いしだ壱成

ishidaissei
氏名いしだ壱成
ローマ字Ishida Issei
生年月日1974年12月7日
出生時間21:45
出生場所東京都世田谷区
ナクシャトラ(Asc)
ナクシャトラ(Mo)
職業俳優、ミュージシャン
所属株式会社神南
業績
その他実父は俳優の石田純一、実母は緑の党で「脱原発の日」サイト管理を担当する反原発活動家の星川まり(作家・翻訳家でグリーンピースジャパン事務局長を務めた星川淳の妹)。異母妹はモデルのすみれ、父方の祖父は元NHKアナウンサーの石田武、曾祖父は元記者の石田武太郎。伯母は音楽家の石田桃子。
データソースwikipedia, 2チャンネル


ishidaissei_chart

西暦年月出来事ヴィムショッタリチャラヨーギニトランジット
実父・純一は星川まりと学生結婚、実父・純一が20歳の時に壱成が誕生。3歳の時に両親が離婚、母親のまりに引き取られる。父方の祖父の武が父親代わりを買って出て溺愛したという。1989年に祖父が亡くなるまで敬愛をしていた。ヒッピー的なコミューンで屋久島、八ヶ岳、アメリカオレゴン州などを転々として育つ。オーストラリア留学後帰国した16歳で、伯母の石田桃子のコンサートで実父・純一と再会。
1985年東日本大震災の直前のブログによれば、11歳頃に母親とともに反原発の運動に参加して機動隊に殴られた経験があること、自身はカトリックの洗礼名である「ラジ」で呼ばれていることを明かしている。
1991年当時トレンディドラマに立て続けに出演し“トレンディ俳優”として人気を博していた石田純一にスキャンダルが持ち上がる。女性週刊誌『女性セブン』に“石田純一の隠し子”と、壱成の存在をスクープ記事として掲載される。(同年5月、「噂の真相」に“石田純一に愛人隠し子”のキャプションつきで掲載されたが、後発の「女性セブン」の記事に経緯や経緯、綿密なインタビューが掲載された。)記者の取材に対して言葉は少ないながらも肯定した壱成の記事を受けて、純一も芸能レポーターらの取材に応じ「隠していたというのは語弊がある。最初の結婚や子どもがいたことを公表していなかっただけ」と事実を認めた。
1992年『悲しいほどお天気』でテレビドラマデビュー。
1993年 『ひとつ屋根の下』で三男・和也役を演じる。
1994年歌手としてワーナーミュージック・ジャパンより「WARNING ワーニング」でデビュー、アルバムはゴールドディスクを受賞する。アルバム2枚をリリース。 俳優デビュー前からバンド活動を行っていた経験から、DJ DRAGON、武田真治らと「THE BIG BAND!!」として活動しており、キーボード&ヴォーカルを担当。
1995年『未成年』で主演男優賞を受賞。
1996年ワーナーミュージック・ジャパンより「HOT ROAD 1996」でデビューする、赤坂ブリッツにてライブを行う。
2001年8月20日大麻取締法違反により、起訴される。舞台『大江戸ロケット』を降板し、芸能活動停止となる。
2003年2年間の謹慎期間を経て2003年に俳優復帰。以後音楽、映画、舞台など中心に活動を再開する。
2009年1月26日当時都内のマンションで同居していた川合千春とは別に、一般女性と二また交際していた事が発覚。マスコミ報道によればこの女性はいしだとの子供を妊娠し、その後いしだと連絡が取れなくなり中絶。3度も自殺を図ったとされる。
所属事務所もこの日、「交際は事実」と認め、いしだに責任と自覚を促すため無期限の謹慎処分にすると発表、その後同月末をもっていしだは解雇された。川合とは後に破局。
2009年1月31日所属事務所から解雇。
2010年中国に渡り、映画、ドラマなどのエキストラをしながら中国歴史大河ドラマ『恕の人 〜孔子伝〜』の顔回役として出演する。
2011年森井睦ピープル・シアターの舞台に多く出演する。
2012年TVバラエティー番組にも積極的に出演するようになる。「人志松本のすべらない話(第23弾)」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「人生が変わる1分間の深イイ話」「ダウンタウンDX 20周年スペシャル」「くりぃむクイズ ミラクル9」など。
この頃から石川県内に居住。
2013年10月東京芸術劇場の「ソウルドリームズ」に出演、10月には同劇場にてピープルシアター第58回公演「蝦夷地別件」の主役を務めた。
2014年7月14日11歳年下の一般女性と再婚。
wikipediaより引用抜粋


 
















スポンサーリンク


スポンサーリンク