バイロン

氏名ジョージ・ゴードン・バイロン
ローマ字George Gordon Byron
生年月日1788年1月22日
出生時間14:00
出生場所グレートブリテン王国・ドーバー(London, England)
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業詩人
所属
業績
その他政治的にはホイッグ党支持者でありトーリー党の外交政策を批判した。

数多くの女性との恋愛を重ねた。ジェーン・エリザベス・スコットと1812年まで関係を続け、同年キャロライン・ラム(のちのイギリス宰相メルバーン子爵ウィリアム・ラムの妻)とつきあったがすぐに2人は破局した。

その後もキャロラインは彼につきまとい続け、彼への思いから身をやつしやせ細った。これに対してバイロンは骸骨のようだと述べている。

また異母姉のオーガスタ・リーと関係を結び、彼女はエリザベス・メドラ・リーを産んだ。

その後1815年1月2日、レディ・キャロラインの従姉妹のアナベラ・ミルバンクとダラムで結婚した。

同年12月10日、二人の間にはエイダ・ラブレスが産まれたが翌1816年1月16日、アナベラは娘を連れて彼の元を去り、4月21日バイロンは離婚証書にサインをしている。

その後ヴェネツィアに滞在した際には既婚のマリアンナ・セガティ、22歳のマルガリータ・コーニと関係を持った。コーニは読み書きが出来なかったが夫の家を離れ、バイロンと同居した。二人はしばしば争いバイロンは自身のゴンドラで夜を過ごすことが多かった。

その後彼がコーニに家を出て行くよう言い放ち、彼女は運河に身を投げた。

1818年から1820年にラヴェンナに滞在した際にはグッチョーリ伯爵夫人テレサと関係を持った。

いわゆるバイロニズムは、当時の偽善と偏見を嘲罵し、イギリス・ロマン主義を代表する作風であり、ロシアをふくむヨーロッパ諸国の文学に影響を与えた。日本でも明治以来もっともよく知られたイギリス詩人の一人である。
データソースwikipedia, astrodatabank


lordbyron

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1788年1月22日ジョン・バイロン大尉(第5代バイロン男爵ウィリアム・バイロンの甥)と2番目の妻キャサリン・ゴードンの間にロンドンに生まれた。
1790年2歳の時にスコットランドのアバディーンに移った。
1798年従祖父の第5代バイロン男爵が亡くなり、他に相続人がいなかったため、10歳にして第6代バイロン男爵となり、従祖父が遺した土地と館ニューステッド・アビーを相続するため、ノッティンガムへ移った。
1799年ロンドンに出た。
1801年1801年から1805年をハーロー校で過ごした。
1805年1801年から1805年をハーロー校で過ごした。
1805年ケンブリッジ大学に入学したが、学業を顧みず放埒な日々を過ごした。
1807年詩集『懶惰の日々』(Hours of idleness, 1807年)を出版した。
1808年エディンバラ・レビュー誌(en)に非難された。
1808年ケンブリッジを去った。
1809年諷刺詩『イギリス詩人とスコットランド批評家』(English Bards and Scotch reviewers, 1809年)を出版して鬱憤を晴らした。
1809年~1811年ポルトガル、スペイン、ギリシャなどを旅し(ナポレオン戦争の影響でこのグランドツアーの際には地中海地方を旅した。)、帰国後ロンドンに住んだ。
1810年5月3日ダーダネルス海峡をヨーロッパからアジアへ泳いで渡った。
1812年上院で紡績工のラッダイト運動を弾圧することに抗議する演説をおこなって名を挙げた。
1812年この年旅行の成果である『チャイルド・ハロルドの巡礼』1・2巻(Childe Harold's Pilgrimage, 1812年)を出版、生の倦怠と憧憬を盛った詩風と異国情緒が時代の好尚に投じ、大評判になった。
その間社交界の寵児として恋に憂き身をやつした。

キャロライン・ラム(のちのイギリス宰相メルバーン子爵ウィリアム・ラムの妻)とつきあったがすぐに2人は破局した。

その後もキャロラインは彼につきまとい続け、彼への思いから身をやつしやせ細った。これに対してバイロンは骸骨のようだと述べている。

また異母姉のオーガスタ・リーと関係を結び、彼女はエリザベス・メドラ・リーを産んだ。
1815年1月2日レディ・キャロラインの従姉妹のアナベラ・ミルバンクとダラムで結婚した。

このときにもうけた子が世界最初のプログラマーとされているエイダ・ラブレスである。
12月10日アナベラ・ミルバンクとの間にエイダ・ラブレスが産まれた。
1816年1月16日
4月21日
アナベラ・ミルバンクは娘を連れて彼の元を去った。
4月21日バイロンはアナベラ・ミルバンクとの離婚証書にサインをしている。
1818年~1820年ラヴェンナに滞在した際にはグッチョーリ伯爵夫人テレサと関係を持った。
1819年~1824年その乱れた生活が指弾を受けたため、イギリスを去りスイスのジュネーヴでシェリーに会い、ともにスイス各地を巡遊し、ヴェネツィア、ラヴェンナ、ピサ、ジェノヴァで退廃した生活を続ける。特にグィッチョーリ伯爵夫人(Teresa Guiccioli)との関係が有名である。

多くの作品の中で、冷笑と機知に満ちた『ドン・ジュアン』(1819-24年)がこの期の代表作である。

ヴェネツィアに滞在した際には既婚のマリアンナ・セガティ、22歳のマルガリータ・コーニと関係を持った。

コーニは読み書きが出来なかったが夫の家を離れ、バイロンと同居した。二人はしばしば争いバイロンは自身のゴンドラで夜を過ごすことが多かった。その後彼がコーニに家を出て行くよう言い放ち、彼女は運河に身を投げた。

1823年ギリシャ暫定政府代表の訪問を受けた彼は2年前から始まったギリシャ独立戦争へ身を投じることを決意した。
1824年1月ギリシャ共和国西ギリシャ地方メソロンギに上陸し、コリンティアコス湾の要衝、レパントの要塞を攻撃する計画をたてたが、熱病にかかって同地で死んだ。
1969年彼の死後145年が経過した1969年にウェストミンスター寺院に彼を記念したコーナーが設けられた。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク