三浦友和

氏名三浦友和
ローマ字Miura Tomokazu
生年月日1952年1月28日
出生時間6:00
出生場所山梨県塩山市(現甲州市)
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業俳優
所属テアトル・ド・ポッシュ
業績
その他父親は山梨県塩山で警察官(巡査)をしていたが、三浦は母の実家の神金で生まれた。小学3年生で東京に来るまで大菩薩峠の麓を六回引っ越した。三浦が覚えているのは三歳で移った大藤村と次の東雲の駐在所だけである。

妻は元歌手、女優の山口百恵(1980年11月19日結婚)、長男はシンガーソングライター、俳優の三浦祐太朗で、次男は俳優の三浦貴大。姉のひろ子もかつて牧陽子、三浦弘子の芸名で歌手・タレントとして活動しており、夫(義兄)はラリードライバーの篠塚建次郎。甥は俳優・タレントの絲木建太。

忌野清志郎とは東京都立日野高等学校の同級生で毎朝、多摩動物公園行きのバスで一緒になっていた事がきっかけで初期RCサクセションのメンバーたちとも親しい関係にあった。別高校に進学していたRCサクセションメンバーが日野高校に集まって教室でライブを行っているのを初めて見てアコギとベースだけ、マイクなしでこんな迫力あるのかと驚く。この頃、忌野が言った「才能のない奴は大学へ行け!」という言葉に衝撃を受け、自分も音楽で食べていけるんじゃないかと勘違いしてしまい、進学率95%の高校にいるにもかかわらず大学を受験せず、人生が変わってしまったと三浦は語っている。
データソースwikipedia, 2チャンネル


miuratomokazu_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1961年甲州市立東雲小学校3年の三学期、東京へ転居する。

父が国際興業に転職、一家は新宿区の社員寮に移る。
1964年中学に入る頃立川市に引っ越した。
忌野清志郎とは東京都立日野高等学校の同級生で毎朝、多摩動物公園行きのバスで一緒になっていた事がきっかけで初期RCサクセションのメンバーたちとも親しい関係にあった。別高校に進学していたRCサクセションメンバーが日野高校に集まって教室でライブを行っているのを初めて見てアコギとベースだけ、マイクなしでこんな迫力あるのかと驚く。この頃、忌野が言った「才能のない奴は大学へ行け!」という言葉に衝撃を受け、自分も音楽で食べていけるんじゃないかと勘違いしてしまい、進学率95%の高校にいるにもかかわらず大学を受験せず、人生が変わってしまったと三浦は語っている。
1972年二十歳の春、TBS『シークレット部隊』で芸能界デビューする。
1970年代二枚目の俳優として10代に大変な人気があった。
1970年代後半山口百恵と共演した主演映画・ドラマが次々とヒットし、「百恵友和コンビ=ゴールデンコンビ」と呼ばれた。
1980年11月19日山口百恵と結婚
1984年4月30日長男(シンガーソングライター、俳優の三浦祐太朗)誕生。
1985年11月10日次男(俳優の三浦貴大)誕生。
2012年紫綬褒章を受章することが発表された。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク