梅宮アンナ

氏名梅宮アンナ
ローマ字Umemiya Anna
生年月日1972年8月20日
出生時間17:00
出生場所東京都
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業ファッションモデル、タレント
所属ジパングエンタテイメント
業績
その他
データソースwikipedia, 2チャンネル


umemiyaanna_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1990年代街でスカウトされて、女性雑誌 『JJ』に専属モデルとしてレギュラー出演した。 以前より“梅宮辰夫の娘”としては幾たびかテレビに出演していたが、『ねるとん紅鯨団』の芸能人大会に単独で出演。司会進行の石橋貴明が梅宮を非常に気に入り、その回のマドンナのように扱ったこともあり“梅宮アンナ”の名と顔が一般にも知られるようになった。
1994年1994年ごろから、タレントの羽賀研二と交際、しかし父親の梅宮辰夫がこれに公然と反対を示し、羽賀に対する叱責や批判を繰り返すなどしたため、芸能マスコミは好んでこの騒動を取り上げた。
1995年写真集『アンナ 愛の日記』(1995年、新潮社)を出版
1995年羽賀との交際中の1995年に、羽賀と共演するヌード写真集(ヘアヌードならぬ、"ペアヌード" と呼ばれた)『アンナ 愛の日記』(撮影:篠山紀信)を出版している。これは、当時多額の負債を抱えていた羽賀が自身の借金返済のために企画したものだとも揶揄されたが、後に梅宮本人は「私一人で考えて、純粋にメモリアルとしてやったもの」と述懐している。
1999年羽賀との交際は、1999年に破局を迎えた。
2001年『「みにくいあひるの子」だった私』(2001年、講談社)を出版
2001年6月その後の2001年6月、梅宮は元飲食店勤務の男性と「できちゃった結婚」した。
2002年1月長女が誕生した。
2003年2月離婚
2004年元夫の男性はその翌年に賭博開帳図利容疑で逮捕された。
2007年2007年に放送されたテレビドラマ、『特命係長 只野仁 (3rd シーズン)』 (テレビ朝日)の最終回(第31話)にゲスト出演、レギュラー出演していた父・辰夫と、再従兄高橋克典との三者が共演することとなった。同ドラマで梅宮は、高橋とのベッドシーンも演じた。
2007年8月20日
9月9日
9月11日
9月16日
35回目の誕生日に自身のブログ『アンナビ』を立ち上げた。ファンと同じ視点に立つことを信条に、ときにはコメントした投稿者の名前をブログに登場させて、コミュニケーションを図っていた。しかし、投稿者の名前をブログに出すことに関して、名前が出されなかった投稿者などから非難が展開され、それが元で9月9日ブログが炎上。これを機にコメント、トラックバックともにサービスを停止し、ブログの更新も行われなくなった。9月11日に「今日から。。。。。」という題名のエントリが一度は掲載されたが、9月16日、突然理由も分らぬまま削除された。
2008年『3年間の不倫愛が裏切られて私は死を考えた』と題する文章を女性誌に執筆、テレビ番組では再現ドラマが製作された。なお、同年にはプロ野球・中日ドラゴンズ(当時)の立浪和義との不倫を“破局”として女性誌に告白している。一方、自身の恋愛観について梅宮は「スペースマウンテンに乗るような、スリルある恋愛を好んでしまう」とも告白している。
2008年3月12日ブログを再開した
2008年渡米のうえ無痛分娩で出産した長女・百々果は、2008年にデザイナー・桂由美による子供服ブランドのモデルとして、芸能界デビューした。
2009年新しい恋について尋ねられた梅宮は、友人らから「アンナは日本人もダメ、アメリカ人もダメ、日系アメリカ人だよね」と言われたことを挙げ、「もし私が新しい恋をするなら日系アメリカ人、って思い始めたの」「私と同じような境遇の人がやっぱりいいのかな…」と述べている。
2011年事務所移籍に合わせて2011年にスターダストのサーバー上に『梅宮アンナ オフィシャルブログ Anna Umemiya Official Blog -Gorgeous-』を開設。
2013年独立に際し同ブログは閉鎖された。
10月8日アメーバブログで『梅宮アンナ オフィシャルブログ「anna style」Powered by Ameba』として再開した。
2014年7月28日著作者に無断で画像共有アプリであるインスタグラムに画像を無断転載したことをインスタグラム上で「無断転載、盗用ではないか?」と著作権法違反の可能性を指摘され、上記のオフィシャルブログ上で「みんなが楽しんでいるその場を壊す様な発言をする方は、ユーザーブロックにさせていただいています」と宣言。犯罪行為への自覚のなさ、認識の誤りや「自分たちが楽しんでいれば著作者がどんな気持ちになろうと関係がない」ととれる発言から炎上事件となりニュースサイトに取り上げられることとなった。 現在は前述のブログの当該記事は削除されているが、自身は「自分が理解されず嫌われたために創作物を攻撃された」と把握していることをその後インスタグラム上で明かしている。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク