中西圭三

氏名中西圭三
ローマ字Nakanishi Keizo
生年月日1964年11月11日
出生時間3:00
出生場所岡山県岡山市
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業シンガーソングライター、作曲家
所属
業績
その他シングル「Woman」のヒットにより、一般に知られることとなる。提供曲としては、1991年のZOO「Choo Choo TRAIN」(1998年に中西自身がセルフカバー。2003年にはEXILEがカバー)、1998年のBLACK BISCUITS「Timing」、NHKおかあさんといっしょに提供した「ぱわわぷたいそう」「ぼよよん行進曲」などがある。

またピーボ・ブライソンやクリスティーナ・アギレラとのコラボレーションソングをリリースしており、ピーボ・ブライソンに提供した楽曲の入ったアルバムはグラミー賞にノミネートされた。

兄弟は兄が1人居る。実兄が大手予備校「河合塾」で古文の講師を務めているが、本人は代々木ゼミナールのCMに楽曲を提供した。また、予備校を経て日本大学に進学している。

かつて同じレーベルに所属していた米倉利紀とは親交が深く、中西・米倉の両者で楽曲を発表した他、レコーディングにも一緒に参加していたが、「どっちがファンキーかで喧嘩になった」との噂もある。

趣味はテニス、クラシックカー。
中西が尊敬しているミュージシャンの一人として小田和正が居り、オフコースの楽曲のカバーや、小田の楽曲にバックコーラスとして参加している。また、中西の楽曲にも小田が編曲やバックコーラスに参加している。

「圭三」の名前は中西の誕生日が11月11日で漢数字の「十一」を捩って「圭」の文字が使われた事と、三菱水島病院で生まれた事が由来との事(本人談)。
音楽グループ「WA-OTO」のメンバー。
データソースwikipedia, 2チャンネル


nakanishikeizo_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
大学在学中、池田聡に出会い、サポートメンバー(コーラス)としてライブに参加するようになる。
1989年池田のツアーにも参加している。それと前後して、作・編曲家である小西貴雄とのコンビで中山美穂、Wink、桜井幸子などに楽曲を提供し、作曲家としての活動もスタートさせる。
1991年パイオニアLDCより、シングル「タンジェリン・アイズ」でデビュー。
1992年ZOOに提供した「Choo Choo TRAIN」が大ヒットし、第13回JAM広告音楽大競技会作曲賞を受賞。同じ年には「Woman」も大ヒットし、同曲で第34回日本レコード大賞作曲賞を受賞。これらの活動が評価されてこの年には第43回NHK紅白歌合戦にも出場している。
1994年池田聡、伊秩弘将、吉岡忍との4人で期間限定ユニット「ICE BOX」としての活動も行う。
1997年全米デビュー前のクリスティーナ・アギレラ(当時16歳)とデュエット曲を出す。
1998年女優の高樹沙耶と結婚する。
2000年離婚
2002年ユニバーサルJに移籍。カバー・アルバム『結晶』をリリース。
2004年サンフランシスコで開催された世界平和音楽祭に参加。
2005年「おかあさんといっしょ」(NHK)の体操「ぱわわぷたいそう」のメインボーカルを担当。以降、「おかあさんといっしょ」には「まんまるスマイル」などの楽曲を提供している。
2007年オペラ歌手の郡愛子との「ワンダフルコンサート」を共演。同年末、おかあさんといっしょの「ぼよよん行進曲」を一緒に作った作詞家の田角有里と再婚。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク