マイケル・J・フォックス

michael_j_fox
氏名マイケル・J・フォックス
ローマ字Michael J Fox
生年月日1961年6月9日
出生時間00:15
出生場所カナダ・アルバータ州エドモントン (Edmonton, Alberta)
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業俳優
所属
業績エミー賞
1986-1988年主演男優賞コメディー部門受賞(ファミリータイズ)
1997-1999年主演男優賞コメディー部門ノミネート(スピンシティ)
2000年主演男優賞コメディー部門受賞(スピンシティ)

ゴールデン・カメラ賞
生涯功労賞(2011年2月5日ドイツ・ベルリン)
その他アルバータ州・エドモントンにて生まれる。父親は警察官であった。父親の仕事のため、カナダを転々として育つ。15歳からカナダのテレビに出演するようになる。

子供は長男のサム、双子の娘スカイラー・フランシス、アクイナ・キャスリーン、三女のエズメ・アナベラの1男3女。
データソースwikipedia, astrodatabank


michael_j_fox_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1979年18歳でアメリカへ渡った。
1983年4年後、主役のアレックス・キートンを演じたテレビドラマシリーズ『ファミリータイズ』のヒットにより一躍全米に顔が知れ渡る。もともとはマシュー・ブロデリックにオファーが行っていたのだが、ブロデリックが長期のテレビシリーズ出演を断ったため、役が回ってきた。
1985年 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出演。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの主人公マーティ・マクフライを演じ、同シリーズの大ヒットによりハリウッドスターの仲間入りを果たした。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ではチャック・ベリーのヒット曲『ジョニー・B.グッド』をハードロック調にアレンジし演奏した。バンド活動をしていた事もある彼のギター演奏の腕前は中々のものであるが、劇中ではポール・ハンセンというギタリストが演奏し歌ったものに指をあわせている。
一時、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART4』の制作が発表されたとの情報が流れた。それによると、フォックス自身はマーティではなくドク役での出演になるということであった。しかし、その後「『PART4』の制作」そのものが公式に否定されている。
1987年 『摩天楼はバラ色に』に出演。

コメディセンスに定評があり、エミー賞コメディー部門主演男優賞では『ファミリータイズ』で3回(3年連続)と『スピン・シティ』で1回、計4回の受賞歴がある。
1988年テレビドラマ『ファミリー・タイズ』や映画『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』で共演したトレイシー・ポランと結婚。
1989年 『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に出演。
1990年『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』に出演。

1990年頃から発症の兆候が見られ、病を隠しながらも、自らプロデュースに参加し主演もつとめたテレビドラマシリーズ『スピン・シティ』などに出演を続ける。
1991年パーキンソン病を発症
1998年パーキンソン病であることを公表。
2000年『スピン・シティ』を降板し俳優活動から退いた。専門医の中には早くからマイケルの音声や動作に示される特徴からその兆候を認識していたものもいた。
2004年俳優活動から退いた後『スチュアート・リトル』などのアニメ映画の声優などを行っていたが、2004年アメリカのテレビドラマ『Scrubs』へのゲスト出演でテレビ復帰。
2006年4月28日フジテレビの「金曜エンターテイメント」の『人体再生ロマンSPもう一度抱きしめたい』の番組内で、自伝『ラッキー・マン』を題材にした再現ドラマが放送された。
2006年10月20日翌月に投票を控えたアメリカ合衆国2006年中間選挙に際し、難病治療のためのES細胞研究の支持を表明していたミズーリ州選挙区の民主党上院議員候補クレア・マカスクルの応援CMに出演し久しぶりに公の場に姿を現した。ところがこのCMやこれに合わせて出演した番組のインタビュー映像などで、体を大きく揺らすなど非常に激しい挙動をとったため「パーキンソン病を誇大に宣伝するための演技ではないか」と一部で疑いがもたれた。中でも著名ラジオパーソナリティとして知られるラッシュ・リンボーは自身の番組で「彼はCM中、終始所狭しと動き震えていた。彼は自分の病気を誇張している。

本当に恥知らずだ。恐らくこれは演技か、敢えて薬を飲まずに撮影したのだろう」と発言。この非難に対しフォックスは各種ニュース番組に生出演。「あれはパーキンソンのありのままの姿。普段プルプル震えてたり、顔面が硬直しているのは必死に挙動を抑えているからなんだ」と反論し、直後にリンボーは自身の発言を取り下げフォックスに対して全面謝罪した。
2010年バック・トゥ・ザ・フューチャー公開25周年を記念し、『PART1』の上映予告CMを再現したVTRが製作された。このVTRの中で20年ぶりにマーティを演じた。

弁護士のドラマ『グッド・ワイフ』の第2シーズンより準レギュラーで出演している。ケニングと言う神経疾患で運動機能の障害を持った弁護士の役で、フォックス自身のパーキンソン病が役の上に投影されている。
2010年2月28日カナダ出身ということで、バンクーバーオリンピックの閉会式で元気な姿を見せ、順調な回復をアピールした。
2013年9月約13年ぶりの主演テレビドラマ・『マイケル・J・フォックス・ショウ』の放送が開始された。
2015年トヨタ・MIRAIがPART2でタイムトラベルした日でもある10月21日に初めてカリフォルニアの顧客に届けられるのを記念しその直前に作中で予想されていたものがどれほど実現したかについてクリストファー・ロイドと語り合う短編映像公開されその後同日には長編映像が公開された。また同日にはジミー・キンメル・ライブ!のコーナーにクリストファー・ロイドとともにデロリアンに乗って登場。マーティを演じ、映画と実際の2015年の様々な違いに驚くというショーを行った。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク