍団」と命名したり、『ガンバルマン』(スーパージョッキー)や『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』の原型となるコーナーを企画することで、たけしから信頼され、寝食を共にする仲になったと記されている。



高校卒業まで鳥取県鳥取市で過ごす。1976年に青山学院大学法学部を卒業。レコード会社への就職を夢見つつ、テレビ番組制作会社スーパープロデュースに入社、アシスタントディレクター(AD)やリサーチスタッフとして『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』(テレビ朝日)や『クイズ!!マガジン』(テレビ朝日)などの制作に携わる。1980年に『クイズ!!マガジン』でADとしてビートたけしと出会うが、当時は単なる司会者とスタッフの関係だった。1981年に『アイドルパンチ』(テレビ朝日)でチーフAD、ディレクターを務め、主要なスタッフとして企画立案に参画するようになる。たけしの弟子グループを「たけし軍団」と命名し起用したり、後の『ガンバルマン』(スーパージョッキー)や『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』の原型となるコーナーを企画するなど、たけしからも信頼され、寝食を共にする仲になる。1985年『アイドルパンチ』終了後は、しばらくの間たけしの番組に携わることはなかったが、1988年1月、新聞紙上に突然「たけし(当時の所属事務所・太田プロダクションから)独立・社長に友人の森氏」との記事が出る。この記事自体は誤報だったが、実際にたけしが独立する際に取締役制作部長の肩書きで、オフィス北野設立に参加することになる。その後、プロデューサーとして北野武名義の映画作品にも携わり、1992年からオフィス北野の社長に就任する。たけしが1994年にバイク転倒事故で入院した際には、連日のように記者会見する姿がワイドショーなどで流れ、時の人となった。

(wikipedia 森昌行より引用抜粋)


たけしの参謀であり、北野武をプロデュースする才能があったようである。


北野武の黄金期をプロデュースした立役者であり、たけしをお笑い芸人から飛躍させ、世界的な映画監督や文化人へとプロデュースしたのである。


従って、たけしが森昌行氏を社長に抜擢した面もあるが、北野武という素材を生かす才能を発揮し、たけしをマネジメントしていたのが、森昌行氏なのである。






森昌行氏のチャートを12:00で作成すると月が乙女座に在住している。



出生時間はどこに設定しても月は乙女座であり、森昌行氏の控えめ目な態度からもチャンドララグナが乙女座であるということは納得できる。



現在、マハダシャー土星期の後半から終わり頃にいるようだが、土星は5室支配で2室天秤座で高揚しており、これは自分でビジネスを経営する事業家の配置である。



つまり、森昌行氏は、マハダシャー土星期において北野武という素材を生かして、ビジネスを成功させたということができる。



土星が高揚する天秤座は北野武の仕事の10室にもなっている。



このマハダシャー土星期が終わろうとしている為、現在、北野たけしは事務所から独立するのである。



たけしの独立とは、この森昌行氏とのビジネスパートナーシップの一つの区切りではないかと思われる。



北野たけしについては、以前の記事『北野たけし”100億円の愛人騒動”について』の中で、山羊座ラグナに設定している。








現在、おそらくラーフ/木星期で、木星が3、12室支配であるため、小説を書いたり、絵をかいたり、自分の技能を高める趣味(3室)に没頭したいのである。


たけし独立「自分の時間増やしたい」映画製作白紙も
2018年3月15日 6時49分 日刊スポーツ

ビートたけし(71)が3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」から独立することが14日、分かった。4月からは3年前に設立した個人事務所を拠点にして活動する。自分の時間を増やしたいことが大きな理由でもあり、ガダルカナル・タカ(61)ら「たけし軍団」メンバーは追随せず事務所にとどまることになりそうだ。

 たけしは15年秋、一部で愛人とも伝えられた18歳年下でビジネスパートナーとする女性と、新会社「T.Nゴン」を設立していた。昨年3月に同社代表にも就任。独立に向けて着々と準備を進めていた。

 オフィス北野の森昌行社長(65)は日刊スポーツの取材に対し、独立の理由を「残された人生を考えた上の新境地ということなのでしょう」と説明した。70歳を迎えようとしていた頃から「自分の時間をもっと増やしたい」と話していたという。「小説を書いたり、絵を描いたり、ごく私的な活動を視野に置いたことだと思います」。また「背負ってきたものを下ろしたい」という申し出もあったという。森氏は「たけし軍団に象徴されるような部分のことだと思います」。テレビのレギュラーは6本、さらに映画製作やCM出演、執筆活動など第一線で活躍しながら、屋台骨としてオフィス北野を支えてきた。

 森氏は「けんかをしたつもりはありません。要望を聞き、見解もいろいろうかがいました」。たけしも「円満にしたい」と言っていたという。そうした意向を最大限に尊重して独立を了承した。既にテレビ各局、広告代理店やスポンサー企業に伝えており、引き継ぎ作業に入っている。

 たけしはフライデー編集部襲撃事件後、所属していた太田プロを退社。88年に、それまでテレビの制作現場で信頼関係を築いていた森氏とオフィス北野を設立した。「たけし軍団」と呼ばれる弟子タレントも所属しているが、たけしが屋台骨を支えている。森氏は「大黒柱を失うため、社名変更も含め、会社規模の縮小も視野に入れています」。たけしを「殿」と呼んで慕い、尊敬している軍団メンバーの動向も気になるが、森氏は「現段階で、軍団を連れて行くという話は本人から聞いていません」。

 独立後も、レギュラー番組やCM契約に変更などはない。小説などの執筆活動にこれまで以上にのめり込んでおり、創作活動も精力的に続けていきそうだ。ただ、映画製作は環境が大きく変化する。たぐいまれな才能を支え、あらゆる面で環境を整えてきたのは、森氏を始めとするオフィス北野のスタッフだった。たけしは今も映画化を希望する題材やアイデアを複数持っているが、森氏に代わるプロデューサーが出現しないうちは、実現が難しい状況が続くとみられる。


「ベッドでは寝ない」ビートたけしの多忙過ぎる私生活を国分太一が指摘
2018年3月14日 13時43分 トピックニュース

14日放送の「ビビット」(TBS系)で、MCのTOKIO・国分太一が、お笑いタレント・ビートたけしの私生活の一部を明かした。

番組では、スポーツニッポンが報じた、たけしの事務所退社の話題を取り上げた。記事によると、たけしは所属事務所であるオフィス北野を3月いっぱいで退社し、独立するという。たけしは「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」という意向から独立を決めたのだとか。

この話題で国分は、たけしの多忙ぶりについて触れた上で「家に帰ったら、ベッドで寝ることをしないらしいんですよ」と証言。国分によると、こたつなどで執筆活動をしている間に寝落ちしてしまい、目覚めた後は一転、絵を描き始めるのだそう。絵画の制作に飽きると、英語の勉強をするべく、英語のドラマを字幕なしで見ているのだとか。

そんな生活を送るたけしについて、国分は「もうちょい自由にいたいってことなんですかね…」と推測していた。


3室は手を使う技能を表しており、文筆や絵画がそれに当たり、また3室は技能の訓練のハウスであり、また英語の勉強などもそれに該当すると考えられる。


また木星は12室も支配しているため、今、プライベート(12室)に引きこもって、「自分の時間をもっと増やしたい」と考えているのである。


また「背負ってきたものを下ろしたい」という申し出も12室の象意である。



土星が2017年10月26日から射手座12室に移動したことも大きく関係している。


この土星のトランジットが12室に到達したために人生に一区切りつけようとしているのである。




またもう一つ興味深いことは、たけしは、愛人とされる女性と共に新会社を設立したことである。


たけし独立 18歳下“愛人”との会社が新拠点に…3年前に設立、着々準備
2018年3月14日 07:35 スポニチアネックス

ビートたけし(71)が3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが分かった。“愛人”とも伝えられるビジネスパートナーの女性と新会社を設立しており、来月の新年度から拠点にする。

 電撃的な独立劇ではあるが、たけし自身は数年前から水面下で動いていた。オフィス北野のほかに自らの会社をいくつか持っており、幹子夫人との「北野企画」もその一つ。しかし、3年ほど前に18歳年下のビジネスパートナーの女性と「T.Nゴン」という新会社を設立した。昨年3月には代表取締役に就任し、着々と独立に向けた準備を進めていた。社名の「T.N」の意味は不明だが「ゴン」はたけしの愛犬の名前という。

 ビジネスパートナーの女性については、4年前に週刊誌が愛人として報道。スポニチ本紙の取材でも、都内で一緒に生活しているのは事実で、今回の独立劇により公私ともに親密な“最重要パートナー”となる。ただ、たけし自身は新著「ビートたけしのオンナ論」で「“愛人”って言われても困るんだよ。だって、勃(た)たないんだから」とおちゃめな主張をしている。


この女性とは、マハダシャー火星期の終わり頃に出会っている。


そして、マハダシャーラーフ期になった時に関係が発展してきたようであるが、ラーフは5室(恋愛)で高揚しており、また月やパートナーの表示体である金星から見た7室に在住している。


つまり、ラーフのディスポジターは月から見た7、12室支配の金星である。


従って、マハダシャーラーフ期になって、生活を共にするほどの女性と新会社を設立してビジネスパートナーシップも結んでいるというのは理解できる。



ラーフから見ると、8、11室支配の木星が7室に在住しているため、このパートナーの女性に世話してもらう形になっているのである。



現在、木星と土星が2室と6室にダブルトランジットしており、2室は起業のハウスであるため、新会社を設立したのである。



6室へのダブルトランジットは「オフィス北野」との契約の解除などを表わしているかもしれない。




チャラダシャーで見ると、現在、水瓶座のメジャーダシャーの時期で、水瓶座から見ると10室にAKの金星、AmKの月、DKの木星が在住し、ジャイミニラージャヨーガを形成している。


従って、新会社を設立したが、まだ依然として仕事は継続していくと思われる。



水瓶座のメジャーダシャーは2025年1月まで続くが、次に山羊座のメジャーダシャーに移行し、2031年1月まで続く。



山羊座から見ると、AKの金星、AmKの月、DKの木星は11室に在住して、依然として世間的な評価は変わらず、高い評価を受け続ける。



但し、2031年1月からの射手座のメジャーダシャーに移行すると、AKの金星、AmKの月、DKの木星は12室となるため、この時期に引退する可能性が高いと考えられる。



ヴィムショッタリダシャーもこの2年後ぐらいにマハダシャー木星期に移行し、木星は3、12室支配で、月から見て、2、5室支配であるため、引退して、本格的にプライベートで文筆や絵画の創作活動に取り組むことが予想される。



この木星は、ダラカラカで、マラカに相当し、またパラシャラのスキームでもマラカに相当する為、この時期からたけしは体調不良で完全な引退を決意するかもしれない。



今は、ラーフ/木星期で、一時的に木星のマラカの象意が、体調の不調や肉体の衰えといったことを吐露する弱音として現れている。





(参考資料)



「思った通りにやった方がいい」ビートきよしが相方・たけしの独立にエール
2018年3月15日 13時59分 トピックニュース

15日放送の「ひるキュン!」(TOKYO MX)で、お笑いコンビ・ツービートのビートきよしが、相方であるビートたけしにエールを送った。

番組の「ザ・レジェンドリポーターズ」のコーナーでは、きよしが東京中央区にある百貨店「松屋銀座」の地下1階から、和菓子のリポートをした。

コーナー冒頭で、きよしは「世の中なんか、独立するとか、書き換えたとか、いろんな話題がありますけど。そんなことより、いい陽気になりました」と自ら、たけしの事務所退社に触れた上で、この日リポートする内容などを簡単に説明した。

スタジオに戻り、MCのフリーアナウンサー・田中みな実は「たけしさんの独立を『そんなことより』って言えるのはきよしさんだけ!」と驚く一方、「きよしさんは、(たけしの独立を)どう思われてるんですかね?」と、きよしの意見に興味を抱いた。

番組が進行し、再びきよしとの中継がつながれると、田中は「たけしさんの騒動についてどう思います?」と直球で尋ねた。

すると、きよしは「相方の件に対してしゃべるのは、MXだけだよ」と前置きし、「相方はもう71(歳)にもなってんだから、好きなことやったほうがいい」「なんでも自分が思った通りにやった方がいいんだよ」とエールを送ったのだ。

きよしの言葉に、田中は「MXでしか話さないよっておっしゃったから、長めにお話しをされるのかと思ったら、かなり…ざっくりと短めのコメントでしたね」「もう少しお話しいただきたかった気はするけど」とツッコミを入れて、笑いを誘っていた。

14日、たけしが「オフィス北野」を3月いっぱいで退社して独立することを、スポーツニッポンが報じている。
参照元:「思った通りにやった方がいい」ビートきよしが相方・たけしの独立にエール
2018年3月15日 13時59分 トピックニュース

たけし軍団メンバー、殿を追うか残るか…迫られる選択
2018年3月14日 06:40 スポニチアネックス

たけしの独立で注目されるのが、ガダルカナル・タカ(61)やラッシャー板前(54)ら軍団メンバーの動向だ。

 86年のフライデー襲撃事件では、11人が殿たけしと行動を共にするなど結束の強さを見せつけたが、果たして今回はどうか。ある映画への出演が決まっている軍団メンバーから相談を受けたというキャスティング・ディレクターは「“たけしさんについていくも良し、オフィス北野に残るも良し。選んでいい”と言われているのだそうです」と打ち明けた。難しい選択を迫られている。
参照元:たけし軍団メンバー、殿を追うか残るか…迫られる選択
2018年3月14日 06:40 スポニチアネックス

たけし著書に登場“愛人女性”とは…寝たまんまパンツをはかせてくれる「オネーチャン」
2018年3月14日 08:17 スポニチアネックス

ビートたけし(71)が3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが分かった。“愛人”とも伝えられるビジネスパートナーの女性と新会社を設立しており、来月の新年度から拠点にする。たけしの著書「ビートたけしオンナ論」には、愛人女性が「オネーチャン」の表記で登場する。

 夫人との別居について「(自宅には)40年間で10日か、20日ぐらいは帰ってる」と記した一方、「自宅に帰らないんじゃなくて、要は居心地のいいほうに帰っているんだ。それがたまたまオネーチャンの家ってだけでね」と女性との同居を明言。「朝起きりゃ、寝たまんまパンツをはかせてくれて『はい、いってらっしゃい』なんて感じになるんだから」と気の置けない関係であることを堂々とつづっている。
参照元:たけし著書に登場“愛人女性”とは…寝たまんまパンツをはかせてくれる「オネーチャン」
2018年3月14日 08:17 スポニチアネックス

たけし、独立に際し株処分 事務所に「びっくりする額」の運転資金残す…タカ証言
デイリースポーツ/神戸新聞社 2018/03/16 15:28

「たけし軍団」のガダルカナル・タカが16日、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。「オフィス北野」を今月末で退社し、独立するビートたけしについてコメント。たけしが独立に際し、株を処分し、「びっくりするぐらいの額のお金を(当面の事務所の)運転資金として残してくれた」ことを明かした。

 たけしは独立を決めた時に、オフィス北野と軍団の今後について考え、「実は、株を処分して、けっこうな運転資金を…」とタカが明かした。また「本来なら、相当な額の退職金をもらっていくはずなんですけど、それも“俺がいなくなってもやっていけるように”って、全部事務所に残して…。かなりちょっと、びっくりするぐらいの額、お金を残してくれているので、事務所としては運転資金は心配することは」とも言い、「オフィス北野」の役員だったたけしが、株を処分し、退職金ももらわず、全て事務所の運転資金として残していってくれることを明かした。

 軍団のメンバーは事務所に残ることが明らかになっているが、軍団を愛するたけしから、実は「(一緒に)来い、という感じなんですけど」と一緒に独立することも提案された、と告白。しかし、タカらは「師匠、それやっちゃうと今までと同じ形で(いろいろ背負ってしまって)ストレスも増えますし大変ですよ」と、軍団側からありがたい提案を断ったことも明かした。
参照元:たけし、独立に際し株処分 事務所に「びっくりする額」の運転資金残す…タカ証言
デイリースポーツ/神戸新聞社 2018/03/16 15:28

やはりワケあり、たけしの事務所独立は“終活”か 芸能関係者「遺産は法的には妻に。そのため…」
2018/03/16 17:08 zakzak

所属事務所「オフィス北野」からの独立が明らかになったお笑い芸人、ビートたけし(71)。自身が設立にかかわり、30年間も所属した事務所を、今になって飛び出すには、やはりワケがありそうだ。

たけしは3月いっぱいまでオフィス北野に所属した後、4月からは自身が代表取締役を務める「T.Nゴン」に所属することになるとみられる。この新事務所は2015年、たけしの“愛人”と伝えられるビジネスパートナーの女性が設立した会社だ。

 「たけしは昨年2月に女性に代わって代表取締役に就任しています。その直後には、登記上の自身の住所地も、女性と同じ会社の住所地に移しているのです。同居しているということを改めて公然化しているわけです」とベテランの芸能ライターは指摘する。

 さらにこんな指摘も。

 「この住所地は、もともとはたけしと妻が等分して所有していましたが、15年9月に妻から買い取る形で、たけしがすべての所有権を得ています。女性がこの地に会社を設立するのは、その翌月なんです」

 芸能評論家の肥留間正明氏は「たけしにとっては、長年別居を続けている妻が離婚に応じてくれない中、女性の存在を“愛人”ではなく、公然としたものにしたかった。これから稼ぐギャラなどは、この女性の手元に残るようにしたいのではないだろうか」と見通す。

 そんな中、別の芸能関係者はこうも言う。

 「徐々に独立に向けて動いていたが、最終的に盟友でもある大杉漣さん(享年66)の早すぎる死も影響した。自分よりも年下の大杉さんが亡くなったことで、自分も最期をより近くとらえるようになったそうです。万が一、ポックリいったとき、遺産は法的には妻のほうに渡ることになる。そのため、合法的に女性にも資産が残るようにしたいということでしょう」

 つまりは“終活”を始めたというわけだ。
参照元:やはりワケあり、たけしの事務所独立は“終活”か 芸能関係者「遺産は法的には妻に。そのため…」
2018/03/16 17:08 zakzak

たけし 独立の真意激白「軍団には残ってくれと言った」
2018/3/20(火) 10:50配信 東スポWeb

【ビートたけし本紙客員編集長の激白】所属事務所「オフィス北野」を今月いっぱいで退社し、4月から新事務所に移るビートたけし本紙客員編集長(71)が、独立を決めた 真意を大いに語った。残留となる弟子のたけし軍団への思いと、その間の経緯、やりとりを初告白。また、今後の活動予定、自身が審査委員長を務める本社制定の東京スポーツ 映画大賞の行方についても明言した――。

今月末でオフィス北野を退社し独立するんだけど、事務所を抜けるのがこんだけ大騒ぎされるとは思わなかったなあ。ほかのタレントの独立うんぬんはたいして騒がれないのに 、オレだけ何でこんなにいろいろ言われるんだよ。

 たけし軍団はオフィス北野に所属のまま。軍団や役者はオレの新事務所に来たいのかもしれないけど、もしオレが引っ張っちゃったらタレントがいなくなって、結果としてオ フィス北野への造反みたいな形になっちゃうから、軍団には「事務所にいてやってくれよ」って言ったんだ。ただ「オフィスたけし軍団」って名前だったらいいけど、オレがい ないのにオフィス北野って名前のままじゃ困るから、「事務所の名前を変えてくれ」とは言ったけど。

 当面の事務所を回す運転資金は置いてきた。辞めるスタッフの退職金を払うと結構な額になるうえ、置いてきた分で軍団が「ちゃんとやる」って言ってくれた。それでやれな きゃ、オレの責任じゃないだろってことで独立させてもらった。トータル40年近くも軍団の面倒みて、売れたヤツも売れないヤツもいるんだから、あとは自分の努力だろ。

 タレントが増える一方で、仕事を取ってこれないマネジャーもいたしな。それで、軍団や役者には「こっち(新事務所)が落ち着いたら、来てもいいよ。そのかわり、自分で マネジャーを見つけてこい」とは伝えた。

 オレに関しては、基本的に今の仕事はそのまま続ける。東スポ映画大賞もオレが生きている間は続けるよ。そういや、今年の授賞式には香取慎吾が来たけど、面白かったな。 彼は天然ものなんだね。意外に正直者だった。でも、SMAPを解散してジャニーズ事務所から独立した3人は大変だろうな。もう彼らも若くないし。そういやキムタク(木村 拓哉)は急に老けたな。顔色はドス黒いし、頭髪もちょっと不自然だし。SMAPも年とともにダメになっていくんだな。

 それで、東スポ映画大賞に話を戻すと、今後は辛口映画評論家の町山智浩とか新しい審査員も加えたいね。あとはオレの小説「アナログ」の映画化権は是枝裕和監督にあげよ うかと思って。是枝さん、やってくんないかな。

 そういや独立っていう報道が出た時、作家の伊集院静さんから電話来て「でかした! たけちゃん、やったね」だって。何を喜んでんだか分からないけど。あの人、前から仲 いいんだ。でも「今度、付いてこなかった軍団を集めて文句言ってやる」って言うから「いや、オレが置いていったんだ」。そしたら「何だ、みんな『付いて行かない』って言 ったのかと思った」だって。

 面白かったのは、独立ってマスコミが騒いだ2日後に映画プロデューサーの奥山和由がオレん家に来たらしいんだ。オレはいなかったけど、郵便受けに奥山の名刺が入ってて 、「たけしさん、ソナチネのプロデューサーの奥山です。覚えていますか。ソナチネの続編を作りましょう」って書いてあった。なんだ、あいつは。

 そういや一部では、仕事の数が多すぎてオレが疲れたんじゃないかって話も出てたけど、仕事が多かったから事務所を辞めるわけじゃない。別に精神的に疲れるわけじゃない し。こないだ金沢にロケに行った時、島田洋七と一緒でさ。「疲れた」ってグチこぼしたけど、あれは歩くのが疲れただけ。肉体的に面倒くさくなった。兼六園なんて入り口で 帰ってきちゃったよ。

 それにしてもさ、なんで金沢の回転ずしってあんなにうめーんだろ。普通のすし屋よりうまい。回転ずしっていっても、すしがグルグル回ってるんじゃなくて、目の前に握っ てくれるオヤジがいるから、頼んだらすぐに出てくる。それでノドグロだのトラフグも出てくるし、みそ汁もえらくうまい。そんで安いんだから、ありゃー普通のすし屋潰れる わな。5人で1万3000円だったもん。思わず「なんだ、この値段。東京だったら1人も食えないじゃん」って言っちゃったよ。
参照元:たけし 独立の真意激白「軍団には残ってくれと言った」
2018/3/20(火) 10:50配信 東スポWeb

ビートたけし、手切れ金は30億円以上!? 愛人のために独立も、叩かれないワケとは?
株式会社サイゾー 2018/03/20 09:00

ビートたけしが3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社することが明らかになった。ネット上は「オフィス北野なのに!?」「意味がわからない」と大混乱。これに「 たけし軍団」の“番頭”ガダルカナル・タカが出演番組で事情を説明。独立を勧めたのは軍団メンバーたちで「何年か前から(たけしさんに)仕事をしすぎじゃないですか、独 立してやりたいことをやったらいかがですか? と話をしてました。それで先月末から今月頭くらいに『それじゃあ、本格的に独立しようかな』と軍団と食事しながら話をして いました」と明かした。

 続けて「たけしさんが独立する、軍団が一緒に行くとなると今までと一緒じゃないですか。そういうことではないので、我々は残ります。“たけしさんが自分のペースで楽に 仕事できるようにして下さい”ということ。たけしさんと軍団がこれまでやってきたことは変わりなくやっていきます」と円満独立であることを強調。たけしが独立の際に株な どを処分して「びっくりするくらいの額のお金を(当面の事務所の)運転資金として残してくれた」ことも暴露した。一説には「数億円のレベルではない。30億円以上」という 話もある。

 ただし、これらは表向きの独立理由。真相はたけしの“愛人問題”という。事情を知る関係者の話。

「4年前に一部週刊誌で報じられた18歳年下の愛人Aさんです。たけしさんにとってはおそらく“最後に愛した女性”になる。正妻は幹子夫人なため、死後の遺産はAさんには入 らない。そこで3年前にAさんと個人事務所『T・Nゴン』を立ち上げ、今回正式に“移籍”することにした。そこでの稼ぎはAさんへの慰労金ということになるのだろう」

ようは愛人のために独立したということ。世間一般では完全アウトな内容で、芸能界でもたけし以外がやれば、非難が渦巻くレベルだ。なぜたけしだけが“許される”のか―― 。

「フライデー襲撃事件や生死をさまよったバイク事故を経て、もはや何をやっても許される地位に達した。ある意味、芸能界の治外法権です」とはお笑い関係者。イメージだけ ではない。実は「芸能界のドン」と呼ばれる重鎮たちも、たけしのことは別格扱いしており「全員が『たけしは潰してはならない』という共通認識を持っている。これが非常に 大きい。詳細は明かせないが、過去にたけしが裏社会の住人とトラブルになった際、芸能界のドンの1人が双方の仲裁役を買ってでた。普通ならありえないことです」(事情通 )という。

“最後に愛した女性”にすべてを捧げる大物たちは多い。故高倉健さん然り、故やしきたかじんさん然り、存命中で言えばプロレスラーのアントニオ猪木がそれに当たる。「な ぜ?」という答えは当人にしかわからない。71歳になったたけしも、いよいよ人生の総仕上げに入ったということだろう。

※画像は、『ビートたけしのオンナ論』(サイゾー)
参照元:ビートたけし、手切れ金は30億円以上!? 愛人のために独立も、叩かれないワケとは?
株式会社サイゾー 2018/03/20 09:00

ビートたけし独立で漏れ伝わる「オフィス北野」への軍団の不満
平田昇二 2018/03/20 16:00

お笑いタレント・ビートたけしの事務所独立が話題を集めている。

 たけしは、3月末で自身が立ち上げた所属事務所の「オフィス北野」を退社して独立することを発表。

 たけしを除く、「たけし軍団」のメンバーら他の所属タレントはそのまま同事務所に残留する。

 また、たけしは独立にあたり事務所や「たけし軍団」ら他の所属タレントのことを考えて、自身が所有する同事務所の株を処分して、運転資金として事務所に残したという。

 たけし本人は今月17日に放送された、レギュラー出演するTBS系情報番組「新・情報7daysニュースキャスター」で、「何も変わってないですよ。仕事減らすわけじゃなし、増やすわけで もないし。映画監督を切り替えてAV男優になろうかと」とボケをかました。

 そのうえで、「アイツらは得しているんだ。俺、株あげたりお金を何億円もあげたんだから。冗談じゃないよ。俺、退職金もらっていないんだよ。3億円はもらえたんだ」と同事務所に巨 額な資金を残したことをジョークまじりに明かした。

 今後、たけしは新会社「T.Nゴン」に所属し、芸能活動を続けることが明らかになっているが、一部では今回の独立の裏に愛人のAさん存在があるとも伝えられている。

 スポーツ紙の芸能担当デスクはこう語る。

「たけしさんと20歳近く年の離れたAさんは3年ほど前から交際をスタート。過去に何度か週刊誌や女性誌でもその存在は報じられています。一時期、2人は別れたという情報も流れましたが 、実際には関係は変わっておらず、今ではほとんど同棲状態のようです。関係者やスタッフの間では公然の仲になっています」

 たけしといえば、70歳を過ぎた今もなお数多くのテレビ番組に出演し、映画の制作、小説の執筆など精力的な活動を続けている。

「たけしさんの独立は数年前から噂にはなっていました。ただ、『さすがに独立までは…』というのが業界内の大方の見方だったのですが、大御所になってもあれだけバリバリと仕事をこ なしていたところを見ると、独立の準備をしていたのかもしれませんね。『オフィス北野』や弟子たちのために、かなりの大金を残したようですし」(同デスク)

 “殿”の真意や気持ちを慮ってか、ガダルカナル・タカら「たけし軍団」のメンバーは概ね「オフィス北野」に残留する意向を表明しており、今のところは平穏な独立劇となりそうな雰 囲気だが、その一方で同事務所の関係者からはこうした声も出ている。

「たけしさんの弟子たちは当然のことながら、たけしさんに憧れて弟子入りし、結果的に『オフィス北野』に所属しています。そうした中、弟子たちの中には仕事のマネージメントやタレ ントとしての扱われ方、ギャラなどを巡って『オフィス北野』のやり方やスタッフに不満を抱いている者も多いんです。実際、過去には自分の弟子をあまりにも軽く扱う事務所スタッフに 対し、たけしさんが説教したことがあったほどです。絶対的なカリスマであり、大黒柱でもあるたけしさんがいなくなった後、事務所や所属タレントが上手くまとまるとは到底思えません 」

 今後もひと波乱ありそうだ。(平田昇二)
参照元:ビートたけし独立で漏れ伝わる「オフィス北野」への軍団の不満
平田昇二 2018/03/20 16:00




スポンサーリンク


スポンサーリンク

筋トレの心理-マッチョな男の心理学-



前回の記事で、松本人志が今、筋肉を鍛えてムキムキの肉体になっているのは11室にラーフが在住している為であり、11室の象意である称号(肩書き)や富を追求しているのと同じことではないかと書いた。


肉体に筋肉を積み上げるというのも、結局の所、物質欲であり、富を追求する行為に似ているからである。


また獅子座のプールヴァパールグニー(金星)に在住するラグナロードの太陽も関係しているのではないかと書いた。


プールヴァパールグニーの支配星は金星である為、快楽主義と関係しており、身体の表示体である太陽が、プールヴァパールグニーに在住することは、自分の身体美を物質欲の一種として追求するのではないかということである。


こうしたことを更に検討していた所、以下の2017年9月24日付の文春オンラインの非常に興味深い記事によって更に考えを発展させることが出来た。



少々長いが以下に引用する。


松本人志“変節”の起源は、三十路を過ぎてマッチョ化する元文化系男子の系譜にあった
速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである
2017/09/24 文春オンライン

速水 今回は松本人志をめぐる問題について。

おぐら 『ワイドナショー』(フジテレビ)のコメンテーターに就任して以降、番組内での発言がしょっちゅうネットニュースになってますね。

速水 最近だと、共謀罪に対するコメントと、日野皓正の往復ビンタ問題。

おぐら 共謀罪については、『ワイドナショー』で「僕はもう、正直言うと、いいんじゃないかなと思ってるんですけどね」「やっぱり冤罪も多少はそういうこともあるのかもしれないですけど、未然に防ぐことの方が、プラスの方が多いような気もするし」と。

速水 これはちょっとアレンジすれば叩かれない中身になる。「テロを未然に防ぐ必要はある。だけど、そのために冤罪を生んではだめ」だったらまったく問題ない。でもコメントとしては無難すぎる。「多少あるかも」という言い回しは、少し過激さを出してみたんだろうね。

おぐら 無難なことは言いたくないし、求められてもいない、という。ただ、番組を見ていた印象としては、少しためらいながら言葉を発していたので、本心だったのかなとは思います。

速水 けど、本当に過激なところに踏み込めるわけでもない。この場合だと「国民の権利なんて制限して当然」とまでは言わないわけだから。

おぐら これを受けて、『週刊金曜日』が表紙と巻頭で「松本人志と共謀罪」という特集を組みました。

速水 一応目を通したけど、うーん……おもしろくなかった。

おぐら 特集のリードには「松本人志の変節と、共謀罪の成立を許した私たちの社会」と書いてあります。

速水 だけど別に共謀罪の議論に踏み込むわけでも、松本人志論に踏み込むわけでもなく、かつての番組プロデューサーやなんかが出てきて、昔はこんなじゃなかったみたいな。本人を呼んできて、どういう意図の発言だったか聞けばよかったのに。

おぐら ここ何年か、チャップリンやモンティ・パイソンを引き合いに出して「日本の芸人はなぜ権力の批判をしないんだ」っていう議論がありますけど、単純にビジネスにならないからっていうのも一因だと思うんです。「音楽に政治を持ち込むな」論争でも明らかになったように、一定数の日本人が政治的なネタを歓迎しないというマーケットの問題。実際、現政権や権力を批判するネタをやっている芸人もいますけど、アンダーグラウンドな活動の域を出ない。要は売れないってことです。

速水 「日本のお笑いはオワコン」と言った茂木健一郎が『週刊金曜日』の特集で書いていたのは、日本のお笑いは「空気読み」の一等賞を決める競争だっていう論。まあ、その指摘は正しい。それを踏まえて言うと、政治家の政局もまさに空気読みでしょ。いかに時流に乗るかという能力が問われる。

おぐら 弁護士との不倫疑惑をスクープされて民進党に離党届を提出した山尾志桜里議員も、その前に「保育園落ちた日本死ね」のブログを国会で取り上げたことで時流に乗った人でした。

速水 お笑い芸人が社会問題に対して発言をするのは、まさに空気を読んで時流に乗っているからだろうね。ちなみに、ワイドショーコメンテーターも同じ。

おぐら コメンテーターといえば、宇野常寛さんが『スッキリ!!』(日本テレビ)のコメンテーターを降板するとツイッターで明かしました。

※ 編集部注:宇野氏は、日中戦争中の南京事件に否定的な本を置いていたアパホテルについて、今年1月放送の『スッキリ!!』で「歴史修正主義だ」と批判し、「日本テレビに街宣車が押し寄せ」たことを番組側が問題視したのではないかとして、「『スッキリ!』クビになりました」とツイート(8月31日付)。YouTubeでも動画を投稿して「僕は事実上のクビだと解釈しています」などと語りました。

速水 宇野くんは空気を読まない希有なコメンテーターだったと思うよ。あのスタイルが制作側と衝突して降ろされてしまうというのはわかる。それが傍目で納得できるかどうかは別として。

おぐら もはやワイドショーのコメントは、いかに万人が納得する解釈を披露できるかを競うゲームみたいになってますよね。

速水 ワイドショーにも事件の説明過程があって、そこまでの流れをぶった切るコメントをするのは勇気が要るんだよ。局側に何かを無理に言わされるということはないんだけど、そもそもそれをテレビが伝える意味とかに口を出し始めると、コメンテーター自身の存在意義って何?ってなりかねないし。

おぐら そんな『スッキリ!!』の日本テレビで、『いつかボクらもご意見番 コメンテーター予備校』というバラエティ特番がはじまったんですよ。お題のニュースに対する芸能人たちのコメントを、一般の人たちがジャッジするという……。

速水 それを番組にしちゃったんだ。

おぐら 公式HPの紹介では「どんどん肥えていく視聴者たちのコメンテーターを見る目」「『どんなコメントが求められているのか…?』『こんなコト言ったら炎上しちゃうかな…?』」「視聴者を『なるほど』と唸らせるコメント力を学ぶ」と書いてあります。

速水 テレビ局がコメンテーターに何を求めているのか、よく分かるね。

おぐら それに、9月21日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)が「コメンテーターやりたい芸人」だったんです。つまりコメンテーターは、いま旬のネタとして扱われるような存在になっていて、そのぶん世間から厳しい目を向けられているっていうことですよね。

三島由紀夫・長渕剛・松本人志が貧弱な文化系男子だったころ

おぐら 松本人志の変化といえば、身体を鍛え始めたことは重要ですよね。

速水 むしろ今回はそっちがメイン。松本人志の変遷を考える上で、身体のマッチョ化には大きな意味がある。


おぐら 若い頃は、威勢がいいけど痩せ型だったのが、ムキムキになって思想も変わった人でいうと、長渕剛が思い浮かびますけど。

速水 もともと弱々しいキャラの男が、30歳を超えたあたりから体を鍛え始める系譜って、三島由紀夫から脈々と受け継がれる文化系男子のパターンなんじゃない?

おぐら 長渕剛は『巡恋歌』や『順子』をリリースした初期、デビューからしばらくは、か弱い男を体現しているようなルックスでしたよね。

速水 俺が好きだった頃の長渕は、粋がってるけど弱そうな近所の兄ちゃん風だったんだよね。

おぐら 『親子ゲーム』に主演してた頃?

速水 そうそう。元暴走族の兄ちゃんがラーメン屋をやっていて、親に捨てられた少年を引き取るドラマ。当時の長渕は、コメディ役者兼歌手だった。

おぐら ドラマ『親子ゲーム』(TBS)は1983年放送ですね。僕の世代だと『とんぼ』(TBS、1988年放送)のほうが印象に残ってます。この頃は、体は痩せてますけど、もう完全にこわい人っていうイメージ。

速水 ここが大きな転機なんだよ。長渕が最初にマッチョを演じたのがドラマ『とんぼ』で、いつのまにかケンカが強いっていうキャラに変わってた。

おぐら 孤独なチンピラが、本物の強い男に変わっていくような。

速水 『とんぼ』の直後の『ウォータームーン』は、宇宙人だけど修行僧っていう役で、長渕の変身願望をまわりのスタッフが受け止めきれずに空中分解した映画。

おぐら ファンの間でも語り継がれている怪作ですね。

速水 マキタスポーツによると、映画『竜二』の影響とブルース・スプリングスティーンが長渕に憑依したっていう分析。ムキムキになってから日の丸を背負うのも、スプリングスティーンの星条旗の代わりだったわけだし。

おぐら 一方の三島由紀夫は、筋肉の体で、日の丸の鉢巻に日本刀という出で立ち。

速水 長渕と三島の変節は年齢的にも共通点が多いよね。あと、どちらも運動音痴っぽい。

おぐら っぽいって……。

速水 いや、実際、三島のことは石原慎太郎が馬鹿にしているの。三島由紀夫が日本刀を持ってきて居合い抜きをしたら、鴨居に刺さっちゃった話とか。彼は運動神経がなさ過ぎるって。

おぐら 身体能力にコンプレックスというか弱さを抱えている人が、年齢を重ねて、何かをきっかけに身体を鍛え始めるんでしょうか。

速水 でも、松ちゃんにやばさを感じたのは、深夜番組で作務衣とか着始めたとき。

おぐら 『一人ごっつ』(フジテレビ)だ。1996年に放送開始です。

速水 作務衣とか求道者イメージとかを茶化しているのかと思ったら、どんどんそっちにいって、髪も短くなって。

おぐら なるほど。その時代に一度、変化してるんですね。

速水 最初は片岡鶴太郎的なものをいじってるのかな?って思ったんだけど、むしろ鶴太郎的なものへの憧れがあったんじゃない?

永遠の童貞派と身体ロンダリング派

おぐら ボクシングとか書画とか、芸人とは違った部分で才能をアピールする方向。ちなみに、長渕剛も詩画をやってますよ。

速水 そして鶴太郎は、いまやヨガを極めて体重43キロでしょ。マッチョの先を行って、完全にスピリチュアルの世界。

おぐら というか、最初から方向性としてはスピだったんじゃないですか。ヨガはもちろん、ボクシングも書画も精神世界と相性いいですし。

速水 女性のスピがオーガニックとか、フラダンスとか、占い師のマネージャーとかに向かいがちなように、男の場合は陶芸とか、そば打ちとか、作務衣・求道系みたいなほうに向かいやすいんだね。

おぐら 松本人志が竹原ピストルを気に入っている理由にも繋がってきます。

速水 そこは見る目がないとは思うけど。

おぐら そう考えると、三島由紀夫や長渕剛もスピリチュアルと遠くはないです。

速水 資質として、スピに向かいやすい感じの人たちではあるよね。

おぐら 強い身体に憧れてマッチョになる男たちがいる一方で、童貞っぽさというか、心は少年のままでいることが芸風やクリエイティブに繋がるという考えもありますよね。

速水 大人になれない感じのね。大槻ケンヂとか伊集院光とかを代表とする人たち。その両者を名付けるなら、永遠の童貞派と身体ロンダリング派っていう感じなのかな。

おぐら そのどちらかに振り切った方が、表現者としては突き抜けられるってことなんでしょうか。

速水 その二者択一かあ。うーん、どっちも嫌だなぁ。


この上記の対談の中で、30歳を過ぎて体を鍛え始めた人々として、三島由紀夫、長渕剛、松本人志が取り上げられている。



そして、この対談の中では、体を鍛え始めたことと思想の変化との因果関係について指摘しているのである。



私は前回の記事の中で、松本人志と三島由紀夫の類似性について気づいたが、更にここでは、長渕剛についても挙げられている。



長渕剛のチャートを作成してみると、非常に興味深いことに身体の表示体である太陽が、獅子座のプールヴァパールグニー(金星)に在住しているのが分かった。






やはり、金星のナクシャトラに身体の表示体である太陽が在住している場合、身体美を追求するのではないかと思った次第である。



三島由紀夫のチャートを見ると、やはり、太陽ではないが、ラグナと月がプールヴァパールグニー(金星)に在住している。








ラグナは太陽と同じく身体を表している。



従って、身体の表示体が、金星のナクシャトラに在住した場合、身体美を追求するのではないかというのが私の仮説である。




あともう一つの理由として、私は以前から三島由紀夫についてはその数奇な経歴について関心を持っていた。




猪瀬直樹の『ペルソナ―三島由紀夫伝』 (文春文庫)で指摘されているが、三島由紀夫は臆病者であり、 臆病を克服しようと大変な努力を行なっていたというのである。



三島由紀夫が『仮面の告白』で描いているように徴兵検査の時に嘘をついて兵役を逃れたというエピソードからもそれが分かる。



私は以前、この逸話を知った時、それは、三島由紀夫の出生図のラグナと月から見て太陽が6室に在住してラーフ/ケートゥ軸によって激しく傷つけられており、ナヴァムシャでも太陽は6室に在住し、ラーフ/ケートゥ軸や火星、土星と絡んで傷つけられており、またシャドバラで太陽は、0.5ポイントしかなく、平均値の1.0の半分しかないことが原因ではないかと考えた。


この太陽の傷つきが、自信の無さをもたらし、この自信の無さを克服する為に涙ぐましい努力をして、最後に切腹までやり遂げてみせたと考えられるのである。



それは涙ぐましい奮闘(6室)であるが、6室でヴァルゴッタマの太陽は、時間と共に改善してゆき、その結果、彼が切腹をした時、ためらい傷は無かったのだと考えられる。



このように太陽が傷ついており、自信の無さや劣等感というものを補うために筋肉を鍛えたのではないかと思ったのである。






そして、改めて調べてみると、松本人志の太陽は、ナヴァムシャで減衰して土星からアスペクトされて傷つけられていることが分かった。








前回の記事でも示したが、松本人志が、自らの筋肉を披露する写真がネット上で見ることが出来る。








また長渕剛のチャートを見ても、太陽はナヴァムシャで減衰して土星から傷つけられている。








長渕剛も若い頃は痩せていたが、中年になってから筋肉を鍛え始め、インスタグラムで、わざわざ上半身裸の筋肉隆々の肉体を披露している。










長渕剛にしろ、松本人志にしろ、何故、彼らが筋肉隆々の裸体の上半身を写真に撮って自慢気に見せびらかさなければならなかったのか考えると、獅子座プールヴァパールグニー(金星)に太陽が在住していることによる肉体美の追求と、太陽が減衰して傷ついていることによる自信の無さを補うという2つの理由によるものではないかと思うのである。



このように太陽が減衰して凶星から傷つけられている結果、その自信の無さを補おうとする結果、筋肉の獲得に熱中するのである。




更に私は、三島由紀夫、長渕剛、松本人志の他に島田紳助もこれに該当するのではないかと思うのである。




島田紳助のチャートについては私は以前、蠍座ラグナに修正している。



彼は今、マハダシャー木星期であり、芸能界を辞めて楽しそうに生活している。



島田紳助の引退についてはまた別の記事の中で取り上げてみたい興味深いテーマであるが、やはり、ナヴァムシャで太陽が減衰し、火星とコンジャンクトして傷ついている。



そして、逆行の土星からもアスペクトされて傷ついている。








島田紳助も芸能界を引退した後、体を鍛え始め、筋肉隆々になっているという。



松本人志 島田紳助さんとの共通点を指摘「すっごいムキムキ」
2017年9月25日 10時58分 トピックニュース

24日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!特別版」(日本テレビ系)で、ダウンタウン・松本人志が、芸能界を引退した島田紳助さんに言及。自身と同様に筋骨隆々になっている現在を明かした。

番組では、「絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」と題して、オードリー・春日俊彰が松本に対して、「1番自信のある筋肉の部位はどこですか?」という質問をぶつけた。

「僧帽筋(そうぼうきん)」と回答した松本はそこからさらに「軽く(顎が)しゃくれの奴 筋肉つく説」なる”珍説”を唱え、スタジオの笑いを誘った。松本は「今、紳助さんとか、すっごいムキムキなの!」と証言し、「しゃくれてる奴って、やっぱ頑張る」と断言したのだった。

なお、紳助さんの現在の肉体については以前、親交のある板東英二も別番組で「蝶野(正洋)さんより、すごい身体してます!」と証言している。



因みに身体を表わすラグナロードの火星は射手座のプールヴァアシャダー(金星)に在住し、月は獅子座のプールヴァパールグニー(金星)に在住している。




やはり、ラグナロードや月などの特別な感受点が金星のナクシャトラに在住することで肉体美を追求したと考えられるのである。








因みに上記のような写真が2015年6月17日付のnetgeekというサイトに掲載されている。



松本人志が島田紳助の肉体について言及したのが、2017年9月24日である為、現在は、この写真の時よりも更に筋肉が付いている可能性はある。



島田紳助が自信が無かったということは、私が証明するまでもなく、事ある毎に本人自身が「僕は、本当は小心者なんです・・・・」と口にしていることから分かる。



また私は島田紳助が女性マネージャーに暴力事件を起こした時の状況をよく覚えているが、彼は何故、暴力を振るったかの理由について、その女性がため口をきいたとか、自分の尊敬する上司のことを呼び捨てにしていたことなどを挙げていた。




つまり、太陽が減衰しているため、ほんのちょっとしたことで自尊心が傷ついて自己評価に揺らぎが生じてしまうのである。



繊細で傷つきやすいということが出来る。



従って、太陽が弱い人は、自己評価が揺らぎやすい為、怒りやすいのである。



然し、通常は、それを表に出すことはないが、彼の場合、始末がわるいのは、ナヴァムシャにおいて、減衰する太陽には、牡羊座にアスペクトバックする火星がコンジャンクトしており、火星のエネルギーが加わっている。


従って、自己評価が揺らいだ太陽が、直ぐに怒りを爆発させるのである。



彼が女性マネージャーに対して、気がふれたように怒り狂ったのはその為である。



然し、私は島田紳助が最も小心であることを証明したのは暴力団と付き合うことによって、自分のバックには暴力団がいるんだぞと言わんばかりに周囲を威嚇したことではないかと思われる。



「虎の威を借りる狐」という言葉があるが、自分に自信がない人間ほど強い人間が知り合いや親族にいることを自慢する。



例えば、「叔父が警察署長なんです・・・」とか、「親が政治家なんです・・・」とかである。



中学生ぐらいの時、「俺のバックにはヤンキーが付いている」とか常に周囲に語っているような人がいたが、やはり、自信の無さの裏返しだと考えられる。






このように私は筋肉を鍛える人は、深いレベルで自信がない人ではないかと考えている。




自分に不足があると考えるからこそ筋肉を鍛えるのである。




そもそも自分に充足している人は、今持って生活して来て普通に得られている筋肉で十分であり、筋肉のことについて意識しないはずだからである。




筋肉を鍛えるという行為は、アドラー心理学的に言えば、劣等感補償の心理機制が働いていると言える。




つまり、筋トレを好むのは、劣等感を補うための神経症のようなものである。




例えば、スポーツ選手、例えば、プロ野球選手やサッカー選手が競技のために筋力を鍛えるということはより競技に耐えられる肉体を作るという目的がある。




然し、筋肉を付けること自体が目的の筋トレは、身体美を得たいというナルシズムであって、何らかの心理的な動機が想定されるのである。




自然に生活している中で得られている筋肉以上の筋肉を欲しがるという心理状態は、やはり動機として、何らかの劣等意識が想定されるのである。





右傾化する社会と筋トレの心理



この筋トレをする心理を今の社会情勢から考えてみると、こうした状況は社会が概して、右傾化していることを表している。



市場原理主義(競争原理)によって、社会福祉などのセイフティーネットが破壊され、万人が万人と闘争して勝利した者だけが生き残れるとする弱肉強食の論理や実力主義、能力主義が優勢になった社会においては、他人は頼りにならず、自分を守れるのは自分だけであり、自分の実力のみが生き残れるかどうかを決するといった現実主義(リアリズム)に基づいた殺伐とした思想が優勢になるのである。


例えば、ナチスは優れたものだけが生き残るべきで劣ったものは滅びるべきであるとする『弱肉強食』の思想であった。


そうした思想の中で「健康的な肉体美」というものが推奨されたのである。






従って、右翼思想と、マッチョな肉体というのは、一体のものなのである。


社会のモラルが崩壊し、法や道徳が廃れて、誰も社会のルールを守らない実力主義の時代に突入した時、最後に勝負を決するのは、腕力や体力などの原始的な肉体の力である。


これは軍事力と言ってもいいかもしれない。


そのため、三島由紀夫は、マッチョな肉体を誇示して、刀を振り回して、私設の軍隊を持ち、自衛隊に突入して、決起を促したのである。


彼はその時、蟹座に在住するラーフ期であった。(私は以前から蟹座と右翼思想が関係していることについて述べている)



筋力を鍛えるというのは、その最も原始的で基本的な戦力としての腕力を他者に勝利するために自ら身に付けるという思想である。





この心理は、深いレベルでの不安や自信の無さに関係している。



例えば、北朝鮮が、核搭載可能なミサイルの発射実験を繰り返し、ミサイル開発を推進するのはアメリカを初めとした、いわゆる国際社会によっていつ体制崩壊させられるか分からないからである。


そのことに怯えるため、軍事力を身につけて周囲を威嚇しなければならないのである。



実際、彼らはアメリカからいつ体制崩壊させられるか分からない危機に直面しているとも言えるため、それは現実主義(リアリズム)に基づいた冷徹な判断であるとも言える。



つまり、最近、松本人志が筋トレをし始めてマッチョ化していることは、彼が才能の枯渇や、自信の無さを抱えているということと、ブレグジット(英国のEU離脱)やトランプ現象に見られるような広く国際的な右傾化が起こっていることの相乗効果の結果であると考えられる。



市場原理が極限まで進んでいるアメリカには、リバータリアン(自由至上主義者)と言われる非常に右寄りの人々が存在する。



彼らは自分の身を守るのは、自分の責任だという自己責任の考え方が徹底しており、自分の身を守るために銃を所持する権利があると考えている。



つまり、弱肉強食の世界にあって、最後に身を守るのは、武器であり、力強い健康な肉体は、その武器の一つなのである。



これが右翼思想家の感覚であり、筋トレする心理であると言える。





因みに私にとって、三島由紀夫、長渕剛、松本人志、そして、島田紳助の心理状態は他人事ではない。




私自身、ナヴァムシャで太陽が減衰しているからである。




あいにく減衰はしているが、ディスポジターの金星がラグナ、月からケンドラに在住している為、ニーチャバンガは形成している。



然し、私は、例えば、島田紳助の心理状態など手に取るように分かるのである。



何故、彼があれほど、怒り狂うのかについて、それが小心から出ているということは、私には手に取るように分かる。



いつも自分の中で体感していることだからである。



(彼らがこの記事を読んだら怒りださないか心配である)






ただ私は別に筋肉を身に付けようとは思わない。



私自身、三島由紀夫が、『仮面の告白』で示したような自分の小心や臆病さというものを内観してそれをどうにかしたいと思っていたことはあったが、一時期は、自分の臆病さを克服して、大胆で、豪快で、強気の人間になろうとして努力していたこともあった。



つまり、「あるがままの自分」ではなく、「こうあるべき自分」になろうとしていたのである。



その努力が根本的に間違いであったと気づいたのは、早稲田大学教授・加藤諦三氏の著作を読んだ時である。



いくつかの著作を続けて読んでいたが、例えば、その中に「強気の人、弱気の人」というタイトルの本があった。



人には強気の時も弱気の時もあるので、その時々の心理状態に素直に従って、その時の自分のありのままでいればいいのだといった内容であった。



こうした思想は、老子の無為自然にも通じるもので、後にクリシュナムルティーの著作を読むようになって、更にこうした考え方がより深く身に付いた。



従って、私は自分を実際の自分よりも大きくみせようと思わないし、小さくみせようとも思わずに常に等身大の素直にその時の自分でいようと考えている。



この考え方を身に付けた時から、私の人生は、努力することから解放され、随分、楽になったものである。



なにしろ、性格というものは努力によって変えるものではないということが分かったことが救いであった。



その時から、私の努力というものは、私が本来のありのままの自分から不自然に別の自分になろうとしていることを観察すること、気づくことに向けられた。



そして、不自然な有害な努力が為されていると感じられた時には、私はそれに気づけるようになり、徐々にありのままの自分でいられるようになった。




今では、こうした心理学の知識に加えて、私にはジョーティッシュの知識が加わったため、別の人間になろうとする努力が全く無駄で有害であることがまた別の角度からよく分かるのである。



何故、私が、それ程、強気の人間ではないのか、世の中には、狂犬のように強気な人間がいるが、どうして、私はそういう人間ではないのか、そういう狂犬のような人間が常に幼少時や青年期の男子たちの人間関係の力学の中で、常に優位な立場を得るのを見て、うらやましく思ったものである。



然し、本来、何か理想のあるべき自分になるために生まれて来たのではなく、自分は他の誰かになるために生まれて来たのではなく完全に自分自身になるために生まれてきたのである。



そして、完全に自分自身になる時、その性格や運命を受け入れる時にそれが自己実現なのである。



ニーチェが運命愛という言葉を使っているが、その適用範囲や概念の深さには若干、違いがあると思うが、おそらく同じようなことを意味していたと思うのである。



人は自分のホロスコープというものは、一生涯、変えることは出来ないのであり、ただそれをありのままの自分として受け入れるということが、無為自然に生きる、ありのままに生きるということである。




私はそのような思想の元にジョーティッシュを実践している。




筋肉を鍛えるということが悪いのではなく、何故、筋肉を鍛えているのかについて気づくことが重要である。




そのことに意識的でいて、その上で、筋肉を鍛えることは何らわるいことではないのではないかと思う。




つまり、私は、自信がないので、自信を付けるために筋肉を付けたいという欲望が正直にありのままに見えていて、その上で、行うならそれはそれでいいのかもしれない。




また更に今現在の弱肉強食のご時世が、不安を催すため、筋肉を付けたいと思うといったように自分の動機について意識的であることは非常に重要なことである。





今回、私が提示した理論は、ラグナやラグナロード、あるいは月など身体を表わす特別な感受点が、バラニー、プールヴァパールグニー、プールヴァアシャダーなど金星のナクシャトラに在住する場合、身体の表示体が金星の影響を受ける為、身体美を意識し、欲望しやすくなるのではないか、



そして、太陽が減衰していたり、激しく傷ついていたりする場合、心理的な劣等感を補償するかのように更にその身体美、すなわち、筋トレに熱中するのではないかということである。



また更に社会が右傾化しているような背景がある時には、それが促進されるのではないかということである。





(参考資料)



「今の僕は日本一忙しいニート」島田紳助氏が4時間語り尽くした!
文春オンライン 2017年10月25日 16時00分 (2017年12月29日 06時41分 更新)

「島田紳助(61)が、筋トレを重ねてマッチョ化している」

 雪男のごとく方々でささやかれる目撃談。同様のことを親交のある芸能人も証言している。真偽を確認すべく、本誌記者は大阪府の紳助氏居宅を訪ねた。用向きを伝えると、氏は苦笑しながらも、「 じゃあ、上がってください」と記者を部屋へといざなった。

 “マッチョ化”とまではいえないが、61歳とは思えない、よく引き締まった体躯。2011年の暴力団関係者との交際発覚を機に芸能界を引退し、完全に表舞台から姿を消して6年。体調のいい日に1時間 程度、自宅でトレーニングしているという。

「僕は常々、老後に必要なのは『お金と仲間と筋肉』と言うてるんです。この三つがあれば幸せに生きられると思ってます」

 もともとの友人や、引退後に新たにできた友人たちとともに「クソガキみたいに遊んで過ごす毎日」を送る紳助氏。いまだ囁かれ続ける芸能界復帰説については、「芸能界でやり残したことはありま せん」とはっきり否定する。

「別に、頑なに戻らないと決めているわけじゃないんですよ。今の生活が幸せで、その必要を感じていないだけ。(復帰は)さすがに吉本の社長も諦めたんとちゃいますか。(暴力団との交際について は)一切会っていませんし、連絡も取っていません。今遊んでいる友達は一般人ばかりですし、もしヤクザの影があったら誰も僕に寄り付きませんよ」

 元相方の松本竜介氏、後輩の松本人志、小泉純一郎元首相らとの知られざるエピソードを語ったあと、紳助氏は4時間にわたる直撃インタビューをこう締めくくった。人生あと三十年。生きがいなんて いらない。日々楽しかったら、それだけでいい――。

 島田紳助氏4時間インタビューの全容は、10月26日(木)発売の「週刊文春」11月2日秋の特大号に掲載される。

(「週刊文春」編集部)
参照元:「今の僕は日本一忙しいニート」島田紳助氏が4時間語り尽くした!
文春オンライン 2017年10月25日 16時00分 (2017年12月29日 06時41分 更新)

「筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」三島由紀夫【名言ニュートリション】
2017年5月29日 マッスル

ジム内で守るべき戒律は一つ
「何を目指してるの?」

トレーニングに励む男性であれば、こんな一言を浴びせられたことがあるだろう。今後、そんな問いを受けた際には、この言葉を堂々と朗誦しよう。「筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」と。

この言葉は、名門資産家の令嬢である鏡子の家に集う4人の青年を描く、三島由紀夫1959年の作品、『鏡子の家』(新潮文庫、81ページ)に記される一節である。4人の主人公の1人、自らの痩せた体に劣等感を持つ美貌の無名俳優である収は、ある日一念発起し、大学の先輩である武井に師事する。その初日、武井は喫茶店に収を連れて行き、シャツの下で筋肉をうごめかしながら、凄まじい勢いで「純粋筋肉」なる思想を展開する。

曖昧模糊とした思想を否定し、一般のスポーツを「もはや明日の文明に寄与するようなものは何一つない」(80ページ)と切り捨て、ギリシャ彫刻の理念になぞらえ、運動機能を超えた、筋肉の独立した美的倫理的価値の獲得を訴える。そのためには、「何の役にも立つべきではない訓練が必要であり、筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」と(原文ママ)。

古代ギリシャには、後世に残された彫刻が物語るように、筋肉礼賛の思想があった。労働を忌み嫌い、奴隷を労働に従事させながらも、身体の鍛錬には並みならぬ情熱を注いでいた。現在の「ジム」という単語は、古代ギリシャにおける若者の教育の場であったギュムナシオンに由来するが、この語には「裸で身体を鍛える」といった意味があった。裸での鍛錬には、肉体美の鑑賞目的があったと言われ、また、大半の古代オリンピック競技は、裸で実施されていたと伝えられる。

即ち、美しい筋肉は、称賛の対象であり、羨望の的であったのだ。軍事的必要性が背景にあることも想像に難くないが、鍛錬により究極の肉体美を手にすることは、神に近付くことを意味していた。「筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」!

また、純粋筋肉からは異端だが、筋肉を「手段」として鍛える場合においても、ジムでは「筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」。とりわけ、競技力向上のための手段としてトレーニングを行う場合、競技動作とは切り離すべきである。

例えば、野球選手が、重いものを投げて鍛えようとして、ボールの代わりに砲丸を使ったりすると、フォームが崩れて技術が損なわれ、さらには怪我のリスクが高まる(石井直方、2008、『石井直方の筋肉まるわかり大事典』、ベースボール・マガジン社、234-235ページ)。全身の爆発力を高める、クリーンのなどのオリンピックリフトであっても、重量挙げ選手以外のアスリートにとっては、競技とは切り離された動作であろう。そう、「筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」のだ!

ジムに通う理由は何でもいい。純粋筋肉教徒でも異教徒でも構わない。だが、求める物を手にするために、ジム内で守るべき戒律は一つだ。「筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」のである!

文/木村卓二
参照元:「筋肉は筋肉それ自体を目的として鍛えられねばならない」三島由紀夫【名言ニュートリション】
2017年5月29日 マッスル

芸能界を引退した島田紳助さん 風貌の変化に一般人は話しかけられず?
2017年10月28日 16時56分 トピックニュース

島田紳助さんの現在の様子…一般人が「話しかけられなかった」ほど

2017年10月28日 16時56分 トピックニュース

27日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの島田洋七が、芸能界を引退した島田紳助さんの最近の様子について語った。

番組の「今夜は寝れ9」のコーナーでは、紳助さんの独占インタビューをした週刊文春の誌面を紹介した。

誌面によると現在、紳助さんは肩にかかるほどの長髪に加えて、筋肉トレーニングで身体を引き締めた若々しい風貌だそうだ。同門の兄弟子である洋七は、今でも電話やメールなどで連絡は取り合っているそうで、洋七が沖縄を訪れたときに聞いた紳助さんの情報を披露する。

洋七は、沖縄の飲食店で紳助さんを見かけたという一般人男性から「話しかけられなかった」と明かされたそうだ。紳助さんの長髪の風貌から声をかけられなかったのだろうと推測する洋七だったが、そのあとすぐに紳助さんに電話したそう。

紳助さんは「話しかけたらよかったのに!」と言っていたそうで、さらにその一般人男性によると「ものすごく楽しそうやった」と、その様子を明かしていたらしい。

紳助さんは、男友達5、6人で食事を楽しんでいたそうで、洋七は「友達作るのものすごくうまいからね」と、その人柄に触れていた。
参照元:芸能界を引退した島田紳助さん 風貌の変化に一般人は話しかけられず?
2017年10月28日 16時56分 トピックニュース

“大成功”報道だった長渕剛の富士ライブ、実際は……倒れた観客に「退場はシャトルバスのみです」
日刊サイゾー 2015年8月26日 09時00分 (2015年8月28日 00時00分 更新)

「主催者発表だから『10万人』と書くしかないよな」

「さすがに、ここで『3万人』が熱狂とか書けないでしょ」

 記者が公式発表そのままに「観衆10万人」と報じた長渕剛の富士山麓「10万人オールナイト・ライヴ」は、スポーツ紙が横並びで「伝説」「大成功」と絶賛のオンパレードだった。

 だが、実のところ長渕の熱意こそ伝わったものの、イベントとして成功とは言い難いトラブルだらけのものだったのだ。

 通算9時間、ヘリコプターで登場した58歳のシンガーが何度か男泣きしながら44曲を歌いこなし「俺らはホンマもんの太陽が見たいんじゃー!」と叫んで富士山の裾野からの太陽を迎えたこと、そのスケール感は確かにファンを感動させていた。

 ただ、これをイベント運営として冷静に評価すれば、スポーツ紙が書いているような「大成功」といえるのかは、はなはだ疑問だ。

 1月末に売り出された先行発売チケットは1万5,000円と高額だが、さらに交通手段ごとに設定された「JTB旅行商品の購入」がないと入場できない“抱き合わせ商法”があった。これはシャトルバスの乗車券購入を条件とするもので、バス代とのセットで売られたチケット代は、出発駅によってバラつきがあるものの、1万9,000~2万3,000円。タクシーを含めた一般車両や徒歩での来場は禁止され、ファンからは「これなら4人でタクシーを同乗したほうが安い。独占禁止法違反じゃないのか」というクレームもあった。

そのチケットは全席ブロック指定となっており、1月にその位置が案内される予定だったが、4月が過ぎても案内はなく、5月になると案内の「遅延」が発表された。

 長渕は6月に新曲「富士の国」を発表し、着々とイベントを煽っていたが、地方会場に10万人の集客はさすがに無理があり、当日が近付くとオークションサイトでのチケットの投げ売りが目立ち始めた。

 3枚で121円というタダ同然のものもあり、1枚500円でも売れ残っているものがあった。最終的には「モニター大募集」として「車でご来場いただければ、ライヴ・チケット代と駐車場代、駐車場⇔会場間のバス代は無料とさせていただきます」と無料招待を繰り広げる始末。当然、先に高額チケットを買った人からの「ひどい」という声が集まっていた。

 長時間ライブのため、事前に案内のあったモバイル充電器の会場販売は、なぜか当日になって10日前に起きた「中国天津での爆発事故の影響」を理由に販売中止。ライブそのものも、長渕を乗せたヘリによる風圧で救護用テントが2つ倒壊し、中にいたスタッフ2人が負傷する事故で幕開け。悲鳴が上がる中でライブはそのまま続行されたが、横では救急車が出入りし、静岡県警が業務上過失傷害の可能性もあるとみて捜査に乗り出していた。

 21時に始まった長渕の歌は、「JAPAN」で始まった第1部が約2時間。深夜0時30分からの第2部は「とんぼ」に始まり約1時間30分で幕となったが、途中でゲスト登場したラッパー2人が、安倍晋三首相を名指しで「クソ野郎」と叫ぶ下品な歌詞で、これがファンに大不評。

「帰れ」と、ブーイングが飛んでいたほどだった。

 さらに、その関係者とみられるバックステージパスを首から下げた数十人のB-BOYふうな若者たちが、この時だけ盛り上がって、あとは客の視界を遮るように居座り、スマホをいじったりタバコを吸ったりしていたことに、一部観客が「邪魔だ! 見えない!」と抗議。詰め寄られたスタッフは「パスがある人に、どいてくれとは言えない」と困惑した挙げ句、その場を放棄していなくなってしまった。

 3時ごろになって、「絆」で始まった第3部は7曲と短めで約1時間。45分の休憩をおいて第4部が「明日をくだせえ」に始まり、5時30分ごろに日の出を拝んだ。長渕はその後アンコールで3曲を歌って、6時30分で終演。長渕似のルックスで気合を入れていた熱狂的ファンも、不眠の徹夜ライブにはさすがに疲れ切った様子だったが、実は5時くらいから体力の消耗や、交通渋滞を考えた苦渋の決断で退場する者が続出しており、ライブ中から退路の混雑が始まっていた。

 そして終演後、リストバンドのカナ順に退場させる規制がアナウンスされると、場内は騒然。「ア行」の客は終了直後から退場が許されたが、「カ行」は9時、「サ行」は11時30分、ほかは13時からとなっており、後者になると終了時点から最短でも炎天下の中を6時間半も待つことを覚悟しなければならず、あらかじめ早めに退路に就いた者でもリストバンド順を強いられ、バスに乗せてもらえなかった。

次第に怒号が響き、場内スタッフに猛抗議する者が続出。この押し問答で出口が塞がれ、なお退場は遅れることになり、順序の優遇されているリストバンド「イ」の客でも1時間半~2時間ほど待たされていた。

 ライブ後の場内はゴミの散乱がひどく、一部ファンが声を掛け合って自らゴミ拾いを始めたが、その真横をイベントスタッフたちが手伝いもせず続々と専用バスに乗り込み撤収したことで、「客に仕事させて置いていくな!」と罵声が飛んだ。そんな中、体調不良で倒れる者が相次いだが、到着した救急車はごく少数で、若い女性が顔面蒼白で「40分待っても救急車が来ないので、タクシーを呼んでもいいですか?」とスタッフに懇願。しかし、「シャトルバスのみです」と冷たく断られていた。そのバスの運行もさらなる遅れから、終了後10時間経過しても乗れない人々が列をなした。

 ただでさえアクセスが悪く、バス乗り場まで1キロ以上も歩かなくてはいけない中、帰宅者用に残されていた仮設トイレも16のうち半数が途中で使用不能となる事態があり、こちらも行列に。

 報道では「ソロ歌手の1公演あたりの動員数として史上最多記録を達成した」とあるが、現場では「どう見ても、その半分もいない」とスポーツ紙記者。それでも、そんな本音やこうしたイベントトラブルの真実は伝えなかった。

「長渕は厳しいことを書くと、取材を受けてくれなくなるからね。正直、ライブの出来としては演出が過去の使い回しも多く、歌詞を覚えていないのか真下のモニターを見てばかりだったところはガッカリでしたけど」(同)

 シャトルバスの大群は停車中から会場周辺の道路を占拠していたため、これを避けて狭い山道を通った一般ドライバーは「枝が車体にぶつかって傷だらけになった」と嘆き、富士付近のゴルフ場ではこの渋滞に巻き込まれて、プレイ開始までにたどり着けない被害もあった。これだけのトラブル続発はある意味“伝説”だが、長渕と同じ髪形にして来場した熱狂的ファン男性に話を聞くと「こんな破天荒なことをやるのは剛だけだ!」と自慢げに答えていた。

(文=藤堂香貴)
参照元:“大成功”報道だった長渕剛の富士ライブ、実際は……倒れた観客に「退場はシャトルバスのみです」
日刊サイゾー 2015年8月26日 09時00分 (2015年8月28日 00時00分 更新)

松本人志は「安倍政権寄り」!?「ワイドナショー」発言に反発急増
2017年7月10日 05:58 Asagei+plus

日曜午前に放送されている「ワイドナショー」(フジテレビ系)にコメンテーターとして出演しているダウンタウンの松本人志。

 これまで20年以上、お笑い界の頂点に君臨し、映画監督としても活躍する芸能界屈指の大物だが、同番組が深夜帯からスタートした2013年以降、ご意見番としても圧倒的な存在感を放っている。

 出演者の発言がネットニュースで取り上げられることの多い同番組。放送後、松本の発したコメントについてSNS上で感想が飛び交っているが、昨今、その傾向に異変が生じてきているという。

「このところ、ツイッター上で松本さんの発言に対して違和感を表明する人が目に見えて増えているんですよ」と語るのは芸能ライター。いったい、松本のどのような発言が反発を受けているのか──。

「共謀罪や森友学園問題、豊田真由子衆院議員の暴言騒動といった政治がらみの発言ですね。主に“リベラル寄り”の考えを持つ人たちが、松本さんの『共謀罪はあっていいんじゃない』といったコメントを『安倍政権寄り』として批判しているのです。最近では漫画家の小林よしのりさんら、テレビでおなじみの文化人も松本さんの発言をネット上で批判するようになりました。これまでは見られなかった傾向です」(前出・芸能ライター)

 あらゆる発言が注目を集める松本人志。反発を受けるのは、それだけタレントとして“攻めている”からには違いないのだが…。

(白川健一)
参照元:松本人志は「安倍政権寄り」!?「ワイドナショー」発言に反発急増
2017年7月10日 05:58 Asagei+plus

本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.52
ビートたけしも激怒する”裸の王様”島田紳助の芸能界タブー化現象
2010.02.08 日刊サイゾー

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 みのもんたに代わって、いまや”テレビ界の新帝王”と呼ばれている島田紳助。司会だけではなく、自らの番組を通じて”おバカタレント”を輩出したり、一発屋芸人を再生したりと、プロデューサーとしての手腕も評価されている。最近では、”悪妻”を持つタレントをブレイクさせるなど、その企画力には脱帽する。

 これだけテレビ界、芸能界への貢献度が大きければ、「天狗になるな」というほうが難しいかもしれない。だが、やはり、紳助のプライベートにおける傲慢さは感心しない。

 筆者が20年来、家族ぐるみで付き合っている銀座のクラブママがいる。つい先日、彼女が女性友達と、紳助が経営する西麻布の寿司屋「寿司 はせがわ」に行ったそうだ。彼女が高いシャンパンを頼んで飲みながら談笑していたところ、オーナーの紳助は、関係者数人とカウンターの端で飲んでいたという。

 そのとき、紳助は何が気に食わなかったのか、いきなり2人にガンを飛ばしてきたという。ママは気分が悪いんで、カウンターの向こうにいる従業員に「何よ、あの態度」と注意を促すと、従業員は謝るばかり。それでも、ガンを飛ばし続ける紳助に切れて、「不愉快だわ」と勘定を払って店を出たという。その際、従業員は平謝りで「お勘定はいりません」と言ったという。従業員も、悪いとわかっていながら、紳助に対しては何もできないのだろう。それにしても、店の経営者が、お客が気に食わないと不良まがいにガンと飛ばすとは。それも、女性相手に。とんでもない話だ。

 昨年10月、紳助が司会を務めるTBS恒例の『オールスター感謝祭』で、若手お笑いトリオの「東京03」が本番前に挨拶に来なかったことや番組中のやる気なさげな態度に紳助が腹を立てて、収録中に東京03のメンバーの胸ぐらを掴んで「お前らなめてんのか。潰してやる!」と、暴行寸前の事件を起こしたことが問題になった。

 吉本は、芸人の上下関係が厳しい事務所。東京03は、別の事務所ということもあり、そのあたりのシビアさを甘く見ていたのかもしれない。紳助の取った態度は誉められるものではないが、初共演の上に事前の挨拶なしでは、番組内でもうまく絡めず、お互いにとってマイナスである。紳助の怒りにはそれなりの根拠があり、東京03も非を認め、謝罪していたこともあって、当時は筆者なりに納得していた。

 ところが、昨年末、ビートたけしとこの事件の件を話すことがあった。たけしが、事件現場にいた関係者から聞いた話によると、「紳助は胸ぐらを掴んだだけではなく、実は殴っていた」というのだ。これには、たけしも「紳助は、何を思い上がってんだ」と呆れ、「周りには、紳助の先輩のタレントや役者が何人もいたのに。なんで止めなかったんだ」と激怒していた。現場にいた関係者の中には「殴っていなかった」と証言していた者もいたが、それは紳助を気遣ってのことなのか、見ようによっては殴っていたとのそしりを逃れないほどの際どい暴力行為だったのか、真相は分からない。いずれにせよ、紳助に、社会人としての最低限の自制心が働かなかったのは間違いないだろう。

 それでも、東京03は紳助に何度も詫びて、許しを乞うしかなかった。周囲は、紳助の行動を指をくわえて見ているしかなかった。今回の寿司屋の件では、店のオーナーである紳助の非礼を、従業員は詫びるしかなかった。もはや紳助は、テレビ界、芸能界において一大権力であり、タブーとなってしまったのか。

 最近になって、アンタッチャブルの柴田英嗣が無期限休業を発表。理由が不明瞭なことから、2ちゃんねるでは、東京03事件が関係しているという無責任な情報が飛び交っている。東京03と同じ事務所の柴田が、紳助に食ってかかり、トラブルに発展したというのだ。にわかには信じられないが、これも、紳助やその周囲が、東京03事件の真相を明らかにしなかったために巻き起こった騒動と言えるかもしれない。

 今の紳助に、日常の姿勢や態度について注意や進言できる関係者は、吉本のスタッフを含めていないと思う。それだけに、自ら律して、プライベートでも、タレントやスタッフに接するときの思いやりを忘れてはならない。紳助は04年に、当時吉本に所属していた女性マネジャーに暴行、大事件に発展した。そのときに涙を流して、反省した気持ちを忘れないでほしい。周りからヨイショされて、”裸の王様”になっていることに早く気づくべきだ。権力者がつくり出す笑いを見ても、みんなは苦笑いしかできないことに。

(文=本多圭)
参照元:本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.52
ビートたけしも激怒する”裸の王様”島田紳助の芸能界タブー化現象
2010.02.08 日刊サイゾー






スポンサーリンク


スポンサーリンク

松本人志の最近の動向について - 松本人志 なう-



ダウンタウンの松本人志の最近の動向について芸能ニュースが以下のように伝えている。


松本人志「ワイドナショー」の早期終了をお笑い関係者が望む「切実な理由」
2018年3月4日 09:59 Asagei+plus

日曜午前の時間帯で放送されているフジテレビ系「ワイドナショー」。松本人志ら出演者が社会問題について真剣に語る同番組。2013年に深夜帯でスタートして以降、新たな「芸能界のご意見番」として松本の発言に注目が集まっている。放送中にも番組内での発言がネットニュースに掲載されるほどの人気番組となったが、業界内の受け止められ方は様々なようだ。

「毎回、松本さんのコメントのキレが素晴らしく、『もっと早く始まっていてくれたら』と思うぐらい魅力的な番組ですよ」と語るのは放送作家だ。

「昨年の春頃には“視聴率低迷”も囁かれていましたが、最近では盛り返しているようです。ビートたけしさんにおける『TVタックル』(テレビ朝日系)のような長寿番組になってほしいですね」

 一方で「松本さんの今後の活動を考えると、そろそろやめ時ではないでしょうか」と指摘するのはお笑い関係者である。続けて言う。

「先日の放送で『ネットカフェ難民』の問題を取り上げた際、ネットカフェで寝泊まりする人たちについて『おれは若干、イライラしてきてる』『ちゃんと働いてほしい』と松本さんが発言し、ネット上でも賛否が別れましたが、こうした発言のたび、松本さんが芸人として不利になっていると思えて仕方ありません」

 芸人として松本が不利になる理由とは──。

「意見に同調しない人達が、松本さんのギャグセンスに関してまでSNS上で批判的なコメントを書き連ねていて、時事問題の賛否から『松本はおもしろくない』の声まで広がっているんです。頂点に立つ松本さんがボロクソに言われるのは、お笑い界全体にとっても痛恨です」(前出・お笑い関係者)

 時事問題を語ることで“アンチ急増”に直面しているのであった。

(白川健一)


私は以前、松本人志を獅子座ラグナに修正して、その後もウォッチしてきたが、ラーフは11室(高い地位、評価)に在住している為、芸能界の大御所的な立場に立ったのである。




ラーフは11室に在住し、11室の支配星のように振る舞うからである。

ラーフは水星の星座で強くなり、またウパチャヤの凶星でもあることから悪くはない配置である。

然し、11室を若干傷つけていることは間違いない。


従って、マハダシャーラーフ期になってから、松本人志はすんなりと高い評価を得られていない。

映画監督として、いくつか作品を手がけたが、低評価で、興行収入も低かったりと、苦戦している。

然し、芸能界においてそれなりの存在感を示しているのは間違いないのである。

それはラーフが11室で強いためである。


またこれは以前の記事でも述べたことだが、ラーフ期にはラーフのディスポジターの惑星が形成する配置の象意が顕現する。

ラーフのディスポジターの水星は2、11室支配で2室(スピーチ)で高揚している。


乙女座は品質管理に強い星座であり、水星は正確で繊細で批判的な評論であり、あまり愉快なスピーチではない。

その為、松本人志は、芸能界で高い地位についたにも関わらず、ラーフ期に入ってから「面白くない」という酷評を受け続けている。


記事によれば、松本人志のギャグセンスに関してまでSNS上で批判的なコメントを書き連ねられているという。


時事問題の賛否から『松本はおもしろくない』の声が広がっているという。


松本人志の2013年から始まった新番組『ワイドナショー』は、彼を芸能界のご意見番の立場を与え、また当初は視聴率が低迷していたものの最近では視聴率を上げて来ているようである。


ワイドナショーでの発言がネットのニュースに写真入りで掲載されることも多くなっている。


ワイドナショーに一国の首相をゲストとして呼べるというのは、まさに11室の象意そのものである。






このように松本人志は、コメンテーター、評論家として新境地を開いたと言える。


おそらく現在、ラーフ/金星期で、金星は3、10室支配でラグナに在住して、ラグナロードでラグナに在住する太陽とコンジャンクションしている。


現在、松本人志が、ラーフ/金星期で正しければ、低迷していた視聴率が伸び、ネットなどへの露出も増えているのは、その為である。



但し、依然として、松本人志への低評価、酷評は、SNS上でとどまる様子が見られない。



ネットカフェで寝泊まりする人たちについて『おれは若干、イライラしてきてる』『ちゃんと働いてほしい』とワイドなショーで発言したらしいが、当たり前すぎる正論であり、こうした真面目過ぎて面白くない発言に対して、酷評が続いているようである。



ラーフのディスポジターである水星は、月から見ると3、6室支配で6室に在住しており、それで、人々から批判を受けているのである。



それが、松本人志のマハダシャーラーフ期の経験なのである。



マハダシャーのラーフを検討して、その長所や短所、強さ、弱さといったジョーティッシュの基礎知識が見事に当てはまっている実例である。


人の長所、短所といったポテンシャルが、ジョーティッシュによって白日の下に晒されてしまうのである。



今回の記事からこの松本人志のマハダシャーラーフ期の経験が改めて確認できる。




因みに松本人志は、最近、筋トレによってムキムキの肉体になっているようである。






これもやはり11室に在住するラーフ期がもたらしたものだと考えられる。



肉体に筋肉を付けたいという欲求は、他者からの評価を過剰に求める欲求や蓄財する欲求と同じである。



一つのナルシズムの表現であり、肉体美を誇って注目を浴びたい(他者からの評価を得たい)のである。



そして、やはり、松本人志が、髪を金髪に染めたのは、ラーフ期に入ってからである。



とにかく、世間から注目を浴びたいのである。



自分は特別な存在だというナルシズムの表れである。



あるいは、獅子座ラグナで、ラグナロードの太陽が自室のプールヴァパールグニーにおいて、ムーラトリコーナの座で強いことも関係しているかもしれない。



とにかく自己顕示欲が強い配置である。



然し、マハダシャーラーフ期に入ったことで、それが他人からの評価を求める過剰な欲求との相乗効果で、そうした自己顕示欲がかなり強く出ていると考えられる。



筋肉ということで言えば、三島由紀夫も常に奇抜な新しいアイデアで世間を驚かせ、自らがスターのように世間の注目を浴び、評価を受けていなければ気が済まない性格であった。








三島由紀夫も筋トレによって肉体美を追求したが、松本人志が筋トレに夢中になっているというのは、それに近いものがあると考えられる。



マハダシャーラーフ期は、筋肉にしても贅肉にしても無駄なものを溜めこむのが特徴である。



例えば、マハダシャーラーフ期に太っていた人が、マハダシャー木星期にスリムになって贅肉を落すというケースも多い。



例えば、韓国でモムチャンダイエットで知られるチョン・ダヨンは、牡羊座でラーフと月がコンジャンクションし、土星からアスペクトされて傷ついているが、木星は蟹座で高揚している。



ラーフ期に激太りやうつに悩まされていたが、おそらくマハダシャー木星期になってダイエットに成功している。



心の健康を取り戻すと共にダイエットに成功している。



つまり、心の反映が肉体である。



人のその時点での思想や考え方が肉体にも反映される。



松本人志の場合、それが全く逆なのであって、自ら筋トレに励み、筋肉を付けているということである。



それは今、マハダシャーラーフ期であり、11室に在住するラーフの特徴として過剰に名声や評価を求めていることを表している。



11室は貪りのハウスであり、筋肉でも贅肉でもせっせと肉体に溜めこんでいることを表している。



それが肉体にも反映しているということである。




このような11室のテーマについて取り上げることになったのは、最近、私自身、11室の影響を身近に感じることが多くなっていることと関係しているかもしれない。



木星と土星が水瓶座や双子座にダブルトランジットしているが、私の出生図の11室や11室の支配星にダブルトランジットしている為、非常に資格や称号が欲しいという欲求が噴き出しているのである。



実際、そのような欲求に支配されているのを感じている。



従って、11室の効果や働きというものを最近、痛感している。



11室の在住星や支配星のダシャーであったり、また11室にダブルトランジットなどが形成されている人は、資格の取得や肩書きの取得に熱中する。



その影響下に入って感じることは、それは非常に強力なエゴイズムであり、貪りの自己中心的な欲求である。



霊性の観点からすると11室は全く悟りを損失するハウスである。



富や名声、評価、権力を求めている人、また実際にそれを掴んでいる人は、霊的な悟りには至れない。



悟っている人は、こうした影響によって条件づけられていない。






(参考資料)



松本人志、ワイドナショーで発言カットに疑問
2018年3月5日8時50分 日刊スポーツ

ダウンタウンの松本人志(54)が、テレビ番組での一部発言がカットされていたことを明かし、疑問を投げかけた。

 松本は4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)メダリストを取り巻く報道に言及。過剰に取り上げるメディアに不快感をあらわにし、「僕が言うのは本当におかしいですけど、(アスリートは)バラエティーなんか 出なくていいですよ。やっぱりああいう人たちは競技をしているときが1番輝いていて、あんまり見たくないんですよ、私生活とか裏のゴタゴタとか」と私見を述べていた。

 松本は放送後、ツイッターを更新。「メダリスト達はバラエティ番組なんて出なくて良いんですよ。の後 ジャンクスポーツなんて一番出たらダメですね(笑)をなぜカット?」と、相方の浜田雅功がMCを務める同局の番組に関する発言をカットされたことを明 かした。ファンからは「変な忖度でカットしてたらスタッフはアホ。オモロイし逆に番宣にもなるのに」「だからフジテレビはあかんねん オチを消しおって」「1番大事なとこカットするとか素人か」などといったコメントが多数寄せられている。
参照元:松本人志、ワイドナショーで発言カットに疑問
2018年3月5日8時50分 日刊スポーツ

松本人志は「安倍政権寄り」!?「ワイドナショー」発言に反発急増
2017年7月10日 05:58 Asagei+plus

日曜午前に放送されている「ワイドナショー」(フジテレビ系)にコメンテーターとして出演しているダウンタウンの松本人志。

 これまで20年以上、お笑い界の頂点に君臨し、映画監督としても活躍する芸能界屈指の大物だが、同番組が深夜帯からスタートした2013年以降、ご意見番としても圧倒的な存在感を放っている。

 出演者の発言がネットニュースで取り上げられることの多い同番組。放送後、松本の発したコメントについてSNS上で感想が飛び交っているが、昨今、その傾向に異変が生じてきているという。

「このところ、ツイッター上で松本さんの発言に対して違和感を表明する人が目に見えて増えているんですよ」と語るのは芸能ライター。いったい、松本のどのような発言が反発を受けているのか──。

「共謀罪や森友学園問題、豊田真由子衆院議員の暴言騒動といった政治がらみの発言ですね。主に“リベラル寄り”の考えを持つ人たちが、松本さんの『共謀罪はあっていいんじゃない』といったコメントを『安倍政権寄り』として批判しているのです。最近では漫 画家の小林よしのりさんら、テレビでおなじみの文化人も松本さんの発言をネット上で批判するようになりました。これまでは見られなかった傾向です」(前出・芸能ライター)

 あらゆる発言が注目を集める松本人志。反発を受けるのは、それだけタレントとして“攻めている”からには違いないのだが…。

(白川健一)
参照元:松本人志は「安倍政権寄り」!?「ワイドナショー」発言に反発急増
2017年7月10日 05:58 Asagei+plus

松本人志とフジが大喧嘩?「ワイドナショー」打ち切り危機で蘇る黒歴史
2017年9月5日 17:59 Asagei+plus

8月28日発売の「週刊現代」が、バラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)の打ち切りの可能性を報じた。記事によると、出演者のダウンタウン・松本人志と、フジテレビ上層部の間に確執があるという。

「8月20日の同番組にて松本は、上原多香子の不貞騒動について、13日放送分でコメントしたにもかかわらず、オンエアではすべてカットされていたと激怒。さらに『そういうの嫌やからと。触れようやと。触れないと恥ずかしいで』『そこは貫かないと絶対損だし 、この番組にとっても良くないし、フジテレビにとっても良くないと思う』と局の体制も痛烈に批判しました。しかしこの発言が、フジ上層部から『いったい、何様なんだ』と怒りを買っており、番組が打ち切りになっても不思議ではない状況だというのです」(テ レビ誌記者)

 20日の放送では松本の怒りにプロデューサーが謝罪したことで、コメントのオンエアが実現。しかし番組スタッフは局側と松本の板挟み状態となり、苦しんでいるという。

 そんなフジ上層部と松本の衝突は、今回が初めてではない。

「松本は過去にも、冠番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)が、事前連絡もなく野球中継へ切り替えられたことに激怒。その後、フジとの溝は埋まらず、翌月の97年11月には改編期でもないのに突然、番組が打ち切られました。その松本は最近、 『ワイドナショー』が“フェイクニュース”を放送するというミスを犯した際、降板をほのめかす発言をしていますから、今後、何か問題が起きれば、あっさりと放送は終了する可能性があるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 早ければ10月の打ち切りが囁かれている「ワイドナショー」。同番組も「ごっつええ感じ」の二の舞となってしまうのだろうか。
参照元:松本人志とフジが大喧嘩?「ワイドナショー」打ち切り危機で蘇る黒歴史
2017年9月5日 17:59 Asagei+plus









スポンサーリンク


スポンサーリンク

辺見えみり離婚について-格差婚がもたらす結婚生活の困難-



先日、辺見えみりが離婚したとニュースが報じていた。


辺見えみり、2度目の離婚生報告「前向きな決断をさせていただきました」
2018.2.27 10:39 サンスポ

夫で俳優、松田賢二(46)との離婚を発表、バツ2のシングルマザーとなった女優、辺見えみり(41)が27日、レギュラーを務める日本テレビ系情報バラエティー「PON!」(月~木曜前10・25)に生出演。 25日に公式ブログで2度目の離婚を報告して以来、初めての公の場となり、「すいません。お騒がせしました。前向きな決断をさせていただきました」と吹っ切れた笑顔で語った。

 辺見は2006年にタレント、木村祐一(55)と結婚し08年に離婚。テレビ朝日系「仮面ライダー響鬼(ヒビキ)」などで活躍した松田と11年3月に再婚し長女(4)が誕生しており、結婚7周年を目前にした離婚となった。

 辺見は25日のブログで「先日届け出をすませました」とつづり、何度も話し合った結果「別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」と説明。離婚原因や慰謝料の有無、長女の親権や養育費には触れず「ふたりで協力し合いながら子育てしていきたい」としていた。

 一方の松田も同じく25日のブログで「お互い前へ進む為の選択」と離婚を報告。「えみりさんには感謝しています。結婚してよかった。娘は宝物。これまでの思い出も宝物です。父として母として共に、これまで以上に娘を大切にしていきます」と胸中を明かしていた。

 辺見の所属事務所は離婚原因について、夫婦間のすれ違いが原因としている。


辺見えみりは、2006年1月9日にお笑いタレント・木村祐一と結婚したが、2年後の2008年4月25日に離婚している。


離婚した当時の状況は、木村祐一が家に帰って来なくなり、辺見えみりはそのまま木村祐一と生活を送っていたマンションに住み続けていたという状況だったことを当時の週刊誌やワイドショーの報道から記憶している。


つまり、木村祐一の方が、家から飛び出して帰って来なくなり、そのまま離婚になってしまったという状況である。


辺見えみりは、木村祐一が戻って来ることを期待しつつ、未練を抱えながら、そのままマンションに住み続けたという状況ではなかったかと思われる。



その後、2011年3月8日に俳優の松田賢二と再婚し、2013年1月8日に第一子が誕生したが、今回2018年2月25日に俳優・松田賢二との離婚を発表している。


所属事務所は、夫婦間のすれ違いが原因としたようだが、こうした報道を知って気になるのは、辺見えみりの恋愛、結婚、結婚生活のパターンが、どのような惑星配置からもたらされたものかということである。



辺見えみりの出生時間は分からない為、いつものごとく私は、辺見えみりのラグナがどこであれば、この恋愛、結婚、結婚生活のパターンが生じるかを考えていた。



2回の結婚と離婚のタイミングと、子供の出産のタイミング、そして、人物像やエピソードから検討して、おそらく辺見えみりは、蠍座ラグナで、ナクシャトラはアヌラーダではないかと思われる。








2回の結婚とも同じ芸能界の人と結婚しているが、知り合うきっかけも番組やドラマを共演するなど芸能活動を共にしたことがきっかけである。


木村祐一とは、『ダウンタウンDX』での共演をきっかけとし、松田賢二とは、舞台『罠』の共演がきっかけである。


7室支配の金星が3室(芸能)に在住する配置は、パートナーが芸能界で活動する人であることを表す配置であり、このパートナーと芸能活動を共にしたことを表す配置である。




最初の結婚



蠍座ラグナに設定すると、木村祐一と結婚した2006年1月9日は、木星が天秤座、土星は蟹座で逆行しており、月から見た7室の支配星にダブルトランジットしていた。






ラーフ/ケートゥ軸は月から見た1-7軸である。



この時、ダシャーは木星/木星期であり、木星は月から見た7室の支配星であり、ナヴァムシャでも同様である。



因みに蠍座ラグナに設定すると、ナヴァムシャにおいて、ラグナの取り得る範囲は、蟹座~魚座である。



この木星/木星期に結婚していることから、ナヴァムシャのラグナは木星が7室の支配星になる乙女座、そして、ラグナロードとなる射手座、あるいは魚座などが有力な候補として考えられる。




離婚


その後、木村祐一とは2008年4月25日に離婚しているが、この時は木星/土星期に移行している。



土星はラグナから見た7室支配の金星にアスペクトし、また月から見た6室の支配星で11室に在住し、月から見た7室支配の木星にもアスペクトしている。



もしナヴァムシャのラグナが乙女座であれば土星はナヴァムシャでも6室の支配星である。






トランジットは木星が射手座、土星が獅子座で逆行し、6室にダブルトランジットしている。



然し、6室には月から見た7室支配の木星も在住しており、これは結婚した時も月から見た7室支配で8室に在住する木星にアスペクトしていた。






従って、木村祐一とは結婚した時と離婚した時のダブルトランジットが同じ牡羊座に形成されていた。



これは何を意味するかと言えば、木村祐一との結婚は最初から不安定であり、月から見た7室支配の木星が8室に在住している所を見ると、木村祐一に頼り依存していくような要素があったと考えられる。


然し、出生図では8室に在住する木星はラーフ/ケートゥ軸によって傷つけられ、逆行の土星からアスペクトされている為、激しく傷ついている。



従って、木村祐一からは必要なサポートを得られなかったことを表している。



つまり、それは木村祐一が、家にほとんど帰ってこないなどの振る舞いとして現れた。



以下のニュース記事から何故、木村祐一が家に帰らないかの詳細が伺われるのである。



キム兄も愚痴ったカネ遣い…辺見えみり“バツ2”の真相は?
2018年2月27日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

タレントの辺見えみり(41)が25日、女性誌の離婚報道を受ける格好で、夫で俳優の松田賢二(46)との離婚を自身のブログで報告。〈良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみましたが、別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました〉などと明かし、7年間の結婚生活に終止符を打った。

 ブログでは、4歳になる一人娘について〈ふたりで協力し合いながら子育てしていきたい〉と記すにとどまり、親権の行方など詳しい事情は明かされていない。しかし、舞台を中心に活動している元夫の稼ぎを考えたら、「タレントとしても“格上”で、安定した収入のある辺見の方が引き取って育てることになるでしょう」(芸能リポーター)。

 離婚の原因や慰謝料の有無についても不明。まあ、夫婦や家庭のことだけに当事者にしか分からないことも多いのだろうが、顔と名前を商売にするタレント夫婦である。しかも辺見は、キム兄ことお笑いタレントの木村祐一(55)との離婚暦がある。相当の覚悟をした上で「バツ2」の道を選択したと推測するが、「自業自得ではないか」といった声も漏れ聞こえてくる。

 さる芸能関係者の話。

「えみりちゃんは筋金入りのブランド好きで、洋服や靴、小物、ジュエリーなどことファッションに関してはカネに糸目をつけず、欲しいものは何でも手に入れる主義。最近では食器などにもこだわっているようです。もちろん、ファッションブランドのコンセプターを務めていることもあってビジネスの範疇かもしれませんが、それにしたって収入と支出のバランスってものがある。最初の旦那だったキム兄は貯金も使い果たされたとかで、“カネ遣いの荒い女はもうコリゴリ”などと周囲に愚痴ってたそうですよ」

 しかしながら、辺見自身の稼ぎも芸能活動以外のブランドのコンセプターの報酬としては「契約形態やブランドとの関わり方にもよりますが、年間売り上げの数%をマージンとして受け取る契約だとしても、せいぜい年間数百万円程度でしょう」(ファッション誌ライター)。

 昨年12月に実兄が社長を務める辺見プロモーションから大手の「太田プロダクション」に移籍し、芸能活動に意欲を見せていた辺見。離婚で心機一転、自分のカネは自分で稼ぐつもりのようだ。



上記の記事によれば、辺見えみりは、ブランド好きで、浪費家で、何でも欲しいものは手に入れるのだという。



それで木村祐一は自分を財布のように使われるのが嫌で逃げ出したのである。






辺見えみりの出生図に戻るが、8室支配の水星が2室に在住し、10室支配の太陽とコンジャンクションしている。



2室は起業のハウスであり、実際、辺見えみりは、自身がプロデュースする店からの売上や、ブログやファッション関係の権利収入もあるようである。



おそらくそれらの収入は毎月、定期的に入ってくるような権利収入の形を取っていると考えられる。



これは8室支配(不労所得)の水星が同時に11室(収入)も支配しているため、元々8、11室支配の水星は権利収入の表示体であるとも言えるのである。



その8、11室支配の水星が2室に在住して、2-11のダナヨーガを形成し、8室の自室にアスペクトバックしている。



8室は契約相手のお金(7室からの2室目)を表しており、その8室の支配星が2室に在住する配置は、契約相手のお金を自分のお金(財産)にする配置である。



これはビジネスパートナーにおいて言えることだが、私生活上のパートナーに関しても言うことができる。



その為、これはパートナーのお金を自分のお金にしてしまう配置である。



木村祐一の財産(貯金)[すなわちパートナーのお金]を自分の財産、所有物(2室)にしてしまうという配置なのである。



従って、上記のニュース記事に「キム兄は貯金も使い果たされたとかで、“カネ遣いの荒い女はもうコリゴリ”などと周囲に愚痴ってた」と記されているように木村祐一の貯金が、どんどん洋服や靴、小物、ジュエリーなどの高級ブランド品に化けて、辺見えみりの所有物と化してしまうのである。



辺見えみりは、自分でも権利収入を稼げるにも関わらず、むしろ夫よりも収入が多いぐらいであったにも関わらず、所有欲が強く豪快に欲しいものは何でも買い、足りない分は、パートナーの貯金を使ってでも購入するという生活を送っていたのではないかと思うのである。



それに耐えられなくなった木村祐一は、逃げ出したというわけである。








つまり、辺見えみりは、入ってくるお金も出ていくお金も多く、資本主義経済的に言えば、器が大きい訳である。



それに付き合わされる男性たちは、自分よりも器が大きく稼ぎの多い女性にぶら下がられる形になり、非常に辛い思いをするわけである。



例えば、エンゲル係数という言葉があるが、木村祐一にとっては、安い居酒屋で何か月も飲んだり食べたりできるようなお金が、辺見えみりと付き合うとたった数日の食事や買い物で消えてしまう訳である。



そのように生活レベルの違う者同士が一緒に生活することは、非常に辛い状況をもたらすことになる。



特に収入の少ないパートナーの側に辛い状況をもたらすことになり、節約という言葉も知らないような女性に節約で蓄えたお金を使われてしまうとしたら、一緒に生活できないということになるしかないのである。



あえて言えば、辺見えみりは、パートナーの貯金や収入を吸い尽くすブラックホールであり、パートナーを金を貢ぐ道具のようにする女性であると言える。




おそらく再婚した松田賢二との関係においても同じ原因で離婚に至ったと考えられる。



以下の記事からそれを読み取ることができる。



離婚発表の辺見えみり ママ友飲み会で漏らしていた夫への愚痴
2018年2月27日 0時0分 女性自身

「昨年11月の“いい夫婦の日”には、仲睦まじい家族写真が彼女のインスタグラムに掲載されていたんですが……。そこから急転直下、別々の人生を歩んでいくことで、2人の気持ちが固まったようです」(2人の知人)

2月25日、俳優・松田賢二(46)との離婚を発表した辺見えみり(41)。

辺見は、11年に“仮面ライダー”俳優の松田と結婚。2年後には、第1子となる女児(4)に恵まれた。

昨年末には辺見が親族の経営する『辺見プロ』を離れ、大手芸能事務所に移籍することが発表された。公私ともに順調と思われていたのだが――。

決定打になったのは、すれ違いだったといわれている。だがそれは、意外なことに“酒”をめぐるものだったという。

「松田さんはお酒がまったくダメな口。でも辺見さんはお酒が大好きで、『酔っぱらって帰ってきても何も言わない』というのが結婚の条件のひとつだったんです。出産後は、母乳で育てていたこともあって、辺見さんはお酒をひかえていましたが、育児がひと段落したことで、最近お酒を解禁しました。まったく飲めない夫に、“仕事は飲みの席で取ってくるんだよ!”と怒ったことも一度や二度じゃなく、ママ友との飲み会でも、お酒が飲めない松田さんのことを愚痴っていたそうです」(前出の知人)

来たる3月8日は2人の結婚記念日だった。だが、8回目の記念日を迎えることはもうない――。



上記によれば、酒が飲めない松田賢二に『仕事は飲みの席で取ってくるんだよ!』と恫喝したというのである。



つまり、自分の消費生活に付き合うことが出来ない松田賢二に怒りの感情を吐露したようである。



酒が飲める飲めないだけの問題ではなく、辺見えみりの贅沢で快楽主義的な消費生活に付き合うだけの財力もないし、生活習慣も持っていないということである。



松田賢二は売れない役者であり、ネット上の情報によれば、年収400万円弱であり、辺見えみりの収入は、テレビの出演料やファッションやブログなどの権利収入、自らプロデュースした店舗の事業収入などから、年収3000万円も稼いでいるそうである。



しかし、だからと言って、一緒に飲んだり生活するお金を辺見えみりに出してもらうわけにはいかないし、むしろ男性としてはお金を出すべきであるというプレッシャーにも晒されることになる。



それで、一緒に共同生活する家庭内で生活レベルに差が生じてしまうわけである。




しかし、辺見えみりのチャートからも推測されるが、そうしたパートナーを辺見えみりは許せないわけである。



自分よりも器の小さいパートナーに対して、自分よりも器が大きく振る舞うことを要求し、(つまりそれはお金を出すことを要求し)、割り勘などということを許さないのである。



彼女のように経済的な器がパートナーを超えてしまった場合、最低限割り勘にしないとパートナーはもたないが、8室の支配星が2室に在住している配置だと、そうしたことが客観的に分からないのではないかと思われる。


それで自分よりも器の小さい貧しいパートナーが、リッチでゴージャスな脂ぎった辺見えみりに必死で貢ぐという悲しい光景が繰り広げられる。



それで最終的にパートナーを潰してしまうのである。








辺見えみりの出生図を見ると、パートナーの7室をラグナとすると、11室(収入)支配の木星が12室(出費)に在住している。



従って、辺見えみりのパートナーは収入を出費する(損失する)という配置になっている。



一方で、辺見えみりは6室にケートゥと木星が在住しているが、パートナーを粉砕する程、強くもあり、またパートナーに献身的に尽くす面も持っていると解釈できる。



辺見えみりと結婚することによる見返りはあるわけだが、その代わりお金が出て行ってしまう。



そうしたパートナー関係が、辺見えみりのチャートだけからでも推測することができる。




再婚



因みに辺見えみりが松田賢二と再婚したのは、2011年3月8日で、木星/水星期である。



もしナヴァムシャのラグナが乙女座で正しければ、水星はラグナロードでラグナに在住しており、木星は7室の支配星である。






従って、このタイミングで結婚したことが納得できる。



ナヴァムシャのラグナを射手座と考えて、7室支配の水星が10室に在住していると考えることもできるが、射手座ラグナだと辺見えみりの人物像と一致しない。



例えば芸能の3室に火星が絡んでいるだけでは芸能活動をしているようには見えない配置である。



乙女座ラグナであれば、2、9室支配の金星が3室(芸能)にアスペクトする配置となる。



また辺見えみりの社交的な性格、酒場での社交に適した性格などからラグナのナクシャトラはアヌラーダではないかと考えられる。



そうすると、ナヴァムシャのラグナの取り得る範囲は、蟹座~蠍座であり、乙女座ラグナである可能性は高いと言える。








この時、木星は魚座5室をトランジットし、土星は乙女座11室をトランジットして、ラグナとラグナロード(7室から見た7室と7室の支配星)にダブルトランジットしていた。



またラーフ/ケートゥ軸も月から見た1-7室の軸をトランジットしていた。



従って、結婚のタイミングであったことを表している。





子供の誕生



2013年6月8日に第一子が誕生しているが、この時は、木星/金星期である。



サプタムシャを見ると木星は9室の支配星で、金星は9室の支配星、5室の支配星と絡んでいる。





離婚


そして、2018年2月25日に辺見えみりは、ブログを通じて松田賢二との離婚を発表しているが、この時は木星/火星期である。


木星は出生図の6室(離婚)に在住し、火星は6室(離婚)の支配星である。


もしナヴァムシャのラグナが乙女座であれば、アンタルダシャーの火星は3、8室支配で6室(離婚)に在住している。



トランジットの土星は2室射手座を通過しており、木星は12室天秤座を通過しており、水瓶座4室と双子座8室にダブルトランジットしている。



8室はパートナー関係が変化し、こじれる配置であり、腐れ縁を示す配置である。



辺見えみりと松田賢二は離婚を発表したが、2人で子育てをしていくことも示唆しており、離婚して完全に関係がなくなるという訳ではなく、関係が変化して腐れ縁が続いていくことを表しているのである。



そうした場合には8室が強調されることになり、関係は変化したが、パートナーのサポート(8室)は必要としていることを表している。



このタイミングで、トランジットの土星は8室支配の水星にコンジャンクションしており、8室にもアスペクトしていることが確認できる。



つまり、結婚生活が難しくなったことを示しており、パートナーからの援助が期待できなくなったことも意味している。



まだ木星は8室にアスペクトして、8室にダブルトランジットが生じているが、今年2018年10月頃には木星が蠍座に移動するため、そうすると、土星だけが8室の支配星にコンジャンクションし、8室にアスペクトする形になる。



この土星だけの8室へのトランジットというものは、パートナーに経済的援助やサポートに頼れない状況を表しており、そうした状況が今から9か月後に生じることを表している。




ナヴァムシャやサプタムシャのラグナについては更に検討の余地があるが、出生図のラグナはおそらく蠍座で問題ないと考えられる。




辺見えみりが何故、過去2回、結婚と離婚を繰り返してきたのか、また非常に個性的な一つのパターンが見出されることが分かる。






(参考資料)



辺見えみり 松田賢二と離婚へ!周囲には報告済み、近く発表
2018年2月25日 0時0分 女性自身

辺見えみり(41)が、2度目の離婚を決めたことが女性自身の取材で明らかとなった。

辺見といえば、11年に“仮面ライダー”俳優の松田賢二(46)と再婚。2年後には、第1子となる女児(4)に恵まれていた。

昨年末には辺見が親族の経営する『辺見プロ』を離れ、大手芸能事務所に移籍することが発表された。公私ともに順調と思われていたが……。決定打になったのは、夫婦のすれ違いだったという。

夫の松田は3月4日まで、東京・よみうり大手町ホールで上演中の舞台『99才まで生きたあかんぼう』に出演中。2月下旬、劇場に入る松田を直撃した。

――えみりさんと離婚されると聞きました。

「ごめんなさい。今は何も言えないです。子どものこともありますし、今は……。お話しできるときがきましたら」

そう言って記者に頭を下げると、少しうつろな様子で劇場内へと入って行った。

「2人ともすでに、周囲には離婚を報告しています。近く、離婚を発表するとみられています」(2人の知人)
参照元:辺見えみり 松田賢二と離婚へ!周囲には報告済み、近く発表
2018年2月25日 0時0分 女性自身

辺見えみり、2度目の離婚で「原因は辺見では」「子が可哀相」とバッシング相次ぐ
2018年02月26日 14時36分 サイゾーウーマン

タレントの辺見えみりが、2011年に結婚した俳優・松田賢二との離婚を発表。2回目の離婚ということもあって、ネット上には「また?」「結婚に向いていないのでは」といった声が相次いでいる。

 辺見は2月25日に更新した自身のブログで、「このたび私たち夫婦は離婚することとなり、先日届け出をすませました」と報告。松田との結婚生活を振り返って、「祝福してくださった皆様。このような結果になってしまい……本当に申し訳ありません」と謝罪の言葉を綴った。

「松田との離婚理由は明らかにされていませんが、辺見はブログで『良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみました』とも記述しています。その内容から、結婚生活は数年前から暗礁に乗り上げていたことが伺えます。さらに、辺見にとっては2度目の離婚ということもあり『また離婚したの!?』『芸能人の離婚、すっかり定番化してるね』『いずれ離婚するだろうって思ってました』などの声が見られました」(芸能ライター)

 今回“バツ2”となった辺見は、06年にお笑いタレント・木村祐一と1度目の結婚。2年後となる08年に、1つ目の“バツ”がついている。

「美人タレントとコワモテお笑いタレントの結婚は、当時大きな話題を呼びました。しかし、2人はわずか2年で離婚。離婚理由が明かされなかったため、木村による“DV説”“浮気説”など、木村が悪役に仕立てられる報道もありました。しかし、辺見の今回の離婚で、ネット上には『バツが2つ以上つく人って、その人本人にも問題があるような気がする』『キム兄との結婚生活、大変だったのかなと思ってたけど、お互い様だったのか』といった声が続出。辺見に対する風当たりが強くなるという結果を呼んでいます」(同)

 辺見は、13年に第1子となる長女を出産。辺見・松田だけでなく、辺見の父親で俳優・歌手の西郷輝彦も初孫の誕生を喜んでいた。

「辺見は、ブログ上で自分の娘に対する謝罪の言葉を述べ、『これからもふたりで協力し合いながら子育てしていきたい』と、離婚後も松田とともに子育てを行っていく意思を表明。しかしネット上には『お子さんがほんと可哀相だわ』『子どものケアをしっかりしてあげてほしい。親の離婚は子を傷つけるから』『数カ月後には新しい彼氏作ってるのでは』と批判的な意見が続出しました」(同)

 辺見の3度目の結婚はあるのか。ともに暮らしていく子どもの気持ちにも配慮し、後悔のない選択をしてほしいものだ。
参照元:辺見えみり、2度目の離婚で「原因は辺見では」「子が可哀相」とバッシング相次ぐ
2018年02月26日 14時36分 サイゾーウーマン

辺見えみり&松田賢二が離婚「お互い前へ進む為の選択」
2018年2月25日 10時10分 オリコン

 タレントの辺見えみり(41)と俳優・松田賢二(46)が離婚したことが25日、わかった。それぞれのブログで報告した。

 辺見は自身のブログで「このたび私たち夫婦は離婚することとなり、先日届け出をすませました。結婚の際に祝福してくださった皆様。このような結果になって しまい…本当に申し訳ありません」と報告し「良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみましたが、別々の道を歩む ことが最良の選択であるという結論に至りました」と説明。

   松田も「このたび僕たち夫婦は離婚いたしましたことをご報告させていただきます。お互い前へ進む為の選択です。えみりさんには感謝しています。結婚してよ かった」とつづった。

 2人は2011年3月に結婚し、13年6月に第1子女児が誕生している。辺見は「私達の勝手な選択に巻き込んでしまった娘に対しては本当に申し訳なく思っており、子 供に関しては、これからもふたりで協力し合いながら子育てしていきたいと思っています」。松田は「娘は宝物。これまでの思い出も宝物です。父として母として 共に、これまで以上に娘を大切にしていきます」と記している。
参照元:辺見えみり&松田賢二が離婚「お互い前へ進む為の選択」
2018年2月25日 10時10分 オリコン

辺見えみり、2度目の離婚生報告「前向きな決断をさせていただきました」
2018.2.27 10:39 サンスポ

夫で俳優、松田賢二(46)との離婚を発表、バツ2のシングルマザーとなった女優、辺見えみり(41)が27日、レギュラーを務める日本テレビ系情報バラエティー「PON!」(月~木曜前10・25)に生出演。 25日に公式ブログで2度目の離婚を報告して以来、初めての公の場となり、「すいません。お騒がせしました。前向きな決断をさせていただきました」と吹っ切れた笑顔で語った。

 辺見は2006年にタレント、木村祐一(55)と結婚し08年に離婚。テレビ朝日系「仮面ライダー響鬼(ヒビキ)」などで活躍した松田と11年3月に再婚し長女(4)が誕生しており、結婚7周年を目前にした離婚となった。

 辺見は25日のブログで「先日届け出をすませました」とつづり、何度も話し合った結果「別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」と説明。離婚原因や慰謝料の有無、長女の親権や養育費には触れず「ふたりで協力し合いながら子育てしていきたい」としていた。

 一方の松田も同じく25日のブログで「お互い前へ進む為の選択」と離婚を報告。「えみりさんには感謝しています。結婚してよかった。娘は宝物。これまでの思い出も宝物です。父として母として共に、これまで以上に娘を大切にしていきます」と胸中を明かしていた。

 辺見の所属事務所は離婚原因について、夫婦間のすれ違いが原因としている。
参照元:辺見えみり、2度目の離婚生報告「前向きな決断をさせていただきました」
2018.2.27 10:39 サンスポ

辺見えみりが松田賢二との結婚前にした「見極め同棲」の内容を明かす
2016年8月24日 15時5分 トピックニュース

23日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、女優の辺見えみりが、俳優・松田賢二との再婚前の同棲で、相性を確かめるチェックをしていたことを明かした。

番組では「あなたならどうする?再婚の2択アンサー」と題して、辺見と松田の再婚エピソードを再現VTRで紹介した。

辺見は松田との交際中に、同棲を提案する。これは「1週間に1回のデートで、格好つけることはできたとしても、毎日いる中で、さすがにウソはつけない」という、辺見の考えからだったそう。

1度目の結婚を失敗している辺見は、結婚前の同棲で、生活の相性を確かめるため「見極め同棲」を試みたのだ。松田には、この目的は伝えていなかったそう。

再現VTRで紹介された1つ目のチェックは、食事の際に料理と一緒に様々な調味料を食卓に並べ、味見もせずに調味料を使うかどうかというもの。辺見は、料理にすぐに調味料をかけてしまう人が苦手だそうで、それを確かめるためのチェックだったと明かした。しかし、松田は何もかけずに、辺見の料理を食べ、今でも辺見の料理をおいしいと言いながら食べてくれるのだとか。

2つ目のチェックは、冷暖房の強さ。寝るときのエアコンの設定温度問題だ。就寝時にエアコンを使いたくない辺見に対し、松田は冷房を使いたがったらしい。辺見が我慢できる冷房の温度は27度までだったが、松田はここでも、27度を設定する相性の良さだった。

3つ目のチェックで辺見は、松田がタクシーの運転手や、店の店員に偉そうな態度をとらないかというもの。これも、松田は敬語を使って、相手の釣り銭を心配するなど、紳士的に振る舞ったという。

さらに、辺見は松田に、寝起きの悪さや、酒を飲んで帰ってきても怒らないかなどの態度を同棲中にチェックしていた。およそ1年後、辺見は同棲中のチェックをほぼクリアした松田との再婚を決意したのだという。

しかし、夫の松田は、この同棲中のチェックについて「まったく知りません。アンケート(番組の取材)で初めて知りました」「ですが、結婚前提だったんだからチェックされて当たり前だよなと。お陰で、自然体でいられて良かったと思います」と、辺見に感謝を綴った回答をしていた。

VTR後のスタジオトークで、司会のナインティナイン・岡村隆史からクリアできなかったチェック項目を尋ねられた辺見は「お酒はダメで。彼は(お酒を)飲まない人なんですよ」「だから私が(お酒を飲んで)ウェ~イって帰ってくると、(松田は)『え?』みたいな」と、酒に酔った辺見を見た松田が、やや引いていたことを明かした。
参照元:辺見えみりが松田賢二との結婚前にした「見極め同棲」の内容を明かす
2016年8月24日 15時5分 トピックニュース







スポンサーリンク


スポンサーリンク

小泉今日子の不倫宣言-肉食系男喰い女子の自己実現-




小泉今日子の不倫宣言がワイドショーを賑わしているが、小泉今日子に最近、起こった事務所独立や今回の不倫宣言に関して、占星術的な理由を考察してみたい。

小泉今日子はアイドル時代から活動して来て、芸能界でのキャリアも長く、現在は女優としての肩書きを得ているが、2チャンネルに出生データも載っており、山羊座ラグナのチャート自体は以前から知っていたが、特にこれと言って話題とするテーマがなかった。

然し、今回、ワイドショーを賑わしている騒動は、チャートから解釈できる小泉今日子の本質が分かりやすく現われたものである。


小泉今日子には、例えば、石田ゆり子に典型的に表れたようなシングルウーマンのイメージは全くない。

妻子持ちの男性と恋愛関係になるが、相手が別れないので結婚できない、そうした過去の私生活について触れられたくないといった被害者的なイメージが全くない。



キョンキョン、男喰い本性 前事務所社長からも一目置かれるオヤジキラー
2018.2.5 zakzak by 夕刊フジ

妻子持ちの俳優、豊原功補(52)との不倫関係を告白した女優、小泉今日子(51)。姉御肌で知られる小泉が、不倫の罪すら背負う“女の性”をのぞかせたわけだが、その“男喰い”の本性を探った。

 衝撃の不倫告白から一夜明けた2日、主演舞台「毒おんな」の稽古に姿を見せた小泉は、報道陣に「自分の罪は自分で背負って生きていきたく思います」と語り、その決意をにじませた。

 「小泉を慕う“小泉会”と呼ばれる食事会があるとされ、最近では米倉涼子や飯島直子らを従えているとも言われるほどの姉御肌。それは女性に限らず、男にも同じで、酒席でもフランクで積極的なので、魅せられる男も少なくありません」と芸能関係者。

 前夫の永瀬正敏(51)と離婚した後は、20歳も年下の男性アイドルとの交際が報じられたことも。先の芸能関係者はこう続ける。

 「36年間所属した前事務所の社長からも、一目置かれており、舞台や映画のプロデューサーらも一度仕事をした後は直接仕事を依頼してくるぐらいのオヤジキラーです」

 そんな小泉が、自らの制作会社を、豊原の個人事務所と同じ住所に立ち上げるほど、豊原に熱を上げている。

「結婚するとかそういうわけではありません」と小泉は報道陣に説明したが、「同じ夢を追う同士」という豊原との関係を公然にしたかった女の性が垣間見える。

 「豊原の離婚調停は進展しない可能性もあります。小泉は豊原との関係を公にすることで、豊原の妻を追い込もうとしているともいえます」とマスコミ関係者。

 スローフード、スローセックスを描いた小説家、筒井ともみさんの原作を映画化した「食べる女」(9月公開予定)でも主演する小泉。

 どうやら「食べる女」でもあり、「毒おんな」でもあるようだ。



小泉今日子のイメージとは、「男喰い」と評価されるように次から次へと車を乗り換えるかのように交際相手を変えては捨てていく獰猛な肉食獣のイメージである。


相手から養分を吸い取れるだけ吸い取って相手を乗り潰すといったイメージが合っている。



藤井フミヤとラブホ密会、KAT-TUN亀梨和也と同棲??小泉今日子の奔放すぎる男遍歴
2月8日(木)18時45分 サイゾーウーマン

女優の小泉今日子が、1月31日に所属事務所からの独立を発表。同時に、一部報道で交際が報じられていた俳優・豊原功補との不倫関係も明らかにした。交際歴は3年ほどになるという。

 ネット上では、この唐突な発表を「小泉らしい」と評価する声も出ているが、一方で、豊原の家族に同情する声も聞こえてくる。しかし、小泉はアイドル時代から一貫して男性遍歴に関しては奔放であったといえる。

「アイドル時代の小泉の恋人といえば、チェッカーズ・藤井フミヤ。ラブホテルで一夜を過ごし、2人で小泉の自宅マンションへ戻ったところを写真週刊誌に直撃され、非常口へと逃げ込んだんです。しかし翌日にコンサートがあったため、マネジャーの車の後部座席に身を隠して、マンションを出ようとしたところを撮られてしまい、なんともマヌケな姿をさらしてしまいました。さらにはスーツケースに隠れて会いに行ったといった話もあり、まさにお忍びの恋だったといえます」(芸能ライター)

 だが、このビッグカップルは間もなく破局。次にウワサになったのは、藤井フミヤの実弟である藤井尚之だった。もともとフミヤが多忙なため、弟に小泉の相手を頼んでいたら、2人がデキてしまったというのだ。ただ、これはウワサの範疇に過ぎず、実際に関係があったとしても一時的なものであろうと見る向きも強い。

 その後、小泉は1993年に俳優の永瀬正敏と出会い、95年に結婚。2004年に離婚するまで9年間の結婚生活を送る。そして、フリーとなった小泉の次なる相手は驚きの人物だった。

「KAT‐TUNの亀梨和也ですね。お相手が人気絶頂のジャニーズアイドルというのも驚愕ですが、何と言っても2人の年齢差が話題を呼びました。当時、亀梨は20歳、小泉は40歳と、親子ほどの年が離れていたんです。最初は、亀梨が小泉のマンションへ通う様子が報じられ、のちに同棲へ。婚前旅行にも行っていたようですが、結局、破局してしまいました」(前出・同)

 ミュージシャン、俳優、ジャニーズタレントと華麗な男性遍歴を持つ小泉にとって、豊原が最後の恋となるのか。その行く末に注目したい。
(平田宏利) 



それはどういう配置なのかと言えば、シングルウーマンタイプとは若干、異なるチャート構造を持っている。






まず、注目すべきなのは7室支配の月が6室に在住している配置である。


この配置は無償の奉仕などを表わす配置であるが、相手が格下の男性であったり、相手を格下のように扱う配置である。


従って、相手を献身的にお世話する形になるパートナー関係を表している。


小泉今日子と交際してきた男性たちは、皆、小泉今日子よりも芸能界での人気やステータスから言えば、格下の男たちばかりである。



結婚した永瀬正敏もそうであり、またチェッカーズの藤井フミヤなど、KAT-TUNの亀梨和也と色々、恋愛遍歴は豊富なようだが、誰一人として、小泉今日子よりも格上の存在はいないのである。


俳優の永瀬正敏もそれ程、有名であるという訳ではなく、むしろ、小泉今日子と交際することで、俳優としての知名度やステータスを上げたと言えるかもしれない。


KAT-TUNの亀梨和也に至っては、自分よりも20歳も若い男であり、親子みたいな年齢差である。


交際した当時、亀梨和也はデビューして間もなく、芸能界の第一線で活躍している小泉今日子との恋愛は、格差恋愛であり、亀梨は芸能界の大先輩に釣り合う男になろうと邁進した結果、ファッションセンスなどにも磨きがかかり、成長していったということである。



小泉今日子から深田恭子へ 亀梨和也が抱く女性観
2016.11.20 07:00 NEWSポストセブン

今年5月、KAT-TUNは活動を一時休止させ“充電期間”に入った。グループがCDデビューしたのは、10年前の2006年3月。そのわずか1か月後、亀梨和也(30才)と小泉今日子(50才)の「通い愛」が報じられた。

「当時、亀梨くんが20才でキョンキョンは40才。ちょうど倍という年齢差はもちろんのこと、デビューして間もない亀梨くんと、芸能界の第一線で活躍し続けてきたキョンキョンという組み合わせにも驚かされました」(スポーツ紙記者)

 デビュー曲でいきなりオリコンチャート1位を獲得した空前の人気グループのメンバーの中でも、亀梨の評価はピカイチだった。

「デビュー前の2005年にドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)にメーン生徒役として出演、さらに同年『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で山下智久(31才)とW主演を果たすと、同ドラマから誕生したユニット『修二と彰』で、KAT-TUNでのデビュー前にCDをリリースしたという異例の経歴の持ち主です」(芸能関係者)

 人気絶頂のアイドルと20才年上の魅力溢れる女性との恋。女性から見る亀梨の評価はさらに高まった。

「“親子みたいな年の差なのに…”と後ろ指を指されるようなことは全然ありませんでした。年下の男の子と恋愛できる小泉さんもかっこいいし、オトナの女性の魅力をわかって対等につきあえるなんて亀梨くんも見どころある、と意外な反応だったんです」(前出・芸能関係者)

 多少の“背伸び”はあったかもしれない。亀梨は芸能界の大先輩に釣り合う男になろうと邁進した。

「どんどん亀梨くんのファッションセンスに磨きがかかり、しっかり考えられた重みのある発言も増えてきました。彼女だけでなく彼女の周囲も一流の人生経験のある大人たち。大人の女性と交際するってこういうことなんだ…と彼の成長ぶりを見て納得させられる思いでした」(前出・芸能関係者)


 撮影現場ではプロ意識を常に持ち、周囲への気遣いも忘れない。人気者になってもおごるそぶりは一切なく、少年時代から野球に打ち込んできた体育会系気質もあってか挨拶も欠かさず謙虚。小泉とは交際発覚から2年後に破局したが、彼女と過ごした時間は、亀梨を加速度的に成長させた。

 以来、特定の彼女が報じられることも、浮いた話もほとんどないまま時が過ぎた。ファンならずとも「キョンキョンと比べて“いい!”と思える女性なんてそうはいないだろうなぁ…。亀梨くんも苦労するな」と思っていた。

そして8年。彼が選んだのは深田恭子(34才)だった。周囲の反応はさまざまだ。「あの深田恭子を落とせるなんてスゴい!」(20代・男性)、「深田まで登りつめたか、亀梨」(30代・男性)というのは男性陣。若い女性陣からは「お似合い!」との声があがったが、妙齢の女性たちは言葉少なめ。「あ…そっちいったか~、と」(40代・女性)、「かわいい天然系だし、モテそうな彼女だけど、カレっぽくないわよねぇ」(50代・女性)。

 これまで深田は多くの恋愛を謳歌してきた。報じられただけでも、東山紀之(50才)、くりいむしちゅ~の有田哲平(45才)、脚本家の野島伸司さん(53才)など。他にも若手俳優やイタリア料理店オーナー、さらにはハンカチ王子こと北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(28才)との焼肉デートもあった。

「おっとりした雰囲気とゆっくりした口調、さらには料理が得意で、あのバディー。多くの男性は一発で深田さんの虜になっちゃうんですよ。ただ、深田さんにとってはたくさんいる男友達という意識が強かったというか。実際、結婚願望とかも全然ありませんでしたから、長く続く特定の恋人もあまりいなかったんです」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2016年12月1日号



その後、亀梨和也は、小泉今日子以上の女性を見つけることが出来ずに8年間も何の恋愛に関する音沙汰なく過ごした。


小泉今日子と交際していた期間に亀梨和也はかなり上の世界に引き上げられていた印象である。




今回の豊原功補もそうである。


記者会見を開いたら、いつもとは全く違う人数の記者が詰めかけて、本人もビックリしたというように小泉今日子の恋愛相手ということで注目を浴びたのである。


通常は、それ程、注目されることはない知名度から言えば、二流、三流の役者ではないかと思われる。



小泉今日子と別れた後の彼らの落ちぶれぶりを見ると、明らかに小泉今日子の方がパワーがあり、保護や力を与えていたということが分かるのである。



6室の月は献身的ではあるが、6室は離婚のハウスでもあり、7室をラグナとする場合に12室(別離)に在住している。



従って、小泉今日子の恋愛とは格下の男性を相手に一生懸命に相手に尽くすが、相手が格下であることから上下関係が生じ、意見の不一致も生じてくる。



そして、相手の方が逃げ腰になり、やがて去っていくために恋愛関係や結婚が破綻するのである。



今回、小泉今日子が豊原功補との恋愛関係を何ら豊原功補に相談もせずに一方的にマスコミに暴露したらしいことは、小泉今日子の方が、格上で、相手に相談せずに自由に意思決定できる立場を表している。


後から豊原功補が、小泉今日子が発表してしまったので、仕方なしに弁解的な記者会見を開いたが、あくまでも後手に回っている印象である。






会見の内容も煮え切らない内容で、逃げ腰の様子であり、出来れば、会見もしたくなかったことがよく分かる。



この辺りが、小泉今日子と豊原功補の意見の不一致が見られる所であり、上下関係の見られる所である。



小泉今日子の方が、上司で、支配者であり、豊原功補の方が、部下、あるいは、愛人なのである。



小泉今日子が7室支配の月の象意を経験している時、ダシャーラグナの月から見ると8室に5室支配の金星、1、4室支配の水星、太陽などが在住し、木星がアスペクトしている。



従って、8室は吉星の影響を受けていて強く、8室は結婚生活のハウスである為、相手の男性から一定のサポートや恩恵が得られるし、また同棲生活に近い状態になったり、実際に結婚したりもするのである。


然し、やはり8室であるため、その関係は、不倫や三角関係であったり、何らかの行き詰まり感があり、障害を抱えているのである。




然し、この月をパートナーのラグナとして考えると、8室山羊座に金星、水星、太陽が在住している。



それは格下の男が、才能やカリスマ性の溢れる小泉今日子に引き上げられることを表わしているのである。




従って、小泉今日子の恋愛とは、格下の男性に献身して尽くし、自らも相手の男性との関係によって力を得るが、相手の男性も小泉今日子のカリスマ性によって相当に引き上げられて、恩恵を受ける。


そして、その後、上下関係などが確かにあるために意見の不一致などにより、相手の男性が逃げ腰になり、去って行き、それで恋愛関係が破綻する。


仕方がないので、その相手とはきっぱりと縁を切って、別の男性との恋愛にまた入れ込んでいく・・・・という流れが基本である。



それが延々と繰り返されている印象である。



6室が強調される場合、腐れ縁的な関係が継続する形にならずに関係はすっぱりと切れて完全に別れることになる。



従って、次の男性との恋愛やパートナー関係を構築するのである。




あたかも会社の経営者が従業員を次々に雇っては解雇するのと同じように相手が去ったとしても別の相手との関係が直ぐにスタートする。



従って、6室が強調される場合、パートナー関係は、長続きせず、結婚と離婚、交際と別離を繰り返すのである。



自然と長続きしない交際遍歴が増えてゆき「男喰い」といった評価になるのである。



相手から見出されるというよりもむしろ、自分の方から気に行った男を食いに行く、小泉今日子はそういう女性なのである。



従って、今回、豊原功補との交際を発表したのは、そういう感覚の自然な発露であったと考えられる。



小泉今日子は、完全に加害者であり、支配者であり、例えば、明治時代の男性は、妻の他に妾がいても当たり前であり、それを公然と人にも語ったりするような感覚があったと思うが、そういう感覚に近いものがあるかもしれない。



自分が支配している側だから隠す必要がないということである。



また6室に惑星が集中している人は、自分が絶対に正しいと考える為、解釈を捻じ曲げていくところがある。



相手は自分と交際することによって幸せになれるとか、今の妻子ではなく、自分と一緒になることが正しいことなのだといったように自分の中で、自分にとって都合のよい理論を構築してそれを信じ込んだり、信念と化していく所がある。


解釈を自分の都合の良いように捻じ曲げていく。




今回、小泉今日子が、豊原功補との交際を明らかにしたのは、そういう要素の混合したものではないかと思われる。



また小泉今日子の今現在のダシャーには、事務所独立宣言と合わせて、3年前から続いていた豊原功補との関係を「恋愛関係でもあります」と高らかに宣言するような配置であることが示されている。






小泉今日子は、2017年10月8日からマハダシャー金星期に移行しており、金星は5、10室支配のヨーガカラカでラグナでもう一つのトリコーナの支配星である水星とコンジャンクションして、5-9、9-10のラージャヨーガを形成している。


またそこに3、12室支配の木星が5室からアスペクトしている。


3室は芸能のハウスであり、5室は演劇などの創造的芸術のハウスである。


彼女が事務所独立宣言をしたのは、このヨーガカラカで、ラージャヨーガを形成する金星による自信の裏付けがあるからである。






またダシャムシャ(D10:仕事)でも金星は、4、9室支配のヨーガカラカであり、10室に在住して、10室支配の火星と相互アスペクトして、4-9、9-10のラージャヨーガを形成している。


また金星と火星は4-10室の星座交換している。


金星はラグナから見ても月から見ても4、9室支配のヨーガカラカで10室に在住し、3、10室支配の火星と星座交換しているのである。


10室の配置は強力であるが、更に星座交換なども強力な配置であり、それが4-10のケンドラ同士で成立しているのは非常に強力な配置である。


だからこそ、小泉今日子は、事務所(株式会社バーニングプロダクション)を独立して、自分の個人事務所を起ち上げることが出来たのである。


4-10の星座交換とは個人事務所を起ち上げるような配置である。


自らの制作会社を、豊原功補の個人事務所と同じ住所に立ち上げたと報じられているが、情熱的な恋愛を表わす金星と火星の星座交換が象徴している。


独立する際のトラブルもそれ程、無かったようであるが、それも彼女が実力的に妨害行為を寄せ付けないほど力強いからではないかと考えられる。


それ位、力のある配置である。



金星は土星、火星、ラーフ、ケートゥなどからも傷つけられていない。


唯一、8室支配の太陽とコンジャンクションしているが、傷つきは少なく、また木星の保護も受けている。



マハダシャーの金星は月から見ると5室支配で8室に在住しているが、これは妻子のある男性との不倫恋愛を表している。






ナヴァムシャ(D9)でもラグナ、月から見て、ラグナロードで11室で高揚している。


7室をラグナとすると、7室支配の金星が5室(恋愛)で高揚している配置である。


高揚する金星は、ラーフとコンジャンクトし、ギラギラとした世俗の力を表しており、強い11室は独立を可能にする配置である。


また金星は8、11室支配の木星からアスペクトを受けて保護されている。


つまり、これは事務所独立をサポートした豊原功補の表示体であると考えることができる。






豊原功補は、月、太陽が乙女座に在住しているため、この木星の表示体なのである。




小泉今日子は、株式会社バーニングプロダクションの社長にただ一人物申すことができたと言われているが、この11室で高揚する強い金星が、独立して社長と対等の立場になることを勝ち取る配置なのである。


つまり、社長と友人のような対等な関係になれたからこそ、独立が可能になったということである。



長い芸能活動で掴んだステータスであるが、それが、マハダシャー金星期に開花したと言えるのである。





最後に小泉今日子の爆弾発言であるが、ラグナロードの土星が2室で自室に在住し、火星が在住する配置も関係していると考えられる。



彼女の土星はラグナロードで月から見ると9室の支配星であり、トリコーナの支配星であるため、正直に事実を述べたのではないかと考えられる。



その際、火星が在住しているので、単刀直入に思ったことを口に出したのではないかと考えられる。



火星が2室に絡むと真実を語らないでウソを言いそうな配置ではあるが、強いラグナロードの土星のベースがある上で、火星が同室しているので基本的には土星の影響を受けたと考えられる。




小泉今日子をあえて分類するとすれば、男喰い不倫略奪系女子と名づけることができるだろうか。



但し、この名称は長すぎるので、肉食系男喰い女子でもいいかもしれない。



脂ぎった男性から愛人に囲われるといった被害者像からは程遠いイメージである。



むしろ、彼女自身が脂ぎっているのであり、亀梨和也のような若い格下の男を育てて遊ぶイメージなのである。




(参考資料)



小泉今日子と“不倫宣言”の豊原功補、業界内から「総叩き」のワケとは……?
2018年2月14日 12時0分 日刊サイゾー

小泉今日子と豊原功補の開き直った“不倫宣言”には、ワイドショーの出演者たちもボロクソだ。ある芸能関係者は「豊原が業界内で同業者に嫌われているのが、総叩きに遭っている理由のひとつ」と話す。

「豊原は売れっ子になった10年ほど前から女遊びが激しくなり、仕事で顔を合わせた何人もの女優と関係を持っていた。ほとんど表沙汰にならなかったのは、彼が“一夜限り”で次へ走ったから。そういう行為は、むしろ関係者の評判を落とすから、悪評を聞いていたタレントたちがここぞとばかりに攻撃しているんじゃないかな」(同)

『バイキング』(フジテレビ系)の坂上忍は、メインMCの立場ながら、豊原の妻子が表立って反論できないことを理由に「擁護できない」と批判し、タレントのフィフィは「見ていて気持ち悪い」とまで言った。同番組のスタッフは「世間が批判一色なので叩きやすくはなっている」と語っていたが、人気タレントのカップルが不倫とはいえ、ここまで出演者から猛バッシングされるのは珍しいことだ。

 一説には、小泉が大手芸能プロ、バーニングプロダクションから独立したことで、その“守護”がなくなったという見方もある。2人の不倫関係は3年前から報じられていたが、当時はまだ小泉サイドからの“待った”があったのは確かで、「豊原は離婚している」というウソの情報も流されていた。それが一転したのは昨年1月のことで、女性誌が両者の交際を改めて報じたとき、「すでにゴーサインは出ていた」と情報番組ディレクターが明かす。

「1年も前に、取り扱いNGから外れていたんです。当時、『週刊文春』(文藝春秋)による松本潤の二股報道は完全NGでしたが、小泉と豊原は局からOKが出ていました。ただ、こういう話はガセだったら問題となってしまうので、スポーツ紙などで盛り上がれば――というのが番組側の基準でした。でも、このときは、山口もえさんの妊娠やサッカー長友佑都選手と平愛梨さんの婚約など、別の芸能ネタが多かったので、扱わなかったんです。ちょうど小泉プロデュースの舞台が決まったときで、宣伝ゴシップ臭いという意見もありましたし」(同)

 こうなると、バーニングからの圧力消滅説は弱くなる。単に今回は当事者の公表があったため話題をかっさらったということなのかもしれないが、よくよくワイドショーの論調を見ていると、小泉より豊原への批判の色が多く、豊原の「嫌われ者」説も否定はできない。

「豊原は俳優よりもCM出演で浮上してきた人だけど、売れた途端にポルシェやアルファロメオなどの高級車を乗り回して仕事現場に現れ、共演女優を乗せて帰っていったっていうのは、かなり生意気には見えた」と前出関係者。

 確かに豊原は08年に「アリコジャパン」などCM出演が激増し、ビデオリサーチ社が発表したCM露出量ランキングで7位にランクインするなど、知名度を上げた。本業でも活躍はしていたが、20代の頃はヤクザ・チンピラなどの悪役が多かったため、名前と顔が一致しない視聴者も多かった。

「それに豊原は亀田兄弟と同じ協栄ジムに通っていた元ボクサーで、振る舞いがやんちゃに見えたし、本人はロックバンドもやっていたから、偉そうな態度だと人に見られても気にしない感じで、敵を増やしやすかった」(同)

 ちなみに、そのロックバンドの名前は「Kozmic Blue」だが、前出関係者によると「そのバンド名の由来は、キョンキョンだという説がある」という。

「宇宙を意味するコズミックは本来COSMICだけど、KOIZUMIとかけたらしく、BLUEは彼女の曲『HAPPY BLUE』から取ったとか。それが事実なら、豊原は根っからの小泉ファンだったわけだ」

「HAPPY BLUE」は、鏡を見つめて自分にうっとりするナルシストの幸せな日々という小泉作詞の歌。まさに自己中心的な不倫宣言をするナルシストな2人のキャラにピッタリで、会見での豊原の、いかにも自分に酔ったふうな態度も、またそれに重なる。彼がもともと業界の「嫌われ者」であったというのなら、強烈な逆風も当然か。

(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)
参照元:小泉今日子と“不倫宣言”の豊原功補、業界内から「総叩き」のワケとは……?
2018年2月14日 12時0分 日刊サイゾー

何かがおかしい…小泉今日子不倫宣言報道の裏側
芸能ネタ 2018年02月08日 22時10分

俳優の豊原功補との不倫を宣言し賛否両論が巻き起こっている女優の小泉今日子だが、一連の報道の裏側を、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 小泉は36年所属していた事務所からの独立発表とともに不倫していることを堂々と宣言。同誌によると、円満独立で、芸能界の実力者である事務所社長に唯一物申せるのが小泉だったという。

 不倫宣言の翌2日には、マスコミ各社が舞台の稽古場に入る小泉を直撃取材。その際も、前の事務所の担当スポーツ紙記者には、小泉の入りの時間が教えられたというが、直撃は稽古場への入りだけにするようにとのお達しがあり、小泉が稽古場から出てくる際には、スポーツ紙の記者は誰一人いなくなっていたのだとか。

 同誌で不倫を報じられた「とくダネ!」(フジテレビ系)の小倉智昭キャスターは2日の放送で、「キョンキョンにはキョンキョンらしく、今まで通りの芝居をやってほしい」と大甘なエール。

 小倉キャスター同様、同誌で不倫を報じられたテリー伊藤氏は、同日放送の「ビビット」(TBS系)で小泉の声明にふれ、「自分はどうなったって構わないから、愛する人を守ろうという意識の中でこういうコメントをしたのかな」と擁護。

 同誌に隠し子の存在を報じられた宮根誠司アナは、「ミヤネ屋」(日本テレビ)、「Mr.サンデー」(フジ)で論評を避けた。

 「結局、小泉の前の事務所に忖度している。宮根にいたっては、小泉の前の事務所と同じグループで、そもそも報道番組を仕切る資格があるか微妙なところ。不倫を宣言したところで、豊原は離婚をする気はないことを公言し、状況はまったく変わらないので、これ以上やりようがない」(ワイドショー関係者)

 平昌五輪も開幕するだけに、小泉の話題はすっかり忘れ去られてしまいそうだ。
参照元:何かがおかしい…小泉今日子不倫宣言報道の裏側
芸能ネタ 2018年02月08日 22時10分

小泉今日子の“堂々不倫宣言”に批判殺到! テリー伊藤は「豊原さんを思ったコメント」と謎の解釈
2018.02.02 日刊サイゾー

女優の小泉今日子と俳優の豊原功補が1日、公式サイト上で不倫関係を公表。波紋が広がっている。

 小泉は、デビューから36年にわたり所属したバーニングプロダクションを先月31日付で退社し、独立したことを報告。理由を「より成熟したエンターテイメントの世界を見てみたい」「マネージメントとアーティストとの関係性も含めて模索して行きたい」としている。

 さらに、かねてより不倫関係がウワサされてきた豊原について、「週刊誌などで報道されている通り恋愛関係」と報告。“豊原は既に離婚している”との一部報道を否定し、「ご家族にはお詫びの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません」「人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます」と綴っている。

 またこの直後、豊原も小泉との関係について「互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております。そして私が既婚者であるということも事実です」とコメントを発表。妻子とは「三年近く以前」から別居しているといい、「責任は私にあります」と反省の意を綴っている。

 小泉といえば、1995年に俳優の永瀬正敏と結婚するも、2004年に離婚。06年頃からは、小泉の自宅を頻繁に訪れるKAT-TUN・亀梨和也の姿がキャッチされ、同棲疑惑が浮上。15年には、小泉が立ち上げた個人事務所「株式会社明後日」の所在が豊原の事務所の一角であったことから、交際が発覚した。

「その昔、バーニング・周防郁雄社長の大反対を押し切って永瀬正敏と結婚した小泉ですが、結婚後には周囲が離婚のウワサをメディアに何度もリーク。その影響からか、周防氏の望み通り2人は離婚してしまった。小泉の独立には、『永瀬のときの二の舞いになるまい』との意図も感じられます」(芸能記者)

 前代未聞とも思える2人の“堂々不倫宣言”に、ネット上では辛らつな意見も多い中、2日放送のTBS系『ビビット』に出演したコメンテーターのテリー伊藤は、小泉について「自分のことより豊原さんを思ったコメント」「自分はどうなったって構わないから愛する人を守ろうっていう意識の中でこういうコメント出したのかな」と推測。

同日放送の日本テレビ系『スッキリ』では、司会の加藤浩次が不倫について「それはもう、ダメなこと」「豊原さんの家族との問題であって、そこは我々が言うことではない」と前置きした上で、「いろいろ考えさせられた。自ら恋愛関係、不倫であることを認めるパターン。こういうパターンもあるんだと」との見方を示した。

「コメント対象が“芸能界の超大物”のキョンキョンである上に、小室哲哉の引退会見以降、世間では不倫報道に疑問を呈する声が相次いでいるため、ワイドショーも批判的なコメントには及び腰。一方、ネット上では小泉に対し批判の声が目立ち、小泉の大胆行動を『正義感』と綴った一部スポーツ紙にまでバッシングが飛び火しています」(同)

 アイドルといえば“聖子ちゃんカット”が主流だった1980年代、芸能界に反抗するため、勝手に“刈り上げヘア”にしたエピソードでも有名な小泉。そんな世間をアッと言わせる独自路線は、51歳となった現在も健在のようだ。
参照元:小泉今日子の“堂々不倫宣言”に批判殺到! テリー伊藤は「豊原さんを思ったコメント」と謎の解釈
2018.02.02 日刊サイゾー

小泉今日子と豊原功補、喫茶店から自宅へ堂々のデート姿
2017.11.01 16:00 NEWSポストセブン

小泉今日子(51才)と豊原功補(52才)が“堂々デート”する姿をキャッチした──。10月下旬の夕暮れ時、小泉は都内にある喫茶店にいた。ブラウンに統一された店内を、テーブルライトの明かりが柔らかく包み込んでいる。壁一面の棚にカップやティーポットが並び、磨きこまれたカウンターでは白髪の男性が紫煙をくゆらせる。都心の喧噪にあって、時間の流れ方が外の世界とは異なるようにも感じられる店内ソファ席で、小泉はゆっくりとコーヒーを味わっていた。

 その正面には、豊原。カップが空になっても、せわしなく席を立ったりはしない。時折あげる笑い声は、店の雰囲気に障らないよう最小限のボリュームだ。ふたりが腰を上げたのはあたりがすっかり暗くなった頃だった。会計を終え店を後にすると、並んでゆっくりと歩いて行く。

 顔には眼鏡だけ。マスクや帽子といった“変装道具”をつけていない小泉に、思わず振り返る人もいた。そんな周囲の視線を気にもとめず、ふたりは途中、ドラッグストアでトイレットペーパーなど日用品を購入すると、近くのマンションへと消えていった──。

 自分を飾らず、常に自然体。米倉涼子(42才)や長澤まさみ(30才)、石原さとみ(30才)らから「姐さん」と慕われ、男前に飲み、本音を語り、雑誌の撮影ではスッピンを披露する小泉だが、恋愛だけは常に「自然体」というわけにはいかなかった。

「花の82年組」として芸能界デビューした小泉はまぎれもないアイドルだった。《ずっとビジネスマンみたいにアイドルをやっていたんだと思います》。昨年、雑誌『MEKURU』のインタビューで小泉はそう語っていたが、アイドルには厳しい時代。

「アイドルの恋愛は御法度で、段ボールに入って交際相手の部屋に“届け”られたり、同じ背丈のダミーを雇って人目を攪乱したりといったことが日常茶飯事。ツーショットで外を歩くなんて考えすらしない時代でした」(芸能関係者)

 小泉も例外ではなかった。数々の恋愛スキャンダルが報じられたが、かつてのアイドル当時も永瀬正敏(51才)との離婚後も、亀梨和也(31才)との交際時も彼女が街中でツーショットデートを撮られたことは一度もない。

 そんな小泉と豊原の今回の「デート」はどこか周囲を嬉しくさせるほど、堂々としたものだった。

「2年ほど前から何度かふたりが食事をする姿は報じられてきました。アツい舞台論を語るふたりは男女の前に同志だといわれてきました。同学年で一緒に舞台を手がけることも多く、お互い認め合う仲。でも当初は周囲の目を多少気にしてか、時間差でバーを出るなど、“自然体”ではありませんでしたね。仕事への影響などを気にして気を使っていたんだと思います」(前出・芸能関係者)

 同志であり、パートナー。50代にも慣れて「もういいよね」そんなふうにようやく身軽になったのかもしれない。

《会社勤めをしていたら60歳で定年だし、社会の中で何かを残すとしたら、あと10年だと思っていて》

 それが、50才を迎えた小泉が、インタビューで明かしていた本音だ。

「女優から裏方や演出の仕事に重心を置いていくことも考えているようです。そういう次のステップも彼となら同じスピードで歩いていけるんでしょうね」(前出・芸能関係者)

 小泉が過去に主演したドラマのタイトルのように「最後から2番目の恋」か、それとも──。

※女性セブン2017年11月16日号
参照元:小泉今日子と豊原功補、喫茶店から自宅へ堂々のデート姿
2017.11.01 16:00 NEWSポストセブン

豊原の妻が“強硬手段”に…?小泉今日子に起こりうる最悪のシナリオ
芸能ニュース 2018年02月10日 12時10分

 先日、俳優の豊原功補との不倫を公表し、賛否両論が巻き起こっている女優の小泉今日子だが、発売中の「フライデー」(講談社)の直撃取材に対して胸中を明かしている。

 もともと、豊原との関係は3年前に同誌のスクープによって発覚。同誌に対して小泉は、「スッキリは全然、していません。スッキリしたくてした行動ではなくて――。『やっぱり、自分の真意はなかなか伝わらないのかな』という気持ちはあります」と公表後の心境を告白。

 小泉によると、豊原について「すでに離婚」などの情報が飛び交ったことなどを苦慮。豊原の家族のことも考え、不倫関係を公表したことを説明した。そのうえで、「私は(豊原の家族の存在を)スルーしてしまったことが気になっていて。もちろん、ご家族の気持ちも大事なんですが、(豊原の家族の存在が)なかなか伝わってないと思います」などと話している。

「諸事情があり、芸能マスコミはなぜか小泉に対して好意的。中には豊原のみを責めるような記事もあった。とはいえ、小泉に優しいのは芸能マスコミだけ。常識的に考えると、世間の風当たりはかなり厳しい」(週刊誌記者)

 例えば、今後の小泉の仕事。

「まずCMのオファーは来ないだろう。テレビ局も報道では扱うが、スポンサー企業のことを考えると、ドラマなどでは起用しづらい。そうなると、活動できるのは舞台ぐらい」(広告代理店関係者)

 さらに、豊原の妻が“強硬手段”に出ることも考えられるというのだ。

 「豊原は養育費を支払っていることを会見で明かしたが、妻が小泉に対して慰謝料を請求することも可能。そうなると、小泉の懐具合はかなり厳しくなるのでは」(先の記者)

 小泉が“茨の道”を歩む可能性もありそうだ。
参照元:豊原の妻が“強硬手段”に…?小泉今日子に起こりうる最悪のシナリオ
芸能ニュース 2018年02月10日 12時10分

豊原功補の“椅子にドカッ”“足ガバッ”会見に批判殺到! 「まるでチンピラ」「反省している態度か」
2018年2月5日 19時30分 日刊サイゾー

女優・小泉今日子との不倫関係を公表した俳優・豊原功補の態度に、冷ややかな声が相次いでいる。

 3日に緊急記者会見を開いた豊原は、ガウンのようなざっくりとした黒いカーディガンに、黒いシャツ、黒いズボンと、全身黒ずくめで登場。椅子にドカッと座り、100人ほど集まった報道陣を見回した後、「すげぇな」とつぶやいた。

「会見の様子は、AbemaTVが生中継。多くのワイドショーでは、椅子に座った豊原の上半身しか映されませんでしたが、AbemaTVでは机の下でガバッと開脚したまま報道陣の質問に答える姿を放送。小泉はそんな豊原の自然体な媚びない人柄に惹かれたのでしょうが、ネット上では『輩感がすごい』『まるでチンピラ』『足、閉じろ!』『不倫を反省する態度に見えない』といった辛らつな声が目立ちます」(芸能記者)

 公式サイト上で1日、約3年前から妻子と別居状態にあると明かした豊原。会見では、別居の原因が“小泉との交際”であることを潔く認めたものの、妻への思いについては「好きで一緒になって、子供を育てて、家族という形ができていくわけで、言葉で形容できない独特の思いみたいなものが体に宿ってしまうもの」と独特な表現で胸中を吐露。妻との離婚協議は「していない」といい、可能性については「(離婚は)捨て去ってはおけない言葉」との曖昧な説明に留まった。

 また、不倫を公表したことによる家族への影響については、「いくら考えても答えは出ません。禅問答みたいなもの」とコメント。妻に対し「(息子の母親として)尊敬しています」と語りながらも、小泉については「天然記念物のような、面白い人です」と笑みを見せる一幕も。2人の女性の間で、揺れ動く様子が見て取れた。

 不倫関係を公表した際、その理由を「人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます」と、まるで映画『極道の妻たち』のセリフにでも出てきそうな文言で説明した小泉。豊原の会見での態度を見る限り、“この男にして、この愛人あり”とでも言うべきだろうか?
参照元:豊原功補の“椅子にドカッ”“足ガバッ”会見に批判殺到! 「まるでチンピラ」「反省している態度か」
2018年2月5日 19時30分 日刊サイゾー

小泉今日子が告白した豊原功補との不倫、撮影現場でも「うちの人」発言
取材・文/小窪誠子 2018/2/4

小泉今日子(51)が2月1日、デビューから36年間所属した事務所からの独立を発表した。だがそれ以上に世間を驚かせたのが、交際を報じられてきた俳優の豊原功補(52)との“不倫告白”だ。

 自身のHPに掲載された文章には「人間としてのけじめ」「豊原功補氏は同じ夢を追う同士」「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係」といった衝撃的な言葉が綴られていた。

 小泉と豊原の交際が発覚したのは2015年3月のこと。週刊誌でお泊まりデートがスクープされ、その後もデートする姿がたびたび報じられてきた。

「最初に交際が発覚した時から豊原は離婚していないのでは? という声もありましたが、その後の報道で、その関係は “同志愛”から“ビジネスパートナー”に変化しました。

 そして、いつの間にか、“豊原=離婚”というのが既成事実のように流れていったのです」(スポーツ紙記者)

 今回、小泉は当時の報道に対して「豊原氏にはご家庭があります。(中略)インターネットや雑誌などにはすでに離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました」と自ら説明し、

 さらに「このようなことになりご家族にはお詫びの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません」と釈明した。

 一方の豊原も「家族とは3年近く以前より住まいを別にしており」と夫婦関係が事実上、破綻していることを明かし、小泉との恋愛関係を認めた上で「責任は私にあります。今後全て私の一身で受ける所存であります」と心情を打ち明けている。

 独立を機に自分なりのけじめとして“不倫”の事実を明らかにした小泉の行動に、ネット上では疑問を呈する声があがった。

  「豊原の家族にお詫びの言葉もありませんと言いながら、不倫宣言するの?」
「3年前から別居してるから恋愛関係になったと言いたいの?」
「奥さんと子どもさんの気持ちを忖度できないの?」
「サバサバして、自然体で生きているキョンキョンが好きだけど、これはないよ」

「豊原は離婚に向けての話し合いをしているそうです。現在、小泉は主演映画『食べる女』の撮影中ですが、現場でもたまに『うちの人はさ~』といった呼び方が出てしまうみたいで、気持ちは紛れもなくパートナーのようです。

 覚悟の上で不倫宣言をして、二人は新たな道を模索する決意をしたといいますが、その前にやるべきことがあるのですがね……」(芸能プロ関係者)

 キョンキョンのモットーは「自分の過去を否定せず、認めること」だという。今回の行動はそれに従っただけなのだろう。

<取材・文/小窪誠子>
参照元:小泉今日子が告白した豊原功補との不倫、撮影現場でも「うちの人」発言
取材・文/小窪誠子 2018/2/4

小泉今日子、不倫公表の理由 一番わかってないのは豊原?
2018.02.08 16:00 NEWSポストセブン

「奥さんに優越感を持ちたかっただけ」、「離婚していないのに熱愛宣言って非常識」、「離婚させたいんでしょ」、「自己満足にしか思えない」、「相手の家族のことを考えてなさすぎです」…。

 前代未聞の豊原功補(52才)との「不倫宣言」に、今までとは打って変わったようにバッシングが続いている。ただ、小泉今日子(52才)は盲目的に恋に落ちて周囲が見えなくなる人ではないだろうし、相手の家族の気持ちが考えられない人でもないはず。あえて、今、発言をすることを選んだのは彼女ならではの理由があるはずで、そこには50才を超えた今後の人生を賭ける、相当な覚悟があったことだけは間違いないだろう。しかし彼女の覚悟に比べて、男性の態度にはその覚悟があったとは思えない。今、ふたりは何を見据え、何を思うのだろうか──。

「息子さんが小さい頃は家族3人仲よく手をつないで買い物している姿をよく見たもんですよ。息子さん、高校生で身長も180cm近くあってスラッとしていますね。顔はお父さんにもお母さんにも似ているかしら。そういえば最近はお父さんを見かけず、何かあったのかしらと気にかけていましたが、そんな事情があったなんてね…。奥さんも息子さんも会えばきちんと挨拶してくれますし、しっかりした母子という感じですよ」

 豊原が今は住んでいない都心にある低層高級マンションの住民はこう語る。豊原は1997年に家事手伝いの女性と知人の紹介で出会い、一目ぼれして交際をスタート。翌年のクリスマス、結婚した。

「細身で美系の彼女は、それまで特定の女性と真剣につきあうことのなかった豊原さんが初めて本気になった交際相手でした。夜遊び好きだった豊原さんがパタリと外出をやめていました」(豊原の知人)

 妻との出会いは彼にとって運命的なものだった。極秘入籍が発覚した後、豊原は雑誌インタビューでこう語った。

《今まで結婚なんて考えたこともなかったけど、彼女は歳の割に落ちついているし、『この人だ』と思ったんです。彼女に会わなかったら一生結婚しなかったかもなぁ》

◆ふたりの温度差の違和感

 2月1日、小泉今日子が所属事務所からの独立と、豊原との不倫を公式サイトで発表した。

《2015年に立ち上げた株式会社明後日は新しい夢のために設立した制作会社です。設立当初から力をお貸し頂いている俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります。ですが事実ではない記事も多く、豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております。豊原氏にはご家庭があります》

 これまで、ふたりのデートは何度も報じられてきた。しかし、一部では豊原は「離婚している」といわれたり、また「仕事のパートナー」ではあるが恋愛関係はないとされ、不倫ではないと思われていた。そんな中で突然の不倫宣言。その影響は当然のことながら大きかった。翌2日、小泉は舞台の稽古場に詰めかけた報道陣にひとりで対応し、「自分の罪は自分で背負って生きていきます」とまっすぐカメラを見据えて胸中を告白した。小泉を知る芸能関係者はこう語る。

「非難、批判が来ることは当然わかった上での発言で、キレイごとにして許されようとしたわけではないと思います。50才を過ぎて、第二の人生のスタートを切る前に、嘘はつかないでいきたいという気持ちと、本来いるはずの家族がまるでなかったような存在にされていることの方が申し訳ないと思ったんじゃないでしょうか。ご家族に説明して謝罪して責任をとりたいと前から思っていたようですから。どちらにしても、新しい形で不倫問題に一石を投じたことだけは間違いないし、そこは彼女らしい男気を感じます」

 とはいえ、世間は小泉の行動をどう受け止めればよいのか困惑している。冒頭のような批判もあるが、小泉と豊原の温度差への違和感もあった。

 2月3日の夕方、都内で豊原は緊急会見を行った。会見場に姿を現すと、丁寧に2秒ほどの深い一礼。頭を上げ、詰めかけた約80人の報道陣を見ると「すげえな、これ」と驚きの一言が出た。

 会見が始まり席に着いた無精ひげ姿の豊原は大股開きで座り、何度も足を組み替える。謝罪の言葉はなく、離婚についても、小泉との結婚についてものらりくらりとした回答。

──不倫を公表する必要があったのか?

「う~ん、私自身も思ったりします。今よりももっと面白いエンターテイメントの世界がつくれるような、小さな一石を投じることになるかもしれないというような…」

──離婚という言葉は、夫婦の間で出ている?

「具体的にどうこうはっきりという話にはなっていません」

──小泉さんは(豊原さんと)一緒になりたいという気持ちも出てくると思うが…。

「(遮るように)それは小泉さんに聞いてください」

──この会見を小泉さんはなんと?

「まぁ、そうですか、と。(中略)ただ、まぁ、石を投げつけたいかたはぼくに向けて投げてくださいと言いたい」

 会見を見た高橋真麻(36才)は「けっこう、感じの悪い会見だったなって。(中略)言うことも固まってなくて、何のために会見開いたんだろう」と思わず口にしたが、まさにその通りだった。

「小泉さんだけを矢面に立たせるのは男として格好悪いと思って会見を開いたのかもしれませんが、結果、何も考えていないことが露呈してしまいました。優柔不断というか格好悪い男になってしまった。小泉さんの不倫という行動は褒められたものではないけれど、覚悟や責任、意志の強さを感じましたが、豊原さんにはまったくない。小泉流に押されてやってはみたものの芯のない感じでしたね。小泉さんがなぜ不倫公表したのか、真摯に取材を受けているのか、豊原さんがいちばんわかっていないのかも。彼女の思いについていけていない感じがモロに伝わってきてしまいました」(スポーツ紙記者)

※女性セブン2018年2月22日号
参照元:小泉今日子、不倫公表の理由 一番わかってないのは豊原?
2018.02.08 16:00 NEWSポストセブン

小泉今日子が事務所独立で痛感しているだろうデメリットについて
文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)2018/2/7 週刊女性PRIME

「あれ、こんなはずじゃ?」

 小泉今日子は今、そう思っているかもしれない。

 事務所独立宣言と合わせて、3年前から続いていた豊原功補との関係を「恋愛関係でもあります」と、“不倫宣言”までしてしまったのだが、

「“なぜ、今?”と疑問に思う人は多いです。小泉は男っぽい、竹を割ったような性格なので、いつまでもごまかしているのがいやになって、けじめをつけたかったのではないか、という意見が多数を占めています。なかには豊原の離婚が成立してないため、しびれを切らした小泉が強硬策に打って出たのでは、と考える人もいて、一部雑誌には『豊原の妻に宣戦布告』など過激な見出しが躍りました。

 いずれにせよ、所属事務所に迷惑をかけることになるので、独立してからということになったのだと思います」(スポーツ紙記者)

 不倫を認め、公表したことに対しては、もちろん賛否両論があり、SNS上では、

「世間に受け入れられないことは承知の上で、自分のやりたいことをやるという、強い意志を感じる」「キョンキョンは潔くて、カッコいい」という好意的な意見や、

「不倫を堂々と発表するのはおかしい」「相手の家族のことを配慮していない。自分勝手だ」などの苦言も飛び交っている。

 スポーツ紙やワイドショーでは擁護する意見が多いが、事務所独立の前と比較して変わったことがある。前所属事務所の影響力が完全になくなったとは思えないが、

「独立前は、彼女の熱愛報道そのものが、ワイドショーで大きく扱われることはありませんでしたね。レポーターが直撃取材するなんて考えられませんでした」(ワイドショースタッフ)

 それだけではない。

「潔いって本当に思っている人がいるんですかね。離婚していないのに熱愛宣言て非常識じゃないですか」(西川史子『サンデージャポン』での発言)

「見えない方(豊原の妻子)が被害者って考えたときには、大の大人が“かっこいいね”“潔いね”はねえだろうって僕は思う」(坂上忍『バイキング』での発言)

 などと、彼女に批判的な意見を述べる同業者(芸能人)まで現れた。

「自分は支持されているんだ、と思い込んでいたのかもしれません。マスコミの攻撃にさらされなかったり、非難されずにすんだわけを、彼女はどれだけ理解しているかわかりませんが、少なくとも、いまは事務所独立のデメリットを痛感しているんじゃないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 そして気になるのは、豊原との今後。ワイドショーの取材に対して、結婚はないと明言していたが、

「相手の家族のことを考えてだと思いますが、豊原の離婚が成立したらあり得るんじゃないでしょうか。ただ彼女はアイドル時代から自由奔放に恋愛を繰り返していました。その性格は50歳を過ぎた今でも変わっていないと思います。“恋多き女”なんです。今の恋が長続きすると思えません」(週刊誌記者)

 これは最後から何番目の恋⁉

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>

◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
参照元:小泉今日子が事務所独立で痛感しているだろうデメリットについて
文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)2018/2/7 週刊女性PRIME



スポンサーリンク


スポンサーリンク

石田ゆり子 -結婚せずキャリアに生きるシングルウーマンの典型-



最近、ネット上のニュースで石田ゆり子が話題になることが多いようである。


石田ゆり子 癒やし美女の再ブレイクが止まらない!
2018年1月9日 05:57 Asagei+plus

16年秋にドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に出演して以来、石田ゆり子(48)の再ブレイクが止まらない。先頃最終回を迎えた月9ドラマ「民衆の敵」(フジテレビ系)にも出演していたが、18年1月スタートの木村拓哉(45)主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)では、厚生労働大臣役で華を添える。ドラマ関係者が話す。

「演技が特別うまいわけではないのですが、現場にいるだけでホンワカします。話す時に語尾を強く伸ばす癖があって、例えばスタッフに、『もう撮影始める“の”~』などとやるのですが、石田さんが言うときつい感じに聞こえないから不思議なんです」

 17年はCMにも引っ張りだこで、缶コーヒーブランド「キリン ファイア」など5社に出演している。

「癒やし系熟女として男女問わず支持を集めるだけでなく、周辺から男の“臭い”もしないので、次々とオファーが舞い込んでいます。CMのギャラは1本3000万~4000万円で、他の女優よりもお手頃な価格です」(広告代理店関係者)

 これまで俳優の石黒賢(51)や岡本健一(48)らとの交際が噂されたが、ここ10年以上は浮いた話が聞こえてこない。

「男性共演者と飲みに行くことはなく、『女子会』がほとんど。特に仲がいい女優の天海祐希(50)とは、老後に同じマンション内で別々に暮らす、なんて話も出ているようです」(芸能記者)

 独身貴族を謳歌する中、自身のプライベート写真を載せたインスタグラム(写真共有アプリ)は、130万人のフォロワーを集める人気ぶり。さらに“ゆり子フィーバー”は、インターネットのオークションサイト「ヤフオク!」でも高騰していた。

「1987年にANAの沖縄キャンペーンガールに起用され、その時に撮った写真集『踊ろよ、フィッシュ。』(英知出版)が落札価格30万円で出品されています。10代で撮影したその中身は、ビキニ姿のまま砂浜で寝転がって、推定Bカップで弾力のありそうな胸を左腕でムニュッと押しつけたり、女豹ポーズで初々しい谷間をアピールする悩殺ショットも。入手困難な作品なので、この人気にあやかって高値で売り出されています」(前出・芸能記者)

 若き日の思い出もいいけれど、アラフィフになった今の「お宝」セクシー写真集も見てみたいものだ。


2016年秋にドラマ出演して以来、再ブレイクして、ドラマに引っ張りだこであるようである。


「癒し系」「大人の女性」といったキーワードで語られる石田ゆり子について、再ブレイクした理由も含めて、占星術的に検証してみたい。


wikipediaによれば、出生データは、1969年10月3日 時間不明 愛知県名古屋市 である。


出生時間を00:00:01に設定すると、月が双子座のムリガシラーで、現在がマハダシャー土星期の終わり頃である。


出生時間を23:59:59に設定すると、月は双子座のアールドラーで、現在はマハダシャー水星期の終わり頃である。



つまり、石田ゆり子の現在のダシャーの取り得る範囲は、土星期の終わりから水星期の終わりまでの期間である。



いずれにしても月は双子座であるが、双子座から見ると、5室(創作活動全般)支配の金星が3室(芸能)に在住している配置がまず、グラビアモデルから始まって芸能の世界で活動する配置である。


また月をラグナとした場合に10室(仕事)支配の木星が3室(芸能、パフォーマンス)支配の太陽、ラグナロードの水星と共に4室でコンジャンクションしている。


ここで、ラグナロードと3室の絡み、10室と3室の絡みなどが確認でき、女優やタレント活動などで芸能界で活動していく配置が確認できる。



因みに石田ゆり子は、最近、都内の高級住宅地に地上3階建ての3億円の豪邸を立てたそうである。


理想の“オトナ女子”石田ゆり子、高級住宅地に推定3億円の豪邸 足りないのは…
zakzak 2018/02/08 17:08

 1月30日に発売された女優・石田ゆり子(48)のフォトエッセイ「Lily--日々のカケラ--」(文藝春秋)が売れている。

 「石田さんが多忙なため、宣伝活動はほとんどしていないのですが、発売日に10万部を突破。すでに15万部を超えているようです」(出版関係者)

 本では、石田のスナップ写真の他、料理レシピやお気に入りの食器、雑貨などを紹介。

 また、飼い犬とネコのシールのオマケつきと、奇跡の48歳と言われ、現在、ドラマにCMにと引っ張りだこの石田のゆるふわなライフスタイルが満載。

 「昨年「理想の“オトナ女子”ランキング」(オリコン)でも1位に選ばれるなど、とにかく石田さんの動向には注目が集まっています。

 昨年は、20年ほど前に購入した高級マンションを売却し、都内の高級住宅地に地上3階建て、推定3億円の豪邸を立てたそうです。飼っている大型犬と猫2匹のための部屋もあるそうです」(女性週刊誌記者)

 あと足りないのは結婚相手だけ!?

(zakzak編集部)


水星は月から見た1、4室の支配星で4室で高揚して、7、10室支配の木星とコンジャンクションしている。


つまり、マハダシャー水星期というのは、まさに4室が強い配置を表しており、パートナーを表わす7室、仕事を表わす10室支配の木星が4室に在住して更に4室を強めており、快適なプライベート(4室)を表わしている。


従って、3億円の豪邸を建設した現在は、マハダシャー水星期でなければならないことは明らかである。



そのようにしてダシャーバランスを検討していくと、石田ゆり子は、牡牛座ラグナのようである。






まず、石田ゆり子は、一見、穏やかだが、頑固にマイペースな性格をしている。



仕事が終わった後、芸能人に飲みに誘われても猫と犬の世話があるからと言って帰ってしまうような自分で最初に決めていた計画を守り通す頑固さがあるようである。


こうした性格は牡牛座ラグナのものである。


石田ゆり子は、インタビューなどを受けると、彼女の独得のペースに周りの人間を巻き込んでいくが、彼女の存在感や個性に周りが乗せられていくのである。






彼女が周りに合わせるということはなく、自分のスタイルを確立していて、周りが彼女に合わせるようになる。


そのようにさせる程、彼女には頑固なまでに自分を確立しているのである。



通常、牡牛座ラグナは、カリスマ主婦の星座であり、美容や健康など、日常生活の様々な工夫や趣味や趣向、料理、編み物、インテリアや生活スタイルまでに至る様々な家庭の主婦の活動についてのスタイルを発信して、世の主婦たちのカリスマになる人が多い。



美を表わす金星が支配星となる星座は、天秤座と牡牛座だが、天秤座ラグナは風の星座で、派手なファッションや身体美などで魅了するのであるが、モデルの世界などで活躍している人が多くやや生活感が伴なわない印象である。


然し、牡牛座ラグナは、家庭の主婦としても洗練されており、美的にも落ち着いており、世の主婦たちの好感度も高いのである。


牡牛座で月(主婦)が高揚するので、それで、主婦たちのカリスマになるのである。


世の主婦たちがこぞって、カリスマ主婦たちの生活スタイルやライフスタイルを真似することになる。



石田ゆり子も、それに似ていて、彼女の場合、カリスマ主婦ではないが、インスタグラムにファッションやペット、料理レシピや食器、雑貨などの写真をアップして、日常生活のエピソードなどを発信し、多くのフォロワーを生み出している。






つまり、現在の石田ゆり子は、女優の他にライフスタイルの提案者としての活動を持っている。


彼女の独身女性としての洗練された私生活に世の中の関心が集中しているのである。


こうしたライフスタイルの発信者になれるのは、石田ゆり子自身が、家庭的で、自宅で、様々な私的な活動をすることが好きであるからである。



その為にも快適な3億円の豪邸が必要であったということである。


インスタグラムで、ライフスタイルの発信をするのに快適な住まいというものは、必須のアイテムであったということになる。



彼女が3億円の豪邸を建設するために動き出したのは、2016年2月頃で、この時に土地を購入して、どんなオーダー住宅にするか相談を重ねていたという。


この時、トランジットの木星は4室獅子座を通過し、土星は蠍座から4室にアスペクトして、4室(家、土地)にダブルトランジットが生じていた。






ちょうど不動産を取得するタイミングである。


ラーフ/ケートゥ軸も4-10軸にあり、4室にラーフがトランジットしていた。


従って、土地を獲得し、土地を獲得した後にその上に自分の理想の住まいを建築する・・・というように限りなく理想の住まいという欲望が拡大した時期である。




ダシャーは水星/太陽期であり、マハダシャーの水星は4室支配で4室で高揚し、アンタルダシャーの太陽は4室の支配星で、マハダシャーの水星とコンジャンクションして、4-5のラージャヨーガを形成している。


水星/太陽期は、住まいのことでの発展やブレイクがあったことが理解できる。


4室支配の太陽が5室に在住しているが、オーダー住宅であり、設計の段階から天井の高さなどの基本的な構造から建築素材の選択や庭にどのような植木や植物を植えるかなどの様々なことを施工会社と相談しながら自分で決めていくのであり、明らかに創作活動の一部である。


つまり、オーダー住宅というのは、石田ゆり子のライフスタイルの表現そのものである。


それが4室支配の太陽が5室に在住して、ラージャヨーガを形成し、この家の建築が、創作活動であることが、良く表れている。



もし石田ゆり子が牡牛座ラグナで正しければ(既に間違いなくそうであると思えるが)、ラグナロードの金星は4室でケートゥとコンジャンクションしている。


ラグナロードが4室に在住していることから、この配置は、石田ゆり子は家好きであることを良く物語っている。


従って、オーダー住宅というのは、彼女の夢の実現であり、人生の大きなテーマなのである。


そして、金星が在住していることから、インテリアなどにこだわりを示したり、花や植物で飾り、食器や雑貨にもこだわって、住まいを芸術的に綺麗なものにしたいという欲求があるはずである。


そして、ケートゥがコンジャンクションする為、異国情緒が溢れていたり、わびさびの効いたシンプルなものにしたいと考えているかもしれない。


実際、インスタグラムの写真を見ると、石田ゆり子の新築の住まいは、落ち着いた美に溢れていて、まさに金星とケートゥのコンビネーションの表れである。



そして、猫と犬を飼っていて、子供のように可愛がっている。






ペット(愛玩動物)は6室の支配星で表されるが、ラグナロードの金星は同時に6室(愛玩動物)の支配星でもあり、4室に在住している。



従って、ペットは石田ゆり子の住まいの一部なのである。



また牡牛座ラグナで正しければ、2、5室支配の水星が5室に在住し、4室支配の太陽とラージャヨーガを形成すると共に8、11室支配の木星との間に2-11、5-11のダナヨーガを形成している。


5室支配の水星が5室で高揚している配置が、極めて目立っているが、5室は作家のハウスであるが、強い水星が在住しているので随筆やエッセイ、ジャーナリズムなどの事実を主体とした作品になるのである。


書籍

エッセイ

しあわせの風景(1994年、角川書店)
天然日和(2002年、幻冬舎)のち文庫
セ・ジョリ ここちいい毎日(2003年、幻冬舎)
C’est joli – きらきらと輝く、ここちいい毎日。責任編集(2004年、幻冬舎)
旅と小鳥と金木犀 天然日和2(2005年、幻冬舎)のち文庫
京の手習いはじめ(2008年、講談社)
はなちゃんの夏休み。(2013年、ほぼ日刊イトイ新聞)
Lily ―日々のカケラ―(2018年1月、文藝春秋)

写真集

Suppin SPECIAL 石田ゆり子写真集 – 踊ろよ、フィッシュ。(1987年、英知出版、撮影:丸山裕)
Yuriko’s Notebook(1991年、ワニブックス、撮影:渡辺達生)
Precious野村誠一恋写(1994年、講談社)
石田ゆり子 リリシズム セーターブック(1995年、雄鶏社)
ゆり子・ひかり きせき 1987 – 1996(1996年、集英社、撮影:中村昇)

メイク本

岡野瑞恵『大人のMake Book (美人開花シリーズ)』(2016年10月24日、ワニブックス) モデル:石田ゆり子

(wikipedia 石田ゆり子より引用抜粋)


水星には木星がコンジャンクションしている為、理想主義や倫理、教育的な要素が含まれているかもしれない。


然し、金星が絡んでいない為、小説やストーリー性のある読み物にはならない。




石田ゆり子はなぜ、シングルウーマンなのか?



石田ゆり子のライフスタイルを解明する上で、最も重要な7室や8室の状態について見ていくが、まず、7室支配の火星が8室に在住している。



この配置は、パートナー(7L)が支配的に振る舞う(8室)配置であり、パートナーが支配者となる配置である。



具体的にどういう状況かと言えばパートナーが妻子持ちだったり、他にも交際相手がいるなど、パートナーの愛人となる配置である。



石田ゆり子、女性大物歌手Aの夫と「密会不倫」疑惑
2015.09.16 09:00 日刊大衆

〈やっぱりフィーリングでしょうか。何気ない会話をずうっと続けていける人が一番じゃないかと思います。それが気が合う、ということですよね。でも、婚期を逃したような気はしてます(笑)〉
今年の初め、雑誌のインタビューで自らのプライベートをそう語っていたのは、女優の石田ゆり子(45)だ。

高校1年生で芸能界入りした彼女は、可憐なルックスと清楚な雰囲気で瞬く間に人気を獲得し、その後、清純派女優として大活躍。
「最近では、映画やドラマでの濡れ場も厭わず、妖艶なフェロモンを漂わす本格派女優としての脱皮にも成功しています。彼女自身は独身ながらも、人妻役や不倫に身をやつす役を演じることが多いのも、その証明でしょうね」(映画ライター)

だが、高い評価を受ける劇中での迫真の不倫愛が、プライベートでの”経験”に基づいているものだとしたら……。
「石田と歌手のAさんの夫との不倫関係は、映画業界では知る人ぞ知る話です。2人の関係は、もう3年以上続いているそうです」
と語るのは芸能プロ関係者だ。Aは、日本を代表する大物女性歌手で、これまでのCDの累計売り上げ枚数は数千万枚という大ヒットメーカーだ。この芸能プロ関係者は、「芸能関係者であるAの夫と石田は、古くからイベントなどで接点があり、プライベートでの親交を深める中で、そうした関係になっていったようですよ」と話す。

石田といえば、「これで引退してもいいという気持ちで(演じた)」と語った今年3月公開の映画『悼む人』での濃厚なベッドシーンが記憶に新しいところ。
「一番衝撃的なのは、彼女が井浦新演じるヤサ男に執拗な指で導かれてしまうシーン。男の腕の動きが激しくなるにつれて、”あん……あん、ああんぅ”と声を漏らし、ついには身体を弓なりに硬直させて絶頂に達する。浮気相手に性の悦びを教えられた彼女が、夫と別れてしまうという役どころです」(前出の映画ライター)

もしかして、このシーンが、実生活でもAの夫を相手に繰り広げられているのかも……。
果たして、映画のストーリーとは逆に、石田がAの夫を”寝取って”しまう可能性はあるのだろうか。
「2人は東京・西麻布の高級和食店Tで頻繁に会っているといいます。一部の張り込みカメラマンは2人をマークしているという話も聞こえてくるので、密会が激写される日も近いのかもしれませんよ……」(前出の芸能プロ関係者)

“フィーリングが合う人”をAから寝取って……まさかの略奪婚まである!?



上記の記事では、石田ゆり子は、女性大物歌手Aの夫と不倫をしているという疑惑が報じられている。



「石田と歌手のAさんの夫との不倫関係は、映画業界では知る人ぞ知る話です。2人の関係は、もう3年以上続いているそうです」と芸能プロ関係者の話として伝えられている。


通常、7室の支配星が8室に在住する場合、交際相手が他にパートナーを作るなど、三角関係的な状況を被る配置であるが、更にその惑星が火星であった場合は、別の要素も関わってくる。


それは火星は血の気の多い男性の象徴であり、また男性器なども象徴する惑星である。



従って、この火星が8室に在住する場合、男性から性的に支配される配置であり、男性から強引に迫られることが多くなる配置なのである。



酷くなれば、それは強姦などの犯罪行為にも関係する配置である。



従って、この配置を持つ女性は、男性に強引に迫られるのが日常となり、そうした強引なアプローチを受け入れることが習慣化するため、異様に妖艶なセックスアピールを発揮することになる。


つまり、8室の火星とは男性側の強引なアプローチを受け入れやすい配置なのである。



従って、その配置が醸し出すエネルギーが、異様な誘惑を周囲にもたらすことになる。



マリリン・モンローも火星が8室に在住していたが、やはり、セックスシンボルとしての扱いを受けた。






従って、石田ゆり子も「オトナの女性」といったソフトな評価を受けているが、結局の所、これはセックスアピールがあり、大人の色気があるということを上品に述べたものである。



例えば、石田ゆり子のドラマの役柄を見ると、愛人役がはまり役なのである。



林真理子の「不機嫌な果実」で、不倫に溺れるヒロインを演じている。



女優や俳優は、自分のホロスコープで示された自分自身の性格や行動パターンに一致する役柄を割り当てられるものである。



従って、「不機嫌な果実」の主役は、石田ゆり子のはまり役であった。



他にも石田ゆり子は、様々なドラマで、男性から強引に迫られる役柄が多い(例えば、壁に押し付けられて強引にキスを奪われるなど)のは、ドラマを見たことがある方ならご存知だと思われる。



この配置を愛人のカルマと呼ぶならば、この配置がある場合、男性に放っておけないという心理状態に陥らせる。



いわゆる、魔性の女の誕生である。


石田ゆり子の“ポンコツすぎる可愛さ”に小栗旬がデレデレ!
2017.04.15 18:15 アサジョ

「こんな二人の店があったら毎晩でも通いたい」「月9の枠、もうこの番組にしたら?」‥‥4月12日に放送された特番「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」(フジテレビ系)が、好評を博している。

 同番組は天海がママ、石田がチーママを務めるスナックと言う設定で、俳優や芸人たちがお客として来店。飲み屋さながらのユルんだトークを展開するバラエティーで、2016年9月に放送されるや、話題を呼んだことを受けての第2弾となった。

「この番組の見どころは、天海の仕切りの上手さもさることながら、なんといっても石田の天然ぶりが見られる点。今回も石田はビールを注いでは泡だらけに、ちくわを焼いては焦がすなど、前回同様のポンコツぶりを見せていました」(週刊誌記者)

 だが、この石田のポンコツぶりが「可愛すぎる」と大評判。「グラス2/3が泡。でもそれがかわいい」「石田ゆり子の可愛さは天賦の才」「ゆり子は可愛いのかたまりだな」と、視聴者をトリコにしているのだ。

 そんな石田の可愛さにヤラれた同番組のゲストがいる。新ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(同局系)の番宣を兼ねて出演した、主演俳優の小栗旬だ。

「視聴者がテレビ越しにヤラれるくらいですから、その場で酒を飲んでる俳優陣はたまらなかったでしょうね。誰もが石田のことをチラチラと見ては幸せな笑みを浮かべてました。なかでも小栗はチラ見を通り越して、もはやガン見。ネット上でも『小栗はゆり子ばっかり見てるな、惚れてる目してる』『おまえ、もう、ゆり子さんのこと好きやろ!』『ゆり子さんを見る目がギラギラしてる』などと指摘を受けていたくらいです。この放送を見た妻の山田優は、いったいどう思ったでしょうかね」(テレビウオッチャー)

 焦げたちくわと泡だらけのビールで5000円の勘定となる「スナックあけぼの橋」。それでも天海祐希と石田ゆり子に会えるなら「通いたい」という殿方も多いはずだ。

(佐藤マコト)


上記の記事では、男性たちが皆、石田ゆり子に夢中になる様子が示されている。



通常、男性を誘惑する魔性の女というのは、世の主婦たちから見ると、自分の夫を誘惑する悪い女であり、決して許せない女性なのであるが、石田ゆり子の場合は、そうならないのである。


男性から人気があるのがよく分かると言って理解を示されるだけである。





つまり、これは彼女が牡牛座ラグナだからではないかと思われる。



牡牛座ラグナは月が高揚する星座である為、世の主婦たちのカリスマとなるため、魔性の女であっても主婦たちからは悪く思われないのである。



以前、魔性の女との評価を受けた裕木奈江は、世の主婦たちから酷いバッシングを受けたが、それとは対照的である。




石田ゆり子は、私生活上でも交際した相手は、必ず、誰かの夫であったようだ。



石田ゆり子 ワイドショーで暴露された演技派俳優との不倫交際 「『結婚したくても相手が別れてくれない』と嘆いた」
2012年8月21日 11:00 Asagei+plus

アラフォーにして、いまだ独身の石田ゆり子(42)。清純派のイメージも強い彼女に降って湧いたのが不倫疑惑。気になる相手の名前を巡って、次々と大物俳優の名前が取りざたされているのだ。



 突然の不倫疑惑の発端は、7月22日に放送された情報番組「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)内の名物コーナー「ここだけの話」に登場した女性ファッション誌「GLAMOROUS」編集長・藤谷英人氏の発言だった。「あまりにもヤバすぎて言えなかった」と前置きしたうえで、衝撃の発言をするのだ。

「女優のI・Yさん。お年も40ちょっと。色っぽくて美人の方ですが、なぜ結婚しないかというとある超大物芸能人夫妻の夫とずっと不倫している。その夫の方と結構長くて、ずっと結婚したがっているからです」

 この発言を巡って放送直後から、ネット上では、“犯人探し”の書き込みが相次いだが、I・Yといえば、誰もが思いつくのが他ならぬ石田だったというわけだ。芸能ライターが言う。

「過去には、俳優の石黒賢(46)や岡本健一(43)、和太鼓奏者の内藤哲郎氏との交際報道がありましたが、いずれも結婚には至りませんでした。中でも直近で噂になった岡本健一とは不倫関係をズルズル引きずったままの交際だっただけに、意外に魔性の女性なのかもしれません」

 しかも、今回のお相手も不倫となれば始末が悪い。

「一部では、不倫相手は俳優の椎名桔平(48)だという情報が駆け巡りました。実際、かつては山本モナとも不倫疑惑を持たれたほどのプレイボーイで、過去には石田ともドラマ『永遠の仔』(日本テレビ系)で共演したこともあるだけに接点もある。ところが、発信元の編集長周辺では、『I・Yは石田だが相手は椎名ではない』と全面否定しています」

 では、不倫相手は誰なのか。本誌が取材を進めていくと意外な名前が浮上してきたのだ。

 芸能関係者が明かす。

「実は、俳優のKと言われています。すでにツーショット写真を撮影済みのマスコミもあると聞きます。その関係者は『掲載は時間の問題』と語っていましたよ」

 つまり、不倫関係発覚も時間の問題だというのだ。そこで、今回の不倫疑惑報道を確かめるべく石田の所属事務所に問い合わせると意外な答えが返ってきた。「えっ、そうなんですか?否定以前に、そのような話(不倫疑惑)が流れていること自体知りませんでした。たいへん驚いております」

 不倫交際が事実ならば、ファンならずとも地団駄を踏む男性も少なくないはず。憧れの美女の動向に眠れない夜が続きそうだ。



つまり、妻子ある男性から言い寄られることが多いということである。


石田ゆり子としても、おそらく7室支配の火星が8室に在住しているため、自然にそうなってしまうのであるが、火星は月から見て6、11室支配で7室に在住している為、コミュニケーション的にも今ひとつ一致(調和)がないのである。


意見や行動におけるすれ違いが度々発生したはずである。



上記の記事にある『結婚したくても相手が別れてくれない』という嘆きがそれに該当する。




そうしたことで、石田ゆり子は恋愛に疲れたのである。


彼女は自ら「婚期を逃したかもしれない」と笑ってインタビューで答えているが、彼女は決して結婚したくない訳ではなかったのである。


結婚したかったのだが常に相手が既婚者であったりするため、出来なかったのである。



そして、そうした結婚の願望を通り越して、今となっては、同性の信頼できる友人たちと「女子会」を行なうことが、ささやかな幸せなのである。






7室支配の火星が8室に在住している場合、男性に頼ろうとするが、火星は凶星であり、8室を傷つけてもいる。



従って、男性に頼るが、与えてほしいという願望が満たされることがない。



8室は結婚生活のハウスであり、パートナーの家族や親族などのハウスである。



結局、結婚できないということは、相手の男性が現在の配偶者とは別れないし、自分の家族を紹介したりなど配偶者的な扱いをしてくれないということである。



それが8室に凶星が在住する意味である。



特に8室に火星が在住している場合は、結婚する気はないが、刹那的な関係(性的関係)だけを求めてくる男性がやって来るのではないかと考えられる。



これが石田ゆり子の独身の理由なのである。




このような場合には、結婚からは卒業して、仕事や趣味に生きたり、例えば「女子会」などを開いて、信頼できる友人たちとの関係を育み、別の幸せを探していくことが重要である。



石田ゆり子は、既にこの境地にいるのであり、開き直りによって人生に別のものを求めているのである。



従って、決して、結婚したくなかった訳ではなく、結婚したかったが、結婚できなかったために結婚に興味を失ったのである。



そして、代わりに仕事への情熱や趣味への情熱、あるいは仲間との友情を見出したのである。




それが、石田ゆり子の最近の女優魂であり、またライフスタイルの提案者としてのインスタグラムへの投稿であり、また「女子会」への熱中なのである。






石田ゆり子 まるでタラレバ娘!豪華女子会で飛び出した仰天会話
2017年2月8日 6時0分 女性自身

1月30日付のインスタグラムで、“豪華すぎる女子会”の写真をアップ。ネットの話題をさらったのは、石田ゆり子(48)。

石田の誘いで集まったのは、滝川クリステル(39)、NHKの有働由美子アナウンサー(47)、清原和博(49)と昨年離婚した亜希(47)、キャスターの陣内貴美子(52)という面々。この5人、いったいどういうつながりなの!?

「もともとは、石田さんが亜希さんと新年会をやろうっていうのが発端だったようです。石田さんと亜希さんは、もう30年来の友人で、石田さんがドラマデビューをする前、CMモデルだったころからの付き合いで、本当の親友。亜希さんが離婚するときも、いろいろ相談していたそうです。そして亜希さんは、元夫の清原さんを通じたスポーツ界つながりで、バドミントンの元日本代表である陣内さんと親しいんです。それで会場も、陣内さん夫婦が経営する寿司店にしようということになりました」(テレビ局関係者・以下同)

陣内の夫は、元広島カープ投手の金石昭人さん(56)。現在は実業家として、都内で飲食店を複数経営している。そのうちの1軒、東京・目黒区内の寿司店「かねいし」が会場に選ばれた。

「滝川さんは、石田さんと仲がいいんです。3年前に滝川さんが殺処分ゼロを目指す動物愛護の財団を立ち上げたときから、石田さんがいろいろ協力しています。石田さんも犬や猫をたくさん飼っていますからね。それで意気投合したそうです。この日も『ぺットは溺愛してるけど、まだ結婚もあきらめてな~い!』って、お酒が入ってノリノリだったみたい(笑)」(前出のテレビ局関係者・以下同)

女性もアラフィフになると、がんで母親を見送っていたり、子供をあきらめたり、人生山あり谷ありを経験している。離婚を経験した亜希、結婚寸前といわれた小澤征悦(42)と別れて独り身の滝クリ、遠距離恋愛を続ける5歳下の会社社長との結婚に踏み切れない有働アナ……。だが、そんな“悩み”を持ちつつも、ポジティブに生きてきたのがこの5人。この日、ひとつだけ“ルール”が決められていたそう。

「じつは、『年齢の話は禁止~』ってなったみたいです(笑)。でも、話は自然と“恋愛”の話になりますよね。そうすると、『男性も50歳ともなると、みんな結婚してるか、独身ならバツイチかゲイ』なんて、年齢を意識した話になって。最後は『やっぱり年下もあり!』って結論に落ち着いたそう。本当に『東京タラレバ娘』そのままだったようです」

女子会は、今後も開かれることになったという。次回は参加希望者が殺到しそう?




最近、石田ゆり子は、木村拓哉との共演が決まったようだが、昨年2017年10月31日に発表された。


石田ゆり子「ワクワク」木村拓哉と14年ぶり共演
2017年10月31日6時16分 日刊スポーツ

木村拓哉(44)がボディーガード役に初挑戦する、テレビ朝日系で18年1月にスタートする連続ドラマ「BG ~身辺警護人~(仮題)」(木曜午後9時)で、物語の鍵を握る女性厚生労働大臣を、石田ゆり子(48)が演じることが31日、分かった。同日、同局が発表した。木村と石田が共演するのは、04年のフジテレビ系「プライド」以来14年ぶり。

 石田が演じる立原愛子は、知的な美貌で人気のキャスターだったが8年前、衆議院に立候補し、有権者(特に男性)から圧倒的な支持を受けて見事トップ当選。女性の立場を生かす旗印として厚生労働大臣に抜てきされたが、上昇志向が強く、手段を選ばないという役どころ。石田は同局を通じてコメントを発表した。

 石田 とてもワクワクしております。木村拓哉さんとご一緒するのは、14年ぶりになります。(脚本を担当する)井上由美子さんの描かれる「BG~身辺警護人~(仮)」の世界の中で、立原愛子という政治家として生きることを今からとても楽しみにしております。

 また江口洋介(49)が、木村演じる民間警備会社の敏腕ボディーガード・島崎章と対立する、警視庁SPの落合義明役で初共演する。江口も、コメントを発表した。

 江口 今回、木村拓哉さんとの共演は初めてです。互いに高い意識の中でどんな火花を散らせるか、撮影に入るのが今から楽しみです。落合は、常に冷静で、感情を表に出さない男ですが、島崎という男に出会って、どのように変化していくのかを楽しみにしていただけたらと思います。丸腰の民間ボディーガードに対して、常に立ちはだかる強力なライバルとして、相手を圧倒させる存在感を出せたらと思っています。

 また島崎の身辺警護課の同僚で、元自衛隊員のボディーガード高梨雅也を斎藤工(36)、メンバー唯一の女性ボディーガード菅沼まゆを菜々緒(29)、メンバー最年少の沢口正太郎を間宮祥太朗(24)が演じる。そして、個性豊かな新人ボディーガードたちをまとめる課長・村田五郎を上川隆也(52)が演じる。上川もコメントを発表した。

 上川 きらびやかな出演者が居並ぶ中、艶に乏しい輩が紛れ込んでしまいましたが、鈍色にもそれなりの味わいはあるであろうことに期待しつつ、皆さんと一緒に作品を盛り上げていきたいと思います。



2017年10月31日と言えば、トランジットの土星が射手座に入室してから4日後である。




石田ゆり子が、牡牛座ラグナであれば、土星は射手座から10室にアスペクトし、木星は天秤座から10室にアスペクトし、10室(大舞台)にダブルトランジットが生じている。



また土星と木星は2室双子座にもアスペクトするが、2室には3室(芸能、パフォーマンス)支配の月が在住している。



従って、今のタイミングで、木村拓哉との共演が決まったというのは、よく分かるのである。



また木村拓哉は、ラグナが獅子座のプールヴァパールグニーであるが、石田ゆり子のラグナロードの金星は獅子座プールヴァパールグニーに在住している。



従って、共演する縁があるのである。






石田ゆり子は、2016年末にドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演して以来、2017年は再ブレイクの年だったと言われているが、2017年1月26日~6月21日までは、木星が乙女座をトランジットし、土星は射手座から乙女座にアスペクトして、乙女座にダブルトランジットが生じていた。


乙女座には月から見た10室支配の木星が在住していた為、このタイミングで再ブレイクしたのである。




その後、土星は蠍座に逆行し、6月21日~10月26日まで7室蠍座を運行していたが、7室に土星が通過していた為、何故、石田ゆり子は結婚しないのかといった記事が盛んに雑誌に投稿されたのである。


本人はどうでも良くても周りがワイワイ騒ぐ訳である。




実際には2014年11月頃から土星は蠍座に入室している為、以後、2017年10月26日まで、土星は7室の蠍座を通過していた。



従って、2016年5月15日付の日刊ゲンダイの記事を見ても、おせっかいなことに何故、石田ゆり子は結婚しないのかについて分析している。




46歳美魔女も結婚歴なし 石田ゆり子がいまだ独身貫くナゼ
2016年5月15日 日刊ゲンダイ

「相変わらず奇麗ですね~」「清楚!」などと、感嘆の声が上がった。女優の石田ゆり子(46)が13日昼のNHK「スタジオパークからこんにちは」に生出演し、登場した直後のことだ。

 石田は現在、金曜夜の同局ドラマ10「コントレール~罪と恋~」で演じているシングルマザー・役が話題だ。無差別殺人事件に巻き込まれ、犯人と格闘した際に文の夫を殺してしまった男(井浦新)と恋に落ち、自分からキスしてしまうというストーリーなのである。昨年公開の映画「悼む人」では夫を殺し、その亡霊に付きまとわれる主婦を熱演、濃厚な濡れ場でも話題になった。

 石田を長く取材しているスポーツ紙記者が言う。

「女優として、代表作でもある1997年のドラマ『不機嫌な果実』でも不倫に身をやつすヒロインを演じ、激しいベッドシーンに挑んでいます。難役や濡れ場にも尻込みせず、迫真の演技を見せるのが石田のスタイル。いまだ独身で、結婚歴もない私生活と、ドロドロの愛憎劇とのギャップが大きいんです」

■自立心が旺盛

 その私生活はどのように過ごしているか。俳優の石黒賢に和太鼓奏者の内藤哲郎氏ら、交際を取り沙汰された相手はいないわけじゃない。どうして結婚しないでいるのか、ファンならずとも、知りたくなる。

「石田は意外と鼻っ柱が強く、相手が誰であっても、おかしいときは反論するし、言い返す。実はツンデレで、たとえば交際相手には甘い顔を見せたりしているのかも知れませんけど、遠まわしに男関係のことを質問したりして、『一体なにが知りたいんですか!』とやられたことが何度もある。1999年に大手芸能プロから独立し、妹で女優の石田ひかりと個人事務所を設立したときは、事務所と喧嘩して辞めたんじゃないかという噂がありました」(前出のスポーツ紙記者)

 本人いわく、昔から自立心が旺盛で、「スポ根女」なのだという。だから、独身を貫いているというわけでもないだろうが、女優のほか、都内にある個人事務所の社長業もこなしているというから、経営手腕もあり、男勝りのため、結婚の必要をそれほど感じていないのかもしれない。

 清楚だからといって、か弱いわけじゃない。奇麗な花にもトゲがあるということだろう。


こうしたことが起こるのは、土星が7室を通過しているからである。



最後に石田ゆり子のラグナ、月、金星から見た7室、7室の支配星、8室、8室の支配星について検討する。




1. ラグナから見た7室に惑星は在住しておらず、サスペクトもしていない。

2. ラグナから見た7室支配の火星は8室に在住し、逆行の土星からアスペクトされている。

3. ラグナから見た8室には火星が在住し、逆行の土星がアスペクトしている。

4. ラグナから見た8室支配の木星は逆行の土星からアスペクトされ、太陽とコンジャンクトしている。

5. 月から見た7室には火星が在住し、逆行の土星がアスペクトしている。

6. 月から見た7室支配の木星には逆行の土星がアスペクトし、太陽がコンジャンクトしている。

7. 月から見た8室はラーフ、火星によって挟まれ(パーパカルタリ)、土星によってアスペクトされている。

8. 月から見た8室の支配星は凶星からのアスペクトは受けていないが減衰している。

9. 金星から見た7室にラーフ/ケートゥ軸が絡んでいる。

10.金星から見た7室支配の土星は逆行して減衰している。

11.金星から見た8室には土星が逆行し、火星がアスペクトしており、またラーフと土星によって挟まれている(パーパカルタリ)。

12.金星から見た8室支配の木星は太陽とコンジャンクトし、逆行の土星からアスペクトされている。



上記で、ほぼ全てのポイントについて生来的凶星の絡みが確認できる。



従って、出生図では、シングルウーマンの条件を満たしているのである。



これらのポイントが傷ついているが、それ以外の配置に顕著に強い惑星配置がある場合には、シングルウーマンとなるが、才能を生かして仕事や趣味で充実した人生を送るのである。


石田ゆり子の場合、5室に高揚する強い水星が在住しており、4室支配の太陽とコンジャンクトして、ラージャヨーガを形成し、8、11室支配の木星との間にダナヨーガを形成している。


また月から見た5室支配の金星が3室(芸能)に在住している。



従って、才能を使って、エッセイを出版したり、女優として芸能活動ができるのである。



主演女優を張れるのは、金星が獅子座に在住しているからである。



石田ゆり子は、そうした才能あるシングルウーマンの典型的な配置であると言える。



問題はナヴァムシャのラグナであるが、今回はナヴァムシャのラグナまでは修正できていない。



ナヴァムシャのラグナの取り得る範囲は、山羊座から乙女座の9つである。



この中に彼女の正しいナヴァムシャのラグナがあるはずであるが、それは今後の課題である。








(参考資料)



「かわいすぎ!」と絶賛も、石田ゆり子が結婚できない深いワケ
2017.04.26 11:00 日刊サイゾー

「キレイなのに結婚していない女性芸能人」。その代表格が、人気女優の石田ゆり子だ。

 その“結婚できない理由”の片鱗が、12日放送の特番『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)で垣間見えた。

 同番組は天海がママ、石田がチーママを務めるスナックという設定で、俳優や芸人たちがお客として来店。飲み屋さながらのプライベートトークを繰り広げたが、見どころは石田の“天然ぶり”だ。

 ビールを注いでは泡だらけに、ちくわを焼いては焦がす失態を演じた。しかし、これがまた男性を惹きつける魅力であり、ネット上では「かわいすぎる」の大合唱。後日、石田は自身のインスタグラム「#ハニオ日記」で、愛猫ハニオの口調で「ぼ、ぼくのおかーさんはぽんこつぢゃない」と否定していたが……。

「彼女の天然ぶりを『計算』という人もいますが、あれは本当に素なんです。見ている分にはかわいらしいのですが、いざ結婚となると躊躇してしまうのかもしれません」(舞台関係者)

 石田は昨年12月放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)でも、そのマイペースぶりをいかんなく発揮していた。

 ロケで一緒になった芸能界屈指の“飲んべえ”で知られる俳優・古田新太とお笑い芸人の藤井隆が「このあと一杯どうですか?」と誘うも、石田はやんわり拒否。すでに飲食店を予約してしまっていた古田はなおも食い下がったが、結局石田が誘いに乗ることはなかった。

「石田さんは翌日休みで、特に予定も入っていなかった。断った理由は、自宅で飼う犬と猫の世話のためだったそうです。彼女は事前に『今日はこうやって過ごす』と決めるタイプで、イレギュラーが生じても対応できない。なんとなく、結婚できない理由がわかる気がしました」とは女性誌記者だ。

 世のオジサマたちにとっては、ずっと“癒やしの女神”であってもらいたいが……。
参照元:「かわいすぎ!」と絶賛も、石田ゆり子が結婚できない深いワケ
2017.04.26 11:00 日刊サイゾー

石田ゆり子 ブーム続く理由はその希有な存在感
2018年01月21日 07時00分 NEWSポストセブン

放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、再ブレイク後のブームが続く石田ゆり子について考察。

 * * *

 18日にスタートした木村拓哉主演の『BG ~身辺警護人~』(テレビ朝日系)初回視聴率は15.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と予想通りの好発進。メ~テレ(東海地区)や朝日放送(関西地区)など、系列局では20%の大台超えを記録したところもあり、関係者も胸を撫で下ろしていると聞く。

 同ドラマのプレミアム試写会と完成披露会見が行われたのは15日のこと。場所はテレビ朝日が誇る“箱”、『EXシアター六本木』で、木村ファン500人とマスコミが場内を埋め尽くした。

 登壇者は木村に加え、江口洋介、上川隆也、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、石田ゆり子と、いずれも主演級の俳優たち。新春らしく今年の目標を記した書初めが公開されたり、タイトルロゴを焼印した大量のお饅頭が詰まった酒樽で鏡開きをしたり、キャノン砲で銀テープが発射されたりと、連ドラの会見とは思えないような絢爛豪華さだった。

 ちなみに、木村、上川、斉藤、菜々緒、間宮が民間警備会社の身辺警護課所属の同僚(ボディガード)で、江口は警視庁のSP役。石田は、厚生労働大臣・立原愛子なる役で、“女子アナ上がり”。特に男性有権者から圧倒的な支持を受け、トップ当選した後、女性の立場を活かす旗印のため厚労相に抜擢された。

 その経歴から蓮舫氏や丸川珠代氏の顔も浮かんでしまうが、見た目は、ふんわりした「石田ゆり子」そのものだ。

 が、そのルックスに反し、「上昇志向が強く、そのためには手段を選ばない」というのは、これまで石田が演じてきた女性像と異なるのはもちろん、石田が再ブレイクした『逃げるは恥だが役に立つ』(16年10月期・TBS系)のイメージとの違いに戸惑う視聴者も多かっただろう。

 だが、キャストの挨拶や、会見の司会進行を務めていた同局の宇賀なつみアナウンサーやテレビ誌記者からの質問、木村ファンによるアンケートから選ばれた質問に対する石田の回答は“ワールド炸裂”であった。

 まずは最初の挨拶。冒頭、「みなさん、こんにちは」と言った後、なぜか小さく笑う石田。

「石田ゆり子です。私もいま、皆さんと一緒に(会場の)2階で初めてこのドラマ(の試写)を見たんですけど、あの、ホントに…メインテーマが頭からさっきから離れず、夜も寝れないカンジです」とまた笑う。マイクには乗らなかったが共演者からツッコまれ、「え? なぁに? 夜じゃない。はい、スミマセン」とまた少女のようにクスクス笑うのだ。

 続いて役について、「あの~私の役はですね、皆さん、ご覧になった通りなんですけど、厚生労働大臣の…立原愛子という役で」とまた笑い、「思ったより…黒い役ですね」と言ったところで、今度は場内の女性ファンから爆笑が起きた。

 恐らく、木村ファンの女性たちと石田は、ほぼ同年代。続いて「カワイイ」という声も、あちらこちらから上がった。

 石田が続ける。「でも黒いなりにも彼女には信念があって、その上がっていくために手段を選ばない強さがあり、その強さが私にとっては役を演じる拠り所でございます」と言いながら、また笑うのである。

 このコメントの締め、「ここにいらっしゃる素晴らしいキャストの皆さんと素晴らしいスタッフの皆さんと、このドラマを最後まで走り抜けて…」と、まとめようとしたとき、これまで以上に笑い出す石田。登壇キャストが全員、「どうしたの?」「何があった?」と石田の顔をのぞきこむと、「ゴメンナサイ、ちょっと長かったなぁと思って…(間を置き、気を取り直して)走り抜けたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします」。

 そんな石田に対し、「カワイイ」と声を上げた女性たちは、「この人は放っておけない」「だから男性に人気があるのか」と心から納得したと思われる。

 1月5日、『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)で、火をつけずにフライパンで調理をし始め、かなり経ってからそれに気づいた石田に対しても同番組の共演者たちは同様の反応だったのである。特に女性の分析には厳しい友近が諦めたように「やっぱり放っておけないんや」と呟いていたのが印象的だった。

 話を『BG~』の会見に戻そう。石田を除く登壇者が主演の木村を立てたり、木村絡みのエピソードトークを繰り広げるなか、積極的には入ってこない石田。この年代の女優なら、場数も踏んでいるだろうし、多少のサービスがあってもいいように思うが、石田がそれをやらなくても、共演者はもちろん、観客も許している。

 口数が少ないからといって、機嫌が悪いわけでもなく、人の話に耳を傾けていないわけではない。前述のようにクスクス笑ったり、終始笑みを浮かべているのだから。必要以上のことは喋らないのである。

 だが、件の「今年の目標」の書初めで、もっとも笑いをとったのは石田ゆり子だった。また照れ笑いをしながら、「鍛」の一文字を記した石田。そのココロは「護る(守る)というのを、意志を貫く、目標を守るという意味に置き換えて、鍛錬の鍛です。私は、すごい怠け者で、ウチに居ると、だらだらだらだら…、だっらだらだっらだらする生活を送りがちなんですね…。もう年齢的にも本当にマズイなと…、カラダも心も、ちょっと、ちゃんと鍛えて、この『BG』で最後は、皆さんの側のほうに行きたい」。

 ここで場内の木村ファンから大爆笑と大拍手が起きた。石田は続けて「できたら最後はアクションをやって終わりたい。本当にそう思っていて…、アクション習いたいな…、自分の身体を鍛えたいです」と締めた。

 けっこう、それは短期間でやらなければならないと指摘した宇賀なつみアナから「もう何か始めたりは、されてるんですか?」との質問が飛んだが、案の定、首を大きく振る石田。

 木村ドラマの共演者選びは昨今難航するとの報道もあるが、ここまで木村の女性ファンたちの共感を得た石田は、最適なキャスティングだったかもしれない。

“逃げ恥”で再ブレイクして以来、CM契約社数も急増。『KIRINキリンビバレッジFIRE』では、仕事中の交通警備員、コンビニ店員らのハートに寄り添い、『パナソニックリフォーム』ではムロツヨシとの夫婦役が微笑ましい。『女性セブン』では、そのムロに心を許している石田の様子が報じられたが、独身を貫く石田に果たして春が来るのか否かも興味深い。

 さらに、『資生堂表情プロジェクト』では、樋口可南子、篠原涼子、宮沢りえ、真木よう子、杏らと共演。モード系の女優が揃うなか、コンサバな石田が一人加わったことで、ユーザー女性の安心感が違ってくるように思う。

 かつての“癒し系”タレントのようでもありながら、同年代女性の等身大のようでもある稀有な存在。再ブレイク後のブームは今年まだまだ続くと予想されるが、この「石田ゆり子ブーム」を誰よりも愉しんでいるのは、当の石田ゆり子なのではないかと『BG~』の会見で感じた。

 そして「上昇志向が強く、そのためには手段を選ばない」厚生労働大臣という役どころは、女優・石田ゆり子の存在をさらに確実なものにするであろう。『BG~身辺警護人~』第2話も楽しみだ。
参照元:石田ゆり子 ブーム続く理由はその希有な存在感
2018年01月21日 07時00分 NEWSポストセブン

石田ゆり子、ドラム缶に頭突っ込む 個性的なリラックス法にファン驚き
2017年11月24日 17時23分 AbemaTIMES

女優の石田ゆり子が11月23日、なんともお茶目なプライベートショットを公開。その姿を見たネット上のファンからは、彼女のキュートな素顔を称賛する声が相次いで寄せられている。

 これは同日、石田が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼女は、「中目黒銀座をくいっと入ったとこにある ヒバの聖地、カルデサックに 雪と、またいきました… ヒバチップの入ったドラム缶に顔を埋めて 思いっきり息を吸い込む。癒される…。ぜひ、みなさまもやってみてください。」と自ら紹介しつつ、プライベートで訪れたという都内のショップで、店内にあったドラム缶の中に自身の頭を突っ込み、その中にあるヒバチップの匂いを嗅ぐという、なんとも珍しい姿を披露。

 そのため、この一風変わった彼女のプライベートショットを見たネット上のファンからは「ゆりさん可愛い過ぎです~そんなこと出来るのはゆりさんのほかいません(笑)」「2枚目写真のひば子さん、可愛い~」「ホント可愛いゆりさん」「ゆり子さんおちゃめで可愛い」「ドラム缶に埋もれてるところ失礼ですが、理想のオトナ女子1位おめでとうございます。そんなゆり子さんがステキです」と、そのチャーミングな彼女ならではの言動を絶賛する声が寄せられることとなった。

 石田といえば、ドラマや映画での活躍はもちろんのこと、 愛犬や愛猫との日々 など、SNS上で自身の日常を報告し、しばしばその内容が「かわいすぎる」と話題になってきたが、今後もそうした彼女ならではの自然な魅力に、老若男女問わず、幅広い層のファンからの注目が集まりそうな気配だ。
参照元:石田ゆり子、ドラム缶に頭突っ込む 個性的なリラックス法にファン驚き
2017年11月24日 17時23分 AbemaTIMES

石田ゆり子、インスタに春コート姿投稿で絶賛の嵐「奇跡のアラフィフ」
2017.04.27 11:50 デイリーニュースオンライン

 女優の石田ゆり子(47)が26日にインスタグラムを更新し、ファッションブランド「Lisiere(リジエール)」の麻コートを着た自身の写真を公開した。

 石田ゆり子は昨年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で再ブレイク。アラフィフとは思えないその美しさで、今や日本中の女性からの憧れとなっている。石田が投稿したのは角度の違う2枚の写真。投稿には「リラックスしながら心の奥を研ぎ澄ます…素晴らしい撮影でした。」とコメントが付けられていたが、なんの撮影だったかはまだ秘密のよう。ファンからは、石田のビジュアルを絶賛する声が寄せられている。

「いつもながら、素敵です!」

「お似合いですね!キレイ」

「ナチュラルな感じがお似合い」

「奇跡のアラフィフ女性」

 また、同年代の女性からも、「私も40代ですが、女性らしい着こなしって難しいなと思っていました。いつもお手本です」といったコメントが寄せられていた。

 インナーのコートについてもファンは気になっているようだが、石田からの回答は得られていない。40代らしい落ち着きと、40代らしからぬ美貌を兼ね備えた石田ゆり子。「石田ゆり子のようなアラフィフになりたい!」と憧れる女性はまだまだ増え続けていくだろう。

文・夏樹えり
参照元:石田ゆり子、インスタに春コート姿投稿で絶賛の嵐「奇跡のアラフィフ」
2017.04.27 11:50 デイリーニュースオンライン

石田ゆり子、インスタで”優雅な渡仏旅行”公開で「憧れる」の声
デイリーニュースオンライン 2017年6月16日 11時50分 (2017年6月18日 16時05分 更新)

女優の石田ゆり子(47)が自身のインスタグラムの写真が話題となっている。石田といえば、最近連続ドラマや映画に多数出演し、30代から40代の女性を中心に人気を集めている。その人気の理由は、アラフィフとは思えないほどの美しさ。昨年から開設した自身のインスタグラムに載せる素顔は現在では女性だけではなく男性の心も掴むほどだ。

 そんな石田が先日、約10日間フランスに旅行をしたと報告し、旅先での写真を複数掲載した。その写真に対しフォロワーからは「フランスが似合うな~」「大人の女性の旅って感じで憧れる!」「誰と行ったのか気になる…。」などコメントが集まり、多くの人が注目していた。

 またこの写真に添えた自身のコメントでは、「そしてわたしはいま納豆ご飯が食べたい。日本人のアイデンティティをかんじる。」と、海外旅行をしたあとの日本食が恋しくなる症状が出ているよう。このコメントに対しても「ゆり子さんはフランス料理が合いそうなイメージだけど納豆ご飯が恋しくなるなんて意外!笑」「分かります!同じ日本人で嬉しい!笑」など、石田のイメージとは違う意外な一面を見れて喜んでいる人もいた。

 写真はこの他にも、旅先で出会った犬や猫との写真や今回の旅の目的であったフランスの田舎3箇所を巡った写真などを載せている。今回は完全プライベートだったというフランス。大忙しの石田だが、つかの間のバカンスで大満足だったよう。今後もドラマの出演が予定され、このような時間がまたしばらく無いかもしれないが、これからもインスタグラムを通して、このようなプライベートの写真でファンを癒してほしいものだ。
参照元:石田ゆり子、インスタで”優雅な渡仏旅行”公開で「憧れる」の声
デイリーニュースオンライン 2017年6月16日 11時50分 (2017年6月18日 16時05分 更新)

石田ゆり子 まるでタラレバ娘!豪華女子会で飛び出した仰天会話
2017年2月8日 6時0分 女性自身

1月30日付のインスタグラムで、“豪華すぎる女子会”の写真をアップ。ネットの話題をさらったのは、石田ゆり子(48)。

石田の誘いで集まったのは、滝川クリステル(39)、NHKの有働由美子アナウンサー(47)、清原和博(49)と昨年離婚した亜希(47)、キャスターの陣内貴美子(52)という面々。この5人、いったいどういうつながりなの!?

「もともとは、石田さんが亜希さんと新年会をやろうっていうのが発端だったようです。石田さんと亜希さんは、もう30年来の友人で、石田さんがドラマデビューをする前、CMモデルだったころからの付き合いで、本当の親友。亜希さんが離婚するときも、いろいろ相談していたそうです。そして亜希さんは、元夫の清原さんを通じたスポーツ界つながりで、バドミントンの元日本代表である陣内さんと親しいんです。それで会場も、陣内さん夫婦が経営する寿司店にしようということになりました」(テレビ局関係者・以下同)

陣内の夫は、元広島カープ投手の金石昭人さん(56)。現在は実業家として、都内で飲食店を複数経営している。そのうちの1軒、東京・目黒区内の寿司店「かねいし」が会場に選ばれた。

「滝川さんは、石田さんと仲がいいんです。3年前に滝川さんが殺処分ゼロを目指す動物愛護の財団を立ち上げたときから、石田さんがいろいろ協力しています。石田さんも犬や猫をたくさん飼っていますからね。それで意気投合したそうです。この日も『ぺットは溺愛してるけど、まだ結婚もあきらめてな~い!』って、お酒が入ってノリノリだったみたい(笑)」(前出のテレビ局関係者・以下同)

女性もアラフィフになると、がんで母親を見送っていたり、子供をあきらめたり、人生山あり谷ありを経験している。離婚を経験した亜希、結婚寸前といわれた小澤征悦(42)と別れて独り身の滝クリ、遠距離恋愛を続ける5歳下の会社社長との結婚に踏み切れない有働アナ……。だが、そんな“悩み”を持ちつつも、ポジティブに生きてきたのがこの5人。この日、ひとつだけ“ルール”が決められていたそう。

「じつは、『年齢の話は禁止~』ってなったみたいです(笑)。でも、話は自然と“恋愛”の話になりますよね。そうすると、『男性も50歳ともなると、みんな結婚してるか、独身ならバツイチかゲイ』なんて、年齢を意識した話になって。最後は『やっぱり年下もあり!』って結論に落ち着いたそう。本当に『東京タラレバ娘』そのままだったようです」

女子会は、今後も開かれることになったという。次回は参加希望者が殺到しそう?
参照元:石田ゆり子 まるでタラレバ娘!豪華女子会で飛び出した仰天会話
2017年2月8日 6時0分 女性自身

石田ゆり子が“最後の大物独身女優”返上!? 頻繁に食事デートを重ねる意外なお相手は……
2017年12月28日 12時0分 日刊サイゾー

芸能界で“最後の大物独身女優”といわれている石田ゆり子。東京・港区の飲食店で、7歳年下の個性派俳優・ムロツヨシとの食事デートが頻繁に目撃されているという。2人は現在放送中の、パナソニックの住宅リフォームのCMで、夫婦役として共演している。

 石田を知るドラマ関係者によると「石田は、もっぱら気の合った女性との“女子会”ばかりで、CMだけでなく、ドラマで共演した男性俳優ともプライベートで食事したことはない。その石田が、ムロとは頻繁に食事。ムロの“人たらし”にハマったのかもしれませんよ」という。

 昨年、石田は大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で“奇跡のアラフィフ”として大ブレーク。48歳にして男性視聴者の心をつかみ、今ではドラマの準主役級として引っ張りだこだ。来年も1月から放送の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)に、主演の木村拓哉直々の指名により出演が決まっている。

 仕事ではモテモテの石田だが、プライベートではNHKのアナウンサー・有働由美子や滝川クリステルらとの女子会で「恋愛は、もういいや」と愚痴っていたという。

 というのも、2年前にウワサされていた、大物ミュージシャンの夫で、音楽プロデューサー・Mとの“不倫”が原因のようだ。

 2人が東京・西麻布の高級和食店で頻繁に会っているという情報があり、マスコミ各社は証拠の現場写真を撮ろうと張り込んだ。写真が撮られることはなかったものの、マスコミに情報が流れたことから、Mの方から身を引いたそうだ。2人の不倫関係は3年間続いたというが、要するに石田はMにもてあそばれたのだろう。女子会で「恋愛は、もういいや」と言うのもうなずける。

 その発言の一方で、トーク番組に出演して「彼氏募集中」と言い続けており、来年1月に出版されるエッセイでは「独身主義者ではありません」と断言しており、結婚をする気がないわけではなさそうだ。

 そして、その石田が最近は、ムロとの食事デートが目撃されている。

 ムロはもともとコメディアンだったこともあり、サービス精神が旺盛。さらに、年上、年下、男女関係なく、懐に飛び込んで親しくなることから“芸能界一の人たらし”と呼ばれている。

 そんなムロの人脈は実に幅広く、俳優の小栗旬や山田孝之からタモリまで。そして、親友である俳優・小泉孝太郎を通じて、父親の小泉純一郎元首相ともつながっているという。

 石田とは、CMで夫婦役として共演した際、7歳年上であるにもかかわらず“ゆりちゃん”となれなれしく呼び、逆に安心感を与えたようだ。

 仕事関係の俳優とはプライベートで付き合わなかった石田と、頻繁に食事デートを重ねているムロ。2人の関係は果たして恋愛に発展するのか? 今後の動向から目が離せない。

(文=本多圭)
参照元:石田ゆり子が“最後の大物独身女優”返上!? 頻繁に食事デートを重ねる意外なお相手は……
2017年12月28日 12時0分 日刊サイゾー

石田ゆり子「自分にご褒美」で買い続ける総額2千万円アクセ
2018年2月7日 16時0分 女性自身

「実際、お会いすると、やっぱりその美しさに圧倒されますよ。48歳になんか全然見えない。お世辞抜きで30歳ぐらいに見えます。でもあんまり若いって言われるのは好きじゃなく、フランス人みたいに大人の女性と言われたいようです」(テレビ局関係者)

“奇跡のアラフィフ”と呼ばれ、再ブレークした石田ゆり子(48)。そんな彼女が1月30日にフォト&エッセイ『Lilyーー日々のカケラーー』(文藝春秋刊)を上梓。発売から数日で早くも3度目の重版が決まり、累計部数は14万部を突破した。

エッセイの中で彼女は、『自分にご褒美』と題して、毎年、1点ずつ買い足しているジュエリーブランドがあることを明かしている。

《いつからか、一年の終わりに、頑張った自分へのご褒美としてアクセサリーを買うようになっていました。30代の半ばに出会った、ウィリアム・ウェルステッドさんの作るダイヤモンドのアクセサリー。見たこともない、スライスされたダイヤモンド》

宝飾関係者はこう語る。

「ウェルステッドは元投資銀行家という変わった経歴を持つ、英国在住のジュエリーデザイナーです。みずから世界中を旅して、希少な宝石を探しては、1点1点ハンドメイドのアクセサリーを作っています。日本にもよく来ていますよ。ダイヤの原石を輪切りのようにスライスした“フラットダイヤモンド”にして使うのが特徴的。ギラギラした輝きではなく、石を静かに光らせるんです。石そのものの特徴が楽しめるアクセサリーで、そのため彼の作るものアクセサリーに、まったく同じものはひとつもありません」

石田は、エッセイの中でこう魅力を語っている。

《石の中には微生物のような独特の曇りや傷もありますが、それがわたしにとってはむしろ魅力なのです》

唯一無二だからこそ、惹かれる部分があるのだろう。

「ネックレスやリングだと200~300万円というお値段です。他のハイブランドと違って、シンプルな見た目だけど、細部にオタク的なこだわりが詰まったものが多いですね」(前出・宝飾関係者)

石田は30代半ばから毎年買い足しているというから、これまで総額2千万円以上はつぎ込んでいる計算にーー。

昨年は連ドラ3本、CM7本に出演する超売れっ子ぶりで、現在も木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)で、後半の展開の要となる厚労相役を熱演中の彼女。今年の年末に買うジュエリーは、とても大きなものになりそう!
参照元:石田ゆり子「自分にご褒美」で買い続ける総額2千万円アクセ
2018年2月7日 16時0分 女性自身

石田ゆり子に天海祐希「結婚しない」アラフィフ美女優たちの恋愛事情
2016.04.24 13:00 日刊大衆

芸能界でバリバリ働く女性たち。とくに「美魔女」と呼ばれるアラフィフ世代は美人でモテるのにシングルを貫いているケースも多い。そんな独身貴族ならぬ「貴婦人」な1965~69年生まれの美女を集めてみた。

 まずはいまだ少女のような雰囲気を持ち「奇跡のアラフィフ」とも呼ばれる石田ゆり子(46)。モテないはずはないのだが、石黒賢(50)、元・男闘呼組の岡本健一(46)など交際の噂は数あれど、結婚にはいたらなかった。2012年頃にはある大物芸能人夫婦の夫と不倫しているとの噂もあったが、これは石田本人がブログで完全否定。事実無根ということで片付いている。意外にも体育会系の性格で、日曜大工が得意という石田。人に頼らない「DIY精神」のせいで婚期を逃しているのかも!?

 お次は天海祐希(48)。かつての宝塚・男役トップスターも、いまでは「デキる女」の代名詞だ。バリバリ働く女戦士のイメージで、明治安田生命が調べる「理想の上司ランキング」では7年連続で首位に立っている。そんな天海だが、過去に恋人の噂がなかったわけではない。2003年にはミュージシャンの吉川晃司(50)と、最近では俳優の真田広之(55)との熱愛が報告されている。とはいえ、親友のマツコ・デラックス(43)には「結婚はもう無理」と言われてしまっているようだが……。

「どこか憂いのある」女性を演じさせれば天下一品の鈴木京香(47)も独身美魔女の一人だ。これまでも堤真一(51)や真田広之との噂はあったが、いずれも結婚までは及ばず。2013年から同棲していたといわれる長谷川博己(39)とも破局と、一部マスコミからは「結婚するする詐欺」ともいわれてしまっている。一説によれば、鈴木自身にもはや結婚願望はなく「フランクな関係でいい」と周囲に漏らしているとか。美しすぎるアラフィフなのに、あきらめるのはまだ早いぞ!

 ドラマ『ナースのお仕事』(フジテレビ系)での「センパイ」役でおなじみの松下由樹(47)もシングル。過去には音楽家の小林武史(56)と熱愛、結婚秒読みと言われていたが、交際8年目にして破局。小林はMY LITTLE LOVERのakko(43)と結婚してしまう(ちなみに小林とakkoは2008年に離婚)。以来、恋人の噂はめっきり聞かなくなった。最近では1人の時間を楽しみ、美味しい物を食べるのが至福のときだと、トーク番組などで語っている。

 揃いも揃って美人ばかりだが、むしろ美しすぎて男性が近寄りづらいのかもしれない。あえて結婚しないのか、できないのかは、本人のみぞ知るところだが……。
参照元:石田ゆり子に天海祐希「結婚しない」アラフィフ美女優たちの恋愛事情
2016.04.24 13:00 日刊大衆



スポンサーリンク


スポンサーリンク

小室哲哉引退について



小室哲哉が1月19日午後に記者会見を開き、週刊文春にスクープされたA子さんとの不倫騒動のけじめとして作曲家としての引退を表明した。

会見では、妻であるKEIKOの介護生活について赤裸々に語り、また突発性難聴など身体の衰えや才能の枯渇などを訴え、これまで作詞、作曲家としての活動に対する限界を感じていたようだが、今回の不倫騒動をきっかけに引退への決意に繋がったようである。




引退を表明した現在、小室哲哉は、土星/木星期で、マハダシャー土星期の最後のアンタルダシャーの時期である。

このマハダシャーロードの土星とアンタルダシャーロードの木星にトランジットの土星と木星がリターンしている特別なタイミングである。

つまり、土星と木星の両方が同時に出生の配置に戻ってくるタイミングとは、誕生してから60年後(60歳)である。


これを世間的には『還暦』と呼んでいるが、土星と木星が誕生した位置に戻って来るタイミングとは一つの周期の終わりであり、人生が一区切りついたということである。



土星は、ラグナ、月から見て、9、10室支配のヨーガカラカで、8室に在住しており、8-9、8-10の絡みが見られる。


9室とはダルマハウスであり、人生の目的のハウスであり、喜びやインスピレーションを表わすが、それが8室に在住して失われている。


そして、10室の支配星が8室に在住しているので、仕事の行き詰まり、中断(すなわち引退)なのである。


木星は8、11室支配で6室に在住しており、これは今回の不倫騒動などに見られる対人関係上の依存関係を表している。


おそらくこの木星は、看護師のA子さんの表示体ではないかと考えられる。


医療の専門知識を持つA子さんに頼り、お金を支払って、サービスを受けるという関係性がこの6-8の関係である。


7室支配の火星が12室に在住し、その火星に木星がアスペクトしている為、KEIKOが入院する病院に見舞いにも来てもらったということではないかと思われる。


このアンタルダシャーの木星のディスポジターである金星がラグナロードで6室支配の金星であり、それが7室に在住している。


従って、A子さんから医療行為を受けながら、同時にパートナー関係のような要素が出てきたと考えられる。



今回、マハダシャーロードの土星は8室に在住し、アンタルダシャーロードの木星は8室の支配星である。


そして、土星が8室にトランジットし、木星が8室の支配星にトランジットしているため、8室にダブルトランジットしており、また木星と土星は10室や2室にもダブルトランジットしている。


8室と10室にダブルトランジットが形成されているため、今、これだけ世間の注目を浴び、人生の挫折とも言える状況に陥っているのである。


小室哲哉の引退とは、今回の会見を見ても分かるように挫折としての引退なのである。




小室哲哉は、会見の中でも語っているように1993年~2000年ぐらいまでが、全盛期で、2000年以降は、事業の失敗や巨額の借金、創作活動における産みの苦しみなどに直面している。

ちょうどマハダシャーが木星期から土星期へ切り替わった頃である。






ナヴァムシャ(D9)を見ると、木星は9室支配で5室にアスペクトしており、4、11室支配の金星と相互アスペクトして、4-9、9-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを5-11室の軸で形成している。


1993年~1995年末ぐらいまでの木星/金星期が最も輝いた時期である。


マハダシャーロードの木星とアンタルダシャーロードの金星が相互アスペクトして、ラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している為である。






そして、ダシャムシャ(D10)を見ても木星は5、8室支配で10室に在住し、3、10室支配の金星と5-10室で星座交換している。


このマハダシャー木星期に小室哲哉は、多くのヒット曲を世に送り出した。


特に木星/金星期に送り出したのである。



ダシャムシャの5室と10室で星座交換している配置は、小室哲哉がクリエイターであり、作詞、作曲家であることを表している。






5室は音楽を表わし、金星は音楽の表示体である。


この5室に在住する金星と星座交換するマハダシャー木星期に小室哲哉の作詞、作曲の才能は、最高のパフォーマンスを発揮した。


然し、マハダシャー土星期になると、土星は6、7室支配で5室に在住しており、創作活動(5室)に奮闘(6室)をもたらした。


アイデアが出て来なかったり、音楽が思うように生み出せない苦しみをもたらしたのである。



結局の所、2001年5月5日以降のマハダシャー土星期に入ってからは、小室哲哉はずっとこの調子なのである。


最も創造性や才能を発揮した1993年~1995年末、そして、2000年ぐらいまでの作品と比較されてしまい、その時の作品よりも良いものが生み出せないという葛藤が常に付きまとっているのである。



これが小室哲哉自身が会見の中で語っている才能の枯渇の問題である。



然し、土星は5室に在住している為、才能の枯渇に悩んだとしても楽曲を作り続けなければならないのである。






これは2020年5月5日以降にマハダシャー水星期に移行した後でも同じである。


水星は2、11室支配で5室に在住している。


従って、今度はお金を稼ぐために曲を作り続けなければならない。



小室哲哉のダシャムシャの5室を見ると、金星、水星、土星、火星が集中し、金星は木星と星座交換している。


この射手座に集中する惑星が、小室哲哉の才能を表しているが、土星や火星が絡んでいる為、シンセサイザーなどを使ったテクノサウンドなのである。


そして、非常にテクニシャンであり、万人に広く受け入られる楽曲を作ったという意味で、その才能は、同じく5室に惑星が集中している三島由紀夫や村上春樹と似ている所がある。

素朴ではなく、技巧的で上手いのである。


然し、小室哲哉自身が、曲がヒットした頃から20年以上が経っているので、才能が枯渇し、自分でも飽きてきている、みなさんも飽きてきていると、悲しいことに自ら率直に述べている。


つまり、最も自分が創造的であった頃の自分を模倣する段階にまで到達してしまったということではないかと思われる。



水星は出生図でも5室の支配星で、8室で、9、10室支配の土星とコンジャンクションし、ナヴァムシャでも3、12室支配で、10室で、7、8室支配の土星とコンジャンクションしている。



土星期と比べて、良くなったとは言えない配置である。


基本的にこの土星期の19年間に行ってきた楽曲作りを更に水星期になっても続けていかなければならないということではないかと思うのである。



小室哲哉も今は過度の失意の中で、『引退』の言葉を口走ったが、結局、音楽の才能を持って生まれてきた以上、今後も音楽以外のことは出来ないのではないかと思うのである。



それが小室哲哉のマハダシャー水星期である。








因みに小室哲哉は、2008年11月4日に大阪地検特捜部に5億円の詐欺容疑で逮捕されている。


全楽曲806曲の著作権を10億円で譲渡する仮契約を関西地方在住の個人投資家男性と締結し、前妻のASAMIの著作権使用料の差し押さえを解除する費用として、5億円を受け取ったが、実際には、著作権の一部は譲渡済みで、実際には著作権を持っていなかったことから、投資家から刑事告訴された為である。


この時、小室哲哉は土星/金星期である。


何故、この土星/金星期に刑事告訴されたのか考えると、マハダシャーの土星とアンタルダシャーの金星は絡んでいないため、土星からの金星の配置が重要となる。


土星から見ると金星は6、11室支配で12室に在住しており、6室の象意が確認出来るため、投資家から刑事告訴されたのである。


また11室支配の金星が12室に在住しているということは、この時期、小室哲哉は出費が激しくて借金の返済などに苦しんでいた時期である。


この配置からは、そうした小室哲哉の経済的な苦しさが伝わってくる。


金星はラグナから見ると、1、6室支配であり、ディスポジターは12室に在住し、12室支配の火星からアスペクトを受けている。


従って、6室の象意、12室の象意が強調されている。



また凶星のマハダシャーの時期にそれと絡まないヨーガカラカのアンタルダシャーの時期は悪いという有名な法則がある。


金星はラグナロードで、生来的吉星でもある為、良さそうに思うが、この場合、金星は悪いということである。



木星/金星期は、小室哲哉は1993年~1995年末の楽曲がヒットを飛ばした最もブレイクした時期であった。


従って、アンタルダシャーの金星期は一見良さそうに思えるが、然し、マハダシャー土星期におけるアンタルダシャーの金星期は良くないのである。


これについては私もその当時はよく分かっていなかったが、土星と金星が絡んでいないため、土星からの位置関係が重要となり、金星は土星から見て6、11室支配で12室に在住するその配置の象意が強く出て来るのである。


また土星/金星期は、土星/土星期のように働くということも機能していると考える必要がある。


但し、土星/土星期として考える場合、パッと見では、どこにも6室の象意が出てこない為、小室哲哉が刑事告訴された(6室)象意はどこにあるのかと考えてしまう。


然し、土星のディスポジターが8、11室支配の木星で6室に在住している為、ここで6-8の絡みが生じ、また木星は11室の支配星でもある為、不正な(6-8)利得(11室)が生じたと考えることが出来る。


従って、ここでは、土星から見た金星のPACからも説明できるし、また土星/金星期を土星/土星期のように考えて、土星のディスポジターの理論で説明することもできる。



また土星/金星期の場合、アンタルダシャーの金星は、アヌラーダに在住し、土星を支配星とするナクシャトラに在住している。


従って、この場合、マハダシャーの土星の方が優勢に働くと見なすべきである。


そうすると、土星のディスポジターの理論で、8、11室支配の木星が6室に在住することによって刑事告訴を受けたと考えることが出来る。



音楽家として成功した木星/金星期の場合、マハダシャーの木星は天秤座に在住して、金星の星座に在住している為、アンタルダシャーの金星が優勢に働いたと考えることが出来る。


従って、木星の配置が本来持っているはずの8-11室支配で6室に在住する凶意は、それ程、発揮しなかったと考えることが出来る。



このように小室哲哉の木星/金星期と、土星/金星期の比較というのは、非常に興味深い研究テーマである。



小室哲哉は成功していた1993年~2000年のマハダシャー木星期に総資産が100億円を超えていたが、浪費家で、金遣いが粗かった。


ロサンゼルスへの渡航費に2000万円かけたり、ベンツやフェラーリを30台以上所有し、プライベートジェット機を保有。


売れたアーティストには高級外車やカジノで豪遊するなどしていたそうである。



これは、木星が8、11室の支配星であるが、6室に在住して、7、12室支配で12室に在住する火星と相互アスペクトしている為である。


11室の支配星が12室の支配星と6-12室の軸で、相互アスペクトしていた為に入ってきた収入を全て浪費したようである。


その際、7室支配の火星が12室に在住しており、配偶者による出費という象意もあり、前妻の慰謝料への支払いもあったが、また後に再婚したKEIKOも小室哲哉の浪費癖を諌める感じでもなく、この配置からは一緒になって豪遊したのではないかと考えられるのだ。



この木星期に海外事業にも投資したが、それも失敗して、70億を超える負債を負ってしまったようである。


この配置も7、12室支配で12室に在住する火星と、8、11室支配の木星が相互アスペクトしている為に生まれた出費である。



木星が結局の所、6室に在住して12室にアスペクトしているためにどれだけ稼いでもその稼いだお金を豪快に使ってしまうという配置のようで、金は常に不足し、借金体質であったことが理解できる。


そして、金に困ると、月利5%も取るような高利貸しのような人物からお金を借りるという無謀な行為も行っている。



その高利貸しのような人物への金利の返済に充てるために巨額詐欺事件を起こしてしまったようなのである。



おそらく木星期の途中で、借金に頼っての豪遊生活を送っており、木星期の間は収入もあったため、問題はなかったが、土星期になって収入が減ると、金利の支払いに苦しみだしたということである。



8、11室支配で6室に在住する木星は、6-8の絡みがあり、お金が絡む貸し借りの人間関係、支配と服従の人間関係を表しているのである。



それで、この時期、前妻への離婚慰謝料を背負い、海外の事業で負債を抱え込み、高利貸しの負債も抱え込んだのである。



これがマハダシャー木星期の実態である。



つまり、収入が良かった木星期に後に苦しむことになる種は播いていたといえる。



逆に言えば、6-8の絡みをヴィーパリータラージャヨーガとして捉えれば、借金をして豪遊ができるという配置であると言える。






・金銭感覚が普通でない人のチャートの特徴とは



つまり、こういうことが言えると思うが、金銭感覚が普通でない人(浪費癖が激しい人)のチャートにおいては、必ず、11室と12室が強く絡んでいるのである。


11室と12室が星座交換しているような場合であれば強力である。


そして、6室(借金)と12室(出費)の軸が強調されているはずである。




・8室の凶星



また8室に凶星が在住している場合、7室から見た2室である為、パートナーにとってのマラカハウスとなり、パートナーの健康を損なう配置である。



KEIKOが2011年10月24日にくも膜下出血と診断された時、ダシャーは土星/太陽/土星期であった。



土星は蠍座の7室をラグナとすると、3、4室支配で、マラカに相当する敏感さ(※3室[8室から見た8室]を支配している為)があり、マラカの2室に在住している。



従って、小室哲哉の9、10室支配の土星は、ヨーガカラカで、2、5室支配の水星とコンジャンクトして、5-9、5-10のラージャヨーガを形成し、一見良さそうに思えるが、8室に在住している場合、土星や水星が支配するハウスの象意が傷つくと共にパートナーにとってそれは良くない配置であることは無視することが出来ない。



8室で土星と水星がコンジャンクションしているが、この土星と水星は度数も近く緊密にコンジャンクションしている為、ナヴァムシャでも同じ10室に在住している。


蟹座ラグナにとって、土星は7、8室支配で10室で減衰しており、3、12室支配の水星とコンジャンクションしているが、対向には2室支配で4室で減衰する太陽と相互アスペクトしている。


然し、ここには全くラージャヨーガは形成されておらず、しかも吉星の絡みもなく、木星からのアスペクトもない状態である。


減衰する土星と減衰する太陽の相互アスペクトは、ニーチャバンガラージャヨーガであると言われ、また土星は8室支配で減衰している為、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な働きが期待できるがここで、それが何を指すのかはよく分からない。



これらの例外法則を考慮するよりも先にケンドラに在住する減衰した凶星で、何もラージャヨーガを形成しておらず、吉星の保護も働いていないという点を考慮すべきかもしれない。



従って、マハダシャー木星期とマハダシャー土星期のギャップが非常に大きいのが小室哲哉のチャートである。



2000年代初めに週刊誌にて、小室哲哉の落日が揶揄される記事が掲載されたが、それはマハダシャー土星期への移行が始まった時である。



小室哲哉は、まもなくマハダシャーの土星期が終わろうとしている為、まもなく19年の歳月が経過しようとしている。




(参考資料)



小室哲哉会見の100分全記録「5年前から男性的能力なく、男女関係ない」「単語でKEIKOと会話」
上田耕司 2018.1.19 23:18 週刊朝日

小室哲哉が19日午後、記者会見を開いた東京都港区のエイベックス本社には150人の報道陣が集まった。たった1人で着席した小室は頭を深く下げた後、静かに話し始めた。支離滅裂な言い分、意味不明に思えた発言も多くあったが、なるべく発言のままにお伝えしていく。

*  *  *  報道により、KEIKOやファンのみなさまにご心配おかけしたこと、相手の方にご迷惑をおかけしたことをお詫びすると同時に、僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました。

 話を2009年までさかのぼらせていただきます。僕は事件で有罪判決(懲役執行3年、猶予5年)を受けました。そして2011年10月、妻の突然の病気(くも膜下出血)。予期せぬことではありました。因果関係もお医者さまにもわからないんですけど……。

 幸いKEIKOに身体的な後遺症はなかったのですが、脳の方にちょっと障害が残りました。少し、欲がなくなってしまったりとか、僕から見て、女性から女の子という、すごくやさしい性格になったのかなと初期はそう思いました。

 一番、ショックを受けたのは、KEIKOは歌手ということで大きな存在だったと思うのですが、残念なことに音楽に興味がなくなってしまって、カラオケに誘ったり、音楽のインターネット番組を見せたり、CDを聴かせたり、僕なりにいろいろと誘ってみたのですが、音楽に興味を持つということは日に日に減ってきました。

 今年で7年目になるんですが、初期の頃、何とか無理やりレコーディングスタジオに連れて行き、KEIKOの心境を僕が歌詞にした歌を何とか録音したことがあります。未発表曲になっておりますけど。それ以降は「もういいよね」ということで、ほぼ歌うことということはなくなりました。それが現状です。

 これも恥ずかしい話なんですが、今は彼女は小学4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しいみたいです。すべてがそういうレベルでは全くないですけど……。

 そういう中で、夫婦として、大人の女性としてのコミュニケーションが日に日にできなくなってきています。

 電話や会話がだんだん1時間から10分、5分、3分みたいな間しかもたなくなっています。

 非常にかわいそうだなという気持ちもあるんですが、そこをあきらめてはいけない。それが精神的なサポートということなんだと承知の上だったんですが、何度も繰り返しの質問であったりとかで、3年前からちょっと疲れ果ててしまっていたところはあったとは思います。

年々、仕事が増えて、少しずつ音楽に向かわなければいけない時間が増えまして、僕がずっとKEIKOのサポートをするのは不可能なこともありまして、スタッフたち、家族の支援がないと、仕事が追いつかなくなくなってきたという状況が2、3年前くらいから始まったと思います。

 1年の2カ月、3カ月に分けて、実家と僕とスタッフが分担してサポートしていく方向でやってきた。音楽をしたいとか歌いたいということではなく、毎日どうやって、起きて、食事をして、余暇を楽しんで、どう寝るかという日々でのKEIKOのサポートをしてきたつもりです。

 2年ほど前、1カ月ほど仕事が忙しかったということがあり、僕はなぜかわからないですけども、C型肝炎になりました。結局2人でいると、お互い闘病みたいな形になってしまい、当たり前ですが、KEIKOは普通の家庭の奥さんではないので、僕の看病、見舞い、言葉をかける、という行為はなかなか難しい状況で、1人で闘病をしていました。

 病気の中でもテレビ(出演)であったりだとか、音楽創作は続けてしまいました。その間にKEIKOが何を思っていたかというのは想像の域です。

 おかげさまでC型肝炎が陰性になりまして、仕事に復帰した2016年くらいから、病気の副作用もありまして、突発性難聴に近いものに僕がなりまして、現在も左の耳がほぼ聴こえないです。

 今もキーンという音が鳴りっぱなしで、ストレスだろう、ということしかわからないみたいです。診断書によると、ストレスによる摂食障害、それから睡眠障害みたいなことで、8月に入院を1人でしました。

 A子さんを含む複数のお医者さま、看護師のみなさま、そういう方の協力を得ることが日増しに増えました。退院をしましたが、不規則な生活もありまして、通院のみでは治療は不可能な時期もありました。都内はいろんな場所にお医者さまが往診してくれる環境ですから、そういうのを利用させていただき、何とかしようとしてきました。

 順調に戻れたなという感じなんですが、耳鳴りがまだ治ってもいないですし、すぐ熱っぽくなったり。

 その中で、報道されたA子さんは早朝、病院の昼休みであったりとか、時には深夜イベント終了後であったり、ホテルとかに往診に来てくれることが度々、増えてきました。

 自宅でKEIKOがいる時にも往診には複数回、来ていただいてます。ついつい雑談につきあってもらったりとか、確実に僕の甘えなんですが、つきあってくださった。点滴もあります。すべて薬事法に基づいた医師の指示にもとづいたものです。そういう日々が17年のはじまりから後半くらいまでですかね。

 看護師さんという立場から少しずつ自分のこともお話していただくようなことがあったりして、仲のよい一番信頼できる人になっていきました。看護師さんが施術をするということで誤解を与えてしまうことは当たり前であって、そこにスタッフの人間であったり、いろんな人がいてくれることも多々あったんですが、誤解を招いてしまいました。

 記事にもあるように時間が長すぎるんじゃないかとか場所も怪しいんじゃないかということになっているのは当然だと思います。先ほど、C型肝炎ということをお話しましたけれども、当たり前ですが体調不良で来ていただいていて、女性として来ていただいたことは一度もない。精神的な医療サポートをしてもらった。

 それから、非常にお恥ずかしい話なんですけれども、僕が男性としての女性を呼び込みたいというような欲求というものとはちょっとかけ離れていまして……。

 心から本当なんですが、男女の関係というのはまったく考えてないです。ありません。誤解を生じさせてしまいましたし、男女を想像させるような環境も多々あったと思います。これをみなさんが使っている言葉を使わせていただきますが、不徳の致すところ以外にはありません。申し訳ありません。

 体調不良は本日も変わらず、残念ながら耳鳴りがどうしても治らなくて。仕事も納期が3日、1週間、締め切りも滞りまして、小室だからこんな音を作ってくれるだろうという期待に応えられるか、ということも2017年秋から、自問自答する日々でした。

 1週間、悩みに悩んでやり直しみたいな日々もありました。10年前、20年前では考えられなかったことなんですが。期待に応えられるレベルなのかな。正直やり直しやり直しということも増えてきました。簡単にいうと不安、自信のなさということが日増しに増えていきました。KEIKOにも簡単な言葉でしたが悩みを言いました。もう音楽に興味がない人になっているので、「そうなんだ」というくらいだったのかなと思います。

 そういう事情で、(A子さんに)ついつい相談ごととか、17年から18年の年末年始、特にそうなってしまいました。奥さんはピアノのフレーズを聴いても30秒ももたない。それで依存がA子さんの方に強くなってしまいました。

 そうしたタイミングで週刊文春さんに報じられ、僕から言うと戒めみたいなことなのかなと思っています。

僕は裁判所で執行猶予付きの有罪判決を言い渡され、裁判官から頑張るんだよという叱咤激励を受けまして、そのときの判決を見た時のような気分を文春さんの取材を受けた時、抱きました。

 罪を償うとともに、自分の身体的な限界であるとか、この音楽界、エンターテイメント界に僕の才能がほんとうに必要なのか。もはやここまでだな。音楽の新しさみたいなものを作れるものがあるのかな、という自問自答を続けてきました。(週刊文春に)報道していただき、僕は音楽の道を退くことが私の罪滅ぼしであると思いました。

 年末、自分が作り上げた楽曲の中でも愛着がある楽曲もあります。自分でも出来栄えは良かったな、いいんじゃないかという曲もあります。エイベックスにとっても非常に大事な曲もあるのかなと思います。他のレコード会社のアーチストの方にとっても大切な曲もあったのかなと思います。そういう楽曲は生きていって欲しいなと思います。

 僕のものではなくて、歌う方のものなので。そう思えば思うほど、僕の今のふらついた考え、自信のない考え、かんばしくない体調。そういうことでのネガティブというか、あまり明るくない状況みたいなのが、影響がいってしまうのが今の僕が一番、望んでないことです。自発的な音楽活動は本日をもって退こうと思います。

 ほんとは芸能人になりたかったんじゃなくて、音楽をやりたくて始めた。自分もヒット曲をつくる人間なんだと思ってやっていたのではなく、好きな音楽をやれたらいいなと思ってやっていたのですが、90年代の自分でもまったく想像もつかない(CDの販売)枚数であったり、売り上げであったりとか、そういうことによっての過信、慢心があった。

 それから20年以上が経っているので、枯渇している能力、自分でも飽きてきている、みなさんも飽きてきているのに、認識の甘さがありました。

(週刊文春の)取材を受けてまだ5日しかたっていません。今後の生き方は少し時間をいただいて、KEIKOとのことを含めて考えていきたいと思います。勝手な苦渋の決断ではあります。今回のお騒がせした中での僕なりの償いはこれが精一杯です。

 これからどれほど生活水準とかそういうことが下がったりとかははかり知れません。まったく、わからないですが、ただ、こういった場所でみなさんから注目していただけるようなことはもしかして、これが最後かなと思っています。実直に受け入れようと思っています。TMネットワークから始まって35年になりますが、ほんとうにみなさんありがとうございます。心から感謝しています。

〈これ以降、記者団からの質問が続いた〉

――具体的に引退を考え始めた時期は?

 ダメなのは左耳なんですが、どうしても耳鳴りが今も消えなくて、難聴なのかはちょっとわからないんですが、それで音楽が作れないことはないんですが、体調がそれによって非常に悪くなったりすると、介護の方のご苦労ははかりしれないんですが、僕も多少、端くれかなというところがありまして、両立することの限界を感じたのは(昨年の)8月ですね。自分の気持ちを持っていたのと、みなさんにご迷惑をおかけしたのとで、(引退を)決断しました。

――引退はいつから?

 自発的なこれをやりたい、あれをやりたいという音楽活動はきょうから退こうと思っています。それでも責任があるんじゃないかやってくれということはやろうと思っています。

――A子さんとは現在も連絡を取っていますか?

 事務的な連絡はせざるを得ないのでとってはいます。誤解を招かないように今後はいましめ、しっかりしていきたいと思います。

――今回の一連のことはKEIKOさんにはちゃんとお詫びをし、納得してもらっているんでしょうか。

 話はしてあります。納得しているかどうかは今お話させていただいた通りで、しっかり向き合って理解をしてもらえるかというのはこれからです。

――A子さんと腕を組んだりだとか、ベッドで一緒に寝ましたか、と文春に質問されて「そうですねはい」と答えてますが、どういう関係でしょう?

 僕の体調不良で来ていただいている方で、一般の男性が女性を招くというものとは確実に違うと心から言えます。不徳の致すところで誤解を招いた形になってしまった。長い時間続けてもらったりだとか、そういうことだと思います。

――精神的な支えということもあったんですか?

 かなりありました。ほんとにお恥ずかしい話ですが、5年、6年前から普通の男性としての能力というのがなくて、精神的なものの支えが必要だったと思います。

――KEIKOさんにどのように報告したのですか?

 非常に特殊な例だと思っておりますが、簡単な単語でこういうことだと、「ごめんね」とか、「わかったよ」ということであったりとか。「やだな」とか、ほんとに短い言葉のやりとりを昨日までしていました。この会見が(午後)1時からあるということも昨日、話しております。ゆっくりと、これから目を見てしっかりと話していきたいと思っています。

――KEIKOさんは「わかったよ」と言った?

 今、ラインみたいなものがあるので、「わかったよん」みたいな感じ。一般の奥さんとはちょっと違うので、どのくらい理解してくれているのか。過去、何回か時々、正常になる会話ができる時が年に数回あります。その時に「私、普通じゃないよね」って言ってくれる。

――離婚も考えているか。

 僕は女性というよりも、今の子どものようなKEIKOの方が愛は深くなっています。

――夫と妻という関係は今後も続けていく?

 はい、「旦那さん」という言葉を使ってくれる時もあります。

――医療行為とは具体的にはどういう薬ですか?

 こういった公共の場でしっかりお話するのが難しい。病院の診断書に基づいた医療行為だと思います。

――A子さんと知り合ったのはニンニク注射をした時なのか?

 そうですね。初期はそうです。

――今もそれを必要とする状況?

 いや、今は違うと思います。今はC型肝炎からストレスになって難聴であるとか、非常に全体がだるかったりとか思考が鈍ったりとか体力の補給が一番メインだと思います。入院中も2日、3日点滴をし続けているという状況なので。針は刺さっていっぱなしです。点滴を一日中。2泊くらいという言い方をされるみたいですけど、針が刺さったままでも、そのくらいし続ける。

――どなたかに相談されたのか?

 たった1人の判断です。誰にも相談していません。最初からずっと自問自答。

――A子さんの自宅にまで行っていたそうですね

 他のお医者さま、看護師さんはどうしようもない。僕が動くのならやれる。成立できるということでほんの数回うかがっています。

――A子さんに対する感情はどういうふうにお感じになっていますか?

 非常に甘えていたと思いますし、助けていただいた。感謝しています。申し訳ないという思い。

――体調不良ということですが、今後はKEIKOさんも介護が必要です。

 何はともあれ、ホントに頭の中が混乱していて、どうしていいかわからない、正直。どうやって守っていくか、考えなければいけないが、今こうやってお話している報告が先だなと思ってお話している。今はまったく頭が混乱していてどうしていこうかなという気持ちです。

――夫婦間で少し距離をとって、ストレスのない生活を考えていますか?

 現代病といえばそうなのかもしれないですけれども。非常に四方八方から前にも後ろにも右にも左にも動けない状態がずーっと続いたので。今ほんとにキーンという音がずっとしているんですが、これもわかってもらおうとしても難しいと思うんです。これが消えるのかという疑問もあります。

――今回のことでA子さんは何て言ってましたか。

 見守っていると。きょうの会見を。

――引退のことはお話になりましたか?

 はい、しました。もったいないと言ってました。

――音楽生活を振り返って?

 93年、94年から2000年くらいがブームだったと思うんですけれども。それが、一番基準になりまして、それを超えることはできないですし、それを下回ると期待に応えられないという感覚ですね。あの時代の曲は素晴らしいねと言ってくださる方が一番多いので。そのレベルというのは時代の流れもありますが、あれを基準にしてしまう。そこから上じゃないと。枚数ではないんですが、それとの比較というんですかね。何かこの時代、何をもってミリオンセラーというのか、数字が定まってないので、それを模索するというのは難しいんですけど。

――A子さんには愛情に近いものなんですか。

 どうなのかな。作詩でも愛という言葉を使うことが多いんですけれども、あまりに広すぎて、例えばですけど、KEIKOも最初の時には恋愛感情ではなかった。globeという、ボーカリストとしての愛情だったし、結婚してから恋愛感情というものは当然あったと思いますし、病気になってからはそういった愛情ではなくて、無償の愛という言い方なのかわかりませんけど、何がどうあれ、いとおしいというような愛情であったりとか。ひとりの人でもそれだけ変わるので、この短い時間で表現するのは難しい。

――安室奈美恵さんが引退すると発表しましたが。安室さんの引退は小室さんに影響があったのか。

 安室さんの引退宣言というのは非常に理解はすぐできました。美学というか。美学を貫くという意味では、非常に素敵だなと思います。自分もいずれ素敵な形で身を引けたらいいなと思いました。まだ1週間足らずの決断ですので、何までが許されて、何までが許されないのか正直、自分で判断ができてないんですね。お騒がせした、それを償うという図式しか今ないです。

――小室さんは満身創痍。この先、KEIKOさんと引退後、幸せに過ごしていく気力はお持ちですか?

 みなさんの前でお話するというエネルギーだけで今精一杯。1人になって、どのくらい涙が溢れ出るのか、何てことを言ってしまったのだろうという悔いが出てくる可能性は十分にあると思います。悔いなしなんて言葉はひと言も出てこないです。

〈会見の終了間際、スタッフが「みなさん、長時間ありがとうございました。これで会見を終わらせていただきます」と 150 人の報道陣につげると、それをさえぎるように、小室は「最後に一言だけ、すいませんです」と言って話し始めた〉

 僕たった一人の人間の言動などぜんぜん、日本であったり、社会が動くとはまったく思ってませんが、先ほども言いましたように、高齢化社会に向けて、介護の大変さであったりとか、それから社会のこの時代のストレスであったりだとか、少しずつですけれど、この 10 年でふれてきているのかなと思っているので、こういったことを発信することで、この日本を何かいい方向に、少しでもみなさんが幸せになる方向に動いてくれたらいいなと、心から思っております。微力ですが、少し何か、響けばいいなと思っております。ありがとうございます。

〈小室がそう語り終わると、スタッフが「それではこちらの方から退場させていただきます」と言い、小室は退場。本当に会見が終了した〉

* * *

 小室は今後、1月24日に武道館で浅倉大介との音楽ユニット「PANDORA」としてのライブを行い、2月6日のNHKの「うたコン」には生出演する予定だという。

(本誌・上田耕司)

※週刊朝日 オンライン限定
参照元:小室哲哉会見の100分全記録「5年前から男性的能力なく、男女関係ない」「単語でKEIKOと会話」
上田耕司 2018.1.19 23:18 週刊朝日

5億円詐欺事件

2006年8月6日、小室は日本音楽著作権協会に自分名義で登録している全楽曲806曲の著作権を10億円で譲渡する仮契約を関西地方在住の個人投資家男性と締結。前妻のASAMIが著作権使用料を差押さえているとして、その解除費用として5億円の先払いを要求し、8月29日までに5億円を受け取った。

しかし実際には仮契約段階で既に著作権の一部は、エイベックス・エンタテインメント・バーニングパブリッシャーズ・ライジングバブリッシャーズといった音楽出版社に譲渡(音楽業界では著作者である作曲家や作詞家が音楽会社に著作権を譲渡して管理を任せる代わりに印税を受け取ることが慣例となっている)されており、小室には著作権がなかった。だが小室は返金に応じなかったため、男性は2008年2月に小室に対し逸失利益を含めた6億円の損害賠償を求め提訴。小室が全額を支払うことで和解が成立したが、期日であった9月末までに小室は支払わなかった。

このため男性は地方検察庁に刑事告訴した。検察側は小室が受け取った5億円を差し押さえ解除ではなく借金返済に使っていたことを把握。当初から金を詐取する目的だったと判断し、2008年11月4日午前7時40分頃に大阪地検特捜部は小室とトライバルキックスの社長、広告会社の実質経営者の計3名を5億円の詐欺容疑で逮捕した。なお、前日に大阪地検特捜部から任意出頭の要請を受けたため新大阪駅前のシティホテルに滞在しており、逮捕時はみのもんたの朝ズバッ!など一部の朝の情報番組が特別編成となり、逮捕容疑の解説とホテル上空の空撮映像を交えてホテルエントランス前から連行される様子を生中継していた。

11月21日に起訴され、同日に保釈保証金3,000万円を支払い保釈された。

2009年1月21日に大阪地方裁判所にて初公判、3月12日に第2回公判が行われる。第2回公判直前の3月10日、解決金を含めて6億5000万円をエイベックス・グループ代表の松浦勝人がポケットマネーで立て替え、被害者に完済した。被害者側に謝罪の手紙を送っているが受取りを拒否されている。なお、この被害者に送るつもりだった謝罪文は第三回公判の際に、小室自身により読み上げられた。被害者側との示談交渉においては、情状証人として出廷した松浦は「示談を申し込んだが“できない、誠意が足りない”と弁護士から聞かされた。“誠意が足りないとはどういうことか”と代理人に尋ねたら“お金だ”と聞き、非常にショックを受けた。」と証言したが、被害男性は「そのようなことは一切言っていない」と否定し、「民事裁判で和解が成立して決着している。」と話している。なお、SNSのmixiでは2008年11月から「小室哲哉氏の復活を願う会」というコミュニティが457人を集めたり、mixiのサポートを受けての紙ベースの署名活動も行われていた。(署名TVでも行われていた。)さらに小室の母親やマネージャー、弁護士の了解を得た上で署名活動と平行して裁判所への提出もありうるという大前提で小室に対して手紙を書く「小室哲哉さんへの手紙」という活動も行われていたりと、復帰待望論が起き、小室の減刑を望む動きは、音楽業界や音楽業界関係者からもあり、実際に減刑嘆願書を出した音楽業界関係者もいた。第3回公判は4月23日に行われて結審。

2009年5月11日、大阪地方裁判所より懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡され、弁護側・検察側共に控訴はせずに、同年5月25日午前0時をもって刑が確定した。

(wikipedia 小室哲哉より引用抜粋)
参照元:wikipedia 小室哲哉

吉田麻美が激白「小室哲哉さん、慰謝料と養育費を払って」
2005/09/12 11:59 ナリナリドットコム Written by コ○助

2002年11月にglobeのKEIKOと入籍し、現在は幸せな結婚生活を送っていると言われている小室哲哉。本 業の音楽活動のほうはイマイチ盛り上がりに欠け、「5年前に2億5,000万円で購入した愛車のベンツを1 億円以下で売りに出している」と近況を伝える週刊誌もあったが、今度は前妻の吉田麻美が週刊ポスト の取材に対して「慰謝料と娘の養育費を払って下さい」と激白している。離婚時に取り決められた慰謝 料と養育費を払えなくなったほど生活が困窮しているのか……と勘ぐられてもおかしく無さそうなこの 話題。吉田麻美がどのようなことを語っているのか、少し見ておくことにしよう。

「2002年の離婚当時は、私への慰謝料の額についていろいろ報じられました。慰謝料は10億円、という 報道もありましたが、そんな大金ではないし、一括で支払ってもらう取り決めにもなっていませんでし た」

「離婚の際、小室さんが、慰謝料として私と娘が住むためのマンションの賃貸料、そして娘が成人する までの養育費をそれぞれ月払いの分割で払うことで決着しました」

「昨年8月から家賃の振り込みがストップし、さらに、養育費の支払いもなくなってしまった」

昨年8月からとなると、かれこれ1年間に渡ってマンションの家賃と養育費が支払われていないことにな る。このタイミングで吉田麻美が週刊ポストの取材に答えているのは、最近になってマンションを追い 出され、9月末に引っ越すことになったのが大きな理由のようだが、今春から「Asami」の名前で歌手活 動を再開したことも、少なからず関係してそうだ。

週刊ポストはこの件に関して、小室哲哉の個人事務所に対しても取材を行い、回答を引き出している。 それによると、昨年8月から双方の弁護士が慰謝料などの条件について見直しを進めており、具体的な合 意には達していないものの、「金銭に関してはちゃんと支払っている」と吉田麻美の言い分と真っ向か ら対立する回答。どちらが正しいのかは分からないが、KEIKOと結婚して新しい家庭を築き、CDの売り上 げ低迷により収入が減っていることが、なかなか慰謝料と養育費の支払い条件の変更について合意に達 しない大きな要因になっていることは間違いなさそうだ。

ちなみに、この週刊ポストの記事では吉田麻美が小室哲哉と交際に至った経緯についても語られている 。

「(小室哲哉とのユニット『Kiss Destination』として)99年1月に活動を開始したのですが、ちょうど その頃、小室さんから告白されたのです」

「最初は『遊ばれてるのかな』とも思いました。当時は華原さんと付き合っているといわれていました から」

「結婚から5か月ほどたったころ、そろそろ私が出産のために入院しようかという時期でした。女の勘で すが、私にベッタリだった彼が、突然、よそよそしくなったのです」

「(彼の浮気相手が)KEIKOだとわかった時には、全身がわなわなと震え出したくらいです」

ほかにも交際時から結婚、離婚に至るまでのエピソードがいくつも紹介されていて、裏話的に「へぇ〜 」と思うような内容になっている。そちらにも興味がある人はぜひチェックを。

10か月と、かなり短い夫婦生活だった小室哲哉と吉田麻美だが、すでに双方が弁護士を立てて協議をし ている以上、場合によっては法廷闘争に発展……なんてこともあるかもしれない。泥沼にならないこと を祈るばかりだ。

☆小室哲哉の結婚遍歴

1987年 「キララとウララ」のキララ(本名:大谷香奈子)と結婚
1992年 香奈子夫人と協議離婚が成立
2001年 元「dos」、「Kiss Destination」の吉田麻美と結婚
2002年 麻美夫人と協議離婚が成立
2002年 「globe」のKEIKO(本名:山田桂子)と結婚
参照元:吉田麻美が激白「小室哲哉さん、慰謝料と養育費を払って」
2005/09/12 11:59 ナリナリドットコム Written by コ○助

小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」
2018年1月19日 18:18 音楽ナタリー

雑誌「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられた小室哲哉が、これを受けて本日1月19日に東京・エイベックスビルで記者会見を実施。本日1月19日をもって、音楽活動から引退することを明かした。

「週刊文春」が報道した記事は、小室が通院していたクリニックで親密になったシングルマザーの看護師を自宅などに招いて共に過ごしたという内容。小室は会見場に集まった約150人の記者やカメラマンに向かって「妻であるKEIKO、家族、ファンの皆さまにご心配をおかけし、ご相手の方にもご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と挨拶し、「言動が支離滅裂になるとよくないから」と昨晩書いたというメモを見ながら、「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と語り始めた。

彼はまず、2011年にくも膜下出血を発症して療養中のKEIKOの現状について説明。現在は身体的な後遺症はないものの高次脳機能障害によりあらゆる欲を失ったとのことで、「KEIKOは歌手として大きな存在だったと思うんですが、残念ながら音楽への興味は日に日に減ってきています。カラオケに誘ったりCDを聴いたりしても興味を持ちません。最初期に無理やりレコーディングスタジオに連れて行って1曲歌ってもらったけど、それ以降はもう歌うことはなくなりました」「夫婦として、大人としてのコミュニケーションが日に日にできなくなってきています。電話をしても、最初は1時間話していたのが10分、5分、3分とだんだん間が持たなくなって、自分も疲れ始めてしまったところがあります」と話した。

2009年に詐欺罪で執行猶予の判決を受けたのちも、エイベックスのおかげでいろいろな素晴らしい仕事をもらい、「それまで当たり前だと思ってた仕事が当たり前ではなかったと気付き、本当に幸せな日々でした」と語る小室。しかし3年ほど前から仕事をしながらKEIKOをサポートすることが不可能な状況になり、スタッフからの支援がないと追いつかない状況だったという。そんな中、小室は仕事での無理がたたって2017年夏にC型肝炎を罹患。夫婦2人が共に病気療養中という生活になってしまったが、小室は「芸能活動を縮小して、もう少し2人の時間を大切にするべきだったのかなとも思ったけど、ついつい皆さんの期待に応えようとしてしまった」と音楽活動は続行していた。小室はその後、C型肝炎は陰性になったが治療の副作用で骨折し、さらにストレスが原因で突発性難聴に。現在も左耳がほぼ聞こえず、常にキーンという耳鳴りがするという。そして彼は8月に入院し、複数の医者や看護師と邂逅。治療を経て退院したものの、生活が不規則なため通院できない時期があるため、早朝や深夜のイベント終了後、滞在先のホテルなどで急に具合が悪くなったときに時間と場所を選ばずに往診してくれる、今回報道されたクリニックを利用するようになったという。

普通の雑談をすることがない状態が何年も続いていた小室は、この往診で彼を担当した不倫相手と報道されている看護師との会話を通して「メンタルケアと言うときれいな言い方ですが、なんとなく容認してもらってるのかなという気持ちになりました」と説明。相手も、あくまで看護師という立場で自分の話をするようになり、2人はだんだん親密になっていった。これについて小室は「お医者さんと2人になることは多々あるのですが、女性の看護師さんなので誤解を与えてしまうのは当然だと思います。一緒にいる時間が長すぎるのではないかと怪しむのも当然だと思います。でも、女性として来ていただいたことは一度もなく、男女の関係というのはまったく考えていないです」「彼女が精神的な支えになっていたのはかなりありましたが、そこに一般の男性が思う女性への感覚はありません。本当にお恥ずかしい話ですが、この5、6年は男性としての能力がなくなっています」と釈明し、誤解を招いたことに対して「不徳の致すところ、重々承知しております。世間の皆さまに不快な思いをさせてしまい申し訳ございません」と謝罪した。

また彼は最近の音楽活動について「耳鳴りがどうしても治らず、10年前では考えられなかったことなんですが、楽曲制作が滞り、締切を3日から1週間ほど遅れるようになりました。特に歌手の方に提供する曲は悩み、やり直しをすることも増えています。そうしてやっとの思いでできあがって、すぐ次の仕事という日々が続きました」と語り、60歳を目前にして不安や自信のなさが日増しに大きくなっていることを明かした。KEIKOがピアノ演奏を聴いても興味が30秒と持たない状況だということもあり、小室はそういった悩みを頼りにしていた看護師に相談していたという。今回の「週刊文春」の報道について小室は「年末に、こういう事態が起きるだろうという胸騒ぎがしていました。思っていたんですが、彼女への依存が非常に強くなっていました。もうここまでだなと思っていた矢先に『週刊文春』さんが来たので、これは自分への戒めみたいなものなのかなと思いました」とコメント。同誌の取材を受けたときのことを「2010年に僕は裁判所にいました。そのときに裁判官から判決を聞いたときのような気分になりました。罪があれば必ず償い、罰を受けなければいけない」と振り返った。

引退について小室は「自分が作るものは本当に優れているのか、めまぐるしく変わるエンタテインメント業界で自分の役目は何があるのか、自問自答を続けているうちに、引退という言葉がどんどん頭をもたげてきました。グラウンドの真ん中でスポットライトを浴びながら『おつかれさま』と言ってもらう、野球選手の引退セレモニーの夢を見たこともここ数カ月はありました。自分の甘さから、そういう環境ではなく、決して勇退とは言えない状況で引退することになってしまいましたが、自分の行動による罪を償います。『報道された』と言うより『報道していただいた』と言う感じです」と涙を浮かべながら胸中を吐露。「音楽の道を退くことが私の償いですが、つい最近まで作ってきた曲は自分の子供のように愛着があります。エイベックスにとって大事な曲、ほかのアーティストにとって大切な曲もあったかなと思います。そういう楽曲はこれからも退かず生きていてほしいなと思います。曲は僕のものではなく、歌っている方のものなので。自分の行いで楽曲に影響が出てしまうのは僕が望んでいないことです」と願いを口にした。

今後については「現在引き受けさせていただいている仕事があります。そういう方々とはまだお話をしていません。もし望まれるのであれば期待に応えるべく仕事を全うしたいと思いますが、自発的な音楽活動は本日をもって退こうと思います」とコメント。今後の身の振り方は時間をかけて考えていきたいとのことで、音楽以外の活動に関しては「まだ引退を決めてから1週間足らずなので、どこまで許されてどこからできないのか、まだ何も判断できない」と発言を控えた。また、「僕はバンドをずっと続けて東京ドームをいっぱいにしたような人間ではないので、どういう方が僕の曲をいいと思ってくれているのか正直しっかりはわからないんですが、ソーシャルネットワークの時代なので、その方たちの声は目にすることはできますので、読ませていただきたいと思っています。その中から今後の答えが出てくるかなと思います。『なんでもいいから、生き恥晒しても音楽作れ』という世論が何割あるのか、その数字に従いたいかなと漠然と思っています」と、将来復帰する可能性がゼロではないことも示唆している。

そして彼は「僕は芸能人になりたかったわけではなく、音楽家になりたかった。ヒット曲を作りたかったのではなく、好きな音楽を作りたいと思っていた」と自身の音楽人生を振り返り、現状について「90年代、自分でも想像の付かない枚数を売り上げましたけど、今は能力は枯渇していき、自分でも飽きてきている」「ブームだった90年代に影響がありすぎて、『あの時代は素晴らしかったよね』と言っていただけることがほとんど。あの頃が基準になってしまっているので、それを超えることはもちろんできないし、下回ると『レベルが下がった』と思われて期待に応えることができない」複雑な思いを語った。

記者による質疑応答では、引退についてKEIKOにどのように報告したかを聞かれ、LINEで「ごめんね」「わかったよん」という簡単な単語でのやり取りをしたと説明。なおKEIKOは年に数回、スムーズな会話ができるようになるとのことで、そのときに彼女は「私、普通じゃないよね」と話すという。KEIKOとの離婚を考えているのかについて聞かれると「女性というよりも子供のようで、今のKEIKOのほうが愛情は深いです。離婚という大人の言葉が浮かんでこないです」と答え、1人で引退を決めたのかという質問に対しては「たった1人の判断です。誰にも相談していません」と回答。「この35年で音楽活動で一番うれしかったこと、つらかったことは?」という質問には「一番は非常に難しいけど、90年代に書いたヒット曲をみんなが楽しんでくれる姿を見るのが幸せです。一番つらいのは今日です」と返し、「引退後、幸せになっていこうという気力は持っているか」と聞かれると、彼は「今は皆さんの前で話すエネルギーだけで精一杯です。会見が終わったら涙があふれ出て、『なんてことをしてしまったのか』と悔いる可能性は正直十分あります。『悔いなし』なんて言葉は出てこないです。ただ、今日この環境だからそう思っているだけで、例えば自分の誕生日にラストライブをしたり、楽しく勇退できる環境だったら『悔いなし』と言えたんでしょうが。遅かれ早かれこうなったので」と言って切ない表情を浮かべた。

スタッフが会見の終了を告げると、小室はそれを遮って最後にひと言「僕1人の言動で日本の社会が動くとは思っていませんが、高齢化社会、介護、ストレスだったりの問題について、少しずつですがこの10年で触れることができたので、こういったことを発信することで、何かいい方向に、皆さんが幸せになる方向に進んでくれたらいいなと、心から思います。微力ですが、何か響いてくれたらいいなと思います。ありがとうございました」と挨拶した。
参照元:小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」
2018年1月19日 18:18 音楽ナタリー

小室哲哉の引退会見で同情派が急増! さじ加減が難しい“行き過ぎ”取材
文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)2018/1/19 週刊女性PRIME

 『Can’t stop 不倫(fall in) love』というタイトルに思わず「うまい!」と唸ってしまった、小室哲哉の不倫報道。

 新春2弾目の『文春砲』は、

「それほど大きな騒ぎにはならないだろうと思っていた同業者は多いです。なぜなら、小室は週刊誌が追いかけるほど旬の人ではないし。

 それに相手の女性も有名人じゃないし、小室が浮気をしないと思っている人はいないでしょう(笑)。そもそも男性読者は同性の不倫に関して、寛容というか、興味がないですからね」(写真誌記者)

 ところが1月19日に小室が緊急記者会見を開いたことで流れが大きく変わった。彼は会見で、釈明・謝罪だけでなく、同時に引退を発表したのだった。

「記者やレポーターは不倫に関して突っこんだ質問をしようと構えていたのですが、引退という重大発表があったため、どうしても質問はそっちに向いてしまいました」(前出・スポーツ紙記者)

 さらに、彼は、妻の介護と自身の病気でストレスがたまり、今も耳鳴りが治まらないという悲惨な状況が明らかになり、

「引退がショックだったのか、彼に同情してなのか、涙声で質問している記者もいましたね」(芸能レポーター)

 小室を責める声は一気にトーンダウン。小室にとって、会見は成功だったように思える。そして小室に向いていた矛先が向きを変え、『週刊文春』に対して批判的な声が出始めている。

「文春は引退発表のきっかけを作っただけで、引退に追い込んだワケではないのですが……。小室さんの話が事実なら、看護師の女性とは肉体関係があったとは思えず、不倫だと言えるかどうか微妙です。

 彼の話で納得できない点もありますが、引退ということがそれらをすべて消してしまいました。また彼の置かれている状況を知ってしまうと、最初は批判的だった女性たちが同情するようになり、週刊誌の報道に怒りを感じる人もいます」(前出・写真誌記者)

 実は、同情派が出てくる以前に、『文春』の記事に対して“行き過ぎ”を指摘する人もいた。それは、記者がKEIKOの実家に出向き、彼女の母親を取材したことだ。

「そもそも小室さんが取材に答えておりますし、ウラも取れているようですから、KEIKOさんや彼女の母親の取材は必要だったのかどうか疑問です。

 KEIKOさんは病人ですし、状況を理解できる状態ではないですからね。そこまでしなくてもと思う読者は多いと思います」(前出・芸能レポーター)

 取材先は漏れがないようにすべて当たるのが記者の役割なのだが……。さじ加減が難しいところだ。

  「行き過ぎた取材が自分たちの首を絞めるようなケースは、過去にいくつもあります。全盛を誇っていた写真週刊誌が、ある時から一斉に非難されるようになって読者が離れていったこともありましたね」(前出・写真誌記者)

 それは芸能スクープを獲り続ける週刊誌が陥りやすいワナなのか⁉

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>

◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。
参照元:小室哲哉の引退会見で同情派が急増! さじ加減が難しい“行き過ぎ”取材
文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)2018/1/19 週刊女性PRIME







スポンサーリンク


スポンサーリンク

ロンドンブーツ1号2号の田村淳が青山学院合格を目指す理由



最近、お笑い芸人ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、番組の企画の中で青山学院大学を受験するという面白い企画を展開して話題を集めている。

田村淳は「金曜ロンドンハーツ」といった看板番組で、普通の芸人では出来ないアグレッシブな企画を実行してきた。

ああいった企画は田村淳の司会者としての手腕にかかっている為、誰でもできる企画ではないが、PTAの「子供に見せたくない番組」調査で毎回上位にランクインされるような企画を強引に通せるのは、田村淳の実行力によるものである。




出生図を見ると、ラグナは蟹座のアーシュレーシャで、5、10室支配のヨーガカラカの火星が10室で、ムーラトリコーナの座にあり、パンチャマハープルシャ・ルチャカヨーガを形成している。

しかもこの火星は、ナヴァムシャ(D9)、ドレッカーナ(D3)、チャトゥルシャームシャ(D4)、サプタムシャ(D7)、ダシャムシャ(D10)、ドワダシャムシャ(D12)、トリムシャムシャ(D30)で同じ牡羊座に在住している為、ヴァルゴッタマの拡張版で非常に強力である。

この出生図における10室の火星の配置は、生まれついての司令官であり、リーダーの配置である。


「ロンドンハーツ」では、日頃から付き合いのある大勢の芸人やタレントを集めて、様々な企画を仕掛けていくのであるが、芸人いじりの天才であり、サディストでもある。

出演した芸人やタレントたちに指令して色々なことをやらせる天才なのである。


この火星が創作活動の5室を支配して、10室に在住して、5-10のラージャヨーガを形成している為に世間の規範や常識を踏み越えるような普通でない斬新な企画を実施できるのである。



この田村淳が、3年前にシリコンバレーを訪問して、それで、シリコンバレーの周辺の企業の文化に触れて、そこで刺激を受けて人生観が変わったようである。


小さな芸人仲間だけの殻に閉じこもってないで、色々な業界の人と交流して世界を広げたいと思うようになったようである。


3年前と言えば、2015年頃で、マハダシャー金星期に移行したタイミングである。


金星は4、11室支配で7室に在住している為、芸能界で、肩書き、評価(11室)を得て、自分の事務所(4室)や住まいを設けたり、自分の城(4室)を築く時期である。

また金星は、9室支配の木星とコンジャンクションすることで、4-9、9-11のダナヨーガを形成している。


7室に在住している為、結婚するタイミングでもあり、また新たなビジネスパートナーを得たり、活動が広がっていく時期である。


7室は10室から見た10室のハウスであり、社会へのデビューを表わしている。


今までの芸能活動とは次元の違う新しい飛躍を仕事の面で行いたいと考える時期である。



また月から見ても金星は3、8室支配で11室(肩書き、ステータス、収入)に在住し、1、10室支配の木星とコンジャンクションしている。


月から見て11室に在住している為、やはり、肩書きやステータス、人脈などを得ていく時期である。



このようなケートゥ期から金星期への変化があった為に学歴コンプレックスがあった田村淳は、大学卒業資格を得て、自分の社会的ステータスを高めたいと考えているのである。


つまり、資格、肩書きへの欲望が生じてきたと考えられる。


政界進出とか、プロデューサー業とか、自分の事務所や制作会社を持つなど、より上流での立場や仕事を求め始めたと言える。



マハダシャー・ケートゥ期の間は、ケートゥが12室に在住して、7、8室支配の土星とコンジャンクションしている。


従って、吉本芸人の中でもきわもの扱いの異色の芸人と見られており、主流からは一線を引かれた立場であった。


しかし、最近、加藤浩二などの吉本興業の先輩芸人と2人で番組を受け持ったり、一般の番組で司会を務めたりするなど、吉本興行の中での地位や評価が上がり、扱いも変わってきたようである。


つまり、今まで「ロンドンハーツ」などの自分の看板番組だけで暴れているだけで異端児扱いだったのが、他の普通の番組にも積極的に進出するようになり、芸能界の中で、再デビューしたような形なのである。






金星は、ナヴァムシャ(D9)でも5、10室支配のヨーガカラカで2室に在住し、2室は起業のハウスである。


自分で事務所を起ち上げたり、起業をしたいと考える時期である。


実際、マハダシャー金星期になってから、田村淳は、番組の企画だけでなく、クラウドファンディングをして、事業を始めたり、最近になってアメリカに新会社を起ち上げたようである。






ダシャムシャ(D10)でも金星は、2、9室支配で、2室で天秤座の自室に在住している。


2室は起業のハウスである為、自分のビジネスを構築し始めたことが分かるのである。


この2室支配の金星は9室の支配星でもあるが、9室は教育、社会奉仕のハウスである。


それで、日本国憲法TVなど、憲法の第1条から一つずつ条文を取り上げて、どう読み解いたのか聞いていくような企画や、生前に「遺書」をビデオレターで作っておき、死後に遺族に送る事業など、社会貢献、社会奉仕的な事業を始めたのである。


実際、青山学院大学への受験というのも、大学でより高度な知識を身に付けることの動機づけを喚起していくという意味での一般社会への啓蒙的な意味合いがあり、立派な社会奉仕、教育、啓蒙事業であると言える。


これには出生図で金星が9室支配の木星とコンジャンクションしていることがまず基本的に働いていると考えられるが、金星がダシャムシャで9室の支配星であるということが重要である。



このように金星期になって、田村淳の活動の質が高まってきたと言える。


そして、表現力や芸術性を表わす金星期であるからこそ、芸能界、メディアを使った様々な事業を展開していきたいということなのである。






因みにこのマハダシャー金星期に入った直後の2013年9月17日(金星/金星/金星)に田村淳は、元ファッションモデルの香那と結婚している。


そして、この入籍の模様を『ロンドンハーツ』で3時間生放送スペシャルの枠を設けて発表したようである。


このように私生活も全て番組にしてしまうのが、芸人であるが、ナヴァムシャでは、5、10室支配の金星が結婚生活の2室に在住している。


また金星は月から見た7室(配偶者)に在住している。



金星は、5、10室支配のヨーガカラカである為、自分の結婚も『ロンドンハーツ』の企画にしてしまうということである。




それでは、今回の青山学院の受験企画で、大学に合格できるのかどうかということであるが、現在のダシャーは金星/月期で、受験は現在進行中で、金星/月/木星期に行われる。


マハダシャーの金星は、4、11室支配で、9室支配の木星とコンジャンクションしており、アンタルダシャーの月はラグナロードで9室に在住し、プラティアンタルダシャーの木星は、9室の支配星である。


従って、全てに9室が絡んでおり、大学受験をするようなタイミングである。



木星は減衰しているが、ディスポジターの土星は月から見てケンドラに在住しており、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。



学習や学問的達成を表わすチャトゥルヴィムシャムシャ(D24)では、マハダシャーの金星は12室に在住しているが、アンタルダシャーの月は9室支配でラグナに在住しており、また木星は5室支配で9室で高揚し、ラグナにアスペクトしている。






従って、月や木星は学問的達成が出来る配置にあると言える。


但し、アンタルダシャーの月は減衰しており、特にニーチャバンガラージャヨーガは形成していない。


従って、弱い月である。


また月は出生図でも8室支配の土星からアスペクトされて傷ついている。



合格すると判断するには星位の強いダシャーの支配星がトリコーナやケンドラに在住して、傷ついておらず、ラージャヨーガやダナヨーガを形成しているというのが一番理想的である。


然し、月は傷ついており、またマハダシャーロードの金星は定座には在住しているが、12室に在住している。


また木星は5室支配で9室で高揚はしているが、8、11室支配の水星と絡んでいる。


従って、全て無傷ではないのである。



チャトゥルヴィムシャムシャ(D24)でダシャーの支配星が良い配置にあるのは、番組企画の中で、受験勉強をすることによって、学問の世界への扉が開けたという意味で、合格するしないにかかわらず、それは学業的達成においては十分に成功であることを意味している。


トランジットの土星と木星は、水瓶座と双子座にダブルトランジットを形成しているが、水瓶座はラグナから見て8室、月から見ると12室である。


そして、双子座もラグナから見て、12室で、月から見て4室である。


またラグナから見て8室支配の土星に対して、ダブルトランジットを形成している。



従って、モクシャハウスが強調されており、現在、あたかも滝に打たれて精神修行しているような時期である。



もし大学に合格するのであれば、5室や9室、そして、11室へのダブルトランジットが欲しい所である。



出生図において木星と金星のディスポジターの土星が12室に在住し、月は土星のナクシャトラに在住し、土星からアスペクトされている。


従って、土星の影響を強く受けている。


ダシャーの支配星が9室に絡んでいることで今の時期は、学問を目指すが、アンタルダシャーの月が8室支配の土星から傷つけられており、ナヴァムシャでも8室に在住し、チャトゥルヴィムシャムシャ(D24)では減衰していることなどを考えると、合格は難しいのではないかと考えられる。



然し、自ら大学合格を目指し、それに向けて受験勉強し、内的修養を得たこと、そして、社会に向けて高等学問を学びたいという志を示して、社会を啓蒙したという点で、十分に成功したと言えるのではないかと思われる。


田村淳が表現しているのは、単に大学への入学を目指すということではなく、44歳になっても大学入学を志すというメッセージである。


人は学びたければ、何歳からでも学び直すことが出来るという力強いメッセージを社会に与えていると思われる。


但し、田村淳は、正直に大学の卒業資格が欲しいようである。


何故なら、現在、11室の支配星の金星期だからである。


実業家として成功した人が爵位や家柄を欲しがるのと同じである。


こうしたことが11室支配の時期に起こることである。



(参考資料)



ロンブー・田村淳は「ギリギリを歩くため」44歳で大学を受験する
きょう、どこかの会場で、田村淳はセンター試験を受けている。

南 麻理江
錦光山 雅子 Masako Kinkozan

2018年01月13日 10時00分 JST HUFFPOST

1月13日から、大学入試センター試験が始まった。

大学受験に挑むことを公表したロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも今日、どこかの試験会場で 問題を解いているはずだ。

「金曜ロンドンハーツ」などの看板番組で、きわどい表現が持ち味の企画を相次いで打ち出して きた。一方、2017年にはアメリカに会社を設立するなど本業以外にもチャレンジしている。

活動の場を「受験」にまで広げ、その過程をインターネットテレビで番組化するなど、最近は地 上波テレビの外での活動にも積極的だ。

「外」に向かうきっかけは3年前、アメリカのシリコンバレーを訪問したことだった。

■「ムラ」を出て見えたもの

地上波のテレビ局に番組を持つ一方、BSスカパー!、AbemaTVなどの場にも進出している。

地上波のテレビは最近、「コンプライアンス」(法令遵守)が本当に厳しく求められるようにな りました。法律を守るのは当然としても、法律の範囲内ならギリギリの表現が許されるのかとい ったらそうじゃない。法律の中にさらに自主規制を設け、その自主規制の中にさらに自主規制を 犯さないためのルールができて、僕のような人間が、どんどん身動きが取れないようになってい ると感じています。

日本のテレビ業界は「ムラ社会」だから、暗黙のルールも多くて、みんなスーパーの野菜みたい に、そろった大きさや形で並べられている。でも僕は、ギザギザの一風変わった野菜でいたい。

だからいま、表現方法の幅をさらに広げようとしているところです。自分の能力や夢を「資産」 と考えると、従来の場所にとどまらず、いろんな場所に資産を分散して運用した方が、より多く の可能性をつかめると思うから。

そう思うようになったきっかけは、3年前のことです。

その年の夏、僕が一番優秀だと思っていたマネジャーが休みを取ってシリコンバレーに行きまし た。帰国後ほどなく彼は吉本興業を辞め、文化人のマネージメント会社を設立しました。

彼を変えたものは、何だったのだろう。僕もシリコンバレー周辺の企業を訪問し、そこで働く人 たちに話を聞き始めました。

たとえばFacebookで働いている人は、仕事が終わると外に出て、いろんな人たちとどんどん会い 、そこで得た気づきを、自分の仕事に生かしていた。自分と異なる分野の人と触れあうことで、 自分の感性が豊かになり、会社も、より豊かになっていくのだと聞きました。

日本の芸人のように、仕事の後も芸人同士で飲みに行き、居酒屋で「こんなパターンが今流行っ ている」「AってボケたらBっていうツッコミがいい」と、仕事の話を延々と話しているのとは真 逆の風景だった。

そこから、完全に世界観が変わりました。

ルール変更で表現手法が先細る中で外の世界を知らないまま、凝り固まった脳みその中で判断し て、苦しみながら続けていく必要はないんだ。ぶっ壊していいんだ。無理じゃない方法があるし 、無理じゃない見せ方だってあるんだ、と思うようになりました。

日本に戻ってきて、自分と遠い分野にいる人と積極的に交わり始めました。それまで熱心ではな かったFacebookも使い、普通なら出会うことのないような人ともつながりました。そうしたら、 キャンピングカーだけを作るおじさんとか、僕にはない発想を持つ人たちと、たくさん出会える ようになりました。

■僕は全員に好かれようとは思っていない

自身の変化は、表現のありようをも変えていく。

シリコンバレーの最初の訪問から帰国してほどなく、BSスカパー!で特番をやることになって、 しゃぶしゃぶを食べながらシャブ(覚醒剤)の依存症の経験者の話を聞く企画を提案しました。

覚醒剤は、逮捕者が出るたびにニュースになります。だけど、どうして手を出してしまうのか、 なぜ繰り返してしまうのか、自分なりに掘り下げたいという思いがありました。

でも、そこでなぜ「しゃぶしゃぶ」? 社会的課題である「薬物依存症」というテーマを、問題 意識だけで伝えようとしても、人は見てくれない。「笑い」「ユーモア」といったエッセンスを ふりかけて、ポップなパッケージにしないと興味のない人には届かないんです。

だから僕は、「しゃぶしゃぶを食べながら、シャブ(覚醒剤)の話をする」という立て付けの入 り口を作った。すると、それまで関心のなかった視聴者も、おもしろそうなことをやっていると 入ってきてくれて、こちらが本来伝えたかったことも理解してくれる。いずれにしても「知らな かったことを知る」という出口は、同じじゃないですか。

依存症の経験者として、元・光GENJIの赤坂晃さんに出演をお願いしました。一度は断られたので すが、僕はあきらめたくなかった。だから、自ら趣旨を説明するビデオレターを撮りました。「 番組の最初はおもしろおかしく始めるけれど、それ以降は真剣な覚せい剤の話しかしない」。そ う説得して出てもらうことができました。

この特番からレギュラー化した番組(田村淳の地上波ではダメ!絶対!)が、いま僕が一番全力 で取り組んでいる番組です。スカパー!は、見たい人が見たい番組にお金を出して視聴する、と いう手法をとっている。そういうやり方で、お金を出してでも僕の番組を見たい人たちに支えて もらう方法が、僕自身が一番表現したいと思っているかたちにうまく収まるんです。

僕は全員に好かれようとは思っていない。コアな人たちに支えてもらえればいいと思っています 。

■「失敗」で得たことは

自分で製作したテレビ番組もあります。

僕は自分のテレビ局を持つのが夢でした。持ちたい、持ちたいと言い続けていたら、鹿児島県の 会社の社長さんが、自分が持っている電波のうち深夜2時から10分だけくれました。好きな番組を 作っていい、と。

そこで「日本国憲法TV」という番組を作りました。日本国憲法を読んだことのない芸人やタレン トたちに集まってもらい、憲法の第1条からひとつずつ条文を取り上げ、あなたはどう読み解いた のかと聞いていく内容です。

正解はないです。集まった人がその人なりの解釈をすればいい。僕は司会として入りましたが、 わかりにくい話を整理はするけれど、話をある方向に導きはしなかった。

この番組、音声に想像以上のコストがかかって2000万円の赤字が出ました。でも、生配信の時代 にこんなに音声にこだわる理由もないと、やってみて思いました。同時にテレビに誰も手を出さ ない理由が分かりました。儲からない。自分がやってみなかったら、分からなかったことです。

メディアで番組を作る、という手法にこだわっている訳ではありません。

マスクを付けたままお見合いするイベント(マスクdeお見合い)も何度かやりましたし、最近は 、生前に「遺書」をビデオレターで作っておき、死後、希望した時期に家族たちに送るitakoto(イタコト)」という事業を始めました。

「itakoto」の資金をクラウドファンディングで募ったけれど、1000万円の目標額に対して430万 円しか集まらなかった。若い世代は、死んだときのことをあまり意識していなかったんだろうと 思います。

だけど、おじいさん、おばあさんは関心があって、やりたいけどやり方が分からないという。墓 石や線香といった業種の会社に事業を持ちかけたところ、数千万円を出資してくれる会社が現れ ました。

最初は「資金調達はクラウドファンディングしかない」と思い込んでいたけれど、調達できた資 金が目標額に届かないという失敗を経たからこそ、別の一手が生み出せたと思っています。

■したいことができる箱=新会社

11月には、アメリカで新会社「BE BLUE VENTURES」を設立した。

会社を始めたのは、いま日本で所属している「吉本興業」にいる間、できないことが出てきたら 、アメリカですぐに始められるような「箱」を作っておきたかったからです。吉本も、僕のアメ リカでの活動には文句言えないはずなので。

新会社でやりたいことは目下、模索中です。社名の「BLUE」は「ブルー・オーシャン」のブルー 。まだ誰もやっていないことをやるぞ、という決意表明です。

芸能界に今ある、暗黙のルールのがんじがらめには、みんな気付いています。どこかで爆発する と思う。その時に、備えて色々なことをバランスよくやりたい。ビジネスはその一つの手段です 。

■「安全な場所」は歩きたくない

2月、青山学院大学を受験する。

それまで、僕は知らないことが出てきても、知ったようなふりをしたり煙に巻いたりして、逃げ ていました。「コンプライアンス」という言葉も、知ったかぶりでやり過ごしていた。だけど本 を読むようになって、「分かっていない自分」に気づくようになりました。

一方、ラジオ番組(田村淳のNews CLUB)に出ていただいた弁護士に、困った案件があると、いつ も相談していました。彼女はものごとに白黒をつける能力が本当に高い。その能力の土台が法律 の知識だった。僕も彼女のような能力が欲しくなった。

ルールの逸脱が厳しく問われる時代だからこそ、どこまでがルールの範囲内で、どこからが逸脱 なのか、それを分ける縁がどこかも知っておきたい。知った上で逸脱とルールの境目の、そのギ リギリ内側を歩きたい。大学で手に入れたいのは、そのための知識です。

ルールを知らない人たちは、ビクビクして安全な場所ばかり歩きたがるようになるでしょう。で もそこは、僕の生き方、というか表現者としては、歩きたくはない場所です。

ガードレールに乗って歩く少年って、いるじゃないですか。

見ている方からしたら落ちそうで怖いし、大丈夫か、と言いたくなるような危なっかしさがある 。

でも僕はずっと、そんなギリギリの感じを続けたいんです。内側に重心をかけながら。

参照元:ロンブー・田村淳は「ギリギリを歩くため」44歳で大学を受験する
きょう、どこかの会場で、田村淳はセンター試験を受けている。

南 麻理江
錦光山 雅子 Masako Kinkozan

2018年01月13日 10時00分 JST HUFFPOST


ロンブー淳 センター爆死で青山学院の“安堵”「イメージダウン避けられる?」
2018年01月16日 17時00分 日刊サイゾー

 大学受験に挑戦することを発表していたロンドンブーツ1号2号の田村淳が、センター試験の自己採点結果についてTwitterで言及。淳は青山学院大学を目指すことを明らかにしているが、その結果に、青学関係者は胸をなでおろしているのでは……!?

 淳が大学受験に挑戦することを発表したのは、昨年9月のことだ。インターネットTVの「AbemaTV」に出演した淳は、青山学院大学を目指すこと、それにあたって受験勉強を始めることを発表。理由については、「学歴コンプレックスがあった」と述べた。

 淳は、1月13日と14日に行われたセンター試験終了後、Twitterで「現国と日本史は6割そこそこに7割行きたかったな…英語は5割切り」と報告したが、この数字は青山学院の合格圏内なのか? 受験情報誌のライターが語る。

「『6割そこそこ』『5割切り』が具体的に何点なのかわからないので、判断は難しいところですが、青山学院の合格ラインに乗るためには、センター試験では最低でも7割以上を取る力が必要です。しかも青山学院は、“英語の青山”と言われるように、入学試験で英語を非常に重視します。センターの英語で5割が取れないようでは、合格の芽はなさそうです」

 9月から勉強してこの数字は立派だが、淳が「憧れのキャンパス」と語る青山学院に手が届く可能性は極めて低そう。ただし大学の中には、芸能人を入学させることで、大学名をアピールする戦略を取る大学もある。淳がそういった網にかかる可能性はないのか? 大学経営に詳しいマネー誌の記者はいう。

「かつての亜細亜や帝京、最近では明治や慶応のSFC(湘南藤沢キャンパス)もやっていますが、AO入試などで芸能人を合格させるのが好きな大学は少なくありません。ただし青山学院は、チャラチャラしたイメージを持つ方も多いと思いますが、AO入試で芸能人を積極的に入れるような経営戦略は取っていません。そういった背景には、青山学院が置かれた状況があります。青山学院の学生やOBには、偏差値が高いわりに、企業の評価があまり高くないという共通認識があります。受験業界ではMARCH(明治、青山、立教、中央、法政)という括りに入る青山学院ですが、就職試験の際、国立大や早慶出身の経営陣にどうしても“軽く”見られがちなのが青山学院。青山にキャンパスがあり、オシャレな子が多いのが青山学院の人気の理由ですが、就職の際には『学生時代は遊んでいた』と判断されがちで、言ってみればデメリットになっています。学校側がそういったイメージの払拭に努めるなか、淳が合格すれば、そのことが大きなニュースとなるのは必至。淳の頑張りは高評価を集めると思いますが、“ちょっと勉強すれば合格する”印象が広まるのは、歓迎したくないでしょう」

 淳のもとに「サクラサク」の便りが届くことはあるのだろうか。
参照元:ロンブー淳 センター爆死で青山学院の“安堵”「イメージダウン避けられる?」
2018年01月16日 17時00分 日刊サイゾー


ロンブー淳、父親からのLINEに涙「センター試験の前日に…」
2018年1月14日 11時14分 マイナビニュース

青山学院大学合格を目指して受験勉強中のお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳(44)が13日、インターネットテレビ局・AbemaTVの番組『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(毎週土曜22:00~)に生出演。この日受験した大学入試センター試験の前日に父親からLINEが届き、涙したエピソードを明かした。

「あんまり収録とかでも緊張しないんだけど、すごい緊張が高まって、めっちゃお腹が痛くなった」とセンター試験を振り返った田村。「こいつがすごい助けてくれた。色んなお守りもらったけど、なんだかんだでこいつが1番頼りになったから」と、下痢止め薬を見せて笑いを誘った。

番組では、田村の妻・香那さんからのメッセージを公開。「淳さんは10年くらい前から大学受験をしてみたいと言ってましたがまさか本当に受験する日が来るとは思いませんでした。淳さんの下関のお母さんが『淳は学生時代、全く勉強しなかったから勉強する事、受験に挑戦する事がとてもうれしい』と言っていて、私も、我が子の受験を見守るような不思議な気持ちになっています」とコメントを寄せた。

田村は「人の嫁と勝手に接触しないでほしい」と苦笑した上で、「父ちゃんからもセンター試験の前日にLINEが来て、『いろいろ言うやついるけどさ、この歳になって受験する息子を誇りに思う』ってきて、不意にも夜泣いちゃった。親父がそんなに喜ぶかと思って」と告白。「ネット見たらさ、『裏口で入ろうとしてんだろ』とか、親父は親父で見るわけじゃない? 傷ついてたんだなと思って、なんとも言えない気持ちになった」と打ち明けた。

田村は昨年9月、唯一のコンプレックスだと話す“これまでの人生で一度も勉強をしてこなかったこと”を克服すべく、たった100日で憧れだった青山学院大学合格を目指すと発表。同番組では、受験勉強に奮闘する田村に密着している。なお、青山学院大学の一般入学試験は2月7日から始まる。
参照元:ロンブー淳、父親からのLINEに涙「センター試験の前日に…」
2018年1月14日 11時14分 マイナビニュース










スポンサーリンク


スポンサーリンク

リベラル派の逆襲 ―ハリウッドセクハラ告発パンデミックの理由―

昨年2017年10月5日に『ニューヨークタイムズ』紙が、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが、複数の女優や会社の女性社員にセクハラ行為で訴えられ、少なくとも8件の示談に応じたとのスクープを報じた後、アンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロウなど大物女優が被害者として名乗りを上げ、twitterやfacebookなどのSNS上で、同じような体験をした人に「#me too」として、過去のセクハラ体験を告発するよう呼びかけられ、全米に「#me too」でツィートする人が後をたたない状況が続いている。




1月7日に行われた米ゴールデン・グローブ賞の授賞式もオバマ大統領の当選に大きく貢献した人気テレビ司会者のオパマ・ウィンフリーが、受賞スピーチの中で、シドニー・ポワチエというアフリカ系アメリカ人が第36回アカデミー賞授賞式で最優秀男優賞を受賞し、セシル・B・デミル賞を受賞した時の感動を語り、リーシー・テイラーというアフリカ系アメリカ人が性的暴行を受けた事件を取り上げて、全米黒人地位向上協会のローザパークスが主導して事件を捜査したが、犯人が裁かれることはなかったと語った。

オプラ・ウィンフリーはスピーチの終盤で「男性たちの力に対し、女性が真実を語っても、誰にも聞いてもらえず信じてもらえない。そんな時代はもう終わりです。タイムズアップ!彼らの時間はもう十分なのです。」と発言し、女性のための「新しい時代」が来ると呼びかけてスタンディング・オベーションで称賛を浴びたのである。


ローザパークスは、1955年にアラバマ州モンゴメリーで公営バスの運転手の命令に背いて白人に席を譲るのを拒み、人種分離法違反の容疑で逮捕され、これがきっかけで、モンゴメリー・バス・ボイコット事件が勃発し、アフリカ系アメリカ人による公民権運動の導火線となった人物である。

後にマーチン・ルーサー・キング牧師の人種差別の終焉を呼びかけた「I Have a Dream」(私には夢がある)の演説に繋がって行く。

マーチン・ルーサー・キング牧師の演説とは、人種差別に限定されない、リベラル派の理想主義の体現であり、象徴である。


オプラ・ウィンフリーは、昨年の10月のハーヴェイ・ワインスタイン氏のセクハラ告発で、高まっている人権意識の高揚の中で、このアメリカ公民権運動を思い起こさせるようなスピーチをしたのである。

オプラ・ウィンフリーが大統領選に出馬するのではないかという憶測は、そうしたこのセクハラ告発で高まっているリベラル派の高揚感が関係していると考えられる。


そうしたことで、今年のゴールデン・グローブ賞の授賞式は、性的暴力や抑圧に抗議する式典になったようである。

出席者たちは、黒い服装で出席し、連帯を示したようである。







何故、このような米国のハリウッド発のセクハラ告発が全米に広がり、更には世界に飛び火したのかを考えると、これは、昨年2017年10月26日から射手座に入室した土星が関係していると考えられる。


土星は射手座から水瓶座と双子座にアスペクトし、木星は天秤座から水瓶座と双子座にアスペクトしている。


従って、現在、水瓶座と双子座にダブルトランジットが形成されている。


水瓶座―双子座―天秤座の風のエレメントは、新しい時代の理念を代表するグループで、民主主義や平等、博愛などはこの星座のグループからもたらされたものである。


特に水瓶座は、人種、性別、年齢などで人を差別せず、少数民族の人権も考慮し、性的マイノリティーなどの権利(同性婚)にも気を使う星座である。



土星は星座に入室する2か月前に入室の効果を発揮する為、実際には10月26日になる2ヶ月前の8月26日ぐらいからこのような傾向が高まっていたのである。


それで、実際には土星は10月26日から射手座に入室した訳であるが、ハーヴェイ・ワインスタイン氏を告発する『ニューヨークタイムズ』紙のスクープ記事が出たのが、10月5日で、その直前であった。


10月5日であれば、既に十分に水瓶座と双子座へのダブルトランジットの効果が発揮されていたタイミングである。




この現在のセクハラ告発の連鎖は、『パンデミック』とメディアから表現されているようにやや狂信的、戦闘的、熱狂的な様相を呈している面もあると思われる。


告発合戦が続いており、それに賛同しない人は裏切り者と評価される空気も生じているという。



リベラル左翼、つまり、共産主義といってもいいかもしれないが、水瓶座というのは、しばしばその理念に狂信的になる場合に非常に残酷な面も発揮するのである。


例えば、狂信的で熱狂しすぎるとあさま山荘事件で、裏切り者を粛清するようなことが事件が起こったりする。


言葉狩りと言われるような過度の言論統制なども行われる。



水瓶座というのは、平等という理念を戦闘的に他人に押し付ける場合がある。


例えば、共産主義の時代に裕福な資産家の家に労働者が押し入って、ピアノや家具調度類を奪い去っていくといった暴力を映画の中で見た人もいるかもしれない。


また中国の文化大革命などもそうだが、紅衛兵が芸術家や文化人などを吊し上げて、酷い暴力を働いたりもしたのである。



SNSで「#me too」で過去の男優たちのセクハラを暴露するようにうながされて、それに従って、熱狂的に暴露合戦をしている人々は、この中国の文化大革命に似ていると言えなくもない。


ある意味、理性を欠いたリベラル左翼的な熱狂に支配された行為の連鎖である。


今、米国のハリウッドで、吊し上げられているのは、ハーヴェイ・ワインスタイン氏や、ダスティンホフマン、スペイシー、ベンアフレック、オリバーストーン監督、ケビンスペイシーなど広範囲に渡る。



おそらく彼らは、やはり過去に女性たちに恨まれることをしたのだろうと思われる。


人間が受けた屈辱、そして、屈辱感というものは、どれだけ時間が経過しても忘れ去られることはないのである。


そして、ある時、何かをきっかけにして、それらが噴出してくる。


彼らが吊し上げられたのも、またカルマと言えるのかもしれないが、然し、かなり熱狂的で、狂信的な傾向が見られる。



おそらく、それは私は、昨年2017年の冒頭からドナルドトランプ大統領誕生というリベラル派にとっては、大きな屈辱的な出来事が起こった。


その為、今回のセクハラ告発の連鎖は、リベラル派の狂信的な反動なのではないかと思われる。




因みにこうしたセクハラ告発は日本の芸能界には全く飛び火している様子がない。


若干、あったかもしれないが、全く大きな騒動には発展していない。


日本の芸能界は保守的であり、セクハラは日常的な出来事である。


日本は基本的に保守の国であり、こうした米国のリベラル左翼の狂想曲を冷めた目で見ているのである。


そして、『米国ハリウッドでセクハラ告発続出も日本芸能界では沈黙 セクハラが「常態化」か』と題する記事が掲載されてもあっという間に提供者の都合で削除されている。


米国ハリウッドでセクハラ告発続出も日本芸能界では沈黙 セクハラが「常態化」か
2017年12月14日 10時25分 @niftyニュース

米ハリウッドのセクハラ問題ではケビン・スペイシー、ダスティン・ホフマンまでも告発

日本でも「共演女優とやらないでどうする」が石原裕次郎さんの口癖だったと週刊誌報道

音楽グループ出身の俳優で、当時40代のタレントがグラビアタレントをあわやレイプとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております


その代わりに日本では、日本相撲協会の古い体質が批判されている。


この辺りで、水瓶座のリベラル左翼の理念の影響が出てきているようである。




因みにハーヴェイ・ワインスタイン氏と金正恩がキャラクター的に非常に似通っている。



ハーヴェイ・ワインスタイン氏がハリウッドから排除されたように金正恩が世界から排除されるのだろうか。













(参考資料)



米セクハラ問題 映画人沈黙のワケは… 米アカデミー賞選考への影響懸念? 女優ら抗議計画
2018.1.7 21:20 産経ニュース
【ロサンゼルス=住井亨介】多数の女優やモデルへの不適切行為が報じられた米ハリウッドの大物映 画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏を契機に拡大したセクハラ疑惑が、米映画界最高の 栄誉とされるアカデミー賞に影を落としている。前哨戦の映画賞が発表される中で当の映画人らが疑 惑に触れるのを避け、「非難することでアカデミー受賞を逃すのを懸念している」との批判が上がる 一方で、一部の女優たちが沈黙を破ろうと抗議の意思を表明する動きを見せており、賞レースへの影 響が注目されている。

 「別世界の賞」

 「まるで別の世界で開催されているかのようだ」

 セクハラ疑惑のまっただ中にある状況に誰も触れなかった昨年11月のアカデミー名誉賞授賞式に ついて、こう皮肉ったのは米紙ニューヨーク・タイムズだ。

 今年3月のアカデミー賞に至る、映画賞シーズンの到来を告げる「ゴッサム・インディペンデント 映画賞」授賞式(昨年11月)でも、奇妙さはぬぐいきれなかった。司会者は「(映画界は)必死に 正しいことをしようとしている」と婉曲(えんきょく)に述べたものの、疑惑そのものには言及せず 、多くの受賞者もありきたりのスピーチを繰り返した。

拡大する一途の疑惑。主なものでも、ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で主演したケビ ン・スペイシー氏、オスカー俳優のダスティン・ホフマン氏のほか監督、大物代理人など、映画界全 体に蔓延(まんえん)していたことが明らかになっている。

 「沈黙」の背景にはハリウッド独特の力関係がある。大手の映画会社や代理人、ワインスタイン氏 に代表される大物映画人らの意向に逆らうことはご法度とされる。そうした悪弊が長らく疑惑発覚を 抑えつけてきたともいえ、「ハリウッド批判をすれば、アカデミー賞の発表で(受賞者が書かれた) カードに他人の名前が載ることになる」(同紙)のが現状なのだ。

 思い惑う関係者

 アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーは危機感を覚えたのか、昨年12月、「会員は 、人の尊厳などを尊ぶアカデミーの価値観に基づき、倫理的に行動しなければならない」などとする 「行動指針」をアカデミー会員に送付。さらに特別チームを組んで疑惑を調べているという。

 こうした疑惑追及と賞選考とを切り離すべきではないとする意見の一方で、純粋な作品評価の観点 から疑惑と関わりのある作品を選考から除外することへの抵抗もある。ワインスタイン氏が設立した 会社が制作に関わった作品にも受賞の期待がかかるなど、関係者の逡巡(しゅんじゅん)は深まるば かりだ。

沈黙破る動き

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、アカデミー会員の72%が男性、87%が白人で、2016 年は演技部門の候補者が全員白人だったことから「白すぎるオスカー」と批判を浴びた。こうした中 、女性陣が声を上げる動きが出ている。

 アカデミー賞の行方を占う上で重要視される第75回ゴールデングローブ賞の授賞式(現地時間7 日)で、ノミネートされているメリル・ストリープさん、エマ・ストーンさんら女優30人以上が、 セクハラや男女不平等に抗議するため黒色ドレスを着て出席することを計画しているという。

 ストリープさんは昨年1月の同賞授賞式で、大統領就任前のトランプ氏の差別的な発言を痛烈に批 判した経緯がある。新たなアピールは同賞以後も続けられるといい、今年は再び社会問題がクローズ アップされるアカデミー賞となりそうだ。

 ■米アカデミー賞■ 米国の映画業界団体「映画芸術科学アカデミー」が映画産業の発展を目的に 、優れた作品や俳優らに贈る賞。ベルリン国際映画祭など3大映画祭より歴史が長く、業界人の投票 により毎年独特の傾向が表れることから、世界で最も注目される。受賞者に贈られる像は「オスカー 」という愛称で知られる。第90回の発表・授賞式は3月4日(現地時間)。
参照元:米セクハラ問題 映画人沈黙のワケは… 米アカデミー賞選考への影響懸念? 女優ら抗議計画
2018.1.7 21:20 産経ニュース

ゴールデングローブ賞、性的暴力や抑圧に抗議する式典に
2018年01月8日 NEWSJAPAN

米ロサンゼルスで7日、ハリウッド外国人映画記者協会がテレビと映画の優秀作品を選ぶ第75回ゴール デングローブ賞の授賞式が開かれた。ハリウッドを揺さぶる性的暴行問題が噴出し始めて以来、初の 主要な授賞式。出席者の多くは黒い服で被害者に連帯を示し、受賞者の多くも、声を上げる女性たち に共感を示した。

式典では、性的暴力の被害者と連帯する「#MeToo(私も)」運動や、性的暴力をこれ以上容認しない 、沈黙していられる時間はもう過ぎたという「Time’s Up」運動への連帯が、事実上のテーマだった 。

映画界への長年の功績を称える「セシル・B・デミル賞」を、黒人女性として初めて受賞した人気司会 者・女優・実業家・プロデューサーのオプラ・ウィンフリーさんは、「新しい日がもうすぐ明ける」 と述べ、式典の空気を総括した。

出席者の多くは黒い服装で連帯を示し、司会のセス・マイヤーズ氏は冒頭のあいさつで開口一番、「 淑女と、まだいる数少ない紳士の皆さん」と切り出し、「今年は2018年。マリフアナがついに許され 、セクハラがついに許されなくなりました」と続けた。

「今日この場にいる男性の候補者の皆さん、3か月ぶりのことですが、今日は自分の名前が呼ばれても 脅えなくて大丈夫です」

マイヤーズ氏はさらに冗談めかして、オプラ・ウィンフリー氏に大統領選に出馬するよう促した。

2011年のホワイトハウス特派員協会晩餐会で当時のバラク・オバマ米大統領が、ドナルド・トランプ 氏が大統領になれるはずがないと満座の中で嘲笑したのが、トランプ政権発足につながったという意 見に触れ、「もしそれが本当なら、オプラ、これだけ言わせてください。あなたが大統領になれるは ずないから。ぜんぜん能力不足だから」と逆説的に促した。

そのウィンフリー氏が功労賞を受賞すると、会場の大勢が立ち上がりスタンディング・オベーション を送った。

ウィンフリーさんは受賞スピーチで、現在の米国では報道や真実が攻撃されていると述べ、「自分の 真実を語ることこそ、私たちの最強の道具です。あまりに長いこと女性たちは無視されてきた。ある いは、自分たちを虐げる残酷なほど強力な男性たちの権力を前に、真実を語ろうものなら、聞いても らえず、信じてもらえなかった。けれどもその男たちはもう時間切れ。連中はもう時間切れです!」 と強調した。

「なので今これを見ている女の子全員に、新しい日がもうすぐ明けると知ってもらいたい。その新し い夜明けがついに来たら、それは大勢の素晴らしい女の人と、今晩この会場にもその大勢がいます、 かなりすごい男の人たちのおかげです。もう二度と誰も『私も』などと言わなくて済む時代に、私た ちを連れて行ってくれる、そんな指導者になろうと一生懸命戦っている人たちのおかげです」

映画「ビッグ・リトル・ライズ」で助演女優賞を受賞したローラ・ダーン氏も、今まで女性は発言し ないよう抑え込まれてきたとスピーチした。

「私たちの多くは、告げ口をするな、秘密を漏らすなと教えられてきた。沈黙の文化で、それが普通 だと言われた (中略)仕返しの恐怖なく発言してもいい、それが私たちの文化の新たな指針だと、 子供たちに教えられますように」

歌手、女優、映画監督のバーブラ・ストライサンド氏は、プレゼンターとして登壇し、ゴールデング ローブ賞で監督賞を受賞した女性はまだ自分だけで、しかもそれは1984年のことだったと強い憤りを 表した。

ストライサンド氏は、「皆さん、時間切れです。もっと多くの女性監督や女性を、監督賞にノミネー トしないと」と呼びかけた。

映画(コメディ・ミュージカル)部門で作品賞に選ばれた「レディ・バード」を撮りながら、監督賞 にノミネートされなかったグレタ・ガーウィグ監督は、ストライサンドさんのこの発言を聞き、主演 女優賞を得たシアーシャ・ローナンさんと客席で抱き合っていた。

さらに、監督賞を発表した女優ナタリー・ポートマンさんは、監督賞の「男性候補たち」とあえて発 言し、ガーウィグ監督を外した候補選定に暗に苦言を呈した。

映画(ドラマ)部門では、マーティン・マクドナー監督・脚本、フランセス・マクドーマンド主演の 「スリー・ビルボード」が、最優秀作品賞と脚本賞、主演女優賞、助演男優賞の4部門で受賞した。

主演のマクドーマンドさんは、娘を殺害した犯人が見つからず、警察と対立する母親を演じた。

「自分自身が物語を書く」

テレビドラマ部門での最多受賞は、「ビッグ・リトル・ライズ」。出演のニコール・キッドマンさん 、ローラ・ダーンさん、アレクサンダー・スカースガードさんが主演賞や助演賞を受賞したほか、限 定シリーズ最優秀作品賞も受賞した。

テレビドラマシリーズ部門では、女性が一切の人権を奪われ「産む機械」にされる近未来の神権独裁 国家を描き、社会現象ともなっている「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」が、最優秀作品賞と主 演女優賞を獲得した。

モスさんは受賞スピーチで、原作者の作家マーガレット・アットウッドさんに賞を捧げた後、「私た ちはもはやページの余白や物語の隙間に生きているわけではありません。私たちこそが出版される物 語で、私たち自身がその物語を書いているのです」と、立ち上がり発言する女性たちにエールを送っ た。

男性の束縛から逃れようとする女性2人を描いた1991年映画「セルマとルイーズ」で共演したジーナ・ デイビスさん(左)とスーザン・サランドンさんは、映画から27年後に舞台上で「再会」。

ドラマの最優秀男優賞を発表するにあたって、デイビスさんは、候補男優たちは「みんな報酬の半分 を返上すると約束したんですよ。自分より女性が多く稼げるように」と述べ、映画業界で長年続く男 女の賃金格差を皮肉った。

ゴールデングローブ賞の映画部門は、アカデミー賞の前哨戦とみられている。今年のアカデミー賞授 賞式は3月4日に開かれる。

(英語記事 Golden Globes 2018: Sexual harassment scandal dominates ceremony)

参照元:ゴールデングローブ賞、性的暴力や抑圧に抗議する式典に
2018年01月8日 NEWSJAPAN


ハーベイ・ワインスタイン事件:ここまでの経緯をおさらいしてみる
猿渡由紀 | L.A.在住映画ジャーナリスト
2017/10/17(火) 6:30

ハーベイ・ワインスタインについての暴露記事がハリウッドに衝撃を与えてから、11日が経った。事態は刻一刻と先に進んでいるが、状況に着いていけていないという人のために、彼という人物や、これまでの経緯を、ここで簡単に説明しておこうと思う。

 この機会にお伝えしておくが、正しい発音は、ワインスティンである。しかし、日本では長年ワインスタインと表記されてきたため、混乱を防ぐために、筆者はワインスタインで通すことにしている。

ワインスタインとはどんな人なのか

 ハーベイ・ワインスタイン(65)は、ハリウッドで強力なパワーを持つ映画プロデューサーである。ニューヨーク出身の彼と弟ボブ(62)は、70年代末に、映画会社ミラマックスを創設。社名の由来は両親の名前で、小規模だった頃は、母が受付に座っていたりしたそうである。

 80年代末から90年代にかけて、ミラマックスは、「セックスと嘘とビデオテープ」「クライング・ゲーム」「パルプ・フィクション」など、大人向けの良質で個性的な作品を次々に送り出し、批評面でも、興行面でも大成功を納めた。「イングリッシュ・ペイシェント」では、初のオスカー作品賞を獲得。これをきっかけに賞に貪欲になったワインスタインは、毎年その時期になると、強引すぎるほどのオスカーキャンペーンを展開するように。そのことから、彼は、現代のオスカーキャンペーンの基礎を作った人とも言われるようになった。ミラマックス時代には、ほかに「恋におちたシェイクスピア」と「シカゴ」が、作品賞に輝いている。

 無名俳優だったマット・デイモンとベン・アフレックを「グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~」で大ブレイクさせてあげたのも、ジョージ・クルーニーに監督デビューのチャンスをあげたのも、ワインスタイン。グウィネス・パルトロウ、クエンティン・タランティーノなど、彼に恩がある人は、ほかにも多数いる。

 ミラマックスは、93年、ディズニーに買収されたが、その後も、実質的な経営は、ワインスタイン兄弟が以前と同様に行ってきた。しかし、ディズニーのトップとの間に摩擦が強まり、2005年、兄弟は自分たちが作った会社を離れ、ザ・ワインスタイン・カンパニー(TWC)を創設する。TWC時代になってからも、「アーティスト」「英国王のスピーチ」がオスカー作品賞を受賞した。

 結婚歴は2回。最初の妻は元アシスタント 。2007年に再婚した相手は、ファッションブランド、マルケッサのデザイナーであるジョージナ・チャップマン。あまり表に出ず、 主に関連レーベルのディメンション・フィルムズの経営にたずさわる弟ボブと違い、ワインスタインは出たがりで目立ちたがりや。多くの才能を発掘した一方で、監督と編集についてもめることもたびたびあり、皮肉を込めて「シザーハンズ」(ハサミをもつ手)とも呼ばれてきた。「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」では、自分の気に入らないバージョンを監督とプロデューサーがカンヌ映画祭に出品したことに怒り狂い、カンヌをボイコットしただけでなく、アメリカで劇場公開をしないという仕返しに出ている。怒りっぽく、気に入らないと大声で怒鳴ったりすることでも有名だ。

 長年の民主党支持者で、オバマ、ヒラリー・クリントンをはじめとする民主党の政治家に、多額の寄付をしてきている。ロバート・デ・ニーロと組み、レストランに投資もする。彼の資産総額は、3億ドル(約336億円)とされる。

彼のセクハラはどのように明るみに出たのか

 ワインスタインについての大きな記事を書くべく、「New York Times」と「New Yorker」が別個に動いているという噂は、少し前から出ていた。ワインスタインも把握しており、なんとか阻止しようと策を練ったそうである。

 先に出たのは、「New York Times」。今月5日に出たこの記事には、ワインスタインが20年以上にもわたって、若い女優や社員らにセクハラをしてきたことが、詳細に書かれていた。仕事のミーティングを装って狙った相手をホテルに呼び出し、自分の部屋に上がって来させて、バスローブ姿の自分にマッサージしてほしい、あるいは自分がシャワーを浴びるのを見ていてほしい、などというのが、彼がよく使った手口。記事の中では、アシュレイ・ジャッドが実名を出して告白している。また、彼が、最低でも8人の被害者と示談に応じていたことも明かされた。

 10日に出た「New Yorker」の記事は、さらにショッキングだった。彼は、セクハラだけでなくレイプもしていたというのである。被害者のひとりは、イタリア人女優アーシア・アルジェント。この記事ではまた、2015年、ニューヨーク警察が録音していた証拠音声も公開された。これと同じ日に、「New York Times」が続報記事を発表。こちらの記事では、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリーら複数の女優が、被害者として名乗り出た。

「New York Times」と「New Yorker」の記事が立て続けに出たのは、偶然である。「New Yorker」の記事を執筆したローナン・ファローは、10ヶ月かけて取材を行っており、もともとは、テレビ局NBCで放映するつもりだったのだ。しかし、NBCが最終的にこれを取り上げないと決め、彼は「New Yorker」に持ち込んだのである。一方、「New York Times」は、2004年にもワインスタインの行動について記事にしようとしたことがあったのだが、実現しなかった。これらの背後にワインスタインからのプレッシャーがあったのかどうかは、今のところ、はっきりしない。ところでファローは、女優ミア・ファローとウディ・アレンの息子である。彼は父と険悪な関係で、昨年、自分の娘に性的虐待をしたアレンがまだ堂々と仕事をさせてもらえているハリウッドの実情を非難するエッセイを、「The Hollywood Reporter」に寄稿している。

発覚後、彼はどうなったのか

 5日の「New York Times」の記事が出た直後、ワインスタインは謝罪の声明を出し、更生のため休職をすると発表した。しかし、言い訳に満ちたその声明は、逆にもっと批判を呼ぶことになる。ワインスタインの弁護士は、「New York Times」を訴訟すると宣告した。

 記事に出たワインスタインの行動についてまったく知らなかったと主張するTWCは、独自の調査を始めると発表。8日には、役員会議でワインスタインをクビにする決定を下した。この直前、ワインスタインが、ジェフリー・カッツェンバーグを含む業界の大物に、「クビになりたくない。自分を助ける手紙を書いてほしい」とメールを送っていたこともわかっている。

 英国アカデミーは、ただちに彼を追放。ハリウッドのアカデミーも、14日の会議で、彼の除名を決めた。プロデューサー組合も、アメリカ時間本日16日に投票にかける。彼が常連だったカンヌ映画祭も、批判の声明を発表。マクロン仏首相は、レジオンドヌール勲章を剥奪すると発表した。この流れに逆らうのは無理と悟ったのか、「New York Times」を訴訟すると言った弁護士は、それを行動に移さないまま、15日にワインスタインの弁護を辞めている。

どうしてこれまで表に出なかったのか

 2013年のオスカー授賞式で、ホストを務めたセス・マクファーレンは、助演女優部門の候補5人の名前を読み上げた後、「おめでとうございます。あなたたちはもう、ハーベイ・ワインスタインが好きだというふりをしなくてもいいですよ」とジョークを言っている。彼は、親しい女優から話を聞かされていたのだ。パルトロウも、被害の直後に家族や友人に話しているし、決して、これまで誰も知らなかったわけではないのである。

 だが、ワインスタインは、社員たちに、会社やトップの不名誉になることを言ってはいけないとの契約書にサインさせていた。言うことを聞かないとキャリアを潰してやると、被害者を脅すこともしている。

 業界の男たちも、何かを耳にはしても、知らん顔をして彼とのビジネスを続けていた。ローズ・マッゴーワンは、アマゾン・スタジオズのトップに、自分がワインスタインにレイプをされたことを伝え、「彼とはビジネスをしないで」と言ったが聞いてもらえず、逆に自分のプロジェクトを潰されたとツイッターで打ち明けている(このトップもまたセクハラ加害者であったことが判明し、先週、アマゾンを停職処分になった)。

 今になって明るみに出たことには、社会の変化も関係しているだろう。昨年は、フォックス・ニュースのトップでテレビ界の大物ロジャー・エイルズが、セクハラで辞職に追いやられた。それとは別に、フォックス・チャンネルに出ていたビル・オライリーも、15年にわたって複数の女性にセクハラをしていたことが判明して、番組を追いやられている。女性たちの間で、黙っていてはいけないとの風潮が高まってきていたのだ。

 アリッサ・ミラノは、15日、ツイッターで、セクハラを受けたことのある女性たちに、「#Me Too」のハッシュタグをつけてメッセージを投稿しようと呼びかけた。ソーシャルメディアは、今、このハッシュタグで溢れかえっている。

果たして彼のこれからは

 ワインスタインは、セックス依存症の更生のためとして、アリゾナ州スコッツデールで時間を過ごしている。だが、アメリカ時間明日17日のTWCの会議には、電話で参加する予定だ。解雇は契約違反だとする彼は、断固として闘うつもりのようである(ボブは、解雇はゆるぎがないと『The Hollywood Reporter』に対して語っている)。ワインスタイン兄弟はTWCの42%を所有しており、彼の持ち分をどう取り戻すかも焦点になりそうだ。

 ロンドンとニューヨークでは、警察の捜査が進められている。かなり昔の出来事とあって、刑事事件として起訴する上では障害が大きいだろうというのが、専門家の見解だ。だが、被害者たちによる民事裁判が起こる可能性は、十分ありえる。その裁判は、映画でもめったにないほど、多数の女性たちが登場するものになるだろう。そしてそのドラマが始まる時、ワインスタインは、カメラの後ろでのんびりするのではなく、みんなが見つめる主人公の役を担うことになるのだ。

参照元:ハーベイ・ワインスタイン事件:ここまでの経緯をおさらいしてみる
猿渡由紀 | L.A.在住映画ジャーナリスト

アメリカで起きているセクハラ告発“パンデミック”が意味するもの
2017年11月21日 ニュース HARBOR BUSINESS Online

今、米国でセクハラ告発スキャンダルが連鎖的に続発している。それはハリウッドを中心とした芸能 界から政界、スポーツ界、マスコミ業界などあらゆる分野に広がり、まるで「セクハラ告発“パンデ ミック”」といった様相だ。

 ハリウッドでは、大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏が多くの女優たちから セクハラ被害の告発を受け、大きな騒動になった。イタリア出身女優のアーシア・アルジェントや英 国出身の女優リセット・アンソニーは駆け出しの若い頃に彼にレイプされたと暴露したのをはじめ、 20人以上の女優からレイプ被害や性的行為の強要を受けたことを赤裸々に暴露されている。

 俳優であり映画ディレクターとしても活躍しているベン・アフレックはかつてテレビ番組で共演し ていた女優ヒラリー・バートンからセクハラを受けていたと槍玉に挙げられ、米国の人気テレビ番組 「スタートレック」のヒカル・スールー役で有名な日系二世俳優ジョージ・タケイは、知人男性から 36年前に性的暴行を受けたと告発された。スポーツ界では、元女子サッカー米国代表で人気スター選 手だったホープ・ソロが、2013年のFIFA授賞式で当時の国際サッカー連盟会長ゼップ・ブラッター氏 にセクハラを受けたことを明かしている。

 政界では、父ブッシュことジョージ・H・W・ブッシュ元大統領は93歳の今になって少なくとも8人の 女性から昔のセクハラ被害を告発され、元芸能人で現在民主党上院議員のアル・フランケン氏は、ラ ジオの女性司会者から10年以上前にキスを強要され性的いたずらをされたと暴露され、証拠写真も公 開されたため謝罪に追い込まれた。元アラバマ州最高裁判事で共和党上院議員候補のロイ・ムーア氏 は6人もの女性にセクハラ被害を暴露され、そのうちの1人の女性はメディアの集まるニューヨークで 会見を開き、16歳のときに車の中で同氏に性的暴行を受けたことを告発している。

米国社会に深く根ざす「セクハラ問題」

 米国でこれだけセクハラ告発が頻発している背景には、セクハラ問題が社会全体に根深く蔓延って いる実態がある。ワシントン・ポスト紙では、一般社会、特に職場でセクハラに苦しめられている読 者の生の声を集め電子版に掲載しているが、その告白の数々はどれも深刻なものだ。(参照: 「Washington Post」)
参照元:アメリカで起きているセクハラ告発“パンデミック”が意味するもの
2017年11月21日 ニュース HARBOR BUSINESS Online


性犯罪を女性が告発するSNSキャンペーン「#me too」世界に拡大中
2017年10月20日 06時00分更新 文● 福原麻希(ダイヤモンド・オンライン)

アメリカ市民に“衝撃”をもたらした事件が、ちょうど先週末に起こった。10月14日、ハリウッドの 大物映画プロデューサーだったハーヴェイ・ワインスタイン氏の性的スキャンダルが暴露され、映画 芸術科学アカデミー(*)から追放されたニュースは、日本でもすでに多くの媒体で報道された。今 週、SNSを通じてその余波が大きなうねりとなって、世界を駆け巡っている。(医療ジャーナリスト  福原麻希、取材協力・英語翻訳/西田匡吾)

ハリウッドの有名女優たちの

告白がSNSで全米に拡大

 ワインスタイン氏の長年のセクシャルハラスメントやレイプに関する証言を次々と伝えたのはニュ ーヨークタイムズ紙と、ニューヨーカー誌。ほぼ同時期だった。

 ニューヨーカー誌では、1990年代から2015年までに、ワインスタイン氏から性的嫌がらせやレイプ を受けたとする13人の女性からの証言が報道されている。記事では詳細が赤裸々に語られ、女優たち が「(仕事を盾にした権威によって)キャリアを失うのがとても怖かった」と告白している。

 だが、スキャンダル爆弾は、これだけで終わらなかった。

 15日日曜、アメリカでは、さらにSNS上に大きなムーブメントが起こった。日本でも2001年からNHK のBS2放送されたテレビドラマシリーズ「チャームド」に出演していた女優のアリッサ・ミラノがツイ ッターで、こんな投稿をしたからだ。

 “If you've been sexually harassed or assaulted write 'me too' as a reply to this tweet, ”(「もし、あなたが性的な嫌がらせを受けたり、暴行を受けたりしたことがあるなら、このツイー トに『私も』と書いて返信して」)

 数時間後、「悲しくつらい経験をしたことがある女性が、こんなに多くいたのか」と驚くほど、SNS 上は「#me too(#Me Too)」(私も)の文字であふれかえった。ツイッターも、フェイスブックも。 インスタグラムには写真も並んだ。

 例えば、アメリカ人女性らは、こうツイートしている。

「2012年の選挙速報を祝った後、家までつけられて。医者の最初の質問は、“酔ってたの?”」

「2度目にレイプされたのは大学院最終年。報告なんてしなかったし、ケガは隠したし、次の日の朝は 普通に学校へ行った」

 日本でよく知られる女優たちも、すぐ#me tooと声を上げた。映画「ピアノ・レッスン」に出演した アンナ・パキン、クェンティン・タランティーノ脚本の映画「トゥルー・ロマンス」に出演したパト リシア・アークェット、エヴァン・レイチェル・ウッド……。先日、線維筋痛症の痛みと闘う姿が話 題になったレディガガも声を上げた。

映画「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと(原題:Thirteen)」でセックスやドラッグに溺れる 13歳役で衝撃を与えた女優エヴァン・レイチェル・ウッドはツイッターでこうつぶやいた。

「恥ずかしい気持ちと、パーティー人間って思われてたから、仕方ないと。あの場所にいなければよ かった。(でも)自分が悪いって思うべきではなかった #metoo 」

CNNは「翌日の16日月曜には、ツイッターに#me too(#Me tooも含めて)が50万回以上ツイートされた ことを確認した」と報道している。

複数のメディアによると、アリッサはワインスタインの悪癖の報道以降、批判的な発言を繰り返して いたという。このソーシャルメディア(SNS)を利用するというアイデアは、友人から「性被害(嫌が らせや暴行等)に遭った人が、ただ“me too”と書くだけで自分も言いやすくなる。社会にこの問題 の重大さを伝えることができるかもしれない」と提案されたことがきっかけになったそうだ。

*映画芸術科学アカデミー:アメリカを中心とする映画業界の関係者で結成されている団体で、アカ デミー賞の選考や授与を主催している。

アメリカのつぶやきが世界に飛び火

フランスでは政府が法整備に向けて動き出した

 SNSへの#me tooの書き込みには、性的な嫌がらせ、痴漢、および強制わいせつや強姦・未遂も含め た自分自身の経験(エピソード)から、このキャンペーンを支持している人まで見られる。#me tooは 瞬く間に女性の心をつかみ、世界中の大きなムーブメントへと広がりつつある。

 フランスを代表する日刊紙ル・モンドでは16日、マルレーヌ・シアパ男女平等(公式発表では「女 男平等」と記載されている)担当副大臣が「性差別や性暴力に対する法整備」に向けて動きだしたと 発表した。特に、未成年に対する性行為の合意と、公共の場でのハラスメントが対象となっている。

 さらに、フランス人女性たちはSNS上でアリッサの呼びかけに対して#Balancetonporc(「あの豚野 郎を炙り出せ」という意味)と返信し、セクハラや性的暴行を受けた経験を語った。

 イギリスでの#me tooは、「数年前に発覚したジミー・サビル事件の影響やカトリック教会による児 童虐待に対してのデモ抗議などの背景もある」と現地在住の日本人女性は言う。ジミー・サビル事件 とは、2011年に亡くなったBBC(英国放送協会)の人気司会者が、死後、5~75歳まで100人以上の男女 に性的暴行を加えていたことが発覚したニュースのこと。

 イギリスでは、2010年にもカトリック教会における性的虐待の一連の事件に抗議するデモがあり、 「事件当時、被害者が話すことができない権威による関係に置かれていたため、より深刻さと周りの 理解が共感を呼び、今回の#me tooにつながったのではないか」と前述の女性は説明する。

 アメリカをはじめ、グローバルで展開する日本企業にも影響が出ている。トヨタ自動車は17日、ワ インスタイン氏による今回のセクハラ問題を受けて、ワインスタイン氏が弟と設立した映画会社ワイ ンスタイン・カンパニーと高級車「レクサス」との契約関係を見直すと発表している。

 この一連の現象は、日常で身近に起こるセクハラ、あるいは、誰にも言えなかったレイプ(強制わ いせつや強姦)を、実は、テレビや映画に出てくる憧れの人たちも体験していたと知ることで、急に ソーシャルでリアルな問題となりつつある。

 最初に声を上げた人の気持ちと呼応した女性の心の動きについて、心理士の栗原幸江さんはこう説 明する。

「これまで自分の心の中に封印されてきたものを最初にSNSへ書いた人には、それなりの覚悟があった ことでしょう。不特定多数への発信には個人攻撃される可能性もあるというリスクがともなうからで す。でも、腹をくくった上で『発信せねば』『社会に知らしめなければ』という動機に突き動かされ て、その体験をカミングアウトしたとき、その語りには『力』が込められます」

 その力(パワー)と勇気に心動かされる人たちが#me tooと発信したり、応援メッセージを送ったり することで、時には今回のように「社会が動く・変わる」「人々の意識が変わる」という動きにつな がる。「保育園落ちた、日本死ね!!!」などと同じような現象だろう。

 このうねりは、過去に数々のセクハラ疑惑が尽きない日本や韓国などでの芸能界をはじめ、一般の 日本人女性の間でも急速に広がる可能性がある。

日本では#me tooが

どう受け止められるか

 実際、日本でも17日火曜には「#me too」と書き込む人だけでなく、過去のつらい記憶を語る一般女 性の投稿も見られるようになった。

 18日水曜、東京都内で複数の女性に#me tooについてインタビューしたところ、「私にも経験がある 」と次々と語り始めた。20代女性は2年前に強制わいせつ未遂に遭ったことを話し、自分も被害に遭っ たとき、すぐ周囲の友人に向けて「こういうことがあったから注意して」とSNSへ書き込んだという。

 30代女性は小学生の頃、性被害に遭ったとき「誰にも言うな」と口止めされたことで、できごとが 心のシコリとして残っていた。だが、「こんなふうに話すことで、主観的な出来事に距離を置くこと ができ、客観的なストーリーとなっていく感じがしました。今回の#me tooはいいきっかけになった」 と言う。

 ネガティブなストーリーに価値が付いたことでポジティブに変わり、自分自身で肯定できるように なったといえる。

「これまで“封印されてきた何か”が語れるようになるということは、語りを分かち合う相手やその 場に、ある程度の信頼を寄せられるということです。その支えのもと、自分なりの言葉で体験を語る とき、それまでモヤモヤとしていたものが形となり、自分自身の気付きへとつながります」と前述の 栗原さんは説明する。

 だが、SNSに限らず、メッセージの読み手はそれぞれ自分が読みたいように解釈する。つまり、伝え たいことが伝わらず失望することになったり、顔が見えないことで読み手が書き手の気持ちをまった く無視して揶揄され傷ついたりすることもある。

 すでに、アメリカでも大衆紙のイラストやフェイスブックのグループページで、そんな悲しい絵や 文字も並んでいる。

 SNSに書き込むときの注意として、前述の心理士の栗原さんはこう助言する。

「自分の体験を書くか書かないかは個人の選択ですが、読み手には様々な考え方の人がいることを認 識したうえで、『自分は何を伝えたいのか』『何のために書き込むのか』を意識してほしい」

 カミングアウトすることで、二次的な傷をつくってしまうことだけは避けたい。

 今回はアメリカの社会の暗部を改めて浮き彫りにしたで出来事だったが、その内容は日本でも、ど んな職場でも同じ。だからこそ、世界で共感が集まった。

 このムーブメントを17日、いち早くフェイスブックで伝えた、ミモザの森法律事務所代表で、NGOヒ ューマンライツ・ナウ事務局長の弁護士の伊藤和子さんはこう言う。

「相手を拒絶できなかったことや沈黙を守ってきたことを責める人がいますが、そうではなく責めら れるべきは権力や腕力を行使して性的ハラスメントをする側なのだということを、今、女性たちは語 り合い、共感し合っています。それが#me tooの連鎖です」

 日本では女性に限らず、被害に遭っても自分が悪かったと語りたがらず、そのできごとを忘れよう として生きている。また、被害者が告発しても孤立しがちなところもある。

「でも、私たちも誰かがカミングアウトしたら『私たちも同じ経験をしてきた』と呼応し、不当な現 実を変える社会に変わってほしいですよね」とも伊藤さんは言う。

 セクハラや性的暴行だけでなく、どんなことにも、その気持ちと行動はあてはまる。

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。

参照元:性犯罪を女性が告発するSNSキャンペーン「#me too」世界に拡大中
2017年10月20日 06時00分更新 文● 福原麻希(ダイヤモンド・オンライン)


カトリーヌ・ドヌーヴのセクハラ告発非難に物議 当事者の女優が批判「内に秘めた女性嫌悪がある」
ドヌーヴは「男性への憎悪を掻き立てている」と訴えていました。
2018年01月10日 14時13分 JST | 更新 3時間前

女優カトリーヌ・ドヌーヴをはじめとするフランスの女性100人が1月9日、ルモンド紙に書簡を寄稿し、セクハラなどの性暴力を告発する「#MeToo」運動は行き過ぎで、「ピューリタニズム」(潔癖主義)であり、「浄化の波」だとし、「全体主義の風潮を作り出している」と批判した。

書簡に署名した100人の女性には、ジャーナリスト、映画監督、作家、その他の有識者が名前を連ねている。この寄稿では、MeTooは「魔女狩り」で、性の自由を妨害するものだと非難している。

MeToo運動のきっかけとなったハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ウェインスタイン氏のセクハラについては、「男性、そしてセクシュアリティへの憎悪」を掻き立てたものであり、不公平な処罰を引き起こしたとしている。

「男性たちは制裁を受け、辞職を迫られている。彼らがやった悪事といえば、膝を触ったり、唇を奪ったり、仕事がらみの食事の場で性的関係を求めたり、好意を持っていない女性に性的なニュアンスのメッセージを送ったりといったことでしかない」と、書簡には書かれている。

女性たちはさらに、MeTooはフランスで「屠畜場に『豚』を送り込め、という熱狂」を引き起こしたと述べている。これは、フランス版MeTooといえる#BalanceTonPorc(「豚を非難しろ」)という運動について言及したものだ。

イタリア人女優で映画監督で、ウェインスタイン氏を告発した女性の1人アーシア・アルジェントは、この書簡について「デプローラブル」(嘆かわしい)と批判し、ドヌーヴや書簡に署名した女性たちには「内に秘めたミソジニー(女性嫌悪)」があると述べた。

カトリーヌ・ドヌーヴや他のフランス人女性たちは内に秘めたミソジニーが刷り込まれ、後に引けなくなっていることを世の中に示した。

ドヌーヴは2017年10月にも、MeTooについて「行きすぎだ」と述べ、「物事を変える正しいやり方ではない」と批判していた。

「『豚を非難しろ』のあとには、何をするの? 『ふしだらな女を非難しろ』でもやるの?」と、ドヌーヴは語った。

ドヌーヴはまた、13歳の少女をレイプした罪に問われた映画監督ロマン・ポランスキーを擁護している。ポランスキーは1977年、ロサンゼルスでパーティーの最中に13歳の少女をレイプした罪で逮捕され、「未成年との違法な性行為」の罪を認めたが、判決直前に1978年にアメリカからフランスに逃亡し、以来フランス国内に居住している。

「いつも思うのだけれど、『レイプ』という言葉は言い過ぎです」と、ドヌーヴは語っている。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

参照元:カトリーヌ・ドヌーヴのセクハラ告発非難に物議 当事者の女優が批判「内に秘めた女性嫌悪がある」
ドヌーヴは「男性への憎悪を掻き立てている」と訴えていました。
2018年01月10日 14時13分 JST | 更新 3時間前


ハリウッドのセクハラ騒動:女性たちが次々名乗り出たのには「トランプのアメリカ」も関係している
猿渡由紀 | L.A.在住映画ジャーナリスト
2017/11/21(火) 11:01

またひとつ、連続ドラマが主役を失った。「トランスペアレント」で2度のエミー賞に輝くジェフリー・タ ンバーが、共演のトランスジェンダー女優ふたりからセクハラで告発され、降板に追いやられたのである。 ドラマは現在、第4シーズンが配信中。 タンバーは、「自分の行動は誤解されている」と、セクハラをした ことは否認しながらも、「撮影現場に政治的な雰囲気が出てしまった今、『トランスペアレント』に戻るこ とは考えられない」と声明を発表した。降板は自主的であるとはいうものの、番組のクリエーター、ジル・ ソロウェイは、次のシーズンは彼をはずして進めることを考え始めていたようで、今のハリウッドの状況を 考えれば、避けられない事態だったと思われる。

 ほかにも、この2日の間に、ベテランのテレビインタビュアーのチャーリー・ローズ、音楽界の大物ラッセ ル・シモンズの名前が挙がった。シモンズの被害者は、1991年、17歳の時に被害を受けている。ローズの被 害者は8人に及び、彼はテレビ局から降板させられた。政界では、共和党のロイ・ムーアが1979年、当時14歳 だった少女に性的虐待をしたこと、民主党のアル・フランケンが2006年にラジオ番組の女性ホストにセクハ ラをしたことが、世間を騒がせている。

 なぜ、今、過去のセクハラ被害告発が爆発しているのかについては、以前もここで書いた(ハリウッドの セクハラ騒動:なぜ今、急に爆発したのか)。しかし、あまりにも次々に出てくるせいか、その後にも、日 本の方々から、「目立ちたいから名乗り出る女性もいるのではないか」「そんな昔のことを今さら言うなん て、ずるいのでは」という声を、その後も何度か耳にしている。そう聞くたびに、もう少し突っ込んで語る べきだったかと思う。

 前回の記事では、昨年夏から今年春にかけてフォックス・ニュース・チャンネルの複数の女性たちがセク ハラ被害を訴える事態が起きていたこと、そもそも昔は今よりもっと性暴力の被害者が警察に届けにくい社 会的風潮だったこと、被害者が未成年で加害者は圧倒的に力があったことなどに触れた。今回は、ハリウッ ドを越えた、もっと広い視点から、ここに至るまでに、無意識ながらどんなふうに女性たちの中では準備が 進んでいたのかを語ってみたい。

トランプ就任式直後のウーマンズマーチ、タイムリーな「The Handmaid’s Tale」

  大統領選挙を控えた昨年秋、トランプによる、過去の下品な発言の音声が公開され、大きなニュースとな った。「Access Hollywood」のキャスター、ビリー・ブッシュとの会話で、トランプは、ある女性について 、彼女とセックスをしようと試みたのにだめだったと、非常に下品な言葉使いで言っている(この音声暴露 でブッシュは職を失った)。それとは別に、トランプが、自分のリアリティ番組「The Apprentice」に出演 した女性をホテルの部屋に呼び、胸を触るなどしたことも明らかになっている。選挙期間中にも、トランプ は、特定の女性に対し、ルックスをばかにする発言を何度も行った。それらの話を聞いた女性たちは、こん な男が大統領になるはずはない、してはいけないと怒りを覚えた。

 それなのに信じられない結果が出てしまった時、全米の女性たちはすぐに、猫の耳のような形をしたピン クのニット帽「プッシーハット」を、せっせと編み始める。就任式翌日のウーメンズマーチにこれをかぶっ て参加し、女性の権利を訴え、抗議の姿勢を示すためだ。「The Washington Post」の試算によると、このウ ーメンズマーチには全米で320万人から520万人が参加したとのことで、史上最大規模のものとなっている。

就任するやいなや、トランプは、中絶手術も行う非営利団体プランドペアレントフッドに資金援助をしない という大統領命令に署名。テレビ番組「Morning Joe」の女性ホスト、ミア・ブルゼジンスキーのルックスに ついて、侮辱的な発言をするなど、女性に対するひどい態度も変わらなかった。テレビドラマ「The Handmaid’s Tale」は、そんなふうに、白人男性の権力者が、女性の体について決めたり、勝手な評価をし たりすることへ女性たちが不満を高める中で始まっている。

 今年のエミー賞で、作品部門、主演女優部門、脚本部門を含む8部門を受賞した「The Handmaid’s Tale」 の舞台は、クリスチャンの白人男性らが政治を取り仕切る近未来のアメリカ。この社会では女性の多くが不 妊で、妊娠できる女性は、権力者の男たちにあてがわれ、彼らの子供を生むことを強要される。衝撃的なこ のドラマに現実との共通点を見て、警告を感じた人は少なくなく、だからこそ絶賛され、社会現象にもなっ たのだ。シーズン最終回には、主人公をはじめとする女性たちが、静かながら抗議の姿勢を示す感動のシー ンがある。テレビの中の彼女らに、「そうよ、立ち上がらないと!」と呼びかけた女性たちの心の中で、何 かが起きていたことは、十分考えられる。

ハリウッドの前に、シリコンバレーでセクハラ暴露が起きていた

 セクハラ暴露で男性が職を失う事態は、ハリウッドよりひと足先に、シリコンバレーで起きていた。ライ ドシェアリング会社Uberの元エンジニア、スーザン・フォウラーが、上司から性的関係を強要されるなどセ クハラを受けたことを、今年2月、ブログに投稿し、大きな反響を呼んだのだ。

 調査の結果、セクハラは社内に蔓延していたことがわかり、6月には20人以上のエグゼクティブが職を失う 。この件以外にも多数の問題に直面していたCEOで創設者のトラヴィス・カラニクも、追放された。この出来 事の後、シリコンバレーでは、さらに多くの女性が、メディアに対して自分のセクハラ体験を告白している 。

「New York Times」がワインスタインについての最初の暴露記事を出す直前には、L.A.の名門私立女子高校 在学中に教師から性的暴力を受けていた現在33歳の女性チェルシー・バーケットが、学校に対して起こした 民事裁判に決着がついたことが報道されている。この教師の長年にわたる行為が発覚したきっかけは、高校 時代に教師から性的暴力を受けていたことを告白する、匿名のブログだった。教師の名前は伏せてあったの に、バーケットは、読んですぐ、それが誰のことかわかり、自分の過去の被害について警察に届け出る。こ れを受け、さらに大勢の元生徒が名乗り出て、この教師は、ずっと隠してきた昔の罪をつぐなうべく、1年の 実刑判決を受けたのだ。

 この教師がしたことを聞いたら、誰もが、彼は悪者だ、許せない、どんなに遅くなっても裁かれるべきだ と言うだろう。教師という、圧倒的に年齢が上で、立場の強い男が、10代の若い女生徒に迫ったのである。 ならば、ハリウッドの権力者であるプロデューサーなり、大スターなりに性的関係を迫られた、当時の駆け 出し女優やインターン、新入社員の女性たちも、今からでも事実を言っていいのではないか?Uberのエグゼ クティブや、あの監督、あの俳優が、昔の罪がばれて窮地に陥っているのに、自分に被害を加えたあの男を 、どうして守ってやる必要があるのだろう?

 今、起きているのは、そういうことなのだ。膿が全部出てくるまで、きっとまだ、これは続くだろう。そ れは、ハリウッドかもしれないし、政界かもしれないし、ほかの業界かもしれない。どこであったとしても 、今となっては必然で、避けられないことなのである。

参照元:ハリウッドのセクハラ騒動:女性たちが次々名乗り出たのには「トランプのアメリカ」も関係している
猿渡由紀 | L.A.在住映画ジャーナリスト
2017/11/21(火) 11:01


【全文公開】オプラ・ウィンフリーが第75回ゴールデングローブ賞で3回称賛されたスピーチ

2017年セクハラ事件を発端にあらゆる膿が出てきたハリウッド、そしてアメリカ。ハリウッドがこの難局を乗り越えるかに注目が集まった第75回ゴールデングローブ賞で、功労賞であるセシル・B・デミル賞を黒人女性として初めて受け取ったのは女優、司会者でありジャーナリストでもあるオプラ・ウィンフリー。彼女が計3回スタンディング・オベーションを受けたスピーチで語ったこととは? 全文を公開!

ありがとう。(もう既に泣きだしているリース・ウィザースプーンに)ありがとう、リース。1964年、まだ私が少女だったころ、ミルウォーキーの母の家でリノリウムの床に座りながら、アン・バンクロフトが第36回アカデミー賞授賞式で最優秀男優賞を発表するのを見ていました(注1)。彼女は封筒を開け、文字通り歴史を作った5つの言葉を発したのです。「 The winner is Sidney Poitier.(受賞者はシドニー・ポワチエです 注2)」。

ステージに登場したのはそれまで私が見てきた中で一番エレガントな男性でした。今でも覚えています。彼はホワイトタイ姿で、肌は黒人のものでしたーそして彼は皆から称賛を受けていました。私はそれまで黒人の男性があのように称賛されるのを見たことがありませんでした。少女だった私に、あのような瞬間がどれほどの意味をもたらしたのか、これまで何度も何度も説明しようとしてきました。人様の家々を掃除して、骨の髄まで疲れ切った母親が家に入ってくるのを見ていた、そのひとりの子どもにとって。ですが、私ができることは映画『野のユリ』でのシドニーの演技、「アーメン、アーメン、アーメン、アーメン(注6)」を引用し、それを私なりの説明とすることです。

1982年、シドニーはまさにこの場所で、セシル・B・デミル賞を受賞しました。その当時も、そして今この瞬間、私が初の黒人女性として同賞を受賞する姿を見ている少女たちがいることにも、大きな意味があると痛感しています(拍手が起こる)。これは本当に光栄なことですーーーこの会場の皆様、そしてここに至るまでの私の旅路を導き、支え、挑戦を与え、触発し続けてくださった素晴らしい男性たちと女性たちとこの宵、分かち合うことができるのもこの上ない栄誉であり、特権です。『A.M. Chicago』(注3)で私にチャンスを与えてくれたデニス・スワンソン、それを見てスティーブン・スピルバーグ本人に「彼女が『カラー・パープル』のソフィアだよ」と言ってくれたクインシー・ジョーンズ、友情とはどんなものかをいつも教えてくれるゲイル・キング、そしてステッドマン・グラハム、あなたはいつも私の心の支えです。名前を挙げられるのは少しですが、本当にありがとう。

ハリウッド外国人記者協会にも感謝したいと思います。近ごろ、報道機関が厳しい包囲戦を戦っているのは皆さんもご存知の通りです。私たちはまた、報道機関の皆様が、汚職から不正・腐敗まで、私たちが見て見ぬふりを決め込まないように、飽くことのない献身を、まぎれもない真実を掴むために費やしていることも知っています。独裁者から被害者、そして秘密から嘘までも。この難しい時代を生き抜くために私たちが努力しているいま、私はこれまでにないほど報道の力に価値を見出しています。そして私はこう思うのです:自分自身にとっての真実を語ることこそ、いま私たちが持てる最も力強い手段なのだと。そして私はとくに、ごく個人的な話を分かち合い、声をあげるまでに自身を強いと感じ、そうする権利が十分にあるのだとするすべての女性たちを誇りに思い、また大いに触発されています。この部屋にいる私たちひとりひとりは、私たちが語った物語のために称賛されているのです。そして、今年は私たち自身が物語となるのです。

この物語はただ単に、エンターテインメント業界だけに影響を及ぼしている話ではありません。文化、場所、人種、宗教、政治、あるいは職場など、あらゆるものを超越する物語です。ですから、私は今夜、たとえば私の母のように、養うべき子供たちがおり、支払わねばならない請求書があって、そして追及すべき夢があるというだけで、何年も何年も虐待と暴行を耐え忍ばざるを得なかったすべての女性たちに感謝を捧げたいと思います。私たちがその名を知ることのない女性たちはたくさんいるのです。家事や農業に勤しむ女性たち、工場で働き、レストランで働き、そして学術、エンジニアリング、医学、そして科学の分野で働く女性たち。彼女たちはテクノロジー、政治、そしてビジネスの世界を形作っています。彼女たちはオリンピックに挑むアスリートでもあり、私たちの軍に加わる兵士たちです。

  他にもあります。リーシー・テイラー。私も名前を知っていますし、皆さんにも是非知っていただきたいのです。1944年、若き主婦であり母であったリーシー・テイラーは、アラバマ州アビヴィルで、教会から歩いて帰る途中、6人の武装した白人男性たちに捕らわれ、レイプされ、目隠しされたまま、その教会から家へと続く道に打ち捨てられました。彼女は男たちから誰かに話したら殺すと脅されていましたが、彼女の物語は、当時ローザ・パークス(注4)という名の若い女性が働いていた全米黒人地位向上協会に報告され、ローザ・パークスが主導してこの事件を捜査し、一緒に司法による正義を追い求めました。ですが、ジム・クロウ法(注5)がまだ有効だったこの時代、司法による正義は選択肢になかったのです。彼女を踏みにじろうと目論んだ男たちが罪に問われることはついにありませんでした。リーシー・テイラーはほんの10日ほど前、98歳の誕生日の直前にこの世を去りました。彼女は私たちが生きてきたのと同じ年月を生き抜きました。あまりにも長い間、力を持つ男性たちに残酷なまでに打ちくだかれた年月を。そういった男性たちの力に対し、女性たちが勇気を出して真実を語っても、誰にも聞いてもらえず、信じてももらえない。そんな時代があまりにも長く続きました。ですが、そんな時代はもう終わりです。タイムズアップ! 彼らの時間はもう十分なのです。(スタンディング・オベーション)

彼らの時代が終われば、私はただこう思うのです――ーリーシー・テイラーが彼女の真実を知りつつその命を終えたのだと。他のたくさんの女性たちの真実のように、苦痛に苛まれ続けたここ数年、そして今でももがき苦しみながら、この世を去った女性たちがいたのだと。ローザ・パークスは心のうちにリーシー・テイラーの真実を11年間胸に抱え続け、そしてある朝、モンゴメリーのバスで座り続けることを決めたのです。そしてその真実は、ここにいる「MeToo(私も)」と言うことを選んだすべての女性たち、そしてすべての男性たち、聞くことを選んだ男性たちのうちにあるのだと。

私は、キャリアでは常に自分のベストを尽くしてきました。テレビであれ、映画であれ、どうすれば男性たち、女性たちが本当に自制することができるのかについて話してきました。私たちがどのように恥を経験し、そしてどのように愛し、怒り、失敗し、後退し、屈することなく、克服していくのかということについても。私は人生が与えうる中でも最も醜い物事において、それに抗い、耐え忍ぶひとたちをインタビューし、その姿を描き続けてきました。たったひとつ、そういったひとたち全員に共通している資質があります。それは私たちにとっても最も暗い夜においてさえ、より明るい朝を希い続けることのできる力です。ですので、これを見ている少女たちには知っておいてもらいたいのです。新しい日々は、もう地平線のすぐそばまで来ているのだと!そしてその新しい一日がついに夜明けを迎えるとき、それはすべて、今宵、この場所にいる女性たちと、何人かの驚くべき才能を持つ男性たちを含め、私たち誰も、もう二度と「MeToo」と言わなくてもいい時代へと確実に導くリーダーたるべく、激しく戦い続ける沢山の素晴らしい女性たちによってもたらされるのだということを。

参照元:【全文公開】オプラ・ウィンフリーが第75回ゴールデングローブ賞で3回称賛されたスピーチ

【イタすぎるセレブ達】ダスティン・ホフマンに新たなセクハラ告発 娘の友人も被害に
2017年12月15日 18時27分 Techinsight

10代のインターンに対するかつてのセクハラ行為や共演女優に対する破廉恥極まりない行動などを暴 露され、善良で明朗だと思われていたダスティン・ホフマン(80)のイメージがついに地に落ちた。

過去には17歳インターンのヒップを触る、卑猥な話をするなどして困らせていたダスティン・ホフマ ン。その後、彼は「私は女性を尊敬しています。不快な思いをしたのなら、申し訳なく思います」「 ごめんなさい。(でもそのような行為が)私の人間性を反映しているわけではありません」という声 明を発表したが、今度は「尊厳を踏みにじられた」「ももの内側や性器を触られた」と元共演者に暴 露され、人柄が良いというイメージは完全に崩壊した。

そんなダスティンについて、またしてもセクハラ被害者が2人現れた。まずトーマスさん(Cori Thomas)なる女性は、ダスティンの娘が仲良くしていた友人(当時16歳)とのこと。しかし「1980年 にダスティン親子と出かけ、ダスティンのホテルで母が迎えにくるのを待っている際に‟ある出来事” があった」という。

「ダスティンはバスルームに行きタオルだけを巻いて出てきたのです。」

「最初はタオルを巻いていたのに、それを落とし、素っ裸で立っていたんです。」

ダスティンはローブを纏ってベッドに腰掛け「足をマッサージしたいか」などと聞いてきたそうだ。 どう反応すべきか分からずマッサージをしてあげたという彼女に、ダスティンはなんと「僕の裸が見 たいか」と言い出したのだ。この件をトーマスさんは何年も両親にすら相談できず、ダスティンの娘 にも話せなかったという。

そしてもうひとりの女性ケスターさん(Melissa Kester)は、映画『イシュタール』のオーディオ収 録に参加。2人は腰から下の見えぬサウンドブースに入り作業に取り組んだそう。しかしその後、再び あるカットの撮影準備に入り、スタジオ内に顔を向けた状態で仕事をしたが、ダスティンはスタジオ にケスターさんの恋人がいたにもかかわらず彼女をハグ。また歌の最中にケスターさんのズボンに指 を入れ、挿入されたという。非常に驚いたケスターさんはショックで固まり、ただ立っているしかな かったそうだ。

その後泣きながら部屋を出たというケスターさんは恋人には何も言えず、代わりに友人にその日の出 来事を聞いてもらったという。

仕事先で知り合う大人達のみならず、10代の子供、しかも娘の友人にまでセクハラしてしまったダス ティン。長い間かけて築き上げてきた素晴らしいキャリアだが自制できぬ愚かさゆえに、善人たるイ メージや評価も台無しになってしまった。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)
参照元:【イタすぎるセレブ達】ダスティン・ホフマンに新たなセクハラ告発 娘の友人も被害に
2017年12月15日 18時27分 Techinsight




スポンサーリンク


スポンサーリンク

米テレビ司会者オプラ・ウィンフリー次期大統領選出馬の憶測について



米国のテレビ番組の司会者兼プロデューサーでカリスマ的な人気を誇るオプラウィンフリーが、2020年の米大統領選挙に出馬するのではとの憶測が流れているようである。


米・ウィンフリー氏、次期大統領選に出馬か
2018/1/9 16:15 日テレNEWS24

アメリカで絶大な人気を誇る女優でテレビ司会者のオプラ・ウィンフリーさんが、トランプ大統領の対抗馬として2020年の大統領選挙に出馬するのではとの臆測が出ている。

7日、ゴールデングローブ賞の授賞式に出席したウィンフリーさんはスピーチで、女性のための「新しい時代」が来ると呼びかけ称賛を浴びた。

オプラ・ウィンフリーさん「男性たちの力に対し、女性が真実を語っても、誰にも聞いてもらえず信じてもらえない。そんな時代はもう終わりです」

そのウィンフリーさんに、2020年に行われる大統領選出馬の臆測が持ち上がっている。

本人は取材に対し可能性を否定したが、CNNは友人2人の話として「積極的に検討している」と報じている。


オプラウィンフリーが司会を務める『オプラ・ウィンフリー・ショー』は米国のトーク番組史上最高の番組であると評価され、数々の賞を受賞している。



イメージとしては、日本の芸能界で言えば、黒柳徹子や和田アキ子のようなご意見番で、自分の看板トーク番組で、数々の大物ゲストとの人脈を築き、ゲストの本音を引き出してお茶の間で全米的人気を得たのではないかと思われる。

米国の一般市民の平均テレビ視聴時間は長いため、全米で誰もが日常的に目にするという意味で、テレビによって成り上がったスーパースターである。




チャートを見ると、やはりトークが得意であるということで、2室(スピーチ)に惑星集中しており、ラーフ、金星、太陽、水星が在住している。

ラーフは喋りたいという欲望を表わし、金星はユーモアのあるトーク、太陽は自己主張、水星は知的な会話を意味している。

そして、その2室には1、4室支配の木星がアスペクトして、そこに倫理性や道徳性、理想主義なども加えている。


9室支配の太陽と7、10室支配の水星のコンビネーションは、射手座ラグナにとっての最高のコンビネーションである。

7-9、9-10のラージャヨーガを形成し、それがトーク(2室)の分野で発揮されることを意味している。

そして、9室支配の太陽と11室支配の金星による9-11のダナヨーガも形成され、更に2室支配の土星が3室も同時に支配し、11室で高揚し、6、11室支配の金星と2-11室で星座交換している。

2室で最高のラージャヨーガとダナヨーガを形成し、2-11室で星座交換による強力なラージャヨーガを形成している。


つまり、2室の支配星が11室で高揚している配置はトークによって高い評価や収入を得るという配置である。


以下のwikipediaの記載を見ても分かるようにトーク司会者として視聴率を稼ぎ、莫大な資産を築いている。



経済誌『フォーブス』によると、20世紀のアフリカ系アメリカ人の中では一番の資産家となり、2004年までの時点で黒人唯一のビリオネア(10億ドル以上の資産家)である。同誌が2007年1月に発表した「億万長者の女性セレブリティランキング」では、総資産約15億ドル(当時の換算で約1800億円)で1位となった。2007年に同誌が発表した「著名人100人番付」でも1位となった。

2008年に経済誌『フォーブス』が収入や名声に基づいた『パワーランキング』を発表し、収入が2億7500万ドル(日本円で約275億円)で1位を獲得した。

2010年7月23日付の『TV magazine』でTVスターたちのギャラが発表され、『オプラ・ウィンフリー・ショー』のギャラが年間3億1500万ドル(約268億円)になることがわかり、トークショー司会者部門で1位を獲得した。

2010年12月、経済誌『フォーブス』が「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」を発表し、3億1,500万ドル(日本円で約258億3,000万円)を稼いで1位にランクインした。

『オプラ・ウィンフリー・ショー』の1年間の報酬は2億6000万ドル(約200億円)で、アメリカテレビ界随一の高給取りである。

毎年9月のシーズンプレミア(年度第1回の放送)において、会場に訪れた観客に豪華なプレゼントが渡されること、それが他のテレビ番組のトークネタになるのも番組の特徴といえる。『オプラ』で会場に訪れた観客全員に新車や現金、オーストラリア旅行をプレゼント。自前の制作スタジオを所有している。

2001年に、アメリカで指折りの高級住宅地、カリフォルニア州モンテシートに、プロミスト・ランド(約束の地)と呼ばれている5000万ドルの豪邸を購入。

(wikipedia オプラ・ウィンフリー)


因みにオプラウィンフリーは慈善活動家としても有名で、wikipediaによれば、これまで250億円とも推定される寄付をしており、2007年にはアフリカに小学校を2校設立したという。


1、4室支配の木星が6室に在住し、12室にアスペクトしているが、6室の木星は献身的な配置であり、しばしばヒーラーの配置である。


その木星が12室(海外慈善活動)、10室(教育活動)、2室(スピーチ)にアスペクトしている。



つまり、オプラウィンフリーの木星は、人を癒やし(ヒーリング)たり、スピーチや教育によって社会を啓蒙し、海外で慈善活動を行うことが分かる。


そして、5、12室支配の火星が12室に在住しているが、トリコーナの支配星が12室に在住する場合、献金や寄付などをして、慈善活動に多額のお金を使う配置である。


火星は12室で自室に在住して強く、木星と相互アスペクトして、グルマンガラヨーガを形成し、英知と実行力を海外慈善事業などに発揮していることが分かる。


火星は通常、パワーの惑星であり、大きなお金や物(不動産等)を動かすことができる惑星である。


4室支配(不動産)の木星が、5室支配の火星と絡んで、12室に絡んでいることが海外に学校というインフラ(不動産)を整備したことに関係していると考えられる。


単にお金を寄付しただけに留まらない象意がこの配置から確認できる。




8室支配の月は12室で減衰して、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な働きを発揮すると共に、減衰する月は、ディスポジターの火星とコンジャンクションし、またディスポジターの火星は月から見てケンドラに在住しており、2つのニーチャバンガラージャヨーガの条件を満たし、強力なニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


この月と火星は、富をもたらすチャンドラマンガラヨーガを形成し、また月から見て木星は、ケンドラに在住している為、ガージャケーサリヨーガを形成している。


また火星と木星は、グルマンマンガラヨーガを形成しているが、4-5、1-5のラージャヨーガを形成している。


このようにチャンドラマンガラヨーガ、ガージャケーサリヨーガ、4-5、1-5のラージャヨーガなどに参加する月が形成するニーチャバンガラージャヨーガであり、またパラシャラの例外則であるため、強力なラージャヨーガ的な働きをもたらすのである。


それが12室(海外慈善活動)の分野で発揮されたということである。




ナヴァムシャ(D9)を見てもラグナロードの金星はラグナで自室に在住し、4室支配の太陽とラグナで、1-4のラージャヨーガを形成している。


これは肉体の強さやカリスマ性、不動産運などを与える配置である。



また2、5室支配の水星と8、11室支配の木星が4室で、2-11、5-11のダナヨーガを形成し、9、10室支配のヨーガカラカの土星は10室でムーラトリコーナの配置で、パンチャマハープルシャ・シャシャヨーガを形成している。


この土星は月から見ても4、5室支配のヨーガカラカであるが、この土星が2、5室支配の木星、11室支配の木星と相互アスペクトして、4-5、5-11のラージャヨーガ、ダナヨーガも形成している。


非常に強力な配置である。


更に7室支配の火星は3室で減衰して、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な働きが期待できる配置である。


また減衰する火星が高揚する星座の支配星である土星がラグナから見てケンドラに在住している為、ニーチャバンガラージャヨーガも形成している。


このナヴァムシャでの水星と土星のケンドラの4-10軸でのラージャヨーガ、そして、そこに木星も参加している配置などを見ると、実業家としても成功する配置のように見える。


単なるタレントやテレビ司会者だけに終わらない配置である。


従って、オプラウィンフリーの立場は、プロデューサーであり、自身の雑誌なども刊行し、自身の制作会社を設立して所有するビジネスオーナーなのである。


そして、自分のカリスマやトークの才能で、出来高で高級を稼ぐ、プレイヤーでもある。



このオプラウィンフリーは「ヒラリー・クリントンの次に女性大統領になる人物」とまで言われており、「タイム」誌が世界で最も影響力のある人物の1人として取り上げたこともあるようである。



このオプラウィンフリーが2020年の米大統領選に立候補するとの憶測が流れているという。



1月7日のゴールデングローブ賞の授賞式に出席したオプラウィンフリーは、女性のための「新しい時代」が来ると呼びかけ、米大統領に立候補してもおかしくはない理想主義に満ちた貫禄あるスピーチを披露して、称賛を浴びたのである。






オプラウィンフリーは、2011年9月からマハダシャー月期であり、現在、月/水星期である。


そして、2020年の大統領選を戦うとなると、その頃のダシャーは、月/金星期である。


ダシャムシャ(D10)を見ると、月は6室支配で9室に在住している。


9室に在住している為、悪い配置とは言えないが、6室の支配星でもある為、現在、活動に奮闘があるはずである。


アンタルダシャーの金星は、4、9室支配のヨーガカラカであり、ラグナに在住して、7室支配の太陽とコンジャンクションしている。



従って、このラグナに在住するアンタルダシャーの金星期は、注目を浴びる大舞台で活躍する時期である。


またその金星には政治を表わす太陽もコンジャンクションしている。




然し、彼女のマハダシャー太陽期は、既に終わっている。


過去において、社会的影響力の高い人々と個人的に関係を結び、人脈を築いてきたことはこうした配置に表れていると考えられる。










彼女の本来のマハダシャー月期の特徴は、出生図の配置から見られるように海外の慈善活動など、裏方での活動になると考えられる。


そして、月から見ると3室に惑星集中しているため、テレビ司会者としての活動など、メディアとの関わりが強調されている。


マハダシャー月期に大統領になるということには疑問が出て来る。


また月はナヴァムシャでも3室支配で6室に在住しており、それ程、良い配置とは言えない。


ダシャムシャにおいて、月は6室支配で9室に在住しており、火星からのアスペクトを受けている。


9室の配置は良いが、6室の支配星であることにより傷ついている。


また9室は10室を損失するハウスであるため、大統領職に相応しくない。






しかし、アンタルダシャーの金星は強力であり、ダシャムシャのラグナに在住して、7室支配の太陽とコンジャンクションして、ラグナでラージャヨーガを形成している。



従って、月/金星(2019/7/17~2021/3/16)、そして、月/太陽(2021/3/16~2021/9/15)は、彼女の活動が強力になる時期である。


この時期に政治活動などをしていても全くおかしくないのである。


然し、大統領に立候補してまでの活動となるかは疑問である。



また月/太陽期が終わった後、オプラウィンフリーは、マハダシャー火星期(2021/9/15~)に移行する。



彼女が仮に大統領に当選して、大統領職を務めることになる場合、このマハダシャー火星期に執務を行っていくことになる。



然し、出生図では火星は5、12室支配で12室に在住しており、この火星期は、むしろ、海外での慈善活動などに力を入れる時期である。


然し、ダシャムシャにおいて火星は、3、10室支配で6室で減衰しており、パラシャラの例外則によるラージャヨーガ的な働きが期待できる配置は形成している。(但し、分割図において働くかどうかは議論の余地がある)


そして、分割図において6室の火星は良いと言われている為、彼女のマハダシャー火星期は奮闘(struggle)の上で敵や障害と戦い、何かを成し遂げるような時期である。


決して、悪くはない配置である。



然し、オプラウィンフリーの政治力はどこから判断されるのかと言えば、


2008年の大統領選挙で、バラクオバマ大統領への支持を表明して、オバマ旋風の立役者の一人となったことが大きいと考えられる。



2008年アメリカ合衆国大統領選挙では早い段階でバラク・オバマ候補への支持を表明し、その後のオバマ旋風のきっかけの一つとなったとされている。2007年12月に行われたオバマの大統領選挙にむけての選挙キャンペーンにかけつけ、スピーチを行った。観客のほとんどはオプラ目当てで、オプラがスピーチをすると大歓声がおこった。これを見た専門家はオプラがオバマを応援することで票に影響がでるのではないかと分析しており、こういったところからもオプラの影響力の大きさがうかがえる。ウィンフリーの支持により、オバマは多くの票を集めたという分析もある。

(wikipedia オプラ・ウィンフリー)


このオプラ・ウィンフリーの応援で、バラク・オバマが大きく票を伸ばしたと考えられているのである。


この当時、オプラ・ウィンフリーは、太陽/木星(2007/10/4~)、太陽/土星(2008/7/22~2009/7/4)である。


太陽はダシャムシャでラグナに在住して、ラージャヨーガを形成し、木星からのアスペクトも受けており、非常に強い配置である。



従って、この時が、オプラ・ウィンフリーの影響力と政治力の一つの頂点であったと考えられる。


もし大統領になるとしたら、この時なのである。


この時、オプラ・ウィンフリーは、大統領に立候補するのではなく、バラクオバマへの支持を表明して、オバマ旋風を巻き起こし、政治の中心に近い所にいたのである。


バラク・オバマが大統領に当選した後は、オバマ夫妻と個人的な付き合いもして、政治力を得たのである。






政治力とは権力に近い所にいることであり、自分が必ずしも大統領に立候補することを意味してはいないのである。



月/金星期、月/太陽期において、彼女は、パフォーマンスとして太陽期よりも劣るはずである。


従って、オプラウィンフリーは大統領になれないと考えられる。



しかし、この時、彼女はアンタルダシャーレベルでは、金星期や太陽期が来て、やはり、バラクオバマの時に彼女が果たした役割を期待されて、要請を受けて選挙の応援に駆り出されるかもしれない。


彼女のリベラル派の重要人物としての影響力から民主党の大統領候補から、応援を要請されるのではないかと考えられる。


その位のレベルの政治への関わりはあるかもしれないが、月/金星、月/太陽期は、大統領へ立候補をするほどの政治力を持っているとは思えないのである。



もし彼女が大統領への立候補を促されたり、擁立されたとしても撤退を表明して、途中から大統領候補への応援に回ると考えられる。



そして、そうした選挙への応援の結果としての民主党の次期、大統領候補から政権内部の良いポジションなどを与えられる可能性はあると考えられる。


オプラウィンフリーのマハダシャーの火星は、10室支配で6室で減衰し、太陽、金星にアスペクトしており、太陽との繋がりが認められるためである。


















スポンサーリンク


スポンサーリンク

酒井法子(のりピー)の海外での人気について

女優で歌手の”のりピー”こと酒井法子が、最近、海外でブレイクしているとのニュースが目に付いた。




酒井法子は、覚醒剤の事件を起こしてからテレビに出られなくなり、パチンコの営業などで、最近まで生計の糧にしていたという。


酒井法子が荒稼ぎ…パチンコ店営業ギャラは20分100万円
デイリーニュースオンライン 2015年10月21日 12時00分

2009年、覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子(44)。2012年に執行猶予期間も終わり、芸能活動を再開している。

 10月20日発売の「女性自身」(光文社)は、酒井の今をリポート。地上波での復帰がなかなかうまくいかず、舞台イベント、パチンコ営業に奔走しているようだ。年末には200人規模のクリスマスディナーショーを開催予定で、価格は2万円台。高額にも関わらずほぼ完売しており、今後は開催場所を5カ所に増やして行うようだ。

 地上波では姿を見ることはなくなったが、芸能活動自体は順調で、いまだ根強い人気があることを証明している。酒井をパチンコ店に呼ぼうと思うと、系列店を1日3店舗・それぞれの滞在時間30分で、ギャラは300万円程度。1店舗だけだと、滞在時間20分で100万円程度と、高額なギャラになっている。それでも、酒井を店に呼ぶとパチンコに興味ない人も店に足を運び、1店舗1,000人以上と集客力抜群。トークも巧みで2ショットやサインなどのファンサービスも厚く、店を盛り上げてくれると好評でオファーはあとを絶たない。

人気は健在でも、酒井法子がテレビNGな理由
 
営業とイベントで、いまだ人気は健在ということを証明した酒井だが、それでも地上波での復帰は難しいとテレビ関係者は語る。

「清純派で人気を得たアイドルが覚せい剤逮捕、さらに発覚後の逃亡の衝撃。連日マスコミで報道され、覚せい剤逮捕=酒井法子のイメージがついてしまいました。

それ以降、芸能人が薬物で逮捕されるたびに彼女のことが思い起こされることに。いわば、彼女は覚せい剤逮捕のイメージアイコンです。営業やイベントなどの人気ぶりから地上波でも起用したいと思っているテレビ関係者もいますが、一体いつみそぎが終わったと判断するのかが非常に難しいですね」

 実際に2014年にASKAが覚せい剤で逮捕されたときも、酒井の件が再び注目されてしまった。さらに同年、酒井本人が『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したときには、騒動から5年経ったにも関わらず、視聴者は冷たい反応だった。

「『5時に夢中!』の出演で酒井は事件のことを語らず、まるで何もなかったように自分のイベントの宣伝だけで終わってしまいました。しかも、介護の仕事をすると宣言しながらも、芸能活動をしたことに対しての説明もなく、視聴者は反感を持ってしまったようです」(同関係者談)

 着々と芸能活動を続けている酒井だが、やはり薬物のイメージ払拭は難しい。しかも、いまだに彼女の口から覚せい剤逮捕に関しての説明と謝罪はない。薬物のイメージアイコンになってしまった酒井は、地上波復帰は絶望的と言わざるを得ないだろう。

(文・タナカアツシ)


酒井法子のチャートを見ると、2室に8室支配の太陽とラーフが在住し、2室支配の土星が4室で減衰している。

2室に2つの惑星が在住していることから、パチンコの営業で回った店舗分だけギャラをもらうという出来高での活動は向いていると考えられる。




その際に2室に8室支配の太陽が在住し、ラーフと接合していることは、このパチンコの営業を物語っている。

短時間で効率の良い仕事を行っているのであり、決して定額の給料をもらうような活動ではない。


回る店舗の数に応じた完全歩合制の営業活動である。上記の記事では”荒稼ぎ”という表現が為されているが、つまりは、8室支配の太陽がラーフとコンジャンクトしており、ラーフは水瓶座で定座、もしくはム-ラトリコーナとする見解があるため、強い星位である。

8室は不労所得、棚から牡丹餅的な収入を表わし、パチンコ業界から呼ばれることによって効率の良い出来高収入が見込めるようである。


水瓶座のラーフ、そして、ディスポジターの土星がバラニーで減衰している配置が、パチンコ業界での荒稼ぎを表わしているのである。


この酒井法子が覚醒剤のイメージが付いてしまって、テレビの地上波での復帰が難しいということで、活路が見出されたのが海外である。


海外では台湾や香港、中国など中華圏で、絶大な人気があるようである。


そして、11月8日(水)付けの記事では、海外で「怪物級美魔女」の人気であると記されている。


酒井法子のインターナショナルなドサ回り 海外では「怪物級美魔女」の人気
11/8(水) 16:59配信 新潮社

覚醒剤の事件を起こしてから8年――。日本の芸能界ではすっかりイロモノ扱いとなってしまった“のりピー”こと酒井法子(46)だが、なぜか海外では大人気だという。

 ***

 毎年11月にマカオで開催されるカジノの見本市「MGSエンターテインメントショー」に今年ものりピーは登場する。初参加となった昨年は、事前告知がなかったにもかかわらず、彼女が登場すると「のりピーがいる!」と100人近い人だかりができたという。

 今年ものりピー目当てにファンが集まること間違いなしなのだが、マカオに限らずアジア圏での人気は根強く、昨年3月と今年1月には韓国のカジノでもディナーショーを開いている。さらには来年1月に香港でコンサートを開催予定で、チケットは3日で完売したとか。

 のりピーのアジアでの人気を支えるメインの客は中国人だというが、

「酒井さんは1990年代前半に中華圏に進出しています。当時は、わざわざアジア諸国に出てゆく一流芸能人は珍しかった。それもあって、彼女が出したCDもドラマも現地では大人気でした」(ノンフィクション・ライターの安田峰俊氏)

 その人気は46歳にしてなお「怪物級美魔女」と呼ばれているほどなのだ。

 ***

 11月9日発売の「週刊新潮」では、のりピーのアジア人気の程を詳しく報じる。

「週刊新潮」2017年11月16日号 掲載


再び酒井法子のチャートを見ると、12室(海外)に5、10室支配のヨーガカラカの金星が在住しており、月から見ても2、9室支配の金星であり、水星と木星から挟まれて、シューバカルタりヨーガを形成している。


金星は、生来的機能的吉星で、特に凶星からのアスペクトも受けておらず、また金星のナクシャトラ(プールヴァアシャダー)に在住することで更に強くなっている。


この金星が12室(海外)に在住しているため、海外では絶大な人気があるのである。



そして、10月26日に土星が射手座に入室し、この5、10室支配のヨーガカラカの金星に土星がトランジットし、一方で、木星は天秤座10室をトランジットして、10室にダブルトランジットが生じている。


従って、今、海外人気でブレイク中の酒井法子を週刊新潮の2017年11月16号が掲載して、大きくクローズアップしたのである。


酒井法子は、海外人気によって、国内からも注目されるようになった訳である。



ダシャムシャでも金星は、牡牛座で自室に在住して強く月から見て10室に在住して、マラヴィアヨーガを形成している。


ラグナから見ると6、11室支配で6室に在住して奮闘(struggle)が見られるが、ラグナロードで12室(海外)に在住する土星と相互アスペクトして、1-11室のダナヨーガを形成している。

ダシャムシャでの星位が強く、海外の12室や高い評価を表わす11室が絡んでいる為、海外での高い評価を物語る配置である。



つまり、酒井法子は海外での芸能活動で成功する配置を持っていると言える。


このチャートは間違いなく酒井法子のチャートであり、ラグナは山羊座ラグナ(ウッタラアシャダー)で正しいと思われる。






この酒井法子のチャートであるが、ラグナは山羊座のウッタラアシャダーであり、月は乙女座のウッタラパールグニーであり、両方ともナクシャトラの支配星は太陽である。



クリティッカー、ウッタラパールグニー、ウッタラアシャダーなど太陽がナクシャトラの支配星となる星座は、王室、貴族的雰囲気を持ち、セレブ感が漂うことで、普通の一般市民とは別の印象を伴うのである。


男性であれば、お坊ちゃんのような印象であったり、女性であれば、お嬢様のような印象である。


酒井法子の場合、太陽は8室の支配星で2室でラーフと接合し、ディスポジターの土星はバラニーで減衰している。


決して太陽は良い配置とは言い難い配置である。太陽は獅子座の支配星であるが、獅子座にはケートゥが在住しており、ディスポジター繋がりで、ケートゥの影響も受けている。



今回、調べていて分かったことは、酒井法子の父親は、山口組系の暴力団伊豆組酒井組の組長で、覚醒剤の販売が主な稼業という極悪な荒稼ぎだった為に破門され、山梨県で闇金融を営んでいたということである。


また酒井法子が誕生した時も覚醒剤所持で逮捕され服役中の身だったということである。


このように酒井法子の父親は極悪人であるが、しかし、暴力団の組長であり、その筋の人間にとっては、権力者であり、組長であるからには部下を従えていたと思われるが、そうした人物を父親に持っているので、やはり、組長のお嬢様といった悪い意味でのセレブ感がどことなく漂っているということなのである。





私は以前、覚醒剤所持の事件があった時に”のりピー”こと酒井法子のチャートを調べた時、2室にラーフが在住し、また2室に中毒や依存を表わす8室支配の太陽が在住している為、覚醒剤の吸引を行ったと考えた。2室は口から入るものを表わし、飲食するものなど摂取物を表している。


しかし、今回、詳しく調べると、両親、家族を表わす2室から推測できるように酒井法子の幼少時の生活環境がかなり過酷で、困難なものであったことが分かってきた。


例えば、上述したように酒井法子が生まれた時、父親は覚醒剤所持で逮捕され、刑務所の中に居たため、母親は、寂しさから若い男と駆け落ちして、我が子を夫の実家の佐賀県の山中にある寺に置いていったということである。


寺に捨てられた後、父親の妹に引き取られ、その後、この叔母の住む家で育てられることとなり、埼玉と九州を行ったり来たりすることになったそうである。



その後、酒井法子の父親と母親は離婚が成立し、その後、母親は、自殺に見せかけて殺されたと記されている。


そして、育ての親が実の母親と思っていた所、7歳の時に実の父親が再婚する際に「自分のこどもではない」と告げられ、この父親と再婚相手が暮らす福岡県に移ったということである。


その後、酒井法子の父親はまた離婚して別の女性と再婚した為、継母が2人も変わることになっている。




このように激しく変化の多い酒井法子の幼少時の家庭環境であるが、これは明らかに2室に在住するラーフと8室支配の太陽が表している。


8室支配の太陽は、父親が再婚を2回も繰り返して、父親に振り回された幼少期を物語っている。


そして、ラーフは”人工的”なものを表わし、2室の家族のハウスに在住しているため、実際に生んだ実の母親ではない継母に育てられたのである。


そして、またその継母が2回も変化したのは、おそらく変化を表わす8室の支配星が関係していると思われる。



このように壮絶な幼少期を過ごしたことは、2室に在住する8室支配の太陽、ラーフ、そして、ディスポジターの土星が4室(母親)のバラニーに在住している配置で説明が可能である。


土星は8室の表示体であり、土星が4室で減衰していることにより、この配置でも母親の激しい変化を表している。


4室をラグナとした場合にラグナロードの火星が8室に在住している配置は、母親にとって良くない配置である。


また月から見た4室支配の木星は3、8室支配の火星と共に3室に在住している。これも母親にとって良くない配置である。


4室をラグナロードとした時にラグナロードが8室に在住していたり、4室の支配星が3室に在住して、8室の支配星と絡んでいる配置は、母親にとって致命的な配置であり、8室は暗殺といった象意もあるため、母親が自殺に見せかけて殺されたという記録になっているのである。



このように酒井法子は2室が激しく傷ついている為に両親は離婚し、母親は幼少期に亡くなって、母親が3回も変わることになったのである。



母親の4室は、心の安定や幸福感を同時に表わすため、こうした幼少時の体験が、心の不安定さをもたらして、薬物に頼る傾向を促進したことは容易に想像できる。



酒井法子のこうした傷ついた2室にも関わらず、芸能活動を表わすラグナから5、10室支配、月から2、9室支配の金星は、全く凶星から傷つけられておらず、非常に強い配置である。


2室は幼少時の生活環境を表わし、教育のハウスでもあるが、このような不安定な生活環境で過ごして来たとすれば、勉強など手につかず、学業にも支障が出たと考えられる。


従って、酒井法子を育てたのは、5室支配の金星、そして、9室支配の金星が表すように芸能活動を通してなのである。



歌や女優業を通じて、芸能活動をする時に酒井法子は、本当に幸福を体験できるということである。


それは、台湾や香港などのアジアでコンサートなどを行う時もおそらくそうなのである。






アジアのファンに囲まれて彼女は、ステージ上で、幸福感を得ていることは間違いないのである。


金星は月から見て、2、9室支配で4室に在住しており、そうした表現者としての芸能活動が彼女の心の安定を支えているのである。




彼女はラーフ/ケートゥ期に夫と出会い、ラーフはナヴァムシャで8室に在住していることから、やや結婚に問題があったと考えられる。


8室のラーフは夫に振り回されて支配される配置であり、夫に期待できない配置である。


おそらく覚醒剤の使用には夫の影響もあったと考えられ、そして、2009年に覚醒剤取締法違反で、東京地方裁判所から有罪判決を受けている。


2009年は、木星/土星期である。


土星はラグナロードで、月から見て5室の支配星であるが、マハダシャーの木星とは絡んでいない。


マハダシャーの木星は、ラグナから3、12室支配、月から見て4、7室支配で機能的凶星であり、またラグナから4、11室支配、月から3、8室支配の生来的機能的凶星の火星と絡んでいる。

従って、全体的に”凶”を示している。



マハダシャーの木星と、アンタルダシャーの土星は絡んでいないと考えると、土星期は困難な時期である。


しかし、マハダシャーの木星はアンタルダシャーの土星のナクシャトラであるアヌラーダに在住しているため、土星の影響が優勢になるはずである。



この土星は月から見て5、6室支配で8室で減衰して、パラシャラの例外則でのラージャヨーガ的な効果をもたらす可能性を秘めている。



この逮捕されて有罪判決になった後、翌年2010年1月から酒井は介護士や音楽療法士を目指し、群馬県高崎市にある創造学園大学ソーシャルワーク学部ソーシャルワーク学科介護福祉コースに入学している。


これは非常に良いことで彼女は更生を目指す中で、色々学んだはずである。



この時もやはり木星/土星期で、アンタルダシャーの土星が月から見て5室の支配星であったために大学に入学して学ぶことになったと考えられる。


これは逮捕されたことがきっかけになった為、そういう意味では、土星はパラシャラの例外則による普通でない形のラージャヨーガをもたらしたのである。



マハダシャーの木星は、ラグナから見て3、12室支配であり、そのため、木星期には海外へ活路を見出したのではないかと思われる。



木星は3、12室支配で11室に在住しているが、3室は踊りやパフォーマンスのハウスであり、芸能活動を表わすハウスで、12室は海外のハウスである。



そして、その木星は11室に在住し、11室支配の火星と接合している。



この木星は11室蠍座に在住し、11室の支配星である火星と接合している。



そのため、経営者レベルの有力者との交流も表しているが、この蠍座に在住する木星と火星の絡みが、パチンコ業界での営業につながる人脈をもたらしたと考えることが出来る。



あるいは、蠍座は暴力団、ヤクザの星座であり、暴力団関係者との関連も推測される星座である。




現在、木星/月期であるが、月は7室支配で9室に在住しており、ラージャヨーガを形成している。


7室も9室も海外を表わすハウスである。



アンタルダシャーの月は木星から見て9室支配で11室に在住しており、配置も良く、また凶星からの絡みもない状態である。



従って、今、酒井法子は、海外で人気となり、11月にマカオで開催されるカジノの見本市「MGSエンターテインメントショー」に出演するのである。



そして、10室にダブルトランジットを形成しているため、週刊誌で特集も組まれているのである。



土星が射手座をトランジットする間、酒井法子は、海外での活動に力を入れていくと思われる。



それは酒井法子にとっては、幸福な体験である。









(参考資料)



46歳の酒井法子に「若い!」と驚嘆の声、台湾で19年ぶりステージ―中国メディア
配信日時:2017年3月27日(月) 21時40分 Record china

2017年3月26日、台湾・高雄市でロック・フェス「メガポートフェスティバル(大港開唱)」に出演した酒井法子だが、その若々しさがネットユーザーに注目されている。新浪が伝えた。

酒井法子は25日、「メガポートフェスティバル」にこの日のトリとして出演。台湾で歌手としてステージに立つのは、1998年以来これが19年ぶりのこととなった。90年代はトップアイドルと して、台湾はじめ中国や香港でも絶大な人気を誇ったが、根強いファンは今も多く健在。客席には親衛隊も登場し、熱い声援を送っている。

46歳になる酒井法子は、ミニのワンピースで髪にリボンをつけ、アイドル時代さながらの衣装で登場。この姿に中国のネットユーザーの間からも、「若い!」「昔とほとんど変わらない」「 親世代が熱狂したアイドルには全然見えない」などと、驚きの声が上がっている。

若々しさをキープする秘訣(ひけつ)について、酒井法子はインタビューで、「なるべく気を若く持ち、よく体を動かし、自分がパワーを傾けられることを意識してすること」とコメント。 明るい気持ちを持ち続けることで、何よりのアンチエイジング効果が得られると語っている。(翻訳・編集/Mathilda)

参照元:46歳の酒井法子に「若い!」と驚嘆の声、台湾で19年ぶりステージ―中国メディア
配信日時:2017年3月27日(月) 21時40分 Record china

詳報 酒井法子さん女優復帰会見
時事ドットコムニュース

2009年11月、覚せい剤取締法違反で有罪判決(懲役1年6月、執行猶予3年)を受けた酒井法子さん。12年12月に主演舞台で芸能活動に復帰することになり、猶予期間が明けた1 1月24日、東京都内で復帰会見に臨んだ。酒井さんの一問一答は次の通り。

 ―今の心境は。

 3年という月日を振り返ると、いろいろな人々に支えてもらいました。長くつらい日々でしたが、今日こういう日を迎えることができたことに、心の底から感謝しています。今、皆さんに 対する感謝の気持ちでいっぱいです。

 ―執行猶予が明けた時の様子は?

 息子が起きていてくれました。今まで支えてくれたお友達とお話ししながら、その時を迎えました。

 ―女優復帰に葛藤はなかったのか。

 「私がやっていいものか」という気持ちもあったけれど、周りの皆さんが背中を押してくれた。「すごくやりたい」という気持ちで、この場に座らせてもらっています。

 ―女優復帰を決めた理由は?

 (事件後)本当に何かにすがりたくて、自分の中で生きていくすべを見つけることに必死でした。それで介護の勉強をしようと、大学に入れてもらったのは3年前。パソコンによる通信教 育に取り組み、現在も在学しています。

 こうした選択は自分にとって正しいものでしたが、介護の学びの中で表現者としての役割の素晴らしさを改めて感じ、もう一度、自分自身が表現する側に立ちたいという気持ちが大きくな りました。

 この3年間で、私には見えないところで、ファンの皆さんが「法子、頑張れ」と思ってくださった場面もたくさんあったと思う。頂いたお手紙、励ましの声を考えると、今日この日を一緒 に喜んでくれているのではないかと思います。

自分の過ちだった

―覚せい剤を本当にやめることができたのか。

 そういうものを絶つということに、苦しんだことはない。きっぱり絶ち切ることができました。まっすぐに前を見て生きていくことしか考えていないので、心配しないで、信じて見ていて ほしい。気持ち一つでそういったものから離れていくことは可能だと思う。そういった危険に近づかないし、何があっても、そういったことを二度としないとはっきり言えます。

 ―どうして覚せい剤に手を出したのか?

 本当にただ、自分自身が甘い考えで…。バカだったというしかない。

 ―事件発覚直後、逃げていたが、その時の気持ちを改めて聞かせてほしい。

 あの時は本当に気が動転してしまって…。いろいろな葛藤の中で時間を過ごしていました。振り返れば、自分自身の甘さを感じている。心から反省しています。

 ―(覚せい剤を勧めた)元夫に対する思いは。

 (覚せい剤を使ったことは)自分の選択、過ちだと思っていますので、彼を責めるつもりはありません。

 ―元夫と息子は会っているのか。

 父と息子なので、会っています。これからも子供の気持ちを尊重したいと考えているので、彼が会いたいときに会わせてあげたい。私自身は会っていませんが、彼は子供の親なので、今後 そういったことで会うことがあるかもしれません。

子供と向き合う

―子供の存在は支えになったか。

 いろいろな気持ちの中で、守るべきものがあるんだと痛感しました。大切なものを傷つけることがない自分になりたいと思います。

 ―子供とはどのように向き合っていくのか。

 これから先も、彼の見えない大きな傷を一生かけてつぐなっていかなければいけません。親として、人として、「お母さんは頑張っている」という背中を見せられるように生きていくのが 大切だと思っています。

 ―事件を通して、失ったものと得たものは?

 失ってしまったものは本当にたくさんあると思う。嫌な気持ちにさせたり、迷惑をかけたりしたので、これから私が生きていく上でつぐなっていくつもりです。

 一方で、どん底の中でも見捨てることなく、手を差し伸べてくださった方々がいました。この世界で表現者として生きていく場を与えてくれるなら、その場でしっかり生きていくことが少 しでもできる恩返しだと思う。

 この3年間、生活費はどうしていたのか。

 蓄えの中で生活していました。

 ―タトゥーが消えているようだが。

 消しました。あるべきではないと思ったからです。

主演舞台への思い

―12月に「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」に臨む心境は?

 (出演できることに)心の底から感謝の気持ちしかありません。キャストの皆さんに引っ張っていただき、自分に出せる限りの力をすべて出してお市を務めさせていただきたいと思います 。

 ―既に舞台稽古が始まっているそうだが。

 昨日までは、キャストの皆さんが芝居している姿を見る形で参加していましたが、共演の皆さんが、輪の中に入れようとしてくれていると、すごく感じました。自分は幸せ者です。

 ―舞台は久々と聞いている。

 生の舞台は、お客さんの反応を感じながらお芝居をする、一期一会の勝負の場。怖さや緊張を集中力やパワーに変えて、いいお芝居をしていきたい。

 ―罵声を浴びる心配はないか?

 いい面も悪い面も何もかもさらけ出すので、受け止めていただきながら演じたい。

 ―今後の芸能活動の予定は?

 今は舞台に専念することしか考えていない。後々お声をかけていただいたら、その都度、考えていきたい。

 ―今の気持ちを「のりピー語」で表現するとしたら?

 「のりピー」ということで言わせていただけるなら、「ファンの皆さま、ありがじゅう」「マンモスうれぴーです」。今日という日を迎えられて、ありがとうございます。

参照元:詳報 酒井法子さん女優復帰会見
時事ドットコムニュース


酒井法子、中国人気健在 国内のみの舞台取材に香港メディア来場「マンモスうれピー」
10/3(火) 15:51配信 ORICON NEW

女優・酒井法子(46)が3日、東京・草月ホールで5年ぶりの舞台となる『うんちゃん2』のゲネプロ&囲み取材に参加。国内のみでの上演となるが、香港のメディアが取材に訪れるなど中国・香港での人気は健在で「マンモスうれピー」と満面の笑顔を見せた。

同舞台はきょう3日から5日まで同劇場で、7日、8日は埼玉・入間市民会館で上演される。国内のみの上演となるが、劇場には中国各地のファンから初日を祝う花が届けられた。舞台関係者によると観劇するために中国や香港から来日するファンもいるという。さらに、香港のケーブルテレビ局も公演取材に訪れるなどのりピー人気が健在であることが見てとれた。

 酒井も香港メディアのカメラに向かって「シェイシェイ」など中国語でアピール。香港にいるファンに向かって大サービスした。現地では“モンスター級の美魔女”と称されているそうで酒井は「マンモスうれピー」と照れくさそうに、おなじみのフレーズで喜びを表していた。

 『うんちゃん2』は物流業界で働く人をテーマにした舞台の第2弾。今回は女性ドライバーに焦点を当てている。5年ぶりの舞台出演となる酒井は「運送業界が少しでも盛り上がってくれればいいな。そのお役に立てたら」とアピールしていた。

参照元:酒井法子、中国人気健在 国内のみの舞台取材に香港メディア来場「マンモスうれピー」
10/3(火) 15:51配信 ORICON NEW









スポンサーリンク


スポンサーリンク

射手座の人々

昨日(10/26)の19:00頃からトランジットの土星が射手座に入室した。


昨年の10月8日に吉本興業のお笑い芸人・綾部祐二が会見を開き、2017年4月からアメリカ・ニューヨークを拠点に活動すると発表した。


テレビは見ないが、週刊誌などは電車の中吊り広告、また立ち読みなどでそれなりにチェックしている。


そこで、ピースの綾部祐二が、突然、何を考えたのか、アメリカのニューヨークを拠点にして活動すると発表したのを知って、私はおそらく射手座の人だと感じたのである。


突然に思い立って「アメリカに行く」と言いだすような人は射手座の人なのである。


チャートを作成してみると、やはり、月は射手座に在住している。





留学や仕事などで遠い外国の地に遠征して飛躍するのは射手座の象意である。


ナチュラルゾーディアックで、射手座は9室に該当し、9室には外国、遠距離旅行という象意がある。


それで、ピース綾部は最近、渡米後初の仕事をしたと報じられている。




ピース綾部、ラスベガスで渡米後初仕事「幸先がいい」
2017年10月26日 16時9分 オリコン

米ニューヨークを拠点に活動しているお笑いコンビ・ピースの綾部祐二(39)が、このほど、ラスベガスのシーザーズ・パレスにて統合型リゾートを紹介するビデオ撮影を実施。渡米後初の仕事を終え「ラスベガスでの米国デビューは、幸先がいいと思っています」とコメントしている。

 シーザーズ・エンターテインメントは、世界に通用する統合型リゾートを日本に作りたいと考えており、これまで15年間にわたり日本での活動を実施。今回、日本で知名度の高いエンターテイナーである綾部を起用し、統合型リゾートの楽しみ方やさまざまな魅力、またそれを支える人たちの様子を伝えるビデオを作製したという。

 撮影を終え綾部は「エンターテイメント中心地のひとつであるラスベガスでの米国デビューは、幸先がいいと思っています。 マライア・キャリーやセリーヌ・ディオンなど世界的エンターテイナーが長期公演するシーザーズ・パレスなどでのビデオ撮影をきっかけに、 今後は米国のエンターテイメント業界での活躍を目指していきたいと思っています」と、さらなる飛躍を誓っている。

 また、シーザーズ・エンターテインメントの国際ビジネス開発プレジデントのスティーブン・タイト氏は「多くの日本人に愛されているエンターテイナーである綾部氏とお仕事できることをうれしく思っています」とコメント。「今回のビデオを通じて、 日本の皆さんが統合型リゾートとはどういうものなのか、 そしてシーザーズの魅力を感じていただければと思っています」と呼びかけている。

 なお、同ビデオは、今後製作する同社の日本版ウェブサイトでの掲載などを予定しているという。

 綾部は昨年10月に米ニューヨークを拠点に活動することを会見で発表。4月に一度渡米したが、ビザ取得の関係ですぐに帰国。今月11日に相方の又吉直樹(37)が自身のツイッターで米国へ旅立ったことを報告していた。


ちょうど土星が射手座に入室するタイミングである。


当初、2017年4月からアメリカ・ニューヨークを拠点に活動すると発表したものの、就労ビザの関係などで手続きが半年遅れ、実際の移住は今年の10月からになったようである。


つまり、土星が今年の年初(1/26)に射手座に入室した後、6/21から蠍座に逆行してしまった為、手続きが遅れてしまったのである。



ピース綾部がアメリカに行くと言っておきながら、中々行かないことについて、関係者から苦情が出ていたようである。


米国行き進まぬピース綾部の呆れた現状
2017年02月18日 16時30分 東スポWeb

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】昨年、ピースの綾部祐二(39)が緊急会見で、今年4月から米国ニューヨークを拠点に活動することを発表した。

 かねて夢に掲げていた「ハリウッド進出」への第一歩で、綾部と仲の良い平成ノブシコブシの徳井健太(36)によれば「最高形を目指してみたい。モテたい。有名になりたい」というのが綾部の目的らしい。そんな綾部に暗雲が垂れ込めている。トランプ大統領(70)の誕生で、ビザ取得が難しくなっているというのだ。

 土田晃之(44)は「綾部とレギュラーをやらせてもらっている番組で、今度その収録後に、綾部が出演できなくなるからって、食事会がある。『頑張れ会』みたいな。アイツがもしトランプさんの発言によって、米国に行けないならば、ひょっとしたら『秋までいるかも』なんですもんね。いや、どっちでもいいけどさ。お前が米国に行こうが、いようがさ」と、すっかり白けた雰囲気を漂わせている。

 ナインティナインの岡村隆史(46)も「(綾部は)本来ならね、もうそろそろ行かなアカンのですけど、この間『まだおるやん』って話したら『いや、岡村さん、ちょっとヤバいです。ビザが下りません。予定してたよりも随分、遅れるかもしれません』と。だから『逃げろ、一回。フィリピンかどっかに潜伏しろ』って言った」と、米国に行ったふりをするようアドバイスした。

 だが、綾部本人は意外にのんきだ。南海キャンディーズの山里亮太(39)が本人に渡米の準備を聞いたところ、あまり進んでいないようで、英語もしゃべれず、スタンダップコメディーの勉強もしていないとか。

 本音を聞くと綾部は「俺さぁ、実は一番の目的ってのがあんのよ。俺、2年ぐらいね、オシャレなカフェで働きたいの。ほらニューヨークってさ、夢が転がってる街なんだよね。カフェで働いてた人が、プロデューサーとかの目に留まって、スターダムを駆け上がるみたいなのも聞くし…」と、恐ろしく“細い線”を狙っているようだ。

 働きたいカフェだけはすでに見つけており「自転車を自分でカスタムできる店を見つけたし、それ乗る時に背負うカバンもいい店も見つけたし、ジョギングコースとかも把握してる」と、仕事よりも憧れのライフスタイルから入っているようだ。そんなことで本当に米国でやっていけるのか。人ごとながら心配になってくる。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。


惑星が逆行して一つ前の星座に戻っていくタイミングなどは、上手くまとまりかけていた物事が中断して、行き詰まりになり、暫く延期されるような現実界の状況に対応している。


特に動きが最も遅い土星などではそうである。



それで再び、土星が順行に転じて、射手座に入室する直前の10月頃から渡米初の仕事をしたというのは、スケジュール的には完璧なタイミングである。


出生時間が分からないため、チャンドララグナで検証しているが、土星が1室に入室するタイミングは何かをスタートさせるタイミングである。




もう一人、射手座ではないかと思ったのが、お笑い芸人で絵本作家の西野 亮廣である。


最近、自己啓発とマーケティングが合体したような本を刊行したようである。


本屋で『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』 西野 亮廣 (著)という本が平積みにされていた。





チャートを作成してみると、特に射手座には何も惑星は在住していなかった。




しかし、この本もそうだが、日頃の立ち居振る舞いなどを見ても射手座の性質が感じられるのである。



ナヴァムシャでは月、太陽から見て5室に金星、水星、木星が在住し、木星が高揚している。



この配置から絵本作家になれるだけの才能が感じられる。



月、太陽から見た10室射手座には土星が在住しており、射手座の行動傾向を持っていることは確かである。



ダシャムシャでも月からみて木星が5室で自室に在住しており、強い配置である。



出生図でも木星が射手座にアスペクトバックして、射手座が強くなっており、射手座のスキルを持っていることは間違いない。




日頃、全くホロスコープが分からない人物を見て、この人は何座ラグナだろうかと考える癖がついている。



このお笑い芸人の綾部祐二が「アメリカに行きたい」と言い出した時から私は射手座ラグナではないかと考え続けてきた。

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

安室奈美恵の引退について

安室奈美恵が自身の公式ホームページで、来年9月16日を持って引退することを発表した。


安室奈美恵、来年に引退と発表「私らしく2018年9月16日を迎えたい」
9/20(水) 18:54配信 サンスポ.com

歌手、安室奈美恵が40歳の誕生日を迎えた20日、自身の公式ホームページで来年9月16日をもって引退することを発表した。

 安室はこの日、「ファンの皆様へ」というタイトルで、ホームページに声明をアップ。「ファンの皆様、いつも応援していただきありがとうございます。先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に心から感謝しております。ありがとうございます」と冒頭で感謝の言葉をつづった。

 続けて「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と切り出すと、「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と、芸能界からの引退を発表した。

 そして、「引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」と意気込みを語り、「そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います」と締めた。

 最後に「皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します 安室奈美恵」とつづった。


ダシャーを見ると明らかなように現在、マハダシャー火星期に移行する直前であり、10月26日にマハダシャー火星期に移行してから、およそ1年後の2018年9月16日を持って引退することを表明している。



AmuroNamie_chart


この頃は、マハダシャー火星期のセカンドアンタルダシャーの火星/ラーフ期である。


このアンタルダシャーがラーフ期に移行したタイミングで、完全に芸能活動を引退することになる。



【ダシャムシャのラグナの修正】



この火星期について、ダシャムシャ(D10)の配置を確認した所、火星はラグナに在住している。


AmuroNamie_D10_chart

ダシャムシャのラグナに在住する惑星の時期はキャリア上の上昇の時期であることから、この配置はおかしいのである。


従って、若干、出生時間を修正する必要がありそうである。



出生時間を1分23秒程度進めると、ダシャムシャのラグナが山羊座に移動するが、金星がラグナ、月から見て5、10室支配のヨーガカラカで9室に在住して、3、12室支配の木星と接合して、3室にアスペクトしている。


wikipediaによれば、安室奈美恵は小学校5年生の時、友達の付き添いで沖縄アクターズスクールへ見学に訪れた際に校長にスカウトされたそうである。


小学校5年は1988年(11歳)の頃であり、ダシャーは、金星/火星期である。


その時に家庭の事情から月謝が払えないとの理由で入校を断念したが、校長に見込まれて異例の特待生として入校したそうである。


このようにグル運、師匠運に恵まれており、マハダシャー金星期に特待生扱いで、アクターズスクールに入学できたことを考えると、金星はヨーガカラカで木星と共に9室に在住している配置が妥当である。


入校時は人見知りが激しく引っ込み思案であったが、ほどなくして琉球放送のローカル番組『HOTNIGHT おきなわ愛ランド』で行われたカラオケ大会に出場し、見事優勝した(金星/ラーフ期)ことで周囲を驚かせたという。


そして、1991年アクターズスタジオ内で結成されたダンスグループ”SUPER MONKEY’S”のメンバーに選出されている(金星/ラーフ期)。


この金星/ラーフ期のエピソードが、その後の躍進の最初のタイミングであり、デビューの時期であったと分かる。



その後、1995年~2001年にかけて、小室哲也のプロデュースによって、一躍スターダムに昇るが、この期間は、マハダシャー金星期の後半に該当する。



AmuroNamie_photo


金星は5、10室支配のヨーガカラカであるが、9室で減衰している。


但し、金星のディスポジターである水星がラグナ、月から見て、ケンドラに在住しているので、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


金星のマハダシャーの時期は、金星が絡むハウスの象意において成功することを表している。



このマハダシャー金星期を通じて、質の高いダンスパフォーマンスと歌を披露したのであり、そのことを考えると金星が5、10室支配のヨーガカラカで、3室(踊り、パフォーマンス)支配の木星とコンジャンクションし、3室(踊り、パフォーマンス)にアスペクトしていなければならないのである。


また踊り、パフォーマンスを披露するアーティストとして活躍し、テレビ番組(3室)にも多数出演したことを考えると、やはり3室との絡みが必要である。



もしダシャムシャのラグナが射手座ラグナだと、金星は6、11室支配で10室に在住し、1、10室支配の木星と10室でコンジャンクションすることになる。



一応、ダシャムシャの10室の配置は、キャリア的には上昇し、安定する時期であるが、3室や5室など全くエンターテイメントのハウスが絡んでいない。


従って、やはり山羊座ラグナで正しいと思われる。



AmuroNamie_D10_chart2



そうすると、これまでの10年間のマハダシャー月期は、月がダシャムシャ(D10)のラグナに在住しているため、安室奈美恵が、円熟したダンスパフォーマンスと歌で、一流のアーチストとして、第一線で活躍してきたことが説明できるのである。



また1993年の金星/木星期に安室奈美恵は、ドラマ『いちご白書』に女優として出演し、ロッテ「マスカットガム」のCMに出演して演技をしている。


これはやはり明らかに3室と5室の象意である。


そして、2004年5月の太陽/木星期に台湾および韓国・ソウルで初のアジアツアーを成功させているが、もしダシャムシャのラグナが山羊座であれば、木星は3、12室の支配星で9室に在住し、3室にアスペクトしていることから、この時期が海外(12室)に行く時期であり、またパフォーマンス(3室)をする時期であるということで納得できる。


射手座ラグナでは木星は1、4室支配で10室に在住して、6、11室支配の金星と接合しているが、全く芸能、パフォーマンスの象意(3室)も海外の象意(12室、9室)も絡んでこない。



因みにもしラグナが射手座から一つ遡って、蠍座として考えるとどうなるかと言えば、出生時間を18:22:44に設定すれば、ダシャムシャ(D10)のラグナは蠍座になる。



但し、そうするとダシャムシャ(D10)の8室に在住するマハダシャー太陽期や、3室に在住するマハダシャー月期には、アーティストとしてそれ程のパフォーマンスは発揮できなかったはずである。



またダシャムシャ(D10)のラグナを蠍座に設定すると、ナヴァムシャのラグナが蟹座となり、そうすると、やはり、マハダシャー金星期にダンスパフォーマンスや歌で一世を風靡したという解釈が難しくなるのである。



AmuroNamie_D9_chart


金星は4、11室支配で11室で、自室に在住し、ラグナロードで高揚する月とコンジャンクションして、1-4、1-11のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成しているが、この配置からは、彼女がエンターテイメントの世界(3室、5室)で活躍したことを示すハウスの絡みが見られない。


やはり、獅子座ラグナで、3、10室支配の金星と、12室支配で高揚する月が10室で接合する配置でなければならないのである。


この獅子座ラグナであれば、金星は3室と10室が絡んで、10室でマラヴィアヨーガとなり、有名になることを表しており、また同室する月も高揚している。


因みに金星と月のコンビネーションは、ジャイミニにおけるラージャヨーガであり、また金星も月も女性の表示体であり、安室奈美恵のファッションや髪型、メイクなどを真似するアムラーと呼ばれる若い女性たちが大量に出現して社会現象になった理由も説明することができる。


このアムラー現象は、1996年~1997年に起こったようだが、ちょうどこの頃のチャラダシャーは、蟹座/山羊座であり、金星と月のジャイミニラージャヨーガが蟹座と山羊座にアスペクトし、山羊座から見て10室にもアスペクトしている。




このようにナヴァムシャのラグナは獅子座でなければならないため、ダシャムシャ(D10)のラグナの可能性として、蠍座ラグナの可能性というものも却下されるのである。



従って、ダシャムシャ(D10)のラグナは山羊座で正しいと思われる。



AmuroNamie_D10_chart2



安室奈美恵は、何故、今回、引退するかと言えば、まもなくマハダシャーが火星期になり、火星がダシャムシャ(D10)で、12室(引退、隠遁)にい在住しているからである。



マハダシャー火星期は、出生図では、2、9室支配で、9室の支配星である。


9室は10室(仕事)から見て12室目(損失)であるため、9室のマハダシャーの時期は仕事を辞める時期である。


然し、火星は、1、10室支配の木星とコンジャンクションもしており、出生図だけでは、本当にこの時期に引退するかは判断が難しいのである。



然し、もしダシャムシャ(D10)で、火星が12室(引退)に在住しているとなれば、話は別である。



ダシャムシャ(D10)において、マハダシャー金星期は、金星がヨーガカラカで9室に在住しており、マハダシャー太陽期は太陽が8室支配で6室に在住しており、マハダシャー月期はラグナに在住している。



これらと比較して、12室に在住するマハダシャーの火星期は仕事を辞めて引退する時期(12室)であると分かるのである。



AmuroNamie_chart2


ダシャムシャ(D10)のラグナを山羊座にすると、出生時間は、18:31:23付近である。



ダシャムシャ(D10)の幅は3°であるため、3°×4分=12分の範囲内であり、18:19:23~18:31:23であるが、ナヴァムシャのラグナが獅子座で説明できることから、18:31:23に近い時間である。




ナヴァムシャ(D9)のラグナが、獅子座に留まるのは、18:33:17迄である。18:33:23からは乙女座に移動してしまう。



従って、ナヴァムシャのラグナが獅子座ラグナであれば、正しい出生時間は、18:31:23~18:33:17の間である。





【ナヴァムシャのラグナは本当に獅子座ラグナか?】



それではナヴァムシャ(D9)のラグナは本当に獅子座ラグナでいいのかどうか、それが問題である。



既にダシャムシャのラグナを検討する過程で、獅子座ラグナで正しいそうであることは確認したが、更に詳しく起こった出来事をナヴァムシャで検討してみることとする。



安室奈美恵は、1997年10月22日にTRFのダンサー・SAMとの結婚を発表し、妊娠3ヶ月であることを発表している。



この時、ダシャーは金星/土星期であるが、マハダシャーロードの金星は、ナヴァムシャの10室に在住し、土星は7室の支配星である。



ナヴァムシャの1-7軸の在住星や支配星の時期は、結婚の時期であるが、4-10軸の在住星の時期も結婚が起こりやすい時期である。



また金星は生来的な結婚の表示体である。



AmuroNamie_D9_chart


2002年7月10日にSAMと離婚しているが、この時、ダシャーは、太陽/月/金星である。



マハダシャーロードの太陽はラグナロードで7室に在住し、アンタルダシャーロードの月は12室の支配星、プラティアンタルダシャーロードの金星は、生来的結婚の表示体である。



この時、もし離婚したのであれば、12室支配の月(別離)が役割を果たしていると考えられる。



12室支配星の時期は、結婚から逃げるという象意を持っている。



但し、マハダシャーロードの太陽は7室に在住しており、この時期に離婚したとは考えにくい。



しかし、以前、検証した所によれば、安室奈美恵とSAMは離婚した後も同じマンションの別室に住み、子供の養育を分担するとともに、一緒に息子の学校行事に出席したりなど仲が良かったということである。



それで再婚説なども流れたりしているようである。



安室奈美恵のナヴァムシャの8室には火星が在住し、8室支配の木星はラーフ/ケートゥ軸と絡み、土星からアスペクトされている。


月、金星から見た8室の支配星も同様にラーフ/ケートゥ軸と絡み、土星からアスペクトされている。



おそらく離婚した理由は、安室奈美恵が、SAMの実家の医者の家系である親族から受け入れられなかったということではないかと思われる。



従って、おそらく、マハダシャー太陽期になって実質的には、安室奈美恵は、SAMと別れていなかったということである。



マハダシャー太陽期に離婚したということから、ナヴァムシャのラグナが乙女座の可能性も検討し、12室支配で6室に在住する太陽期ということで検討してみたが、そうすると、金星/土星期に結婚した説明が難しくなるのである。


アンタルダシャーの土星は5、6室支配で8室で減衰している形になり、この時期にSAMとの間で幸福な結婚をし、皆に祝福されて子供も生まれたということは説明が難しいのである。



またマハダシャー太陽期にSAMとは実質的には結婚状態にあったのであり、そのことも説明出来ないのである。




従って、ナヴァムシャのラグナは獅子座で正しいのではないかと思われる。




安室奈美恵が、1988年(小学校5年の11歳)の金星/火星期に見学に訪れた沖縄アクターズスタジオで校長からスカウトを受け、月謝が払えないことから入学を断念しようとした所、校長から異例の特待生扱いで、入校を認められたのは、おそらくナヴァムシャにおいて、9室支配の火星が8室(不当所得、棚から牡丹餅)に在住しているからである。


9室の支配星が8室に在住する場合、9室の恩寵が8室に働き、師匠から経済的な面倒を見てもらえるのである。


師匠と強固な師弟関係を結び、寝食を共にするぐらいに師匠の管理下に置かれるのが、この配置である。


しかし、師匠に対して、完全に従う形となり、一切、自由はなくなるのである。


この時、沖縄アクターズスタジオの月謝を校長から免除してもらったということは、完全に校長の保護下に置かれて、その指導に従ったということである。


インドの伝統的な師弟関係、おそらくパランパラの伝統などは、こうした8室と9室が濃密に絡んだような配置が見られるのであるが、父親の代わりにもう一人の父親が出来るようなものである。


しばしば養子縁組の際などにも表れる配置である。



AmuroNamie_D9_chart


この濃密な師弟関係が、金星/火星期に起こったのであれば、ナヴァムシャのラグナは獅子座なのである。



従って、結論としては、安室奈美恵の出生時間は、2チャンネルにある18:30ではなく、18:31:23~18:33:17の間のいずれかである。





【安室奈美恵は火星期にどう過ごすのか?】




AmuroNamie_chart2



それでは安室奈美恵は引退後、どう過ごしていくのかということである。




火星は2、9室支配で4室に在住し、1、10室支配の木星と4室(道場、教室)に在住している。



9室の支配星の時期は、教育活動や慈善活動などを行う時期である。



そして、その9室の支配星は、木星と絡んでいるため、それもまた教育の表示体である。



またその火星と木星は4室(教室、道場)でコンジャンクションしており、9-10のダルマカルマラージャヨーガ(社会奉仕、教育活動)を形成している。



9-10のコンビネーションは、仕事を通じて、大きな貢献をする配置であり、慈善活動家や教育者、科学者などの配置である。



何か活動を通じて社会に大きな貢献をする配置である。



これは引退後、彼女は沖縄アクターズスタジオのような学校を設立するか、あるいは、沖縄アクターズスタジオを受け継ぐなどして、学校を経営していくことを表していると考えられる。



しかもその活動は、収益を上げることよりも、奉仕や慈善的色彩が強いものになるはずである。




また月から見ても、5、12室支配の火星は、1、4室支配の木星と7室に在住している。



5室は弟子や生徒を表しており、やはり、教室、道場を意味する4室支配の木星と絡んでいる。



従って、月から見ても学校を開いて、生徒たちを教えていくような配置をしているのである。




ナヴァムシャでは、4、9室支配の火星は8室に在住しており、月から見て、7、12室支配の火星が11室に在住している。



これは既に述べたように師匠との濃密な関係性を表しており、師匠から経済的恩恵を得ることを示している。



従って、マハダシャー火星期に学校を設立する際に不動産や建物は、師匠から継承できるかもしれないことを表している。




また月から見て、火星は7、12室支配で11室に在住しているため、対人関係が活発化し、交際相手などが出来る可能性も示唆している。





またダシャムシャ(D10)では、火星から見た10室に1、4室支配の木星が在住し、6、11室支配の金星とコンジャンクションしているが、



やはり、これは火星から見た10室に木星が絡んでいることから、教育者になることを表している。



金星が同室しているため、エンターテイメントの分野である。






安室奈美恵はつまり教師、指導者として生きていくということである。



そして、弟子や後輩たちを育てる仕事に専念するようである。




次の2024年10月からのラーフ期もやはり、ラーフはダシャムシャ(D10)で12室に在住している。



ラーフから見ると、10室に木星と金星が在住している。



ラーフのディスポジターは木星で、ラグナから見て、3、12室支配で9室に在住している。




そして、ナヴァムシャでも12室に在住している。




安室奈美恵は、おそらく今後、歌手、アーチストとして、芸能界に復帰することはないと思われる。



もしテレビなどに出演するとしてもスタジオ経営者とか指導者としてではないかと思われる。



出生図で、火星から見た3室に金星、水星、土星が集中し、ナヴァムシャでも火星から見て3室に金星、月が在住している。



従って、今後も芸能界には関わり続けるし、メディアからも取材されたり、テレビに出演もするかもしれない。



エンターテイメント業界の第一線で活躍する安室奈美恵はこれでいなくなるが、その後、指導者として、安室奈美恵は活躍していくはずである。




それはあたかも現役引退したボクサーのようなものである。



現役引退したボクサーは大舞台に立つことはないが、ボクシングジムで、後輩たちに付添い、指導者として、その自らの持てるものを伝えていく。



安室奈美恵には、そうした指導者としての人生が待っているように思われる。






AmuroNamie_photo2
AmuroNamie_photo3
AmuroNamie_photo4

















スポンサーリンク


スポンサーリンク

斉藤由貴の不倫騒動について-再ブレイクと魔性の魅力-

斉藤由貴の不倫疑惑などがワイドショーを賑わせている。


状況的に見て、斉藤由貴が不倫していたことは明らかなようだが、世間は斉藤由貴が、会見でどのような発言をするか、どのようにこの状況を釈明するのかといった好奇心からこの様子を眺めていたのではないかと思われる。

つまり、こうした芸能人の不倫疑惑騒動というのは、他人の私生活を覗き見たいという願望と、人の生きた作り物ではない人生ドラマを垣間見たいという大衆の欲求なのである。


SaitoYuki_photo2

また大衆が芸能人に自身の願望などを投影し、そこで疑似体験するそうした存在が、芸能人である。


反グローバリゼーション、トランプ現象など、個人が自らの欲望を剥き出しにして表現する自由至上主義(リバータリアニズム)的な風潮の中で、大衆の欲望に訴えかけるのが、芸能人の不倫疑惑である。


これが、今、メディア業界で、最も視聴率を稼げるエンターテインメントである。


斉藤由貴は、1980年代、1990年代初期に活躍していた歌手、女優で、モルモン教の夫と結婚して芸能界からは引退して主婦として生きていた。


2016年になって、50代を過ぎた辺りから、斉藤由貴は、テレビで番組から引っ張りだこになり、再ブレイクを果たした。


50歳で再ブレーク中 斉藤由貴ばかり芸能界でなぜモテる
2017年6月8日 日刊ゲンダイ

斉藤由貴(50)が7月スタートのTBS系ドラマ「カンナさーん!」で初のおばあちゃんを演じることになり、話題だ。「トシとったもんだ」と語った斉藤は「卒業」での歌手デビューから2015年ですでに30年が経過。同世代の中高年も時の流れの早さを感じているのではないか。

 とはいえ、斉藤由貴は枯れていないどころか、再ブレーク中ともっぱらだ。女優、歌手、ラジオパーソナリティーのほか、神奈川県の「手話普及推進大使」にも選ばれるなど仕事のオファーが引きも切らない。ある民放プロデューサーがこう言う。

「斉藤さんのファンは彼女よりちょっと上の年代、55~60歳くらいが多いんです。芸能界でもリリー・フランキーさんら斉藤さんを敬愛している人はたくさんいるし、ドラマなど制作するスタッフも若い頃から斉藤さんのファンで、ある程度の地位と実力がついた今、一緒に仕事したいとの思いを抱えている者が少なくない。そして歌でも演技でも、そうしたオファーに前向きで楽しんでやってやろうとしてくれるので、ますます人気ですよ。たとえば元キャンディーズの伊藤蘭さんにキャンディーズの曲を歌ってくださいといっても難しいところ、斉藤さんはロックフェスにも出てくれたりする。リクエストすれば、快く『卒業』を披露してくれる。演技もトークもうまい。だからこそ三谷幸喜さんや宮藤官九郎さんらがオファーを出すのでしょう。薬師丸ひろ子さんもそうですが、50代になってますます意気盛んですね」

■私生活では3人の子供のママ

 再ブレークのきっかけは約5年前、3カ月で11キロ落とすダイエットをしたこと。私生活では、3人の子供の母親だ。30周年のときの雑誌取材では「お仕事がある、ないにかかわらずウイークデーは必ず午前5時過ぎには起きています。それから、末娘(10)のお弁当を作って、彼女を起こして身支度させて、朝ごはんを食べさせて、車で駅まで送っていきます。大急ぎで家に戻って、上の2人の子供(長女=15、長男=11)のお弁当を作って、朝ごはんの準備」などと語っていた。

 それから2年だから、長女は17歳の高校2年、長男は13歳の中1、次女は小6か。実生活でおばあちゃんになる日はまだちょっと先のようで、「何度言ってもダメなときはスケバンママになります」と、今は子育てに奮闘しているのだろう。


 この4月のインタビューでは、こんなモットーを語っている。


「自分の中に、“おもしろいことは上質である”という強い信念があるので。美しいとか、かっこいいということにももちろん存在意義はあるけど、私は自分をよく見せることよりも、見ている人を楽しくさせることが一番大事だと考えています」

 時を経て、斉藤由貴は成熟したエンターテイナーになった。


再ブレイクのきっかけは、5年前にダイエットに成功したことだという。


SaitoYuki_chart

5年前というと、2012年辺りであり、おそらく、マハダシャー水星期の最後、水星/土星期辺りである。


この頃にダイエットして、そして、私生活では、午前5時過ぎに起きる生活を送っていると記されている。



ちょうどマハダシャーが、ケートゥ期に移行するタイミングである。


ケートゥは、6室に在住しており、良い配置である。


ウパチャヤの凶星でもあり、また特にケートゥが6室に在住する場合は、敵を粉砕するという象意がある。


まず、ケートゥ期の特徴として、無執着、放棄といった特徴が出て来るため、無駄なぜい肉を削ぎ落したということである。


そして、早起きし、生活をシンプルにして、6室が強い人の特徴である集中力が生じたと考えられる。


ケートゥが在住する天秤座をラグナとすると、11室に1、8室支配の金星、9、12室支配の水星、11室支配の太陽が在住しており、1-9、1-11、9-11のダナヨーガを形成している。


ジャイミニスキームで見ても、現在、2015年9月10日から天秤座のメジャーダシャーに入っており、2025年9月10日まで続くが、天秤座から11室にはAmKの水星、PKの金星が在住しており、11室(ステータス、称号)で、ジャイミニラージャヨーガを形成している。


AmKが9、10、11室に在住する星座ダシャーの時期は、基本的にキャリア上の上昇の時期である。



従って、斉藤由貴の再ブレイクは、天秤座、そして、天秤座からの11室獅子座に在住する金星、太陽、水星がもたらしたのである。




斉藤由貴は、ラグナがクリティッカー(太陽)であり、どこか高貴な育ちの良いお姫様的なイメージを持つ女優である。


4室で太陽が自室に在住して、ラグナロードの金星、2、5室支配の水星と共に1-4、1-5、4-5のラージャヨーガを4室に形成している。



1994年12月にモルモン教で出会った一般男性と結婚し、その時のダシャーが、土星/木星期である。


直後にマハダシャー水星期に移行している。



水星は、ナヴァムシャの4、7室の支配星であり、9室に在住しており、家庭や配偶者との生活を充実させていく時期である。


SaitoYuki_D9_chart

出生図でも水星は、4室でラージャヨーガを形成しており、3人の子供に恵まれて、幸福な家庭生活を得てきたことが分かる。



そして、これらを形成する金星、太陽、水星は、月から見た場合、1、4室支配の水星、5室支配の金星が、3室(芸能)でコンジャンクトし、1-5、4-5のラージャヨーガを3室で形成している。


これらはメディアの世界で活躍する配置であり、女優としての才能を表しており、芸能活動を表している。



斉藤由貴の4室は非常に強いため、そこには幸福感があふれており、太陽も強く、高貴で、威厳を伴っている。



従って、今回の不倫騒動でも斉藤由貴を擁護する声が大変多い。



あるラジオ番組では、400通の激励のメールが届いたそうである。



これらは、今、斉藤由貴がブレイクの真っ只中にいることを表してもいる。




・不倫のカルマの噴出



それでは、こうした再ブレイクの只中で、何故、斉藤由貴は、不倫に陥り、メディアからスキャンダルを追及される結果となったのかが問題である。



それは、現在のダシャーに良く表れているが、現在、ケートゥ/木星期である。




牡牛座ラグナにとって、木星は8、11室支配の機能的凶星であるが、ドゥシュタナハウスで最も凶意が強い8室と、トリシャダヤハウスで最も凶意が強い11室を同時に支配する最凶の機能的凶星である。




木星は、師匠を表す表示体であり、コンサルタントとか医師も含めて、何か相談するような相手を表している。



それは宗教的指導者の場合もある。



そして、その木星は8室の支配星であるため、頼りにする存在であり、また支配者を表している。



それが、おそらく現在、メディアに騒がれている不倫相手とされる開業医師のA氏を表しているのではないかと考えられる。



木星は、8、11室の支配星となることで、支配的なグル(教師、医師)という象意になっており、この木星は蟹座プシュヤで高揚していることから、非常に包容力があり、親身に相談に乗るメンターを示していると思われる。


3室は食欲、性欲、睡眠欲を表すハウスであり、そうしたメンターとの関わりが、性的な関係性へと発展しやすい配置である。



しばしば、8室の支配星の象意を経験する場合は、三角関係の中で、自分が愛人にされるという立場を表している。



但し、この木星はプシュヤで強いことから、本質的な悪人とは言いにくく、つまりは有能な教師である。



従って、当事者間で、治療のため、などと言った合理化、正当化が行われていたと考えられる。



当人たちはそのようにして、罪の意識を逃れていたのであろうと思われる。



斉藤由貴の釈明会見で出てきた家族ぐるみでお世話になっている医師という表現は、そうしたことから日頃からの斉藤由貴の合理化、正当化のリハーサルがそのまま出てきたに過ぎない。



木星が機能的凶星化したり、傷ついていたりする場合、木星は世間体(体面)を気にしたり、偽善的に振る舞う傾向が出て来ると言われている。



つまり、例えば、お互いの精神的成長のためとか、お互いにサポートし合う関係といった理想主義的な合理化によって、単に快楽を貪り合う関係であったとしても当人たちにとっては都合よく解釈されていたりするのである。



木星は月からみると、7、10室支配で2室で高揚し、6、11室支配の火星と接合している。



ラグナから見ても木星は、8、11室支配で、3室で、7、12室支配の火星と接合している。



従って、この3室での木星と火星の絡みは、7室や8室、6室と7室の絡みが強く出ており、従って、これを経験する場合、不倫や三角関係、パートナーとの不和などの問題が生じる時期である。


これは、斉藤由貴の輝かしい4室の配置、金星と太陽と水星で形成されるラージャヨーガの配置とは対照的である。



斉藤由貴には、非常に幸福で、家庭の平穏な幸せを経験している主婦のイメージがある一方で、1990年代に尾崎豊や川崎麻世との密会不倫などが報じられ、魔性の女としてのイメージがあるのはその為である。




今、ケートゥ/木星期のため、そうした彼女の魔性の女としてのカルマが噴出している時である。





・斉藤由貴の過去の恋愛パターン



尾崎豊にしても、川崎麻世にしてもどこか憎めない坊ちゃん的なイメージを持った男性であり、彼女が、そうした男性を慕って頼っていくというのは、蟹座のプシュヤに在住する木星の恋愛のパターンである。



尾崎豊などは、精神的存在であり、斉藤由貴にとって、メンターや相談役として見れば、イメージによく一致している。



当時、尾崎豊は、斉藤由貴と不倫疑惑があった際、既に家庭を持っていたと言われているが、つまり、家庭を持っている男性との三角関係を意味している。



1990年代というと、土星/火星、土星/ラーフ、土星/木星期辺りである。



火星は、木星と蟹座でコンジャンクションし、ラーフはディスポジターの火星が木星とコンジャンクションし、木星は、頼りにするメンターの表示体であり、パートナーの表示体である。



従って、アンタルダシャーが、火星期、ラーフ期、木星期は、彼女が3室で形成する不倫のカルマが噴出する時期である。



そして、3室はメディアのハウスでもあり、8室(スキャンダル)と絡んでいる為、突然にメディアにスクープされて、釈明会見などに追われることになる。




因みにジャイミニスキームで見た場合、彼女は、仕事上のブレイクをしていく天秤座のメジャーダシャーであると書いたが、パートナー関係を考える時、天秤座から7室にはラーフが在住して傷つけており、DK(ダラカラカ)の土星は、6室(意見の不一致)に在住している。



また彼女は、現在、天秤座/山羊座(2017/5/11~2018/3/11)であるが、山羊座から見た7室にはGK(グナティカラカ)が在住し、減衰する火星とコンジャンクトしている。



従って、彼女は、パートナー関係においても非常に問題を抱えていると考えられる。



釈明会見が終わった後、彼女は、夫は伴わずに子供を連れて、沖縄に飛んでいる。



8月3日の会見で、「(夫の反応は)怖くて聞けていない。主人も特に何も聞いてこなくて」と話しているが、非常に正直である。


斉藤由貴「7年不倫」会見翌朝に夫を置いて沖縄へ逃げた
8/7(月) 11:00配信

不倫釈明会見の翌朝、8月4日の8時40分。女優・斉藤由貴(50)の姿は、羽田空港にあった。数日分の荷物が入っていそうな大きなキャリーバッグを手荷物として預ける。空港の保安検査所に入る直前に声をかけると、ギクッとした表情を見せた。

ーー斉藤さん、おそれいります。今日はどちらへ?

「言わないでおきたいので……」

 そう答えた斉藤は、子供とともに、沖縄行きの飛行機に乗り込んだ。だが、そこに2歳年上の、斉藤の夫の姿はなかった。

 8月3日発売の「週刊文春」が報じた斉藤のW不倫。1980年代を代表するアイドルであり、現在再ブレイク中の彼女の道ならぬ恋を本誌が耳にしたのは、2017年6月のことだった。

「斉藤は、横浜市内で開業している50代の医師・A氏と不倫交際している。A氏の病院で、斉藤や家族が診察を受けているうちに親しくなった。交際は7年に及ぶ。A氏にも妻と子供がいる」

 2人の交際を憂える人物の証言を得た本誌が取材を開始すると、2人は横浜・元町商店街に近い賃貸マンションで、たびたび密会を繰り返していた。

 7月4日、斉藤は昼の12時半にマンションに入ると、エレベーターで最上階に昇っていく。その20分後、青いTシャツ姿のA氏が、鞄も持たずにマンションに入っていく。エレベーターの行先は、斉藤と同じ最上階だった。

 A氏がマンションを出たのは14時半。病院の午後の診察開始ぎりぎりの時間だ。斎藤がマンションを出たのはその5分後だった。

 翌5日の昼も、2人は同じような行動を見せる。12時半過ぎに15分差でマンションに入ると、午後2時過ぎ、やはり15分差でマンションを出る。逢瀬がよほど楽しかったのか、斉藤が車を停めたパーキングメーターは60分以上の超過時間を刻んでいた。

 7月30日、日曜日の朝9時過ぎ。マンションを出た斉藤は、本誌の直撃取材に、狼狽した様子を見せた。

ーーA氏をご存じですよね?

ーーいま会われていましたよね?

 記者が何を質問しても「やめてください」と言うばかりで、ずっとうつむいたまま、信号が青になったことにも気づかない。やっと黒のポルシェ・カイエンに乗り込むと、車で15分ほどの自宅へ帰っていった。

 その40分後、いつもより時間をかけてマンションから出てきたA氏に話を聞いた。

「僕は医者なので、まず最初に個人の守秘義務があります」

ーー斉藤さんを知っていますよね?

「一般的芸能人としての斉藤由貴さんはよく知っています」

ーー今日、お会いになってますよね?最上階の一室で。

「正式に言うと、彼女の事務所です」

ーーおつき合いされてますよね?

「医療法の守秘義務に抵触します」

ーー不倫期間は7年と聞いている。

「主治医と患者の関係で、年数は守秘義務に抵触します」

 斉藤の所属事務所も「主治医と患者の関係であり、斉藤の個人事務所に、おもに美容関係の往診に来ていただいています」と説明する。

 8月3日におこなった緊急会見で斉藤は「(夫の反応は)怖くて聞けていない。主人も特に何も聞いてこなくて」と話している。その翌日、斉藤は話し合いを避けるように、夫を残して沖縄に旅立った。

(週刊FLASH 2017年8月22日・29日合併号)


斉藤由貴は、この医師のA氏と、交際は7年に及ぶという。


つまりは、マハダシャーケートゥ期にほぼ一致している。



ケートゥは、まず6室(離婚)に在住しており、またナヴァムシャで、ケートゥは3室で減衰している。


その前が、マハダシャー水星期で、水星は4、7室支配で9室に在住し、パートナー関係が安定していたことを考えると、マハダシャーケートゥ期に移行したことで、関係に変化が生じたことを表している。


それが、ナヴァムシャでマハダシャーロードのケートゥが3室で減衰している意味である。




おそらく、配偶者とは婚姻関係を維持しているが、何か停滞感、中断状況が出てきたと考えられる。



そして、2015年9月10日からジャイミニのチャラダシャーで、メジャーダシャーが天秤座に移行している。


天秤座から見ると、DK(ダラカラカ)の土星は6室(離婚)に在住している。



その前が、蠍座のメジャーダシャーで、2007年9月10日から2015年9月10日まで8年間続いていたが、この時、蠍座から見てDKの土星は、5室(恋愛)に在住していた。


従って、この違いは、対称的である。



斉藤由貴のパートナー関係は、ヴィムショッタリダシャーで、ケートゥ期に移行した2013年7月、そして、チャラダシャーで、2015年9月からのタイミングで、段階的に変化が生じていたのである。



そして、その変化は今、深刻な状況を迎えている。



SaitoYuki_photo1







(参考資料)



斉藤由貴、“W不倫”男性医師とのマンション合鍵について回答
2017年8月3日 22時25分 livedoor

3日発売の「週刊文春」で、50代の男性医師と“W不倫”疑惑と報じられた女優・斉藤由貴(50)が3日夜、都内で緊急会見を開いた。

その中身、週刊文春によると、2人は映画館での手つなぎデートや食事など、1週間のうち4日も一緒に過ごしてしたという。そして、撮られた写真には、「指を絡めた恋人つなぎ」と伺えるものもあり、親密さが記事に書かれていた。

手つなぎの場面について訊かれると、映画館を出る時に「階段を降りるとき、足元がおぼつかない私を支えてくれたのかも…」と状況を伝え、「記憶があまりない」と言いながらも「ほんの数秒だったはず」と答えた。

街中とは別に、マンションで医師と会っていたことも報じられた。

記者から、マンションを借りた目的を問われると「自分の仕事をする空間が欲しかった。そこでは、原稿を書いたりしています」と明かした。

「マンションで診療を受けるより、自宅のほうが便利では?」との質問には「もちろん自宅でやってもらったことはあります。人から見られるのが嫌で…そうですね…」と口ごもり、明確な答えは無かった。

「お相手の医師が、手ぶらでマンションに入るのは?」との問いには「最初から荷物を置いてもらっていました。家だと子供がいたりして…顔のところ…『何をやっているの?』って言われたり…」と話した。

「看護師さんが同行することが無かったのか?」との疑問には「そうですね、看護師さん…。甘かったと思います」と疑われないようにするべきだったと反応した。

そして別の記者から、マンション合鍵について質問が飛んだ。

「合鍵は(先に部屋に入って)準備してもらったり…。私が先に部屋を出ることがあったりするので」と男性医師が合鍵を使っていることを説明した。

会見は、仕事に合間に設定されたということで「15分間に限らせて頂きます」と事前連絡も。いざ実際に始まってみると、全体で24分間の長さがあった。

飛び交う質問の合間には「今、ドラマ撮影の真っ最中。家に帰れていない忙しさ。だから、髪もボサボサなんです」とつぶやいてもいた。
参照元:斉藤由貴、“W不倫”男性医師とのマンション合鍵について回答
2017年8月3日 22時25分 livedoor

不倫否定「斉藤由貴」声かけ会見は選択ミス?
芸能・女子アナ 2017.08.05 Smart Flash

週刊文春で“ダブル不倫”を報じられた斉藤由貴が3日夜、釈明会見を開いた。会見開始1時間前に会場に到着すると、すでに100人近い報道陣が集まり、TVカメラはポジションに三脚を据えていた。

 このとき、事務所サイドから「会見時間は15分。レポーターの質問は一人一問。声かけで」と告げられた。

 声かけ!?

 ははぁーん、“斉藤由貴シフト”を敷いてきたか、と思った。レポーターにとって、会見としては一番やりづらいパターンだ。

 レポーターが本人を囲んで質問する「囲み会見」は、質問とは違った答えや本人が答えにくいことでも、隣にいるので、聞きたいところは何度でも質問できる。

 本人が言い淀んだ瞬間に突っ込んだり、相手が息を吐いた瞬間に、次の質問ができる。場合によっては、本人の言葉を遮ってでも突っ込めるのだ。この矢継ぎ早の質問が、聞きたいことを逃さず相手から本音を聞き出せるというもの。同時 に聞く側、聞かれる側、双方に緊張感が漂う。

 ところが、「声かけ会見」となると事情が違ってくる。本人と数メートルの距離が空いているので、1つの質問に斉藤が答え終わるまで、次の質問がしづらくなる。しかも、一人一問と限られると、もっと聞きたいと思っても、そうそう突 っ込めない。何度も質問ができないのだ。

 他のレポーターも、自分の順番でないと、よほどのことがない限り、口が挟めない。質問にのらりくらりとかわされやすく、レポーター達のペースも崩されてしまう。

 結局のところ、本人ペースの会見になってしまうことがほとんど。事務所は本人ペースにさせるため、この“斉藤由貴シフト”を選んできたのだと思う。

 ただ「声かけ会見」の欠点もある。本人ペースゆえ、言い淀んだり、言い間違えたり、シドロモドロになったときは、心情の揺れがそのまま伝わってしまう。真実と取られるか、嘘を言っていると取られるか、意外とハッキリするのも、こ の会見なのだ。

 事務所が選んだ今回の「声かけ会見」、斉藤独特の表現方法で「不倫疑惑」を否定したが、つじつまの合わないところもかなりあった。どれだけ疑惑が解消できたか疑問が残る。斉藤の真っ白なワンピース姿は潔白を証明したかったのかも しれないが、はたして、この会見方法でよかったのか。(写真・文/芸能レポーター川内天子)
参照元:不倫否定「斉藤由貴」声かけ会見は選択ミス?
芸能・女子アナ 2017.08.05 Smart Flash

W不倫釈明会見の斉藤由貴「優しくしてもらって甘えるような気持ちに…。それがダメだったんだな」…全問答
2017年8月3日21時29分 スポーツ報知

3日発売の「週刊文春」で50代の男性医師との“W不倫”疑惑が報じられた女優・斉藤由貴(50)が3日夜、都内で緊急会見を開いた。ドラマの撮影現場から駆けつけた斉藤は純白のロング・ワンピースで登場。男性との不倫関係を全面 否定した。

 ◆斉藤由貴に聞く

 冒頭「お待たせしてしまいました。すみません」と謝罪し、会見スタート。

 ―今回、報じられた男性とはどういう関係?

 「家族が、みんなお世話になっているお医者さんです」

 ―報じられた写真では手を「恋人つなぎ」していたが―

 「映画がお互い好きで『見に行こう』という話になって。終わった後、私が疲れてしまったこともあって、階段を降りる時に支えてもらって。そういうところがある方なので、パッと手を出されて、つかんだだけ。実はあんな風につかんだ のかなと、自分でも記憶がなくて」

 ―どんな気持ちで―

 「優しくしてもらって、甘えるような気持ちになってしまって。それがダメだったんだなと思います」

 ―どのようないきさつで知り合いに―

 「家族で(医者として)見てもらっていて。最初は子供の進学の塾とか相談事から始まって。『仕事、大変ですね』とか言ってもらって、6年くらい前から(付き合いが)始まって。『ダイエットとか相談乗りますよ』と、そんな所から。 ダイエットのことを全面的にサポートしてくれて。体力落ちた時に『点滴しましょうとか、栄養剤を処方しましょう』とか、そういうことを相談してきて。私にとって、アドバイザーであり、子供のことも相談できる、そういう人です」

 ―1週間に4回会ったと報じられたが―

 「週刊文春(が報じた)4回も会ったかな?と…。私自身、覚えてないけど、文春の人がずっと見ていて、4回というなら、そうなんだろうなと思うけど…。先生が電子カルテに付けていたのを見ると、美容系の施術とか、アザとか治して もらったりとか、あと、話をしたりして。ずっと、お世話になっているメイクさんも実は一緒に行ってます」

 ―ご主人の反応は?

 「(夫は)記者の人が私のところに来て『こういうことがありますよね』と聞いてきて。私がまったくお化粧していない状態の時に来て、なんだろうと思って。主人のところに行って『家族にも聞いてくるから、全部、私がそういうことは 答えるから、知らない、わからないって答えておいて』と言ったので、主人もそう答えたと思います」

 ―今の夫との関係は?

 「電話で連絡取り合っていて。『今日は何時に帰るの?』とか、連絡取り合ってます」

 ―「手つなぎ写真」に対する夫の反応は?

 「ああ、私も攻められてしかるべきなんで…。怖くて実は主人に聞いてないけど、主人もまだ聞いてこなくて。『今日は会見やるの?』と聞いて来た感じです」

 ―普通は夫は怒るのでは?

 「あの写真でギュッと(手を)握ったように(見えたように)したのは事実なので、主人が(怒りで)そういう風に思ったら、しようがないなと思います」

 ―直接、会話は?

 「ドラマの収録やっていて、家に帰ってなくて…。今日も着たきりすずめで恥ずかしいんですけど…」

 ―診察ということだが、相手の男性は手ぶらだった―

 「美容関係のこととかもやってもらっていて、看護師さんと一緒ではなかった。用具とかは(自身所有のマンションの部屋に)まとめて置いてもらっていて、ずっと、そこにあるものを使うという感じでした」

 ―男性はどういう存在なのか?

 「今、すごく充実した仕事をたくさんいただいてます。それがうれしくて、毎日、女優として楽しい部分があるんですけど、(男性は)それの陰の大黒柱というか立役者というか、私の仕事についても興味を持ってくれて、映画、舞台とか も『こういう所がこうだった』とか、いろんな意味で励ましてくれた人だった。すごく、自分を信じることができるようになった。最初はダイエットで次はこうしてみようとか、勇気を持てるようになったんです。前から(男性の)病院に行 ったりとか、メールとか、『こういうことにチャレンジしたらどうか』とか、やりとりはしてました」

 ―異性としての好意があったのでは?

 「好意はあるから、手をつなぐ的なことはあるんだと思います。でも…(数秒、絶句)。でも、やっぱり、だからこそ、今まで家族を連れて病院に行って、今までお世話になり続けることができたと思います」

 ―2人で映画を見に行くのは「交際」では?

 「映画を見に…。うーん。映画を見に行ったことは他の人でも普通に…。それは(取材陣の皆さんは)ないですかね? 夜5時か6時くらいに。そういう気持ちが、そういう所が甘いんですね。でも、(男性とは)信頼して、いろんなこと 質問して、やって来たんだと思います」

 ―別宅のマンションで会ったことで疑惑が―

 「自宅で看てもらったこともあります。人から見られたら? そういうことを…。そうですね。最初にそこに(男性に診療の)荷物を入れてもらって、やっていたので、なんとなくそういうことに。家だと、子供がいたりして、(施術で) 『顔に何やってるの?』ってことになるんで。それで良かったんじゃないかと私も思ってしまったところがあります」

 ―マンションを借りた目的は?

 「自分の仕事をする空間が欲しかったんです。実は秋に本を出す計画もあるんで、そういう場所が欲しかった」

 ―今回で(故・尾崎豊氏、川崎麻世に続く)3度目の不倫報道ですが?

 「(数十秒、絶句して)今、考えているのは…。気が利いたことを言った方がいいのかと思っても、そういう場じゃないし…。答えようがないです」

 ―「一線」は超えたのか? 

 「そういうことじゃないです」

参照元:W不倫釈明会見の斉藤由貴「優しくしてもらって甘えるような気持ちに…。それがダメだったんだな」…全問答
2017年8月3日21時29分 スポーツ報知

「主人の不倫相手がこの人だったらしょうがない」安田美沙子まさかの斉藤由貴“擁護”に総ツッコミ
8/6(日) 12:56配信 スポーツ報知

 6日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜・前11時45分)では、女優・斉藤由貴(50)と横浜市在住の50代の開業医の男性とのダブル不倫疑惑を扱った。

 ゲストの安田美沙子(35)は妊娠中に、夫でファッションデザイナーの下鳥直之氏の不倫騒動があったが、「(斉藤由貴は)かわいいから許せてしまう。もし主人の不倫相手がこの人だったら、しょうがない。だってかわいいんですもん 」と苦笑い。それまでこの話題について、安田に話を振ることがなかったスタジオの出演者たちは「えーっ!またされるよ」などと総ツッコミ。和田アキ子(67)は「自分(安田)だって、十分かわいい」とやさしくたしなめていた。
参照元:「主人の不倫相手がこの人だったらしょうがない」安田美沙子まさかの斉藤由貴“擁護”に総ツッコミ
8/6(日) 12:56配信 スポーツ報知

不倫疑惑の斉藤由貴、相手の男性医師が独占告白…手つなぎデートは「手を支えていた」
8/3(木) 8:24配信 スポーツ報知

3日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)でこの日発売の「週刊文春」が報じた女優の斉藤由貴(50)の不倫疑惑を特集した。

 番組では不倫相手とされる男性医師を直撃。週刊文春の報道には「こういうのは文春砲かって、へぇなかなかやるなぁって思いますけど」などと感想を明かした。斉藤については、斉藤だけでなく家族の主治医であるとし、クリニック以外 の場所での往診については「斉藤さんが再ブレイクしているのでクリニックにいらっしゃっていただくと、他の患者さんに迷惑がかかる」などと説明した。

 文春では手をつないでいる写真が掲載されたが「映画を2時間近く見て、映画館から1階までが階段なんですね。よろけていたので手を支えて降りていった」などと説明していた。

 「正当な医療行為として時にはクリニック、往診」患者さんの健康管理に努めていきたいと思っています」

参照元:不倫疑惑の斉藤由貴、相手の男性医師が独占告白…手つなぎデートは「手を支えていた」
8/3(木) 8:24配信 スポーツ報知

ベテランカメラマンだけが感じ取った釈明会見での斉藤由貴の「魔性」
2017年8月4日18時0分 スポーツ報知

数々の俳優、スポーツ選手をファインダー越しに捕らえ続けてきたベテランカメラマンの目線はさすがに鋭いな―。そんなことを3日夜の取材で感じた。

 同日発売の「週刊文春」で横浜市在住の50代の開業医の男性とのダブル不倫疑惑を報じられた斉藤由貴(50)。渦中の女優が都内のビル11階の会議室で緊急会見を開くとあって、先輩カメラマンと駆けつけた。

 直前まで出演ドラマ「カンナさーん!」のロケに参加していたため、斉藤の入室は予定時間から15分遅れ。純白のロングワンピースで登場し、「15分もお待たせしてしまいまして、すみません」。深々と頭を下げる姿は80年代のヒッ ト曲「卒業」、主演ドラマ「スケバン刑事」以来、ずっと目にしてきたアイドル女優そのものだった。

 しかし、会見自体は要領を得ない内容に終始。男性との関係について「家族がみんな、お世話になっているお医者さん。(男女の関係とか)そういうことではない」と改めて不倫関係を否定する一方で、相手に好意があることこそ認めたが 、「え~と」「あの~」「記憶にない」を約20回繰り返すなど、しどろもどろな内容だった。

 その場から送る速報原稿を提稿し終わり、社へと引き上げる途中、先輩カメラマンに思わずつぶやいてしまった。「謝罪でもなく釈明も仕切れていない…。とらえどころのない会見でしたね」。

 すると、先輩は「いや、あの服が気になったんだよね。釈明会見とは思えないワンピースに胸元もかなり開けていただろ。あの見た目はちょっと違うんじゃないか。スタイリストは何してたんだろ」

 確かにロケ現場から駆けつけた斉藤は本人も「昨日、今日とロケが続いて家にも帰っていません。着たきりすずめです」と吐露。私服に近いワンピースに後ろでまとめた髪も本人いわく「ぼさぼさで恥ずかしい」状態。トップ女優とは思え ない“無防備な”外見でテレビカメラ14台、約140人の取材陣の前に24分39秒間、立ち続けた。

 だが、一見、無防備に見えるその装いが“計算”だとしたら―。私が気づく、ずっと前に斉藤の左手薬指に指輪がないことに気づき、写真も送信済みだった“鋭い”先輩の一言で、そんな邪推が頭に浮かんだ。そうだ。そもそも斉藤由貴は 「魔性の女」と呼ばれたこともあったんだったと…。

 ここ1年、不倫報道を受け、釈明会見をした俳優は数多い。渡辺謙、中村芝翫(当時・橋之助)、三遊亭円楽。誰もがダーク・スーツに身を包んでいた。そう、男たちはスーツという“戦闘服”で殺到する質問から身を守るっているかのよ うに見えた。

 実は、か弱い男たちがスーツで身を守る一方で「そのままの姿」で登場した斉藤。カメラマンのファインダー越しの視線は、そこにある種の“不自然さ”を感じ取っていた。

 そもそも今回の会見は、渡辺らのケースで見られた主役の周囲をリポーター、記者らが取り囲む囲み形式ではなく、上手にただ一人、マイクを持って立った斉藤に対し、約5メートルの距離を置いて正対するリポーター陣が質問するという 形。マイクも一人が質問したら、次の質問者に回すという形式を取ったため、畳みかけるように質問することが不可能になった。渡辺の会見で「世界のワタナベ・ケンも一人の男なんですね」など、鋭すぎる質問を飛ばした女性リポーターも 出席していたが、その舌鋒はやや抑えめだった。

 会見場の設定は老舗所属事務所の看板女優を守るための完璧な仕切りによるものだが、斉藤自身もうるんだ目で一人一人の質問者の目をきちんと見つめて答え続けた。

 勝手な想像だが、その思いは私はこんなに無防備です。全てをさらけ出して答えていますか―。「目は口ほどに物を言い」いや、この場合は「装いは口ほどに物を言い」。ベテラン女優のロケ現場から直行の生成りの装いが取材陣の「本音 を聞き出すぞ」という勢いを見事にそぎ落とした部分はなかっただろうか。

 ふと振り返れば、斉藤が頭を下げたのは冒頭の15分の遅れを謝罪した部分のみ。もちろん、不倫関係を完全否定したわけで、その他の部分での謝罪の必要は一つもない。それでも、どこか、ベテラン女優の手に平の上で踊らされた24分 39秒だった感が否めない。

 最後の最後、91年の故・尾崎豊さん、93年の川崎麻世との不倫騒動に続く釈明会見となった斉藤に取材陣から「3度目の不倫報道ですが、こうした騒ぎから『卒業』できそうですか」という往年のヒット曲の題名を盛り込んだ質問が飛 んだ。

 数秒、絶句した後、「気の利いたことを言った方がいいんでしょうが、そういう場じゃないし」とつぶやいた後、質問者をじっと見つめながら「そういうことを聞かれるってことが…」と言葉を続けようとした斉藤。その瞬間、隣にいた事 務所の社員に肩を抱かれ、会見場から連れ出される形となったが、その時だけ「計算ではない」生身の斉藤の姿が垣間見えた気がした。その言葉の先が聞きたかった。(記者コラム・中村 健吾)
参照元:ベテランカメラマンだけが感じ取った釈明会見での斉藤由貴の「魔性」
2017年8月4日18時0分 スポーツ報知

宮根誠司が斉藤由貴のダブル不倫疑惑を擁護か「なかなか判断が難しい」
2017年8月3日 22時30分 トピックニュース

3日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、司会の宮根誠司が、女優・斉藤由貴を擁護するような発言を連発した。

番組では、同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、斉藤と医師のダブル不倫疑惑について取り上げる中で、当事者である医師の男性を独自取材した。

同日の午後1時頃にインタビューしたというVTR映像では、リポーターが医師に厳しい質問を続けた。その中で、「週刊文春」に写真付きで報じられた斉藤との「恋人つなぎ」の真相を問われた医師は、映画に感極まってむせび泣く斉藤を「介 抱」してエスコートしただけで、あくまでも医者と患者の関係にすぎないと主張。不倫疑惑については「まったく、ありえません」と完全否定をした。

VTR後、スタジオの宮根は「これはなかなか判断が難しい!」「選手とコーチという関係」と声をあげる。宮根は、体調を崩してふらつく女性の肩を支えたり、腰に手を回して支えたりしている姿を撮られても、恋人や友だち以上の印象を与 えてしまうと指摘。

しかし、番組アシスタントの林マオアナウンサーは「でも介抱するのに、こう(恋人つなぎに)はならないような…」と自ら恋人つなぎを再現しながら、首をかしげた。

すると、宮根は「それは新幹線のイメージがついているからちゃう? 僕らに」「(不倫の事実は)まだわからへんけど」と、今井絵理子参議院議員と橋本健神戸市議の不倫疑惑を連想させる一言を放ち、斉藤を擁護していた。

なお、斉藤は同日夜に都内で緊急会見を開き、手をつないでいたことについては「足元がおぼつかない私を支えてくれたのかも…」「記憶があまりない」「ほんの数秒だったはず」と答えている。
参照元:宮根誠司が斉藤由貴のダブル不倫疑惑を擁護か「なかなか判断が難しい」
2017年8月3日 22時30分 トピックニュース

安藤優子 斉藤由貴が「恋人つなぎ」した気持ちを分析
2017年8月4日 21時5分 トピックニュース

4日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、安藤優子が、不倫疑惑の男性と「恋人つなぎ」をした女優・斉藤由貴の気持ちを代弁するかのように持論を展開した。

番組では、斉藤のW不倫疑惑を特集。「週刊文春」は、斉藤が相手男性と指と指を絡めた恋人つなぎをしている「手つなぎダブル不倫疑惑」を報じたが、斉藤は会見で不倫関係を否定した。一方で、相手男性に対して「好意はあるから、手を 出されたときにつなぐ的なことは、きっとある」と発言する。

恋人つなぎをした経緯について、斉藤は映画を見て、疲れていたこともあり、感動して泣いたという。そんな中、階段で足元がおぼつかない瞬間を、相手男性が支えようと差し出した手をつかんだと説明。それが恋人つなぎだったかは、「実 はあんまり記憶がなくて」と振り返っている。

斉藤の恋人つなぎについて、安藤は見ていた映画の影響ではないかと推測した。斉藤が見た映画は「光をくれた人」という夫婦の愛と葛藤を描いた作品だという。安藤は「それを見て、お互い好意があるから、手が出たら『キュッ』っていっ ちゃった」「『キュッ』って、ちょっと盛り上がっちゃった」と語り、不倫関係ではなく少し気持ちが盛り上がっただけではないかと分析していた。
参照元:安藤優子 斉藤由貴が「恋人つなぎ」した気持ちを分析
2017年8月4日 21時5分 トピックニュース

杉村太蔵が斉藤由貴の釈明会見を絶賛「これがすべて」「大成功なんですよ」
2017年8月6日 13時14分 トピックニュース

6日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、杉村太蔵が、斉藤由貴の釈明会見を絶賛した。

「週刊文春」の3日発売号は、斉藤と妻子ある50代男性医師の不倫疑惑を報じていた。報道を受けて斉藤は記者会見に応じ、不倫関係を否定するも、相手に対する好意を抱いていたなどと告白していた。

番組では記者会見の様子をVTRで紹介し、尼神インターの渚は「天然な感じで、他の会見と比べて、あんまイラッとせんかった」と感想を述べる。

すると杉村が、「世間では(謝罪会見で)『真相を述べよ』と言うけれど、そんなことはない!」とし、「世間の怒りを収めることが、謝罪会見の大事なポイントなんですよ」と力説する。斉藤の会見を「これが(謝罪会見の)すべてなんで すよ」「大成功なんですよ」と高評価したのだ。

続けて杉村は、斉藤があるラジオ番組に出演した際、激励のメールが400通ほど届いたという事実も補足していた。
参照元:杉村太蔵が斉藤由貴の釈明会見を絶賛「これがすべて」「大成功なんですよ」
2017年8月6日 13時14分 トピックニュース



スポンサーリンク


スポンサーリンク

ジャスティン・ビーバー日本公演中止

まもなく木星が天秤座に入室するが、その影響がここ最近、現れてきたようである。

木星は2017年9月12日に天秤座に入室するが、これを書いている今現在、7月30日であるため、2ヶ月前を切っているのである。

従って、もう木星の天秤座への入室の効果が始まっている。


ジャスティン・ビーバー日本公演中止もそれを象徴する出来事である。


JustinBieber_chart

ジャスティンビーバーの出生図を見ると、ラグナが蠍座で、2、5室支配の木星と9室支配の月が12室でコンジャンクションしている。


木星が12室に入室するタイミングは休息の時期であると共に海外で過ごしたりする時期である。


2つのトリコーナの支配星、9室支配の月(霊性、精神性)と5室支配の木星(学習)が12室(海外、グルのアシュラム)に在住している。


そして、ガージャケーサリヨーガ(学者のヨーガ)を形成している。


知性と記憶力、永続する名声を表している。


トランジットの木星がこの出生の木星にリターンしようとしているのである。


これは何か敬虔な気持ちになって、宗教生活に入り、グルのアシュラムで過ごしたいと願うような時期を意味している。


そして、聖典の知識などを学ぶ時期と言えるかもしれない。


7月29日付の東スポの記事を見ると、そのことが良く示されている。


ジャスティン・ビーバー世界ツアー中止の真相
2017年07月29日 16時30分 東スポWeb

カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバー(23)が今週、突然世界ツアーの中止を発表した衝撃のワケが明らかになった!

これまで1年半以上かけ、世界150以上の都市を巡ってきたが、9月の日本公演を含め、14公演を残し、ツアーを打ち切ったのは「疲労がピークに達したから」としていた。だが“健康上の理由”は表向きで「神に身をささげることを決めたから」という驚きの真相が浮上した。ジャスティンに近い関係者は、これまでの“悪い仲間たち”から距離を置き「足しげく教会に通っている」として「最近はいつも教会で知り合った人たちと一緒にいる」と明かした。つまり、これまでの悪行の数々を悔い改め、神の庇護の下に生きていくことを決意したというのだ。

欧米では不良少年がある日、突然改心し、熱心なクリスチャンになるのはよくある話。だが、公演中止が寝耳に水だったツアー関係者にしてみれば「ふざけるな!」だ。

米芸能サイト・TMZは「何の予告もなく、キャンセルになり、ツアースタッフは経済的に苦境に立たされることになる」として「彼らはジャスティンに怒り心頭だ」と伝えた。それもそのはず、ツアースタッフは200人にも上り、今後、予定されていた仕事を失うからだ。

一方、TMZによると、ジャスティンが通っているのは、オーストラリアを拠点に世界中に布教が広まったヒルソング教会というプロテスタント系の教会。ジャスティンはオーストラリアの教会でのイベントに参加するなど「ここ数か月、同教会のカール・レンツ牧師とほぼ一心同体」と同サイトは報じている。

TMZは、ジャスティンがレンツ牧師を“2人目の父親”と慕っており、ツアーで3月にオーストラリアとニュージーランドで公演した際、同牧師がジャスティンの元を訪れたとも報じた。翌月にも2人はニューヨークで再会。教会側は「レンツ牧師がツアー中止を勧めるような言動はしていない」としている。

ジャスティンは26日夜、米国・カリフォルニア州で、運転していた車でパパラッチをはねたとのニュースが世界中に流れた。

事故後の対応が実に良心的で警察に連行されることもなかったというが、改心は本物!?



以下のように記されており、ジャスティン・ビーバーが、オーストラリアを拠点に世界中に布教が広まったヒルソング教会というプロテスタント系の教会に通い、ここ数か月、同教会のカール・レンツ牧師とほぼ一心同体だそうである。



一方、TMZによると、ジャスティンが通っているのは、オーストラリアを拠点に世界中に布教が広まったヒルソング教会というプロテスタント系の教会。ジャスティンはオーストラリアの教会でのイベントに参加するなど「ここ数か月、同教会のカール・レンツ牧師とほぼ一心同体」と同サイトは報じている。


つまり、ジャスティン・ビーバーは、おそらく、これから木星が12室をトランジットする間、世界各地のヒルソング教会をこの自分のグル(師匠)である牧師と共に訪れたり、そこで過ごしたりするのである。


そして、牧師との接触を通して、聖書の教え(聖典の知識)を深めていくのである。





月と木星は5室と9室が絡む素晴らしいガージャケーサリヨーガを形成している。


※またこのガージャケーサリヨーガは、ナヴァムシャ(D9)でもダシャムシャ(D10)でも形成しており、更にチャトゥルシャムシャ(D4)、サプタヴィムシャムシャ(D27)、アクシャヴェーダムシャ(D45)などでも形成している。また木星はナヴァムシャ(D9)、ダシャムシャ(D10)、チャトゥルシャムシャ(D4)、サプタヴィムシャムシャ(D27)などで、同じ牡羊座に在住しており、強力である。



従って、これからジャスティン・ビーバーが、宗教生活に入っていくことは間違いないのである。



因みにジャスティン・ビーバーは、2017年5月8日から木星/土星期に移行しており、マハダシャー木星期におけるセカンドアンタルダシャーに入った直後である。



つまり、マハダシャー木星期の象意が本格的に現れるタイミングであり、まさに人生が変わっていく瀬戸際にあるようである。


マハダシャーロードの木星に対して、木星がトランジットするタイミングは、ジャスティンビーバーにとって信仰生活に入っていく転機となるタイミングである。



現在、トランジットの土星が蠍座に逆行して、3室に在住する8室支配の水星にアスペクトし、木星は乙女座からこの同じ水星にアスペクトして、3室にダブルトランジットを形成している。



3室はダンスパフォーマンスを表すハウスであり、8室は突然の中断を表すハウスである。



従って、今回、公演を突然、中止にしたのは、3室に在住する8室支配の水星に対して、ダブルトランジットが生じていたからである。



マハダシャーロードの木星は、アンタルダシャーロードの土星に一方的にアスペクトしており、主にマハダシャーロードの木星の象意が顕現している。



JustinBieber







(参考資料)



ジャスティン・ビーバー日本公演中止 詳細説明なし
2017年7月27日7時37分 日刊スポーツ

カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバー(23)が世界ツアー中止を発表したことで、9月23、24両日、東京・味の素スタジアムで予定されていた日本公演が中止されることが26日、正式に決まった。

 計10万人の動員が見込まれていた。中止を受け、チケットの払い戻しが今月31日から9月24日まで、購入をしたプレイガイドで行われる。ビーバーは24日、フェイスブックで「ジャスティンはファンを愛しており、がっかりさせるのを残念に思っている」としたが中止理由の詳細は説明しなか った。

一部芸能サイトの取材には「ただ休養する」と、話していた。
参照元:ジャスティン・ビーバー日本公演中止 詳細説明なし 2017年7月27日7時37分 日刊スポーツ

ジャスティン・ビーバー突然の公演中止は宗教理由?
2017/7/30(日) 11:28 日刊スポーツ

24日、ワールドツアーを突然、中止すると発表し、世間を驚かせたジャスティン・ビーバー(23)。その理由は明らかでないが、過去1年半におよぶツアーで疲れ切っているとの関係者の声もある中で、「神に人生をささげたい」という宗教的な理由から、ツアーを中止したとの臆測も飛び出してい る。

 さらに米情報サイトTMZの報道によると、音楽業界では、ビーバーが音楽活動を後回しにするのではないか? との懸念が広まっているという。

 最近は定期的に教会に通い、教会関係者との親交を深めているビーバーだが、内部関係者に近い情報筋らが同サイトに明かしたところによると、ビーバーは関係者らに、「信仰心によって、自分がアーティストでなくなることはない」と語っていたらしい。

 新曲を作るためにコンスタントにスタジオ入りしているというビーバーだが、ツアー中止後は、レコーディングを行っていないという。音楽活動に復帰する意思があることを明言してはいるものの、それが果たしていつになるのかは、まだ決めていないようだ。

 別の情報筋によると、タイミングを見計らい、ワールドツアーを再開するつもりのようだが、少なくとも今後2年間はツアーを行わない可能性が高いという。(ニューヨーク=鹿目直子)
参照元:ジャスティン・ビーバー突然の公演中止は宗教理由? 2017/7/30(日) 11:28 日刊スポーツ

ジャスティン・ビーバー、車で人をはねる⇒はねられた男性「なんて日だ!」
HuffPost Japan | 執筆者:南 麻理江
投稿日: 2017年07月28日 18時11分 JST 更新: 2017年07月28日 18時11分 JST

カリフォルニア州ビバリーヒルズの警察は7月28日までに、歌手のジャスティン・ビーバーさんが運転するトラックがパパラッチをはねて負傷させたと明らかにした。CNNなどが伝えた。

事故が起きたのは26日夜。イベント会場から出ようとしたビーバーさんの車を取り囲んだ大勢の取材陣の中の1人がはねられたという。

事故当時の様子を撮影した映像には、ビーバーさんが車から降りて、ひいてしまった男性を介抱する様子が映っている。

はねられたカメラマンのモリス・ラモントさんは病院に搬送後、自身のInstagramに"自撮り動画"を投稿して家族や友人に無事を報告した。

動画で彼は、以下のように語った。

僕は何とか無事だ。誕生日を迎える数時間前にジャスティン・ビーバーにひかれてしまった。なんて日だ!彼はいい子だけどね。

あのトラックは少し彼には大きすぎたよ。前が見えないくらいだったからね。

でも繰り返しになるけど、彼は車から降りてきてすごく献身的に振る舞った。彼はいい子だ。事故は起きるものだからね。

ラモントさんは「これからレントゲンを撮ってくるよ」と言って動画を締めくくった。
参照元:ジャスティン・ビーバー、車で人をはねる⇒はねられた男性「なんて日だ!」 HuffPost Japan | 執筆者:南 麻理江 投稿日: 2017年07月28日 18時11分 JST 更新: 2017年07月28日 18時11分 JST









スポンサーリンク


スポンサーリンク

おしどり夫婦・松居一代と船越英一郎の離婚調停

松居一代と船越英一郎の離婚調停についてメディアが報じている。


Funakoshi_Matsui_2shot

また松居一代がyoutubeに動画を投稿するなどの奇行なども報じられ、ワイドショーを賑わしているようである。


松居一代騒動で船越英一郎事務所「離婚調停は事実」
記事提供:日刊スポーツ 2017年7月5日

タレント松居一代(60)が、夫で俳優の船越英一郎(56)に関する動画をYouTube公開したことなどを受けて、5日、船越の所属事務所がコメントを発表した。

 「離婚調停申立書の提出は事実ですが、それ以上のプライバシーについてはお話しできません。なお、一部に言われているような船越のプライベートに関しては、事実ではないことを、この場をお借りして一言申し上げます」と、離婚の話が出ていることは認めたものの、その他の事柄に関しては否定した。

 2人の離婚調停については、「週刊文春」のウェブサイト「文春オンライン」が5日にスクープとして掲載している。


松居一代と船越英一郎の出生時間は、2チャンネルに以下のように記されている。


松居一代に関しては、何かの番組で占い師に見てもらう企画の中で、7時もしくは8時であると確認されたようである。



船越英一郎 1960年7月21日 13時15分 神奈川県足柄下郡湯河原町

松居一代  1957年6月25日 7時か8時 滋賀県近江八幡市

香港だかの占師に見てもらう番組で。 松居の方は●時00分で、7か8の数字がよく見えなかったが辰刻になってたので7か8のどちらか。

(2チャンネルより)


そこで、早速、チャートを作成してみた。


松居一代に関しては、出生時間を7時で作成したチャートと8時で作成したチャートを比較した結果、結婚のタイミングなどから、おそらく7時で作成したチャートが正しいと判明した。


MatsuiKazuyo_chart

ラグナは蟹座でナクシャトラはプシュヤである。


またラグナに5、10室支配のヨーガカラカの火星が在住し、減衰しているが、火星が高揚する山羊座の支配星が月から見て、ケンドラに在住しているため、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


まず、松居一代のメディアの前での喜怒哀楽を素直に表現する様は、まさに蟹座ラグナのキャラクターである。


蟹座ラグナは自己中心的でその行動パターンは非常に分かり易い。


ラグナロードの月は11室で牡牛座のクリティッカーで高揚している。


しばしば牡牛座ラグナの人や牡牛座が強い人は、カリスマ主婦として、料理や編み物、インテリア、子育ての分野で、主婦たちに手本を示し、主婦たちの教祖のような存在となる人が多い。


従って、ラグナロードの月が11室で高揚する配置も、主婦から評価されて成功する配置である。


これは彼女が、以下のような家庭の主婦業の分野で、主婦たちの支持を得て成功し、ライフスタイル(家事)アドバイザーといった称号を得ていることと関係している。


wikipediaには以下のように記されており、主婦たちのカリスマとしての人物像が浮かび上がってくる。



中でも綺麗好き・掃除好きな性格から、掃除に関する独自の工夫を発表。TV出演だけでなく、掃除関連の著作を多く出版し、とにかく綺麗好きで掃除好き。細かい部分の掃除に便利な棒状の掃除用具(通称「松居棒」)を開発して、その作成法をTVなどで公開している。
主婦としての知恵・知識は掃除だけに留まらず、調理器具などの日用品、風水、投資などマルチな領域で活躍。圧力鍋をプロデュースし、自らテレビショッピングで調理法を実演しているほか、包丁や洗剤をプロデュースしている。

(wikipedia 松居一代より引用抜粋)


そして、以下のような著作を出版して、家庭の主婦業における様々なノウハウを提供している。



『欠陥マンション、わが闘争日記―ゼネコンに勝った!壮絶600日の全記録』PHP研究所 2000年
『松居一代の超(スーパー)おそうじ術』主婦と生活社 2004年
『松居一代の超整理・収納術』主婦と生活社 2005年10月
『松居一代の開運おそうじ本』主婦と生活社 2007年
『松居一代の超お料理術』主婦と生活社 2006年

(wikipedia 松居一代より引用抜粋、一部編集)


こうした文筆、著述業にも才能を発揮しているのは、3室支配の水星が11室に在住し、ラグナロードの月と接合し、5室にアスペクトしている為である。


ラグナロードの月が11室で高揚することによって、主婦たちから高い評価を得ているが、それに3室支配の水星が絡むことによって、著述業という形で、その成功がサポートされているのである。


この強い11室がテレビ出演、株式投資、著作出版、お掃除、お料理グッズのブロデュース及びロイヤリティーなど様々な収入をもたらしている。


更に9室支配の木星がメディア、著述の3室に在住し、3室支配の水星にアスペクトしている。


これはマスコミ、メディア業界で、師匠のような人物がおり、その人のおかげで芸能活動が出来たり、出版が可能になっていることを示唆している。


11室支配の金星が12室支配の水星と星座交換して、11-12の絡みを生じているが、この星座交換は、収入の損失を表してはいないようである。


松居一代は投資家として有名であり、日本株を初めとして、海外の国債や社債などをトレードして、100億円程の個人資産を保持しているとネット上には記されている。


ラグナから見て、11室支配の金星と2室支配の太陽が12室で、2-11室のダナヨーガを形成する配置は、海外からの収益と読む必要があるようである。

12室は双子座で風の星座であり、双子座は株式市場、証券取引所の表示体である。


また月ラグナから見ると、ラグナロードの金星と2、5室支配の水星が星座交換して、1-2、1-5のダナヨーガを形成し、また4室支配の太陽とラグナロードの金星が絡んで、1-4のラージャヨーガを形成しており、不動産投資なども示唆る配置である。


実際、27歳の頃に4つのマンション購入から投資生活を開始したそうである。


また2、5室支配の水星は、9、10室支配の土星と相互アスペクトして、2-9、5-9、5-10のラージャヨーガ、ダナヨーガを形成している。


このように松居一代の月から見たダナヨーガは強力であり、ラグナから見た時に11室と12室が星座交換しているというのは収入に困ることを示してはいない。


むしろ、稼いだお金で、しばしば高額な買い物をすることとして現れているようである。


但し、沢山のダナヨーガが成立しているため、出費よりも常に収入の方が上回っていることが分かる。


出生時間を7時で作成すると、ナヴァムシャのラグナが乙女座になり、8時で作成するとナヴァムシャのラグナが山羊座になる。


1986年のラーフ/水星期にDCブランドの経営者と結婚し、1996年の木星/木星期に離婚した後、2001年の木星/水星期に船越英一郎と再婚している。


MatsuiKazuyo_Marriage2

最初の結婚時のマハダシャーロードのラーフは牡牛座に在住しており、ディスポジターは結婚の表示体である金星である。


そして、金星は4-10室の軸に在住している。


アンタルダシャーロードの水星はラグナの支配星(7室から見た7室の支配星)である。


船越英一郎との再婚時は、マハダシャーロードの木星は7室の支配星で、アンタルダシャーロードの水星はラグナロード(7室から見た7室の支配星)である。


またナヴァムシャのラグナを乙女座にすると3、8室支配の火星がラグナに在住して7室にアスペクトしている。


この配置はサディスティックな配置であり、パートナー虐待の配置である。


もしナヴァムシャのラグナが山羊座であるとこれらのことが説明できないため、出生時間は7時で正しいことが分かる。


因みにこの時点で、出生図のラグナがプシュヤに確定する。


8時だとアーシュレーシャになるが、松居一代の出生時間は7時で、ラグナはプシュヤで正しいようである。


この松居一代の再婚のタイミングが、木星/水星期であるが、マハダシャーロードの木星は7室支配で5室に在住し、5-7の絡みが生じている。


これは恋愛結婚のコンビネーションである。


松居一代は出会った時、「この人は自分の旦那になる」と直感したという。


これは一目ぼれであり、恋愛感情を表している。


機会がある毎に船越英一郎の自宅の掃除をしたり、たまたま出会ったふりをして弁当を渡したそうである。


マハダシャー木星期に入った後の3番目のアンタルダシャーである木星/水星期に結婚しているが、2000年11月24日までは木星/土星期であるため、実際はマハダシャー木星期のセカンドアンタルダシャーで出会いがあったと考えられる。


つまり、松居一代にとって、船越英一郎は理想の相手であり、好きな相手であり、ぞっこんに惚れ込んだ相手であったということである。


そして、マハダシャー木星期に2人の結婚生活が続いていくのである。


そして、船越英一郎が家を飛び出して別居生活を開始したのが、マハダシャー木星期の最後のアンタルダシャーである木星/ラーフ期である。


マハダシャー土星期になる直前であった。


最初は別居生活を隠していたが、最近では隠すことも出来なくなり、2016年1月頃には一部で離婚報道も為されている。


しかし、松居一代は会見の中で否定している。


土星はナヴァムシャで6室支配で3室に在住して、ラーフ/ケートゥ軸と絡んで傷ついている。


従って、木星期の間、長く続いてきた恋愛結婚の時期が終わりを遂げたのである。


かつてはおしどり夫婦と呼ばれ、2006年には理想の夫婦を表彰する「パートナー・オブ・ザ・イヤー06」にも選ばれた。


この時、船越は「何があっても2人でいることが大事」と語ったそうである。


この時はまだ木星/金星期であった。金星はナヴァムシャで9室支配で10室に在住して、ラージャヨーガを形成しており、この時はまだ恋愛感情が継続していたようである。


どんなに仲の良い夫婦であってもそれが許されるカルマが終わった時には、それは変化せざるを得ない。


人間は変化していくのである。


最近、松居一代のブログの暴露話が異常であり、パジャマのまま法務局に行ってしまったり、尾行されているとの被害妄想が生じたり、youtubeに動画を投稿して暴露話をするなど、奇行も目立っている。


統合失調症や認知症の疑いももたれているようである。


MatsuiKazuyo_photo3

松居一代は2012年3月26日からマハダシャー土星期に移行しているが、土星は7、8室支配のマラカであり、識別力や判断能力を表す5室(知性、判断力)に在住して傷つけている。


また土星は逆行しているため、凶意を増しており、5室の支配星にもアスペクトしている。


従って、松居一代は健康状態が悪化し、特にそれが識別力、判断力といった知性、マインドの領域で生じやすい配置となっている。


また8室は深い精神的な苦悩を表している。


そして、蠍座は水の星座であり、最も情念が強く、また深い星座である。


また執念深く、粘着質で、情緒的なしつこさを持っている。


従って、船越英一郎と別居した辺りから、嫉妬心や怒りや恨みや悲しみの感情が激しく、そうしたものが妄想や幻覚にまでに発展しやすい危険な状態に入っているのである。


松居一代は、以前から船越英一郎に対する嫉妬や束縛が激しく、共演女優に嫉妬したり、小遣いを3万円しか渡さなかったり、女性とのメールのやり取りを見ると携帯電話を煮たりしたそうである。


日常的に7、8室支配で5室に在住する土星が正常な判断力を狂わせやすい配置になっており、嫉妬心、悲しみ、恨みの感情などが、判断力に障害をもたらし、現在は、マハダシャー土星期に移行したことで、そうした感情が、妄想、幻覚さえも生み出していくようなそうした危険な状態にいるということである。


土星は蠍座に在住しているため、嫉妬心が強く、それが妄想と結びつくため、始末に負えないのである。


船越英一郎は、そうしたことに嫌気がさし、マハダシャー木星期の終わり、最後のアンタルダシャーの時期に次のマハダシャー土星期への予感を感じさせる中で、ついに別居を決意したと理解できる。


この5室の配置で思い当たるのは、ロナルド・レーガン元大統領のチャートである。


レーガンは射手座ラグナで、5室に2、3室支配の土星が減衰し、8室支配の月とラーフが同室している。


レーガンは1994年の土星/木星期にアルツハイマー病であることを公表したが、このレーガンの配置にも5室への土星の在住や8室の絡みなどが見られる。


松居一代の奇行や暴露発言などは明らかに深刻な健康問題を表している。


船越英一郎との離婚調停劇はその原因でもあり、結果でもある。



船越英一郎のチャートについても見てみるが、2チャンネルには出生時間まで提供されていたため、それでチャートを作成した。


FunakoshiEiichiro_chart

船越英一郎は、天秤座ラグナであり、ナクシャトラはスヴァーティーである。


スヴァーティーは自由を愛好し、自由を追求するナクシャトラであり、人生の目的や理想の中で自由というキーワードが重要である。


ラグナロードで8室支配の金星と11室支配の太陽は蟹座のプシュヤに在住しているが、松居一代は、ラグナが蟹座のプシュヤで、5、10室支配のヨーガカラカの火星もプシュヤに在住している。


従って、松居一代とは、10室のプシュヤでのつながりなのである。


つまり、共に芸能界で女優や俳優を演じる中で、仕事上の出会いであったということである。


10室には8室支配の金星や11室支配の太陽が在住しているため、職業上の同僚(11室)であり、また掃除をしてくれたり、弁当を作ってくれたりといった形で、生活を支えてくれる相手(8室)であったということである。


また月から見るとこの金星と太陽は、結婚生活の2室に在住している。


松居一代と結婚した2001年は土星/金星期であり、船越英一郎は生活を支えてくれる相手として松居一代を求めたようである。


ナヴァムシャを見るとマハダシャーロードの土星とアンタルダシャーロードの金星は天秤座でそれぞれ高揚とムーラトリコーナの配置で強力であるが、8室(深い精神的苦悩)に在住している。


この配置は、船越英一郎の松居一代との結婚を明らかに象徴している。



非常に星位が強いが8室に在住している場合、結婚生活には恵まれるが、そこには結婚相手からの支配や束縛、苦悩があることを表している。


松居一代が、資産家であり、掃除や主婦業のカリスマでもある母性的な女性であるため、船越英一郎は経済的な面で、何不自由なく結婚生活を送ったと思われる。


元々蟹座のプシュヤというのは、マザコン的な男性を意味しており、母性的な女性を求めるのである。


またプシュヤというのは、吉祥なナクシャトラであるが、唯一、結婚には恵まれず、問題が生じるナクシャトラである。


それで、バツイチで、子連れの女性と結婚したのである。


家族からは反対され、父親は松居一代とは会わなかったという。


プシュヤ、あるいは蟹座というのは、普通の結婚が出来ず、しばしばこうした結婚をするケースがある。


あたかも母親のような女性と結婚したということである。


そして、松居一代の方が圧倒的な経済力があり、あたかも婿養子(逆玉の輿)であるかのような結婚である。


完全に船越英一郎が尻に敷かれているか、あるいは、完全に飼育されているような状態なのである。


それがナヴァムシャの8室で土星と金星がそれぞれ高揚とムーラトリコーナで強い配置となっている意味である。


従って、結婚は最初から問題を抱えていたのである。


しかし、松居一代は、嫉妬深く束縛的であったが、船越英一郎は、そういう結婚を望んだということなのである。



船越英一郎が、家を飛び出して別居をスタートさせたのは、2011年10月の土星/木星期で、マハダシャー土星期の最後のアンタルダシャーの時期である。


そして、別居後、2013年6月12日からマハダシャー水星期に移行しているが、


水星はナヴァムシャで4、7室支配で、4室で自室に在住し、バドラヨーガを形成している。


そして、月から見て、7、10室支配で7室で自室に在住して、再び、バドラヨーガを形成している。


ラグナから見ても月から見ても水星は7室の支配星で、ケンドラに在住して強く安定している。



つまり、もし現在、船越英一郎にパートナーがいるのであれば、マハダシャー土星期での結婚よりもマハダシャー水星期の方が相手との関係が健全に見えるのである。


遂に船越英一郎は、母親のようなパートナーから飼育され支配される関係から、正常でまともなパートナー関係を築く時期に移行したのである。


土星は年上の相手を象徴しており、その土星は8室に在住している。


水星が象徴するのは若々しさであり、若いパートナーである。



NaritaMiwa


そのため、今、報じられているハワイ在住のエステティシャンである成田美和氏の人物像に一致している。



そのため、今、船越英一郎に起こっていることは、チャートによく現れている。




船越英一郎のチャートをもう一度、見てみるが、松居一代とは土星/金星期に結婚している。


マハダシャーロードの土星は4、5室支配で3室に在住しており、月から7室に在住している。


ここで土星の7室との絡みが見られるが、後は、ナヴァムシャでも土星はラグナから見ても月から見ても7室とは絡んでいない。


アンタルダシャーロードの金星はラグナから見て8室の支配星であり、月から見て2室に在住して8室にアスペクトしている。


またナヴァムシャでも金星はラグナから見て3、8室支配で8室で定座に在住しており、月から見て、6、11室支配で11室に在住し、2、3室支配の土星と接合している。



出生図でマハダシャーロードの土星をラグナとすると、アンタルダシャーロードの金星は6、11室支配で8室に在住し、ナヴァムシャでもマハダシャーロードの土星をラグナとすると、アンタルダシャーロードの金星は8室の支配星である。



つまり、船越英一郎のマハダシャー土星期とは7室との絡みが非常に少なく、登場するハウスは8室、2室、6室、11室などが多い。


特に8室が圧倒的に多いのである。



従って、船越英一郎が結婚に求めたものは、パートナーそのものというよりも経済的安定や家庭の安らぎなどである。


支配者としてのパートナー、世話や保護を与えてくれる相手としてのパートナーである。


そして、マハダシャー土星期の間は、束縛される苦悩がありながらもそこに留まったと言うことができる。




船越英一郎は最近、ドラマの仕事などが激減しているというが、ダシャムシャ(D10:仕事)を見ると、水星は、3、6室支配で12室(損失、海外)で減衰し、ラーフ/ケートゥ軸(海外)と接合している。


おそらくマハダシャー水星期に移行してから、ドラマの仕事が激減し、時々入ってくる海外ロケとか旅番組などの仕事で、ハワイに訪れることにもなったようである。


そこで、エステティシャンの成田美和氏と番組ロケで出会ったということのようである。


NaritaMiwa_tv1

その辺りは、出生図でも確認できるが、水星はラグナから見て、9、12室支配で、10室支配の月と接合して、9-10のラージャヨーガを形成している。


水星は12室の支配星であるため、海外に行くことが多くなり、また9室は学問、真理、巡礼の旅などを表しており、土星期から水星期に変わることで、新しい世界が開けてきたことを象徴している。



7室に在住するルチャカヨーガの火星


船越英一郎の7室に在住するルチャカヨーガの火星について論じていなかったが、これはおそらく松居一代の表示体である。


松居一代は牡羊座に惑星は在住していないが、月は牡牛座で、クリティッカーに在住している。


船越英一郎の火星は、牡羊座のクリティッカーに在住しており、そうした意味で、この火星は星座は異なるが、松居一代の表示体なのである。


火星は蠍座の自室にアスペクトして、あたかも蠍座に火星が在住しているかのような働きをもたらしている。


つまり、牡羊座に在住する強いルチャカヨーガの火星は、激しい粘着質の執念深さも示すということである。




(参考資料)



松居一代VS船越英一郎“離婚調停の恐怖劇場”その全容
2017年7月7日 11時0分 東スポWeb

 タレント・松居一代(60)の“ひとりサスペンス劇場”の全容が見えてきた。もう1人の主役はやはり夫の俳優・船越英一郎(56)だった。しかも船越が松居に離婚調停を申し立てたことが5日明らかに。船越サイドは、不可解行動を繰り返す恐妻に完勝すべく、トラブル対策のエキスパートである剛腕弁護士に依頼したことが判明。かたや逃避行中の松居が行動をともにしているのは一般人! かつてのおしどり夫婦が、離婚大バトルに至った“恐怖劇場”の舞台裏を徹底追跡した――。

 おしどり夫婦といわれた2人は昨年1月、週刊誌「女性セブン」で、初めて離婚危機と伝えられた。別離の意思が強かったのは船越。その後、何とか持ち直し、松居は東京・世田谷区にある夫妻の豪邸に、船越の方はそこから徒歩30秒のところにある高級マンションと都内の高級会員制ホテルで暮らす別居状態を続けた。

「半年ほど前に、船越さんのマンションの玄関前で夫婦で仲良くストレッチする姿を見かけた」とは近隣住民女性。

 だが、離婚の話が加速したのは今年4月。関係者の話を総合すると、松居はブログで明かした通り同月に自殺未遂騒動を起こした後、突如として船越に1億円を要求。船越の我慢は限界に達し、弁護士を立てて離婚調停に踏み切る決断をした。

 昨年11月ごろから船越の不倫を疑っていた松居は、4月の自殺未遂騒動後、ブログで「恐怖のノート」と呼んだノートの1冊に記してあった内容を目の当たりにして、その疑いが確信に変わり、船越の不倫相手はハワイ在住女性だと判断したという。この女性の存在は、5日に松居がネット公開した告発動画で明かされている。ブチ切れた松居は「興信所の探偵を使って夫の不貞調査をしたようだ」(事情通)との情報もある。先月には「週刊文春」に接触。同月下旬、松居は文春の記者とともにハワイへ渡るという大胆すぎる行動に出た。

「船越の不倫相手を見つけだすためだった。芸能界のほんの一部では、くだんの女性との親密すぎる仲が指摘されていたのは事実だったが、ハワイでは決定的な証拠はつかめなかった。現地まで飛んだのに何もできず、松居は憤慨した」(芸能関係者)

 松居の怒りの矛先は文春にも向けられた。テレビ関係者が声を潜める。

「彼女は、文春誌上で自分の寄稿という形で夫の不倫を実名告発しようとしていた。ところが、文春がウラ取りすると松居の言い分に不可解な部分が噴出したこともあって、実名告発をやめた。原稿チェックも拒否した。すると松居が『話が違う!』と激高したようだ」

 松居は先月27日から自身のブログで、自殺未遂や逃避行をほのめかす“爆弾発言”を始めたが、船越は着々と離婚調停の準備を進めていた。

「来る調停に備えて招聘したのが、芸能人などのトラブル対応でエキスパートと言われる剛腕弁護士だった。船越の不倫疑惑を完全否定する方針。松居は、(船越が使用していたとする)バイアグラやハワイ在住女性の来日記録のメモを不倫の証拠にするようだが、不貞の決定打にはならない。船越の弁護士はまず、そこをついて反論の骨子にする」(船越の知人)

 一方の松居はといえば…。

「世田谷の豪邸には帰らず逃避行を続けている。行動を共にしているのは一般男性のようだが、恋愛関係ではない。大手芸能事務所所属の船越が剛腕弁護士をつけたのとは対照的に、個人事務所の松居が現在、頼れるのはこの彼だけ。このままでは圧倒的に不利なので、優秀な弁護士をつけられるかが焦点」(前出の芸能関係者)

 6日発売の文春によると、船越は松居からの家庭内暴力(DV)被害を訴えている。船越が過去に発症した顔面神経まひについて、松居が糖尿病の影響によるものと考えるのに対し、船越はDVによるストレスだと主張しているといい、言い分は食い違う。

 本紙は5日、松居の携帯電話に通話を試みたが応答はなし。そこで滋賀県に住む松居の父親に「娘さんの夫婦関係についてご存じか?」と電話取材したところ、「船越についてはしゃべらん。今、ご飯中なんや!」とガチャ切りされてしまった。

 芸能プロ関係者は「調停申立書は今月中旬までに松居のもとに届くと聞く」と話す。法曹関係者は「通常、申し立てから1~2か月後に調停が始まる。2人の場合は8月では」と補足した。

 船越の活躍の場であったサスペンスドラマを超える“泥沼離婚調停”が今夏、始まる。
参照元:松居一代VS船越英一郎“離婚調停の恐怖劇場”その全容
2017年7月7日 11時0分 東スポWeb

早く別れたい…船越英一郎、離婚調停申立書に記載“財産分与放棄”
2017年7月8日 5時48分 スポニチアネックス

松居一代(60)と船越英一郎(56)の泥沼離婚騒動で、船越側が裁判所に提出した離婚調停申立書に財産を求めない記載があることが7日、分かった。松居は5日の動画で、船越が財産を奪い取ることを“恐怖のノート”に書いていると訴えたが、その主張に疑問が生じている。

 離婚騒動で松居が大きな“争点”としているのは、船越のハワイ在住女性との不倫と、その女性と共謀して財産を狙っているというもの。しかし、その主張内容を真っ向から否定する材料が出てきた。

 船越側が裁判所に離婚調停申立書を提出したのは先月28日。関係者によると、申立書には離婚に際して財産を要求しない旨の記載がある。

 これに対し、松居が動画で「ノートの中に、私の財産を女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました」と、耳を疑うような主張をしたのが今月5日。船越はこれより前に、申立書を裁判所に提出しており、松居の主張とは食い違いが生じている。

 関係者は「船越さんは、別れるためならお金は一切いらないと言っている」と話した。

 船越が離婚の意思を決定的にしたのは15年10月。松居が出版イベントで、約2週間前に亡くなったばかりの女優川島なお美さん(享年54)が過去に船越と交際していたことを暴露。激怒した船越はこれ以降、離婚を求めてきたが、松居が応じず、1年9カ月が経過している。

 離婚問題に詳しいレイ法律事務所の高橋知典弁護士は「財産分与を求めないというのは、とにかく早く離婚したいという意思の表れ。離婚すること以外の争点を全て捨て、早期決着を図りたいのではないか」と指摘した。

 申立書は来週までに裁判所から松居の元に届く見通し。その記載内容を見た松居が、どんな対応をするのか注目が集まる。
参照元:早く別れたい…船越英一郎、離婚調停申立書に記載“財産分与放棄”
2017年7月8日 5時48分 スポニチアネックス










スポンサーリンク


スポンサーリンク

神田うのについての再検証

以前、神田うのについて、牡牛座ラグナに設定していた所、出生時間の情報が本人のブログにて、0時であると提供されているとの指摘を受けた。

0時で出生図を作成してみると、ラグナは蠍座のジェーシュタとなる。


KandaUno_chart

蠍座ラグナで、正しいかどうかであるが、まず印象としては、牡牛座ラグナよりもむしろ、蠍座ラグナの方が本人の性格や雰囲気と合っているような気はするのである。


2006年11月13日にパチンコチェーン店、不動産会社を経営する西村拓郎氏と結婚しているが、木星/木星期に移行したタイミングである。


木星は出生図で月から見た7室の支配星で7室に在住しており、ナヴァムシャのラグナロードで7室に在住しており、結婚が説明できる。


この西村拓郎氏とは、23歳(1998年)の頃に出会っており、約8年の月日を経て結婚に至ったようであるが、1998年はラーフ/ケートゥ期である。


ラーフ/ケートゥは出生図の1-7軸に在住し、ナヴァムシャでも1-7軸に在住している。


従って、出会いのタイミングも説明できる。


この木星/木星期に結婚してから、神田うのは、「趣味は結婚式」と公言し、様々に場所を変えて7回の結婚式を挙げているが、木星が5室の支配星であり、彼女にとってはそれがイベントであり、娯楽(5室)であることを物語っている。


2011年10月22日に女児を出産しているが、木星/水星期である。


サプタムシャ(D7)を見ると、木星は5室支配でラグナに在住し、水星は9室(5室から5室)に在住しており、子供の誕生を表している。


また以前の記事でも取り上げたが、2012年~2014年にかけて、信頼していたベビーシッターに1300万円相当のバッグや貴金属を窃盗される事件が生じている。


この時、木星/水星期、あるいは、木星/ケートゥ期であるが、水星は8、11室の支配星であり、支配者を表しており、悪意を持って、関わってくる相手を表している。

従って、この時に窃盗を経験したというのは、このアンタル水星期で表されると考えられる。


またその次の木星/ケートゥ期もケートゥは7室に在住しており、ディスポジターの金星は6室に在住している。


6室は泥棒の表示体である。


従って、木星/水星期、木星/ケートゥ期を通して、8室や6室の象意を経験したのである。


木星から見ると水星は12室(損失)に在住しているので、損失を経験したことが分かる。


因みに同じ木星/水星期に東日本大震災の被災者に1000万円を寄付したとウィキペディアに記されている。


これは同じように木星から見て12室(損失、出費、寄付)に水星が在住していることで説明できる。



1980年の5歳の時にバレエを始め、谷桃子バレエ団に所属しているが、この頃、月/金星期頃であり、月は9室支配で11室に在住し、5室にアスペクトしている。

ナヴァムシャで、月は5室支配で3室で高揚している。


結婚がナヴァムシャの魚座ラグナで説明できることから、マハダシャー月期にバレエ団に所属していたことは、5室支配で3室で高揚する月で説明できる。


出生図では月は9室支配で11室に在住していることから、9室は指導者(コーチ)を表し、11室は同じバレエ団の仲間たちを表している。


その後、火星期を通して、バレエを続けていたと思われるが、火星はラグナロードで3室(踊り、パフォーマンス)に在住している。


そして、1989年の14歳の頃にモデルとしてのキャリアをスタートさせており、芸能界デビューもしている。


これはラーフのディスポジターである火星が3室(芸能)に在住しているからである。


そして、彼女は1999年のラーフ/金星期に自己ブランドを発表し、以後、実業の方面で、活躍していくのである。


ラーフ/金星期はデビューの時期であり、その後の躍進の最初のきっかけとなる重要な時期を表すが、ブランドの立ち上げを行なったこの頃がそうした時期であったことを物語っている。


金星はダシャムシャ(D10)では、6室で減衰しており、パラシャラの例外則を示すと共にディスポジターと絡んでいたり、高揚する惑星と絡んでいることで、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


またマハダシャーの金星とアンタルダシャーのラーフはダシャムシャで絡んでいる。


従って、キャリア上の重要な時期であることを表している。


また結婚してから(木星/木星~)も事業は継続していると考えられるが、木星はダシャムシャで、10室で減衰しているが、ディスポジターの土星と9-10の星座交換をして、ニーチャバンガラージャヨーガを形成している。


また木星は月との間でガージャケーサリヨーガを形成している。


木星期は全体的に仕事が順調であることを物語っている。



このように見てくると、神田うのは、やはり0時で間違いなさそうに思われる。


本人がそのように書いているのだから、正しいと思えるが、実際、検証してみても結婚、出産などの重要なタイミングが、この出生時間で説明でき、また彼女のバレエの特技や芸能界での活動なども説明することが出来る。


以前、神田うのがママ友を集めて主催している「うの会」が利害関係によって結びついていて常に競争や差別を煽っていることについて指摘した

ニュース記事の解釈で用いたロジックは間違いである。


例えば、牡牛座ラグナから見た8、11室支配の木星をその根拠としていたが、もし蠍座ラグナであれば、そうした特徴は8、11室支配の水星

と3、4室支配の土星との間の4-8の星座交換によって生じていると考えられる。


KandaUno_photo2

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1980年5歳のときにバレエをはじめる。谷桃子バレエ団に所属していた。月/金星
月/太陽
1985年神奈川県川崎市中原区へ転居し、川崎市立木月小学校へ転入。火星/水星
火星/ケートゥ
1989年14歳でモデルとしてのキャリアをスタートさせる。ラーフ/ラーフ
1992年広告などのモデルを経て、3年後の17歳のときに雑誌『プチセブン』(小学館刊)のモデルに。ラーフ/木星
1994年19歳の頃から「学校では教えてくれないこと!!」や「笑っていいとも!」、「オールナイトフジ」、「タモリのSuperボキャブラ天国」等多数のバラエティー番組にも出演。ラーフ/土星
1999年毛皮メーカーとのコラボレーションで「コスタ・モーダ・ウノ」ブランドを発表、その後サングラスブランド「U-NO」を発表し、現在ではストッキング・下着(Tuche' UK UNOKANDA トゥシェ・ユーケー)、和洋ウエディングドレス(Scena D'uno シェーナ・ドゥーノ)、ウェディングドレス(UNO et L‘ETOILE ウノ・エレトワール)、振袖(Scena D'uno Salala シェーナ・ドゥーノ サララ)、ジュエリー(DUNOA デュノア)、ゴールドジュエリー(Umpresse アンプレーゼ)、の自己ブランドのタレントプロデューサー。ラーフ/ケートゥ
ラーフ/金星
2005年南青山に推定5億円ともいわれる豪邸(通称・パンスト御殿)を建てたことで話題になった。ラーフ/月
ラーフ/火星
2006年11月13日23歳(1998年)のときに出会い、約8年の月日を経て現在の関係になったというパチンコチェーン店、不動産会社を経営する西村拓郎(日拓リアルエステート株式会社社長)と東京都内の料亭にて結納を交わし、13日、報道陣に億単位の婚約指輪(約5カラットのダイヤモンド)を披露した。木星/木星
2007年10月8日挙式。新婚旅行の行先はドバイ。木星/木星
2007年10月明治神宮で結婚式を行う。
※「趣味は結婚式」と公言しており、2007年10月明治神宮、2008年4月グアム、2008年7月ハワイ、2008年10月サイパン、2008年12月バリ島、2009年7月モルディブ、2010年3月ケアンズ、と今まで7回の結婚式を挙げている。
木星/木星
2008年4月グアムで結婚式を行う。木星/木星
木星/土星
2008年5月29日自身のブランドUNO KANDAを始める。パーティー・バッグ、ビジネス・バッグ、財布、パス・ケースを発表。木星/土星
2008年7月ハワイで結婚式を行う。木星/土星
2008年10月サイパンで結婚式を行う。木星/土星
2008年12月バリ島で結婚式を行う。木星/土星
2009年7月モルディブで体験ダイビングを経験した。モルディブで結婚式を行う。

木星/土星
2009年10月PADIのOPEN WATER DIVERのライセンスを取得後、同年11月にはADVANCED OPEN WATER DIVER のライセンスを取得した。木星/土星
2010年3月ケアンズで結婚式を行う。木星/土星
2011年3月17日母と税理士との相談の下、東日本大震災の被災者に1000万円を寄付した。木星/水星
2011年5月10日妊娠5ヶ月であることをブログで発表。妊娠中も自身の美意識に沿った生活を続け、マタニティードレスとしてデザインされ