MENU

河村たかしのセクハラ金メダル噛み事件 【更新】

2021 8/14


アンドリュー・クオモ元ニューヨーク州知事が、元部下など11人の女性たちから次々とセクハラを訴えられ、辞任に追い込まれた事件を見て、河村たかしとの共通点を思わずにはいられなかった。


河村たかしの場合、女性に対する性的なセクハラではないが、女性選手が獲得した無垢な金メダルに噛みついて、唾液で汚したという点で、アンドリュー・クオモのセクハラに匹敵するぐらいのセクハラ行為であったと言えるのである。


象徴的に言って、純粋、無垢な若い女性の処女を汚した行為であったと言えなくもない。


脂ぎった汚らしいオヤジが、権力を駆使して、無垢な若い女性の金メダルを有無を言わせず唾液で汚したのであり、その象徴性においては、クオモの事件と全く同列に論じられる。





これが例えば、金メダルを貰ったのが、脂ぎった中年男性だったら、また話は変わって来るが、ソフトボール女子五輪代表の後藤希友投手という若い純粋、無垢なアスリートであったことが、問題であり、権力に抵抗する力のない若い女性の大事な金メダルを鈍感にも力づくで、自分の唾液で汚したのである。



だからこそ、これだけの大きな騒動に発展したと言える。



スポンサーであったトヨタをはじめとして、芸能人や様々な論客が、次々に河村たかしを批判するメッセージを発信して、たちまちの上に批判の大合唱が巻き起こった。



この批判のストーム(竜巻)に巻き込まれて、何とか謝罪をして、墜落を免れようとしている状況である。



然し、トヨタは、河村たかしの謝罪を門前払いした。







愛知県の実質的な実力者であるトヨタグループが、最近の河村たかしの愛知県知事リコール運動の不祥事から河村たかしを快く思っていないと私は考えている。




河合範安さんから、河村たかしのラグナは、魚座ではないかとの連絡があった。



また金星/水星期は、ウッタラカーラムリタ記載の乞食から王の事例ではないかということである。



2021年8月9日 10:10 PM 編集

河村名古屋市長は魚座ラグナと思われますが、彼の金星ー水星期がウッタラカラムリタ記載の乞食から王の事例と思われます。

河村たかしは、金星ー水星期に衆議院議員に当選しました。
一般的に金星ー土星期や土星ー金星期は王が乞食に、乞食が王になるダシャーです。
しかし、射手座ラグナや魚座ラグナは金星ー土星期・土星ー金星期にそうなるとは限らず、金星ー水星期・水星ー金星期にそうなることも多いらしいからです。
水星はD1とD9で高揚し、金星はD1で減衰し、D10で高揚してます。
初当選するまでの10年間の金星期はずっと落選してました。
それは金星が3・8Lで7Hで減衰しているからです。

では、金星ー水星期に何故当選出来たのか。
それは前述したように、魚座ラグナは金星ー水星期に乞食から王になる可能性もあるとの記述の為であろうと思われます。
また、前述したように、金星と水星は非常に強いです。
更にはD1では、ダシャーラグナの金星から見て、金星と水星は1-2、9-10のダナヨガ・ラージャヨガを形成してます。

その後は6Lで8H減衰、つまりパラシャラの例外則を形成している太陽期、ヨガカラカの月期や火星期の時期を政治家としての経歴として過ごしてきました。

また、6Hの土星と、6Lの太陽がケートゥと8Hと接合しています。
6は父親の仕事で父親は創業者で社長だったから、6Hが獅子座で、土星やケートゥは凶星で汚れ仕事、この場合は河村紙業という会社のリサイクル事業を示しています。

では、今回の金メダル噛み事件時の運勢はラーフーラーフ期ですが、ラーフには批判を意味する6Lの太陽がアスペクトしてます。
また、ラーフは牡羊座に在住し、忍耐の土星が減衰する12星座で最も短期な星座で、この為大衆は流石に我慢ならん暴挙だと怒ったのだと思います。
しかも、月から見れば批判の6Hに在住してます。
トランジットも6Lにダブルトランジットが生じています。

この事例は、ウッタラカラムリタ記載の魚座ラグナの金星ー水星期の乞食から王になる事例と関連していると思われます。


それについての私の見解も以下のように記したが、魚座ラグナで正しいようである。



2021年8月10日 1:04 AM 編集

川村たかしが、魚座ラグナで、6室支配の太陽がアスペクトする2室に在住するラーフ期なので、

金メダル噛み事件が起こったというのは、面白いです。


一応、検証してみると、


川村たかしは、1975年に結婚しており、木星は魚座で、土星は双子座をトランジットし、ラグナ(7室から見た7室)にダブルトランジット、


ダシャーはケートゥ/水星期で、ケートゥのディスポジターは8室支配で7室、7室支配の水星とコンジャンクトし、この時期に結婚したというのは納得できます。


その後、マハダシャー金星期において結婚生活を続けていく為、この配置で納得できます。



トランジットの土星は5室に移動して、5室にダブルトランジットし、結婚した直後に子供が誕生しているとすれば、この配置で納得できます。



そして、まだ土星が5室を通過している1977年から検事を志して、司法試験の勉強をしているので、こうしたトランジットで納得できます。


1978年には木星も蟹座に入っていきます。



マハダシャー金星期は、金星が3、8室支配で、7室で減衰しているので、政治家を落選し、


マハダシャー太陽期は、6室支配で、8室で、減衰し、二重否定で、ニーチャバンガやラージャヨーガ的な働きで、政治家として当選を続け、


この太陽期には、新進党から離党し、民主党に鞍替えして当選し、民主党代表選で、菅直人、鳩山由紀夫などの二枚看板に逆らって、6室支配で8室で減衰の感じはよく出ています。


この時は、川村たかしは、国会議員として、活発に政界再編を企てていたと思います。


その後、月期の途中から、名古屋市長というローカルな行政のトップを目指したのは、月から見ると、10室支配の太陽が12室で減衰し、ケートゥとコンジャンクトしているからかもしれません。


2005年にも名古屋市長選に出馬を表明したが、断念しており、この時は、月/ラーフ or 月/木星です。


月は5室の支配星である為、10室から見た8室の支配星である為、ここで、中央政界から地方政治へのキャリアの転換を模索しています。


そして、2009年の月/水星期 or 月/ケートゥ期にようやく名古屋市長に当選しています。おそらく月/水星期だと思います。



結婚したタイミングなどから、魚座ラグナで正しいように見えます。


そうすると、最近、愛知県知事リコール不正署名事件で、高須クリニック院長と、揉めていたことも理解できます。


木星が水瓶座から天秤座にアスペクトし、土星が山羊座から天秤座にアスペクトして、6室支配で8室で、減衰し、ケートゥとコンジャンクトし、11、12室支配の土星からアスペクトされている太陽にダブルトランジットしていました。


8室や6室にダブルトランジットしていたので、こうしたことが起こった事が分かります。


結局、愛知県知事のリコール運動をした自分たちの方がおかしいような印象を世間に与えました。


川村たかしとしては、高須院長に愛知県知事のリコールを先頭きってお願いしますと言ったものの、その後、不正が発覚し、責任逃れをして、高須院長らと距離を置いて、自分の選挙に備え、当選したが、高須院長とは、喧嘩になったという出来事を象徴しています。


ケートゥは意外な出来事、裏切り、失望といった体験です。11、12室支配の土星がアスペクトしているので、愛知県知事リコールに間接的に関与した川村たかしにも批判の目が向かい、高須院長からは、人に責任を押し付けて、自分だけ逃げだしたので、絶交を告げられました。


然し、こうした批判を受けながらも当選したのは、まさに6室支配で8室で減衰し、パラシャラの例外則とニーチャバンガを形成する太陽らしいです。



また今回の金メダル噛み事件が起こった時も土星と木星は依然として、8室にダブルトランジットし、6室にもダブルトランジットしています。


川村たかしにトヨタから辛辣な批判が浴びせられたのは、愛知県、名古屋の実質的な統治者である豊田社長らから、愛知県知事リコール不正署名事件で、かなり憤慨されていたからではないかと思えます。


そうしたことの連続として、今回の金メダル噛み事件も批判されたのではないかと思います。ラーフは、月から見て6室に在住しており、ラグナから見て6室の支配星からアスペクトされているので、こうした批判を受けたと分かります。



因みにナヴァムシャのラグナはどこかという話になりますが、ケートゥ/水星期に結婚していることを考えると、射手座ラグナではないかと思いました。


ケートゥは結婚生活の2室で、ディスポジターの土星は8室に在住し、水星は7室の支配星です。


金星/水星期に政治家として初当選出来たのは、水星がナヴァムシャの10室でバドラヨーガを形成しているということもあると思います。


9室支配の太陽と相互アスペクトして、射手座ラグナにとって最高のヨーガカラカである9-10のラージャヨーガを形成しています。


金星期に当選出来なかったのは、金星が6、11室支配で、12室支配の火星からのアスペクトを受けていたからだと考えられます。


金星と水星は、出生図、ナヴァムシャ、ダシャムシャのいずれでもコンジャンクトや相互アスペクトで絡んでいるので、金星/水星期には、金星と水星の吉凶が混合し、それで、アンタルダシャーの水星の非常に強力な吉意で、当選できたと思います。


このことは、川村市長が、2009年に月/水星期に名古屋市長に当選できたことも説明します。


月期の途中から地方行政の長になりたいと思ったのは、月が8室支配で、12室に在住しているからで、4室(議席、拠点)支配の木星と相互アスペクトして、4-8の絡みがあるので、それで、国会議員から、地方行政の長に鞍替えをしたと思います。



2005年の月/木星期辺りに名古屋市長選に出馬を表明して、結局、断念したのは、そういう意味です。


アンタルダシャーの4室支配の木星が、6、11室支配の金星と、4-6の星座交換をしているので、名古屋市長への鞍替えが上手く行かなかったということです。



マハダシャーラーフになってから、金メダル噛み事件が起こって批判を受けたのは、出生図で、ラーフが2室(口、歯)に在住し、6室支配の太陽からアスペクトされているいからですが、ナヴァムシャが射手座ラグナなら、ラーフは、2室支配の土星とコンジャンクトし、8室に在住して、12室支配の火星のアスペクトを受けているので、こうした困難な状況になっていると分かります。


川村たかしは、トヨタに謝りに行ったが、会ってもらえなかったそうです。



ラーフ期になってから、川村たかしが、天皇を侮辱する表現の不自由展の開催許可を出した愛知県大村知事のリコール運動をしたのは、右翼民族主義的な活動でしたが、


ナヴァムシャで、ラーフが蟹座に在住しているからだと分かります。然し、その活動が頓挫したのは、ラーフが8室で、土星とコンジャンクトしているからだと考えると納得できます。


またナヴァムシャのラグナを射手座に設定すると、ダシャムシャのラグナは、牡牛座になり、火星は、7室支配で9室で高揚します。


この配置は良い配置で、7室は基本的に10室から見た10室であり、仕事上の地位が上昇する時期と考えることが出来ます。


月は3室支配のため、中央政界の議席を放棄して、地方議会に行ったと考えることができ、7室に在住しているので、一応、ポストは得られたと考えることが出来ます。



太陽期は、4室の支配星が11室に在住している為、川村たかしが、新進党で、小沢一郎の下にいて、その後、離党して民主党入りして、その中で、世代交代を図るため、「第二期民主党をつくる有志の会」などを結成した時期で、議員仲間と組んで、色々画策した時期で、これは11室在住ということで納得できます。


中央政界で、野心的に脂ぎっていた時期でもあり、高く評価もされていて、11室の太陽ということで納得できます。



金星期の判断が難しいですが、一応、ラグナロードで4室に在住しているので、金星期はキャリア的には良いはずです。


何故、金星期の最初の頃に当選できなかったかの説明は難しいですが、金星/水星期に当選したのは、ラグナロードで4室在住の金星と2、5室支配で10室に在住する水星が、1-5、1-2のラージャヨーガ、ダナヨーガを4-10軸で形成し、相互にアスペクトし合っているからだと考えられます。


マハダシャーとアンタルダシャーがお互いに絡んで、ラージャヨーガを形成している時、それは強力に顕現します。



それで、ウッタラカーラムリタに射手座ラグナや魚座ラグナの場合、金星/水星期にも金星/土星期と同じような王から乞食への転落、あるいは、乞食から王への飛躍があるという記載があるということですが、まだ確認してませんが、そのように書いてあるなら、それは金星/水星期に当選できた理由の一つとしてカウントできると思います。



もしナヴァムシャのラグナが射手座なら、その法則は、ナヴァムシャでも機能していると思います。


但し、そのウッタラカーラムリタの記載を適用しなくても、水星は、出生図、ナヴァムシャで、バドラヨーガを形成して強力であり、更にダシャムシャでは、金星と相互アスペクトして、4-10軸で、ラージャヨーガを形成し、お互いに絡んでいたからだとする理由でも十分、その時期に飛躍したことを説明できそうでもあります。



因みに金星/水星期の前は、金星/土星期でしたが、それは1989年~1992年の頃です。


川村たかしは、1990年2月18日の第39回衆議院議員総選挙に旧愛知1区から、自民党の公認を得られないまま保守系無所属・宏池会(宮澤派)新人候補として、当時の本名「河村隆之」の名で立候補するも落選したようです。


この時、自民党の公認を得られなかった為、資金援助などもなく、自分の金を使って選挙戦を戦って、落選して、乞食に転落したかもしれません。


川村たかしの場合、魚座ラグナの為、土星は、11、12室支配の機能的凶星で、マラカでもあり、金星から見て、12室に在住しているので、かなり悪いと思います。


それで、金星/土星期に乞食になる経験はしたのではないかと思います。



魚座ラグナや射手座ラグナには、金星/水星期にも乞食から王への飛躍があるのであれば、それを示す事例に当てはまっていると思います。


河村たかしは、大学時代に知り合った妻と1975年に結婚しており、その時のトランジットは以下のように推移する。







木星は1975年1月1日の時点では水瓶座を通過しているが、2月後半には魚座に移動し、7月後半から牡羊座に移動していく。



土星は7月半ばから、蟹座に移動するが、その後、木星は、9月11日から魚座に逆行する。



従って、1975年中に形成されるダブルトランジットは、魚座、そして、牡羊座、蟹座である。











結婚した時に1-7軸にダブルトランジットが形成されているかという観点からすれば、ラグナの可能性は、魚座、乙女座、牡羊座、天秤座、蟹座、山羊座である。



河村たかしのパーソナリティーは、右翼民族主義者で、リバータリアンである。



衆議院議員を務めていた頃から、度々、名古屋市長への立候補を模索しており、地元の小さな町の指導者になりたいのである。



そうした所から魚座、蟹座、牡羊座当たりではないかと思われるのと、魚座ラグナに設定すると、8室と12室にダブルトランジットが形成され、更に6室の支配星にもダブルトランジットが形成されるため、6、8、12室のドゥシュタナハウスにダブルトランジットが生じている。



今の河村たかしの袋小路の状況をよく物語っている。




蟹座や牡羊座ラグナでは、このような象意は出て来ず、また乙女座ラグナや天秤座ラグナでも考えられない。



それと結婚したのが、マハダシャー金星期に移行する直前のケートゥ/土星 or ケートゥ/水星辺りだが、ケートゥのディスポジターである金星は8室支配で7室に在住し、7室支配の水星とコンジャンクトし、アンタルダシャーの水星は7室の支配星で7室に在住している。



その後のマハダシャー金星期も8室支配の金星が7室に在住しており、パートナー関係、結婚生活を表していることから、魚座ラグナで正しいように思われた。









魚座ラグナに設定すると、6室支配の太陽が8室に在住しており、その6室支配の太陽に現在、ダブルトランジットしている為、これだけの批判を浴びていることが理解できるのと、12室(引きこもり、隠遁)にもダブルトランジットが形成されているので、何か公の場所に出て行かれなくなっている。



河村たかしは、本来、パラリンピックの聖火行事に参加予定であったが、今回の騒動を受けて、欠席を決定したのは、そういう意味である。






2室のラーフ = 金メダルを噛みたい欲望


 
そして、一番、興味深いことは、河村たかしは、2019年8月頃からマハダシャーラーフ期に移行していることである。




ラーフは、2室(口、口から入るもの、食物)に在住しており、6室支配の太陽のアスペクトを受けている。




それで、ラーフ期に金メダルを口に入れて、批判を受けたのである。




通常、2室にラーフが在住している人は、暴飲暴食で、酒好きであり、雑食で、肉が好きだったり、食べものは何でも口に入れてしまうようで、食欲旺盛である。




従って、そのノリで、つい金メダルにかぶりついたのだと分かる。










然し、2室のラーフは、7室から見ると、8室に在住しており、自分に近づいて来た人を愛人にしてしまうような象意もあるのである。




2室は、自分が抱えるスタッフであり、所有物のハウスであり、金メダルを自分の所有物と勘違いして、かぶりついたのである。




その背景には、金メダルを受賞した若い女子選手も自分の王国の所有物の一人であるような感覚があったと思われる。




2室に惑星が集中している人は、複数の愛人や従業員を囲ったりする配置である。




ラーフは、月から見ると6室に在住しており、マハダシャーラーフ期の間は、彼は、やや批判を受けながら、凌いでいかなければならないかもしれない。




但し、ラーフのディスポジターである火星は、定座で強く、まだ衰えていない印象である。





因みに今回、ナヴァムシャのラグナは、射手座に設定してみた。









射手座ラグナにすれば、ケートゥ/水星期に結婚したのであれば、水星は7室の支配星になるからである。



そして、ケートゥは結婚生活の2室に在住して、ディスポジターの土星は8室に在住して2室にアスペクトバックしている。



従って、マハダシャー、アンタルダシャー共に結婚を説明できる。



出生図が魚座ラグナであれば、ナヴァムシャの取り得る範囲は、蟹座から魚座であり、そのうち、水星が結婚を表わすのは、ナヴァムシャが、乙女座ラグナ、射手座ラグナ、魚座ラグナの場合である。





そして、金星/水星期に初当選して、月/水星期に名古屋市長選で当選したことを考えると、水星は10室でバドラヨーガを形成し、9室支配の太陽がアスペクトしていると考えるのが妥当である。




10室や10室の支配星に太陽がアスペクトしている為、国会議員や名古屋市長という形で、公職についているのであり、また太陽が4室に在住しているのは、一国一城の主になりたいという欲求を表わしている。



だから国会議員在任中から、名古屋市長への出馬を模索していたのである。





もしナヴァムシャのラグナが射手座で正しければ、河村たかしのマハダシャーラーフ期は、ラーフが、2室支配の土星と共に8室を傷つけている。




従って、思うように人からの支持や協力が受けられずに苦しむ時期である。




私は、以前、『8室の効能』(2013年2月12日付)という記事を書いたが、8室のラーフは、人からの親切や支持を欲しがるが、それが得られなくて苦しむ時期である。







河合範安さんによれば、ウッタラカーラムリタには、射手座ラグナや魚座ラグナの場合、金星/水星期にも金星/土星期と同じような王から乞食への転落、あるいは、乞食から王への飛躍があるとする記述があるそうである。




私はまだそれを確認していないが、今回、もしナヴァムシャのラグナが、射手座であれば、その原則が、出生図でもナヴァムシャでも該当していることになる。




従って、河村たかしのチャートは、貴重な事例である。










6室支配で8室で減衰し、パラシャラの例外則、ニーチャバンガラージャヨーガ、ヴィーパリータラージャヨーガの太陽の効果


河村たかしのチャートの興味深い特徴としては、6室支配で8室で減衰し、パラシャラの例外則と、ニーチャバンガラージャヨーガと、ヴィーパリータラージャヨーガを同時に表している太陽である。



この太陽期に河村たかしは、政治家としては、脂がのっていた時期であり、衆議院議員として、活発に政界再編を企てて、自らも新進党から自由党、民主党と所属する党を変えながら、政治の荒波を渡り歩いていた時期である。



この時期は、敵(6室)からの棚から牡丹餅的利益(8室)など、様々なトリッキーな二重否定的な作用が働いたと思われ、河村たかしの当時の政治活動を詳細に分析すれば、その辺りが、分かりそうである。




また金星もニーチャバンガラージャヨーガを形成しており、もし射手座ラグナで正しければ、ナヴァムシャで8室支配の月が12室で減衰する配置が、ヴィーパリータラージャヨーガや、ニーチャバンガラージャヨーガ、パラシャラの例外則などを示していたのかどうかも非常に興味深い。





減衰し、ヴァルゴッタマで、ヴィーパリータラージャヨーガ、ニーチャバンガラージャヨーガ、パラシャラの例外則により、ラージャヨーガの効果をもたらす月



つまり、月のマハダシャーに入ってから、名古屋市長という地方行政の長を模索するようになったのであり、月/水星期に名古屋市長に当選したのであるが、このマハダシャーの月が、ナヴァムシャで、ヴィーパリータラージャヨーガや、ニーチャバンガラージャヨーガ、パラシャラの例外則の効果を発揮していたのかという観点が、非常に興味深い。




実際、中央政界から地方に隠遁してしまい、然し、地方のリーダーとなって、再選を重ねていることを考えると、これは働いているように思われる。



月は、出生図、ナヴァムシャ、ダシャムシャなどで、同じ蠍座に在住しており、ヴァルゴッタマ(拡張版)である。




減衰している惑星が、ヴァルゴッタマの場合、減衰した性質のまま、力を発揮するが、月は大衆を表わす惑星である為、大衆の支持を得て、名古屋市長に当選し、今尚、名古屋市長への再選を重ねていることを考えると、この月が強いことを意味しているように思われる。




因みにこの蠍座で減衰した月がヴァルゴッタマで強いという配置は、愛知県の県民性と関係があると思われる。




例えば、ネットで、愛知県の県民性を検索すると、一言で言うと、「陰湿・陰険」であるという。




愛知県人、名古屋人は「性格悪い」という意見が沢山出て来るのである。




従って、河村たかしの減衰して、ヴァルゴッタマで、ヴィーパリータラージャヨーガや、ニーチャバンガラージャヨーガ、パラシャラの例外則などで強い月は、「陰湿・陰険」で、「性格の悪い」愛知県人、名古屋人からの人気によって、当選しているというかなり特殊な人気である。




言わば、最も人気のない名古屋市民からの人気によって当選したと言ってもいいかもしれない。




その特殊な人気に支えられて、河村たかしは、名古屋市長として、5選して、現在、4期目を迎えている。




因みに2021年8月12日付のニュースによれば、河村たかしがかじった金メダルは、トヨタ自動車の要請で、国際オリンピック委員会(IOC)が交換に応じるようである。











その後の新事実(2021/8/14追記)

その後、河村たかしが、今年4月から7月11日まで行われていた「名古屋城金シャチ特別展覧」の開会式でも、「金のしゃちほこ」を噛もうとしていた事実が浮上した。



河村たかし市長に噛まれたメダル交換へ…五輪前から出ていた?〝異常行動フラグ〟
2021年08月12日 11時30分 東スポWeb

“金メダルかじり騒動”は、新しいメダルに交換されることで落ち着いたようだ。

 東京五輪ソフトボール日本代表で名古屋市出身の後藤希友(20=トヨタ自動車)が4日、市役所で金メダル獲得を河村たかし市長に報告した際、河村

氏がマスクを外してメダルをかむパフォーマンスをした。カチッとかむ音が聞こえるほどのしっかりとしたかみ具合だった。汗と涙の結晶に唾液が付着し

たことで、アスリート側だけでなく、世論、政治家からも批判が殺到。交換を求める声が高まっていた。

 そんな中、メダルが新たなものに交換される方向に決まった。後藤自身はかまれたメダルでも、「チームで勝ち取って表彰式で授与されたものだ」とし

て当初は交換を辞退する意向だったが、了承したという。

 メダルの価値はプライスレスだが、金額は高額にはならなそうだ。“持続可能な社会”を実現する象徴として、東京五輪の金メダルはリサイクル金属。

東京五輪招致が決まって、2017年から「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を立ち上げ、使用済み携帯電話やパソコンなどの金属を

再利用した。

 一方、河村氏の異常行動はアナグラムで“予言”されていたとして話題になった。

「河村たかし」を平仮名にすると「かわむらたかし」で、入れ替えると「かしたらかむわ」。これに漢字を当てはめると「貸したらかむわ」。まさに今回

の問題を言い当てているのだ。

 メダル騒動に先立ち、河村氏は今年4月から7月11日まで行われていた「名古屋城金シャチ特別展覧」の開会式でも、名古屋のシンボル「金のしゃち

ほこ」に対し、マスクを外し、大きな口を開けて、かもうとしていた。

 これも「かわむらたかし」を入れ替えると「わしたからかむ」→「ワシ宝かむ」。メダルとしゃちほこの騒動をまとめて「わたしかむから」→「私かむ

から」。

 まるで名前が暗号となっていたようだ。「ダ・ヴィンチ・コード」ならぬ“河村コード”か。不思議な偶然だ。


2室に在住するラーフ期の行動パターンとして、非常に興味深い。



このことから2室に在住するラーフ期の河村たかしは、価値あるオブジェやモニュメントなど何であってもあたかも自分の所有物であるかのように噛みついていく習性があることが分かるが、



ナヴァムシャでも2室支配の土星が8室で、ラーフとコンジャンクトしているからこそ、こうした行動パターンが出るのではないかと考えられる。











(参考資料)

河村たかし市長パラリンピック聖火行事の欠席決定 金メダルかじり批判殺到
2021年8月11日16時39分 日刊スポーツ

名古屋市は11日、市内で15日にある東京パラリンピック聖火行事への河村たかし市長の参加を見送ると決定した。河村氏が東京五輪ソフトボール日本代表後藤希友選手の金メダルをかじり、批判が殺到しているため。副市長らが代理出席する。

市によると、河村氏に抗議するメールや電話が10日までに7000件以上寄せられた。「アスリートへの敬意がない」「感染対策上良くない」などの内容が多く、5日に河村氏が謝罪した後は「辞職すべきだ」「謝罪になっていない」との声もあるという。

欠席を決めたのは名古屋市の採火式と、県の集火式。市は4日の問題発生後、サッカーJ1名古屋との連携協定締結式を中止し「世界コスプレサミット」など3つの行事への出席を見合わせていた。

河村氏は4日、市役所で表敬訪問を受けた際、マスクを外しメダルをかじった。直後から会員制交流サイト(SNS)などで非難の声が相次ぎ、報道陣の取材に5日「長年の努力の結晶を汚す行為。心からおわびします」と陳謝した。(共同)
参照元:河村たかし市長パラリンピック聖火行事の欠席決定 金メダルかじり批判殺到
2021年8月11日16時39分 日刊スポーツ
河村市長がかじった金メダルを交換へ 費用はIOC負担
8/12(木) 11:28 朝日新聞DIGITAL

河村たかし・名古屋市長が東京オリンピック(五輪)ソフトボール選手の金メダルをかじった問題で、国際オリンピック委員会(IOC)などが、新たなメダルに交換する方針であることが、関係者への取材でわかった。選手の所属先であるトヨタ自動車からIOCに交換を求める要請があり、選手本人の意向も確認した上で調整を進めていたという。費用はIOCが負担する。

河村市長は今月4日、ソフトボール日本代表の後藤希友投手(20)から表敬訪問を受けた際、手渡された金メダルをいきなりかじった。これを受けて、市長や名古屋市に苦情や批判が殺到。市には12日朝までに7479件の苦情のメール、電話などが寄せられた。トヨタ自動車も抗議していた。

 関係者によると、IOCの最高位のスポンサーであるトヨタ自動車側が事態を重く見て、IOC側にメダルの交換を要請。IOCと大会組織委員会は、予備の金メダルに交換できるよう手配を進めていたという。

 大会関係者は「日本代表の仲間と一緒に勝ち取り、仲間の手で首にかけてもらった金メダル。ただ交換すればいいという問題ではない。河村市長の責任は重い」と話す。

 河村市長はメダルをかんだ翌5日に「宝物を汚してしまい、配慮が足りなかった」と謝罪し、「嫌がらせの認識は全くなかった」「あの時は非常にフレンドリーな感じだった」などと述べていた。
参照元:河村市長がかじった金メダルを交換へ 費用はIOC負担
8/12(木) 11:28 朝日新聞DIGITAL
河村市長のメダル噛み、大村知事が批判「けじめを」 市への苦情は約9000件に
2021/8/10 18:55 メーテレ

名古屋市の河村たかし市長がオリンピック選手の金メダルを噛んだ問題で、愛知県の大村秀章知事は10日、「けじめをつけてもらいたい」と批判しました。

 名古屋市の河村市長は4日、表敬で訪れた東京オリンピックソフトボール日本代表の後藤希友選手(20)の金メダルを噛みました。

 名古屋市役所にはこれまでに、およそ9000件の苦情などが殺到しています。

 愛知県の大村知事は10日の会見で「大変残念。どう謝罪するのか、けじめをつけてもらいたい」と河村市長を批判しました。

会見する大村知事(10日)

 そのうえで、「可能であればメダルを再発行してほしい。前例はないが、関係者と話し合っていきたい」と話しました。

 また、今回の件を受けて名古屋グランパスと市の「包括協定」締結式が中止となるなど影響が広がっています。
参照元:河村市長のメダル噛み、大村知事が批判「けじめを」 市への苦情は約9000件に
2021/8/10 18:55 メーテレ
河村たかし市長 金メダルかじり辞職問われ「ないと言うと感じ悪いでしょう」
2021年8月12日14時40分 日刊スポーツ

名古屋市の河村たかし市長(72)が12日、東京オリンピック(五輪)ソフトボール日本代表後藤希友(20=トヨタ自動車)の表敬訪問を4日に受けた際、マスクを外して金メダルをかんだ問題で市役所で取材対応し「できる限り、後藤選手の意向に沿った形で対応してもらいたい」と話した。

その一方で、報道陣から辞職を求める声がある、可能性は? と問われると「途中ですので、もうちょっとたってから…いろいろ考えられることはあるけれど、これからということにしてください。無責任なことは言えない」とかわした。ただ、さらに追及されると「辞職するにも、選んでくれた方もおるわけで(判断するのは)相当、重い。ここで言うのは、考えます。まずいですね、1人歩きするのは…何とも言いかねる。何とも言いようがない、今の時点では、ね」と言葉を濁した。その上で「(辞職については)皆さんが言われた。(辞職が)ないと言うと…また、感じ、悪いでしょう? 辞職するにも、最終的な話であって、まともな選挙で選ばれた人間にとっちゃ重たいわけですよ。今、言うのは、勘弁させていただけないかな」と、しどろもどろな発言に終始した。

金メダルの交換費用については「個人で支払いたい」との意向という。東京五輪の金メダルは重さ556グラムとされる。金メダルには金と銀と銅が使用されており、銀が大部分を占める。単純に金属の地金価格に換算しても、金額は5万円は超えるものとみられる。

河村氏をめぐっては、4日、名古屋市役所で後藤の表敬訪問を受けた際、後藤から金メダルをかけてもらった際に、突然マスクを外して、断りなくかみついていた。

感染拡大が続く中で、市民にマスクの着用など感染防止に協力を求めている立場で、マスクを外してメダルにかみついた行動について、報道陣に問われると「配慮も足らんかった。謝るしかしょうがないですよ」などと発言。報道陣から「しょうがないとはどういうことか」と投げやりな態度を批判される一幕もあった。

今後の東京パラリンピック関連のイベントについても、市は河村氏の出席を取りやめる方向で調整しているとされるが、河村氏は「よう考えないかんことだと思っとりますけど」と話した。その上で「出たいですけど、しょうがない。自粛…周りというか役所の判断。その代わり、メッセージとか何らかの方法で、パラリンピックは近代の素晴らしい精神。伝わるように応援しますと。伝わるような文章なり、考えてくださいよと」と、メッセージを出すなどの対応はしたいとしたものの、出席の取りやめという市の調整方法に不満も示した。
参照元:河村たかし市長 金メダルかじり辞職問われ「ないと言うと感じ悪いでしょう」
2021年8月12日14時40分 日刊スポーツ
金メダル「再発行して」 名古屋市長のかじり問題で―愛知知事
2021年08月10日18時19分 JIJI.COM

 愛知県の大村秀章知事は10日の定例記者会見で、河村たかし名古屋市長が同市出身で東京五輪ソフトボール日本代表の後藤希友選手の金メダルをかじった問題に関し、「可能であれば再発行してほしい。前例がないとは聞いているが、(大会)関係者と話し合っていきたい」と述べた。

大村氏は、河村氏の行動について「たいへん残念な事案だ」と批判。「当事者である後藤選手にどう謝罪するのか、しっかり対応してけじめをつけていただきたい」と求めた。
参照元:金メダル「再発行して」 名古屋市長のかじり問題で―愛知知事
2021年08月10日18時19分 JIJI.COM
河村たかし市長の謝罪会見は失敗? 歯切れ悪く「喋れば喋るほど残念な感じ」と酷評の嵐
2021年08月12日 15時00分 東スポWeb

名古屋市の河村たかし市長(72)が12日、噛んだ金メダルを交換する方針になったことについて会見を開いたが、再びの炎上を招いている。

 河村市長は東京五輪で金メダルを獲得したソフトボール日本代表の後藤希友の金メダルをかんだことで批判を浴びていた。取材陣から今回の件に関する自身の処分(減給、辞職)について問われると「そりゃまぁ、今のところ終わってませんのでまだ考えておりません」と答えた。

 メダルが交換されることについては「本当にゴールドメダリストの宝物をそういことで傷付けたということは誠に申し訳ないことで謝罪することがとりあえずすべてです。何遍も言って申し訳ないけど山下会長にお任せしとると言うことしか言えません」と言うに留めた。

〝メダル交換〟という五輪の歴史に汚点を残したという指摘には、「まあ、私には答えられませんね。そりゃ申し訳ないと。深く反省していますと。言うことに尽きます」。また市民からの辞職を求める声についても「今のところはまだ途中ですのでもうちょっと経ってからというか。いろいろ考えなきゃいかんことはあると思いますけど。これからにしといて下さい」と言葉を濁した。

 取材陣からさらに追及されると「無責任なことは言えませんので。辞職するということは選んでくれた方もお見えになりますんで。相当重い話になりますんでちょっとここで言うのは…。」と話し、記者から「辞職を視野に入れてるって書いていいですか」と問われると「それはまずいですね。一人歩きしますから」と不機嫌そうに答えた。

 ボサボサ頭での河村市長の会見についてネット上では「謝罪会見なのにスーツじゃないのね。反省してなく見えるよ」や「喋れば喋るほど残念な感じが浮彫になる」。また「会見で火に油注いだ感すごすぎ」といった厳しい言葉が溢れている。
参照元:河村たかし市長の謝罪会見は失敗? 歯切れ悪く「喋れば喋るほど残念な感じ」と酷評の嵐
2021年08月12日 15時00分 東スポWeb

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (7件)

  • はじめまして。
    可能でしたらメンタリストDaiGo氏の鑑定をお願いしたいです。
    私は彼の活動に詳しくなく、知識人ではなく芸人と思っているのですが、
    気になるのは、彼はTVを干されても、福祉団体に抗議されても、メンタルは傷つくかもしれませんが、収入源を失い再起不能となるほど現実面でダメージを受けていないだろうという点です。
    発言騒動で謝罪動画を出していますが、今後、彼は本当に福祉路線に力を入れるのか、隠然たる影響力?を持ちながら死ぬまで裕福に暮らしていくのか…。
    厚かましいリクエストですが、可能でしたらお願い致します。
    • Daigoのチャートを作成すると、月が蟹座に在住しており、水星や金星が天秤座に在住しています。


      彼自身は、金星が月ラグナから見て4室でマラヴィアヨーガで、吉星の水星がコンジャンクトして、水瓶座から木星のアスペクトも受けており、


      それで良い家に住んで快適な生活をしていると思います。


      月が蟹座に在住しているということは、個人主義者、リバータリアンであって、人は政府や社会に頼らずに自分の実力だけで生きていくべきだという考え方です。


      だからその考え方を披露したのだと思います。


      ですから、弱肉強食の考え方であり、強い者が生き残り、弱い者は淘汰されるという現実(野生の法則)を受け入れるし、それを支持します。


      そして、その考え方は、優生思想につながります。


      リアリズム的な観点からは、それはある程度の真実です。


      ヒトラーも天秤座ラグナで、5室(思想)支配の土星が10室蟹座に在住していた為、優生思想の持ち主でした。



      然し、リバータリアンは、実は、一人で独力で生きているように見えて、最も制度機構や社会からの手厚いサポートなどをこっそりと利用しています。


      例えば、アメリカなどでもタックスヘイブンに資金を逃がして、ほとんど税金を支払わないような企業が、政府からの補助金や救済制度などを利用して、生きながらえています。


      つまり、日頃、自分が強くて、自力で生きていける時は、市場原理で、自己責任の原則などを唱え、人にもそれを強いますが、自分が傷ついて弱い時には、しっかりと社会から救済してもらっています。


      そのようなことで、おそらくDaigoも社会から助けられたことは、人生の中で何度もあったはずなので、自分の税金が、社会的弱者やホームレスによって使われたくないなどと言ってはいけなかったと思います。


      そういう点で、リバータリアンというのは未熟であり、考えが浅く、自己中心的であるので、社会から批判されます。



      彼のチャートの惑星配置をざっと言えば、月は蟹座、ケートゥが乙女座、金星と水星が天秤座、太陽と土星が蠍座、木星と火星が水瓶座、ラーフが魚座です。



      現在、おそらくマハダシャーケートゥ期です。



      ケートゥをラグナとすると、水瓶座の6室に3、8室支配の火星と4、7室支配の木星が在住しており、現在、その6室に木星と土星がダブルトランジットしています。


      おそらく、これが彼の発言がリベラルな考え方の人々から猛烈に批判を受けた理由です。



      今は、封建的で、保守的な態度や思想を披露すると、リベラル派が、次から次へと名乗りを上げて、寄ってたかって猛烈に批判するようなそういう時期です。


      それは、河村たかしに対する多くの有名人の次から次へ連鎖する批判や、ニューヨークのクオモ元州知事に対する女性たちの連鎖する抗議の渦も同じです。


      Daigoに対する批判もそれと同じように水瓶座にダブルトランジットしている為にリベラル左翼の人々がナイーブに過剰に反応しました。



      これは、彼のダシャーロードのケートゥから見て、6室水瓶座に木星と土星のダブルトランジットが形成されているからです。


      水瓶座は共産主義の星座であり、リベラル左翼的な思想の人々、極端に平等(正義)を推進し、実現しようとする考え方の人々の星座です。


      Me too 運動などと同じであり、芋づる式に我も我もと名乗りを上げて、批判をします。



      但し、水瓶座の人々、リベラル左翼は、集団になった時にネットワークの効果である種の権力や強制力を発揮します。


      ですから、ある種、そうした他の人々が批判をしているからという状況の気安さに助けられて、我も我もと批判をする状況が出て来て、それが世論を動かしていく怖さがあります。


      Daigoもまたそうしたリベラル左翼の批判のストーム(storm)に巻き込まれたということです。



      ただDaigoの月から見ると、9室支配の木星と5、10室支配の火星が水瓶座の8室(不労所得)で、強力なラージャヨーガを形成しています。



      ですから、このような炎上で、彼の懐には不労所得が転がり込んでくると思います。



      彼は、youtubeの登録者が、235万人もいるため、youtubeだけで、食べていけるレベルです。



      このDaigoのチャートを見て、炎上商法というものが表わす配置というのがある程度、分かります。



      これは、批判を受けるのにアクセスが集まって、逆にその人に利益をもたらすという現象です。




      おそらく、それは8室が強いが、そこが6室にもなっているこのDaigoのチャートのような場合だと思います。



      批判(6室)を受けるが、それが同時に8室(不労所得)にもなっているような配置があるのだと思います。




      それと同時に水星と金星が天秤座で強く、木星からのアスペクトも受けている為、コミュニケーション能力が高く、情報ビジネスでお金を稼ぐことが出来るのだと思います。



      ケートゥから見ると、水星と金星が2室でダナヨーガを形成している為、今後もDaigoは余裕で経済的な利益を得ていくと思います。



      ケートゥ期の次は、金星期であるので、その後も経済的には安泰です。



      Daigoは、自分独自の力で生きていくというリバータリアニズム思想の持ち主で、典型的な個人主義者で、今回は、そうした蟹座の月が持つ自己中心的な面をうかつにも素朴に表現してしまったのですが、そういうのを決して見逃さないのが、戦闘的なリベラル左翼であり、特にTwitterなどのSNSで気軽に意見が言える時代なので、水瓶座にダブルトランジットが生じている為、そうした人々が活気づいていると思います。



      因みにDaigoは、個人主義者ですが、実際は、youtubeというプラットフォームの力を使って、それで稼がせてもらっています。



      決して独力で稼げる訳ではありません。社会の他の人たちの助けが必要です。稼ぐには社会の助けが必要です。




      リバータリアニズムは、社会など必要ないとする思想なので、そういう意味で、言っていることと自分がやっていることが矛盾してしまいます。



      リバータリアン(蟹座)ほど、インターネットや、SNSや、様々な社会インフラ、自然環境や天然資源などを無料で活用して、利益を上げている人はいません。




      但し、国家という制度機構が、個人が社会保障という形で、助けを求めたり、税金を支払って、その運営に協力すべき最も効果的で優れた仕組みなのかどうかは分かりません。



      例えば、今回のコロナ危機では、中小企業の経営者などが、補助金などで、最も手厚い保護を受けました。



      つまり、個人事業者とか、リバータリアン的な人々が最も恩恵を受け、サラリーマンは、最も恩恵を受けられませんでした。



      然し、サラリーマンが最も、補助金を必要としていた為、この国家の制度機構が提供する社会保障には、ひどく欠陥があります。




      例えば、生活保護などは、個人生活に関して、様々な質問や詮索をされたり、利用する側にとって屈辱的な仕組みであり、制度運営に多額の税金が必要になります。



      また生活保護という仕組みは、屈辱的な仕組みであるだけに申請した人だけが恩恵を受ける仕組みとなっており、不公平な仕組みであるとも言えます。



      申請から支払いまでをデジタル化して、制度が最小限のコストで運営できるようにし、ベーシックインカムという形で、全ての人に平等に支給する形にした方がよいと思います。




      Daigoのチャートは、炎上することで、大きな収益を上げる人の典型的なチャートであると言えるかもしれません。



      つまり、ケートゥから見て、8室支配の火星が6室に在住する配置が、ヴィーパリータラージャヨーガであり、敵から不労所得を得る配置です。



      炎上商法の人にそうした配置があることは想定できますが、実際、確認できたことは収穫でした。
      • 秀吉様

        迅速で丁寧な回答、誠にありがとうございます。

        本人の蟹座のリバータリアニズムと、現在の水瓶座のダブルトランジットがよく現れているのですね。
        ヒトラーとの類似性や社会の資産を有利に使う例など気になる点を詳しく教えていただき、大変わかりやすかったです。

        彼の収入源は一般大衆の視聴や課金の少額の積み重ねですから、それらの人々を見下したり切り捨てたりする態度には、矛盾を感じますね…。
        (生活保護でないにしても、富裕層は多くない一般的な人々)

        秀吉様は、最後に生活保護の制度設計についても言及されていますが、
        彼もそのように冷静に現実的な問題提起をしていれば、社会学者的な役割になったと思いますが、
        あくまで個人主義的価値観なのでしょうね。

        改めて、お忙しい中、詳細にありがとうございました。

        私は名前の通り、縁あってラーマン式の鑑定を受けましたが、どうも一般的な方式(ラオ式?)だとラグナが変わるようで、受け直すか迷っています。

        (自分の)鑑定を正式にお願いすることがありましたら、その際はまたどうぞよろしくお願い致します。
        • ラーマンというのは、B.V.ラーマン氏のアヤナムシャを使用した鑑定という意味でしょうか。

          特にB.V.ラーマン方式の読解の仕方というものがある訳ではなく、ジョーティッシュの読解の仕方としては同じです。

          牡羊座の0°から春分点が移動した度数の幅(アヤナムシャ)が、一般的に広く使われているラヒリ・アヤナムシャではなく、ラーマン氏独自のものを使っており、

          その為、ナヴァムシャなど分割図のラグナが、ラヒリ・アヤナムシャを使ったチャートとは、違ったものになる場合があります。

          ナヴァムシャのラグナが変わってしまうと、ラグナが異なるチャートは別人のチャートに等しいので、大分、違う鑑定結果となります。

          ナヴァムシャとは、出生図を補完するチャートで、出生図と同じかそれ以上に重要なチャートだからです。

          ただラヒリ・アヤナムシャを使うと、ナヴァムシャのラグナが変わるかどうかはチャートを作成してみないと分かりません。

          もしラーマン式であってもナヴァムシャのラグナがラヒリ・アヤナムシャと同じ場合もあるかもしれません。

          その場合は、使用するチャート自体には、それ程、大きな違いは出ないと思います。

          アヤナムシャの問題も大事ですが、出生時間が正確かどうかも大事です。

          また鑑定は、鑑定する方の興味の方向性や得意分野、習得している知識レベルや経験によって違ったものになるかもしれません。

          同じ知識を使っていてもそこから導き出される結論は鑑定師によって十人十色だという解説を読んだことがあります。

          鑑定は、鑑定師による個人色が出る分野だと思います。

          但し、読解の基本事項を押さえている人の鑑定の概略は、どんな方も似たような内容になってくると思います。

          もしそのような機会がありましたら、是非、お待ちしています。
  • 秀吉様

    アヤナムシャについてのご説明、ありがとうございます。

    レアケースかもしれませんが、もしかしたら私が鑑定を受けた先生は、海外で独特の流派を習ったのかもしれません。
    ネットの複数の無料サイトで出生図を出すと、ラグナが一つ変わり、ダシャーもズレるので、最初の先生の鑑定図を再現できないのです…。
    ですが、その先生の技量が半端なものとも思われず…。
    (同じ先生の鑑定を受けた方で、何かチャートが特殊だと書いてる人を、ネット上で見つけました)

    出生時刻は、分までのを使っています。

    その先生に不満はなく、謎のまま止まっていたので、この場を借りて少しご相談できて良かったですm(_ _)m
    • その先生とは誰でしょうか。日本の方でしょうか。


      もし宜しければ、問い合わせからの連絡でもかまいませんので、その先生とは誰なのかを教えて頂けますでしょうか。


      ラーマンのアヤナムシャを使っても出生図のラグナまで変わることは中々ないことで、ラグナが星座の境界付近にある場合だけです。


      アヤナムシャの違いによって、生じたのではなく、全く違うやり方を行なっていた可能性もあります。


      例えば、クリシュナムルティーパダティー(KP)という方式を実践する方もいますが、


      その方式だと、独自のアヤナムシャを使い、西洋占星術のプラシーダスハウスシステムを使うため、星座毎の幅が異なり、


      通常、ジョーティッシュで使われる星座が30°毎のイコールハウス方式でない為、ラグナがずれるかもしれません。


      あるいは、西洋占星術と同じトロピカル星座帯を使っていた可能性もあります。その場合もラグナが1つずれるかもしれません。


      ラグナの星座が、一つずれるというのは、重大なことですから、何故、ずれたのかということは、探究者にとっては非常に興味の対象です。


      単にその方が緯度経度や時間の入力などを間違えたり、それ程、チャートの正確さを重視していなかったということもあり得ます。


      通常、一般的なジョーティッシュでは、ラヒリ・アヤナムシャを使い、サイデリアル星座帯を使い、イコールハウス方式を用いて行なわれます。
      • 秀吉様

        上記の件、ご対応ありがとうございました。

        私の場合は、アヤナムシャの選択で、大きなずれになってしまったようですね。

        (私も、ネット上のラヒリ・アヤナムシャの方が、ダシャーが節目に合っているような気がします)

        すっきりしました、とても参考になりました。

秀吉 へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA