MENU

プランスゴールドホールディングス中間報告 -もう私たち(人類)は働かなくてもいい-

2020 9/10


「あなたが寝ている間にお金に働いてもらう方法を見つけなさい」― ウォーレン・バフェット



7月24日から開始したプランスゴールドホールディングスの投資案件だが、異常な盛り上がりを見せている。



私がブログに掲載した途端に多くの方からの問い合わせを頂いて、今、参加者全員で、経済的自由を求めて、夢中になって実践しているのである。



たちまち、当、鑑定家の常連の方々を中心に多くの方から参加を表明して頂いた。







私はこれまで、ネットワークビジネスなど少しも出来たためしはないが、これは仮想通貨案件であるということが、私の興味の対象でもあり、人にこの案件の魅力を伝え易い条件となったようである。



この会社は、ポンジスキームなどではなく、本物の三角アービトラージの最先端技術を持った参入障壁の強い優良企業である。



実際に三角アービトラージで収益を上げ、出資者たちに分配しているのである。



現在、9カ国に展開し、世界中の人々に経済的自由を提供していくことを会社の使命(ミッション)としている。



そうした会社の理念に賛同出来ることもあるが、実際に資金を驚くほどのスピードで、複利で増やしていく、堅牢な技術的基盤がある。



まさに安定した頼もしい会社である。



新型コロナウィルスが蔓延し、多くの人々が働けなくなって、収入が得られなくなっている状況の中で、この会社は2月から稼働を開始し、多くの人々に収入源をもたらし、まさに経済的に人々を支えて来たのである。



実際の所、サービス業や製造業など、リアルなビジネスが、コロナの影響で、営めなくなっている中で、仮想通貨の三角アービトラージというのは、インターネットの仮想空間の中で、ボットと呼ばれるマシーンが、原資をひたすら増やしてくれるのである。



これだけ心強いことはないと言うことが出来る。



会社はボット(bot)を20基所有し、1つのボットで、1日24時間、確実に利益の出るトレードだけを2万回行なうことが出来る。



まさに利益製造マシーンである。




私は、この話を初めて聞いた時、まさにこのボット(bot)たちは、富裕層の資産を運用しているヘッジファンドの凄腕のトレーダーたちを遥かに超えていると思った。




この会社は、仮想通貨のアービトラージから始まって、コモディティーのアービトラージなど、次々に市場を拡大して、仮想通貨の大きな取引所、バイナンス(binance)、ビットレックス(Bitrex)、Houbiなどで、三角アービトラージを展開している。



またこの会社が信頼できる所は、集める資金に上限を設けている所である。




これは良心的なヘッジファンドと全く同じスタンスである。




ヘッジファンドは、顧客の資金を預かって、運用できる金額には限度がある為、際限なく、出資者を募集する訳ではないのである。




運用出来ない場合、出資者に資金を返金する場合もある。




一方で、ポンジスキームになると、際限なく、出資金を募って、後から出資する人の資金を前に出資した人への報酬の払い出しとして使ってしまうのである。




然し、1ヶ月程、自分で、運用して、多くの参加者の話を聴き、勉強を重ねるにつれて、全くそんなことはないということが分かった。




私は先日、『フリーメーソンとアメリカ建国の歴史』の中でも書いたが、西洋近代合理主義は、産業革命をもたらし、人々を封建社会から解放して、民主主義社会をもたらしたが、いかにして、人類社会は、平等や正義を確立するのかということを考えて来た。




一つの答えとして、それはリベラル左翼的な運動だけでは無理なのではないかということである。





私は、若い時から、左翼的な活動、社会民主主義に共感し、資本主義は悪であるとずっと思ってきた。




お金を稼ぐこと自体もどこかで悪ではないかと思ってきた。




然し、長い人生経験を重ねてみると、資本主義という現実と、お金を必要とするという社会の現実は、決して覆らない。





リベラル左翼的な運動に身を投じるよりも投資家マインドを身に付けて、自らを資本の隷属から解放することこそが、全ての労働者にとって必要なのではないかと思うようになった。




以前も書いたが、アリス・ベイリーの著作の中に資本家と労働者の対立は、知識の殿堂を通っているかいないかの違いであると記されているのである。




労働者というのは、その立場に甘んじていられるからこそ、いつまでも資本への隷属は終わらないのである。




資本の働きや資本主義社会の仕組みに精通していたら、もう労働者は資本主義の被害者ではなくなるのである。




そのような発想が必要だと思うのである。




やがて、理性の光は、全ての人類にドバイのコンドミニアムのような豪華な住宅を提供し、人々は労働から解放されるだろうと思われる。




然し、それはまず最初にそれを求めた者に与えられるのである。




そして、徐々にそれが、全人類に浸透していく。





そういう意味で、私はこのアービトラージ投資案件に大変な魅力を感じている。




何か自分たちの人生を変えてくれるようなそうした期待感を抱かせる会社である。




私は、しばらく2~3年のスパンで、ジョーティッシュと並行して、この投資案件の普及、販促活動を行っていきたいと思うようになった。




いわば副業活動である。




非常に大義もあり、自分と他人の経済的自由を成し遂げることが出来そうだからである。




特に最も重要なことは、自分自身が経済的に自由になることである。




経済的な自由が確立してこそ、何でも好きなことができるようになる。




そして、より贅沢な資金を使って、様々なイベントを企画することが出来るのである。






今だかつてないチャンスが到来



現在、このプランスゴールドホールディングスは、9月の一大キャンペーンを行なっている。




出資した金額を運用資金的に倍にしてくれるというキャンペーンである。





これが非常に面白く、参加者に有利な条件を与える為、もし参加を検討されている方がいるのであれば、9月中に参加することがお勧めである。





◆      ◆      ◆




当、サイトでは、プランスゴールドホールディングスの三角アービトラージがどのような投資案件か、どのようにして収益を上げ、人々に経済的な自由を提供するのか、その辺りを説明し、参加者をサポートしていく予定です。




鑑定家と共に、この投資案件で、戦って頂ける方は、是非、ご連絡下さい。




当サイトの紹介で、プランスゴールドアービトラージ(PGA)に参加して頂ける方には、鑑定家から登録や設定、オペレーションに関するサポート、ジョーティッシュも含めた総合的なコンサルを提供します。




是非、この機会にご参加下さい。




登録は以下のリンクからお願いします。(但し、口座開設前に一度、以下の【問い合わせ】までご連絡下さい。)


アカウント登録






問い合わせは以下までお願いします。


問い合わせ







スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • これは心が揺れてしまいますね
    諸般の資産運用の方法論を認知しうるだけの数学的な感性がとうに死に絶えて久しい自分ですが
    ここまで先生が力説されるのであれば…
    今度また相談させて下さい

コメントする

CAPTCHA