ノーベル文学賞受賞・作家 カズオ・イシグロのチャートについて その2



カズオ・イシグロが双子座ラグナである理由について、「週刊現代」2017年10月28日号の記事『カズオ・イシグロの親族が明かした「一雄くんのこと」祖父は伊藤忠「伝説の商社マン」』が参考になる。(末尾に参考文献として掲載)


名家での誕生


この記事によれば、カズオ・イシグロの日本語名は、石黒一雄で、石黒家は代々由緒ある名家だったという。


そして、カズオ・イシグロは、5歳まで、長崎県のレンガ造りの純和風の武家屋敷のような3階建の邸宅で暮らしていたようである。


祖父は優雅な生活で、豊田家との関係も深く、トヨタ関連の株の配当だけで生活していたと記されている。


こうした家族の元で、何不自由ない幼少期を過ごしたカズオ・イシグロは2室(両親、家族)が強いはずである。


もし双子座ラグナなら2室で木星が高揚し、2室支配の月が木星と星座交換しているため、非常に強い配置となる。


また11室支配で高揚する火星と相互アスペクトもしている。


2室で木星が高揚し、2室支配の月が木星と星座交換する配置は、名門で何不自由ない生活を送ったように見える配置である。






当初、蟹座ラグナの可能性を考えたが、蟹座ラグナにすると結婚したタイミングで、7室に木星がトランジットし、土星が5室からアスペクトして、7室にダブルトランジットが生じる為、蟹座ラグナでも若干、出来事が説明できる。


結婚した時のダシャーが金星/水星期で、ナヴァムシャだと金星がラグナに在住する為、多少、蟹座ラグナの可能性も考えることになったが、然し、蟹座ラグナだと2室支配の太陽が4室で減衰し、7、8室支配の土星とコンジャンクトし、3、12室支配の水星とコンジャンクトして、激しく傷ついている。

これだと名家に生まれた幼少時の恵まれた生活が説明出来ない。


蟹座ラグナだと3、12室支配の水星が4室で傷ついた配置になるが、カズオ・イシグロは5歳の時に生まれ育った長崎県からイギリスに移住して、そこで英国籍を取得して、英国人として永住することになっている。


これは人生の大きな変化であり、5歳頃のダシャーに出ていなければならないと考えた。


そうすると、ちょっと見た目には、3、12室支配で4室に在住する水星が、そうした外国(12室)への移住(4室)をもたらしたのではないかと考えることも出来る。


それで蟹座ラグナか、双子座ラグナでかなり迷うことになった。


然し、カズオ・イシグロが水星期に日本を離れて英国に移住したのは、主に月から見た4室支配の水星が8室に在住し、12室支配の土星とコンジャンクトし、6室支配の太陽とコンジャンクトしていることによって生じたのである。


4室の支配星が8室に在住して、突然の家の変化を表わし、外国を表わす12室の支配星と絡んでいる。


これは自分の長崎の生家、母国を失うことを意味している。



また双子座ラグナから見ても4室の支配星が8室の支配星とコンジャンクトすることによって突然の住まいの変化を表わしている。


また4室の支配星が、8、9室支配の土星とコンジャンクトすることは父親の海外赴任の都合で、この引っ越しが避けられなかったことを意味している。



それであえて蟹座ラグナにしなくても、この英国への移住は説明出来ることが分かった。


実際に英国に移住をしたのは、水星/木星期であるが、木星は出生図で7室の支配星で、7室は4室から4室目で住まい、引っ越しの本質のハウスである。


蟹座ラグナに設定すると、5室に金星が在住することから音楽の趣向が説明出来そうだが、4、11室支配の金星期に大学院の創作学科で小説を書く専門教育を受けたということは説明しにくい。



このように蟹座ラグナかどうか迷ったことで、暫くカズオ・イシグロのラグナについての結論が出なかったが、最近、再び、見返してみて、やはりカズオ・イシグロは、双子座ラグナでしか説明出来ないと改めて思った。






また今回、名門の家に生まれたことなど、新しい事実関係が明らかになった結果、双子座ラグナで正しいと判明した。



蟹座ラグナで4室が傷ついている場合、この4室はカズオ・イシグロの人生に何も栄光をもたらさないのである。



小説の創作でノーベル文学賞まで取得したのであれば、双子座ラグナで5室にクリエーターとしての強い配置がなければならない。



ラグナロードが5室に在住して、人生を小説の創作に捧げていなければならないのである。



蟹座ラグナではその辺りが全く説明出来ていない。



蟹座ラグナではラグナロードが9室に在住して、9室の支配星と星座交換する為、人生を宗教の探究や霊的探究に捧げているような配置である。



そうではなく、カズオ・イシグロは人生を小説の創作に捧げているのである。



だから双子座ラグナで間違いないのである。





カズオ・イシグロの作風


前回も作風について触れたが、カズオ・イシグロの作品は、ノスタルジーに溢れていると評価されているようである。


wikipediaによれば、ノスタルジーとは、異郷から故郷を懐かしむこと、過ぎ去った時代を懐かしむことと定義されている。


この過ぎ去った時代の思い出に浸る行為とは、記憶と感情が結びついた現象である。


昔の故郷の自然や人々の記憶が、心地よい感情と共に蘇るのである。


そういう意味ではノスタルジーに浸れる能力とは、感情が豊かで、感情自体も強いことを表わしている。


再び、繰り返しになるが、これはカズオ・イシグロの5室支配の金星が水の星座である蠍座に在住し、月から5室で高揚する木星からアスペクトされている為である。

特に蠍座は、感情保持能力が高く、感情が中々消えることがなく、持続する星座である。


だから人に対して、いつまでも感謝したり、あるいは、人を恨むといつまでも忘れない。


従って、ノスタルジーという形で、心地よい感情を伴った美しい過去の記憶が表現される場合、それは水の星座に吉星が在住している場合である。


もし凶星が在住して水の星座が傷ついている場合、ノスタルジーといった心地よい文学的な表現にはならず、過去の過酷な出来事についての恨みの思い出として残るはずである。


こうした水の星座に吉星が在住する配置は、伝統社会の中で、古き良き時代に幸福な経験を沢山したことを意味している。


その為、それがノスタルジーになるのである。


こうした感性は、古き良き伝統への回帰を求めるロマン主義にも通じる所があるが、カズオイシグロの場合、それらの古き良き時代は二度と戻って来ないという諦め、ペシミステックな哀しさというものに溢れている。


その辺りは冷静な分析をする双子座の達観性がある。仏陀もほぼ運命論者であり、占星術を重視したようだが、双子座/水星というのは、達観した知性であるため、運命に逆らうという発想にならない。


例えば、『日の名残り』では、時代の変化についていけない執事の男性の哀しみを描くのであるが、その執事が最後に前向きに生きようとする姿勢を描くことで小説を締めくくっている。




映画『日の名残り』より



主人公のスティーブンスは、かつての同僚であり、自分に好意を抱いていたミス・ケントンをもう一度、屋敷に呼び戻そうとして再会を果たすが、ミス・ケントンは既に結婚しており、子供の為に生きなければならず、もはや失われた時間を取り戻すことは出来なかった。



『スティーブンスは、不遇のうちに世を去ったかつての主人や失われつつある伝統に思いを馳せ涙を流すが、やがて前向きに現在の主人に仕えるべく決意を新たにする。屋敷へ戻ったら手始めに、アメリカ人であるファラディ氏を笑わせるようなジョークを練習しよう、と。』(wikipedia 日の名残り より引用抜粋)


小説家にとって登場人物は、自分が生み出した子供のようなものであり、創作物である。



それは5室の象意である。



カズオ・イシグロの場合、5室支配の金星は、6室に在住して逆行しており、土星、太陽、ラーフに挟まれて、パーパカルタリヨーガを形成し、傷ついている。


従って、5室が完全に幸福な思い出だけで形成されている訳ではないのである。



この5室の支配星が若干、傷ついて奮闘の6室に在住していることが、古き良き時代や失われつつある伝統に思いを馳せる傷心を表わしているのである。



これがカズオ・イシグロの傷心でもあるのだが、この古き良きものを失いつつある哀しみを『日の名残り』の主人公であるスティーブンスに体験させているのである。



そして、その6室に在住する金星は、弱い者、虐げられた者への奉仕を表わし、また木星のアスペクトによる保護もあるため、最後にスティーブンスが、『アメリカ人であるファラディ氏を笑わせるようなジョークを練習しよう』と前向きに考える場面で、小説を閉じている。


この辺りには、古き良きものを失って傷ついた弱者である主人公のスティーブンスに対する思いやりが感じられる。



この古き良きものを失いつつある人間の哀しさというものは、長崎で5歳まで幸福な生活を送ったカズオ・イシグロがいきなり父親の仕事の都合で、英国に移住しなければならなくなり、それまで親しんだ邸宅や交友関係などを全て失った体験に通じるものがあるかもしれない。


これが原体験が、カズオ・イシグロの作品に表わされているのではないかと思われる。



従って、まとめると、カズオ・イシグロのノスタルジー小説は、5室支配の金星が水の星座の蠍座に在住し、月から5室で高揚する木星からアスペクトされていることで、古き良き時代の幸福で豊かな体験が元になっているが、この金星は、6室に在住し、パーパカルタリヨーガを形成していることで、若干、傷つけられていることがポイントである。


これが古き良き時代を失う経験であり、そうした経験をする登場人物(5室)を生み出す創作力(5室)なのである。



つまり、ノスタルジー文学とは、5室と生来的吉星、水の星座の組み合わせに若干の傷が付いているコンビネーションではないかと思われる。




実業家や社会革命家、進歩的文化人のようなタイプに言わせれば、過去の思い出話ばかりする人間は、役立たずなのである。


こういった人々は常に前だけを向いており、変化を求めている。


然し、こうしたタイプの人々には、古い愛着のある品物を捨てられない気持ち、古い時代の思い出を大事にする気持ちが理解出来ない。


水の星座が強い人々は保守的で感傷的ではあるかもしれないが、人の感情を大事にし、記憶と感情、物と感情が強く結びついている。


それが水の星座、ブラーミンの特徴なのであり、優美な人々なのである。


癒しの力というのもこの人々が持っている。





(参考資料)



カズオ・イシグロの親族が明かした「一雄くんのこと」
祖父は伊藤忠「伝説の商社マン」
週刊現代 2017/10/24

一夜にしてその名は世界中に知れ渡った。長崎生まれの日系イギリス人作家は、どんな家に生まれ、どんな環境で育てられたのか。親戚や恩師の証言を元に、ノーベル賞作家のルーツを追った。

トヨタ家との縁

長崎駅から車で10分。長崎市内を走る路面電車の新中川町電停から入り組んだ細い路地を100mほど進むと、3階建ての洋風の屋敷がある。ここにカズオ・イシグロ氏(62歳)が5歳まで過ごした生家が、かつてあった。

この付近は長崎らしく、坂の途中に一軒家や集合住宅が密集して立ち並ぶ住宅街だ。往時は桜の名所として知られ、いまも料亭がいくつか残っている。

「明治、大正の時代は富裕層の別荘地でした。いまはだいぶ景観が変わったけど、その名残で大きな屋敷がポツポツと建っています」(近隣住民)

先ごろ、ノーベル文学賞を受賞したイシグロ氏は、日本人の両親のもと、1954年に長崎県で生まれた。家族で5歳のときに渡英し、'83年にイギリス国籍を取得する。自身は英語しか話せないが、受賞のインタビューでも「私の一部は日本人なのです」と語っている。

イシグロ氏はどんな家庭に育ったのか――。

日本名は石黒一雄。石黒家は代々由緒ある名家だったと語るのは、カズオ・イシグロ氏のいとこにあたる藤原新一さん(71歳)だ。

「私の母の弟の長男が一雄くんになります。一雄くんのお父さんには二人の姉がいて、2番目が私の母になります。

我々の祖父、昌明さんは滋賀県大津市の出身。戦前、中国に渡り、上海にあった東亜同文書院という高等教育機関を卒業しています。この学校は、ほぼ国策学校で授業料も無料。秀才が集まる学校で、各県から一人ほどしか入学できないほどレベルが高かったそうです。

卒業後、祖父は現地の伊藤忠商事に入社しました。仕事ぶりも優秀で、上海支店の支店長まで務めました。ところが、会社で労働争議が起きた責任をとって退社を余儀なくされたんです。そんな祖父を救ってくれたのが、創業者の伊藤忠兵衛さんでした。

祖父の働きを高く評価していた忠兵衛さんは直々に、豊田佐吉さんに頼み込んで、祖父は上海の豊田紡織廠(トヨタ紡織の前身)の取締役として迎えられたそうです」

イシグロ氏の祖父が長崎に戻ってきたのは終戦の直前だった。なぜ帰国後、長崎を選んだのか、その経緯は不明だというが、ここでイシグロ氏は生まれ育った。

「一雄くんの家には、よく遊びに行かせてもらったので鮮明に覚えています。塀こそレンガ造りでしたが、純和風の邸宅で、武家屋敷のようでした。3階建てなんですが、中2階があってそこに一雄くんはよく居ました。

祖父はとにかく怖くて、怒られた記憶しかありません。日本に戻って来てからは仕事をしていなかったはずですが、生活ぶりは優雅でした。トヨタ関連の株の配当だけで生活していたんじゃないかな。

いまでもよく覚えているのは祖父の葬儀でのことです。伊藤忠兵衛さんから、読み終えるのに10分もかかる弔文が届いていました。祖父と忠兵衛さんは盟友だったみたいです。

祖父は豊田家との関係も深く、葬儀の際に使用した車は、すべて長崎のトヨタが提供していた。豊田家の方が長崎に来ると、石黒家が出迎えるという間柄でした。

うちの母が豊田章一郎さん(トヨタ自動車名誉会長)のことを『しょうちゃん』と呼んでいて驚いたことがあります」(藤原さん)

作品に活きた母の被爆体験

イシグロ氏の父である鎮雄氏もまた、ひとかどの人物だった。九州工業大学を卒業後、長崎海洋気象台に入り、海洋学者として活躍。1960年、イシグロ氏が5歳のときにイギリス政府から国立海洋学研究所に招致され、一家で渡英した。

藤原さんが続ける。

「『あびき現象』(長崎湾で発生する副振動)研究の第一人者でした。点字のタイプライターを製作し、エリザベス女王に拝謁したこともあるそうです。'94年には『日本語からはじめる科学・技術英文の書き方』という著書も出されている。

私にとってはやさしいおじさんという印象です。夏休みの宿題を手伝ってもらったり、天気予報の機械の作り方を教えてくれたこともあります。非常にインテリな方でした。

鎮雄さんは男前で日本人離れした顔立ちをしていました。目の色素が薄くて鼻も高く、一見、外国人に見えるほどでした。

一雄くんも純日本人っぽくない顔立ちですが、あれはお父さん譲りだと思います。一雄くんのお母さんである静子さんも美人でした。長崎市内で教師をされていたそうです。

お母さんは長崎で被爆されています。10年ほど前だったでしょうか、長崎在外の被爆手帳をもらうために来日されました。

一雄くんは処女作『遠い山なみの光』で原爆についても書いていますが、小さいころ、お母さんから戦争体験をよく聞かされていたようです」

「イギリス人」になる決意

イシグロ氏が5歳まで通っていた長崎市の「桜ヶ丘幼稚園」(現在は閉園)で、年少組の担任だった田中皓子さん(91歳)は、一雄少年のことを克明に覚えている。

「当時は年長と年少の2クラス。石黒くんが年少クラスにいた1年間、担当しました。上のクラスにはお姉ちゃんもいました。うるさい盛りの年ごろですが、石黒くんはそういう面がいっさいなかった。物静かで、落ち着いていて、我々としてはまったく手がかからない子供でした。

ほかの子供とはちょっと違いましたね。いま考えれば、周囲を黙って観察して、頭の中でいろいろ考えていたのかもしれません。

幼稚園では、よく絵本を読んでいたと思います。まだ小さかったこともあり、友達と騒いで遊ぶタイプではありませんでした。お父さんの転勤でイギリスに行く際、お母さんと一緒に退園手続きに来たときも、とても落ち着いていたことを覚えています。

なぜこんなに覚えているかというと、あの子は服装からして他の子とは違っていました。いとこの藤原さんもそうですが、制服にはアイロンがきちんとかけられていて、汚れひとつありませんでした。

また、着こなしもセンスが良いというか、家がしっかりしているんだなと感じました。この幼稚園は裕福な子弟が多かったのですが、育ちの良さは際立っていましたね」

若いころのイシグロ氏は作家ではなく、ミュージシャンを目指していた。本人いわく、レコード会社にデモテープを送ったりもしたという。

〈10代のころからアメリカのアーティスト、特にボブ・ディランやニール・ヤングが好きで、彼らのような音楽を演奏していました〉(『COURRiER Japon』2006年11月2日号より)

イシグロ氏が音楽に興味を持ったのも、両親の影響があったと前出の藤原さんは言う。

「石黒家にはいつも音楽がかかっていました。父の鎮雄さんはピアノやチェロを弾いていたし、母の静子さんもピアノを弾いていた。あの時代にチェロを弾いていた人はほとんどいませんでした。ちなみに、長崎の気象台には父の鎮雄さんが作曲した歌が残されているそうです。

一雄くんの一家がイギリスへ渡ったとき、家財道具を残していったのですが、その中には貴重なレコードもあったらしく、鎮雄さんから『テープに録音して送ってほしい』と頼まれたことを覚えています」

幼いころのイシグロ氏は、いつかは日本に帰るものだと考えていたという。イシグロ作品の愛読者でイシグロ氏と対談を行ったこともある、作家で生物学者の福岡伸一氏が言う。

「これはイシグロさんに直接聞いた話ですが、彼は毎年『来年になったら日本に帰る』と両親に言われていたそうなんです。それが中学生くらいになって、もうこれは日本には帰らないんだなとわかってきて、イギリス人として生きることを決意するのです」

イシグロ氏が、小説を書き出したのは26~27歳のころ。きっかけは、くしくも日本への記憶だった。

〈自分の中にある日本の記憶を永久保存したいと考えたのです。それと同時に、私は日本についての小説を書き終わるまで、日本には戻らないと決意しました。日本に行くと、自分の脳裏にある日本の記憶に干渉をすると思ったからです〉(『文學界』2006年8月号より)

イシグロ氏が日本に戻ったのは'89年。5歳で渡英して以来、約30年が経っていた。

〈長崎はずっと想像していたものに近かった。すべての丘を思い出すことができたし、昔いた古い家にも行きました。幼稚園への行き方も覚えていました〉(同前)

前出の幼稚園時代の恩師である田中さんが、当時を懐かしむ。

「'89年に来日されたとき、奥さんのローナさんを伴って幼稚園に来てくれました。『昔と同じ制服だ』と喜んでくれてね。ほとんど話す時間はありませんでしたが、忘れずに覚えていてくれたことは嬉しかったです。もう一度会いたいですね」

妻からの「ダメ出し」

イシグロ氏が、スコットランド出身のローナさんと結婚したのは'86年。以来、イシグロ氏のそばには常にローナさんの姿があった。ノーベル賞作家となったイシグロ氏だが、いまでも妻には頭があがらないという。過去のインタビューには、それを表すエピソードがある。

〈最新作の『忘れられた巨人』を書き始めたときのこと。40~50ページくらい書いたところで、妻のローナに読んでもらったんです。すると「これは全然ダメ。初めからやり直さないと」とけんもほろろに言われました〉(『an・an』2015年7月22日号より)

並の作家でも、「素人に何がわかる」と怒り出しても不思議ではない話である。ましてやイシグロ氏は、すでにこの時点で世界的に有名な作家として知られていた。

ところがイシグロ氏は驚くべき行動に出る。なんと妻の言う通りに小説を一から書き直したのだ。

〈妻のアドバイス通り、最初の草稿を全部捨てて書き始めると、前とはまったく違うアプローチになったんです。この本に限らず、妻にはいろいろ意見を聞くのですが、本作では特に、妻の影響は大きかったですね〉(同前)

誰に対しても誠実で謙虚――。イシグロ氏を知る人物は、皆そう口を揃える。

最後にいとこの藤原さんは親しみを込めて、こう語る。

「長崎にいる姻族は私だけになってしまいました。一雄くんがノーベル賞候補になってから、かれこれ10年くらい発表の前に取材を受けていたのですが、表に出ることはありませんでした。それが今回このような結果になって自分のことのように嬉しく思います。一雄くん本当におめでとう」

長崎に生まれた一雄くんは、名実ともに「世界のカズオ・イシグロ」となった。

「週刊現代」2017年10月28日号より
参照元:カズオ・イシグロの親族が明かした「一雄くんのこと」
祖父は伊藤忠「伝説の商社マン」
週刊現代 2017/10/24











スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA