松嶋尚美

matsushimanaomi
氏名松嶋尚美
ローマ字Matsushima Naomi
生年月日1971年12月2日
出生時間20:20
出生場所大阪府東大阪市
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業お笑いタレント、女優、歌手
所属ステッカー
業績
その他漫才コンビ『オセロ』の元メンバーで、相方である中島知子が色黒であるのに対して色白であるため、「オセロの白い方」とも呼ばれていた。オセロの解散に伴い、現在はピンで活動している。また、ロックバンド 『KILLERS』にボーカルとして参加している。

幼い頃に両親が離別し母子家庭で育つ。家族とは父親が居ないものと思い込んで育ったため、友人の家を訪問した際、年配の男性が食事に同席していたことに「オッサンが普通に飯食っとる」と内心爆笑していた。後になりその男性が友人の父親であることが判明するが、当時の松嶋には父親が家にいるという状況が飲み込めなかった。実家ではドッグブリーダーとして何匹もの犬を育てている。母親の誕生日に自動販売機をプレゼントしている。

従兄の松嶋晃は東大阪市市議会議員、部落解放同盟大阪府連合会蛇草支部特別執行委員、東大阪食肉連合会顧問、東大阪市人権長瀬地域協議会相談役。
データソースwikipedia, 2チャンネル


matsushimanaomi_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1993年4月29日中島知子と「オセロ」を結成してお笑いに転向。
1995年オセロとして『第16回・ABCお笑い新人グランプリ』新人賞を受賞。
2006年8月16日ロックバンド「KILLERS」のボーカルとして大阪城ホールでイベントデビュー。バンド内での名前は「NAHOMI☆KILLER」でそのバンドのプロフィール内では芸能活動を「裏家業」と称している。
2007年9月末かつては芸能事務所・松竹芸能に所属していたが2007年9月末に独立、個人事務所「ステッカー」に移籍した。
2008年6月ロックバンド「MARSAS SOUND MACHINE(マーサス・サウンド・マシーン)」のボーカル・ヒサダトシヒロと結婚。
明治神宮で挙式。
2011年4月29日以前までは喫煙者であったが、2011年4月29日に妊娠と安定期に入る同年5月末までの休養を発表し、妊娠・出産準備により、2010年12月31日付で卒煙する決意をした。2011年以降は非喫煙者である。
2011年12月産休のためレギュラー番組への出演を休んでいた。
12月1日TBS系「ひみつの嵐ちゃん」に出演した際には、「来年4月頃には戻りたい」と発言している。
12月14日予定日より2週間ほど早く第1子となる男児を出産。
2012年4月7日TBS系『知っとこ!』がフルモデルチェンジされMCとして復帰。タレントの柳原可奈子ならびにモデルの富岡佳子とともに司会を担う運びとなった。
2013年1月26日『知っとこ!』の冒頭で第2子の妊娠を公表。妊娠5ヶ月目であることを明かした。
2013年6月18日第2子となる女児を出産。
wikipediaより引用抜粋




(参考資料)



身内の死に大爆笑…松嶋尚美の暴走に松本人志も視聴者も凍りついた!
2015年8月7日 5:59 PM Asagei+plus

育児本の出版などですっかりママタレントとしての地位を確立した松嶋尚美。しかし最近では、「子供に牛乳は毒だから飲ませない!」といった根拠のない発言や、スーパーでひき肉の産地をしつこく店員に聞き、ブチギレた話などでたびたび炎上している。

 新たな火種がくすぶっているのは、8月6日放送のダウンタウンDX(日本テレビ系)での問題発言だ。スターの身内から本性を暴露されるコーナーで松嶋の夫であるヒサダトシヒロから、「妻は悪気なく人を傷つけるんです」とのタレコミが。祖母を亡くし落ち込む夫に対して松嶋は、「気を落とさんといてや」とメールをしたと言うもので、ここだけ聞くと夫を気遣う優しい妻だが、その語尾には幽霊のマークが3つ付いており、夫は深く傷ついたようだ。

 これを聞いた松嶋は、両手を叩いて大爆笑。「ちょうどハロウィンの時期やってん!」と言い訳するもスタジオは凍りつき、ダウンタウンの松本人志からも「これで笑ってるってのがヤバイな」とドン引きされていた。

 放送を観た視聴者からは、「松嶋、身内が亡くなったのに大爆笑っておかしくない?」「不愉快すぎてチャンネル変えた」との声が相次いだ。

 オセロ時代から松嶋をよく知る放送作家はこう指摘した。

「昔のオセロは天然ボケの松嶋さんの発言を中島さんがするどいツッコミでフォローするという掛け合いがウケていました。ツッコミ役がいない現在の松嶋のしゃべりは、視聴者にとって不快でしかない。ママタレとして生き残りたいのなら、主婦の反感を買うような発言は控えたほうが身のためですね」

 この新たな炎上発言についてはブログなどでのコメントは今のところ一切なし。好感度の急降下はしばらく収まりそうもない。
参照元:身内の死に大爆笑…松嶋尚美の暴走に松本人志も視聴者も凍りついた!
2015年8月7日 5:59 PM Asagei+plus

オセロ中島知子「4月復帰でも松嶋との共演は一切ナシの怨念」
2013年2月7日 10:00 AM Asagei+plus

自称霊能者の洗脳騒動で連日メディアをにぎわしていたオセロの中島知子(41)。親族が潜伏マンションから“奪還”して早10カ月。水面下では復帰へ向けて着実に準備が進んでいるという。

「すでに洗脳も解け、4月にはTBS系の人気バラエティ番組『金曜日のスマたちへ』への出演も内定済み。あとは、本人のコンディションしだいです」(民放関係者)

 すでに、一部スポーツ紙では1月にも復帰と報じられたが、現在も表舞台には一度も姿を現していない。

「バラエティだと必然的に洗脳騒動のことを語らないといけないので、中島が出演を嫌がっているようで、交渉が難航しています。それよりも、過去に女優経験があるので、ドラマや映画での復帰を望んでいる。所属事務所は4月の改編期に向けて、バラエティとドラマの両にらみで調整を続けています」(テレビ関係者)

 だが、中島の本業であるお笑い芸人としての復帰はいまだ白紙のまま。その裏には、相方である松嶋尚美(41)との確執がいまだくすぶり続けているというのだ。芸能記者が明かす。

「2人の間に溝ができた原因は、07 年9月末に松嶋が中島に相談をせず、所属していた松竹芸能から独立して個人事務所を設立したことに遡る。その際、松嶋は中島が信用していた松竹芸能の社員を引き抜いて社長に据えたことで中島は松嶋に不信感を抱くようになり、関係が悪化した。その後、行われた松嶋の結婚披露宴にも中島は呼ばれなかった。松嶋の件などで悩んでいる時に心の隙間に入ってきたのが霊能者で、みごとに洗脳されてしまった」

 洗脳騒動中、松嶋はメディアに直撃されるも、「帰って来るのを待ってます」など言葉少なにコメントするのみ。騒動が解決すると自身のブログで不仲説について、

「隠しても仕方ないので、書きます。正直、いつのころからか、しゃべらなくなりました」などと認めるも、「原因なんかないです。心当たりないです」としたが、その書き込み自体も中島のカンに障ったようだ。

「『原因なんかない』という部分があまりにも鈍感すぎて、中島は大激怒。復帰にあたり、松嶋との絡みや、松嶋の話題を出されることを絶対のNG条件としています。オセロは事実上の解散ですよ」(前出・芸能記者)

 実際、中島の近況は、

「都内近郊のマンションで所属事務所スタッフが身の回りの世話をしている。霊能者と同居している時は霊能者の指示で暴飲暴食を繰り返し激太りしたが、定期的な運動と食事制限でダイエットに成功。いつでも復帰できる状態に戻っているようだ」(プロダクション幹部)

 松嶋は先日、ブログで第2子の妊娠と出産予定が7月であることを発表し、幸せの絶頂だが、完全に相方・中島とは決別を迎えてしまったようだ。
参照元:オセロ中島知子「4月復帰でも松嶋との共演は一切ナシの怨念」
2013年2月7日 10:00 AM Asagei+plus

松嶋尚美の「牛乳は毒」発言で主婦たちの大論争が止まらない!
2015年7月20日 9:59 AM Asagei+plus

7月7日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で松嶋尚美が明かした「牛乳を飲ませない」独自の子育て論が波紋を広げたまま収まる気配がない。

 松嶋は番組で「子育てのこだわり」について持論を展開。自身の子供には「牛乳を飲ませない」とのルールを課しているばかりか、幼稚園にも牛乳を必要以上に与えないよう要望しているのだという。

「松嶋の子供には、給食時に牛乳の代わりに麦茶が出されるそうです。そこまで牛乳を避ける理由として、松嶋は人づてに聞いた『牛乳を飲むことによって、体内のカルシウムが尿と一緒に排出されてしまう』『骨粗しょう症にかかりやすくなる』という話を信じているのだとか」(芸能ライター)

 番組では「牛乳は毒」と言わんばかりの松嶋のこだわりを、内科医の大竹真一郎氏が「根拠がない話」だと一刀両断した。

 しかし番組後、ネット上ではいまだに「牛乳論争」が巻き起こり続けている。

「骨粗しょう症に関する専門家が集まる学会で、牛乳や乳製品が骨粗しょう症の原因になるという報告は行われていません。国内では、牛乳や乳製品の摂取量を増やすと小児期には骨量の増加に役立ち、中高年期の女性の場合は閉経後の骨量減少を抑えるという検証結果が発表されています」(医療ライター)

 という意見がある一方で、昨年にはイギリスの医学誌でスウェーデンの研究チームが、「牛乳摂取量の多い人は、少ない人と比べて寿命が短く、女性では骨折が増える」と発表してもいる。

 松嶋の発言を受け、ネット上では「自分だって散々牛乳を摂取してきただろうに」「牛乳がダメなら、人間のほとんどが病気や骨粗しょう症になってるよ」「牛乳は子供には必要」「マインドコントロールされてんの?」「人づてじゃなく、自分で勉強しようや」という「必要派」が圧倒的だが、中には「私も骨粗しょう症になる説を信じています」「松嶋さんの話を聞いて牛乳を子供に飲ませるのが怖くなった」の声もある。

 こうした「風評被害」によってか、牛乳を飲まなくなっている人は年々増加中。「牛乳推進」に力を入れる農水省や自治体、酪農関係者は松嶋の発言に苦虫を潰していることだろう。
参照元:松嶋尚美の「牛乳は毒」発言で主婦たちの大論争が止まらない!
2015年7月20日 9:59 AM Asagei+plus









スポンサーリンク


スポンサーリンク