南野陽子

氏名南野陽子
ローマ字Minamino Yoko
生年月日1967年6月23日
出生時間14:23
出生場所兵庫県伊丹市
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業女優、タレント、歌手
所属エスワン・カンパニー及び劇団青年座、サザンフィールド(“南野”の英訳、個人事務所)、スイートベイジルを経て、現在はケイダッシュ
業績
その他
データソースwikipedia, 2チャンネル


minaminoyoko_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
松蔭高等学校在学中にオーディションに合格。高校2年生の夏に上京し、堀越高等学校に3学期から編入した。
1984年11月ドラマ『名門私立女子高校』で芸能界デビュー。
1985年6月23日「純だね、陽子 可憐だね、陽子」のキャッチフレーズのもと、「恥ずかしすぎて」でアイドル歌手デビュー。
11月フジテレビ系ドラマ『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主人公の2代目・麻宮サキ役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。
1986年3月1986年3月に発売された同ドラマの主題歌「悲しみモニュメント」が、初のオリコンチャートトップ10入りとなる。
1986年10月2日ニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 ナンノこれしきっ!』が始まる。
1987年2月映画『スケバン刑事』に主演。主題歌の「楽園のDoor」で初のオリコンチャート第1位を獲得する。

その後も「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」などヒット曲を連発。8曲連続オリコン1位を記録(間をおいて「フィルムの向こう側」でも1位を獲得している。計9曲オリコン1位)。

またフジカラー、グリコ、JR西日本など多数の企業のイメージキャラクターに起用されCMに出演。こうして、中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に、女性アイドル四天王の1人として活躍する。
1988年NHK大河ドラマ『武田信玄』に出演。1人2役を演じる。ブロマイド年間売上成績で第1位を獲得。同年、グレナダで発行された切手の題材になる。
1989年日本テレビ系列の『24時間テレビ』のチャリティー・パーソナリティとして、カンボジアに赴きリポートを行った。また自身のシングルのカップリング曲「思いのままに (New Version)」が番組のメインテーマ曲として使われた。
8月「恥ずかしすぎて」から「はいからさんが通る」まで、CD化されていなかったシングル10タイトルがCDシングルとして再発。内9タイトルがオリコンシングルチャートにランクインした。また同年、当時の所属事務所のエスワン・カンパニーから独立した。
1990年6月24日ニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 ナンノこれしきっ!』が終了。
1992年1990年代に入り、CDのセールスが伸びなくなると共に歌番組も減少した背景もあって、1992年に歌手活動を休止した。その後は女優業に専念する。

映画『寒椿』、映画『私を抱いて、そしてキスして』主演。同年、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。
1995年3月帝国劇場で公演された舞台『ゆずり葉の井戸』に出演。これより以後、商業演劇への出演が女優としての活動の多くを占めることとなる。
1999年現在所属のケイダッシュへ移籍する。
2002年6月 昼ドラマの初出演作となったTBS系ドラマ愛の劇場『一攫千金夢家族』で主役を演じた。
2003年6月TBS系ドラマ愛の劇場『一攫千金夢家族』のパート2が放映された。
2005年6月22日
7月27日
7月31日
9月28日
歌手デビュー20周年にあたるこの年は、自ら「ナンノちゃん祭り」と称し精力的に活動を行った。20周年を記念してソニー・ミュージックエンタテインメントから6月22日に全アルバムを収納したCD-BOX『南野陽子 ナンノ・ボックス』、9月28日に『ナンノ・DVDボックス』をそれぞれ発売。『南野陽子 ナンノ・ボックス』には14年ぶりにレコーディングされた新曲「最終(ラスト)オーダー」が収録された。また、TBSのテレビ番組『うたばん』の企画で、アイドル時代の代表曲である「はいからさんが通る/吐息でネット」をセルフカバー、ポニーキャニオンから7月27日にマキシシングルとして発売された。これをきっかけに歌手活動を14年ぶりに再開。7月31日には20周年を記念したファンイベントにおいて「はいからさんが通る」を披露し、その後、NHK第37回『思い出のメロディー』などのテレビ番組やラジオ番組に歌手として出演した。
2006年9月芸能生活20周年企画として、自身のドラマ・歌手・映画・舞台の各シーンを再現したフィギュア「NANNO FIGURE」を発売した。
10月2日ニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 今日はナンノ日っ!』がスタート。十数年のブランクを経てラジオ番組のパーソナリティを務めることになった。
12月フィギュア第2弾として、デビュー当時の水着グラビアをもとにした「グラビア編」も登場した。
2007年4月4日フジテレビ系『森田一義アワー 笑っていいとも!』の水曜日レギュラーとなった。
2008年4月3日笑っていいとも木曜日レギュラーへ移動した。
(、2009年10月1日まで2年6か月間出演した)

9歳から住んでいた兵庫県伊丹市から、同市をPRする「伊丹大使」の委嘱を受けた。
12月テレビショッピング専門チャンネルのQVCにて、女優の普段着をコンセプトにした本人企画・デザインのブランド「Actress Princess」を立ち上げた。特に新作が発表される放送日には南野本人が生出演し、自らモデルを買ってでて解説している。また、翌日に他局で生放送がある際には、販売した商品と同じ物を衣装として着用して出演することが多く、購入者への気配りを見せている。
2010年11月11日 『ナンノ・アニバーサリー25th』をリリースした。「はいからさんが通る」など11曲の新バージョンに加えて、アルバム『SNOWFLAKES』収録の「氷のダイヤモンド」に新しい歌詞をつけてレコーディングした「桜詩集」が収録され、5年ぶりの「新曲」となった。
2011年2月10日 『ナンノ・アニバーサリー25th』をお色直しして『ReFined-Songs Collection〜NANNO 25th Anniversary』としてリリースし、オリコンデイリーチャートで20位にランキング(ウイークリーチャートでは総合95位)。
3月3日インターネット関連企業社長と結婚し挙式を行ったことを発表。(『結婚相手の夫は前妻との離婚が成立したのは2010年10月だったようで南野陽子が前妻から旦那を略奪したと言われている』(情報元:pinky)
4月1日同日から放送を開始した『にっぽんの芸能』(NHK Eテレ 毎週金曜日22:00 - 22:58)後半の「芸能百花繚乱」進行役に就任した(2013年4月からは、番組リニューアルにより「にっぽんの芸能」全体の司会進行をNHKアナウンサーの古谷敏郎と共に務めている)。
2012年2月28日 森口博子・西村知美との新ユニット「Blooming Girls」の結成発表会見が行われ、「Knock!! Knock!! Knock!!」にてCDデビューすることが告知された。
6月13日オリコンウイークリーチャート66位を記録。
2013年8月公式ファンクラブ「Nanno Club」会報100号(通巻101号)で9月30日付でのファンクラブ活動終了を発表。
9月2日 Facebook南野陽子公式ページ「Nanno Club part3」を開設。
2014年6月左手中指の骨腫瘍切除手術を受けたことを自身のフェイスブックで公表。
2015年12月9日歌手デビュー30周年記念盤として、『ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary』をリリース。
2016年2月 約25年ぶりとなるソロコンサート「NANNO 30th ANNIVERSARY」を大阪・東京で、計6公演開催した。
2016年6月 エレキコミックやついいちろうが主催するイベント「YATSUI FESTIVAL! 2016」に出演することが発表された。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク