成宮寛貴

narimiyahiroki
氏名成宮寛貴
ローマ字Narimiya Hiroki
生年月日1982年9月14日
出生時間不明
出生場所東京都
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業俳優
所属トップコート
業績
その他母子家庭で育ち、中学生(14歳)の時に母親が他界。成宮は高校には進学せず、引越しのアルバイトなどで自ら生計を立てて、弟には毎日弁当を作って学校へ持たせるなどして面倒を見た。「中卒の自分に何ができるか」と考え、芸能界入りする。
データソースwikipedia


narimiyahiroki_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
幼い頃に両親が離婚し、弟と共に母子家庭で育つ。
(参照元:SUNNY BLOG http://aoba-mama.com/)
1996年中学生(14歳)の時に母親が亡くなり、祖母に引き取られる。
(参照元:SUNNY BLOG http://aoba-mama.com/)
中学を卒業すると、高校には進学せず、引越しのアルバイトなどで自ら生計を立てる。
(参照元:SUNNY BLOG http://aoba-mama.com/)
1997年家を飛び出し、住み込みの求人広告を見つけ、新宿2丁目にデビューし、店で人気が出る。
(参照元:SUNNY BLOG http://aoba-mama.com/)
2000年新宿2丁目で働いている時に出会ったかたせ梨乃に芸能界入りを勧められる。(参照元:SUNNY BLOG http://aoba-mama.com/)

宮本亜門演出の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』のケイン役で俳優デビューした。この時は、「平宮博重」名義で出演していた。
2001年『溺れる魚』で映画デビュー。
2002年J-PHONE(当時、後のソフトバンクモバイル)のCMに出演するとともに、日本テレビにて放映された『ごくせん』に野田猛役として出演。
2003年TBS『高校教師』に出演。同年に封切られた映画『あずみ』にも出演。
2005年第29回エランドール賞新人賞を受賞。スワロフスキーの主催による「CRYSTALLIZED STYLE AWARD」を、「クリスタルのごとく洗練された輝きと創造性を有するセレブリティ」としてhitomiとともに受賞。

同年9月には女性誌『anan』でオールヌードを披露した。
2006年2006年に封切られた映画『アキハバラ@DEEP』では、主役にあたる「ページ」という名の役を演じた。アメリカ・ドラマ『スーパーナチュラル』の吹替をセカンドシーズンまでで降板。
2007年ニューカレドニア観光親善大使に就任した。

『金田一少年の事件簿N』では主人公金田一一のライバル高遠遙一を演じ、稲垣吾郎の金田一耕助シリーズの『悪魔が来りて笛を吹く』で犯人役を演じており「金田一耕助の孫が活躍する物語」と「金田一耕助が活躍する話」の二作品で、それぞれと対決する犯罪者を演じた。
2009年9月18日ハローキティとのコラボレーションのジュエリーを発表。
2010年TBS系連続ドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』で主人公の高校2年生・品川大地役を27歳にして演じる。同作品は成宮にとっては初の地上波連続ドラマ単独主演作であり、ドラマ放送期間中は「品川大地オフィシャルブログ」(既に閉鎖)なるブログも開設された。
2011年3月21日『風の少年〜尾崎豊 永遠の伝説〜』(テレビ東京)では尾崎豊を演じ、ドラマ内での尾崎の曲を全て自身で歌った。
2012年『相棒』のseason11から3代目相棒・甲斐享役で出演。2015年のseason13を以って卒業した。当初は2年の約束であったが、水谷やスタッフサイドの要望により1年延長された。
2016年12月9日所属事務所を通じ芸能界からの引退を発表した。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク