山田詠美

yamadaamy
氏名山田詠美
ローマ字Yamada Amy
生年月日1959年2月8日
出生時間16:00
出生場所東京都板橋区
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業小説家、漫画家
所属
業績
その他
データソースwikipedia, 2チャンネル


yamadaamy_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
二歳頃まで東京都板橋区で過ごし、その後父の転勤のため札幌市(約3年)、加賀市(約1年2ヶ月)、磐田市(約4年)を転々とする。
1959年~1961年 2歳頃まで東京都板橋区で過ごす。
1961年~1964年 父の転勤のため札幌市に引っ越す。
1964年~1965年 加賀市に引っ越す。
1965年~1969年 磐田市に引っ越す。
1981年大学を中退し、クラブなどでアルバイトをしながら漫画作品を発表。漫画家としては『シュガー・バー』(1981年けいせい出版)、『ミス・ドール』(1986年河出書房新社)、『ヨコスカフリーキー』(1986年けいせい出版)を出版している。
1985年『ベッドタイムアイズ』(河出書房新社)で文藝賞を受賞しデビュー、芥川賞の候補にもなった。『ベッドタイムアイズ』は、山田が当時交際していた黒人男性をモデルに著された作品で、次いで『ジェシーの背骨』(同)、『蝶々の纏足』(同)が続けて芥川賞候補に挙がるも受賞には至らなかった。
1987年『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』(角川書店)で直木賞を受賞。候補外であったが選考委員の五木寛之の強い推薦があり受賞に至った。また、この直木賞受賞前には、山田が当時交際していた黒人で、『ベッドタイムアイズ』のモデルでもあった男性が婦女暴行容疑で逮捕されるという事件が発生、受賞への影響が話題となった。
在日アメリカ軍横田基地勤務の黒人男性、クレイグ・ダグラスと出会う。
1989年『風葬の教室』で第17回平林たい子文学賞
1990年1987年夏に出合った在日アメリカ軍横田基地勤務の黒人男性、クレイグ・ダグラスと結婚した。ダグラスは、ニューヨーク市ブロンクスの出身で結婚当時23歳、二人はブロンクスの教会で挙式するとともに、日本でも結婚披露宴を行った。
1991年『トラッシュ』で第30回女流文学賞
1996年『アニマル・ロジック』で第24回泉鏡花文学賞
1999年大学入試センター試験の試験科目「国語 I・II」の第2問に、山田の小説 『ぼくは勉強ができない』の「番外編 眠れる分度器」の一部が問題文として使用された。これについて山田は、自身の作品を無断で使用されたことに対して不快感を示すとともに、この問題文に関する設問の正答率が低かったことに関して、「選択肢の中に正解がなかった」と批判した。
2001年『A2Z』で第52回読売文学賞
2005年『風味絶佳』で第41回谷崎潤一郎賞
2006年山田はダグラスと離婚した。
2011年11月3日山田は、10歳年下の文芸評論家で劇作家の可能涼介と再婚、2011年11月3日、山田の実家のある栃木県宇都宮市に婚姻届を提出した。
2012年『ジェントルマン』で第65回野間文芸賞
2016年『生鮮てるてる坊主』で第42回川端康成文学賞
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク