佐藤寛子

氏名佐藤寛子
ローマ字Sato Hiroko
生年月日1985年2月17日
出生時間2:15
出生場所福島県浪江町
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業女優、タレント、グラビアアイドル
所属フィットワン→BESIDE(フィットワン提携)→エンタテイメント・プロダクツ(フィットワン提携)
業績
その他女優志望であったため、映画のオーディションに応募したことがデビューのきっかけ。2002年、映画『スケアー』でデビュー。メインヒロインを務めた。その後、グラビアアイドルとして活動を開始する。ウエストをキープするために毎日腹筋500回(デビュー前は毎日1000回)を行っていたという。中学と高校では生徒会長をしていたという経歴を持つ。グラビアアイドル時代は男性経験がないことを公言していた。2歳下と4歳下の妹がいる。
データソースwikipedia, 2チャンネル


satohiroko_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
2002年映画『スケアー』でデビュー。メインヒロインを務めた。その後、グラビアアイドルとして活動を開始する。グラビア時代はFカップの豊かなバストと引き締まったウエストのくびれで人気を博した。ウエストをキープするために毎日腹筋500回(デビュー前は毎日1000回)を行っていたという。
2005年GIRLS'RECORDレーベルから『Can't Hide』をリリースし、CDデビュー。後に同レーベルで楽曲ユニットを組んだ磯山さやかとほしのあきの両名から歌唱力を称賛された。
2006年本人が以前より志望していた俳優業を優先するようになった。特撮作品である『魔弾戦記リュウケンドー』ではヒロイン的ポジション。ドラマ『スイーツドリーム』では主役の一人を務めた。
2007年それまでの「優等生」「清純派」キャラクターからの脱却に踏み切るため、2年ぶりに発売した写真集では一糸纏わぬセミヌードに挑戦した。 それ以降、役者として穏やかな性格の役どころが多かったが、悪役等様々な役もこなすようになった。また、本人の体格・運動神経の良さを生かして格闘系のドラマに出演し殺陣も披露した。
2010年フィットワンからBESIDEに移籍。同年公開の映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』では自身初のヘアヌードを披露し、濡れ場に挑戦した。本作品にて第32回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。
以降もテレビドラマ、舞台等に活躍。
2014年再び事務所を変わった。
2015年30歳になるのを機に、2015年発売の集英社『週刊プレイボーイ』(2015年第5号)でグラビアから引退した。
9月28日9月28日発売の同誌41号(10月12日号)で、 グラビア撮影時にはすでに妊娠5ヶ月であったことと、入籍することなく出産して「未婚の母」となっていることを告白した。
wikipediaより引用抜粋




(参考資料)



出産&シングルマザーを明かした佐藤寛子が過去の男性遍歴も告白「怖がってても前進できない」
2015年10月5日 11時0分 週プレNEWS

前回記事『シングルマザーで出産していた女優・佐藤寛子「相手がどうあれ産むつもりだった」』では、昨夏にある男性の子を身ごもり、年明けの本誌ラストグラビア後に活動を休止、この春に出産したと衝撃告白した女優・佐藤寛子。

この告白を皮切りに芸能活動を再開したいという、彼女の「今のホンネ」について聞いた。

■禁断の経験人数や荒れた時代

―なぜ今、シングルマザーになったことを打ち明ける気になったのでしょうか?

佐藤 隠すのは子供に悪いし、これから仕事復帰していく上でも正直に話したほうがいいと思ったからです。これまでの私のイメージがどう変わるのかなって怖さはありました。そのイメージすら曖昧(あいまい)で、あってないようなものですが…。

―イメージというのはグラビア時代の“生徒会長”(*)的な? *中高時代は生徒会長で、グラビア時代の佐藤さんはまさに優等生だったことで知られる

佐藤 はい。「あの優等生キャラが?」とか、「女優が未婚の母になって転落」だとか、いろいろと言われるんじゃないかなあと。だから昨日までこのインタビューでどう話そうか悩んでいました。でも今朝ふと、怖がってても前進できないぞって吹っ切れて。

―確かに、“グラビア時代は男性経験がない”と本誌でも公言していた優等生の寛子さんがシングルマザーとはあらためて驚きです。この際、グラビア時代の恋愛経験なども教えてください!

佐藤 いいですよ。でも私、本当につまんないですよ。中高時代のあだ名は“化石”ですから。

―化石ですか? すごい。

佐藤 ハタチまでキスや処女も守ってきて、大事にしすぎたのかもしれません。グラビア時代は頭でっかちで妄想ばかり膨らんでましたから。

―でも未経験なのにグラビアであんなポーズや表情を?

佐藤 男女がする行為のことは知ってたけど、それを未経験のほうが想像力は豊かなはずだと思い込んでいたんです。本好きだから、山田詠美さんや村山由佳さん、室井佑月さんたちが書く小説のエロティックな描写を頭の中でフル回転させて。

―想像できる限りの“イヤラしいコト”を妄想して?

佐藤 はい。それが男性にはセクシーだったり、魅力的に見えたのかもしれません。

―男はどんな表情にグッとくるんだろうと想像しながら?

佐藤 そうなんです。カメラマンからレンズ越しに見つめられていると、誌面になってからの読者の視線まで感じ取れるようでドキドキしました。見られている意識をすればするほど、高揚する自分を感じていました。

―先ほど言っていた“ハタチまで守ってきた処女”を捧げたのが今回のお相手ですか?

佐藤 えーと、違いますね。ハタチの時に初めて男性とお付き合いをしました。でも彼とは5、6年一緒にいるうちに、いつの間にか尊敬できなくなっているのに気づいたんですね。1年間フリーだった後、子供の父親となる方と出会ったので、経験人数はふたりだけです。

―浮気は一切ないと!

佐藤 パートナーがいればそれで満足なんです。どんな男性に言い寄られても興味持てないし、走って逃げてました(笑)。

―逆に言えば、彼氏を束縛したり依存したりするわけでは?

佐藤 私自身は、その人と楽しく過ごすことを優先しますが、相手に求めることってあまりないですよ。

―物わかりのいい、一途なオンナなんですね…。

佐藤 ふふふ、一途というか、フツーだと思うんですけどね(笑)。ただし、女優だから、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』(2010年)の撮影の時は役の“れん”になりきって、竹中直人さん扮する紅次郎に全力で惚れたり、そういう一途さってあるかも。舞台やドラマなどに出演するたびに感情移入しすぎて共演者の男性を本気で好きになっちゃう。そして仕事が終わると見事になんとも思わなくなるんです。

―全力投球なんですね…。

佐藤 ちょうど彼氏がいなかった時期に“昭和の女優像”っていう勝手なイメージに取りつかれて積極的に不摂生していた時もありました。

―昭和の女優像で不摂生?

佐藤 酒飲んでタバコ吸って、共演者と朝までダベって演劇論を交わすみたいな。もう、毎日のように飲み歩いて。恋愛面以外は無頼ぶってたんですよ(笑)。

―なんのためにそんな荒れた生活を?

佐藤 女優はかくあるべし、と思っていたのかなぁ? でも朝まで飲んで帰ってきて寝て、ボロボロで起きたのにまだ無意識にタバコを吸おうとした自分に気づいてハッと我に返って。「このままじゃダメだ」と。その日からタバコもスパッとやめて穏やかな暮らしに戻りました。

―では今後、どんな活動をしていきたいですか?

佐藤 私にできることがあるならなんでもしていきたいですね。出産前は女優業に邁進してきましたが、バラエティ番組もお声さえかかるのなら挑戦したい。柔軟に動けるように心も頭も体も準備していきたいですね。

―ママタレとして活動する元グラドルの方もたくさんいますが、そんな展開は?

佐藤 私のような選択をした人は世の中にたくさんいると思うんです。そういう方に私から発信できることがあるならしてみたいですね。

―お相手以外の方と恋愛や結婚をする可能性は?

佐藤 今の今ではないですが、私個人の考えとしてはやはり育児に男手は必要不可欠だなと思ってます。機会さえあれば恋愛も結婚だってしたい。コントロール不可能な人生をできる限り楽しみたいですね。

―では週プレでラストグラビアは撮っちゃったし、今後どのように登場いただけますか?

佐藤 あのー。私的には産前&30歳前のラストグラビアという意味だったんですけど…。

―おお~。グラビア引退したわけじゃないんだぞ、と…。

佐藤 そんな機会をいただけるなら、是非お願いします。

■『週刊プレイボーイ』41号ではこの記事の全文がお読みいただけます!

●佐藤寛子(Sato Hiroko)

1985年2月17日生まれ 神奈川県出身 身長160cm B85 W55 H85 血液型=O型

○グラビアアイドルを経て女優として活躍。主演映画『ヌードの夜』ではヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。妊娠、出産のためしばらく活動を休止していたが再スタートする。最新情報はアメーバブログ『Orange』をチェック

(取材・文/河合桃子 撮影/今村敏彦 ヘア&メイク/大和田京子)
参照元:出産&シングルマザーを明かした佐藤寛子が過去の男性遍歴も告白「怖がってても前進できない」
2015年10月5日 11時0分 週プレNEWS

衝撃の告白! シングルマザーで出産していた女優・佐藤寛子「相手がどうあれ産むつもりだった」
2015年09月29日 週プレNEWS

今年1月に本誌でラストグラビアを公開してから、ほぼ活動休止状態だった女優・佐藤寛子。

その間、なんと彼女は出産してシングルマザーになっていた。彼女に一体、何が? 妊娠&出産に至るまでの経緯を独占告白!

■相手がどうあれ産むつもりでいた

―まず、妊娠がわかったのはいつだったんですか?

佐藤 去年(2014年)の夏です。ドラマの仕事を終えて、なんとなく空いていた時期に妊娠に気づきました。実は週プレさんにラストグラビアを撮っていただいた時は妊娠5ヵ月でした。

―お相手のことから聞いてもいいですか?

佐藤 芸能関係の方です。

―あのー。ご結婚されずシングルマザーになられたということで…まさかお相手は妻子のある方?

佐藤 それは私の性格上、あり得ません(笑)。

―では、どんなお付き合いをして妊娠に至ったんですか?

佐藤 2年ほどお付き合いをして同棲(どうせい)していました。私は子供が欲しかったし、彼も当然そのはずだと思ってました。でも「妊娠した」と告げたら「考えさせてくれ」と。結局、「現実的に考えてムリ」と言われたので、「それなら私はひとりで産みますから」と別れたんです。

―お互い“子供が欲しいね”といった話をしていたわけではないんですね?

佐藤 はい。きちんと言葉に出して確認し合えてなかったのがいけませんよね。

―お相手に「ムリ」と言われても迷いはなかったんですね。

佐藤 そこはまったく悩みませんでした。結婚して旦那さまと私と子供がいて、という状況になれたら一番よかったとは思います。でも私はそういうパターンではなかったんだなぁ、って。

―妊娠中はどう過ごしていたんですか?

佐藤 母が「好きなようにしなさい。手伝うから」と言ってくれたので、すぐに実家へ帰りました。ありがたかったです。

―お母さんが味方してくれたのは心強かったでしょうね。

佐藤 もちろん母からは「順序が違う」と叱られました。けど、「おまえが好きでしたことだからしょうがないね」とも。母はいつも私の味方でいてくれます。写真集や映画でヌードになった時だって、最初は反対してても「自分で納得してるのなら応援するからね」って認めてくれて。

―それで、いつご出産を?

佐藤 今年4月に健康な男の子が生まれました。今は妹ふたりも実家に戻ってきてくれて、母も含め女4人の一家総出で子育てをサポートしてくれています。

―ちなみに、お相手とは妊娠期間中や出産後も会わず?

佐藤 はい。彼は産前産後と音信不通です。電話をしても出ないんですよ。私は争うつもりも何もなくて、ちゃんと子供について話したいだけなんですけどね。名前も知らないだろうし。

―なんだかとても冷静ですね。

佐藤 そうですか? 自分自身は全然大変だと思ってなくて。ドロドロしてなくてすみません。

―いえいえ。でもホンネは結婚したかったんじゃないかと考えてしまうわけですが…。

佐藤 結婚願望は特になかったんです。それに、相手の嫌がることはさせたくないんですね。「あなたがいらないのはわかった。私は産みたいのだから関与してくれなくてもいいです」と。ただ、息子の父親であることには違いないので、いつかどこかでまた向き合って話せる日が来たらいいな、くらいに思っています。

―なんでしょう、この平常心! もう相手に対し、好きとか嫌いの感情はない?

佐藤 今となっては彼を愛してたかより、子供が愛(いと)おしいという気持ちのほうが大切だし、リアルかな。最近は“私はこの子に会うために生きてきた”とさえ思うんです。
親バカです(笑)。

■衝撃の告白、荒れた時代や過去の経験人数まで明かしたインタビュー全文は、発売中の『週刊プレイボーイ』41号(9月28日発売)にてお読みいただけます!

●佐藤寛子(Sato Hiroko)
1985年2月17日生まれ 神奈川県出身 身長160cm B85 W55 H85 血液型=O型
○ グラビアアイドルを経て女優として活躍。主演映画『ヌードの夜』ではヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。妊娠、出産のためしばらく活動を休止していたが再スタートする。最新情報はアメーバブログ『Orange』をチェック

(取材・文/河合桃子 撮影/今村敏彦 ヘア&メイク/大和田京子)
参照元:衝撃の告白! シングルマザーで出産していた女優・佐藤寛子「相手がどうあれ産むつもりだった」
2015年09月29日 週プレNEWS










スポンサーリンク


スポンサーリンク