佐藤江梨子

氏名佐藤江梨子
ローマ字Sato Eriko
生年月日1981年12月19日
出生時間11:58
出生場所東京都江東区
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業女優、タレント、モデル、元グラビアアイドル
所属ノックアウト
業績
その他
データソースwikipedia, 2チャンネル


satoeriko_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1999年高校在学時の1999年、『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選出され、その後、芸能事務所・イエローキャブからスカウトされた。
2001年再び『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選ばれている。
2003年第20回ベストジーニスト(日本ジーンズメーカー協議会選出部門)受賞
2003年「たかの友梨ビューティクリニック」のCMでセミヌードを披露し、雑誌『FRaU』2003年6月24日号でもセミヌード写真を披露した。
2005年 パーカッシオ美脚大賞(20代部門)受賞
2007年第29回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)受賞
2015年1月31日ブラジル人一般人男性との結婚および妊娠をブログで発表した。
2月ノックアウトに移籍。
8月第1子の男児を出産。
2016年2月1日昼ドラマ『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』の主演で復帰を果たした。
wikipediaより引用抜粋




(参考資料)



趣味の一つは詩や小説を書くことで、著書『気遣い喫茶』(扶桑社)としてまとめられたり、作家の石田衣良や唯川恵とコラボレーションした小説『トロワ』も発表している。

また、『週刊プレイボーイ』誌では書評の連載を持っていた。

中学の3年間は美術部に所属して抽象画やグラフティーや油絵を描き、大阪から東京に転校した後の中学3年生の2学期は科学部に所属するなど、もともと芸術全般に興味があり、将来も芸大に進む予定だった。

「サトエリのホムピー」という自身の公式サイト・ブログを持っていたが、2005年末に終了。その後ブログは「SATOERI TIMES」と名を変えて復活した。

参照元:wikipedia 佐藤江梨子

仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」
佐藤江梨子、海老蔵のスタッフとでき婚に感じた「元カレが忘れられない女」の特徴
2015.02.08 サイゾーウーマン

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「自分の大切な方にお伝えしないままでいるのは、もう耐えられなくなり…」佐藤江梨子
(佐藤江梨子オフィシャルブログ、1月31日より)

 子どもの頃、アホみたいにドラマばかりを見て、よく親に怒られていたが、気が付けば必要がなければ見ないようになっていた。それはドラマの質の問題ではなく、私自身の感性の老化だと思う。

 ドラマの鍵を握るのは“偶然”であることが多い。偶然出会ってしまった。偶然見てしまった。特に恋愛ドラマにおいて、こういった数々の“偶然”がドラマを大きく動かしていくが(偶然が重なるほど、ドラマティック度は増していく)、ある程度の年齢になると発想が凝り固まり、「そんな都合よく偶然なんて起こらねーよ」と思うに至る。

 故に、芸能人と結婚することになった一般女性が「彼が有名人とは知らなかった」と発言しても、ある女性タレントが「車が彼の家の前で故障してしまって、彼に助けてもらった」と話しても、「すっごい偶然だね」などとは思わず、「そうだよね、そうした方が男にインパクトあるもんね」と心の中で密かに思うわけである。

 このように偶然を信じない私が、心配してやまないタレント。それが“サトエリ”こと佐藤江梨子である。グラビアを経て、最近は女優としても活躍するサトエリ。読書家であることを生かし、書評や小説の連載なども持っている“マルチ”なサトエリが、数日前、ブログで結婚と妊娠を発表した。相手はかねてより交際していた男性で、歌舞伎役者・市川海老蔵のスタッフだそうだ。

 サトエリの人生には、海老蔵が深く関わっている。2006年に海老蔵との交際が発覚、サトエリは自ら交際宣言をしたが、3カ月という短い期間で破局。泣きはらした顔をブログにアップして、捨てられたことをほのめかした。11年には「海老蔵の代役」を務めた同じく歌舞伎役者・片岡愛之助と熱愛発覚。しかし、すぐに愛之助がつかこうへいの愛娘と交際を開始し、またフラれてしまう。12年に出した写真集では、ボンテージファッションのサトエリが、歌舞伎役者のマネキンに鞭をふるうカットが話題を呼んだ。そして、14年2月には、海老蔵のスタッフと熱愛発覚である。単純計算でざっと8年、サトエリは「海老蔵」と「歌舞伎」と「海老蔵に近い人」のそばにいることになる。

「偶然なんてほとんどない」論者の私からすると、これは「好きになった人が偶然海老蔵の近い人」ではなく、サトエリの「執着」に見えてしょうがない。元カレ・海老蔵をあきらめられず、仕方ないから海老蔵の周辺の人物とつきあって、つながりを保っているように感じられるのだ。

サトエリのブログを見ると、「私の両親は、きちんと、ちゃんと、私に『あんたはブスだ』と教えてくれた」とか「成功したい。努力は魅力」など、劣等感と努力の重要性を訴える記述が多いが、これこそが「元カレが忘れられない病」患者の特徴なのではないだろうか。

 劣等感は欠点というより強い自己愛から生まれるものであり、努力してそれを克服しようとすることもまた、「自分の悪いところを自分で気づいて直しちゃう私って、前向きで素敵」という自己愛である。このタイプは元カレの魅力云々より、自分が好きすぎるから、こんなにも素敵で完璧な私を捨てるなんて許せないと執着してしまうのだ。

 冒頭の「自分の大切な方にお伝えしないままでいるのは、もう耐えられなくなり…」という発言にも、サトエリの自己愛はよく表れている。結婚や妊娠を発表しないで「隠して」いることが耐えられないとサトエリは発言しているが、世間はそこまでサトエリの一挙手一投足に注目しているわけではないのではと疑問に思う。たとえ多少結婚や妊娠の報告が遅くなっても、全然大丈夫だ。みんなが自分を見ているはず、自分の幸福を喜んでくれるはずという発想こそが、自己愛が強い女性の特徴である。

 海老蔵はかつての恋人・米倉涼子が結婚した際、ブログにコメントを出したが、今回のサトエリの結婚についてはノータッチである。これが海老蔵の「本音」である。交際期間も短かったことだし、はっきり言って、サトエリは物の数に入っていなかったのだと思う。

 結婚を機に、サトエリには海老蔵をきっぱりさっぱり忘れてほしい。間違っても、ブログに「海老蔵おじちゃまと」というタイトルで、子どもを抱く海老蔵の写真なんて載せないよう、祈るばかりだ。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。ブログ「もさ子の女たるもの」
参照元:仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」
佐藤江梨子、海老蔵のスタッフとでき婚に感じた「元カレが忘れられない女」の特徴
2015.02.08 サイゾーウーマン

佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
2015年2月4日 5:59 PM Asagei+plus

サトエリこと女優の佐藤江梨子が1月31日、自身のブログで結婚と妊娠中であることを明らかにした。

 お相手は、かねてから交際が報じられていたブラジル人で、かつてサトエリが交際していた市川海老蔵のスタッフ。海老蔵は昨年2月、自身のブログでこの男性の写真とともに「なんと僕の元カノと付き合っていると 笑」と紹介した。

 海老蔵自身が「元カノ」と公言したサトエリとの破局は、いったいなにが原因だったのだろうか。梨園にくわしい芸能ジャーナリストはこう話す。

「サトエリには悪いが、海老蔵にとっては真剣交際する相手ではなかったと思います。彼女自身は結婚したかったようですけどね」

 では、サトエリが結婚相手に選ばれなかった理由とはなにか?

「歌舞伎の世界で市川家は特別な存在。そして、市川家の十八番である“にらみ”の継承は必然です。そのためには大きな目をした妻をめとり、大きな目の男の子を生まなければならない。それは、かつて海老蔵と結婚間近とまで言われていた米倉涼子、そして妻である小林麻央を見れば一目瞭然です」

 確かに長男・勧玄くんも立派な大きな目が印象的だ。海老蔵からしてみれば、サトエリにその素養がなかったと判断されたのかもしれない。

 一般世間には理解し難いが、名門芸の継承とは、かくも厳しい世界なのである。
参照元:佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
2015年2月4日 5:59 PM Asagei+plus









スポンサーリンク


スポンサーリンク