ダイアン・ファインスタイン

diannefeinstein
氏名ダイアン・ゴールドマン・バーマン・ファインスタイン
ローマ字Dianne Goldman Berman Feinstein
生年月日1933年6月22日
出生時間00:44
出生場所アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ(San Francisco, California)
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業政治家
所属
業績
その他父のレオンは、ポーランド系ユダヤ人移民の家庭に11人兄弟の1人として生まれた人物で、カリフォルニア州立大学医療センターに外科医(教授)として所属し、全国的な名声を得ていた。
また母のベティは、ロシア革命勃発時にサンクトペテルブルクより移民してきた家庭に生まれた人物で、かつてはモデルとして活動していた。
ちなみにファインスタインの証言によれば、母方の「ローゼンバーグ」という姓は、ドイツ系の起源を持つ姓であるという。

サンフランシスコにあるローマ・カトリック系の私立高校、“Convent of the Sacred Heart High School”(日本語に訳せば聖心修道会高校)を卒業後、
1951年にスタンフォード大学に進学し、1955年に歴史学の学士号を得て卒業する。

大学卒業後は地元サンフランシスコの地方検事局に就職し、翌1956年には郡検事局での同僚だったジャック・バーマン(Jack Berman)と結婚する。
バーマンとの間には1女(キャサリン)をもうけたが、3年後に離婚した。
データソースwikipedia, astrodatabank


diannefeinstein_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
1951年スタンフォード大学に進学
1955年歴史学の学士号を得て卒業する。
1956年郡検事局での同僚だったジャック・バーマン(Jack Berman)と結婚する。

バーマンとの間には1女(キャサリン)をもうけた。
1959年離婚した。
1978年~1988年サンフランシスコ市長を務めた
1992年連邦上院議員に当選・就任した。(現在も同職を務める)
1999年旧日本軍の人体実験や「南京大虐殺」などの残虐行為に関して、「旧日本軍記録省庁間作業部会」を設置し、満州事変があった1931年9月から48年12月までに、日本軍が支配した地域で起きた人体実験や「人種、宗教、国籍、政治的見解」による迫害について、米政府や米軍が第二次大戦中から戦後にかけて得た機密扱いの記録を広く集め、公表するための「大統領作業部会」を設置する法案を米上院に提出した。
2000年5月18日日本帝国軍公開法 (Japanese Imperial Army Disclosure Act) として可決させた。
2009年大統領就任式両院合同委員長であり、委員長として司会進行役も務めた。
wikipediaより引用抜粋
















スポンサーリンク


スポンサーリンク