佐藤寛之

氏名佐藤寛之
ローマ字Sato Hiroyuki
生年月日1970年11月2日
出生時間6:12
出生場所東京都稲城市
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業歌手、俳優
所属ジャニーズ事務所 → ディー・キュー・アイ → GENJI GURUMA
業績
その他元光GENJIのメンバー
データソースwikipedia, 2チャンネル


satohiroyuki_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1983年5月3日ジャニーズ事務所に入所。
1987年8月19日光GENJIのメンバーとして1987年8月19日にレコードデビュー。 光GENJI時代のイメージカラーは水色だった。
1994年8月31日大沢樹生の脱退意思を知り「光GENJIは7人でなければ意味がない」と思い自らも脱退を決意。大沢への相談等は一切なく独断だったが、彼と共に光GENJIを脱退、ジャニーズ事務所を退社。その後はソロでCDデビューし、ライブ活動やイベントを中心に活動している。
2000年バンド「P.O.E」を結成し、ボーカル、ギター、キーボードを担当。
2011年6月諸星和己、山本淳一と共に、TUBEの東日本大震災復興応援歌「RESTART」に参加した。
wikipediaより引用抜粋


 




(参考資料)



地道に音楽活動、元光GENJI一番の成功は佐藤寛之か[週刊女性7月14日号]
2015/6/30 週刊女性PRIME

 ‘87 年に『STAR LIGHT』でレコードデビューすると即、トップアイドルとして君臨した『光GENJI』。そんな“伝説のアイドル”だけに、再結成説も幾度となく流れたが、諸星和己が「ウチのメンバーは問題が多すぎるから」と嘆く現状もあり、残念ながら実現には至っていない。

 ジャニーズ脱退後、表舞台に出ることは少なくとも、地道に芸能活動を続けているのが佐藤寛之だ。

「アイドルのときもメンバーの中でいちばん地味でしたね。でも、地方のライブハウスやショッピングモールでのイベントなど“ドサ回り”がメーンですが、コツコツと続けているからこそファンもしっかりついてきています。自身が望んだ音楽活動もできていますし、いちばん充実しているかも。ちなみに今も独身です」(レコード会社関係者)

 ドラマや映画、舞台と毎年コンスタントに俳優業にいそしんできた大沢樹生だが’13 年12月、プライベートで思わぬ“ミソ”がついた。

 元妻・喜多嶋舞との間に生まれた長男が、実子ではなかったというのだ。主張を真っ向否定する喜多嶋と父・修氏だったが、いざ大沢が調停に持ち込むと出席することはなかった。

「結局、調停は進展なく決裂。いまだ長男は修さんのもとアメリカで暮らしているといいます。でも、今年の1月で長男は18歳になり、喜多嶋さん同意のもとで新たにDNA鑑定が行われているとも。その結果次第では裁判に進展しているところでしょう。いずれにしてもドロ沼です」(芸能レポーター)

 再婚した妻との間に生まれた長女は1歳半になる。家族の幸せを手に入れられるのは、もう少し先になりそうだ。

 一方で『光GENJI』解散後もジャニーズに在籍する“居残り組”もまた、スポットを浴びているとは言い難い。司会業もこなすマルチな才能を持っていた内海光司だが、今は何をしているのだろうか。

「細々と1年に1回あるかないかの舞台出演ですね。6月には腹話術師のいっこく堂さんが主演のミュージカルに、3番手くらいのポジションで出ていました。事務所に残っても仕事もなく、もはや“飼い殺し”状態。どうしても『光GENJI』の影がまとわりつく内海らの扱いには、当のジャニーズも困っているのかも」(芸能プロ関係者)

 美形のルックスで、諸星にも劣らない人気を博していた佐藤アツヒロはというと、

「8月下旬には自身の誕生日イベントを開催予定で、1日3公演のみ。7500円と割高に思えますが、ファンにとっては触れ合える数少ない機会です。そうそう、仲のよい中居の番組への出演情報がテレビ誌に掲載されたはずなのに、いまだに放送がなくファンはヤキモキしています」(ワイドショースタッフ)
参照元:地道に音楽活動、元光GENJI一番の成功は佐藤寛之か[週刊女性7月14日号]
2015/6/30 週刊女性PRIME











スポンサーリンク


スポンサーリンク